カテゴリ:レストラン、バル restaurante( 197 )

レストラン Roma

レストランRomaは、昨日のCan Forrerの前にある、一見ひっそりとしたレストラン。
1時開店のはずがなかなかあかなくて、1時15分頃やっと入ることができました。

内装は何となく日本っぽいような? ごく普通の感じ。

b0064411_05552294.jpg

向こうの扉の奥は大人数用のようです。
b0064411_05563437.jpg
お昼のランチメニューは12.5ユーロとお安かったけれど、デグスタシオン・メニュー(お試し料理)30ユーロ也を頼みました。

初めに小さめのカップで温かいヴィシソワーズ。トリュフ入り。
b0064411_05552250.jpg

ついてきたパン・コン・トマテがまたおいしいんです。上にかかっているのはトマトソースというよりクリーミィなガスパチョのようで、パンも気泡の大きな仮っとしたもの。普通のパン・コン・トマテよりもかなりおいしい。
b0064411_05552257.jpg

次に出てきたサラダは、上にツナのフレークが乗っていますが、上質なものでした。サラダを和えてあるソースはちょっと甘みがあっておいしかった。
b0064411_05552210.jpg


上に焼いたハムの乗った、クリームソースのかかった温玉子。
b0064411_05552216.jpg

リゾットは小さなイカが添えてあります。
b0064411_05552209.jpg

生のオレガノが添えてあります。
b0064411_05552295.jpg

牛ヒレのステーキ。ソースはやや塩が強いかな。リンゴのソースはおいしかった。
b0064411_05535432.jpg
デザートはアイスクリームとティラミス。私にはちょっと甘すぎたかな。
b0064411_05552382.jpg

最後はいつもレモン入りカモミールで締めくくります。
b0064411_05552173.jpg

あとからあとからお客が入ってきて、ほぼ満杯。近所の方に人気があるようです。
かなり、おすすめです。

Roma Alfons XII, 41 93 201 35 13
http://restaurantroma.es/

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-07-16 10:45 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
週末に帰ってきていた次男と、お昼はお寿司を食べよう、と思っていったら、満席で断られてしまいました。この辺で何かないか、と、息子が携帯で一生懸命探してくれて、タケリアというのならある、というので、行ってみました。

タケリアというのは、メキシコのタコスを食べさせてくれるお店、という意味で、以前メキシコに住んでいたことがある私は、割とメキシコ料理にはうるさいんです。今までバルセロナで食べたメキシコレストランはどこも今一つ。ここはどうかな?

b0064411_07504442.jpg
月曜日から金曜日まではお昼のメニューランチがあるのね。
b0064411_07504420.jpg
中はそんなに広くなくて、テーブルの数も少ない。
b0064411_07504479.jpg

b0064411_07504478.jpg
さて、頼んだタコスが来ました。
b0064411_07504546.jpg

トルティーヤ(薄いクレープのようなもの)は小さいけれど、なかなか行ける。
b0064411_07504566.jpg

b0064411_07504441.jpg

グァカモーレと、タコスを2つずつ頼んだんだけれど、おなかいっぱいでした。
b0064411_07504495.jpg
ここはまた来たいな。

Taquerias Tamarindo Aragonn 236


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-05-26 18:49 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
初めに行ったバール マルセイユが1820年創業でしたが、こちらのカサ・アルミラルは創業が1860年。
今回行ったときはとても混んでいたので、前に行った時の写真を合わせて載せます。

b0064411_07401139.jpg
b0064411_07401140.jpg
b0064411_07401138.jpg
b0064411_07401166.jpg
b0064411_07403674.jpg
奥のほうのスペースはすっきりしていて、すいていました。
b0064411_07401111.jpg
b0064411_07401127.jpg
ランプはアラバスターで、大理石のテーブルにくっついています。テーブルは重くて動かない。
b0064411_07435201.jpg
カサ・アルミラルのもう少し魅力的な写真がこちらでご覧になれます。

夜だけ開くバール、まだまだ面白そうなところがたくさんありそう。

Casa Almirall Joaquin Costa 33


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-05-25 22:30 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
先週末は、ブリュッセルに住む次男が5か月ぶりで帰ってきたので、普段行けない夜のバールに連れて行ってもらいました。
バルセロナには無数のバールがあり、中には大変古くからあって昔の雰囲気が良く残っているところもあり、常々言ってみたいと思っていたのです。

初めに行ったのは、昔だったら夜は絶対に足を踏み入れなかったラバル地区にある、サン・パウ通り65番の「マルセイユ」
b0064411_07014664.jpg
行ってみると、いつもフレアマーケットをやっている広場のすぐ横。目立たないので、その存在を全く知らなかったのですが、創業1820年の、バルセロナで一番初めにできたバールなんだそうです。その後、ほとんど改装してないんですって。
かつては、ヘミングウェイ、ピカソ、ダリなども常連だったそうです。

内部はかなり広い。
b0064411_07014773.jpg

カウンターの下には様々な色の大理石をはめ込んであります。
b0064411_07182222.jpg
ビールを頼んだらコップくれないんですよ。ラッパ飲み。私はベルモット。
b0064411_07014759.jpg
b0064411_07014718.jpg
天井のペンキのはがれたのが落ちてきそう…
b0064411_07213032.jpg

b0064411_07010125.jpg

b0064411_07014767.jpg

b0064411_07014616.jpg

床のタイルはいろいろ混ざっているから、少しは直したんでしょうね。
b0064411_07014645.jpg

b0064411_07014611.jpg
高いところに置いてある瓶は、何十年もきれいにしてなさそう。
b0064411_07182249.jpg
普段は外国人でいっぱいだそうだけれど、この夜はかなりすいていました。
b0064411_07243857.jpg

b0064411_07243896.jpg

b0064411_07243836.jpg
話のタネに一度くらい行ってもいいかもしれないけれど、もう一度は行かないでしょうね。たぶん。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-05-24 07:03 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
友人に誘われて,グラシア地区のパティオのあるレストランに行きました。

場所がちょっと不便で、地下鉄の駅から結構歩きます。

グラシアの町並みは古い建物がたくさん残っていて好き。
b0064411_06523258.jpg


b0064411_06523279.jpg


b0064411_06523326.jpg


b0064411_06523356.jpg

二階建ての小さな建物の地階にあります。
b0064411_06523386.jpg

細長いホールの奥にパティオがあって、植木鉢を壁から下げてアンダルシア風にしてあり、家庭的な雰囲気です。
b0064411_06523323.jpg

日が照ってくると、白いパラソルを広げます。
b0064411_06583592.jpg

お昼のメニューは10ユーロちょっと。

はじめはアーティチョークの焼いたのを頼みました。 見た目は悪いけれど、とてもおいしいのです。
b0064411_06523296.jpg

メインがここのおすすめの米料理。ボリュームがあっておいしい。
b0064411_06523206.jpg

デザートは自家製プリン。自家製はおいしいです。
b0064411_06581578.jpg

観光客は来ないところですが、結構人が次から次へと入ってきて盛況です。
洗練されたお料理というわけではありませんが、昔ながらのスペインの家庭料理をお手頃なお値段で、食べられるから、近所の人たちに人気なのでしょう。
すぐ近くにも似たようなレストランがありましたが、そこも結構混んでいました。

スペインの人たちは、朝食と夕食は軽く、メインがお昼ですから、このくらいのお値段で食べられれば、特に年配の方など、昼は外食の方が多いようです。お昼のメニューは日替わりで、何軒かこういうレストランが近くにあれば、毎日外食でもいいんでしょうね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-04-16 20:44 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
お気に入りのレストラン Somodoのシェフの正二郎さんが亡くなられてから、すっかり足が遠のいていたのですが、先日行ってみました。

店内は相変わらずですが、ウエイトレスのきれいなお姉さんが2人もいました。
b0064411_06563361.jpg
お料理のほうはどうかしら、と心配していたら…

出てくるお料理お料理、みんなとても洗練されていてびっくり!

イカの墨煮の天ぷら →これはとてもおいしかった!
b0064411_06582196.jpg


カルパッチョ(だったかしら)で、上に乗っているぶつぶつしたものは、タピオカのおせんべい
b0064411_06582104.jpg

b0064411_06582128.jpg


メインは子羊の肉を頼みましたが、まあおいしいこと!
b0064411_06582176.jpg


ヤギのチーズとマーマレードは昔と同じ
b0064411_06582258.jpg


デザートもおいしかったですねえ。上品な甘さで。
b0064411_06582247.jpg


いろいろ入っているんですよね。
b0064411_06582093.jpg


最後にネギのクッキーと
b0064411_06582109.jpg


レモン入りのカモミール
b0064411_06582133.jpg
これで20ユーロ。このお値段でこの質のお料理を食べられるところって、ほかにないんじゃないでしょうか。

正二郎さんがお元気な時は、いつもお料理をテーブルに持ってきてくれていたので、お話しする機会もありましたが、今の若いシェフの方はずっとキッチンにこもっていて出てらっしゃらない。でも正二郎さんに負けない腕とセンスの持ち主ですね!

レストランが"Shojiro" から ”Somodo"に名前を変えたとき、どういう意味か尋ねたら、
「意味はないです。 日本レストランと思われるのが嫌だったので」
というお答えでした。
でもその時から、今のシェフの方と二人三脚でやったのかなと思います。
Somodo → Somos dos (われら二人という意味)なんだそうです。
今後も頑張ってください。また行きます!

Somodo  Ros de Olano 11 tel. 934 156 548

人気のレストランなので、必ず予約を!


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-03-13 06:53 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)

新しいラーメン屋 TAKUMI

まだ体調を崩す前、新しくできたラーメン屋に行きました。
アラゴン通りとバルメス通りの角にあります。
午後1時から11時まで開いているという頼もしさ。これなら時間を気にせずいけますね。

さて、1時半ころ行ってみると、予約なしでも座れました。2時過ぎたらほぼ満員。

日本のラーメン屋の雰囲気!
b0064411_07062272.jpg

b0064411_07062216.jpg


b0064411_07062316.jpg

お昼は3ユーロでトリの唐揚げか餃子が注文できるので、一つずつ注文。
さてさて、その2品が来ました。

b0064411_07062362.jpg

唐揚げは家でもかなり頻繁に作るけれど、ここのはとってもおいしいんです。
b0064411_07062373.jpg

餃子も小さめながらなかなかおいしくて
b0064411_07062321.jpg

私の頼んだ濃厚白湯ラーメン!

b0064411_07062338.jpg

これだけいっぱい具が乗っていたら感激!パリパリのおノリもついてます。


友人の頼んだスパイシーラーメン
b0064411_07062266.jpg
文句なくおいしくて、おなかいっぱいでした。

b0064411_07242442.jpg

b0064411_07242414.jpg
b0064411_07242464.jpg
TAKUMI Carrer de Balmes, 59 93 625 0814

https://www.facebook.com/pg/TakumiBarcelona/about/?ref=page_internal

デュッセルドルフには2店舗あるのだそうです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-03-03 07:04 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)

レストラン Palmer

今日はオスピタレットの展示会場や大きなビルが建ち並ぶ一角にある、ルネッサンスホテルの14階にある、レストランPalmerでランチをしました。

ホテルのエントランス
b0064411_08223638.jpg

アーモンドの枝が生けてありました。
b0064411_08223751.jpg

14階までガラス張りのエレベーターで昇ると、大きなプランツが目を惹きます。
b0064411_08223603.jpg

Palmerというのはヤシの木の意。
b0064411_08223719.jpg

モダンでビジネスホテル風。
たぶん、近くにある展示会場に来る人達が多く泊まるのでしょう。

b0064411_08223759.jpg

お昼のランチメニューは25ユーロ。4種類くらいから選ぶことができます。

初めにサービスでサーモンとクリームチーズの突き出しが、缶の容器で出てきました。

b0064411_08223797.jpg

オードブルはカルパッチョを頼みましたが、干し肉のような感じの薄切りの肉が出てきました。 お酒がすすみそう。
b0064411_08223802.jpg

メインはスズキを頼みました。

b0064411_08223601.jpg

デザートはイチゴにヨーグルトのシャーベット。チョコレートの棒がついています。
b0064411_08385234.jpg

大きな木を見ながらの食事は楽しかったです。
b0064411_08385258.jpg



これはレストラン(ホテル)のFBにあった写真。

b0064411_08385162.jpg


夜の雰囲気が素敵ですね。
b0064411_08385125.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-01-23 08:21 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
今年初めての外食!今回は、今ちょうど季節のカルソッツ(焼きネギ)が食べられるという L'Antic de Villarroel に行きました。

b0064411_01003278.jpg

fornというのはかまど(もしくはオーブン)の意味。

お店のトレードマークが昔ながらのかまどの絵。

b0064411_01030924.jpg


1999年創業ですから、そこまで古くはないですが、おそらく改装しているのでしょう。
椅子がちょっと座り心地がよろしくない。
b0064411_01003398.jpg

お昼のランチメニューは毎日変わるので、この日はカルソッツがメニューに入っておらず、別途注文。
前菜は結構ボリュームのあるものも多く、メインはお肉なので、前菜を2種類とることにしました。そういう自由が利くのもうれしい。

大きくあいた窓からキッチンが見えて、ねぎを焼いているのが見えたので、写真を撮らせてもらいました。

b0064411_01003322.jpg


ガス火のようですね。
b0064411_01003428.jpg

初めにパタタ・ブラバが出てきました。お店のサービスらしいけれど、うれしい。
揚げたてのポテトにサルサ・ブラバという、ちょっとピリッと辛いおいしいソースが欠けてあります。
b0064411_01003493.jpg

ついてきたパンがまたおいしくて、外側はかなり固めなのに、中はふわっとしていて味わいのあるパンです。

私の初めの料理はオニオンスープ。大きなパンの切れが2枚も入っていました。

b0064411_01003401.jpg

こんがり焼けたカルソッツが、瓦のようなお皿に乗って出てきました。
ロメスコソースがついています。
b0064411_01003542.jpg

これは周りが焦げていて皮をむくとき汚れるので、エプロンと手袋がついてきました。
b0064411_01003488.jpg


14本もあります。
b0064411_01201272.jpg

葉の部分を持って、根元のほうをつまんで引っ張ると、中身がするりと抜けます。(抜けるはず) それをろめすこそーすにつけて、長いまま上を向いて口の中に入れてゆきます。
b0064411_01201232.jpg

カルソッツを焼くときは、かなり煙が出るので、市内のレストランではなかなか本格的なものは食べられないと思っていましたが、ここのは本格的でおいしかった。

メインとして頼んだナスのお料理も、しつこすぎず美味しい。私にはメインで十分。
b0064411_01201243.jpg


デザートのパンナコッタ。ソースがちょっと私には甘すぎなので、プリンくらいにしておけばよかったかも。
b0064411_01201270.jpg

あとでこのレストランのHPを見たら、タルタルステーキがスペシャリテの一つに入っているのです。この次行ったら試してみたい。

いわゆるカッコイイレストランではないけれど、味はとてもいいので、おすすめです。

L'Antic de Villarroel Villarroel,182 www.lanticfornvillarroel.com


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-01-11 07:44 | レストラン、バル restaurante | Comments(2)
以前から行ってみたいと思っていたうどん専門店、Yoi Yoi Gionに行ってきました。
場所はディアゴナル大通りとグラシア大通りの角からすぐ。

8時少し前に行ったら、まだ閉まっていて、お店の外に人が待っていました。
大きなガラス張りの窓から仲が良く見えます。

b0064411_15562644.jpg

b0064411_15562683.jpg
ゆったりと広い店内、モダンでインダストリー風のインテリア。 開店5年目だそうです。

b0064411_15562449.jpg

このガラス張りのところで,麺を作っていました。自家製麺なのですね。

b0064411_15562530.jpg
メニューはうどんのみが9ユーロで、様々なトッピングを選べるようになっています。
おかず・おつまみ類はそんなにたくさんの種類はないのですが、枝豆とインゲン、餃子を頼みました。

一番搾りを飲みながら注文を待っています。 


きたきた!

b0064411_15562411.jpg
器が手作り風でいい感じ。


こちらが餃子。小さめで、カリッと焼きあがっていておいしい。5ユーロ
b0064411_15562542.jpg

私の頼んだうどん。自家製麺はさすがおいしい。
b0064411_15562518.jpg

長男はうどんでは物足りないので牛丼を頼みましたが
b0064411_15562540.jpg
「これ、ママが良く作るそぼろ丼だよ」

でもおなか一杯になったようです。


デザートが食べたかったのだけれど、どら焼きとアイスクリームと大福の3種で、大福は品切れというのでギブアップ。

今度お昼にまた来てもいいかな。予約なしでも大丈夫そうです。

皆様、良き新年をお迎えください。


Yoi Yoi Gion Kyoto Av. Diagonal 383 Bajos2 (34)931 248 701


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-12-31 15:53 | レストラン、バル restaurante | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera