サンタンデールの旅3 サンティジャーナ・デル・マール1

翌日はホテルで朝食

b0064411_07431573.jpg

ここのパンはおいしかった。 紅茶に入れるミルクを頼んだら、たっぷり入った大きなピッチャーを持ってきてくれました。こういうのはありがたい。日本だと小さなパック入りのものがほとんどでしょう。
b0064411_07431533.jpg

帰りの飛行機は午後5時55分。さあ、それまで何をする?
私はガウディのカプリチョを見たいと思って受付に聞いたら、それはコミージャスにあるということで、ここから車で30分かかるそうなのね。今はシーズンではないので、ツアーもないんだそう。

「でもタクシーを頼むこともできます。運転手はガイドもしてくれるし、サンティジャーナ・デル・マールも途中にあるので、そこも含めることができます」 お値段は両方で165ユーロ。
こんな機会はめったにないし、頼むことにしたら、5分で来ると。慌てて部屋に戻って荷物を持ってチェックアウト。

タクシーはベンツのバンで、運転手はセリさんという女性。
助手席に乗せてもらいました。
さて、出発!

サンタンデールの町の郊外は工場地帯。

b0064411_02443525.jpg
川を超すと
b0064411_02443524.jpg
あとは緑いっぱい
b0064411_02531337.jpg

それに素晴らしいお天気。昨日の午前中は土砂降りの雨で、やっぱりガイドツアーをしたけれど大変だった、とセリが言う。私はラッキーだったのね。
b0064411_02443556.jpg
「アルタミラの洞窟はどうします?」

と聞かれて、「パスする」、と答えたものの、そんなに時間はかからないとのことなので、行くことにしました。

アルタミラは旧石器時代のマドレーヌ期(18,000~10,000年前)の壁画で世界遺産になっていますが、観光客が押し寄せ、外気に触れたため傷みがひどくなったので、現在は公開されていません。洞窟のある一帯はミュージアム公園になっていて、そこに実物そっくりのレプリカを作ったので、そちらを訪問できるとのこと。

さて、サンティジャーナ・デル・マールにつきました。
b0064411_02443551.jpg
車をパーキングに止めて、ミュージアムのある公園に入りました。
ミュージアムの展示物は、石器時代だからそんなに興味をそそられなかったけれど
b0064411_03371468.jpg

b0064411_03371420.jpg

b0064411_03371449.jpg

b0064411_03371144.jpg
b0064411_03394110.jpg

b0064411_03394186.jpg

b0064411_03394165.jpg
b0064411_03422376.jpg
b0064411_03394158.jpg
b0064411_03371111.jpg
b0064411_03371230.jpg


これが天井画のハイライトの壁画
b0064411_03371272.jpg

そのあと、レプリカの洞窟見学

まず、入り口付近は発掘現場を再現
b0064411_03440705.jpg

b0064411_03440744.jpg

b0064411_03440746.jpg

b0064411_03440766.jpg

奥の広間の天井
b0064411_03440797.jpg

b0064411_03440719.jpg

b0064411_03440780.jpg

自然の起伏を利用してたくさんの動物を描いている
b0064411_03440658.jpg

力強いタッチ
b0064411_03440788.jpg

b0064411_03440719.jpg
b0064411_03462623.jpg

b0064411_03462625.jpg

b0064411_03462771.jpg

b0064411_03462602.jpg

b0064411_03462667.jpg

b0064411_03462683.jpg

b0064411_03462608.jpg

b0064411_03462630.jpg

レプリカとはいえ、素晴らしい
b0064411_03462676.jpg

b0064411_03481847.jpg

b0064411_03481846.jpg

b0064411_03462771.jpg

b0064411_03481819.jpg

岩の割れ目を利用して人の顔を描いている
b0064411_03481970.jpg

b0064411_03481727.jpg
見終わったら、結構すごいものだと感動。
受付のところで、入る前に抽選に応募していったのですが、ちょうど抽選が始まりました。
b0064411_03512316.jpg

アルタミラの洞窟は、保存のため見学ができないのですが、1週間に一度、5人だけが入ることを許されるのです。その抽選で、なんと私がその5人の中に入ったのです! これは一生に一度の幸運。

私たちは広い公園を突っ切って、洞窟に向かいました。
b0064411_03555287.jpg

b0064411_03555374.jpg

b0064411_03555366.jpg

b0064411_03555348.jpg

b0064411_03555399.jpg

向こうに見える建物に入って、着替えをします。
b0064411_03555312.jpg


全身白衣、靴下、靴も着用、フード付きで、携帯品は許されません。
懐中電灯を頭につけ、マスクをして洞窟へ。(写真はミュージアムから)
b0064411_03555398.jpg

入口
b0064411_04123246.jpg

内部
b0064411_04123213.jpg

入るときに、靴の底を水で洗って入ります。徹底的にバクテリアを入れないようにするためです。
洞窟の中は真っ暗なので、懐中電灯を額に付けます。マスクをすると、メガネが曇る。

内部は湿っていて、外部と全く違う空気が漂っています。起伏の多い洞窟の中をかなり奥まで入りました。
途中で二手に分かれ、小さな壁画があるところを見せてもらい、最後にあの牛がたくさん描かれた部屋に入りました。
もう、絶句。レプリカはそれはよくできているけれど、本物は…言葉に表せないような感動。でもその場には8分しかいてはいけないのです。気温が上がってしまうから。

見終わって、洞窟の外に出ると、写真を撮ってくれました。
b0064411_03555283.jpg

b0064411_03514642.jpg
本当に大変な経験をしてしまった!!



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ
Commented by otebox at 2019-04-15 07:35
おめでとうございます。何たる幸運!素晴らしいですね。私はパススルーしちゃってました。
いいもの見せていただきました。ありがとうございます。
Commented at 2019-04-15 08:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyuopera at 2019-04-15 17:35
oteboxさん、コメントありがとうございました。
本当に抽選に当たるなんて思いもよりませんでした。
それも実にいいタイミングで。私が35年前くらいにここに来たときは、まだレプリカが作られていず、入場も禁止されたままでした。
サンティジャーナ・デル・マールのロマネスクの教会は素敵でしたね。
Commented by gyuopera at 2019-04-15 17:38
makinさん、コメントありがとうございます。
レプリカでもかなりの迫力があり、素晴らしかったです。
本物はさらに息をのむような迫力で、中は真っ暗ですし本当に探検に加わっているような気持になりました。想像もつかないほど昔の人類が、こんなに素晴らしい芸術品を残していたなんて、感動です。
Commented by yokodak at 2019-04-16 00:31 x
思わぬ展開に興奮してしまいました!
壁画に沿った岩肌の起伏まで精巧に作られているレプリカに感嘆していたら、まさかの本物の洞窟の中へ…!
1泊2日の旅とは思えない内容の濃さ。素晴らしい体験をされましたね。
Commented by gyuopera at 2019-04-17 05:30
yokodakさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。まさかと思った本物のアルタミラ洞窟を見ることができたなんて、本当にラッキーでした。今回の旅はラッキーが重なって、実りの多い旅になりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2019-04-15 08:25 | 旅行 viaje | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera