タグ:小旅行 ( 558 ) タグの人気記事

次男のインド旅行6

サバティカルをとってインドを旅行中の次男から、写真が送られてきます。
バルセロナ便りならぬインド便り、ご一緒に楽しんでいただけたらと思います。


Amber Palace and Jaigarth Fort
b0064411_04461003.jpg


b0064411_04461029.jpg


b0064411_04461002.jpg


b0064411_04461053.jpg


b0064411_04461112.jpg


b0064411_04461136.jpg


b0064411_04461191.jpg


ここは遠すぎて、今回はギブアップ
b0064411_04461007.jpg

Stepwell
b0064411_04494832.jpg


エッシャーの作品を思い出す
b0064411_04494818.jpg


b0064411_04494873.jpg


b0064411_04494856.jpg

ここは 映画”The Fall"に出てきたところで、インパクトのあるシーンに強烈な印象を受けました。


Gaitor Ki Chhatriyan Royal Crematory

 One of my favorite temples so far. Incredibly beautiful, calm and hardly anybody in it!
b0064411_04530410.jpg


b0064411_04530432.jpg


b0064411_04530460.jpg


b0064411_04530421.jpg


b0064411_04530474.jpg


City gates to the pink city.
b0064411_04530497.jpg


b0064411_04530438.jpg


b0064411_04530369.jpg


b0064411_04530365.jpg


b0064411_04530403.jpg
Tuk tuk
 三輪のタクシーのことでしょう。
b0064411_04573435.jpg
My Tuk tuk driver and friend Sunny. His moto was “I’m Sunny funny!” Great company and did a fantastic job showing us around.
b0064411_04573409.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-09-21 07:38 | 旅行 viaje | Comments(0)
今、サバティカルをとってインドを旅行している次男から、写真が送られてきました。
次はJaipurに行く、ということで、朝6時発の列車に乗ったそうです。5時間の距離。

駅はこんな風景
b0064411_04181718.jpg


b0064411_04181796.jpg

次男はあらかじめ座席の予約をしておいたのですっと乗れたのですが、徹夜して待っている人が沢山いるんですね。
↓出発前の混雑はかなりひどかったようです。
b0064411_04181772.jpg

列車のサービス
b0064411_04181762.jpg

食事のコロッケはとてもおいしかったって。
b0064411_04181758.jpg

Jantar Mantar Observatory(天文台)
b0064411_04252551.jpg

巨大なSun dialって、日時計?
b0064411_04252571.jpg


b0064411_04252661.jpg


b0064411_04252642.jpg


b0064411_04252680.jpg


b0064411_04252560.jpg

Hawa Mahal Palace
b0064411_04281216.jpg


b0064411_04281256.jpg


b0064411_04281201.jpg


b0064411_04281217.jpg


b0064411_04281343.jpg


b0064411_04281366.jpg


b0064411_04281270.jpg


Jal Mahal Floating Palace
b0064411_04281229.jpg


b0064411_04281237.jpg
日差しが相当強そうです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-09-20 07:19 | 旅行 viaje | Comments(2)
インドを旅行中の次男から、旅行のレポート。皆さんもご一緒に楽しんでください。

Red Font

b0064411_07423489.jpg


b0064411_07423415.jpg


b0064411_07423422.jpg


b0064411_07423499.jpg


b0064411_07423472.jpg


b0064411_07423495.jpg


b0064411_07423368.jpg


Humayun’s Tomb

b0064411_07423316.jpg


b0064411_07423383.jpg


タジマハールに似てますね。
b0064411_07452635.jpg
b0064411_07452619.jpg


b0064411_07452678.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-09-13 07:37 | 旅行 viaje | Comments(0)

次男のインド旅行3 Delhi

インドを旅行している次男から、次の写真が送られてきました。

Delhiの町で

インドで初めて見たグラフィティー。
b0064411_07225204.jpg


Royal Enfield
b0064411_07225270.jpg

電線のごちゃごちゃなこと!
b0064411_07225229.jpg


かくれんぼしているのかな?
b0064411_07225257.jpg


デリーの交通
b0064411_07225384.jpg

 Tuk tukって、タクシーのこと?
b0064411_07314334.jpg

b0064411_07314380.jpg

食べ物

伝統的なやり方でチャパティを作っているところ
b0064411_07225394.jpg


b0064411_07225328.jpg

本物ケバブ
b0064411_07314220.jpg
b0064411_07314258.jpg

モンゴルの食事。おいしいらしい。
Fantastic monghul food prepared by people who used to cook for the royal family and have now brought it to us mortals. Karim’s restaurant, if you are ever in Delhi a must try! I had the Karim roll, Chicken Tikka and chapatis. As they say in spanish “para chuparse los dedos” i.e. delicious!
b0064411_07314365.jpg

Kabutar market
b0064411_07225143.jpg
b0064411_07225232.jpg
b0064411_07225225.jpg


この人たちは、たぶん運び屋さん
b0064411_07405909.jpg

学校帰りの男の子
b0064411_07405969.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-09-12 07:22 | 旅行 viaje | Comments(0)

次男のインド旅行2 Agra

インド旅行を続けている次男の、次の写真が届きました。

デリーの恐ろしい交通混雑に比べ、Agraに行く道路は全く混雑なしで良いコンディションの道路だそう。
b0064411_02412960.jpg

ガソリンスタンドでの食事。そんなにスパイシーではないですよ、と言われたそうだけれど、結構からかったらしい。でもおいしかったそうです。
b0064411_02430153.jpg
Agraの町
b0064411_02443052.jpg

b0064411_02443044.jpg

b0064411_02442992.jpg

b0064411_02442958.jpg

b0064411_02442943.jpg

b0064411_02443045.jpg

タジマハール

b0064411_04521204.jpg

b0064411_04521252.jpg

b0064411_04521207.jpg

b0064411_04521383.jpg

b0064411_04521382.jpg

b0064411_04521239.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-09-11 04:54 | 旅行 viaje | Comments(0)

次男のインド旅行1

6か月のサバティカルをとってインドを旅行している次男から、写真がたくさん送られてきました。
バルセロナ頼りならぬインド便り、ご一緒に楽しんでいただけたらと思います。

Street Beauty
b0064411_15490234.jpeg
b0064411_15482381.jpeg

b0064411_15482308.jpeg

b0064411_15482362.jpeg

b0064411_15482304.jpeg

b0064411_15482378.jpeg

b0064411_15482360.jpeg

b0064411_15482239.jpeg

b0064411_15482278.jpeg

Bhool Bhulaiya Tomb

b0064411_15501911.jpeg

b0064411_15501967.jpeg

Qutub Minar Tapering Tower

b0064411_15501971.jpeg

b0064411_15501954.jpeg

b0064411_15501941.jpeg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-09-09 15:43 | 旅行 viaje | Comments(2)
私の所属しているリコーダーのグループのレコーディング第二回目を、カルデデウという町のカルチャーセンターで行いました。

この町もやはりたくさんの繊維工場があったので、その建物をカルチャーセンターやスポーツをするスペースに利用しています。
このカルチャーセンターも、工場だった建物。

b0064411_04462997.jpg

b0064411_04462901.jpg


b0064411_04463041.jpg

b0064411_04463018.jpg


体育館のように広々したスペース。
b0064411_04463028.jpg

b0064411_04462912.jpg

ちゃんとカメラマンもいたんですよ
b0064411_06093725.jpg

4時間半、何度も繰り返して録音し直したりしてみっちり演奏。

終わると、近くのレストランに行きました。

このレストランも、昔の倉庫か何かだった建物を改装しています。
b0064411_04463001.jpg


初めにラザーニャを頼んだら、アーティチョークがたっぷり入った、ヘルシーな感じのラザーニャで、あっさりした味付けでなかなかよかった。
b0064411_04462930.jpg

メインはガルタ。顎の肉をとろけるように煮込んだおいしいものです。
b0064411_04530793.jpg

隣の人の頼んだハンバーグ、不思議な形をしています。
b0064411_04530723.jpg

中にヤギのチーズが入っていて、切るととろけ出るのね。
b0064411_04530761.jpg

デザートはチョコレートケーキ。何層にもなっていてふっくらとおいしく、かつ甘みも抑えてありました。
b0064411_04594187.jpg


最後はみんなコーヒーで〆なんだけれど、私はカモミールにレモンを入れて飲みます。
ここのはティーバッグじゃなくて本物。
b0064411_04530747.jpg
いやというほどおなか一杯になりました。
帰りは電車で帰るので、駅に向かいます。

この町はたくさん立派な家があるのでびっくり。バルセロナのブルジョワたちが、別荘として建てたのだそうです。大体100年前くらいの建物。

b0064411_04530877.jpg


でも修復が必要ですね。こんな大きな家を修復するのは大変でしょうね。
b0064411_04530833.jpg

b0064411_04530862.jpg


門だけでも素敵。ここは修復してあるみたい。
b0064411_04530792.jpg

素敵なセリグラフィーのある家。ここも修復が必要ですね。
b0064411_04594145.jpg

アールヌーボーの家。
b0064411_04594196.jpg

b0064411_04594021.jpg


こちらがカルデデウの駅。
b0064411_04594054.jpg


雨が降り出しました。
b0064411_04594031.jpg


途中の駅で、窓から見た建物
b0064411_04594190.jpg

b0064411_04594094.jpg
とても疲れたけれど、楽しい日でした。
それにしても指揮者のエロイ、ご苦労様でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-05-15 20:00 | 旅行 viaje | Comments(0)

バレンシアへ5

翌朝は7時ころ起き、ゆったりとバスタブに使ってから、近くのバールで朝食を食べようと出ましたが、なかなか見つからない。ホテルの周りは新しい建物ばかりで、昔ながらのバールなんてないんですね。
やっと、工事の人がたくさん来ているバールを見つけて入ったのですが、飲みたかったチョコレート(ココア)は無し、コラカオという粉末ココアで、出てきたクロワッサンは、こんなまずいのは今まで食べたことがないくらいおいしくない。
昨日のお昼もあまり感激しなかったけれど、この朝食はひどかった。

仕方なく、少し散歩。

大きな家が売りに出ています。
b0064411_08342170.jpg


b0064411_08342138.jpg

昨夜のコンサートホール
b0064411_08342196.jpg
b0064411_08342055.jpg
b0064411_08342195.jpg
b0064411_08342219.jpg

昔川だったところが7キロにわたって公園になっています。
b0064411_08342255.jpg

昔は工場があったのでしょうか。美しい煙突がありました。
b0064411_08342205.jpg

川は無くなっても、橋は残っています。怪獣が町の入り口を守っています。
b0064411_08342079.jpg


b0064411_08421472.jpg
遠くに見えるかぶとのようなコンサートホールまで行きたかったのですが、近くに見えるようでとても遠かったので、あきらめてホテルに帰り、タクシーに乗って駅まで行きました。

こちらの駅は、ピーもジリジリもなく、電車は黙って出て行きますので、とても静か。
駅にたくさんあるショップで、バレンシアオレンジを買うのを期待していたのですが、売っていなかった。残念!
b0064411_08421337.jpg

3時間余りの間、ほとんど寝ていたように思います。前からの疲れがかなり溜まっていたみたい。
家に着くと、息子は風邪で寝ていてずいぶん具合が悪そう。すぐ食事の用意をしました。

バレンシアの駅で買ったキャンドルホルダー
b0064411_08565579.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-11-21 08:33 | 旅行 viaje | Comments(0)
ホテルに戻ると、すぐベッドに入って、眠ってしまいました。
目覚ましをかけておかなかったら寝過ごしてしまったかも。
コンサートの1時間前に目覚ましの音で飛び起きたら、隣の部屋からチェロを弾く音が聞こえてきたのです。今日のコンサートのアンサンブル・アルタセルセのチェリストがお隣だったのですね。やがて廊下で何人かが話している声が聞こえ、出て行きました。
ちょっとドアを開けて見て見たかったのですが、パジャマを着ていましたからね。

さて、身づくろいをしてコンサートホールのパラウ・デ・ラ・ムシカへ。道を渡ったところなんです。

b0064411_06132397.jpg
ブリュッセルの時と同じヘンデルコンサートですが、今回は前から2列目の真ん中です。バロックコンサートは、やっぱり近くで聞きたい。演奏する姿を見るのがとても楽しいですから。
b0064411_06132306.jpg

アンサンブル・アルタセルセとジャルスキーがステージに出て来ると、割れるような拍手! 聴衆がもう沸いています。

まずはアルタセルセの演奏、Rodamistoの序曲です。躍動感にあふれてメリハリのきいた演奏で、アンサンブルのメンバーも、とても楽しそうに体を動かして演奏しています。特にチェロを見ていると楽しい。私もかつてはバロックアンサンブルで演奏していたので、こういう曲を聴くと、こちらの体もリズムに乗って動いてしまう。大好きな雰囲気です。

次にジャルスキーが前に出て来ると、オペラFlavio から、レチタティーヴォ"Son pur felice"、アリア "Bel contento"を歌います。レチタティーヴォはドラマチックですが、アリアは軽快なリズミックな、ウキウキするような曲です。
続いてまたアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6 n.1のアレグロとアダージョ。バロック音楽って、やっぱり生で聞くのが最高です。
次にまたジャルスキーのドラマチックなアリア Siroeから、レチタティーヴォ”Son stanco"と、アリア"Deggio morire oh stelle!"。イントロの演奏から素敵。アリア自体はゆったりしたリズムですが、苦悩を切々とうたい上げます。ピアニシモが本当に美しくて涙が出そう。

続いてアルタセルセの演奏で Solomonから、シンフォニア”Arrival of the Queen of Sheba"と、コンチェルトグロッソ op.6,n.8 のGrave.
続いてジャルスキーの Imeneoのアリア、”Se potessero i sospir miei" 、CDの一番初めに入っている曲です。昔はヘンデルアリアというと、ピロテクニック的なアリアを良く歌っていたけれど、こうしてゆったりとしたテンポで聞かせるアリアがみんな素晴らしい。
それからまたアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6 n.4のラルゴとアレグロ。
前半の最後は、Radamistoからレチタティーヴォ"Vieni d'empieta" とアリア"Vile, se mi dai morte" 、大変ドラマチックなレチタティーヴォと、曲もアップテンポの激しい感情を表すピロテクニックな技巧を発揮する曲で、アンサンブルのパートも素敵で、最後にグーッとクレッシェンドするのが印象的。
これで前半がおしまい。45分というけれど、たっぷり聞かせてもらった感あり。

休憩の時、カナダからの友人タニアに再開。スペインで学会があるので、それを利用して来ていて、このヘンデルコンサートを聞くのはもう7回目だそう!とても熱心なファンなのです。

後半はまたアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6, n.2のラルゴ。そしてジャルスキーの Giustinoのレチタティーヴォ"Chi mi chiama alla gloria" とアリア”Se parla nel mio cor". レチタティーヴォがあると、アリアに移行する前に想像が広がって気分が高揚します。
またアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6 n.6のアレグロ マ・ノン・トロッポと op.3 n.2のラルゴ。
続いてジャルスキーの Tolomeoから レチタティーヴォ"Che piu si tarda omai"とアリア "Stille amare" 。レチタティーヴォはゆったり始まり、ドラマチックになり、更にまた非常にスローに消えるようにおわり、アリアは毒の入ったカップを持って、それを飲んで死ぬ悲しい内容で、ゆったりとして大変美しい。
続いてアルタセルセの コンチェルトグロッソop6. n.4, ラルゲットとアレグロ。
このラルゲットが前のアリアに似ているところがあって、メロディーのようにつながっているんですね。
次にまたジャルスキーのアリアで、おなじみのラダミスとからアリア"Ombra cara".死んだ妻に切々と語りかける、泣かせるアリア。
アルタセルセの演奏は、たった今歌われたアリアを引き継ぐようにコンチェルトグロッソ op.3, n.3のアダージョ。
最後のジャルスキーのアリアは、Flavio から レチタティーヴォ "Privarmi ancora"と続く激しいアリア”Rompo i lacci", この時ばかりはピロテクニックを最大限に駆使、雰囲気を一気に盛り上げて終わります。聴衆は沸き立ち、ブラボーの嵐。

b0064411_06132154.jpg

b0064411_06132194.jpg

聴衆の拍手にこたえて、3曲ものアンコール!
b0064411_06132139.jpg

b0064411_06132140.jpg

b0064411_06132218.jpg

アンコールでPenna triana を歌ったときは、オーボエとファゴットが前に出てきて一緒に演奏。オリジナル楽器のオーボエの音は物悲しくてとても素敵です。
b0064411_06132255.jpg

b0064411_06132271.jpg

b0064411_06132210.jpg
アンコールの二曲目は オペラ セルセから、"Si, la voglio e l'otterro". これもコロラトゥーラ続出の、アップダウンの激しい曲ですが、内容も曲もユーモラスなところがあって、ジャルスキーがちょっとふざけて途中に短調を入れると、アンサンブルもそれにこたえて奇妙な短調の演奏をし、ジャルスキーが耳を塞ぐ、という楽しいシーン。アンコール3曲目は、私の大好きな「オンブラ・マイ・フー」。
これを聴くと、本当に心がしっとりと潤うのです。
ブリュッセルの時よりアリアを増やし、みんなもよく乗っていて、演奏も一層素敵だったように思いました。たっぷりと聞かせてもらった感がありました。
コンサートが終わると、みんな口々に、"Que maravilla!!" と言って、感動を表していました。

コンサートの後は、やはりサイン会があり、ジャルスキーはクロークの中に立ってサインに応じていました。2時間のコンサートで疲れていると思うのに、高い椅子でもなかったのでしょうか。彼は疲れも見せず、一人一人と話して、名前を聞いてサインをしてくれるのです。

b0064411_08243342.jpg

b0064411_08243385.jpg

少しおひげを伸ばしてます
b0064411_08243290.jpg


b0064411_08252381.jpg


b0064411_08252310.jpg

友達はプレゼントをあげていました。
b0064411_08243219.jpg
b0064411_08243404.jpg

私はまたイベリコハムを持って行ったんですが、

「この前もらったの、まだ食べてないんだ」

2日に1度のコンサートでは、食べる暇もないのでしょうね。ハードなスケジュールで、体を壊さないといいですが。
コンサートは毎回少しずつ進歩するように努力しているとのこと。曲のオーナメントを替えたり、アリアを増やしたり。ブリュッセルより良かったのがうなずけました。

それにしても、コンサートホール側では、彼に何か飲み物でも提供すべきではありませんか? 気が利かないですね。

友人は翌朝8時の電車で発つそうで、お昼にはセビージャについていなければいけないそうで、タクシーに乗って帰りました。私はゆっくりホテルまで歩いて。素敵なコンサートだったので、なかなか眠れませんでした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-11-20 08:06 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

バレンシアへ3

歩いていたら、コロン市場が目の前に。

b0064411_07520182.jpg
ファサードの上のタイル画がすごい。
b0064411_07594911.jpg


b0064411_07595065.jpg


建物は1916年に完成。建築家はフランシスコ・モラで、ドメネク・イ・ムンタネルの建築学校で学んだ人。確かに雰囲気が似ています。
b0064411_07595023.jpg


b0064411_07595058.jpg


b0064411_07595110.jpg


今は市場ではなく、レストランやカフェが集まった場所になっています。
b0064411_07595159.jpg


b0064411_07594940.jpg


b0064411_08133007.jpg

b0064411_08133000.jpg

このあたりも素敵な建物がいっぱいです。
b0064411_07595179.jpg


b0064411_07595120.jpg


b0064411_08133062.jpg


b0064411_08132876.jpg


b0064411_08132870.jpg


b0064411_08132980.jpg

b0064411_08132942.jpg

なんだかとても疲れてしまって、ホテルにかえって休むことにしました。
b0064411_08132930.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-11-19 08:56 | 旅行 viaje | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera