タグ:日々のこと ( 432 ) タグの人気記事

乾物屋さんのお惣菜

ランブラス通りから一本ラバル側に入ったチュクラ通りに、昔からある乾物屋さんがあるのですが

b0064411_19355103.jpg

最近、通りがかるたびに、結構長い列ができているんです。それも、80歳は越していると思われる年配のセニョーラも何人も混じっています。大体乾物屋さんなんてそんなに混み合うお店ではないのに、はじめは何を売っているのかよくわからなかったんですが、何があるか、と並んでみたら、いろんな種類のお惣菜を売っているんですね。
b0064411_19355193.jpg

もちろん従来からの煮豆も、レンズマメとひよこ豆のものがあります。
b0064411_19355107.jpg

奥のほうを見ると、コロッケが2種、イカフライ、チキンフライ、土鍋の中にはトリの煮込み、ほかにもラザーニャやタラのサラダ(エスケイシャーダ)、肉の煮込みetc..... かなりいろいろな種類があるんです。
b0064411_19355118.jpg
何種類か買って家で食べてみたら、チェーン店のお惣菜よりもずっとおいしく、かなりの満足度。
近くに住む高齢者の方々が買いに来る理由もわかりました。
近くで働くサラリーマン風の人もたくさんいましたから、レストランの味をお手軽に楽しめるわけで、列ができるわけです。

この日はこのあたりにいろいろ用があって、まずパレス画廊で展示会を見て、ネックレスの留め金を付けてもらう店を探して、Bolseraで段ボールを買って、ボケリアでひき肉を買って、そしてこのお店の前を通ったのでお惣菜も買って、と、帰りはかなりの荷物になりました。でもこのお惣菜のおかげで、お夕飯を作らなくて済んだのでハッピー!



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
スペイン(海外生活・情報)ランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-06-17 19:34 | ショップ tiendas | Comments(2)
今日はリコーダーのグループのレコーディングをしました。
すでに2回のレコーディングをしていて、今回が最終回。1年以上かかっています。

レコーディングは Villanova i La Gertruという町のConservatorio Municipal de Música "Maestro Montserrat" で。

Sants駅から朝8時32分発の電車でVillanovaへ。40分くらいかかります。

駅は昔の建物で、ちょっとホテルみたいで素敵。
b0064411_06173500.jpg
それから音楽学校に行くのに結構難儀しました。何度も人に道を聞いてやっと到着。
ビラノバは昔の建物がたくさん残っていて、歩くのが楽しい。

b0064411_05385538.jpg
b0064411_05385626.jpg
b0064411_05385606.jpg
b0064411_02274948.jpg


やっと着いた音楽学校
b0064411_05385686.jpg


b0064411_06253294.jpg

入口の両サイドに牛の頭があるのは、もしかしてここはかつて屠殺所だった?
b0064411_05385560.jpg

b0064411_06253344.jpg


1883年の年号が入っています。王冠もついてますね~。
b0064411_06253323.jpg

b0064411_05385585.jpg

b0064411_06253250.jpg

b0064411_06253397.jpg


録音は一番奥の部屋
b0064411_06253246.jpg

b0064411_05385569.jpg
b0064411_05385547.jpg
マイクを設置すると、照明の雑音が入ることがわかり、上のライトを消して投光機を使うことになりました。 音が均一に拾えるように椅子の位置を固定してあったのをバスパートを前に出したりして、細かく調整。何度も何度もやり直し、一曲の録音に2時間以上かかりました。
2曲目もまた何度もやり直し。だんだんおなかもすいてきて、みんなもかなり疲れ気味。

b0064411_06453728.jpg

それにしても指揮をするエロイが一番大変。

何とか2曲目を完成し、3曲目の録音のあるパートが、どうしてもうまくいきません。
何度も何度もやり直して…とうとう、「もうこの曲の録音は中止!」ということになりました。
もう午後の3時を回っています。おなかがすいて疲れていると、これ以上は望めないと思ったのでしょう。我々は何といってもアマチュア、プロだったらこんなことはないでしょうけれど。

録音のあとは、学校の前で記念写真。
b0064411_06463155.jpg

そのあとみんなでレストランへ。そのレストランもすぐには見つからなくて、かなりうろうろ。
b0064411_06473820.jpg
b0064411_06473787.jpg
b0064411_06473782.jpg
b0064411_06473834.jpg
b0064411_06473855.jpg
b0064411_06473832.jpg
b0064411_06473857.jpg
b0064411_06473864.jpg
b0064411_06473770.jpg


これがそのレストランだったのです。
b0064411_06473709.jpg
b0064411_06492244.jpg
b0064411_06492259.jpg
古い建物ですから、2階と言っても3階。
b0064411_06495560.jpg


周りにたくさん油絵がかかっているのはオーナーの趣味かしら。広い部屋を半分に仕切って、簡易テーブルが用意されていました。
b0064411_06495519.jpg


はじめはサラダ、コロッケ、ベーコンとジャガイモの炒め物、アサリの煮物など
b0064411_06495616.jpg


結構おいしいのです。これだけでほぼおなか一杯。
b0064411_06495677.jpg
b0064411_06495605.jpg


メインにタラとアーティチョークのリゾットを頼みました。濃厚な味付けです。とても食べきれませんでした。
b0064411_06495697.jpg

デザートのチーズケーキ。なかなかおいしかった。
b0064411_06571384.jpg

建物の1階(日本の2階)はホールになっていて、これからダンスパーティが始まるところのようでした。
b0064411_06495622.jpg
b0064411_06495639.jpg
b0064411_06495657.jpg
b0064411_06495550.jpg
b0064411_06571333.jpg

駅まで歩いてゆきます。
b0064411_06571314.jpg
b0064411_06571369.jpg

b0064411_06594336.jpg
アンティークショップとまではいかない、ガラクタ屋さん。もちろん閉まっていましたが、こういうのを見るのもちょっと楽しい。
b0064411_06571351.jpg
b0064411_06571261.jpg
b0064411_06571321.jpg
駅に着くと、10分くらいでバルセロナ行きの電車が来ました。
帰りの40分は、みんなと一緒だったので結構早く過ぎました。

これから我々のCDができるなんて、ちょっと楽しみ。でも買ってくださる方いるかしらね~?


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
スペイン(海外生活・情報)ランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-05-04 05:37 | フルート flauta | Comments(0)

今日の発見

毎週土曜日の午前中は、リコーダーの練習日で、半日潰れ。
場所はカタルーニャ音楽堂の前の建物に入っている音楽学校。
せっかくそのあたりに行くのだから、いつもそのあたりの古い建物を観察。

カタルーニャの地下鉄を降りたらPuerta del Angel通りを通って
b0064411_07390830.jpg

地階が店舗になっている建物、上の階に行くと天井のフレスコ画がみられるところもあり。
b0064411_07390821.jpg
b0064411_07390859.jpg

Can Jorobaというデパートだった建物、のちにGalerias Preciados, 今はEl Corte Ingres。
b0064411_07390953.jpg

それからComtal通りを抜ける
b0064411_07390975.jpg


この通りは古い建物が多い。これだって18世紀のものだと思うよ。
b0064411_07390946.jpg

今日見つけたのは
b0064411_07390810.jpg


屋根のついたキリストのレリーフ
b0064411_07390999.jpg

こちらは前から知っていたけれど
b0064411_07390834.jpg


b0064411_07390832.jpg

古いものが残っている場所は面白い。

さて、練習が終わったらボケリア市場で買い物。その前にVirreina宮のパティオをちょっとだけ見て
b0064411_07493078.jpg
b0064411_07492929.jpg

b0064411_07493077.jpg


以前は展示会場は元のままの部屋が見られたけれど、最近は全部どこかに隠してしまって、白い箱のような部屋ばかり。
b0064411_07493080.jpg
だからあまり見る気がしない。


ボケリア市場で食料品を買ったら、今日はこちらの小路を通ってみよう

b0064411_07493026.jpg


b0064411_07492965.jpg
トンネルの天井は木の梁があるから、古いんでしょうね。
あちこち見て歩く時間はないの。いつも駆け足。帰ってからお昼を作らなくちゃならないからね。
土曜日も日曜日もいつも忙しい。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-04-09 07:35 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

暖かいんだか寒いんだか

3月も後半、暑いくらいの日があったり、まだまだ寒い時もあったり… この季節、ダウンを着ていいのか、薄いジャケットでいいのか迷います。
風があると結構寒いし、日向ではダウンでは暑すぎるし…。

それでも春は着実に進んでいて、今ジュピターの花が真っ盛り。

b0064411_20211554.jpg

b0064411_20211544.jpg

b0064411_20211500.jpg

b0064411_20211584.jpg

b0064411_20211514.jpg

b0064411_20211651.jpg

b0064411_20211523.jpg
ユダの木とも呼ばれ、ユダが首を吊った木とかいうけれど、これは灌木に近くて、首を吊れるほど丈夫じゃないですね。

我が家の君子欄もだいぶ咲きました。
b0064411_20191055.jpg

b0064411_20191044.jpg


いろいろぶら下がっている我が家のベランダ
b0064411_20245750.jpg

古い19世紀の壺もいくつも
b0064411_20191001.jpg

しばらく工事していたアパートの庭のプール、新しい階段を作って、下りやすくしてありました。プールで泳ぐのは高齢者が多いから(私を含めて)、そのための改装だったのかな?

b0064411_20260377.jpg

速く泳ぎたいな!



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-03-22 20:18 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

砥ぎ屋さん

「ピョロロ~ ピョロロ~」
パパゲーノの笛のような音が通りから聞こえてきました。砥ぎ師の笛の音です。
もうだいぶ前から菜切り包丁の刃がぼろぼろに欠けてしまっていたので、今度日本に帰ったら買ってこなくちゃ、と思っていたのですが、研いでもらったらもしかしたら使えるかもしれないと思い、包丁を持って急いで飛び出しました。

砥ぎ屋さんはふつう、モーターバイクに小さなグラインダーをつけているのですが、どこを見ても見当たらない。
そこに停まっていたライトバンが動き出したので、見ると"Afilador"って書いてあるじゃありませんか。慌てて手を振って止まってもらいました。
ウウム、最近の砥ぎ師は車で来るのか…。
b0064411_21164236.jpg
後ろから2つのグラインダーのついた砥ぎ機を出しました。
b0064411_21164244.jpg

b0064411_21164208.jpg
派手に刃がかけていたので、何度も何度も研いで
b0064411_21164286.jpg

また調べては
b0064411_21164282.jpg

研ぐ、を繰り返し
b0064411_21164114.jpg

見事きれいになりました。で、たったの5ユーロっていうんです。
うれしくなって、ほかの4本も研いでもらうことにしました。
大急ぎで家に帰って、肉切り包丁2本と出刃、中華包丁を持ってまた砥ぎ師のところへ。
b0064411_21164106.jpg


中華包丁はトリの骨などを切ったりするので、これもひどい状態だったけれど、見事にピカピカ!

b0064411_21164129.jpg
うれしいなぁ。今度来たら、ぺテナイフやもう一つの出刃包丁などもやってもらおう。
b0064411_21304555.jpg
包丁は引き出しにしまっていますが、毎日何度も使うものはお米を入れた花瓶に刺してます。
b0064411_21391543.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-03-15 21:15 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

食料品の買い出し

そろそろ冷凍庫のお肉類も底をついてきたので、今日はボケリア市場に食料品の買い出し。
ボケリア市場は観光客でごった返していて、また売るほうもそれを目当てのすぐ食べられるようなものを置くところが増えて、昔の市民の市場とは程遠くなってしまったけれど、まだまだ昔からあるお店もたくさんあるので、やっぱりボケリアへ。だってもう35年も通っているんですもの。それに本当にいろんな食材があるし。
メトロからすぐで、わが家からはL3で一直線、乗り降りの駅にはエレベーターがあるから、重いショッピングカーを引っ張っていっても大丈夫。

まず鶏肉屋さん。正面入り口を入って左側にあるFloraというお店がいつも利用しているところ。いつもお兄さんたちがいて、みんなとても親切。
b0064411_04144952.jpg
鶏モモ4本、手羽先2㎏、骨なしのもも肉(estofado)を2㎏。一つ一つ、丁寧に見て選んでくれるんです。骨なしもも肉は足りなかったので、モモを切って骨を抜いてくれました。骨はもちろん、スープのダシにするので一緒に入れてもらいます。
ウサギの頭だけ2つ、40センティモで買っていくおじいさんがいました。生活大変なんでしょうね…。

生ガキが季節。残念ながら私は当たるので食べられない。
b0064411_04144999.jpg
お魚はいつもマリオのところへ。
大きなカレイを2尾、骨を抜いてもらいました。とても丁寧に手際よくやってくれるのです。
パロメタが出ていたので(日本語でなんというかわからないけれど)、大きめのを1尾、やっぱり骨を取ってもらいます。このお魚はお刺身にしてもおいしいし、そのまま塩焼きでもとてもおいしい。
b0064411_04144923.jpg

臓物屋さんで、エントラーニャ1㎏、牛ひき肉1㎏。
エントラーニャはどこのパーツかよくわからないけれど、細長くて皮がついているので、皮を取ってもらいます。自分では取るのが大変。これをさっと焼いて食べるととてもおいしいパーツ。
b0064411_04292402.jpg
それから卵を2ダース。
八百屋でさや付きソラマメを1㎏、バナナ、イチゴ、オレンジ2㎏、フィゲラスの玉ねぎ2㎏を購入。いつも行く八百屋さんは市場のほとんど一番奥のほうにあるところ。いつも生ジュースをサービスしてくれるんです。先日、「今おなか壊してるから」とジュースを断ったら、リンゴをくれて、「おなかにはいいでしょ」とにっこり。みんな親切。

家に帰って、分けて冷凍。

これがエントラーニャ。厚さを半分に切って、長いのでいくつかに切って、一切れずつ冷凍。
b0064411_04144896.jpg

ソラマメ1㎏はかなり剥きでがあるので、ベランダで日向ぼっこしながら。
b0064411_04324438.jpg

1㎏といっても、全部でこれだけ。さっとゆでて塩をぱらっと振って食べる。
b0064411_04333615.jpg
さて、これでしばらくお肉類を買いに行かなくて済むかな。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-03-08 04:12 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

レンタルスクーター

バルセロナでは、ずいぶん前からレンタル自転車があって、結構利用している人が多いけれど、今度レンタルスクーターができました。

b0064411_02061124.jpg

色はペパーミントグリーンで、かなり目立ちます。
後ろの黒い容器にヘルメットが入っています。
b0064411_02061167.jpg

自転車のようにステーションがあるわけではなく、まず携帯で自分のいるところの近くにあるスクーターを探して、見つけたらキーを打ち込んで利用。好きなところで乗り捨てできます。

次男が帰る日、メトロがストライキだったので、このレンタルスクーターを利用してスペイン広場まで行き、そこからバスに乗って飛行場に行きました。
万が一のことを思い、かなり早めに家を出たのですが、あとからメールが来て、

「スクーターはすぐ見つかったよ。今バスに乗っているところ」

さらに

「えらく早く飛行場についてしまった」

とのこと。

息子が言うまでレンタルスクーターのことは知らなかったのですが、このスクーターかなり目立つので、家の近所でもよく見かけます。結構利用されているんですね。
もちろん、乗るにはバイクの免許を持っていなければ乗れませんが。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-03-03 02:03 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

朝食

私はあまり風邪をひかないと思っていたら、今年の冬はもう2回目の風邪ひき。
別のビールスなんでしょうか、気分が良くないので、土曜日のリコーダーのリハーサルもお休み。

久しぶりにお寝坊して、ゆっくり朝食の用意。

まずコーヒーを入れる。
b0064411_22545163.jpg

コーヒーはナチュラルコーヒー。お砂糖はStevia。
b0064411_23032326.jpg

この漉し器で入れると、粉が少し入る。大麦のミルクをたっぷり入れて。
b0064411_22545104.jpg

コーヒーやハーブティなどを入れている棚。左下は塩だけれど。
b0064411_22545210.jpg
それからチーズを一切れ。ガルシア・バケロのセミ・クラードが好き。
b0064411_22545211.jpg
ブルーベリーをたっぷり入れたナチュラルヨーグルトにはちみつをちょっと垂らす。
b0064411_23063560.jpg

アボカドの中身を出して
b0064411_00373725.jpg

シリアル入りのパンを焼いたらココナッツオイルをたっぷり塗って
b0064411_22545106.jpg
アボカドを乗せて準備OK。いただきまーす。
b0064411_22545119.jpg
ナプキンは特に撮影用じゃなくて、毎日布のナプキン使ってます。

    球根を植えたヒヤシンスが咲いていい香りを放っています。
b0064411_22545190.jpg
今朝の新聞。いつもファッショナブルなメイ首相。
ジャケットの上にダウンを着てさらにコートを。ロンドンは寒いんですね。
b0064411_23032367.jpg
普段はパンツの下にショーツ以外は履かないのだけれど、今年はズボン下(今はレギンズっていうのね)を履いています。気温は毎年同じようなものなのに、寒さに弱くなったのかしらね。腰が痛むときは、ホカロンも当てていると楽になる。寒いのを我慢しているよりいいかしらと思うのだけれど、ますます体がなまっちゃうかしらね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ




by gyuopera | 2019-01-19 22:54 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

2019年1月1日

暖かい元旦です。
今年は長男と二人だけで、彼はどうせお昼まで寝ているので(夫がいるときは、朝9時にたたき起こされる)、散歩に出ることにしました。

お目当ての南天は、今年全く実をつけていなくて(もしかしたら小鳥に食べられちゃったかも?)、仕方なく赤い実のなっている木の枝を少し採ってきました。

でもこの景色が見られたので良かった。

b0064411_00261355.jpg

b0064411_00261381.jpg

b0064411_00261399.jpg

b0064411_00261405.jpg

b0064411_00261439.jpg

b0064411_00261425.jpg

b0064411_00261475.jpg

b0064411_00261333.jpg

ぺドラルベス修道院に寄ってみました。
b0064411_00282098.jpg

b0064411_00282042.jpg

b0064411_00282039.jpg


ちょうどミサが始まるところでした。
b0064411_00282178.jpg

b0064411_00282168.jpg

b0064411_00282127.jpg

b0064411_00282106.jpg

b0064411_00282193.jpg

b0064411_00282038.jpg

b0064411_00282066.jpg

このロマネスクの一角は、修道院を立てさせたアバデサが、リポールから移築させたのだそうです。アバデサは15世紀の人で、すでにゴシックでしたからね。
b0064411_00291895.jpg

b0064411_00291924.jpg

b0064411_00291950.jpg

b0064411_00291971.jpg

b0064411_00291917.jpg

b0064411_00291808.jpg


この修道院に隣接した素敵な建物は、TOUS家の持ち物だそうです。TOUS家って昔から大金持ちだったんですね。今はアクセサリーで有名ですね。
b0064411_00291884.jpg

さて、帰宅すると、ちょうどウィーンニューイヤーコンサートをやっていました。
バレエのところがみられてよかったけれど、今年の振り付けも衣装もあまり好きじゃなかったわ。

起きてきた長男とお雑煮をいただいて
b0064411_00344720.jpg

採ってきた赤い実とシャビーな松(それでも松)をシルバーの器に生けて
b0064411_00344744.jpg

b0064411_00344841.jpg


クリスマスのグリーンの転用ね
b0064411_00384550.jpg


クリスマスの飾りを片付けて新年用に
b0064411_00344747.jpg

b0064411_00384462.jpg

b0064411_00384408.jpg
b0064411_00384505.jpg

ボレジが咲いていたんですよ。
b0064411_00344867.jpg
b0064411_00344858.jpg


これはダイニングキッチンの食卓に飾っておきたい。
b0064411_00384452.jpg

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
b0064411_00344863.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-02 00:21 | 散歩 paseo | Comments(2)

今年のクリスマス

クリスマスイヴは、通常は家族全員がそろうので、ちょっとしたごちそうを作るのですが、今年は夫も次男もいなくて長男と二人だけです。
「今年は二人だけだから、何も特別なことはしなくていいよ」

と長男が言ったので、イヴは本当に普通のお夕飯でした。

そうしたら、彼はぽつりと、

「何もしなかったのは今年が初めてだね」

というので、おや、案外毎年楽しみにしていたのかしら、と思い、25日のお昼にちょっとしようと思いました。

昨夜夜更かししたのに、朝はやっぱり早めに目が覚めてしまいます。
少し緑のものが欲しいので、散歩に出かけました。

クリスマスは静かなもので、町はひっそりしています。
b0064411_01144624.jpg

菩提樹通りの住宅は、どの家も毎年リースを飾るので、それを見るのも楽しみでしたが、今年は地味なものが多かったような。
b0064411_01144662.jpg

b0064411_01144751.jpg

b0064411_01144795.jpg

b0064411_01144730.jpg

b0064411_01144731.jpg

b0064411_01144587.jpg

b0064411_01144617.jpg

公園も静か
b0064411_01144671.jpg
車もめったに通りません。
b0064411_01173585.jpg

b0064411_01173591.jpg


もう春の花が咲いている
b0064411_01173421.jpg

b0064411_01173478.jpg


ビンカまで
b0064411_01173679.jpg
ポリテクニコ大学
b0064411_01173537.jpg

b0064411_01213423.jpg
軍の駐屯所
b0064411_01173586.jpg

b0064411_01205875.jpg
ペドラルベス宮も開いていました。
b0064411_01205871.jpg
b0064411_08220226.jpg


b0064411_01205964.jpg

b0064411_01244659.jpg
b0064411_01205943.jpg

b0064411_01205916.jpg

b0064411_01205861.jpg

b0064411_01244682.jpg
暖かい日です。日向ぼっこしている人がたくさんいました。

さて、お昼の用意。お料理は簡単だけれど、クリスマスの雰囲気のセッティング
b0064411_01265968.jpg

と思ったのだけれど、銀のカトラリーを出したら真っ黒になっていて、磨かなくちゃいけなかったし、クリスマス用のテーブルクロスもしわくちゃだったけれど、もうそのままにしてしまった。泥縄ですね。
b0064411_01265943.jpg
パスタの一杯(すぎた)入ったスープ(パスタにスープがかけてある感じになってしまった)。
b0064411_01265996.jpg

つまり、お肉や野菜を全部大鍋で煮て、その汁にパスタを入れてスープにし、中身をメインにする、カタルーニャのクリスマス料理をまねしたのだけれど…

メインはぐちゃぐちゃになって美しくないこと。でもおいしかったのは確か。
お肉は自己流でスペアリブとチョリソ(腸詰)、あとはたっぷりの野菜(ニンジン、玉ねぎ、アーティチョーク、さやいんげん、ジャガイモ)。ここの人はひよこ豆を入れますね。
b0064411_01265964.jpg
デザートは息子はパス、私もおなかいっぱいだったけれど、やっぱり食べたい、クリスマスのパネトーネ
b0064411_01265935.jpg

一切れだけ。甘すぎなくてふわっとしているので、おなかに入っちゃいます。
b0064411_01270064.jpg
b0064411_01265818.jpg

これでクリスマスのセナは終わり。
b0064411_01265936.jpg
皆様も素敵なクリスマスを過ごされましたか?


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-12-26 01:09 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera