2018年 10月 29日 ( 1 )

今年の48時間オープンハウス、2日とも土砂降りの雨で、行けたのは2つのみ。

まず、ゴシック街の旧ユダヤ人地区のど真ん中にあるAdret邸。

この地区は、13~15世紀の、ユダヤ人が住んでいた建物が密集している地区。
b0064411_06535360.jpg

b0064411_06535237.jpg
このAdret邸は、元は12世紀の家だったらしい。 2000年にMartinez Lapenya-Torresが設計した、かつては個人の家だったのが、今はナントカ財団の所有とのこと。
b0064411_06535256.jpg

壁の石のへこみは、荷車などが通ってこすれた跡。
b0064411_06535245.jpg

b0064411_06535340.jpg


b0064411_06535213.jpg


b0064411_06535217.jpg

この窓はゴシック
b0064411_06535262.jpg

この家の通りを挟んだお向かいはペンション。1890年と彫られているので、周りの建物より新しい。
b0064411_06535170.jpg
b0064411_06535392.jpg

11時に中に入ることができた。
入ったところはちょっとしたパティオで、メタルの階段が上に続いている。
b0064411_07433481.jpg

b0064411_07433473.jpg

b0064411_07433348.jpg
こんなランタンがあるのも面白い。
b0064411_07433488.jpg


窓際にキャンドルが置かれている。奥は倉庫かしら。
b0064411_08205088.jpg
b0064411_07433348.jpg
b0064411_07433434.jpg


何階建て何だろう?
b0064411_08205047.jpg

入ったところの空間は、個人住宅だったときはメインのバスルームで、今は会議室
b0064411_07433555.jpg

素敵。
b0064411_07433523.jpg


b0064411_07433550.jpg

このゴシックの窓の部分は、ライエタナ大通りを開いたとき壊された建物から持ってきたらしい。
b0064411_07473782.jpg
b0064411_07473799.jpg


向こう側の建物の壁も興味深い。
b0064411_07473845.jpg

窓からさっき入ってきた入り口を見る。左側のアーチのあるところがオリジナルの入り口だったところ。
手前の窓枠にあるくぼみは、ここに祈りの書を入れた筒を入れてあったところで、玄関に入る際それに触れたのだそうです。見本を見せてくれましたが、ガラスのような円筒筒の中に、ユダヤの文字で書かれた文書が入っていました。

b0064411_07433490.jpg
部屋の奥にはモダンなバスルーム。
b0064411_07544620.jpg

b0064411_07544648.jpg


大きく窓をとってあって、自然光が入るようになっている。
b0064411_07544520.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-10-29 06:50 | イベント、お祭り fiesta | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera