キッチンの天井照明の取り換え

長らくブログをお休みしていてすみません。
突然発熱して、1週間くらい、だるくてほとんど家で休んでいました。
いつまでも微熱があって、今でも夜中にびっしょりと汗をかき、パジャマを取り換えなくてはなりません。でもまあ、だいぶ元気にはなりました。

息子の使っているバルルームのトイレタンクの中の部品が割れてしまって、ランピスタ(水道・電気などの修理をしてくれる人)に来てもらいました。その時、キッチンの天井の照明を替えたいことを伝えました。

我が家のキッチン、2010年の12月に改装工事が終了して以来ですから、もう丸7年もたっています。

これは改装当時。
明るく広々していてよかったのですが

b0064411_06402539.jpg

b0064411_06402585.jpg


b0064411_06174848.jpg
この天井灯が、当時としては新しいもので、よくオフィスなどに使われていたものですが、あのぐにゅぐにゅとした渦を描いた蛍光灯の電球でした。ところが、これが結構切れるんです。
この時はちょっと白い模様の入った透明ガラスがはめてあったのですが、夫が暗いというので、外しました。 電球は時間がたつと、だんだん薄暗くなって、切れたら取り替えないと暗く感じます。

ランピスタのお兄さんに、LEDにならないか、と聞くと、こういうものは日進月歩でどんどん新しく安いものが出ているんですね。それで即決。
取り換えの工事も案外簡単でした。

替えた後
b0064411_06482596.jpg
ライトは以前は4か所あったものを3か所に減らしましたが、前よりもずっと明るい。
以前は60W の電球を使っていて、合計480ワットで結構熱くなったのですが、今度はLEDの60ワットが3つで180ワット。それで前より明るいのです。

b0064411_06482566.jpg
大体モノトーンにしているので、まるで白黒写真みたいですね。

照明が変わると、部屋も違った雰囲気になります。
なんだか新しくなったみたいでうれしい。

b0064411_06482511.jpg

この手のライトを、洗濯室とアイロン部屋にもつけてもらいました。
とにかく前についていたライトは電球がよく切れるし、またとても取り換えにくかったのです。

まだ改装して間もないのに、と思ったのですが、もう丸7年も経ったんだからいいわよね~。
ホント、電球を取り換えなくてはいけなくなるたびに、カッチン来ていましたから。

明るいキッチンになって、何となく楽しくなりました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパランキング
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2018-03-02 06:13 | 我が家 mi casa | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera