Casa Jordi

金曜日に引き続き、土曜日もよく雨が降りました。本当に何カ月もこんな降り方はしなかったので、まさに「恵みの雨」。でも外出するにはちょっと大変。 とにかく折りたたみの傘なんかみんな壊れてしまうほどの風。あっちこっちのゴミ箱に、傘が捨てられていました。

そんな雨の中、ウエサワさんが、我が家に来てくれました。 今回はアリマニーの招待だったのですが、彼が翌日早い時間の飛行機に乗らなければならないので、それではあいている部屋があるから、一晩我が家にどうぞ、とお呼びしたのです。

とはいえ、あいている部屋は下の息子の部屋。朝からまたあわてて模様替え。
とにかく、いちばん小さな部屋なのに、いちばん大きなダブルベッドが入っているんですから、ベッドで部屋いっぱいの変な部屋なんです。
少しでも部屋らしく、と思って、こんな風に・・・
b0064411_644734.jpg

夏っぽく、ベッドカバーをレースにしました。

ランプの位置を変え、お水と、キャンディーとチョコレートを小さなトレーに。 平たいカゴに、バスローブとバスタオルとフェイスタオルを用意。
b0064411_66588.jpg


それにしても狭い部屋。 ウエサワさんは、昨夜2時過ぎに寝たので、眠くて仕方ないみたいで、ちょっとお昼寝されました。

そのあとはちょっとショッピングにお付き合い。バルセロナのデパートは夜10時までですから、ゆっくりできます。チーズやワイン、ハムなどを購入。

それからトラムに乗って、Casa Jordiというレストランに行きました。
とにかく降り続く雨。こういうときはレストランも暇らしくて、予約を入れたけれど、かなりすいていました。
お店の人が、本当に来るかな?と心配顔で入口の所に待機していました。

このレストラン、昔はよく来たのですが、最近はめっきり足を運ばなくなりました。でも、こんな雰囲気はスペイン的で、気取らなくて結構好き。

b0064411_6124795.jpg


b0064411_613519.jpg


b0064411_6132334.jpg


b0064411_6134020.jpg


b0064411_614241.jpg


テーブルにはもうオリーブとサラミとパン・コン・トマテが用意されています。きっとおかねはとられるんだと思うけど。
b0064411_6151119.jpg


ワインは Esmeraldaを頼んだつもりが、Vino de la casa, そのお店のお勧めのワイン。ところがこれがおいしかったんです。メモって来るの忘れましたが・・・

はじめにサラダ、キノコとエビのお料理(詳しい名前は忘れました…恥)。あっさりしていておいしかった ♡

それからイカ、アンコウなどの盛り合わせ、タラのブニュエロス
b0064411_6194039.jpg


b0064411_6195437.jpg


最後にサービスでくれたハーブリキュールが、強いけれどとてもおいしかったんです。いくらでも飲むように、と瓶ごと置いて行ってくれましたが、そんなには飲めるものじゃありません。かなり酔っちゃったかも。

他の人と居ると、とても饒舌になるウエサワさん。夜も12時近くまでいて、とうとう周りのお客さんは誰もいなくなってしまいました。

外は雨がかなり小ぶりになっていました。歩いていると、タクシーが来たので乗って家まで。

まだお話したそうだったので、足のマッサージをしながら伺いました。

彼に言わせると、アリマニーは、1000人に一人いるかいないくらいの、フルートの微妙な異常を聞き分けることのできる稀なる人なのだそうです。プロでも、フルートがあまりいい状態ではないということを感じられる人は案外少ないらしくて、また修理するほうも、全部完璧なのに、アリマニーにとっては不満、どこかおかしいはず、と主張することも時々あり、そういう要望にこたえてあげられるような修理をしなければならない、と言っていました。そういうことができる人は、たぶん世界中にもウエサワさんぐらいしかいないのではないでしょうか。
以前、ランパルから譲り受けたフルートの修理について、アリマニーがどうしても満足いかないことがあったことを思い出しました。

そのほかは亡くなった奥さまがどんなに素晴らしい人であったかを聞かされ、思わずこちらも涙を誘われてしまいました。

日曜日の今日は、天気予報は雨にもかかわらず、とてもいいお天気になり、さっそくゴシック害の散策にお誘いしました。

まずレイアル広場にお連れし、細くちょっと汚い、昔ながらの細い道を通ってアヴィニョン通りに入り、pasaje de credito、市庁舎広場・王の広場などに行きました。サン・ジュスト教会やフィリップ・ネリ教会は、誰も人がいなくて、静まり返っていました。 旧ユダヤ街やシナゴグ、ローマ時代の柱や塀などを案内し、最後にカテドラルに。カテドラルはさすがものすごい人でした。こんなにバルセロナに観光に来ているんですね。いまさらながらびっくり。

ウエサワさんは、

「ガイドができますねぇ、ひょっとしたら、ガイドやってました?」

私はガイドはしたことはないですが、自分が好きだから、いろいろ調べたりしているんですけどね。
12時にちょっとタパスをつまんでから家に帰り、車で飛行場までお送りしました。

ウエサワさん、少し元気になられたでしょうか・・・・?

Casa Jordi Passatge Marimon 18 tel. 93 200 11 18

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by mi-san at 2008-05-12 09:57 x
おはようございます。
凄い雨なんですね。
ウエサワさん、きっと楽しく元気になられたでしょう。サックスでもおないような方がいることを聞いたことがあります。やっぱり日本人でアーティストの方が来日したり、世界中に直しに行ったりしてるのだそうです。

そして素敵な奥様だったのでしょうね。

落ち着く感じのレストランですね。シャープな今風のもいいけれど、落ち着くざっかけない料理の出てくる朴訥なレストランも大好きです。お洒落系とは反対の。今度はハウスワイン、メモしてきてくださいね!
Commented by ハニー at 2008-05-12 11:00 x
gyuさんおはようございます。
ウエサワさんきっと、お元気になられましたよ。
あ〜私もgyuさんのゲストになってみたいです〜。
Commented by gyu at 2008-05-12 16:11 x
♪ mi-san,おはようございます。 いつもコメントありがとうございます。
ハウスワイン、とてもおいしかったのに、お話に夢中でメモって来るのを忘れてしまいました。以前オットと来ていたころは、いつもワインリストから選んでいたので、ハウスワインを飲んだことがなかったんです。今度またぜひ行ってきます!
そうなんです、このレストラン、オシャレ系とは反対なんですが、やっぱりスペイン人は落ち着くんじゃないでしょうか。普段はいっぱいなんですが、この日はかなりの雨でしたから、客足も悪かったようです。バルセロナっ子は雨嫌いですからね(笑)。
ウエサワさんはミュンヘンにお住まいで、長らくスイスに住んでいらっしゃいました。奥さまはスイス人の方で、お話を伺うと、聖人のような方だったそうです。 サックスでもそういう日本人の方がいらっしゃるのですね~。
Commented by gyu at 2008-05-12 16:20 x
♪ ハニーさん、おはようございます。コメントどうもありがとうございます。
ゲストルームにした部屋は、とてもせまい上にダブルベッドなので、本当に申し訳ないと思ったのですが、他に部屋がないので仕方なかったのです。レースのベッドカバーをかけたら、あちこち穴があいていてあわてて繕ったり・・・この部屋にシングルベッドが入っていたらそんなに狭苦しくないんですけどね、下の息子はパートナーと来るからダメなんです。それにエレキギターやウィンドサーフィンの板、ローラースケート、ヤッケなど、しまいようがない・・・そういう部屋なんですよ。
Commented by alex at 2008-05-12 19:41 x
 こんばんは^^。お客様が来るのはちょっと気を遣うものですが、gyuさんは気を配りつつもお客様は気兼ねなく過ごされた雰囲気が、読んでいて伝わってくるように感じました。ウエサワさんはきっと、気持ちが少し軽くなってお帰りになったことと思いいます。時間を気にせずゆっくり人と話すこと、しかもマッサージ付きですか?素敵なおもてなしです!もう、心身共に癒されたと思いますよ。
Commented by gyu at 2008-05-12 20:53 x
♪ alexさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
お客様が泊まるって、想像以上に気を使いますね。でも泊まる方はそんなことには気づかれないようですが・・・ 
4か月たっても、まだ放心状態のようで、集中できないのだそうです。なんとか早く立ち直ってほしいと思います。本当にそんな素晴らしい奥様だったんですねぇ・・・ 
Commented by jacarandaまきお at 2008-05-13 02:30 x
gyuさん こんにちは
私もgyuさんのゲストになってみたいです^-^
私は家の片付けも途中で。。まだまだ終わりそうにありません- -;
この夏はbisbalに勉強しに行こうと思ってるのでお会いしたいですが、メールを送って1W経つのに返事がきません。。はぁ。
Commented by gyuopera at 2008-05-13 02:40
♪ jacarandaまきおさん、こんばんは。
え~、メールくださったんですか?届いていません・・・。 Hotmailではねちゃったんでしょうか。Mixiのほうでなら、確実かもしれません。
bisbalにお勉強に? タラべラとかじゃなくて? 
カタランの焼き物で、とても魅力的な絵付けがあるんですが、バニョレスタイプと言われていて、昔の絵付けや焼き方そのままを複製しているんです。それもビスバルにあるのかな?
それにしても楽しみですね!
Commented by jacarandaまきお at 2008-05-13 02:49 x
あ、紛らわしい書き方でしたね^ ^;  すみません。
いえいえ、bisbalの学校にメール送ってるのに返事が来ないんです。。今年こそはスペインで勉強したいと思ってるので実現させたいです。
その際gyuさんのご都合あえばお会いできたら嬉しいです(*^-^*)
Commented by gyuopera at 2008-05-13 03:45
♪ jacarandaまきおさん、何度もありがとうございます。
Bisbalに陶芸学校があるんですね。楽しみですね~。
年2回、刺繍のコースを受けに来る方もいらっしゃるんです。先生はベルギーからくるんだそうで、 ベルギーで講習を受けるより、バルセロナのほうが安いから、なんだそうです(笑)。
夏はいろいろなコースがあちこちであるんでしょうね。
お会いできたらいいですね。またご連絡くださいね。
Commented by bcnkahosumi at 2008-05-13 17:59
gyuさんのさりげなく、でも細かい心遣いが伝わってきます♪
泊まっていただくってやっぱり気をつかいますよね~ でもきっとゆったり癒しの時間を過ごされたことと思います! 

gyuさん、変な質問なのですが、お客様に用意されたフェイスタオルは、日本のよりも大きいタイプのものですか? それとも、正方形のタオルですか?? いつもこちらのタオルは使い分け?に悩みます・・・・
我が家は子供のバスタオルは 100X50の タオルです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-05-12 06:40 | レストラン、バル restaurante | Comments(11)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera