タグ:散歩 ( 527 ) タグの人気記事

コルセローラの散歩道

バルセロナの北に広がるコルセローラの山々。そこはまだ自然が残された、貴重な緑地。

ここはバルビドレラの広場から、プラナスに行く、くねった山道の途中、ちょっとした空き地のある、道が大きくカーブしたところの道路わきにある木の階段を下りたところ。道路からは、こんな遊歩道があるのが見えない。

階段を下りると、降るような鳥の声!!

そしてあたりは緑一色!

b0064411_2254226.jpg

b0064411_2262164.jpg


去年来た時は、ここは白い花で埋まっていたけれど、今年はまだちょっと早かった!でも少しずつ咲き始めて。
b0064411_2274588.jpg


b0064411_228057.jpg


b0064411_2281688.jpg


b0064411_22102331.jpg


可愛い野イチゴの花
b0064411_2285485.jpg


これはニレの木の花(花か?)
b0064411_22934100.jpg


これもやっぱり白い花の咲く木。名前が思い出せない。
b0064411_221159.jpg


b0064411_22112047.jpg


b0064411_2212338.jpg


歩いてゆくと、大きな岩が
b0064411_22132081.jpg


そこに開いている直径7センチほどの穴。人工的なもの。
b0064411_221533.jpg


こうしてみると、人の顔か、魚に見えないこともない。。。?
b0064411_22154610.jpg

この岩の歴史を知りたい。

さらに歩いてゆくと、道路の下をくぐるトンネルが
b0064411_22181813.jpg


くぐってみよう
b0064411_22185148.jpg


足元には水が流れ、飛び石が
b0064411_22194124.jpg


反対側にも緑の道が続く
b0064411_22202381.jpg


サウコ(ニワトコ)が咲き始めている
b0064411_222166.jpg


素敵な散歩道。私の理想の小道。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-04-16 22:24 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)
ペドラルベス大通りは、ディアゴナル大通りからぺドラルベス修道院に至る、1キロくらいの大通りですが、この左右に高級マンションの立ち並ぶ、緑の多いとてもきれいな地区です。

今は木々が芽吹いてとてもきれい。
b0064411_6172021.jpg
b0064411_6173926.jpg

小さな公園があちこちにあります。
b0064411_6183076.jpg


b0064411_6185031.jpg


b0064411_6192868.jpg


b0064411_6201111.jpg


b0064411_6204662.jpg


菩提樹通りを通りかかったら、素敵な車
b0064411_6214115.jpg

この通りは、超高級なフラットが並んでいます。
b0064411_6222978.jpg


この家は、昔の家の窓や装飾だけを残して建て替えられた家。
b0064411_6241566.jpg

今は裁判官の学校です。
b0064411_6244741.jpg


b0064411_6361467.jpg


この素敵な生垣は、建築家Tusquetsの家


b0064411_6265465.jpg


このアイアンの門も素敵でしょう
b0064411_6273826.jpg


ポリテクニック大学もこの辺にあります。
b0064411_6292849.jpg

b0064411_6295513.jpg

中に入ると大きな池が。
b0064411_630269.jpg

b0064411_6311494.jpg

ここはチャペルと図書館らしい。




そろそろマロニエの花が咲き始めました。
b0064411_633333.jpg


さあ、帰りましょう。 現実にもどります。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-04-16 06:34 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

Can Sentmenat公園

バルセロナの環状線ロンダの出口11番あたりに、三角屋根が2つ付いた建物が見えます。
ここがJardin Can Sentmenat。

b0064411_20432090.jpg

場所としては、オレネタ公園の東隣になります。
中に入ってみると
b0064411_2044135.jpg

建物は内部がきれいに改装され、今は美術学校として使われています。

b0064411_2047226.jpg

この建物にはさまざまな紋章が幾つも付いています。

b0064411_2153333.jpg


b0064411_2161118.jpg


b0064411_2163372.jpg


b0064411_2165855.jpg


ここの庭はきれいに造成されていますが
b0064411_2174331.jpg

石像のいくつかは首が無くてちょっと不気味

b0064411_218422.jpg


建物の横の階段を上がると、正面玄関の前と、その横にも庭があります。
b0064411_2113545.jpg


今はちょっと荒れた感じなのですが、この庭の奥、ほとんど人目の付かないところに
b0064411_21134144.jpg

こんなゲートがありました。何度もこの公園に来ていたけれど、今まで気が付かなかったのです。

わくわくしてそこを通り抜けると、そこはもうコルセローラの山に通じる自然公園でした。

そして、あたりに一面咲いていたのは、私の大好きなビンカ!
b0064411_21153710.jpg


b0064411_21155989.jpg

うれしくって、ずいぶんたくさん採りました。

そこでひょいと目に入ったのは

b0064411_21165397.jpg


ぼけてるけどわかりますか?野生のアスパラガスです。
春の山ではたくさん見つけることが出来るので、皆これを採りに山に行くくらいです。こんなところで見つかるとは。
これはちょっと開きすぎね。
b0064411_2118083.jpg


やっと12本採れました。後はいくら目を凝らしても見つからない。う~ん、一人3本ね(笑)。
サラダに入れようか、今日は野菜のパエリァにしようかな。

ということで、楽しい散歩でした。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-25 21:20 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

コルセローラの山歩き

昨日の土曜日はまぶしいばかりのお天気でした。それで、またバルセロナの北にあるコルセローラの山を歩きました。

今回は別のルート。松の多い山です。
b0064411_19284547.jpg

b0064411_19293267.jpg
時々びっくりするほど大きな松があります。


b0064411_19302696.jpg

ボーっと白く見えるのがアーモンド。
b0064411_19305641.jpg

あちこちに野生化したアーモンドの木があります。
b0064411_19312269.jpg
b0064411_19313253.jpg
b0064411_19314759.jpg
b0064411_1932186.jpg

ビンカの群生を見つけました。
b0064411_19324169.jpg

スミレもあちこちに可憐な姿を見せて。
b0064411_19331362.jpg

3時間あまりの山歩き、本当に心地よい疲れでした。

その後は、友人のトニアの家でお昼をご馳走になりましたがそのお話は次にね。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-26 19:35 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)

お花が一杯

いまどきの山はアーモンドの花でそれはきれいですが、他にも可愛い花が一杯です。

野原はもうすっかりグリーンで覆われていて、本当に春みたい… 
b0064411_7132057.jpg


ミモザは黄色がとても鮮やかで元気にさせてくれます。生垣にしている家がありました。
b0064411_7105529.jpg

b0064411_7112011.jpg


この花の名前はわからないkれど、、一杯咲いていました。
b0064411_7155263.jpg


カラスノエンドウ。私大好きなんです。一杯摘んできました。
b0064411_7162176.jpg


オレネタ公園に入るとこんな花が
b0064411_7173536.jpg

近くで見るととても可愛いんですよ。Madronyo(こけもも)です。
b0064411_718997.jpg


公園の中にある遺跡。そんなに古いものではないけれど、古くみえます。
b0064411_7194919.jpg

石に刻まれた年号。
b0064411_7204789.jpg

この広大な公園が全部庭だったのですから、大変な広さのな敷地です。このオレネタ城はどんな姿をしていたのか、資料が無いのでわからないのですが、内戦のとき、徹底的に破壊されているのです。 どんなファミリーが住んでいたのでしょう。

帰り道、こんな丸屋根がありました。
b0064411_7241687.jpg


この家、いつ見ても楽しい。
b0064411_742563.jpg


この家、可愛いでしょう。
b0064411_725123.jpg


この家は真ん中に仕切りがあって、2軒入っています。
b0064411_727034.jpg


話がそれちゃった… 今日は花のお話でしたね。

これも私のとても好きな花。ハーブの一種でFumariaという名前です。
b0064411_7284293.jpg

これは飾っておくと、種がぽろぽろ落ちて、それを蒔くと、ちゃんと芽が出て大きくなるんですよ。とても生命力がつよいんです。

お部屋にたくさん花があると、し・あ・わ・せ。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-21 07:34 | 花・植物 plantas | Comments(6)

アーモンド満開!!


カタルニァの名物ともいえるアーモンドが今満開です。どちらを向いてもアーモンドの花!
こんなにたくさんあるのかと驚くばかりです。

今日はオレネタ公園でたくさん写真を撮ったので、お花見してください。
b0064411_1515375.jpg
b0064411_152793.jpg
b0064411_1522159.jpg
b0064411_1523412.jpg
b0064411_1524761.jpg
b0064411_153131.jpg
b0064411_1531478.jpg

b0064411_1534319.jpg
b0064411_1535788.jpg
b0064411_1541050.jpg
b0064411_1542374.jpg
b0064411_1543714.jpg
b0064411_1545019.jpg
b0064411_155210.jpg

b0064411_1551577.jpg

b0064411_1552739.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-21 01:57 | 花・植物 plantas | Comments(2)

コルセローラの散歩

バルセロナの北に広がるコルセローラは、8000ヘクタールにわたる緑地帯で、1987年より国立公園になっています。 無数の遊歩道があり、一度山歩きをして見たいと思っていたのですが、今日やっとそれが実現。バルビドレラの友人宅の近くから歩き始めました。

近くに泉があるということなので、まずそちらに行く道をとりますと、
大きな木が道に何本も倒れていて通れません。別の道を行くと、こちらにも。
b0064411_1131337.jpg

仕方なく木の下をくぐって行きました。
先週の大雪と大風で、たくさんの木が倒れたのです。歩くところ歩くところ、そこらじゅうに木が倒れていて、大変な被害だったことがわかります。
b0064411_1145227.jpg

これは、去年のひどい水不足で木々がかなり乾燥していたこと、またこの地域は岩が多く、木が根を地下深くまで張ることが出来ないことが原因ですが、先週の雪や大風で、かなりの大木まで大変な数の木が倒れてしまったのです。

頭上高いところで引っかかって止っている木。危なっかしく宙で止っています。
b0064411_1175313.jpg


どんどん谷を下りてゆくと、目当ての泉、Fuente de Budelleraにたどり着きました。
ここは、1918 にJ.N. Forestierという建築家及び造園家が設計したものです。
b0064411_1231094.jpg


一番上の水が湧き出ているところは、おかしな顔が付いています。
b0064411_1224958.jpgこの顔、見覚えがあります。クリスマス劇「Els Pastrets(羊飼いたち)」にでてくる悪魔のお面そっくり!


この水は天然のミネラルウォーターなので、飲み水としてもちろんOK.
湧き出た水は、さらに下の段に流れてゆきます。
b0064411_1254187.jpg

そしてさらに下のほうに階段状に流れてゆきます。
b0064411_1261613.jpg


泉を後にしてまた山の中を歩きます。日が差して暖かくなりました。
b0064411_127292.jpg

ここにも根こそぎ倒された木が。
b0064411_128242.jpg

b0064411_1282699.jpg「尼僧のカーブ」という、道が大きく曲がっているところに広場があります。そこに十字架が立っていました。フランコが宣戦布告をした1836年、ここで5人の尼僧が銃殺刑に処せられた場所です。


b0064411_131988.jpg少し上のほうに上がってゆくと、石造りの建物、Villa Juanaがあります。カタルニァの有名な詩人、ヴェルダゲールの博物館になっています。ここのことはDrecomのブログに詳しく書きました。


その近くに立っている大きな木。樹齢400年の樫の木です。
b0064411_1375724.jpg

この木の近くに、コルセローラの観光インフォメーションセンターがあるのですが、その建物を建てるために今の場所に植え換えられたのです。それも、ドイツの巨大なクレーンを持ってきて、かかった費用が3000ユーロ。1987年のことです。そして、そこに建てた建物の建設費が60000ユーロだったそうです。

さて、また気持ちの良い散歩を続けましょう。
b0064411_1483546.jpg

コルセローラのテレビ塔が見えます。
b0064411_234926.jpg



b0064411_1501891.jpg

ティビダボもみえます。
b0064411_149169.jpg

ゆったりと、3時間あまりの山歩き。スペインにいるというより、ドイツにいる様な気分。気持ちの良い日でした。


↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-06 01:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera