タグ:展示会・展覧会 ( 126 ) タグの人気記事

ロベルト宮の展示会2

ロベルト宮のプレタポルテの展示会はちょっとがっかりでしたが、別の展示室に入ってみたら

b0064411_54731.jpg


ピカピカのHispano-Suizaの1928年製の車が

b0064411_549422.jpg


あまりにきれいだったので、写真をたくさん撮らせてもらいました。誰もいませんでしたからね。

b0064411_5494430.jpg


b0064411_550163.jpg


車にはあまり興味がないけれど、クラッシックカーは素敵だと思いますね。

b0064411_551080.jpg


b0064411_5512234.jpg


b0064411_5515343.jpg


b0064411_5522913.jpg


車だけうっとりと眺めて、説明は何も読みませんでした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-07-01 05:43 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(2)

ロベルト宮の展示会

グラシア大通りとディアゴナル大通りの角にあるロベルト宮
b0064411_822027.jpg


この建物は、1898年から1903年にかけて、ロベルト侯爵 Robert Robert i Surísの私邸として建てられました。
ロベルト氏は有力な貴族かつ投資家で、カタルーニャの政治家でもありました。

b0064411_8262026.jpg


b0064411_828308.jpg



現在この建物は、カタルーニャ政府の所有で、3つの展示室とコンサートホール、観光案内のオフィスが入っています。
b0064411_8254719.jpg

b0064411_829184.jpg

b0064411_8294629.jpg


貴族の館だったので、内部はなかなか素敵。
b0064411_832188.jpg
b0064411_8314344.jpg

b0064411_8331569.jpg

b0064411_8344147.jpg
b0064411_8342453.jpg
b0064411_8335919.jpg
b0064411_8334391.jpg


そのロベルト宮で、今バルセロナ プレタポルテ1958‐2008展をやっています。

b0064411_8392327.jpg


半世紀前のものからですから、推して知るべしとは思いましたけれど、実際に見たら、これがプレタポルテ?
・・・と思わず驚きの声。

b0064411_8405468.jpg

b0064411_8434383.jpg
b0064411_8432217.jpg
b0064411_843538.jpg
b0064411_8424752.jpg
b0064411_8422983.jpg
b0064411_8421192.jpg
b0064411_8415130.jpg


私の写真の撮り方も悪いし、展示の仕方もあまり良くないからかもしれないけれど、かなりがっかりでした。

b0064411_8455540.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-06-29 08:46 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
海洋博物館は今修復中だけれど、展示会はいくつもやっていて、ダーウィンの展示会の後は、昔の船旅の展示会を見ました。

b0064411_4535936.jpg


b0064411_4542711.jpg


昔はこんな小さな船で大海を航海したのだから、本当に勇気がなくちゃできないですね。
b0064411_4545439.jpg


ニノットと呼ばれる舳先の像。
b0064411_455593.jpg


b0064411_4562236.jpg

b0064411_53661.jpg
b0064411_524636.jpg

b0064411_501657.jpg


蒸気機関の発明で船はだんだん大型化し、大洋航海もポピュラーに
b0064411_4582720.jpg
b0064411_458533.jpg

b0064411_4573856.jpg


b0064411_4585363.jpg

b0064411_4594164.jpg
b0064411_4592585.jpg

b0064411_505639.jpg


b0064411_513074.jpg

b0064411_534415.jpg

ちょっと座ってみたい
b0064411_14445985.jpg


b0064411_55750.jpg
b0064411_544680.jpg


このミュージアムは昔の王立造船所だったので、建物がとても素晴らしいし、本当にゆったりしている

b0064411_57474.jpg
b0064411_561542.jpg


こんな素晴らしいガレー船もあるし
b0064411_5104359.jpg
b0064411_5102344.jpg
b0064411_595158.jpg
b0064411_593221.jpg
b0064411_591450.jpg
b0064411_585629.jpg
b0064411_583993.jpg
b0064411_58634.jpg


ミュージアムの前にある小さい家も船の形
b0064411_5115242.jpg


ジャカランダがきれい!!
b0064411_5122993.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-06-26 06:30 | ミュージアム museos | Comments(4)

ダーウィン展

海洋博物館に、ダーウィン展を見に行きました。

b0064411_6205922.jpg


b0064411_621252.jpg


b0064411_6223772.jpg


チャールズ・ダーウィンと言うと、いつもこの白髪の長いあごひげの肖像ですが、若いころ(31歳、1840年)はこんなに美形の若者だったのです。
b0064411_6244841.jpg


お父さんが、その地方の名医として有名なRobert Waring Darwin男爵, お母さんがSusannah Wedgwood、かの高名なウエッジウッドの創立者Josiah Wedgwoodの娘だそうですから、まさに銀のスプーンをくわえて生まれてきたのです。でなければ、当時、とてつもないお金のかかる5年もの旅行なんてできなかったでしょうね。

展覧会は、私はついあまり説明を読まないけれど、見ているだけでもなかなかおもしろく
b0064411_6325189.jpg


彼の旅行したビーグル号の船室まで再現してありました。
b0064411_6341594.jpg


b0064411_6361579.jpg

b0064411_6371197.jpg
b0064411_6365653.jpg


初めて渡った土地で見たものはどんなに驚きだったでしょう。

b0064411_6392240.jpg
b0064411_6391118.jpg
b0064411_639120.jpg
b0064411_6385113.jpg
b0064411_6384370.jpg


植物の標本もありました。
b0064411_640524.jpg
b0064411_6395680.jpg

b0064411_6411621.jpg
b0064411_641270.jpg


b0064411_6403268.jpg

b0064411_6414598.jpg

b0064411_642810.jpg


彼の住居の再現したものもありました
b0064411_642531.jpg

b0064411_6435829.jpg
b0064411_6432248.jpg

b0064411_6444220.jpg
b0064411_6442656.jpg


b0064411_645535.jpg


b0064411_6462514.jpg

b0064411_6454086.jpg


b0064411_6465529.jpg

b0064411_6472365.jpg

b0064411_6474518.jpg

b0064411_6483635.jpg

b0064411_6491886.jpg

b0064411_649491.jpg


なかなか面白い展示会でした。
b0064411_6495562.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-06-25 06:18 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
カタルーニャ州立図書館の展示会、最後は原画展、と言ったところでしょうか。

Ismael Smith 1911年
b0064411_5444364.jpg
b0064411_5442762.jpg


原画ってきれいなものですねえ

b0064411_5471678.jpg
b0064411_547124.jpg
b0064411_5463589.jpg


Francesc Riart
b0064411_5484819.jpg
b0064411_5482666.jpg


b0064411_548319.jpg


絵本

Lluisa Jover
b0064411_5495973.jpg
b0064411_549394.jpg


Josep Maria Madorell
b0064411_5512914.jpg
b0064411_5511086.jpg


Merce Llimona i Raymat
b0064411_5532029.jpg
b0064411_553384.jpg
b0064411_5524498.jpg


Merce Company
b0064411_5541654.jpg


Roser Capdevila
b0064411_5552523.jpg


b0064411_555174.jpg


Jaume Escala
b0064411_5564049.jpg
b0064411_5562493.jpg


Lluisa Jover
b0064411_5574598.jpg
b0064411_5572623.jpg


Teodoro Miciano 1947 リトグラフィー
b0064411_559192.jpg
b0064411_5584391.jpg


この本は
b0064411_5594647.jpg

版木を3枚使っています。
b0064411_605027.jpg
b0064411_603482.jpg
b0064411_601945.jpg


美しい銅板
b0064411_62219.jpg
b0064411_614051.jpg

b0064411_63270.jpg


b0064411_635572.jpg
b0064411_634123.jpg


結構たくさんのてんすうがありましたから、見ごたえがありました。
3月15日まで展示しています。

b0064411_65252.jpg


おまけ
b0064411_655729.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-03-09 06:42 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(2)
カタルーニャ州立図書館の展示会、続いて、19世紀の美しい原画がたっぷり見られました。

b0064411_52025100.jpg


b0064411_5212412.jpg


b0064411_521072.jpg


アールヌーボーの美しいデザイン
b0064411_5222575.jpg

こんな風につかわれています。
b0064411_5231718.jpg


Joaquim Renart(1870-1961)の原画(1904)と
b0064411_5242271.jpg

b0064411_5265229.jpg


実際に本 (Catalunya artistica)の中に印刷されたもの
b0064411_5235995.jpg


雑誌 Campana Catalana 1908年
b0064411_5275428.jpg


これもCampana Catalana
b0064411_5284818.jpg


この女性3人の絵は、有名なRicard Opissoの作品。
b0064411_5295792.jpg


Joaquin Renartの挿絵は、高名な詩人Joan Maragallの本に
b0064411_532871.jpg
b0064411_5314628.jpg


ワーグナーの「ワルキューレ」の紹介。1910年
b0064411_5332926.jpg

b0064411_5335196.jpg


こちらはMiquel i Planasの "El Purgatorio del bibliofilo"のための挿絵。1927年
b0064411_5361830.jpg
b0064411_536187.jpg


Orfeo Catalaの25周年記念の本のための挿絵
b0064411_5394333.jpg

印刷された本
b0064411_5402338.jpg

Orfeo Catalaというのは、カタルーニャで一番古いコーラスグループで、彼らのためにカタルーニャ音楽堂が建てられました。

つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-03-08 06:16 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
カタルーニャ州立図書館は、15世紀の初めから16世紀初めにかけて建てられた Hospital de Santa Cruz (聖十字架病院)の建物の中に入っています。

b0064411_4245346.jpg


この十字架は1591年に建てられたのですが、1936年内戦時に破壊され、1939年、全く同じものが再建されました。
b0064411_4264911.jpg


図書館の建物内部のことは、以前詳しく書いたので今回は触れませんが、今、図書館の下の展示会場で、本と雑誌のイラスト展をやっていて、興味があったので見に行きました。 これは風邪をひく前のはなし。


b0064411_4381595.jpg


中に入って聞くと、写真OKと言うので、全部撮りました。

イラスト展といっても、古いものはなんと16世紀のものからあるのです。

まずこれ。

b0064411_4411427.jpg

これはイソップ童話の本。

挿絵の版木があるんです。1576年。
b0064411_442743.jpg



オウムの絵
b0064411_4442047.jpg

版木
b0064411_4444959.jpg


こちらは1681年の版画の絵
b0064411_4455120.jpg


b0064411_4453850.jpg


「農業のコツ」 とよばれる Miquel Agusti (1560-1630)の本。 
b0064411_4483398.jpg


b0064411_4481753.jpg


ドン・キホーテ
b0064411_451321.jpg
b0064411_4504765.jpg


こちらもドン・キホーテ、
b0064411_4521642.jpg
b0064411_452389.jpg


こういう古い本がみられるのは本当に面白い

b0064411_4532396.jpg
b0064411_453070.jpg


18世紀から19世紀になると、銅版画が主に活躍します。
b0064411_4544344.jpg

こちらが銅版
b0064411_4553278.jpg


絵が格段に精巧になります。
b0064411_4564214.jpg
b0064411_4562725.jpg


綺麗ですね
b0064411_458358.jpg

b0064411_4583968.jpg


b0064411_4592216.jpg

反射して撮りにくい
b0064411_4595588.jpg


こんなのもありました。
b0064411_513376.jpg

これは版画ですね
b0064411_52555.jpg


こちらは Victor Balaguer(1824-1901)の ”Historia de Catalunya y de la Corona de Aragon"
1861年~63年に印刷されたもの
b0064411_551256.jpg

オリジナルの絵
b0064411_553955.jpg


同じ本
b0064411_562345.jpg

原画
b0064411_565238.jpg


こちらは19世紀の Ilustracion artisticaという雑誌(新聞に近い)
b0064411_583818.jpg

b0064411_510551.jpg

真ん中の男性は、若くして亡くなった天才画家、Mariano Fortuny
b0064411_511927.jpg


版木
b0064411_591951.jpg


続く

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-03-07 07:18 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
私はロエベのバッグの愛好者ではないけれど、今日はグラシア大通りにある ロエベ・ギャラリー に行って来ました。

b0064411_0152634.jpg


というのも、このギャラリーで、Pablo Genovésの写真展をやっているという記事を読んだからです。

b0064411_0175382.jpg


このギャラリーは、私などが入るのには気後れしてしまうような雰囲気なんですが・・・

b0064411_0183891.jpg


b0064411_017134.jpg


ギャラリーの人たちはとても親切で、展示会は上でやっていると教えてくれました。

b0064411_0193073.jpg


Pablo Genovésは、1959年、マドリッド生まれで、有名な画家Juan Genovésの息子。
1993年頃から国内外のギャラリーで個展を開いているということ。

今回は特に、美しいバロックの宮殿などの室内が水に使ったりしている合成写真なのですが、とてもインパクトがあります。

b0064411_024236.jpg
b0064411_02468.jpg
b0064411_0242027.jpg
b0064411_0242525.jpg
b0064411_0244048.jpg
b0064411_0244845.jpg
b0064411_025574.jpg
b0064411_025133.jpg
b0064411_0253164.jpg
b0064411_025385.jpg
b0064411_0255513.jpg
b0064411_026560.jpg


まあ、かなり面白かったですよ。

Loewe Gallery Paseo de Gracia 91 3月6日まで。

なお、ここに載せた写真はすべてロエベギャラリーおよび写真家のHPからお借りしたものです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2013-02-08 06:40 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(2)

Palau Mercaderのペセブレ

Palau Mercaderの入り口の奥に小さな窓口があって、おじさんが一人座っていました。
入場料は1.5ユーロ。

内部には、バルセロナペセブレ作家協会の人たちの作ったペセブレ(イエス誕生のジオラマ)が展示されています。

b0064411_8245517.jpg
b0064411_825331.jpg
b0064411_8252014.jpg


いずれも精巧に作られていてびっくり
b0064411_8262381.jpg
b0064411_8261193.jpg
b0064411_827143.jpg
b0064411_8264774.jpg
b0064411_827191.jpg
b0064411_827738.jpg
b0064411_8274138.jpg
b0064411_8273066.jpg
b0064411_828439.jpg
b0064411_8275267.jpg
b0064411_8282851.jpg
b0064411_8281756.jpg
b0064411_8285380.jpg
b0064411_8284238.jpg
b0064411_8291646.jpg
b0064411_829663.jpg
b0064411_8294687.jpg
b0064411_8293599.jpg
b0064411_8301275.jpg

細部まで素晴らしい!
b0064411_830392.jpg
b0064411_8303925.jpg
b0064411_8302662.jpg
b0064411_831324.jpg


b0064411_8311844.jpg
b0064411_8315282.jpg
b0064411_8314932.jpg
b0064411_8322512.jpg
b0064411_8322021.jpg

ペセブレを見ている子供たち
b0064411_8331249.jpg

人形は10cmくらい
b0064411_833471.jpg
b0064411_8341633.jpg
b0064411_8342979.jpg
b0064411_834428.jpg
b0064411_8345316.jpg
b0064411_835957.jpg


かなり見応えがありました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-12-22 05:52 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

CaixaForum Piranesiの展覧会

Giovanni Battista Piranesi( 1720年10月4日 - 1778年11月9日)は、18世紀イタリアの画家、建築家で、ローマの景観を描いた版画でも知られた人物。

ヴェネツィア出身で、1740年にローマに出て、ローマ教皇の支援を受けて古代遺跡の研究を進め、また版画を学び、ローマの古代遺跡や都市景観を版画に描き、『ローマの古代遺跡』『ローマの景観』などを刊行しています。
古代遺跡を描いたピラネージの細密な版画は、新古典主義建築の展開に大きな影響を与えました。

b0064411_51071.jpg
b0064411_512827.jpg
b0064411_521023.jpg
b0064411_532489.jpg



おびただしい作品が展示されていましたが、こちらでかなりの点数を見ることができます。
ただし、ちょっと奇妙な音楽が付いているので、音量は下げてください。





b0064411_541148.jpg
b0064411_544440.jpg
b0064411_55127.jpg
b0064411_55382.jpg
b0064411_56479.jpg



Piranesiのこの上の絵の中に入ってゆける素晴らしいビデオがYoutubeで見られます!



これ、何かを思い出しませんか? 

ショーン・コネリー出演の「薔薇の名前」の、修道院の中の図書室がこんな感じに無限に広がっていましたね。
それでまたあの映画を見たくなって、Youtubeを探したら、全部見られました。

それにしてもおびただしい作品の点数で、本当に見応えのある展覧会でした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-11-29 06:55 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera