<   2018年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

11月25日は、私の所属しているリコーダーアンサンブルが、Granollersの Tarafaホールで 慈善コンサートを行いました。

早く着いたので、私たちが一番。
b0064411_02143550.jpg


ここは昔病院だった建物で、その後改装されて図書館になり、今は多目的ホールとして使われているそうです。
b0064411_02143506.jpg

この天井!バロックですね。
b0064411_02143653.jpg

ステージ
b0064411_02143574.jpg
b0064411_02143534.jpg
b0064411_02143660.jpg

b0064411_02143654.jpg
b0064411_02143446.jpg

b0064411_02232455.jpg

だんだんメンバーが到着、準備を始めます。
b0064411_02232333.jpg
リハーサルが終わると、飲み物とミニクロワッサンのサービス
b0064411_02232360.jpg

さて、コンサート。どなたかが撮ってくれた写真を見ると、結構入ってるじゃありませんか。
b0064411_02233299.jpg

b0064411_02322607.jpg
b0064411_02235034.jpg
録音をしてくれた方がいて、いくつかアップしてみました。

"Triste Espanya"
"Flamenco Fantastico""Hoy comamos"


終わった後は充実感… 
b0064411_02332408.jpg
アンサンブルはアマチュアですが、今度CDを作ることになって、すでに3度レコーディング済み。来年になったらもう一度レコーディングして、それでCDが完成の予定。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-30 09:33 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
インドを旅行している次男からの写真のご紹介。一緒に楽しんでいただけたらと思います。

ダージリンで
b0064411_09053907.jpg

First cemetery in India.
b0064411_09053923.jpg

b0064411_09053971.jpg

Washing of uniforms in house next to the football field
b0064411_09053936.jpg


Teacher’s private quarters. I bumped into Kiran while wondering around who then kindly offered to show me around. Hope to meet him again!
b0064411_09070495.jpg

b0064411_09054058.jpg

b0064411_09054099.jpg

My local barber 🙂 Got my moustache and beard trimmed.
b0064411_09054046.jpg

b0064411_09053946.jpg


Toy Train

2 trains are running, one a diesel and the other a steam engine           

b0064411_09070576.jpg

b0064411_09070362.jpg

b0064411_09070388.jpg

b0064411_09070494.jpg

b0064411_09070457.jpg


The photo does not really show how tiny the seats are! Luckily I am not too big…
b0064411_09070441.jpg
b0064411_09113504.jpg

Beautiful tea plantation landscape. The tea plantation visit was really interesting. Apparently there is white, green and black tea and they all come from the same plant but go through a different production process. Never knew…
b0064411_09053904.jpg

Darjeeling black tea! Really nice.
b0064411_09070467.jpg

b0064411_09070549.jpg

b0064411_09070594.jpg
Transport

My transport to get back to the train station.
b0064411_09113456.jpg
Food
Chinese buns
b0064411_09114358.jpg


Darjeeling black tea
b0064411_09114349.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-29 09:04 | 旅行 viaje | Comments(0)
インドを旅行している次男からの写真をご紹介。ご一緒に楽しんでいただけたらと思います。

ダージリンは紅茶のプランテーションで有名なところ。

I really enjoyed my stay there due to its natural scenery, peacefulness and ethnically diverse people. Given its location, next to Bhutan, Nepal and China, the ethnic mixity is incredibly rich. Because of this, people even mistook me for a Nepalese or Indian!

Local fish monger

b0064411_08514378.jpg

Chowrastha Square
b0064411_08514399.jpg

Mahakal Market
b0064411_08514316.jpg

b0064411_08514339.jpg

b0064411_08514441.jpg

b0064411_08514405.jpg
b0064411_08514490.jpg

b0064411_08514449.jpg

Mahakal Mandir hundu temple
b0064411_08514495.jpg

b0064411_08514316.jpg
b0064411_08532142.jpg

b0064411_08532141.jpg

So many monkeys! They moved around using the flag ropes as highways.
b0064411_08532194.jpg
b0064411_08532273.jpg
b0064411_08532206.jpg
b0064411_08532210.jpg
b0064411_08532222.jpg
b0064411_08532269.jpg
b0064411_08532266.jpg
b0064411_08532148.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-28 08:50 | 旅行 viaje | Comments(0)
ロマンティシズム美術館も、興味深いものがぎっしりとあって、ご紹介に時間がかかります。

次の部屋は、夫人の寝室。当時はご夫婦は各々別の寝室に寝ていて、赤ちゃんのベッドは夫人の部屋に置かれていました。
天蓋がとても素敵。
b0064411_07212171.jpg

b0064411_07212118.jpg

b0064411_07212226.jpg

赤ちゃんのベッドもなんてすてきなんでしょう。
b0064411_07212172.jpg

b0064411_07212229.jpg
b0064411_07212215.jpg

b0064411_07212123.jpg

b0064411_07212214.jpg

お祈り用の膝まづく台があります。
b0064411_07212158.jpg

当時のご婦人が使っていたいろいろなものがケースに入っています。
b0064411_07252098.jpg

b0064411_07252021.jpg

b0064411_07252037.jpg

こちらは別の部屋
b0064411_07252094.jpg

b0064411_07252192.jpg

b0064411_07252146.jpg

ここは婦人用のサロン
b0064411_07252133.jpg

b0064411_07252128.jpg

立派なコモードはたぶん、ハウスリネンを入れておくためのもの。
b0064411_07252129.jpg

b0064411_07252035.jpg
b0064411_07292786.jpg

b0064411_07292767.jpg

b0064411_07292720.jpg

素敵なフォトフレーム
b0064411_07292703.jpg

こちらは殿方用のサロンのようで、ここにもピアノ
b0064411_07292770.jpg

b0064411_07292828.jpg

b0064411_07292883.jpg

b0064411_07292666.jpg

b0064411_07292677.jpg

b0064411_07525563.jpg
美術館の写真
b0064411_07340963.jpg

b0064411_07340868.jpg

b0064411_07340844.jpg

b0064411_07340979.jpg

殿方の寝室
b0064411_07365002.jpg

b0064411_07365119.jpg

b0064411_07365103.jpg

この長い棒のついた丸いものは、中に炭を入れて、ベッドのシーツの間に入れて動かし、シーツを温める道具。
b0064411_07365131.jpg

b0064411_07365172.jpg

執務室
b0064411_07365137.jpg

b0064411_07365146.jpg

b0064411_07365080.jpg

b0064411_07365056.jpg

b0064411_07365005.jpg

b0064411_07525656.jpg
美術館の写真
b0064411_07425238.jpg
b0064411_07425133.jpg
続いてビリヤードルーム
b0064411_07425116.jpg
b0064411_07500729.jpg

喫煙室
b0064411_07425232.jpg

b0064411_07425267.jpg

b0064411_07292787.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-27 09:17 | ミュージアム museos | Comments(0)
ロマンティシズム美術館、次の部屋は礼拝室と前室。
b0064411_07040467.jpg

b0064411_07040487.jpg

b0064411_07040496.jpg

b0064411_07040243.jpg

b0064411_07040231.jpg

b0064411_07040309.jpg


次の部屋は子供のおもちゃを集めた部屋
b0064411_07040370.jpg


素敵な花瓶とフォトフレーム
b0064411_07040342.jpg

ビスクドールたち
b0064411_07040382.jpg

このお顔はじゅもーですね。
b0064411_07040395.jpg
b0064411_07080607.jpg

b0064411_07080797.jpg

b0064411_07080750.jpg

b0064411_07080751.jpg

b0064411_07080717.jpg

b0064411_07080711.jpg

b0064411_07080748.jpg

テーブルまでおもちゃの寄せ木在庫
b0064411_07100616.jpg
b0064411_07080608.jpg
b0064411_07100680.jpg

b0064411_07100620.jpg

b0064411_07100709.jpg

b0064411_07100792.jpg

b0064411_07100776.jpg

b0064411_07100734.jpg

b0064411_07080878.jpg

b0064411_07100630.jpg

b0064411_07100644.jpg
美術館の写真
b0064411_07135854.jpg

b0064411_07135800.jpg

b0064411_07135895.jpg

b0064411_07135800.jpg

b0064411_07132138.jpg

b0064411_07132142.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-26 07:00 | ミュージアム museos | Comments(0)
ロマンティシズム美術館は、100年ほど前の生活がわかるように展示されていて、興味深いものもいっぱい。

b0064411_05132024.jpg


絵もみんな素敵だけれど、どうしても家具のほうに目が行く
b0064411_05132018.jpg

b0064411_05132042.jpg

b0064411_05132003.jpg

b0064411_05132116.jpg


b0064411_05132192.jpg

b0064411_05132179.jpg

カーテンがとても立派な部屋
b0064411_05132138.jpg

b0064411_05514736.jpg
b0064411_05514700.jpg

青があまりに派手ではありません?
b0064411_05514845.jpg

こういう田園風景の絵はいいわね
b0064411_05514826.jpg

b0064411_05514813.jpg


こういう小さな額は、当時とてもよくつかわれたのね。
b0064411_08244018.jpg

当時使われていた化粧台。
b0064411_08244041.jpg


これは爪のお手入れセットかしら?
b0064411_08244073.jpg

このテーブルクロス素敵
b0064411_08244040.jpg

この立派な椅子は何かしら。もしかしたら、中に便器が仕込んである?
b0064411_08243990.jpg

素敵なモノグラム刺繍の麻の布のタオル
b0064411_08243854.jpg
その次はダイニングルームだけれど、ドアからのぞくだけ。
b0064411_08243913.jpg

b0064411_08243929.jpg

b0064411_08243973.jpg

b0064411_08243985.jpg

b0064411_07022587.jpg

ミュージアムの写真
b0064411_08590979.jpg

b0064411_08590919.jpg

b0064411_08590928.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-23 04:09 | ミュージアム museos | Comments(0)
今回の旅行で大失敗したのは、2つのカメラの充電器を忘れたこと。
セラルボ美術館のあと、充電器を買いに町を少し歩いたらFNACがあったので、そこで無事2つのバッテリーを充電できる機械を購入。これで一安心。とにかくミュージアムに行くとものすごくたくさん写真を撮るので、すぐバッテリーが終わってしまいます。ホテルに帰るたび充電してました。また、携帯のメインボタンが動かなくなってしまい、不自由しました。

次に行ったのはロマンティシズム美術館。セラルボ美術館はほとんど人がいなかったのに対し、こちらは結構たくさんの観光客が来ていました。

建物は18世紀末の新古典主義建築の宮殿が、19世紀に改装されたもので、ミュージアムとして発足したのは1924年。

入口の扉
b0064411_06135045.jpg
このドアノブ、素敵。
b0064411_06135051.jpg

b0064411_06135115.jpg


内部はかなり明るい。セラルボ美術館の重苦しさがない。
b0064411_06135066.jpg

パティオが鉄格子越しに見えるけれど、ここは一般の人は入れないんですって。
b0064411_06135194.jpg

見学は階段を上って
b0064411_06135152.jpg
こういったランプやレリーフのプレート、素敵
b0064411_06141883.jpg

b0064411_06141830.jpg
b0064411_08233403.jpg


ランプが素敵
b0064411_06180758.jpg

b0064411_06180733.jpg

b0064411_06180790.jpg

b0064411_06180722.jpg

b0064411_06180622.jpg
これは美術館の写真
b0064411_08244788.jpg
続いて黄色のサロン
b0064411_06285293.jpg

b0064411_06285291.jpg

とにかく家具が本当に素敵です。
b0064411_06285348.jpg

b0064411_06285306.jpg

こんなの欲しい
b0064411_06285370.jpg

美術館の写真
b0064411_08255186.jpg
b0064411_08255128.jpg

b0064411_06285366.jpg

大きな絵の横に、こういう小さな額を飾る
b0064411_06285207.jpg

b0064411_06285220.jpg

b0064411_06285296.jpg
b0064411_06312797.jpg

ピアノがいくつも置いてあります。
b0064411_06312795.jpg

素敵なフォトフレームたち
b0064411_06312718.jpg
美術館の写真
b0064411_08293494.jpg

b0064411_08293416.jpg

b0064411_08293520.jpg

b0064411_08293533.jpg
絨毯部分は踏んではいけなくて、人もいっぱいだったので、こういう風には撮れない。


b0064411_06312771.jpg

b0064411_06312702.jpg


このフロアをざっと見られるYoutubeがありました。




↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-21 17:54 | ミュージアム museos | Comments(0)
インドを旅行中の次男からの写真のご紹介です。一緒に楽しんでいただけたらと思います。

Varanasi (Benares)
この町は、ヒンズー教の人々が死ぬ前に必ず訪れる町だそうです。人口150万の大きな都市で、夜行列車で11時間かかって着いたそうです。お疲れ様。

町の様子
b0064411_03531508.jpg
b0064411_03531518.jpg

Narrow street of Varanasi.

b0064411_03531595.jpg
b0064411_03531563.jpg
b0064411_03531530.jpg

Preparations for the Ganga Aarti
b0064411_03531688.jpg

A man being fully shaved and preparing him for the cremation ritual.
b0064411_03531618.jpg
b0064411_03531689.jpg
b0064411_03531503.jpg
b0064411_03563543.jpg
b0064411_03563550.jpg
b0064411_03563568.jpg
b0064411_03563586.jpg
船に乗る
b0064411_03572321.jpg
b0064411_03572332.jpg
b0064411_03572307.jpg
b0064411_03572371.jpg
b0064411_03572381.jpg

Next to the Ghat.

b0064411_03572448.jpg


Crematorium
As you would expect cremations are performed using wood. Like anything you have different grades of wood and thus the rich would pay for better quality of wood.
b0064411_03572483.jpg
b0064411_03572454.jpg
b0064411_03572291.jpg
b0064411_03572294.jpg
食べ物
I never thought I would have Japanese meal while India but I found one that is owned by a Japanese lady who is married to an Indian. Great food!
b0064411_03594326.jpg

Best lassi I had so far in Blue Lassi. So good that I went twice!
b0064411_03594363.jpg
b0064411_03594366.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-20 17:47 | 旅行 viaje | Comments(0)
b0064411_03395035.jpg
b0064411_03395056.jpg
b0064411_03395009.jpg
b0064411_03395168.jpg
b0064411_03395129.jpg
半年のサバティカル休暇を取ってインドを旅行している次男から、しばらく便りが途切れていたので心配していたら、パートナーがインドに来たので一緒に旅行していて時間がなかった、とのことでホッとしました。
次に訪れたのは Khajuraho。セクシーな像のある寺院で有名な街。

Khajuraho の町
ハス池
b0064411_03320407.jpg

b0064411_03320423.jpg
b0064411_03320404.jpg

水牛
b0064411_03332546.jpg
b0064411_03320438.jpg
b0064411_03320545.jpg

Jain religion celebrations. Felt like being in Brasil!
b0064411_03320558.jpg
b0064411_03320399.jpg

Temples
西側の寺院グループ
b0064411_03380085.jpg

b0064411_03380057.jpg

b0064411_03380074.jpg

b0064411_03380066.jpg

b0064411_03380052.jpg

Amazing sculptures. So much detail and incredibly well preserved!
b0064411_03380167.jpg

b0064411_03391094.jpg
b0064411_03380172.jpg

b0064411_03375947.jpg

b0064411_03375989.jpg
b0064411_03403948.jpg

b0064411_03395150.jpg

b0064411_03394933.jpg

b0064411_03395082.jpg

b0064411_03415030.jpg

b0064411_03411785.jpg

b0064411_03411792.jpg

Sadhus, holy men from Jain religion.
b0064411_03411838.jpg

b0064411_03411773.jpg
食べ物
Thali prepared by Ajay’s wife. Exquisite! Loved the fact that it was not spicey as Ajay and his family don’t eat spicey food. That’s a first in India!
b0064411_03411786.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-19 17:25 | 旅行 viaje | Comments(0)
宴の間(バンケットルーム)に続く部屋はビリヤード室。
美術館の説明
この部屋はおそらくダイニングルームの準備室の一部として利用されていたと考えられる。なぜなら地下の大台所とつながる滑車が今日両サイドの長椅子の突き当りの狭い扉の裏側に残されている。そこにはウォーターサーバー(蛇口付き)もそのまま残されており、サーバーそのものにはアラバスター(雪花石膏)を見事に彫刻した飾りカバーが取り付けられている。このような実用的用具もさることながらこの部屋の主役はリクレーションで、特にビリヤード用に考えられている。ビリヤードは19世紀の紳士の間で好まれたゲームで、部屋の中央にキャロムテーブルが配置されている。他のインテリアもゲームを中心に配慮されていて、高めの椅子や格納式ステップ付きのビリヤード用の椅子は女性がゆっくりとゲームを高めから見学できるように考えられている。照明は横長で台全体にはっきりと照らされるようになっており、チューリップ型のランプシェードのおかげで、台上に視点が集中でき、部屋の他の場所は薄暗がりになる趣向。部屋の壁面は時代も画家も絵の素材も様々な貴婦人と紳士のたくさんの肖像画で飾られている。
b0064411_23292516.jpg


残念ながら、ロープが張ってあって中まで入れません。これは美術館のサイトの写真。
b0064411_23252587.jpg


素敵なレリーフのついた扉
b0064411_23325801.jpg

角部屋
美術館の説明
ビリヤードルームに続きこの部屋もリクレーション用で、フェラス通りとベントゥーラロドリゲス通りが合流する建物のファサードの場所にあるため、部屋の名前そのまま角部屋となる。この部屋は招待客同士の交流や世間話をしたり、踊りと踊りの合間の休憩場所として設けられている。造形装飾はマクシモ・フデリアス(1867年-1951年)が担当。彫像のモチーフの作者であり、ほとんどの絵画も彼によるもので、天井画の音楽や絵画を暗示している図柄そして壁画は麦刈りの昼の休憩やハロン川の川岸から見える朝焼け、セラルボ家の夏の別荘ソリアのサンタ・マリア・デ・ウエルタ宮殿の庭園が描かれている。バレンシアの農園での民衆の踊りという絵に関してはホセ・ソリアノ(1873年-1937年)の作になる。椅子類はロココ様式で、輪になって歓談するのには相応しい。床はセメントタイルで19世紀のブルジョアの内装に急速に浸透した新技術で、その床の上には19世紀フランスのオーブソン社製の工芸品の絨毯が敷かれている。バルコニー側のカーテン上部のものも同社製。

b0064411_06005283.jpg

b0064411_23325883.jpg

b0064411_23325837.jpg

天使の像がとても素敵
b0064411_23325806.jpg

b0064411_23325976.jpg

b0064411_23325871.jpg
執務室
美術館の説明
この部屋はセラルボ侯爵のパーソナリティを一番密接に感じられるところで、用途性のない壮麗な空間は著名な訪問客を迎えるにふさわしい。フェルディナンド調(古典的な19世紀フランス家具)シリンダートップ型ライティングビューローには、価値の高い物や実用性より付加価値の高い品々がぎっしりしまわれている。中央の机の上にもカルリスタスの頃の思い出、神と国家と王に誓いたてる象徴でもあるピストルをはじめ、膨大な量の物品が所狭しと置かれている。他の部屋にも展示されているように、絵画への特別な興味はもちろんのこと、セラルボ侯爵の考古学に関する物や骨董品、その他の蒐集品は男爵の他分野への好奇心が理解できる。実際に執務室にある絵画が全絵画コレクションの中で彼が最も大切にしている作品が展示されている。ブロンズィーノ派のアレッサンドロ・ディ・メディチの肖像画がそれである。ただし、暖炉壁面にある当時のプレートにはアンドレア・デル・サルト(16世紀イタリア人画家)作とある。(現在はブロンズィーノ派と解明)ヴァン・ダイク派のマリア・ディ・メディチの肖像画は引き出し付きの飾り戸棚の家具の上に展示されている。石の盾型紋章と第二代セラルボ侯爵の甲冑から侯爵家が多様で高貴な祖先をもっていたことがうかがえる。図書室との境界部の梁には、針の中にムーブメントが隠されているという時計があり、ミステリークロックと呼ばれるそのガラスの文字盤が見る者を驚かせる。

b0064411_23405587.jpg


ここも残念ながら仲間で入れない
b0064411_23405542.jpg

b0064411_23405504.jpg


b0064411_23471129.jpg


b0064411_23405601.jpg
美術館のサイトからお借りした写真
b0064411_23471058.jpg
b0064411_23471240.jpg
図書室
美術館の説明
壮麗な書斎と反し、図書室は机の上で広げた文献等を勉強をしたり、知的作業に集中するための実利優先の空間である。この全体的に簡素な室内にはぎっしりと書籍が収められている。この本棚には入手困難なものから1922年に出版されたものまでおよそ1万冊が並び、芸術的、文学的、科学的にとても価値の高い手記の類の所蔵のみならず、当時数学と考古学の分野の資料としてはスペイン国内で最も完備されていた一つに数えられている。またエンリケ侯爵の知識欲への向上心の賜物で蒐集されたのが、旅行、歴史、地理、文学、宗教、法律、政治に関する書物。またガラスケースには幅広い封蝋印、コイン、メダルのコレクションのうちのほんの一部を展示。それらはセラルボ侯爵と義理の息子ビジャ・ウエルタ侯爵が集めたもので、その数は24000を超える。封蝋印はローマ法王や王の印字のものが展示。一連のコインは基本的にはスペイン国内系列なのだが、特に1886年にセラルボ男爵がパリのオークションにて購入したプロスペル・マイエット所蔵の戦時下の硬貨は必見。メダルや勲章、賞状、就任式の書状等はその種類も多く、16世紀から20世紀まで年代順に揃っている。中でもヤコボ・トゥレッツォやポンペオやレオン・レオーニのルネッサンスの時期のコインは格段素晴らしい。
b0064411_23405586.jpg

b0064411_23405635.jpg

b0064411_23405611.jpg

美術館のサイトからお借りした写真
b0064411_23471097.jpg
b0064411_23471213.jpg

b0064411_23471265.jpg
b0064411_06075457.jpg

ギャラリー
美術館の説明
3つのギャラリーは中庭を囲むように設計されており、それにつながるような形で、一つの部屋から次の部屋が1列に配列され、それらの部屋はベントゥーラ・ロドリゲス通りとフェラス通りに面し、バルコニーが付いている。3つのギャラリーはそれら3つの共同スペースであり数多くの行事が開かれた舞踏室をコの字に挟んで設計されている。これらのギャラリーはセラルボ侯爵自らが招待客が簡単に行き来きしながら、壁にある貴重な絵画の数々や、17世紀のフランチェスコ・デ・ルスチやフランチェスコ・マフェイ作の天井画を鑑賞できるようなイタリアの宮殿を模倣して設計。3つのギャラリーの最初のギャラリー1はこの家の先祖代々またその夫人の肖像画と磁器の壺や時計、長椅子、コンソールテーブルが飾られており、宝石や骨董品は中央のガラスショーケースの中に陳列されている。
b0064411_23325759.jpg

b0064411_23325710.jpg

b0064411_23325771.jpg
b0064411_23535560.jpg

エル・グレコの絵。1600年頃。
b0064411_23535559.jpg

b0064411_23535586.jpg

b0064411_23543410.jpg

b0064411_23535672.jpg


美術館のサイトからお借りした写真
b0064411_00005075.jpg


b0064411_00005099.jpg


b0064411_06060267.jpg

小さなトイレットルーム
b0064411_23524313.jpg

舞踏室
美術館の説明
グラナダ産のメノウやピレネー山脈の大理石の羽目板使いに灯りを数倍にさせどこまでも光の反射が映るベネチア製の大鏡で装飾されている。この舞踏室で美術館の見学コースは最後になる。天井画はフデリアス・カバジェロによって、1891年から1892年にかけて油絵で描かれ、宮殿内で譲歩された数少ないコンテンポラリーアートに属する。しかしながら、ご覧の通り限りなくアカデミック美術様式を採用していて、当時の前衛的絵画の風潮をよしとする方向性からはかけ離れている。要するにしっかりと宮殿が保ってきた内装の歴史に外れることなくマッチしている。この華麗で光り輝く独特の雰囲気を創り出したのは、すべてこの場所が踊りを楽しむためのムードを醸し出せるようにという配慮からである。天井画の中央は神々が踊りを踊り、その周りでは人間の長い舞踊の歴史が絵で表現されている。そして、ローマ時代風の彫像をクッション付き長椅子やリヨン製の絹の持ち運び椅子等の間に配置して、この「踊りの神殿」は完遂する。この舞踏室は、踊りだけでなく、栄えある考古学の展示会や数学、文学の夕べなども開催されていた。
b0064411_23535446.jpg

b0064411_23535546.jpg


b0064411_23535581.jpg
b0064411_23535668.jpg

b0064411_23535653.jpg

b0064411_23535669.jpg


美術館のサイトからお借りした写真

上のアーチが3つあるバルコニーは、音楽家たちが演奏をしたところ。
b0064411_00004965.jpg

b0064411_00005015.jpg

b0064411_00005000.jpg



見ることはできなかったけれど、ほかにも素敵な部屋がたくさん。

b0064411_00005081.jpg
音楽室
b0064411_06064353.jpg


この絵はどこにあるのかわからなかったけれど、素敵。
b0064411_06065992.jpg

本当に興味深いものがいっぱいのミュージアム、今度マドリードに来たら、もう一度行きたいところ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-11-18 17:08 | ミュージアム museos | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera