サンタンデールの旅2 ジャルスキーのコンサート

4月11日の夜は8時半から、サンタンデールのPalacio Festivalesで、フィリップ・ジャルスキーとアルタセルセのコンサート。会場はホテルからすぐ(もちろんそのために近いホテルをとったのですが)。
結構大きなホールなのですが、満席。驚いたことに、お子様たちを連れている方も何人も見かけました。
クラッシックでもバロックの、それもカウンターテナーのコンサートにお子様たちを。子供のころからいろんな音楽に触れさせるのもいいことでしょうね。
b0064411_06513846.jpg

b0064411_06513933.jpg
今回のコンサートは 最新のディスク "Ombra mai fu"、有名なヘンデルのではなくて、Cavalli(1602-1676)作曲のものを集めたコンサート。カヴァッリはあのモンテヴェルディに師事した作曲家。

初めは賑やかに華やかなSinfonia plologo de Ercole。アンサンブル・アルタセルセの演奏です。
今回はヴァイオリン3人、ティオルバ、チェンバロ、ハープ、バロックギター、ビオラ・ダ・ガンバ2、管楽器2人(コルネット、リコーダー)、打楽器の小編成。オリジナル楽器の演奏は見ているだけでもとても楽しい。

続いてジャルスキーの ”Ombra mai fu"。ヘンデル作曲のものと比べると、もっと明るくリズミックで、とても美しい曲です。




速いテンポのものとゆったりしたテンポの曲をうまく交えて、時々はアンサンブルの演奏を挟み、
カヴァッリのオペラアリアがうたわれます。
アップテンポのものは、出だしが、「お、ジャズ!」なんて思うものも。
打楽器は様々な道具のような楽器を使って、見ていると実に面白い。
管楽器もコルネットと思ったらリコーダーのソプラノやテノールを交換して演奏、実に楽しいのです。 

休憩の時は、ヴィオラ・ダ・ガンバの二人がさらっていました。
b0064411_07323932.jpg

b0064411_07323993.jpg
休憩をはさんで、最後の 
”Io resto solo?" "Misero, cosi va?" (Eliogabalo)を歌い終わると盛大な拍手。

b0064411_07204881.jpg
b0064411_06513821.jpg

b0064411_06513873.jpg

b0064411_06513907.jpg

b0064411_07204761.jpg
この後、2曲のアンコール。一つは "Vedro con mio diretto"で、その美しさに涙が出るほどでした。
もう一曲は、「一番短いアリア」とコメントしたアリア。

b0064411_07204835.jpg
b0064411_07204861.jpg

チェンバロの中村さん、とてもおきれいです。

b0064411_07204877.jpg
会場でマドリードからバスで6時間かけてやってきたエレナと一緒に
b0064411_07204797.jpg

サイン会はなかったので、二人で関係者出口に行きました。外にはバスが待っていて、アンサンブルの人たちが次々出てきてバスに乗り込んでいきます。きっとみんなでお食事に行くのでしょう。

ジャルスキーは荷物いっぱいで出てきました。CDにサインをもらってツーショット。
b0064411_07272959.jpg
ハードで長い演奏旅行で疲れていたでしょうに、さわやかな笑顔。
b0064411_07275656.jpg

b0064411_07204870.jpg
来年は2度もバルセロナで歌ってくれる。一つはなんとシューベルトリート。
「CDも出るんですか?」
と聞いたら、
"Espero que si"  まだ確定ではないみたい。

「これをドイツで歌わなくちゃいけないんだよ」

フランス人のちょっとフランス語なまりのドイツ語でシューベルトをドイツで歌うのは、彼としてはひやひやものなのかもしれません。

いずれにしても、とても素晴らしいコンサートでした。
b0064411_07323902.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング ジモモ バルセロナ

Commented by yokodak at 2019-04-15 00:30 x
Gyuさんこんばんは♪ご無沙汰しております。
ジャルスキーの新譜、カヴァッリのコンサートのためにサンタンデールへ出かけられたのですね。コンサート楽しまれたようで何よりです!
それにしても、初期バロックのプログラムで子供連れのお客さんが何人もいたというのは素晴らしいですね。美しいメロディーラインの曲や賑やかで楽しい曲が多いので、子供たちも飽きずに楽しめたのでは。未来の古楽ファンが増えると嬉しいですね。カヴァッリ版Ombra mai fuの優美な曲調、大好きです。
来年はバルセロナで2回もコンサートがあるのですね。なんとシューベルトのリート!CD化は確定ではないとのことですが、是非とも聴いてみたいです。
Commented by gyuopera at 2019-04-15 03:12
Yokodakさん、コメントありがとうございます。
カヴァッリのOmbra mai fu、とても素敵ですね。ヘンデルのは深い感動が伝わってくるけれど(PJが歌った場合)、カヴァッリはもっとさわやかな驚きや喜びが感じられます。
CDで聴いているのと、実際に歌と演奏を目の前で聞くのとでは大変な差があるものだとつくづく実感。いいコンサートでした。楽器を見るのも楽しいですね。
シューベルトは、少なくとも以前の録音はあまり好きではなかったのですが、バッハも歌ったからきっともっときれいなドイツ語になっていることを期待しています。リートの場合は、発音がとても大切なんだと、ディスカウのマスターコースを聴衆して知りました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2019-04-14 06:44 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera