カテゴリ:インテリア interior( 48 )

インドを旅行中の次男からの写真、ご一緒に楽しんでいただけたらと思います。

Udaipurでは、クッキングスクールでお料理を学んだそうです。

b0064411_05460415.jpg

With all the amazing food that surrounds me I could not skip the opportunity to join a cooking class. My teacher’s name is Shashi and she is an incredibly good cook and teacher. Her story of how she got to be where she is today is very moving. If you are ever in Udaipur I highly recommend you to go. 3 hours cooking and eating! http://shashicookingclasses.blogspot.com/


b0064411_05460420.jpg


Vegetable pakora. A fried snack.
b0064411_05460418.jpg


The makings of the magic sauce… I learned that all curry base use the same mix but it’s the ingredients that you add after that make the difference.
b0064411_05460589.jpg


The cooking crew. Had a great time in the hostel playing table tennis. Hope to meet them again!
b0064411_05460521.jpg


b0064411_05460426.jpg


Palaces

City Palace of Udaipur.
b0064411_05460512.jpeg


b0064411_05460394.jpeg


黒い顔のモンキー
b0064411_05460462.jpeg


b0064411_05460465.jpeg

No the most amazing palace I have seen. The inside is under construction. Like in many parts of Asia they use bamboo as construction tool.
b0064411_05550098.jpeg


b0064411_05550083.jpeg


b0064411_05550067.jpeg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-10-18 07:42 | インテリア interior | Comments(0)
12月に入って、クリスマス商戦がにぎやかになってきましたが、今週は水・金と祭日が続くので、つなげてお休みを取って旅行や別荘に出かけた人も多いようで、我が家のあたりはシーンとしています。

我が家もやっとクリスマスの飾りつけをしました。
結局は手持ちの飾りを、さんざんああでもないこうでもない、といろいろ置いてみましたが、また気分で変えるかも・・・。

エレベーターホールは、我が家一軒だけなので、専用スペース。大したものはないけれど、ここにも飾りました。
鏡にちょっとフェークのグリーンを付けて
b0064411_23541192.jpg

リースはドアに
b0064411_23215469.jpg


玄関の扉を開けると
b0064411_23541014.jpg

すぐのところにある大きなコモードの上は、やっぱりベレン。
b0064411_23293465.jpg

b0064411_23293436.jpg

b0064411_23293369.jpg

姿見の前にもちょっとした飾りを置きました。
b0064411_23331066.jpg

b0064411_23331047.jpg

壁掛け式ツリーも健在
b0064411_23364145.jpg

b0064411_23364142.jpg

リビングに入ると
b0064411_23331052.jpg

サイドテーブルに幼子イエスを飾りました。
b0064411_23334061.jpg

b0064411_23333970.jpg


いつもはわらを敷くんだけれど、今年はチュールにして、チカチカ電気を入れました。
ちょっと泡風呂に入っているみたい?
b0064411_23334055.jpg

b0064411_23473701.jpg


b0064411_23473804.jpg


b0064411_23473709.jpg


b0064411_23473765.jpg

こちらのサイドテーブルはボールを飾って
b0064411_23504494.jpg

b0064411_00125633.jpg

ダイニングとの境の家具の上はこんな具合に
b0064411_23520128.jpg


コンポートディッシュを2段重ねにして、一番上はワイングラスにパールビーズとキャンドルを入れました。
b0064411_23520088.jpg

夜のほうがきれい
b0064411_23520053.jpg

ダイニングは、キャンドルスタンドをたくさん置いてにぎやかに
b0064411_00213958.jpg

b0064411_00214022.jpg

b0064411_00214073.jpg

b0064411_00214119.jpg


b0064411_00214072.jpg

廊下のボトルコレクションのところにも小さなリースを
b0064411_00304325.jpg


b0064411_00304373.jpg


寝室にも、電気を入れたガラスの花瓶にレースマットをかけた飾りを置きました。
b0064411_00304251.jpg


そろそろ献立を考えておかなくちゃいけないかしら?



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-12-07 00:25 | インテリア interior | Comments(4)

モショ邸の書斎

この記事は、ショップのブログに書いたのですが、一応こちらでも載せておこうと思います。

セビリアから、友人たちがバルセロナにやって来ました。
一人は侯爵夫人の称号を持つイネスで、バルセロナ市庁舎からすぐのサン・ジュスト・パストール広場に面して建つ、18世紀の館の持ち主。

IMG_9414


でも普段はセビリアに住む彼女(ここよりもっと豪華なパラスに住む)、あまりに維持に経費が掛かるので、とうとう館を売ってしまったのです。
モショ邸は、バルセロナで唯一の、個人所有のパラスだけに、外国の資本にわたってしまうのは残念なのですが、実際に入ってみると、あまりにも大きくて、小人数ではかなり住みにくそう。
豪華なノーブル・フロアは本当に宮殿ですが、そのほかの階は、すでに廃墟のようになったままで、夜なんかこわいそうです。
館はすでに売られていて、中のおびただしい家具類、食器、衣類などは、すべてセビリアに送るそうで、門の中には大きなトラックが入っていました。部屋も何人もの人が荷造りをしていました。
セビリアに持って行ってどうするのかと思ったら、

「倉庫を一つ買ったの。借りるより安くなるから」

と、こともなげに言います。

さて、今日はイネスの友人、ペパと一緒に蚤の市に行き、たくさんの荷物を抱えて帰ってきたら、お昼に誘われました。
それで、荷物をペパのいる部屋において、ノーブル・フロアに下りてイネスにあいさつに行きました。
エレベーターは、ちょうどノーブル・フロアの書斎の前です。

IMG_9417


この書斎は、落ち着いていてとても素敵なのです。


立派な暖炉

IMG_9418


この絵はなかなか素晴らしいので、当時有名な人だったかも

IMG_9433


入り口にあるデスクがまた素敵

IMG_9426


この水色のシェードのランプが好き

IMG_9428


素敵なインク瓶があります。奥のオイルランプは、gyu's shopにもあるもの

IMG_9427



小額をこんな風に飾ると素敵。

IMG_9432


書斎を出たところに、高さ2.5m位もある大きな婦人像の絵がかかっていました。
イネスのお母様だそうです。写真は撮らなかったけれど、赤いゆったりしたロングドレスを見に付けた、すらりとした品の良い貴婦人でした。

by gyuopera | 2016-08-26 21:19 | インテリア interior | Comments(0)

ランプの傘

最近また、ちょっと背の高い卓上ランプを買ったので、仕事机のランプにして、カサを替えました。

b0064411_717506.jpg


カサは一つはデパートで、一つは蚤の市で見つけたものだけれど、そっくり同じなのに値段は何倍も違う


カサの下には、もうじきお嫁入りしてしまうマリア様と

b0064411_7211656.jpg


聖水盤を持った天使の像
b0064411_7214136.jpg


ランプは初め一つしか置かなかったんだけれど
b0064411_722112.jpg


ちょっとくらいので2つに。でもこれじゃバランス悪いでしょ。
b0064411_7224277.jpg


今度はちょっと良くなったかな
b0064411_7202961.jpg


しょっちゅう家中のランプの傘を取り換えているんだけれど、仕事机の上はもうこれで決まり、かな。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-06-18 07:24 | インテリア interior | Comments(0)

ベッドルームの天蓋

フランスの人は、今でもベッドの上に天蓋を付けたり、カーテンを掛けるのが好きですね。

b0064411_714538.jpg
b0064411_7144251.jpg
b0064411_714314.jpg
b0064411_7141492.jpg
b0064411_713577.jpg


スペインでも、天蓋のベッドはありましたが、今付けている人はほとんどないでしょう。

天蓋って、何かの役に立つんでしょうか? あれを洗うの結構大変そうですね。

私の下の息子が、パートナーと、アフリカの横にある小さな島でトレッキングをしていた時のこと。
さんざん歩いて、ある村に着いたときは、日はとっぷりと暮れ、電気が通っていないほど小さな村だったので、ホテルを探しても無くて、とても困ったそうです。
で、とある家に、どこで泊まれるか聞いたら、自分の家に泊まっていいよ、自分たちは近くの親せきの家に泊まるから、と言ってくれたそうです。
その寛大さにはびっくりしたそうですが、ありがたく受けて、夜はそこで寝たのですが、夜中に、パートナーの顔に、何か虫が落ちてきたんだそうな。

「何が落ちてきたかわからなかったけれど、知りたくもない」

と後で言っていましたが、かなりびっくりしたことでしょう。

天蓋っていうのは、そんなときに役に立つのかも?

天井を這っている虫が、顔に落ちてこないように・・・・

ということもないんでしょうが、天蓋を見ると、息子の話を思い出すんです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-05-24 07:12 | インテリア interior | Comments(4)
今日もいいお天気。
b0064411_839854.jpg


12月はクリスマスシーズンなので、バルセロナの蚤の市 エンカンテスも、日曜日以外毎日開催。
で、行ってきました。

新しいエンカンテスの建物の建設が進められています。
b0064411_841136.jpg


さて
b0064411_834421.jpg


今日はウェディングドレスがいっぱい

b0064411_8352737.jpg


b0064411_8354947.jpg


ごみのように見えますが・・・・ クリスマスの飾りです。

b0064411_8363675.jpg
b0064411_8365178.jpg
 
b0064411_83788.jpg

ごちゃごちゃになっているけれど、探すとなかなか素敵な飾りが見つかるんです。

今日もこんなに買い込んでしまった
b0064411_8422495.jpg


三賢人のフィギュアは、私のベレン人形のセットにちょうどいい大きさ。
これでやっとセットらしくなりました。

b0064411_84523.jpg

ね?
b0064411_8453129.jpg

この三賢人の顔、みんなちょっと目が釣りあがっているんですよね。中国製なんだろうな~。

きれいな鳥のセットはこんな風にしてみたけれど
b0064411_848350.jpg


b0064411_8485655.jpg


ちょっと気持ち悪い?
b0064411_850160.jpg
b0064411_8504590.jpg
b0064411_8505282.jpg


壁掛け式のツリーは、やっと飾りを見つけたので、こんな風になりました。

b0064411_011015.jpg


この星のかざりは1ダースで1ユーロでした。
b0064411_856249.jpg

ちょこっと枝の飾りをつけて
b0064411_013413.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-12-07 08:12 | インテリア interior | Comments(0)

クリスマスの飾りつけ

今年は少しクリスマスの飾りつけを変えたいな~と思い、少しずつ買いたしてきた水銀ガラスを使ってみました。


エレベーターホール

b0064411_420962.jpg
b0064411_4202521.jpg


幼子イエスはここに。牛や馬ではなくて、ウサギと鳥とカモが周りに(笑)
b0064411_4214460.jpg

このウサギはとても気に入って買いました。かわいすぎないのがいい。

玄関のドアを開けます
b0064411_4222386.jpg


玄関ホールのベレン人形の下には、今年はアンティークの花嫁のチュールレースのヴェールを使いました
b0064411_4234952.jpg

下にチカチカ電気を入れ、上にシャンデリアパーツをいくつか散らせてあります。ほとんど見えないけれど。

b0064411_428964.jpg

ベレン人形はもう少し素朴なものでもいいんだけれど、気に入ったものはなかなか見つからない
b0064411_429277.jpg

これももう10年以上使っています。最低のセットで、もう少し大きなセットだと、三賢人が付き、さらに大がかりなものはベツレヘムの町をそっくり作って飾る家も。我が家にはこれくらいでちょうどいい。

この天使はセットじゃないんだけれど、好きなのでいつもベレン人形と一緒に置きます。
b0064411_429433.jpg


リビング窓際のチェストの上は
b0064411_4302919.jpg


新旧のものを取り交ぜてごちゃごちゃと
b0064411_431853.jpg
b0064411_4313562.jpg


ワイヤーのマネキンにチカチカ電気を巻き付け、花嫁のヴェールをかぶせたら面白いランプに
b0064411_4323620.jpg


それを壁際の水銀ガラスのキャンドルホルダーをたくさん置いた横へ
b0064411_4341255.jpg


この前ご紹介した水銀ガラスのキャンドルホルダーは、楕円のシルバートレイの上、ビスキュイのフィギュアの周りにぐるっと置いて
b0064411_4352613.jpg


この光が好きで、毎晩必ず灯します。
b0064411_4361413.jpg


水銀ガラスのボールは何種類か混ぜてガラスの花瓶に
b0064411_437650.jpg


ヴィトゥリーナ(飾り戸棚)の上に、スープチューリンにチュールやシルバーボールを入れてみた
b0064411_4422544.jpg

買った時は真っ黒だったスープチューリンも磨いたらピカピカ。
b0064411_4431458.jpg


チュールレースはコムニオンのヴェール
b0064411_4435350.jpg


こちらのマネキンには、ダチョウの羽のストールとロザリオを
b0064411_438117.jpg


水銀ガラスのキャンドルスタンドは、まとめてソファの後ろの戸棚の上に
b0064411_519729.jpg

b0064411_4393563.jpg

b0064411_4402677.jpg


三つ折れのタブローを置いて
b0064411_4444188.jpg


キャンドルをあっちにもこっちにも
b0064411_4451657.jpg


ちょっと飾りを替えて
b0064411_2111526.jpg


今日はまたこんなツリーを見つけました。
b0064411_2275025.jpg


こんな飾りも見つけました。
b0064411_2284957.jpg

残念ながら、1個しかなかったの。

…というのが我が家のクリスマスの飾りつけ。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-12-04 07:00 | インテリア interior | Comments(2)
早や12月。あと1ヶ月で今年も終わり。なんて早く1年が過ぎるんでしょうねえ。

12月といったらクリスマス、今年はどんな風に飾りつけようかな・・・

実は今マイブームの水銀ガラスの小物。キャンドルホルダーやキャンドルスタンドなどをネットやお店を見て歩いて少しずつ集めています。

シャビーな感じがして、ピッカピカの銀器よりもずっとわが家にしっくり来る。

b0064411_582737.jpg
b0064411_585667.jpg
b0064411_591271.jpg


はじめのうちは、イギリスとかオランダとかから買っていたんだけれど、ここでも置いているところを発見。
な~んだ、はじめからもっとよく探せばよかったなぁ。

b0064411_5104013.jpg


b0064411_5113684.jpg
b0064411_5115394.jpg
b0064411_512742.jpg
b0064411_5121883.jpg
b0064411_5123181.jpg
b0064411_5124747.jpg
b0064411_5132457.jpg
b0064411_5134625.jpg
b0064411_514712.jpg
b0064411_5142672.jpg


トレーにいっぱい並べて火を灯したら、友人が

「教会のようね」

b0064411_5154883.jpg
b0064411_5161340.jpg


ボールも見つけたけれど、これは高かった!
b0064411_5163590.jpg
b0064411_5164995.jpg


今年のクリスマスの飾りは水銀ガラスが大活躍してくれそう。
b0064411_520294.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-12-01 07:03 | インテリア interior | Comments(4)

秋のリビングルーム

ヒュウ~ ヒュウ~ 

夜中に風が音を立てて吹いていました。
だいぶ残り少なくなった並木のプラタナスの葉を揺らしています。
我が家は日本の3階にあたり、窓の外がちょうど並木の葉が茂っているあたりなので、風に揺れる様が良く見えます。

b0064411_2375818.jpg


明け方になって風がやみました。

朝7時半、外はまだ真っ暗。ベランダに出てみると、星がたくさん出ているではありませんか。
カシオペアからオリオン座までくっきり。
EUの基準から大幅に外れた大気汚染のバルセロナも、風ですっかり汚れた空気が吹き飛ばされたのでしょう。

やがて朝日が差し込んできました。

b0064411_23141756.jpg


この間まであんなに暑かったのに、もう暖かい日の光が恋しくなります。

b0064411_23162548.jpg


b0064411_23171073.jpg


家の中も、ちょっとだけ秋の装いにしてみよう。

幸い我が家には木の実がいっぱい

b0064411_23194521.jpg


b0064411_23195316.jpg


思い立って、茶色の絵付けのプレートを鏡の上に飾ってみる

b0064411_2318989.jpg


家のベランダで咲いたバラの花びらは全部ドライにしてとってあるのだけれど、これはミニバラのドライ

b0064411_23212314.jpg


b0064411_23214045.jpg


キャンドルをともすと暖かい感じになるから好き

b0064411_23221935.jpg


クロスもレースだと寒そうね
b0064411_23224639.jpg


そして音楽の秋

b0064411_23231170.jpg


手は痛むけれど、頑張って練習しなくては

b0064411_23234320.jpg


オーケストラはやめたけれど、クワルテットは続けるつもり

b0064411_23242522.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-25 07:57 | インテリア interior | Comments(6)

ブリュッセル2 息子の家

ブリュッセルの息子のアパートをご紹介。
今年の2月、買ったばかりです。

1904年に建てられた建物で、初めは1軒の家だったのですが、それを5つに分けて、現在は5家族が居住。
玄関を入ると細い階段が上に伸びています。
b0064411_613283.jpg


床のタイルはオリジナル
b0064411_6135595.jpg


細長い家です。玄関を入ったフロアは3つに分かれていて、入ったところは玄関ホールでしょうか、とても広々としています。

b0064411_6162089.jpg


大きな棚が取り付けてあり、最近ペンキを塗ったばかり
b0064411_618116.jpg

真ん中には暖炉がありますが、それは塗りこめられていて、左に古い木箱を重ねた棚
b0064411_6185526.jpg

シャビー・シックを地で行ってます。

あ、これは昨夜捨ててあった帽子の箱
b0064411_6545020.jpg

持ち手部分が革で、とてもしっかりしたもの。

玄関ホールの右側の、通りに面した方の部屋がリビング
b0064411_6321627.jpg

暖炉がありますが、使えない
b0064411_6331653.jpg


ブルターニュ地方に住むアンのお父様からもらったどっしりとしたソファ
b0064411_6341263.jpg


リビングにも外から入れるドアがあります。
b0064411_6345369.jpg


天井や壁にレリーフがあって素敵
b0064411_6352042.jpg
b0064411_6353747.jpg

シャンデリアを下げるところも
b0064411_636892.jpg

バルコニーから大学が見えます。
b0064411_636552.jpg


リビングから玄関ホール、その奥のダイニングを見たところ
b0064411_6375382.jpg


床は木で、白いペンキを塗ってあります。全然きしみもしないし、隙間もない。大したものです。
b0064411_6401497.jpg


で、ホールの左手がダイニング、ダイニングの向こうにはテラスと、その先に庭。
b0064411_652269.jpg


天井が高いので、とても広く見えます。
b0064411_620596.jpg

ダイニングテーブルはとても大きい、がっしりした木製で、6人がゆったり掛けられる大きさ

ダイニングの横にオープンキッチン
b0064411_621493.jpg


キッチン。赤い壁は、写真ではどぎつく見えますが、本物はそうでも無くてなかなか良かった

b0064411_623767.jpg

b0064411_6223460.jpg

柱が黒板になってる
b0064411_6233946.jpg


あ、これが飼い猫のピクシー
b0064411_6532797.jpg


ピクシーはいつも水道の蛇口から水を飲むんですって。
b0064411_6243224.jpg

かわいい
b0064411_6244618.jpg


ダイニングの外がウッドデッキのテラス
b0064411_6274320.jpg

テラスから階段を下りて庭に出られます。結構広い!
b0064411_6292983.jpg

これ、ライラックなんだそうです。春はきれいでしょうね
b0064411_6301686.jpg


周りの家の庭の木が大きくて、町中に住んでいるとは思えないほど
b0064411_6305087.jpg
b0064411_631261.jpg


地階にベッドルームが2つと、ユーティリティ、バスルームがあります。

ゲストルームにはダブルベッドと、パソコンのあるデスクと、テレビやDVDなどのオーディオ関係の器具。
ここにも暖炉がありますが、使えない。
b0064411_642745.jpg

面白いことに、この部屋にも外から入れる扉があるのです。でもそこはいま戸棚が作ってあって、使えなくしてありますが、将来は戸棚を取り払って、3段の階段を見えるようにすると言っていました。

バスルームは細長く、昔ワインの貯蔵庫だったということで、レンガで作った大きな棚がありました。
今はそこに洗濯機や掃除道具、タオルなどを入れていますが、床を近いうちに直したいということでした。

古い家を買って少しずつ改造して住む、いいですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-08-29 07:09 | インテリア interior | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera