楽しい陶器屋さん

カタルニァ広場からPuerta del Angel通りに入って一本目を左に曲がると、Comtalという通りに入ります。ここは昔から楽しいお店がびっしり並んでいます。
ファッション関係のお店もたくさんありますが、ユニークなのは「干ダラ屋さん」とか、「ハチミツ屋さん」なんていうのがあります。 私の大好きな大きな文房具屋さんもここにあり、二階に上がると、実にいろんな種類の紙があります。

この通りのおしまいに近いあたりに、陶器のお店 Villegas があります。
以前は食器類がかなりあったのですが、最近は可愛いマスコットや飾り物で一杯です。
スペイン全国の100人以上もの陶芸家の作品を集めて販売しているのだそうです。
あんまりたくさんあるので、全部見るのには時間がかかりそう。
お願いして写真を撮らせてもらいましたので、一緒に見てください。

額に入っている、スペインの家はかなり忠実にできています。もちろん陶器。その下には小さな本棚があって、小さな陶器の本が一杯入っています。
b0064411_636546.jpg

なぜかここの人はヤモリ、トカゲ、ドラゴン(大きなトカゲをここではドラゴンと呼んでいます)の類が好きのようです。
b0064411_6391711.jpg

楽しいマスコットが一杯。
b0064411_6395262.jpg

b0064411_6401534.jpg

こんな風に天井からつるして。楽しい。
b0064411_6405246.jpg

ユニークな飾り物。
b0064411_6412547.jpg
b0064411_6413859.jpg

まだ奥にも部屋があります。
b0064411_6421866.jpg

この小皿気に入っちゃった。買わなかったけれど。
b0064411_6424548.jpg

ヴェラスケスのメニーナスを意識して。
b0064411_6433685.jpg

魔女のお家!クリスタルのボールを前になにやらやっています。
b0064411_644386.jpg

このお城、天空のラピュータを連想したんだけれど、ランプになっているんです。
お城の屋根が取れるようになっていて、電球を入れられます。
b0064411_6452441.jpg

お店のウィンドーにあった陶器の本には、バラが付いています。ここに好きな文章を書いてくれるそうです。
b0064411_6463334.jpg

陶器のお土産はちょっと重くてかさばるけれど、ここにはちっちゃいものもたくさん。お土産探しにいいかもですよ。

Villegas c/Comtal 31 Tel. 93 317 2493

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-03-25 06:50 | ショップ tiendas | Comments(4)

モデルニスモ

カタルニァのアールヌーボー様式をモデルニスモといいますが、バルセロナの町中、モデルニスモの建物で一杯です。特にアイシャンプルと呼ばれる、カタルニァ広場の北に広がる地区は、きちんと碁盤の目になった整然とした町並み。そこのかなりの建物がこのモデルニスモ様式です。
歩いていると思わず目を奪われてしまいますが、この建物もそんな一つ。
b0064411_19343398.jpg

碁盤の目のようにきちんとしたとおりに面した部分は、いずれも隙間無くびっしりと建物がくっついて並んでいますが、内部は日が入るように開いています。
b0064411_19345021.jpg

ちょっとうるさいくらいの装飾ですね。
b0064411_19351098.jpg

でもきちんと手入れされているのを見るのは気持ちがいい。

かのガウディも当然この時代の人です。これはガウディの塀。ガウディさんが立っています。
b0064411_19422482.jpg

こちらはちょっとデコ様式が入っていますね。
b0064411_19434842.jpg

b0064411_19452939.jpg
これは有名なガウディのカサ・バッティヨ。


エントランスの天井はこんな風になっているところも多い。
b0064411_19465358.jpg

グラシア大通りの街灯。
b0064411_1948516.jpg

町のあちこちにある像。
b0064411_19485144.jpg

この子の捕まえているのはカエル。
b0064411_19493041.jpg

バルセロナはモデルニスタの町。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-03-24 19:39 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

老人ホームの友人

ドイツ人の友人は、今老人ホームで生活しています。
彼女はバルセロナの中心街、カタルニァ広場からもグラシア大通りからもすぐのところに素敵なマンションを買って、定年退職された旦那様とお二人で住んでいたのです。最上階で、内部は3階になっていて、眺めもとてもよく、静かで、モダンなホテルのようにきれいでした。

2年ほど前、旦那さまは突然ガン宣告を受け、手術をして1年ほどは良かったのですが、去年突然悪化して亡くなられてしまったのです。
とても仲むつまじいご夫婦だったので、友人のショックはそれは大きく、すっかり食欲をなくし、体力が弱って入院してしまいました。たった一人のお嬢さんはドイツに住んでいるので、誰も彼女の世話をしてくれる人もなかったので、退院したあと、住んでいるマンションを貸して、自分は老人ホームに入ることに決めたのです。

入居するときはいろいろ大変だったそうですが、今はすっかり気に入っているようです。
そのホームは比較的我が家からも近くて歩いてゆけるので、毎週一緒にお食事をし、その後マッサージをしています。

そのホームはホテルのようにきれいで、エントランスホールも明るく広々しています。お部屋も5つ星ホテルのようです。
b0064411_710335.jpg

彼女は自分の家具もいくつか持ってきたので、他の人より広い部屋に住んでいます。
b0064411_7105059.jpg

使っていたソファやビューロー、机などを持ってきたので、住んでいた自分のマンションの雰囲気が残っています。彼女はイタリアに8年住んでいたこともあり、センスも抜群です。

ホームの食事は時々口に合わないこともあって、毎週一緒に食事をするのをとても楽しみにしてくれているので、今週はイタリアン、次は日本レストラン、と、お昼の定食メニューがあるところをあちこち食べ歩いています。

今日のレストランはホームから歩いてすぐ近くのレストランに行きました。壁一杯にワインが置いてありました。
b0064411_745282.jpg


食事を済ませてホームに戻ってきましたら、エントランスホールがとてもにぎやかです。
tunaのグループが演奏をしていたのです。
b0064411_719574.jpg

tunaの始まりは12世紀、貧乏学生たちがお金を稼ぐために、宴会などで楽器を演奏したり踊ったりしたのが始まりで、若いお兄さんたちが、黒装束に黒いマントを羽織って、ギターやタンバリンなどを演奏しながら楽しい歌を歌います。
ホームの人たちの中には、もうすぐ踊り出す人たちもいました。
b0064411_7202448.jpg

ここのホームは、プールや体育館、映画館もついているというかなり豪華なホーム。
皆とても親切、と友人は満足げです。

ところで、友人の足は、非常に目立った外反母趾です。さらに、飛び出た親指の付け根が晴れ上がってそれはひどい状態です。どうしてこんなになってしまったのでしょう? 彼女は若いとき、とても高いヒールを毎日履いていたのだそうです。私はこういうひどい外反母趾の足を何度か見たことがありますが、皆若いとき高いヒールを履いていた、といいます。

親指の付け根の外側部分は首の反射ゾーンがあるのです。友人は今、首の細い骨に傷があって、首が回せなくなっています。病院に行っても、これは治らない、といわれたそうです。
首が悪くなったから反射ゾーンの足の指の付け根が腫れたのか、外反母趾がひどくなったから首にきたのかわかりませんが、これは大変なことです。

もしあなたが高いピンヒールを履いているなら、私はすぐおやめなさい、と勧告しますね。 年取ったとき、その付けを払わなければならなくなるかもしれないからです。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-03-23 07:36 | 日々のこと cotidiana | Comments(10)

Godivaのチョコレート

私の夫はよく日本出張があります。そのたび、チョコレートをたくさん買って、母に送ってくれるので、とてもありがたく思っています。高齢の母は、チョコレートのお土産が一番好きだからです。
昨夜、夫がチョコレートの箱を持ってきて、
「GodivaのTruffesはとても美味しいんだそうだよ」
と渡してくれました。
b0064411_17294024.jpg

私もチョコレートが好き。昔はぜんぜんだったのに、今は時々いただくようになりました。
開けてみると、とてもきれいです。
b0064411_17305170.jpg

一つ、口に入れてみました。
Godivaって、とても有名ですよね。でもごく普通の味。取り立てて美味しいとも思えません。
というか、スペインではいくらでも美味しいチョコレートを売っているから、Godivaが特に優れているとは感じられないのかな?
Cacao Sampaca はスペインのチョコレートでかなり評判をとっているそうですが、私にはちょっと甘すぎる。私はカカオ75パーセントくらいのが好きだから。
朝よく飲むホットチョコレートも、カカオ100%の粉を練って飲んでいます。
b0064411_17433492.jpg

なんて言いながら、チョコレートの箱の中身はだんだん減りつつあります。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-03-22 17:45 | 食べ物 comida | Comments(6)

サンタ・アナ教会

バルセロナの中心であるカタルニァ広場から、一つ海側の通り、ランブラス通りとプエルタ・デル・アンヘル通りの間にある細いサンタ・アナという通りがあります。
b0064411_20452139.jpg

古いアパートの壁には、美しいアールヌーボーの彫刻が。
b0064411_20454084.jpg

この彫刻のある前あたりに、アーチがあって、広場に抜ける入り口があります。入り口には花屋さんがあるのですぐわかります。
b0064411_20481332.jpg

そこには古い教会が...
庭に白い十字架が立っています。
b0064411_20485661.jpg

b0064411_20492327.jpg

この教会が建てられたのはなんと1150年。12世紀です。
網が張ってありますが、回廊があります。
カタルニァ広場のすぐ裏なんて信じられないくらいです。


b0064411_20585510.jpg
カタルニァ広場に抜ける道のほうに回ってみますと、バロック風のつくりになっています。


b0064411_211884.jpg
門の上にある十字架は横の棒が2本。

ここのチャペルでは時々コンサートが行われています。
一度チャペルの中に入ったことがありました。今は亡き友人のイコン作者のマリア・アスンタが作ったイコンがここの教会に飾られていたからです。
一生をイコンの製作にささげたマリアを思い出して、ちょっと悲しくなってしまいました。


↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-03-21 21:06 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera