カテゴリ:オペラ、コンサート musica( 219 )

先日、リセウ音楽学院のマスターの生徒による、ロッシーニのオペラ「チェネレントラ」を聞きに行きました。去年、モーツアルトの「魔笛」を聞きいてなかなか良かったので、今回もぜひ聞いてみたかったのです。

b0064411_07480258.jpg

会場はリセウ音楽学院のホール。新しくて音響が良く、椅子の座り心地がとても良いホールです。椅子の背もたれが高くて、退屈したら眠れるくらい(笑)。

b0064411_07480235.jpg

ステージは簡潔そのもの。

b0064411_07480207.jpg

オペラはコンサート形式ではなく、すべて普通のオペラと同じに衣装を着け、演技して歌われました。コーラス、レチタティーヴォ部分はカット、ソロのアリアはドン・マグニフィコのお城の酒蔵でのアリア以外は全部歌われましたので、オペラとほぼ同じように楽しめました。
まだプロになる前の人たちですが、声量、歌唱、演技もなかなかで、もうみんなすぐ劇場で歌えるのではないか、と思うほど。
ロッシーニオペラにつきもののロッシーニクレッシェンド、早口言葉のような歌がたくさん出てきますが、みんなしっかりリズムを崩さずお見事。
オーケストラは50人くらい、みんなリセウ学園の生徒さんもしくはOBで、軽快なロッシーニを演奏、こちらも大満足。

b0064411_07480266.jpg

b0064411_07480269.jpg


ドン・マグニフィコ(まま父役)は韓国系のバスだと思いますが、演技も声も素晴らしい。  
王子様ドン・ラミロ役は、去年の「魔笛」のタミーノを歌ったテノール。高音ものびやかで、頻繁に出てくるハイCも楽々。                                       
チェネレントラ(シンデレラ、メゾソプラノ)役は大変声量があり、最後の長大なアリアも見事に歌い切りました。いじわる姉さん二人もはまり役で、演技もうまい。             
b0064411_07480271.jpg

b0064411_07480273.jpg
とても楽しい夜でした。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-04-17 20:08 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
この時期は行きたいコンサートがたくさんあって結構忙しいのですが、先日はまたカタルーニャ音楽堂で ヘンデルの"Dixit Dominus"と ビバルディの”Gloria"を聴きました。
このコンサートはスピノジ指揮、アンサンブルマテウスで、今までヘンデルやビバルディのオペラの演奏がかなり素敵だったので、とても期待してゆきました。

今回は安めの席でかなり後ろ。
b0064411_06434928.jpg
b0064411_06434879.jpg

b0064411_06434926.jpg

b0064411_06434993.jpg

ステージが遠いわぁ~
b0064411_06434975.jpg
b0064411_06434976.jpg
b0064411_06435096.jpg

b0064411_06435002.jpg

b0064411_06434863.jpg


ソプラノ Emilie Rose Bryt, Zoe Nicolaidou

カウンターテナー David DQ Lee
テノール Carles Prat

バリトン  Daniel Morales

 指揮 Jean-Christophe S;inosi, Ensemble Matheus

 
前半がヘンデルの Dixit Dominus HWV232で、コーラスがとても印象的なので、ソリストたちのアリアがあまり記憶に残っていません。
カウンターテナーがDavid DQ Leeだったとは。彼はあちこちのコンテストで賞を取っていて、バルセロナのフランセック・ビーニャス歌唱コンクールでも一等賞を取り、そのコンサートで彼の歌を聞いています。先日はモンテヴェルディのポッペアの戴冠で、狂気のネロをうたっていましたっけ。宗教曲は、もちろんうまいとは思いましたが、彼は演技力がなかなかでエンターテナーなので、オペラのほうがあっているように思いました。

後半がビバルディのグロリア。
これは私がバロックアンサンブルにいたころ何度も演奏し、録音までしたので、とても耳になじんでいる曲ですが、スピノジの出だしのGloria、ものすごく速い。
スピノジはとても早く演奏するので有名なくらいですが、こんなに早いと、グロリア、と讃えているのに走って競争しているような印象を受けます。それにトランペットが、ついていけなかったのです。局の途中にも同じグロリアがあるのですが、その時も同様でした。
バロックのトランペットは今のトランペットと違ってキーがないので、音をイメージして音を作ってゆかなくてはならない、大変難しいものなので、一般にはトランペットが音を外すのは大目に見るべき、と言われていますが、華やかなファンファーレのように高らかになる部分で外すと、やっぱり聴衆は動揺しているのがわかりました。そのほかは普通のテンポで、ゆったりした曲はゆったりと聞かせました。

b0064411_07131542.jpg

b0064411_07131404.jpg


アンコールでまたグロリアを演奏しましたが、やっぱりトランペットが同じようについていかなかった。

b0064411_07131447.jpg

b0064411_07131497.jpg

それで、ちょっと残念な思いでホールを後にしました。

後日、新聞にコンサート評が出ていて、さんざんでした。「彼の指揮のレベルは疑問であり、なぜこの指揮者を招待したのか理解に苦しむ」とまで。
友人が、その音楽評論家は大体とても厳しい評を書く人で、いつも悪く書いていて、ほめることはほとんどない、というので、まあこういう人の評はあまり読まないほうがいいんだろうとは思いましたが、100パーセント満足のコンサートでなかったのは本当に残念でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-04-11 06:31 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
イースターの時期は、受難曲の演奏があちこちで聞かれます。感動的なバッハのマタイ受難曲は何度か聞いたけれど、マルコ受難曲は初めて、それもJordi Savall指揮 Le Concert des Nationsの演奏というので、きっと期待を裏切らないだろうとの思いでコンサートに行きました。

アウディトリオはモダンな建物で、大きなホールなので、あまり写真を撮る気にもなりませんが、一応。

b0064411_06271054.jpg
おまけに席がステージの斜め後ろ。

b0064411_06270936.jpg

b0064411_06270979.jpg


オーケストラの周りをぐるりとコーラスが囲んでいて、演奏する姿がほとんど見えなかったのは残念。でもこの劇場はよくできていて、こんな席でもよく聞こえました。

b0064411_06271027.jpg

マタイ受難曲とかなり雰囲気が似ていて、エヴァンゲリストが重要な役ですが、とても素晴らしいテノール(David Szigetvari)で、エヴァンゲリストには適役でした。 それに比べ、バリトンのキリスト役がちょっと表現力に乏しい感じがしたのですが、トラヴェルソとオルガンだけの伴奏のイエスのアリアは美しいと思いました。

b0064411_06271010.jpg


b0064411_06270908.jpg


b0064411_06270975.jpg
演奏のあとは、さすがエヴァンゲリストへの拍手がひときわ大きく響きました。もちろんSavallは大変な人気でした。

セマナサンタ(イースター)の時、こういう曲が聞けるのはありがたいと思いました。

ちょっと聞いてみたいという方は、Youtube で聞くことができます。2時間余りで長いですが。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-04-05 06:13 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
3月半ばを過ぎて、また寒さが戻ってきたバルセロナ、久しぶりにカタルーニャ音楽堂に行きました。

b0064411_18305740.jpg


夜景がとても素敵
b0064411_18305879.jpg


b0064411_18305816.jpg

b0064411_18385536.jpg

いただいたチケットだったのですが、席が平土間の前から二列目の真ん中。
そこに座ると、ステージの天井がよく見えます。

b0064411_18305828.jpg


b0064411_18350875.jpg


b0064411_18305743.jpg


b0064411_18305730.jpg


b0064411_18305654.jpg


b0064411_18305886.jpg


b0064411_18305722.jpg

b0064411_18350712.jpg


b0064411_18350740.jpg


この日はシューベルトをたっぷり楽しめるプログラム。
演奏者は

ヴァイオリン  Isabelle Faust
チェロ      Jean-Guihen Queyras
ピアノ      Alexander Melnikov
ビオラ      Boris Faust
コントラバス   Laurene Durantel
バリトン     Georg Nigl


演奏は、前半がピアノと歌、ピアノとチェロ、ピアノとヴァイオリン。

Viola, D.786 (バリトン)

Sonata per a violoncel i piano, en La b menor, D821 "Arpeggione"
Allegro moderato-Adagio-Allegretto

Sonata per a violi i piano op.159, D934
 Andante molto-Allegretto-Andantino-Allegro-Allegretto-Presto


Georg Niglという歌手(バリトン)は初めて聞いたのですが、声のカラーが素晴らしく、なかなか聞かせてくれました。生のステージで聞くから一層心に迫ってくるのでしょう。

続いて待望のケラス。アルペジオーネは当時作られた弦楽器の名前で、ギターとチェロをミックスしたような形のものだそうで、現在では存在していません。ニコレのフルート演奏でおなじみだったのですが、もともと弦楽器のために作曲されたものなので、チェロで聞くと、趣き深いものがあります。

Isabelle Faustはやはり初めて聞いたのですが、その素晴らしいテクニックと表現力で聴衆を圧倒させました。
プログラムの順序を変えて、こちらを前半の最後にしたのはその効果を狙ってのことかもしれません。


休憩時間には地階にあるバールへ
b0064411_18350850.jpg


b0064411_18350813.jpg


b0064411_18350823.jpg


b0064411_18350721.jpg


レストランの広間ではちょっとした展示会
b0064411_18350727.jpg


b0064411_18350789.jpg


b0064411_18350709.jpg

b0064411_18385584.jpg

後半は「ます」

まずバリトンの歌う「ます」で始まり、続いてビオラ、コントラバスを加えた5重奏。
Quintet en La major, op.114, D.667 "la Truita"
Allegro vivace-Andante-Scherzo-Tema con variazione, Andantino-Finale allegro giusto

世界的に名声を受け活躍しているソリストたちが集まっての演奏は、ゴージャス!
お互いに見合って時々にっこりしているさまもほほえましい。一緒に音楽を作っていく楽しさをステージでも満喫しているようです。

観衆の大喝采にこたえて、ずいぶん何度もステージに戻って挨拶してくれましたが、アンコールはなし。でも演奏に大満足でしたからね。
b0064411_18395354.jpg


b0064411_18395475.jpg


b0064411_18395328.jpg
お疲れ様! 素晴らしかったですよ!


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-03-20 17:12 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
日曜日に、ドニゼッティの「愛の妙薬」をリセウ劇場に見に行きました。
このオペラ、2005年と2012年に同じ演出で上演されていて、それを見ているので、そんなに何度も同じ演出のオペラを見てもな~、と思ったのですが、友人は都合が悪くて行けず、無駄にするのも勿体ないので、歌手も違うことだし、と思って行ってきました。

b0064411_08252661.jpg

この人がネモリーノ役。すらりと背が高くハンサムで、これじゃ妙薬を飲まなくたって女性から追っかけられそうじゃありませんか。田舎のお人好しで純朴な若者…って感じではないですね。


演出はMario Gasで、なかなか素敵なステージングなんです。
イタリアのトスカーナ地方の小さな町の広場、時代はムッソリーニのころ。ちょっとノスタルジーを感じるような風景。

b0064411_08252622.jpg

素敵なアディーナに恋している純朴なネモリーノが、アディーナの愛を得ようと、(ペテン)博士ドゥルカマーラが村にきてみんなに売った媚薬(実際は売り切れたのでワイン)を買って、飲むのだけれど、なかなか効き目が表れない。もっと媚薬を買いたくて、軍隊に入ってお金をもらってまた飲むのだけれど、アディーナは軍曹とその日に結婚を決めてしまう。
でもネモリーノが妙薬を買うため軍に入ったことを聞くと、感動して軍に入る契約書を買い戻してネモリーノと結ばれハッピーエンド、軍曹は別の女性と結婚、とまあ他愛のないお話なのだけれど、観客は一緒になって感動してしまうのです。

はじめはネモリーノ役のPavol Breslikも、アディーナ役のJessica Pratもちょっと調子が出ていなかったようだったけれど、だんだん良くなったと思います。

第二幕の始まったときは、オーケストラの演奏なしでステージで歌い始め、まだ指揮者が立たないうちにオケも調子っぱずれな演奏をして大笑い。こんなおふざけがあるのも生ステージならでは。

アディーナの最後のアリア"Prendi per mi sei libero"はなかなか聞かせて、ブラボーが飛びました。

一番有名なネモリーノのアリア”Una furtiva lagrima"(人知れぬ涙」は熱唱で、だいぶ長い間喝さいが続きました。確かに繊細な部分も堪能させてくれて素敵だったけれど、ちょっと、コンサートで歌っているような感じがしないでもなかったかな。

カーテンコールの時は、ドゥルカマーラが客席のほうからやってきて、指揮者の横に座って歌ってからステージに上がってくる楽しい場面も。


b0064411_08252742.jpg

ペテン師ドゥルカマーラが村に惚れ薬を売りに来る
b0064411_08252644.jpg


アディーナと軍曹の結婚式のパーティ
b0064411_08252763.jpg

みんなハッピー、だれからも疑われずお金儲けをして村を出てゆくえせ博士。
b0064411_08252658.jpg
まあ、このオペラは何度見ても楽しいから、おすすめですね。

写真はすべてリセウのHPからお借りしたものです。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-01-09 09:05 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
先日の日曜日は、モンテヴェルディの最後のオペラ、「ポッペアの戴冠」を聴きに、リセウ劇場に行きました。オケがスピノジ指揮のアンサンブル・マテウスですから、期待していました。
モンテヴェルディのオペラは、初めてのオペラということで、1642年にヴェネツィアで初演されたもの。
古代ローマ皇帝ネローネ(ネロ)が、周囲の反対を押し切って、愛するポッペアを皇后にするお話。

b0064411_08334074.jpg
この日は特に冷え込んでいたこと、同じ日にエルトン・ジョンのコンサートがあったことなどで、かなり空席が目立ちました。
b0064411_08334075.jpg

私は例によって5階の2列目、つまり最後部ですから、天井もすぐ近く。
b0064411_08334195.jpg
でも、すいていたのでかなり真ん中に移動できて、ステージはよく見えましたし、後半は一列目の人がずいぶん帰ってしまったので、最前列の真ん中で鑑賞できました。
b0064411_08334151.jpg
5階ということもあってか、初めアンサンブルの音がとても小さく聞こえ、コルネット奏者はリコーダーも兼ねているのですが、コルネットはあまり得意でないのかな?という感じでしたが、もともと大劇場で上演するようには作曲されていないのですから当然と言えば当然。でも音響の良い劇場なので、だんだん良く聞こえるようになりました。
スピノジの指揮はきびきびとして気持ちよく、わかりやすい。でもチェンバロの時だけは演奏をしないで、時々は椅子に座っていました。
20人ほどのアンサンブルですが、アルペジャータで演奏していたカンテレ奏者も混じっていました。

歌手は、ポッペア役Sabina Puertolas, ポッペアにしては品が良すぎた感じがしましたが、なかなか素敵で表現力も十分。ネローネがカウンターテナーの David DQ Lee, 彼は時々は暴走気味に歌い、王の威厳や品位はかなぐり捨てて、かなり「狂気」を押し出していたように思いました。セネカ役のLuigi de Donatoも低い響くような声で、でも自害するときもあまり感動的ではなくて残念。
オッターヴィアの Maite Beaumontも「さらばローマ」は熱唱でしたが、その割には感動的でなく。
一番の期待の最後のネローネとポッペアの愛の二重唱は、もうすこし美しく歌ってほしかった。DQ Leeさん、最後まで狂気じみていました。

b0064411_08334124.jpg

b0064411_08334169.jpg

b0064411_08334226.jpg

b0064411_08334010.jpg


b0064411_09443854.jpg

b0064411_09443740.jpg

この最後のデュエットのYoutubeがありました。



同じデュエットのジャルスキーのものと比べてみてください。


ジャルスキーのネローネは、狂気をも表しているのですが、品位が感じられるのです。

この時代のオペラは楽譜のすべてが残されているわけではありませんから、演奏者によってかなりの違いができるのですが、まあ、好みでしょうけれど。

家に帰ったら、隣のビルにクリスマスイルミが付いていました。

b0064411_09443741.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-12-11 17:40 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
ホテルに戻ると、すぐベッドに入って、眠ってしまいました。
目覚ましをかけておかなかったら寝過ごしてしまったかも。
コンサートの1時間前に目覚ましの音で飛び起きたら、隣の部屋からチェロを弾く音が聞こえてきたのです。今日のコンサートのアンサンブル・アルタセルセのチェリストがお隣だったのですね。やがて廊下で何人かが話している声が聞こえ、出て行きました。
ちょっとドアを開けて見て見たかったのですが、パジャマを着ていましたからね。

さて、身づくろいをしてコンサートホールのパラウ・デ・ラ・ムシカへ。道を渡ったところなんです。

b0064411_06132397.jpg
ブリュッセルの時と同じヘンデルコンサートですが、今回は前から2列目の真ん中です。バロックコンサートは、やっぱり近くで聞きたい。演奏する姿を見るのがとても楽しいですから。
b0064411_06132306.jpg

アンサンブル・アルタセルセとジャルスキーがステージに出て来ると、割れるような拍手! 聴衆がもう沸いています。

まずはアルタセルセの演奏、Rodamistoの序曲です。躍動感にあふれてメリハリのきいた演奏で、アンサンブルのメンバーも、とても楽しそうに体を動かして演奏しています。特にチェロを見ていると楽しい。私もかつてはバロックアンサンブルで演奏していたので、こういう曲を聴くと、こちらの体もリズムに乗って動いてしまう。大好きな雰囲気です。

次にジャルスキーが前に出て来ると、オペラFlavio から、レチタティーヴォ"Son pur felice"、アリア "Bel contento"を歌います。レチタティーヴォはドラマチックですが、アリアは軽快なリズミックな、ウキウキするような曲です。
続いてまたアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6 n.1のアレグロとアダージョ。バロック音楽って、やっぱり生で聞くのが最高です。
次にまたジャルスキーのドラマチックなアリア Siroeから、レチタティーヴォ”Son stanco"と、アリア"Deggio morire oh stelle!"。イントロの演奏から素敵。アリア自体はゆったりしたリズムですが、苦悩を切々とうたい上げます。ピアニシモが本当に美しくて涙が出そう。

続いてアルタセルセの演奏で Solomonから、シンフォニア”Arrival of the Queen of Sheba"と、コンチェルトグロッソ op.6,n.8 のGrave.
続いてジャルスキーの Imeneoのアリア、”Se potessero i sospir miei" 、CDの一番初めに入っている曲です。昔はヘンデルアリアというと、ピロテクニック的なアリアを良く歌っていたけれど、こうしてゆったりとしたテンポで聞かせるアリアがみんな素晴らしい。
それからまたアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6 n.4のラルゴとアレグロ。
前半の最後は、Radamistoからレチタティーヴォ"Vieni d'empieta" とアリア"Vile, se mi dai morte" 、大変ドラマチックなレチタティーヴォと、曲もアップテンポの激しい感情を表すピロテクニックな技巧を発揮する曲で、アンサンブルのパートも素敵で、最後にグーッとクレッシェンドするのが印象的。
これで前半がおしまい。45分というけれど、たっぷり聞かせてもらった感あり。

休憩の時、カナダからの友人タニアに再開。スペインで学会があるので、それを利用して来ていて、このヘンデルコンサートを聞くのはもう7回目だそう!とても熱心なファンなのです。

後半はまたアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6, n.2のラルゴ。そしてジャルスキーの Giustinoのレチタティーヴォ"Chi mi chiama alla gloria" とアリア”Se parla nel mio cor". レチタティーヴォがあると、アリアに移行する前に想像が広がって気分が高揚します。
またアルタセルセの演奏で、コンチェルトグロッソ op.6 n.6のアレグロ マ・ノン・トロッポと op.3 n.2のラルゴ。
続いてジャルスキーの Tolomeoから レチタティーヴォ"Che piu si tarda omai"とアリア "Stille amare" 。レチタティーヴォはゆったり始まり、ドラマチックになり、更にまた非常にスローに消えるようにおわり、アリアは毒の入ったカップを持って、それを飲んで死ぬ悲しい内容で、ゆったりとして大変美しい。
続いてアルタセルセの コンチェルトグロッソop6. n.4, ラルゲットとアレグロ。
このラルゲットが前のアリアに似ているところがあって、メロディーのようにつながっているんですね。
次にまたジャルスキーのアリアで、おなじみのラダミスとからアリア"Ombra cara".死んだ妻に切々と語りかける、泣かせるアリア。
アルタセルセの演奏は、たった今歌われたアリアを引き継ぐようにコンチェルトグロッソ op.3, n.3のアダージョ。
最後のジャルスキーのアリアは、Flavio から レチタティーヴォ "Privarmi ancora"と続く激しいアリア”Rompo i lacci", この時ばかりはピロテクニックを最大限に駆使、雰囲気を一気に盛り上げて終わります。聴衆は沸き立ち、ブラボーの嵐。

b0064411_06132154.jpg

b0064411_06132194.jpg

聴衆の拍手にこたえて、3曲ものアンコール!
b0064411_06132139.jpg

b0064411_06132140.jpg

b0064411_06132218.jpg

アンコールでPenna triana を歌ったときは、オーボエとファゴットが前に出てきて一緒に演奏。オリジナル楽器のオーボエの音は物悲しくてとても素敵です。
b0064411_06132255.jpg

b0064411_06132271.jpg

b0064411_06132210.jpg
アンコールの二曲目は オペラ セルセから、"Si, la voglio e l'otterro". これもコロラトゥーラ続出の、アップダウンの激しい曲ですが、内容も曲もユーモラスなところがあって、ジャルスキーがちょっとふざけて途中に短調を入れると、アンサンブルもそれにこたえて奇妙な短調の演奏をし、ジャルスキーが耳を塞ぐ、という楽しいシーン。アンコール3曲目は、私の大好きな「オンブラ・マイ・フー」。
これを聴くと、本当に心がしっとりと潤うのです。
ブリュッセルの時よりアリアを増やし、みんなもよく乗っていて、演奏も一層素敵だったように思いました。たっぷりと聞かせてもらった感がありました。
コンサートが終わると、みんな口々に、"Que maravilla!!" と言って、感動を表していました。

コンサートの後は、やはりサイン会があり、ジャルスキーはクロークの中に立ってサインに応じていました。2時間のコンサートで疲れていると思うのに、高い椅子でもなかったのでしょうか。彼は疲れも見せず、一人一人と話して、名前を聞いてサインをしてくれるのです。

b0064411_08243342.jpg

b0064411_08243385.jpg

少しおひげを伸ばしてます
b0064411_08243290.jpg


b0064411_08252381.jpg


b0064411_08252310.jpg

友達はプレゼントをあげていました。
b0064411_08243219.jpg
b0064411_08243404.jpg

私はまたイベリコハムを持って行ったんですが、

「この前もらったの、まだ食べてないんだ」

2日に1度のコンサートでは、食べる暇もないのでしょうね。ハードなスケジュールで、体を壊さないといいですが。
コンサートは毎回少しずつ進歩するように努力しているとのこと。曲のオーナメントを替えたり、アリアを増やしたり。ブリュッセルより良かったのがうなずけました。

それにしても、コンサートホール側では、彼に何か飲み物でも提供すべきではありませんか? 気が利かないですね。

友人は翌朝8時の電車で発つそうで、お昼にはセビージャについていなければいけないそうで、タクシーに乗って帰りました。私はゆっくりホテルまで歩いて。素敵なコンサートだったので、なかなか眠れませんでした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-11-20 08:06 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
その夜は、Bozarのジャルスキーとアンサンブル・アルタセルセのヘンデルコンサートに行きました。
b0064411_07242922.jpg


夜歩くのも悪くない
b0064411_07251014.jpg

かなりステージの横になるけれど、ステージは近く見えます。満員!
b0064411_07265915.jpg

ジャルスキーとアンサンブル・アルタセルセがステージに立つと、もうすごい拍手。始まる前から熱気があふれています。

初めはアルタセルセの演奏、オペラ「ラダミスト」の序曲。素敵な演奏です。
Vivaldiコンサートの時よりも息があっている感じ。日本の奏者が2人もいるんです。
チェンバロの中村よう子さんと、ヴァイオリンの依田幸司さん。

アンサンブルの演奏が終わりそうになると後ろに座っていたジャルスキーが前に出てきて、Flavio, re de Longobardiから アリア "Son pur felice... Bel contento" を歌います。そして次はアンサンブルの演奏、続いてジャルスキーのアリア、と交互に演奏するのですが、オペラのつながりは無くても、曲と曲が流れるように続いて行って、とても自然なのです。素敵なプログラムの構成だと思いました。
スローなアリア、オンブラ・カラなどでは、ジャルスキーの繊細な声と歌唱法は琴線に触れ、聞く人を感動させ、早いテンポの曲では目まぐるしく上下する超絶技巧の歌唱を披露します。
今が一番脂がのっているときでしょうか。
アルタセルセもとても素敵な生き生きとした演奏をするので、交互に演奏しても不満はありませんでした。

b0064411_07281965.jpg

b0064411_07281838.jpg

アンサンブルの一人一人に握手するジャルスキー
b0064411_07281955.jpg

b0064411_07281989.jpg

b0064411_07282093.jpg


b0064411_07281765.jpg

花束贈呈の時、ジャルスキーはさっさと引っ込んでしまって、係りの人がバックステージに渡しに行くというハプニング。花束を持ってまたステージに出て来ると、チェンバロの中村さんにその花束をプレゼント。
b0064411_08023270.jpg

盛大な拍手に、3曲ものアンコール! 

一番最後は、あの 「オンブラ・マイ・フー」
私はヘンデルのアリアの中で一番これが好きなんです。
本当に簡単な歌詞と曲、それなのにこんなに感動させるなんて!

終わった後は、チェンバロの中村さんとお話ができました。
とても素敵な方です。
b0064411_08023246.jpg

その後、アンサンブルの方ともお話しできました。
第一ヴァイオリンの人はスペイン語圏の人なので、スペイン語でお話し。

「バルセロナのコンサートの時は、弦が切れちゃいましたね」
「あーそうだった!」

というのも、今回依田さんの弦が切れて、途中で一時退出したのです。

サイン会ではまた長~い列。悪いので息子には先に帰ってもらいました。
一人一人にちゃんとお話しするジャルスキー。
b0064411_08023252.jpg

b0064411_08023399.jpg

b0064411_08023323.jpg


b0064411_08023306.jpg


みんなからのプレゼントもいっぱい。
私もイベリコハムのプレゼントをしたら、挿し入れのチーズをパクパク食べながら、親指を立てて喜んでくれました。
b0064411_08023365.jpg

b0064411_08023137.jpg

私も一緒の写真を撮ってもらっちゃった!
b0064411_08285551.jpg

結局最後まで残り、みんな一緒に外に出ました。

b0064411_08121124.jpg
お友達と別れて、一人で息子のアパートに向かったのですが・・・
携帯のマップの見方を間違えていて道に迷い、40分も歩いてしまいました。とうとう息子に電話して、居場所を言って、向かう方向を教えてもらい、途中まで迎えに来てもらいました。おぅ~酷い目にあった。
疲れていたので、朝までぐっすり眠ってしまいました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-10-25 07:23 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)
2017∸2018年度初めのリセウ劇場で上演されたオペラはロッシーニの「ランスへの旅」。実はこれが観たかったので、アボノを変更して、更にたくさんのオペラが見れるものにしました。

b0064411_01223705.jpg

ランスへの旅は大好きなオペラで、日曜日に見てから、頭の中でずーっとこの音楽が鳴っていて、ついついその一節を歌ってしまいます。
初めて一人でチューリッヒにオペラを見に行ったときは、このオペラの最後に出て来る "Viva! Viva!" が思わず口をついて出てきたものでした。

さて、今回のアボノも5階席。でも後ろに誰もいないので、立って観たり乗り出してみたりできるのがいいところ。
b0064411_01064186.jpg

こんなステージです。これは後半ですが、ある保養所の一コマ。
b0064411_01064035.jpg

「ランスへの旅」は2003年にリセウ劇場で上演されて、そのステージングがとても素敵だったので、DVDを買って今でも時々楽しんでいます。
その時は広い建物の内部で奥にプールがあって、人が泳いだり飛び込んだりしていたのですが、今回は船のデッキみたいなバルコニーに椅子が並んでいるだけで、出演者もみんなバスローブにタオルを頭に巻いていて、もしくは白衣で、どれがどれだかちっともわかりません。
ストーリーはあってないようなもので、当時のブルジョワ階級の優雅な生活の一部が垣間見られるのですが、この演出だと、あまりそんな感じがしません。

ステージ写真はリセウ劇場のFBからお借りしています。
b0064411_01182548.jpg

b0064411_01223852.jpg


b0064411_01182666.jpg


b0064411_01223930.jpg


b0064411_01182609.jpg


b0064411_01182510.jpg


b0064411_01182729.jpg

ドン・プロフォンドの独白(?)も電話をかけているジェスチャー。
b0064411_01182653.jpg

さすがのCarlos Chausson
b0064411_01182704.jpg


b0064411_01223844.jpg

b0064411_01182737.jpg

b0064411_01182511.jpg

後半で戴冠式に出られる正装に着替えます。
b0064411_01223771.jpg

b0064411_01223827.jpg

カーテンコール

b0064411_01374830.jpg

b0064411_01374851.jpg


b0064411_01374997.jpg
指揮: Giacomo Sagripanti, 演出 Emilio Sagi
歌手: Corinna Irina Lugu, Marquesa Melibea Maite Beaumont, Comtessa de Folleville Sabina Puertolas, Madame Cortese, Ruth Iniesta, Cavaller Belflore Taylor Stayton, Comte de Libenskof, Lawrence Browniee, Lord Sidney, Roberto Tagliavini, Don Profondo Pietro Spagnoli, Baron de Trombonok, Carlos Chausson, Don Alvaro, Manel Esteve
共同プロダクション: Rossini Opera Festival(Pesaro), Teatro Real Madrid

わくわくするような軽快な序曲、ロッシーニクレッシェンド、一オクターブの跳躍が頻繁に出て来るアリア、激しく揺れ動く旋律、とロッシーニの音楽の魅力がたっぷり。
コリンナ役(もう少し清純な感じで歌ってほしかった)には不満が残ったものの、みんな熱唱で楽しい3時間でした。

休憩時間に下のフォワイエである画家のコレクションの展示会がありました。
その中でハットピンのコレクションがとても素敵でした。
b0064411_01335998.jpg


b0064411_01335996.jpg


これ日本のかんざし?
b0064411_01340053.jpg


トンボの形をしたハットピンまで
b0064411_01340082.jpg

素敵なピューターのアールヌーボーインク瓶とペン皿
b0064411_01335815.jpg


なんと、歌麿の版画が
b0064411_01335931.jpg


その画家の絵はあまり魅力的ではなかったけれど
b0064411_01335800.jpg

私の一番好きな「ランスへの旅」は、1984年、ウイーンで上映された、ロッシーニを振ったら右に出るものはないと言われたクラウディオ・アバド指揮のもの。
歌手陣が当時のトップクラスの人たち(チェチーリア・ガスディア、ルチア・バレンティーニ・テッラーニ、カティア・リッチャレッリ、フランシスコ・アライサ、サミュエル・ラメイ、ルッジェロ・ライモンディ、エンツォ・ダーラ、レオ・ヌッチetc). ただ、ステージングはあまり面白くなかったけれど。
動画を貼り付けられないので、リンクで見てください。古いので画質は悪いですが、音楽を聴くだけでも。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-09-20 20:45 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
先週木曜日は、またペドラルべス修道院で催された、スペイン・ポリフォニーのコンサート(Gran maestres de la polifonia iberica)を聴きに行きました。

今回は回廊ではなく、礼拝堂の中で行われました。礼拝堂は残響が大きいので、器楽演奏にはあまり向かないのですが、コーラスを聴くにはとてもいいのです。
歌われた曲も16,17世紀ですから、雰囲気抜群。

b0064411_02573294.jpg


b0064411_02573252.jpg


b0064411_02573278.jpg


b0064411_02573159.jpg


b0064411_02573445.jpg

Musica Reservata de Barcelonaは、男性5人、女性3人のグループ。
一見、ごく普通のどこにでもいるセニョール・セニョーラたちですが、歌い始めるとそのハーモニーの美しさに驚かされます。
b0064411_02573274.jpg


ビブラートをかけないまっすぐな発声、ハーモニーを第一とする歌唱はオペラと対極の歌唱法。
b0064411_02573304.jpg


b0064411_02573377.jpg


本当に素敵でした。
b0064411_02573388.jpg
終わってから、ステージの右にあるReina Elisendaの女王の衣装を着けた姿の写真を撮らせてもらいました。普段は電気が点いていないからよく見えないのです。
b0064411_03114486.jpg


この裏側の回廊には、尼僧姿の像になっています。
b0064411_03114508.jpg


個の天使も素敵
b0064411_03114568.jpg


b0064411_03114608.jpg


b0064411_03114699.jpg


b0064411_03114625.jpg


b0064411_03114794.jpg


教会でこういうコンサートを聴くことができるのは本当に素敵。
b0064411_03114480.jpg


b0064411_03114499.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-07-31 02:56 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera