バルセロナの老舗めぐり 16 手袋屋 Alonso

バルセロナ老舗めぐり、最後に行ったお店はSantana通り.

b0064411_0372769.jpg


ファッション小物の店、Guantería y Complementos Alonsoです。Guanteは手袋。昔は手袋は必需品だったのですね。
創業は1905年です。

残念!閉店。
b0064411_0412658.jpg


建物の上の方
b0064411_0385922.jpg


こちらは後日行った時の写真です。

b0064411_0175941.jpg


b0064411_0193652.jpg

ウィンドーには扇子が目立ちます
b0064411_020668.jpg


細かいところにもアールヌーボーのデザインが
b0064411_0204075.jpg


b0064411_020596.jpg


b0064411_0214953.jpg


b0064411_022599.jpg

外の写真を撮っていると、お店の人が出てきて、中を見てもいいですよ、と言ってくれました。

わぁ!

b0064411_023713.jpg


b0064411_0232258.jpg


b0064411_023451.jpg


b0064411_024519.jpg

素晴らしい三面鏡がありました
b0064411_0244542.jpg


b0064411_0252747.jpg

靴下が見えなければいいのだけど
b0064411_0254257.jpg


b0064411_026263.jpg

店内の家具は、改装はしてもオリジナルのまま。
b0064411_0265127.jpg


b0064411_0273697.jpg


b0064411_0292244.jpg

これからもずっとお店が存続するためには、もう少し品揃えに工夫がいるかもしれませんね。

Guanteria Complementos Alonso Calle Santana, 27


これで老舗ツアーは終わりです。今後もこんなお店を見つけたらご紹介してゆきたいと思います。

長い間お付き合いくださいましてありがとうございました。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by MANU at 2009-07-18 00:15 x
ありがとうございました!
異国の街の老舗ツアーは楽しかったし貴重なレポートです!私達も地元にある老舗を大切にしなきゃ!gyuさんのブログは確かにバルセロナという異国だけど決して特別なことでなくばんこく共通と思わせてくれますね!
Commented by gyuopera at 2009-07-18 00:40
♪ MANUさん、こんにちは。
こちらこそ何回ものコメントと、最後までのお付き合いありがとうございました。うんざりした方もいたかも・・・。
私の故郷の町の昔ながらの商店街は、町の開発の名のもとに容赦なく壊され、細々とやっていたお店もほとんどが閉店してしまいました。町は発展するどころか今ではさびれ、新しくなった商店街も次々壊され駐車場になり、個人商店は閉店に追いやられています。すっかり変わってしまった故郷の町に帰っても懐かしさなどわいてきません。
ヨーロッパの昔からのものを大切にするやり方を見ていると、日本が失ってきたものがあまりにも大きいのが残念でなりません。
Commented by しま2 at 2009-07-18 00:55 x
こんにちわ。
家具のレリーフが可愛い♪
古いものなのに古臭さを感じず、味わいがあっていいですね。
今回の老舗ツアーブログは、いつもに増して面白かったですよ!

Commented by gyuopera at 2009-07-18 02:33
♪ しまさん、こんばんは。 最後までお付き合いくださいましてどうもありがとうございました。あまりに長くなってしまったのですが、ツアーの時はすでに閉店していたところなどは、後日またお店に行って写真を撮りました。
このほかにも、本当に数えきれないくらい100年を超したお店があるのですが、また見つけたときにご紹介しますね。
Commented by jacaranda at 2009-07-18 04:02 x
gyuさん こんにちは
扇子屋さんセンスいい~~(あ、、駄洒落言うてしまった^ ^;)
こんな店あったら、ホント外から見入っちゃいます☆
ドア横にも飾りスペースがあって素敵ですね。
次回も楽しみにしています♪
Commented by gyuopera at 2009-07-18 05:08
♪ jacarandaまきおさん、こんばんは。
バルセロナの老舗巡りは一応今回で最終回です。老舗でHPがちゃんとあるお店は案外少なく、調べるのに苦労しました。
このお店、正面が華やかで人目を引きますね。 でも残念ながら買いたいようなものはなかったのですが、センスの良い扇子を買うならいいかもしれませんね^^:)
Commented by otebox at 2009-07-18 08:16 x
gyuさん、久しぶりです。とは言っても、毎日のように老舗めぐりを楽しませていただいておりました。BCNとgyuさんのとり合わせ、やっぱり凄いです。ぼくなら舞い上がって、思い込みで深く見ることが出来ないようなところもしっかり捉えていらっしゃる。
移ろう人々の関心や世相、必ずしも平坦ではなかっただろう100年の時を超えて、変わらないことの良さなのか何なのか、この妖しい魅力。21世紀に輝く老舗たちに乾杯です!
夏休み初日の今日当たり、京都の町でも歩いてみるか。
Commented by grappa-tei at 2009-07-18 09:27
なにもかもがホントにおしゃれ!本家以上にアール・ヌヴォーが溢れているのは何故?ガウディの影響?そんな単純なものではないような気がしますが・・・それにしても街中がアールヌヴォーという印象です。ところで、gyuさん、guanteriaって手袋屋のことですよね。なのに扇ばかりしか見えないのですが?また、ここのcomplementosとはどういう意味なのでしょう?
Commented by gyu at 2009-07-18 15:54 x
♪ oteboxさん、おはようございます。
いつも見てくださってどうもありがとうございます。
これらの老舗の改装に当たっては、バルセロナ市が援助しているところがほとんどです。市自体が古い街並みを保つことにとても力を入れているからです。それなくしては保存は難しいでしょう。そのままですと、100年も経ったら本当にお化け屋敷のようになってしまいますからね。
また、お店側でも、新しいお客を引き付ける魅力あるお店にしてゆかないと、ただ古いというだけでは客足も遠のいてしまいますからね。大変だと思いますね。
Commented by gyu at 2009-07-18 16:07 x
♪ grappa-teiさん、おはようございます。
以前、アールヌーボーの町ナンシーに行ったのですが、ナンシー美術館以外は、町にアールヌーボーがあふれている感じはあまりなく、ちょっとがっかりでした。ひとつ、レストランブラッセリー・フローだけはすごかったけれど・・・ 
アールヌーボーはカタルーニャで花開き、カタルーニャ独特のモデルニスタと呼ばれる様式を生みました。ですからバルセロナ近郊の町にも、素晴らしいアールヌーボーの建物がたくさんあります。ガウディが生まれたレウスという町にもすごいのがあって、ガウディが影響を受けたのは当然でしょうね。
このお店は、今は夏だし、扇子のほうが売れるのでしょう。冬にはもう少し並びますが、手袋は特に今はあまり需要がないのでしょうね。昔は手袋は必需品だったのですが、今はそうでもありませんからね。
complementosは、ファッション小物を指します。パーティ用のバッグとか、ショール、靴下などが見えますね。
このお店も従来はご婦人のあこがれのお店だったと思いますが、今はデパートや様々なブティックにおされぎみでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-07-16 00:32 | ショップ tiendas | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera