カテゴリ:ショップ tiendas( 113 )

お気に入りの古着屋さん

私が、「何か服が欲しいなあ」と思ったら、真っ先に行くお店は、レセップス広場からすぐのところにあるIntercambio.という古着屋さん。

このブログを見て、日本からわざわざいらっしゃる方が増えているそうなので、更新します。

レセップス広場で地下鉄3号線を降りたら、Gran de Gracia通りを広場を背にほんの少し下がったところの262番地。この建物です。

b0064411_23152906.jpg
玄関扉の横にあるインターフォンの Ppal.1を押すと、ブーっという音とともにドアを開けてくれますから、ドアを押して入ります。
b0064411_23152997.jpg

外から見たらわかりませんが、かなりごってりしたモデルニスモ(カタルーニャのアールヌーボー)。1900年代初頭の建物です。
b0064411_23152905.jpg

b0064411_23152849.jpg

レリーフのある天井
b0064411_23153098.jpg


b0064411_23153002.jpg


こちらの階段を上がって
b0064411_23152988.jpg


楽しい波の絵のついた壁。こういうのを見るのも楽しい。
b0064411_23152944.jpg


ここです。
b0064411_23152993.jpg


のぞき窓の金具が素敵
b0064411_23274579.jpg

一軒の家の5部屋がブティックになっています。
初めに入って左手奥にある部屋に行って挨拶。
午前中だったらこの女性がいます。きびきびとして素敵な女性です。
このお店を立ち上げたエレーナは、つい最近亡くなりました。
入ったら、「オラ~」と一言声をかけてくださいね。

b0064411_23263880.jpg


この天井の装飾も素敵。
b0064411_23263964.jpg

私が行った前日、40人もの日本人が貸し切りバスでお店に来たそうです。
以前お店の紹介をこのブログで書いたら、それを見て結構日本人が来るそうで、皆さんとてもお行儀がいい、と言っていました。

ショップの人がいる左奥の部屋は、ブラウス、スカーフ・ストール、アクセサリー、パーティ用の服などが置いてあります。小さなバッグやサングラスもあって、特にサングラスはお買い得。
あ、毛皮も出てますね。今回見るの忘れちゃったなあ。去年毛皮の襟巻を買って、この冬とても重宝しました。
冬物は今ついているお値段の半額です。お買い得!
b0064411_23263876.jpg


b0064411_23454434.jpg

ブラウス、タンクトップなどはこちら。今は季節の変わり目で品薄ですが、スカーフなどもここ。
b0064411_23263812.jpg


長ーい廊下にはこんな風に靴がずらり。少し進むとベルト。
b0064411_23263866.jpg


廊下のランプもとても素敵です。古い家は楽しい。
b0064411_23263860.jpg

b0064411_23454587.jpg
 
こちらは二部屋に分かれていて、手前がパンツ・スカート

b0064411_23454475.jpg


奥のほうがジャケット、ワンピース、セーターやTシャツなど。
今革ジャンがたくさん半額で出ています。
b0064411_23263996.jpg


b0064411_23454486.jpg


隣の小さめの部屋は男性のもの、ハンドバッグ類。ここにも靴があります。
あ、手前のジャケット息子によかったなあ。
b0064411_23454429.jpg


廊下を進んで一番右の奥の部屋に行きます。
b0064411_23454464.jpg

b0064411_23454495.jpg


こちらはコートがどっさり。みんな半額です。一番手前(写真で左)がシャツ・ベスト
b0064411_23454437.jpg


右手がブラウス、下段がセーターやカーディガン。真ん中にもセーター類。
b0064411_23454576.jpg


お会計は先ほどのお店の人のところまで持ってゆきます。試着室はないので、売り場で直接。何枚試着してもOK.
b0064411_23454545.jpg
ここでは、自分の持っている不要な衣類やバッグ、靴、アクセサリーなどを持ってきて置いてもらえるのです。持ち込むとその場で定価を付け、売れたら売値の半額をもらえるので、処分するのにもってこい。でも元値がどんなに高くても、古いもの、汚れているものは受け付けてくれません。チェックがかなり厳しいので、ショップの商品レベルも高い。シーズンが終わると、売れ残ったものは返してくれますが、施設に送ってくださいというとお店でやってくれます。

今日の戦利品をご紹介。

イタリア製の革ジャン。襟とカフスの内側に本物の蛇革を使っています。この革が一番手触りがしなやかで良かったのです。

b0064411_23580636.jpg

裏地もおしゃれでしょう。ライダースはだめだけれど、このくらいのデザインだったら私にも着れるかな、と。30ユーロですもん(半額で)。
b0064411_23580694.jpg


イギリス製のウールのシャツ、半額で9ユーロ。
b0064411_23580566.jpg

とてもいいカットの長袖Tシャツ。 XXLと書いてあったけれどぴったりでした。これも半額で8ユーロ。
b0064411_23580591.jpg

アンクルブーツを2足!うれしい半額。 こげ茶のはイタリア製でした。道理でしなやかな革。
黒いほうが22ユーロ、こげ茶が19ユーロ。
b0064411_23580517.jpg

靴はまずほとんどが新品同様。すべて1点ものですから、サイズが合えばとてもお買い得。


Intercambio   Gran de Gracia 262, Principal1 tel. 932 374 619
月ー金 10.30-14.00, 4,30-8.00, 火曜日は昼休みなし。土日休み
           夏休みは6月終わりから9月第2週まで。




↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
by gyuopera | 2018-03-21 10:45 | ショップ tiendas | Comments(6)
バルセロナに住み始めてからずっと、生鮮食品をかうのにボケリア市場に通っているのですが、その市場の近く、ランブラスからカルメン通りに入った一つ目の左角に、新装開店したブティックがあります。

b0064411_06514971.jpg

そこが工事中の時はこんな風で、まだテナント募集、の札が出ていました。
b0064411_06514908.jpg

最近開店したようですが
b0064411_06514940.jpg

中はなんてことない普通のブティック
b0064411_06515083.jpg

注目すべきはこの部分。タイル画が改装工事で見つかったのです。その前は覆われていたように記憶していますが・・・

1820年創業、と書かれていて、下の絵もびっくりするほど美しい。
b0064411_06515079.jpg


b0064411_06515085.jpg


タピオカ、とかチョコレート、などと書かれているので、乾物屋さんだったのでしょう。
b0064411_06515046.jpg

乾物屋さんでもこんな素敵な店構えだったのですね。当時のお店の中を想像して楽しくなりました。

↓こちらもまだブティックが入っていなかったころ撮った写真。
b0064411_06515192.jpg

そうそう、この道をボケリアに向かって歩くと、こんな猫の壁画があります。
b0064411_07052643.jpg

これはかなり前に撮った写真ですが、今ではこの建物の地階に「猫」という名前のバールができて、繁盛しているようです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-02-07 06:50 | ショップ tiendas | Comments(0)

老舗のファーマシー

もうしばらく前のことですが、Eixample築を歩いていて、ファーマシーがあったので入りました。ファーマシーは老舗が多く、外装もさることながら、古い内装がとても素敵なところが多いのです。

そのファーマシーもモデルニスタの内装が残っていて素敵でした。
b0064411_17443792.jpg

b0064411_17443767.jpg

b0064411_17443812.jpg

b0064411_17443832.jpg

b0064411_17443957.jpg

b0064411_17443916.jpg

b0064411_17443919.jpg

b0064411_17443873.jpg

b0064411_17443908.jpg
b0064411_17443821.jpg
名前がなんとDomenech i Muntanerというんだそうです。
↓これはお借りした写真
b0064411_17501829.jpg
子のファーマシーのHPを見ると、1896年開業当時の写真がありました。
b0064411_17501883.jpg
当時はもっと素敵だったのですね。やっぱり時代に合わせて改装されてきたのでしょう。

帰りにこんな素敵な入り口を見つけました。
b0064411_17523963.jpg
b0064411_17523925.jpg
b0064411_17523818.jpg
この地区は建物がみんな素敵で散歩が楽しみ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-12-12 17:40 | ショップ tiendas | Comments(0)

レトロなお店

もうしばらく前のことですが、Eixample築を歩いていたら、ちょっと楽しそうなお店を発見。

入ってみると、レトロなものがいっぱい!

b0064411_09530161.jpg


お店の人に断って写真を撮らせてもらいました。

b0064411_09491180.jpg

b0064411_09491163.jpg

b0064411_09491246.jpg

b0064411_09491231.jpg

b0064411_09491217.jpg

b0064411_09491269.jpg

b0064411_09491366.jpg

b0064411_09491349.jpg

b0064411_09491057.jpg

b0064411_09491072.jpg
b0064411_09511044.jpg

b0064411_09511180.jpg

奥に小部屋があって、こちらは紙もので一杯。          
b0064411_09511104.jpg

b0064411_09511289.jpg

b0064411_09511213.jpg

b0064411_09510954.jpg

b0064411_09511042.jpg
観光客が結構入ってきていました。

b0064411_09530056.jpg


b0064411_09530023.jpg


b0064411_09530183.jpg



b0064411_09530134.jpg

お店の前の地面にプレートが。昔から続いているお店に与えられるプレートです。
b0064411_09530154.jpg

ショーウィンドーがまた楽しい。
b0064411_09530212.jpg


b0064411_09530207.jpg


b0064411_09530037.jpg


b0064411_09530035.jpg
お店の外観。昔は靴屋さんだったのですね。
b0064411_09564802.jpg

b0064411_09564865.jpg


b0064411_09564775.jpg
楽しいお店でした。 ただ、場所を覚えていない・・・


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-12-05 09:47 | ショップ tiendas | Comments(0)

Encants Nousの革屋さんで

Dos de Mayo通りにあるショッピングモール Encants Nous. 1955年にこの建物が完成し、以前この場所にあった露店状に近いお店が入りました。
こちらに関連記事をアップしています。

b0064411_04103901.jpg

ですから、中に入っているお店は、普通の衣料品のほかに、家具屋さん、食器やさん、排水管などを売っているお店、布屋さん、金物屋さん、ハーブ屋さん、時計屋さん…といった具合。普通のショッピングアーケードとは全く違う庶民的なもの。

b0064411_04103915.jpg

蚤の市 Encants がディアゴナルの向こう側に引っ越してから、こちらのEncants Nousはだいぶ利用客が減ったようで、昨日行ったら、シャッターを閉めているお店がずいぶんありました。テナントが減ったのでしょう。買い物に来ている人も近所に住む人がちらほらくらい。

以前、息子のムートンのコートの直しを頼んだ革屋さんの前を通りかかると
ここはまだやっていましたが、以前窓口で修理をしているセニョールはいなくなり、お店だけになっていました。
ショーウィンドーはしゃれたものではありませんが

b0064411_05020132.jpg

革のスリッパが目に留まりました。以前息子に買ってあげたら、長いこと愛用していたものです。
b0064411_05020100.jpg

「貸し、または売り」の張り紙が出ています。ということは、借り手か売り手が付けばお店は閉めてしまうのでしょう。
b0064411_05020320.jpg
スリッパのお値段を聞くと、18ユーロ。息子と私の分を買いました。

お店の中の写真を撮らせてもらいました。商品は全部自分のお店で作ったものです。
b0064411_05020240.jpg


b0064411_05020200.jpg


b0064411_05020273.jpg

この日はちょっと急いでいたので、ゆっくり見なかったけれど、もう一度来てみよう。

お店を出て、かつてEncantesのあったほうに行きました。

あんなに賑やかだったところなのに、今はすっかり寂れて、人気もほとんどなく
b0064411_05080167.jpg

b0064411_05080194.jpg


エンカンテスの跡地は
b0064411_05080200.jpg

図書館ができるということでしたが、工事は全く始まっておらず
b0064411_05080212.jpg

b0064411_05080288.jpg

大掛かりなグロリア広場の工事もストップしたまま。なんてことでしょうね。
こんなに大きなプロジェクトを始めながら、お金が足りない、って・・・?
b0064411_05080214.jpg


b0064411_05080305.jpg

ここに通ってくるようになってもう30年以上経ちます。

今のエンカンテス
b0064411_05094914.jpg

さて、買ったスリッパ

b0064411_05174174.jpg


天然のラムの毛皮と革を使っているから、それは素敵な肌触り。
b0064411_05174136.jpg

裏は安っぽいように見えますが、軽くてとてもいい。重いスリッパは疲れます。
b0064411_05174128.jpg
お店が閉まってしまう前に、また行って来ようとおもいます。

Peleteria GREKO C.Valencia 534 tiendaA67 Tel.932 451 480

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2017-07-14 04:09 | ショップ tiendas | Comments(0)

宮殿ブティック

ポルタフェリッサ通りのこの建物は、Palau 何とかと言って、18-19世紀に建てられた豪邸でした。
b0064411_04064335.jpg

その後は放置されて、やがて一階部分に、右側に老舗のチョコレート屋さん、左側に切手屋さんが入っていましたが、維持が難しくなって閉店。つい最近、ここに新しいお店が入ったと聞いて行ってみました。

安っぽい、若者好みの商品が並んでいるお店でした。
お店の中にアーチがあったりして、遺跡風。
b0064411_04064352.jpg

昔の建物は、一階は馬車が入るようになっていて、奥が車庫や厩、使用人の住むスペースで、家の人は上の階に住んでいましたから、上に行けば何かみられるかも?
b0064411_04064339.jpg

階段を上ったところの天井を見てびっくり。

b0064411_04064446.jpg

色も鮮やかな天井画が!

b0064411_04064470.jpg

b0064411_04064442.jpg


b0064411_04064426.jpg


b0064411_04064555.jpg


b0064411_04064572.jpg


b0064411_04064254.jpg

b0064411_08033106.jpg


並んでいる安物衣料との対比がはなはだしい。
b0064411_08033178.jpg


b0064411_08033185.jpg


b0064411_08033122.jpg


b0064411_08033273.jpg


b0064411_08033236.jpg


b0064411_08033285.jpg


b0064411_08033317.jpg


b0064411_08033322.jpg


b0064411_08033033.jpg

b0064411_08051907.jpg


b0064411_08051983.jpg


b0064411_08052025.jpg


b0064411_08051949.jpg

あまり好みの絵ではなかったけれど、でもかなりびっくりでした。
この家に住んでいた人たちはどこに行ってしまったのでしょうかね。
それにしても、並んでいる衣料はかなりひどいものでした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-01-15 07:44 | ショップ tiendas | Comments(2)
ディアゴナル大通りから北側にある La Granada通りの6番地にある、インテリアのお店 Mercader de Venecia.

b0064411_03171151.jpg


通りから窓越しにこんな風に見えます。
b0064411_03171136.jpg


b0064411_03171185.jpg

久しぶりに通りかかったので入ってみました。
このお店は家具を作って展示していますが、同時に東洋(韓国?)のアンティークも輸入して一緒にディスプレイしているので、西洋と東洋が入り混じった、独特な雰囲気。
とても素敵な空間なので、写真を撮らせてもらいました。

b0064411_03171104.jpg

とても広いのです。きっとこの建物の地階全部を使っているのでしょう。
b0064411_03171182.jpg

b0064411_03171146.jpg

b0064411_03171156.jpg

b0064411_03171149.jpg

b0064411_03171101.jpg


b0064411_03300250.jpg


b0064411_03300224.jpg


b0064411_03300345.jpg


b0064411_03300303.jpg


b0064411_03300306.jpg


b0064411_03300311.jpg


b0064411_03300319.jpg


明り取りのパティオがあって、素敵な空間にしています。
b0064411_03300346.jpg


b0064411_03300223.jpg


b0064411_03300208.jpg


b0064411_04465336.jpg


b0064411_04465357.jpg


b0064411_04465378.jpg


このカボチャみたいなの、いいなあ
b0064411_04465304.jpg


b0064411_04465317.jpg


b0064411_04465450.jpg


アーチがあるっていいですね。昔は倉庫だったのかもしれない。
b0064411_04465485.jpg


b0064411_04465245.jpg


このキャンドルホルダーも素敵でした。
b0064411_04465398.jpg


b0064411_04465327.jpg

キャンドルのようなアルコールランプ
b0064411_04511552.jpg


b0064411_04511621.jpg


b0064411_04511642.jpg


b0064411_04511620.jpg


b0064411_04511699.jpg


b0064411_04511603.jpg


b0064411_04511624.jpg

b0064411_04511589.jpg

こちらはショップのHPの写真で、正面玄関を入ったところ。季節によっていろいろ変えているようです。
b0064411_04552431.jpg


b0064411_04552428.jpg

ついでに、ショップのHPから、プロが撮った写真をお借りして。
私が撮らせてもらったときと、少しちがっているので。
b0064411_04572463.jpg


b0064411_04572521.jpg


b0064411_04572490.jpg


b0064411_04572457.jpg


b0064411_04572405.jpg


b0064411_04572436.jpg


b0064411_04572424.jpg

b0064411_05015435.jpg

b0064411_05015469.jpg


b0064411_05015475.jpg


b0064411_05015548.jpg


b0064411_05015411.jpg


b0064411_05051983.jpg


b0064411_05051920.jpg


b0064411_05051986.jpg

いかがですか? インテリアの参考になりますね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-10-06 01:07 | ショップ tiendas | Comments(0)

古い建物そのままのお店

先日ご紹介したパン屋さん、Barcelona Reykjavikのあるプリンセサ通りをもっとどんどん、ほぼ通りの終わりくらいまで歩いていくと、Carretgersという細い通りがあります。

b0064411_04091995.jpg

その5番地で、バザーをやるというので行ってみました。バザーにはあまり興味がなかったのですが、ストリート・ビューを見たら、エッというような古い建物だったのです。

内部は本当に古いまま。

b0064411_04091813.jpg


昔は倉庫だったのでしょうか。アーチのある柱がたくさんあって驚きました。
b0064411_04091871.jpg


奥のほうに明り取りのガラスのはまった天井。植木鉢が置いてあるのが見えます。
b0064411_04091904.jpg


b0064411_04091963.jpg


このあたり、こんなトンネルが多くて散策も楽しい。
b0064411_04091937.jpg


b0064411_04091955.jpg


b0064411_04091921.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-11 07:08 | ショップ tiendas | Comments(0)
昨日の記事に書いたパン屋さん、早速行ってみました。

場所はプリンセサ通り16番地、ピカソ美術館のすぐ近くです。

ここ、ここ。外から見たら何屋さんか?と思うくらい。 

b0064411_07100550.jpg
創立1733年のお店。以前は本屋さんだったのをほぼそのままにしてパン屋さんになっています。

b0064411_07100594.jpg

一歩入ったら息をのむ。

b0064411_07070230.jpg

b0064411_07070279.jpg

b0064411_07070356.jpg


b0064411_07070336.jpg


b0064411_07070364.jpg


b0064411_07070323.jpg


b0064411_07070330.jpg


b0064411_07070266.jpg


b0064411_07070237.jpg


b0064411_07070275.jpg
このパンは、イースト菌を使わないで、エスペルト(スペルト小麦)とグリンピースの粉などを使って、15時間欠けて発行させたもの。遺伝子組み換え食品を一切使わ無いので、アレルギーも起こしにくい。今小麦粉が体に良くないといわれている折、ありがたいパン屋さん。

レシートを見たら、他にもDoctor Dou 12番地、 Asturies 20番地、Aribau 187番地に支店があるそうです。
このパン屋さん、日本の雑誌にも載ったそうですよ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-08 07:01 | ショップ tiendas | Comments(0)
レイアル広場のすぐ横にあるハーブ屋さん、Herboristeria del Reiは、創業が1818年。カタルーニャで一番古いハーブ屋さんです。

b0064411_01150919.jpg
バルセロナでかなりの部分の撮影がされた映画「香水」では、このお店が豪華な香水店に変身してびっくりさせられましたが、実際はほとんど改装しないで古いままのお店。

お店に入ると目を惹く、ノルウェーのハーブ学者Carl Von Linneの胸像。
b0064411_01151015.jpg


b0064411_01150941.jpg
以前はセラピストの男性がお店番をしていましたが、もうやめて、今は家族だけでやっているそうです。

この窓からレイアル広場が見えるんですね。
b0064411_01150960.jpg


b0064411_01151078.jpg


b0064411_01150920.jpg


b0064411_01150935.jpg


b0064411_01150995.jpg


b0064411_01150957.jpg


b0064411_01150966.jpg
ここに入ると、タイムスリップしたような気分になって面白い。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2015-11-12 22:02 | ショップ tiendas | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera