<   2019年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

朝食

私はあまり風邪をひかないと思っていたら、今年の冬はもう2回目の風邪ひき。
別のビールスなんでしょうか、気分が良くないので、土曜日のリコーダーのリハーサルもお休み。

久しぶりにお寝坊して、ゆっくり朝食の用意。

まずコーヒーを入れる。
b0064411_22545163.jpg

コーヒーはナチュラルコーヒー。お砂糖はStevia。
b0064411_23032326.jpg

この漉し器で入れると、粉が少し入る。大麦のミルクをたっぷり入れて。
b0064411_22545104.jpg

コーヒーやハーブティなどを入れている棚。左下は塩だけれど。
b0064411_22545210.jpg
それからチーズを一切れ。ガルシア・バケロのセミ・クラードが好き。
b0064411_22545211.jpg
ブルーベリーをたっぷり入れたナチュラルヨーグルトにはちみつをちょっと垂らす。
b0064411_23063560.jpg

アボカドの中身を出して
b0064411_00373725.jpg

シリアル入りのパンを焼いたらココナッツオイルをたっぷり塗って
b0064411_22545106.jpg
アボカドを乗せて準備OK。いただきまーす。
b0064411_22545119.jpg
ナプキンは特に撮影用じゃなくて、毎日布のナプキン使ってます。

    球根を植えたヒヤシンスが咲いていい香りを放っています。
b0064411_22545190.jpg
今朝の新聞。いつもファッショナブルなメイ首相。
ジャケットの上にダウンを着てさらにコートを。ロンドンは寒いんですね。
b0064411_23032367.jpg
普段はパンツの下にショーツ以外は履かないのだけれど、今年はズボン下(今はレギンズっていうのね)を履いています。気温は毎年同じようなものなのに、寒さに弱くなったのかしらね。腰が痛むときは、ホカロンも当てていると楽になる。寒いのを我慢しているよりいいかしらと思うのだけれど、ますます体がなまっちゃうかしらね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ




by gyuopera | 2019-01-19 22:54 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

カサ・ビセンス見学4

カサ・ビセンスの最上階から屋上に出られます。
b0064411_06170614.jpg
b0064411_06170539.jpg
b0064411_06170594.jpg
b0064411_06170679.jpg

屋上も複雑な構造
b0064411_06170620.jpg
b0064411_06170672.jpg

角に東屋…っていうのか
b0064411_06170605.jpg

近所の眺め
b0064411_06170505.jpg

b0064411_06170516.jpg

b0064411_06170517.jpg

b0064411_06204122.jpg

b0064411_06204105.jpg

このフェンスはかわいいわね。
b0064411_06204172.jpg

ダイニングにあった椅子
b0064411_06204119.jpg

玄関扉を内部から
b0064411_06204228.jpg

天井すごいですねえ
b0064411_06204271.jpg
b0064411_06204264.jpg

ここにもユニークなカーテン金具
b0064411_06204131.jpg

b0064411_06204171.jpg

この家は夏の別荘だからこういった楽しい設計の家もいいのかも
b0064411_06204176.jpg
これは建てられた当時の内部の写真
b0064411_06292436.jpg

b0064411_06292451.jpg
売りに出た時の数年前の内部の写真
b0064411_06304389.jpg

b0064411_06304460.jpg

b0064411_06304397.jpg

b0064411_06304487.jpg

b0064411_06304401.jpg

b0064411_06304474.jpg

b0064411_06304493.jpg
なかなかおもしろい見学でした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-18 06:15 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

カサ・ビセンス見学3

カサ・ビセンスのバスルーム。バスタブにはポインセチアがいっぱい飾られていました。この家は近年まで住まわれていたので、タイルはオリジナルでも水回りは改装したでしょうね。
b0064411_05510858.jpg

b0064411_05510996.jpg

b0064411_05510921.jpg

b0064411_05510895.jpg

b0064411_05510807.jpg
b0064411_05510801.jpg
こちらはトイレ
b0064411_05510758.jpg
b0064411_05562338.jpg

アラブ風のタイルですね。
b0064411_05562431.jpg
その横に部屋があって
b0064411_05562305.jpg

この奇妙な椅子が
b0064411_05562317.jpg

トイレみたいだけれど、いっぱいくっついている突起物は何でしょうね。
b0064411_05562494.jpg

b0064411_05562401.jpg

b0064411_05562488.jpg

b0064411_05562410.jpg

b0064411_06102168.jpg

b0064411_06034981.jpg

家の構造は複雑
b0064411_05562309.jpg
b0064411_06003579.jpg

b0064411_06003503.jpg

b0064411_06003549.jpg

b0064411_06003554.jpg

b0064411_06003553.jpg

b0064411_06003624.jpg

b0064411_06003513.jpg

b0064411_06003685.jpg

b0064411_06003473.jpg

小さなバルコニーもあっちこっちにあるし
b0064411_06003511.jpg

b0064411_06034991.jpg
b0064411_06112454.jpg
b0064411_06035029.jpg
b0064411_06035041.jpg

b0064411_06035040.jpg

b0064411_06035060.jpg

このコーナーの家具は素敵
b0064411_06035032.jpg

b0064411_06035087.jpg

階段が隅にあるんではなくて、空間の真ん中に
b0064411_06035038.jpg

b0064411_06112344.jpg

b0064411_06035018.jpg
以前見学した旧ユダヤ人街の家を思い出しました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-17 01:31 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

カサ・ビセンス見学2

さて、10時になりました。アイアンの扉が開けられ、不思議な玄関ドアを開けて中に入ります。

b0064411_08173780.jpg

b0064411_08173718.jpg

b0064411_08173711.jpg

床は細かいタイル張り。
b0064411_08173838.jpg


天井は、梁の間に植物のレリーフがぎっしり。
b0064411_08173660.jpg

b0064411_08173704.jpg
初めに入る部屋は広いダイニングルーム。クリスマスのセッティングがしてあります。
b0064411_08231822.jpg
b0064411_08215589.jpg

b0064411_08231764.jpg
b0064411_08215445.jpg

b0064411_08215587.jpg

b0064411_08231895.jpg
b0064411_08215424.jpg

b0064411_08262239.jpg
b0064411_08231805.jpg
ここも天井の梁の間に植物のレリーフがぎっしり
b0064411_08262243.jpg
b0064411_08215528.jpg

b0064411_08231899.jpg

b0064411_08231813.jpg

b0064411_08231871.jpg

b0064411_08231974.jpg
ダイニングに続くバルコニー
b0064411_08215415.jpg
この家が売りに出た時のダイニングルームの写真
b0064411_08353651.jpg
b0064411_19252663.jpg
b0064411_08360199.jpg

b0064411_08262294.jpg

b0064411_08262218.jpg
その隣の小さな部屋は喫煙室で、アルファンブラ宮殿の天井のよう
b0064411_08300706.jpg

b0064411_08305197.jpg

b0064411_08305167.jpg

b0064411_08300615.jpg

b0064411_08300788.jpg

b0064411_08305133.jpg
小さい部屋なので、全体をとるのが難しいんですね。
ちなみに、この家が売り出されたときの写真
b0064411_08333505.jpg
いくつも部屋があって、その向きがあっちこっちなので、迷子になりそう。
b0064411_08385212.jpg

b0064411_08410613.jpg
b0064411_08385382.jpg

b0064411_08410551.jpg
b0064411_08385286.jpg
このカーテンを動かす部分がユニーク
b0064411_08385349.jpg

b0064411_08465002.jpg
b0064411_08465010.jpg

あちこちに小さなバルコニー
b0064411_08385264.jpg

天井が…!
b0064411_08385200.jpg

b0064411_08385357.jpg

b0064411_08385292.jpg
b0064411_08385223.jpg

b0064411_08461800.jpg
本当にびっくり箱のような家です。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-16 10:15 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

カサ・ビセンス見学1

カサ・ビセンスは、ガウディの初めて設計した家で、それ以来ずっと個人住宅でした。
それがスイスの銀行に買い取られ、どうなるかと思っていたら、内部をきれいに修復して、とうとう一般公開するようになりました。
チケットはインターネットで取れますが、時間決めになっていて、人数制限があります。去年秋から一般公開していますが、なかなか行く機会がなく、先日やっとチケットを取って行きました。

カサ・ビセンスは、Manel Vicens i Montaner(1836-1895)が、1883年、当時31歳だったガウディに夏の別荘として設計依頼したもので、ガウディのバルセロナにおける初めての建物の設計になります。

b0064411_07565272.jpg
b0064411_07565251.jpg


外観の印象はなんというか…私にはピエロのように見えますが…ユニークですね。
b0064411_07565218.jpg
b0064411_07565237.jpg

b0064411_07565209.jpg

b0064411_07565166.jpg

b0064411_07565221.jpg
b0064411_08144324.jpg

b0064411_08144311.jpg
b0064411_07565379.jpg

b0064411_07565191.jpg

b0064411_08144428.jpg

悪魔の顔がついてますよ
b0064411_08144431.jpg
b0064411_07565294.jpg
日よけがすごくユニーク
b0064411_08144347.jpg
b0064411_08180085.jpg
b0064411_08180043.jpg

b0064411_08180062.jpg

公開される前は、庭にもっと土が見えていたと思いましたが、見学者が多いことを見込んでコンクリートで固めてしまったんですね。
b0064411_08144470.jpg

b0064411_08144497.jpg


b0064411_08180087.jpg

b0064411_08180063.jpg
こちらが玄関。
b0064411_08180063.jpg
b0064411_08144490.jpg


アイアンの細工がきれいです。
b0064411_08144334.jpg

b0064411_08144337.jpg
日本からの方がたくさんいて、ちょっとびっくり。

b0064411_08180011.jpg

建てられた当初の写真。お庭も広かったのですね。
b0064411_08584148.jpg

b0064411_09021175.jpg
b0064411_09090335.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-15 07:55 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
インドを旅行中の次男からの写真です。ご一緒に楽しんでいただけたらと思います。

The most expensive private residence in the world worth 1 billion dollars inhabited by a family of 7 persons with around 350 workers. Mumbai is a city of contrasts…
b0064411_06473846.jpg
b0064411_06473864.jpg


Security outside the residence. Soldiers and armored vehicles…
b0064411_06473807.jpg

Mumbai – Dharavi Slums

Having done the tour, my definition of a slum completely changed, at least for the Dharavi one. Dharavi can be split into 2 areas, business and residential.

Business thrives in Dharavi and according to the guide the business generated out of it is worth millions of dollars! Examples of business are plastic and metal recycling, textile production linked to leather and other materials. Despite the high business activity the working conditions are not exactly great. People work long shifts, 12 to 14 hrs under dangerous conditions.

The residential area. The first thing you need to know is that 1 million persons live in 2 square kilometers! Having seen where they live I now understand how this is possible. The streets between the houses are extremely narrow and the access to the multi story residences are via a ladder and not stairs. Hygene is not always the best. However this is not the full story as this applies only to part of Dharavi. There are areas, where the first residences were first built, that are spacious, clean and charming with doctors and lawyers living there. Apparently some of the houses are valued at 1 million dollars! This is due to its strategic location, the airport being near and being in the center of Mumbai.

Another particularity of the slum is the way it is grouped. It is not by class/cast, religion or race but by language. The linguistic clusters are hindi, marathi and tamil. Integration takes place between the different communities so long as you speak the language. There are around 6 public schools where the residents can access freely. Part of the tour was to visit one of them.


Entrance to the slum area. No photos are allowed inside out of respect.
b0064411_06493086.jpg

Our guide Javi giving us a “class” in one of the public schools.
b0064411_06493020.jpg

b0064411_06493053.jpg

Goa – Bird Sanctuary

Pretty mangroves but as I arrived late in the afternoon I saw very little wildlife. Normally at the right time and month you can see migrating birds.

b0064411_06514008.jpg

b0064411_06514094.jpg

b0064411_06514060.jpg

b0064411_06513968.jpg

b0064411_06514066.jpg

Mumbai – Royal Enfield Rider Mania 2018 Event
b0064411_06493017.jpg

b0064411_06493190.jpg

b0064411_06493167.jpg

b0064411_06493016.jpg

b0064411_06493033.jpg

b0064411_06493050.jpg

b0064411_06512609.jpg

b0064411_06512532.jpg

b0064411_06512534.jpg

b0064411_06512637.jpg

b0064411_06512638.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-09 08:43 | 旅行 viaje | Comments(0)

次男のインド旅行32 Goa

6か月のサバティカル休暇を取ってインドを旅行している次男からの写真です。
一緒に楽しんでいただければと思います。

しばらく連絡がなかったので心配していましたが、元気そうで安心しました。

Interesting phenomena in Goa is how the visitors concentrate in specific geographical areas. In the north around Arambol you have Russians, Vagator you have the Indians, Anjuna and below Vasco da Gama the Europeans. In the area of Arambol I was amazed how all signs were written in Russian and the bar waiters spoke perfect Russian (or so it sounded to me). Incredible!
b0064411_19365460.jpg
b0064411_19365402.jpg
b0064411_19365469.jpg

Vagator beach
b0064411_19365498.jpg
Goan sunset
b0064411_06344399.jpg

b0064411_06354562.jpg
b0064411_06355221.jpg

Diwali decorations.

b0064411_06362678.jpg

b0064411_06362626.jpg

During Diwali they hang these paper lanterns. I understood that they organise every year a lantern competition.
b0064411_06364201.jpg

Spice Plantation

The visit to the spice plantation was a great highlight. Seeing the spices used in Indian cooking in its natural habitat was very educational especially if you are a city boy like me.

b0064411_06380119.jpg

b0064411_06380299.jpg

b0064411_06380227.jpg

b0064411_06380294.jpg

b0064411_06381576.jpg

b0064411_06381563.jpg

b0064411_06381572.jpg

b0064411_06381502.jpg

b0064411_06381657.jpg

b0064411_06380153.jpg

b0064411_06385123.jpg

b0064411_06385190.jpg

Food

b0064411_06402563.jpg

b0064411_06402555.jpg

b0064411_06402649.jpg

b0064411_06402666.jpg

b0064411_06402682.jpg

b0064411_06402683.jpg

b0064411_06402624.jpg

b0064411_06402570.jpg

I will always remember this place for its delicious sandwich and the honesty of the owner. After finishing the meal, I paid the bill and the owner did not have any change so I told him that it was not an issue and he could keep it as we had enjoyed so much the meal (we are talking of 30 rupees = 38 cents). However he insisted and asked me where I was staying and whether I would be around tomorrow. I told him that we would be leaving tomorrow so probably not. Next morning, having forgotten about the whole thing, as we were walking from the guest house towards the bus stop, the owner out of nowhere arrived with his scooter, greeted me and gave me the 30 rupees! I was blown away by the genuineness and honesty of this man!
b0064411_06402545.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-08 06:29 | 旅行 viaje | Comments(0)
服飾博物館の展示室の周りにも展示があって
b0064411_00531256.jpg

時代ごとの服を白い布で仕立ててあります。
b0064411_01013473.jpg

b0064411_01013401.jpg

b0064411_01013591.jpg

b0064411_01013507.jpg

b0064411_01013523.jpg

b0064411_01013535.jpg

b0064411_01043249.jpg
b0064411_01013525.jpg
b0064411_01043295.jpg

b0064411_01043228.jpg

その続きには、様々な繊維の紹介で、結構面白い。

タフタ
b0064411_01043231.jpg

サージ
b0064411_01043210.jpg

サテン
b0064411_01043241.jpg

ダマスク
b0064411_01043397.jpg

デニム
b0064411_01043373.jpg

ツイード
b0064411_01043375.jpg

b0064411_01043189.jpg
b0064411_01091689.jpg

下に織られた布があって、手で触ることができます。
b0064411_01091671.jpg

たくさんの展示を見た後は、庭に出てみました。

b0064411_01091601.jpg

b0064411_01091515.jpg

b0064411_01091510.jpg

b0064411_01091531.jpg

b0064411_01141181.jpg

b0064411_01141109.jpg
オペラとミュージアムの見学だけで終わったけれど、とても良い旅行になりました。

b0064411_01222892.jpg

b0064411_01222905.jpg
帰りもまたAVEで。寒かったマドリードに比べ、バルセロナの温かいこと。ありがたいことです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-06 00:57 | ミュージアム museos | Comments(0)
マドリードの服飾博物館の展示室の一部に、1930年代のカフェが再現されていました。
b0064411_00120118.jpg
この時代(1914年~39年)、女性が男性の職業の分野にも入ってきて、映画館やカフェにも出入りするようになりました。
b0064411_00121643.jpg

b0064411_00122478.jpg

b0064411_00122594.jpg

b0064411_00431509.jpg

b0064411_00431582.jpg

b0064411_00431483.jpg

b0064411_00431527.jpg
b0064411_00431551.jpg

b0064411_00431505.jpg

b0064411_00431542.jpg

b0064411_00431588.jpg

その先の展示会場は、Mariano Fortuny(1871~1949)のデザインした服。
1920年~49年ころの作品で,これらはご夫人のためにデザインされたもの。
Fortunyは素材としてシルクが大変好きで、細かいプリーツを付けたものが多くみられます。
b0064411_00213266.jpg
b0064411_00210432.jpg

b0064411_00210575.jpg

b0064411_00205967.jpg


b0064411_00210031.jpg

b0064411_00210175.jpg

b0064411_00243889.jpg

b0064411_00243500.jpg

b0064411_00243249.jpg

b0064411_00243041.jpg
b0064411_00243729.jpg

今でも着てみたいと思うような服です。

Fortunyは布のデザインもたくさんしています。
b0064411_00294098.jpg

b0064411_00294150.jpg

b0064411_00294228.jpg

b0064411_00294362.jpg

b0064411_00294453.jpg

ランバン、パコ・ラバーヌなどのカクテルドレス
b0064411_00323959.jpg

b0064411_00323924.jpg

バレンシアガの20年代のドレス
b0064411_00323911.jpg

b0064411_00323955.jpg

b0064411_00323911.jpg

b0064411_00323949.jpg

ココ・シャネルの1930年のドレス
b0064411_00324062.jpg

b0064411_00323881.jpg

b0064411_00323880.jpg

1940年代
b0064411_00431458.jpg

b0064411_00431454.jpg

b0064411_00492324.jpg

b0064411_00492396.jpg

b0064411_00492406.jpg

b0064411_00492476.jpg

b0064411_00492436.jpg

b0064411_00492256.jpg

b0064411_00492303.jpg

b0064411_00492337.jpg

b0064411_00492335.jpg
b0064411_00293999.jpg

b0064411_00515314.jpg

b0064411_00515346.jpg

b0064411_00515298.jpg

b0064411_00515229.jpg

b0064411_00515219.jpg

b0064411_00515352.jpg
90年代の服
b0064411_00531250.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-04 23:11 | ミュージアム museos | Comments(0)

2019年1月1日

暖かい元旦です。
今年は長男と二人だけで、彼はどうせお昼まで寝ているので(夫がいるときは、朝9時にたたき起こされる)、散歩に出ることにしました。

お目当ての南天は、今年全く実をつけていなくて(もしかしたら小鳥に食べられちゃったかも?)、仕方なく赤い実のなっている木の枝を少し採ってきました。

でもこの景色が見られたので良かった。

b0064411_00261355.jpg

b0064411_00261381.jpg

b0064411_00261399.jpg

b0064411_00261405.jpg

b0064411_00261439.jpg

b0064411_00261425.jpg

b0064411_00261475.jpg

b0064411_00261333.jpg

ぺドラルベス修道院に寄ってみました。
b0064411_00282098.jpg

b0064411_00282042.jpg

b0064411_00282039.jpg


ちょうどミサが始まるところでした。
b0064411_00282178.jpg

b0064411_00282168.jpg

b0064411_00282127.jpg

b0064411_00282106.jpg

b0064411_00282193.jpg

b0064411_00282038.jpg

b0064411_00282066.jpg

このロマネスクの一角は、修道院を立てさせたアバデサが、リポールから移築させたのだそうです。アバデサは15世紀の人で、すでにゴシックでしたからね。
b0064411_00291895.jpg

b0064411_00291924.jpg

b0064411_00291950.jpg

b0064411_00291971.jpg

b0064411_00291917.jpg

b0064411_00291808.jpg


この修道院に隣接した素敵な建物は、TOUS家の持ち物だそうです。TOUS家って昔から大金持ちだったんですね。今はアクセサリーで有名ですね。
b0064411_00291884.jpg

さて、帰宅すると、ちょうどウィーンニューイヤーコンサートをやっていました。
バレエのところがみられてよかったけれど、今年の振り付けも衣装もあまり好きじゃなかったわ。

起きてきた長男とお雑煮をいただいて
b0064411_00344720.jpg

採ってきた赤い実とシャビーな松(それでも松)をシルバーの器に生けて
b0064411_00344744.jpg

b0064411_00344841.jpg


クリスマスのグリーンの転用ね
b0064411_00384550.jpg


クリスマスの飾りを片付けて新年用に
b0064411_00344747.jpg

b0064411_00384462.jpg

b0064411_00384408.jpg
b0064411_00384505.jpg

ボレジが咲いていたんですよ。
b0064411_00344867.jpg
b0064411_00344858.jpg


これはダイニングキッチンの食卓に飾っておきたい。
b0064411_00384452.jpg

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
b0064411_00344863.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2019-01-02 00:21 | 散歩 paseo | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera