タグ:展示会・展覧会 ( 126 ) タグの人気記事

これはしばらく前ですが、Caixa Forumで印象派 および近代絵画のフィリップス・コレクションを見に行ってきました。

b0064411_01362124.jpg

印象派の点数が多く、個人のコレクションですから、見たことが無いものも多く、なかなか楽しめました。

b0064411_01444494.jpg

b0064411_01493747.jpg


この絵はとても小さかったのでびっくり。
b0064411_01493780.jpg


b0064411_01444307.jpg

b0064411_01444250.jpg

大好きなデュフィがあったのはうれしかった。
b0064411_01362280.jpg


b0064411_01362252.jpg


b0064411_01362294.jpg


b0064411_01362282.jpg


b0064411_01362228.jpg


b0064411_01362241.jpg

素敵なモジリアニでした。
b0064411_01362209.jpg


途中にこんな部屋があって、子供たちがここで絵を描くことができるスペースです。面白い試み。
b0064411_01362220.jpg


壁には白い紙を貼った額がたくさんかけてあり、底に絵を描けるようになっているのです。作品は高いところに貼ってありました。
b0064411_01362137.jpg

b0064411_01421168.jpg


b0064411_01421187.jpg


b0064411_01421108.jpg


b0064411_01421154.jpg


b0064411_01421123.jpg


b0064411_01421137.jpg


b0064411_01421261.jpg


b0064411_01421249.jpg


b0064411_01444292.jpg


b0064411_01444213.jpg


b0064411_01493716.jpg


b0064411_01493812.jpg


b0064411_01493846.jpg


b0064411_01493830.jpg


b0064411_01493820.jpg


b0064411_01493890.jpg


b0064411_01493790.jpg


b0064411_01493771.jpg

b0064411_01515150.jpg


ゴッホ
b0064411_01515285.jpg


ドガ
b0064411_01515203.jpg

b0064411_01444265.jpg


b0064411_01444207.jpg


b0064411_01444339.jpg


b0064411_01444368.jpg


b0064411_01444391.jpg


b0064411_01421284.jpg


b0064411_01421035.jpg

ちなみに、フィリップス氏の家と室内
b0064411_01515129.jpg
ミュージアムのようですね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-06-20 01:33 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

日本一時帰国 川越3

川越の喜多院の近くに、ギャラリー「うつわノート」があります。
若きオーナー、松本氏が築80年の古い洋館を素敵なギャラリーにしていて、中を見るだけでも素敵な空間です。

ただちょっと見つけにくい場所なので、一度以前に行ったけれど、今回も迷いました。
b0064411_16174477.jpg

玄関
b0064411_16174476.jpg

b0064411_16210968.jpg


b0064411_16232022.jpg


今やっている展示会
b0064411_16174489.jpg

松本さんにお願いして、内部の写真を撮らせていただきました。

b0064411_16265619.jpg

b0064411_16174459.jpg



b0064411_16212793.jpg

b0064411_16174360.jpg


b0064411_16232156.jpg

b0064411_16174418.jpg


b0064411_16174326.jpg

b0064411_16232192.jpg

b0064411_16265680.jpg

b0064411_16232167.jpg

b0064411_16174496.jpg

和室もあります。
b0064411_16174488.jpg

本当にほっとするような空間。

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6  (交通案内・地図はこちら
営業時間: 11:00~18:00
不定休 (営業カレンダーでご確認ください)
問い合わせ先: 電話 / 049-298-8715   メール / utsuwanote@gmail.com
取扱い品: 作家ものの器、古物など


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-06-05 17:38 | 日本 Japon | Comments(0)
さて、Garriga iNogues邸のマフレ財団で見たのは、日本の杉本博司の写真展。
ここの掲載の写真は、財団のWebページからお借りしています。

b0064411_05002770.jpg
この写真を見たとき、まさに本人を直接撮ったように見えてぞくっとしました。

マフレ財団の展示室は4つに分かれていて、地階は「海景」で、世界の空と海。真ん中に地平線があるだけのシンプル極まりない風景。
以下、説明はWikipediaからの抜粋。

「人類が最初に見た風景は海ではなかっただろうか」「海を最初に見た人間はどのように感じたか」「古代人の見た風景を現代人が同じように見ることは可能か」という問題提起を立てている。
b0064411_04594473.jpg


b0064411_04594448.jpg
上の階で、闇の中の一本の和蝋燭が燃え尽きるまでを露光した『陰翳礼讃』。光の帯と影だけという写真の最小限のものだけを写し取った。
b0064411_04594449.jpg


b0064411_04594460.jpg


b0064411_04594446.jpg

「劇場」シリーズ。
アメリカ各地の古い劇場やドライブインを訪れ、映画上映中の時間フィルムを露光し、その結果真っ白になったスクリーンとスクリーンに照らされた劇場内部が写っている。時間の経過によって、「物語」という人為的な不純物の集積が光に蒸発したさまが撮られている。
b0064411_04594430.jpg


b0064411_04594435.jpg


b0064411_04594454.jpg
ジオラマ。
ニューヨークのアメリカ自然史博物館の古生物や古代人を再現したジオラマを撮ったもの。片目を閉じた「カメラの視覚」のもとでは、両目で見ると模型だと分かるジオラマが遠近感の喪失によりリアルに見える。精巧なジオラマを本物に見えるよう注意深く撮ったシリーズは、「写真はいつでも真実を写す」と考えている観客には一瞬本物の動物や古代人を撮ったように見えてしまう
b0064411_04594595.jpg


b0064411_04594484.jpg

ポートレート。
マダム・タッソー蝋人形館にある偉人たちや有名人たちの蝋人形を、16世紀の絵画をほうふつさせる照明で撮影し、あたかも生きた本人を撮影したかのような作品に仕上げた。これらのシリーズは、迫真性をもって撮りながらその写すものは偽物であるということを示す一方で、時間を超えた存在を写すという主題にもつながっている
b0064411_05002774.jpg


b0064411_05002843.jpg


b0064411_05002844.jpg


b0064411_05002701.jpg


b0064411_05002764.jpg


b0064411_05002886.jpg
ポートレートシリーズは、さすが圧巻でありました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-03-03 06:57 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(2)
カサ・ミラの展示を見てから、今度はロベルト宮の「カタルーニャの20世紀の女優達」展を見ました。

入り口のショーウインドーの展示がなかなか面白かったので、見て見たかったのです。

b0064411_06190885.jpg


b0064411_06190861.jpg


b0064411_06190869.jpg


b0064411_06190871.jpg


b0064411_06190893.jpg


b0064411_06190911.jpg


b0064411_06190854.jpg


b0064411_06190886.jpg


b0064411_06270695.jpg


展示会場は上の階
b0064411_06190899.jpg

ここはもとは個人のお宅だったのですから、華やかですね。
b0064411_06293708.jpg

肝心の展示は、かなりがっかり。何枚かのポスターと

b0064411_06270674.jpg


b0064411_06270622.jpg


b0064411_06270702.jpg


b0064411_06270747.jpg


b0064411_06270689.jpg


ステージの小さな模型が一つ
b0064411_06270641.jpg

扇が1個。それだけ。な~んだ。
b0064411_06313373.jpg


まあ、ロベルト宮をまた訪れられたのは良かったけれど
b0064411_06313331.jpg


b0064411_06313344.jpg

羊頭狗肉ってこのことじゃないですか?
b0064411_06313363.jpg

仕方ない、町の風景でも。

b0064411_06371173.jpg


b0064411_06371183.jpg


b0064411_06371142.jpg


b0064411_06371181.jpg


b0064411_06371118.jpg


ちょっと面白いランプ
b0064411_06372888.jpg


b0064411_06372828.jpg


b0064411_06372851.jpg


それにしてもいいお天気が続きます。もう95日も雨が降らない。
b0064411_06372869.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-02-11 20:16 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
2月7日は、カサ・ミラでやっている「モデルニスム」展の最終日だったので、かなり体調は良くなかったけれど行ってきました。

b0064411_06023557.jpg

展示会場のカサ・ミラ
b0064411_05585620.jpg

展示会場はパティオに付いている階段を上がったところ。
b0064411_05585623.jpg

内部は撮影一切禁止で、警備の人がしょっちゅう見回っています。
カサ・ミラのサイトから写真と動画をお借りしています。

まずこのビデオで大体お分かりになると思います。



建築、ステンドグラス、アイアンワーク、家具、タイル、モザイク、照明器具、リネン類、衣類、アクセサリー、ポスターと、多岐にわたってたくさんの展示物があって見ごたえがありました。

ガスパール・オマールの寄木細工の家具は素晴らしい
b0064411_05594516.jpg


b0064411_05594544.jpg

b0064411_05594546.jpg

b0064411_05594529.jpg

写真が小さくてよく見えないけれど、このドレス素敵でした。
b0064411_05594510.jpg

b0064411_05594646.jpg
個人像のコレクションが多かったので、見られてよかったです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-02-10 13:42 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

SETBA財団の展示室2

レイアル広場に面して建つ建物の中にあるSETBA財団、そのバルコニーからの眺め。
これが見たくてここに来たようなもの。

b0064411_06274584.jpg


b0064411_06274544.jpg

b0064411_06345363.jpg


b0064411_06345301.jpg


b0064411_06345391.jpg


b0064411_06454727.jpg


b0064411_06345356.jpg


向こうの建物の屋上にあるあの丸いものなんでしょうね。
b0064411_06454855.jpg


40年くらい前は、レイアル広場は非常に荒れていて、危険な場所だったので、不動産もひどく安くなっていて、その時かなり外国人が買ったんだそうです。
今はきれいになってとても素敵な広場になったので、良かったですねぇ。
b0064411_06345371.jpg

b0064411_06454854.jpg


向上みたいな煙突。横にあるのはバナナ園?
b0064411_06454737.jpg


b0064411_06454722.jpg
b0064411_06454733.jpg

さて、展示室に戻って、床のタイルを鑑賞。
b0064411_06534846.jpg


b0064411_06534999.jpg


b0064411_06534874.jpg


b0064411_06534898.jpg


b0064411_06534893.jpg


「手品」がテーマの展示
b0064411_06534865.jpg


b0064411_06534972.jpg


b0064411_06534935.jpg


b0064411_06534933.jpg

b0064411_06573502.jpg

b0064411_06573556.jpg


b0064411_06595106.jpg


b0064411_06573579.jpg


b0064411_06573570.jpg


b0064411_06573558.jpg


b0064411_06573691.jpg


b0064411_06573620.jpg


b0064411_06595131.jpg

b0064411_06573539.jpg


b0064411_06595139.jpg

b0064411_06595124.jpg


b0064411_06573523.jpg

b0064411_06595201.jpg

b0064411_06595104.jpg


b0064411_06595150.jpg


b0064411_06595186.jpg


b0064411_06595109.jpg
こちらも展示粒はあまり興味を引くものではありませんでしたが、建物を見られてうれしかったですね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-29 06:42 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

SETBA財団の展示室1

ここはレイアル広場。

b0064411_06081850.jpg


b0064411_06081897.jpg


b0064411_06081854.jpg


b0064411_06081826.jpg


b0064411_06081877.jpg

b0064411_06081862.jpg


b0064411_06081817.jpg


SETBA財団がこの広場の10番地にあるのですが、オスタルになってる…
扉の横の呼び鈴に小さく名前が載っているだけなのね。
b0064411_06091256.jpg


これは見つけにくいですよ。看板もないし。
ベルを押して、扉を開けてもらって入りました。

b0064411_06091251.jpg

ここも、展示物は全然期待していなくて、建物の内部を見たかったのね。
レイアル広場に面している建物に入るのは初めて。

b0064411_06155124.jpg


ちょっと素敵な階段
b0064411_06155139.jpg


b0064411_06155150.jpg


でも、まだぁ?
b0064411_06155182.jpg


b0064411_06155288.jpg


2階と行っても、日本の5階
b0064411_06155283.jpg


ぐるぐる、ぐるぐる、まだぁ?
b0064411_06155135.jpg


b0064411_06155199.jpg

やっと着いたら、お姉さんがドアを開けて待っていてくれました。
汗だくの私を見て、
「上着や荷物はその椅子の上にどうぞ。お水をお持ちしましょう」

と親切。

玄関ホール。昔は普通の住居だったようです。
b0064411_06391610.jpg

この方が財団の創始者かな?
b0064411_06391661.jpg

ここはノン・プロフィットの私設財団で、カタルーニャのアートと文化をプロモートする多目的のスペースなのだそうです。

見学者は私一人、説明を終わるとお姉さんは事務室に引っ込んでしまいました。
写真はOKということなので、たくさん撮らせてもらいました。

b0064411_06274528.jpg


真ん中にあるのは、「仕事とその家具」というテーマで、靴磨きの使う椅子や足台などが並べられています。そういえば、こういう靴磨きやさん、いつの間にか見かけなくなりました。
b0064411_06274501.jpg


b0064411_06391615.jpg

b0064411_06345316.jpg

b0064411_06274538.jpg

あ、この絵面白いかも
b0064411_06274560.jpg

b0064411_06274508.jpg


b0064411_06274577.jpg


b0064411_06274550.jpg

つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-28 06:58 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Drap Art展 2015

Drap Artとは、リサイクル品を使って様々な作品にしたもので、毎年楽しみにしている展示会。

会場はCCCB(カタルーニャ現代カルチャーセンター)

b0064411_07103848.jpg

真っ先にあった作品
曲げた小さいバスタブを口に見立て、足がついています。
b0064411_07103803.jpg

タイプライターを使ったロボットオブジェ
b0064411_07103833.jpg



b0064411_07103830.jpg



b0064411_07103911.jpg


この方は毎年古いアイロン台を使って作品を作っています。
b0064411_07103980.jpg


b0064411_07103945.jpg


b0064411_07103951.jpg


b0064411_07103937.jpg


b0064411_07145079.jpg

b0064411_07103858.jpg

b0064411_07145021.jpg


ウニみたいな。結構大きいんですよ。
b0064411_07145112.jpg



b0064411_07145116.jpg


b0064411_07145148.jpg


b0064411_07145163.jpg


b0064411_07145195.jpg


b0064411_07145172.jpg


b0064411_07145050.jpg

かわいい
b0064411_07161521.jpg


b0064411_07161581.jpg


b0064411_07161554.jpg


b0064411_07161580.jpg


b0064411_07161541.jpg


b0064411_07161597.jpg


b0064411_07161504.jpg


b0064411_07161568.jpg


b0064411_07161532.jpg

b0064411_07161525.jpg

b0064411_07191403.jpg


b0064411_07191480.jpg


b0064411_07191416.jpg


b0064411_07211105.jpg

もう少し工夫がほしいところ
b0064411_07191411.jpg


b0064411_07191404.jpg


b0064411_07191498.jpg


どっきり。
b0064411_07191462.jpg


b0064411_07191450.jpg



これはとても美しい写真でした。
b0064411_07211196.jpg


b0064411_07211109.jpg


b0064411_07211278.jpg


b0064411_07211201.jpg


b0064411_07211226.jpg



b0064411_07211293.jpg


b0064411_07211259.jpg


b0064411_07211218.jpg

b0064411_07235034.jpg


ガラスのコップやお皿を使った照明器具。なかなかきれいでした。
b0064411_07235197.jpg


b0064411_07235187.jpg

Drap Artのビデオ

また、Drap Artのショップも併設されていて、なかなか面白いものがたくさんありました。(上のビデオ参照)。

私はこんなバッグを買いました。
b0064411_07292152.jpg

b0064411_07292154.jpg


真ん中の四角いボタンを押すと、なんと電気がつくのです。中のものを探すのに便利。
b0064411_07292168.jpg

小さい電気が左右についていて、ボタンを押すと15秒間電気が点いて消えます。
b0064411_07292160.jpg
興味を持たれた方はこちら

とても丁寧な縫製で、よくできています。

そのほか、こんなランプもありました。
b0064411_07342059.jpg

b0064411_07381384.jpg
ユニークで楽しい!  http://www.drunic.com/ca/


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-23 07:07 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

Gaspar財団のギャラリー2

Gaspar財団の建物は15世紀の宮殿なのですが、内部は全面修復されています。

b0064411_05375111.jpg

展示室は、白い箱のよう。下の3枚の写真は財団のFBから。

b0064411_05375138.jpg


b0064411_05375146.jpg

b0064411_05375191.jpg


b0064411_05375172.jpg


b0064411_05375134.jpg


広い部屋に、ぽつん、ぽつんと展示物が。
b0064411_05430097.jpg


b0064411_05375156.jpg


b0064411_05475569.jpg


b0064411_05475526.jpg


b0064411_05430047.jpg


b0064411_05375112.jpg


b0064411_05430086.jpg


b0064411_05462952.jpg

b0064411_05462940.jpg


どちらかというと、窓の外の長めのほうが面白い
b0064411_05430004.jpg


b0064411_05430038.jpg

b0064411_05430069.jpg

b0064411_05430092.jpg


b0064411_05430008.jpg


b0064411_05430051.jpg


部屋の天井近くにある渡り廊下
b0064411_05430113.jpg


左右はどうなっているんでしょうね。トンネル?
b0064411_05462936.jpg

展示物にはあまり興味は持てなかったけれど、建物の中を見れただけで満足。
この日は入場料が1ユーロだったので行ったんですが、ほとんど人もいなくて、ゆっくり写真が撮れました。

近くの建物の入り口。これも15世紀くらいかも。
b0064411_05542218.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-21 07:35 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
Caixa Forumのもう一つの展示会、Charles le Brun(1619-1690)の 「ヴェルサイユ壁画のスケッチ展」も見ました。

b0064411_06421164.jpg

会場に入った途端、ヴェルサイユ宮殿に入ったようなしつらえにしてあって面白かったですよ。

b0064411_06412856.jpg

b0064411_06412930.jpg


b0064411_06443262.jpg

b0064411_06412885.jpg

b0064411_06412884.jpg


b0064411_06412874.jpg


b0064411_06412813.jpg



b0064411_06412879.jpg


b0064411_06412831.jpg

駆け足で2つの展示会を見た後、コンサートに行きました。
Caixa Forumの中には、コンサートホールもあるのです。

b0064411_06482454.jpg


b0064411_06482410.jpg
この日の演目は ヴィヴァルディのグロリア。

初めはL'Orfeo catalanの女性コーラスのみで4曲。指揮者も女性です。

Salve Regina Javi Busto(1949)
Aglepta Arne Mellnas(1933-2002)
Nit de Vetlla Cancion popular catalana
Let it shine Espiritual negro

曲目を見ると分かるように、現代音楽がほとんど。でもドッキリするような歌唱でなかなか面白かった。

続いてオーケストラ Orquestra camera musicae が入場(12人のバロックオーケストラ), みんな若い人がほとんど。男性はブラックスーツに白シャツ、フクシャピンクのネクタイ、女性はブラックでサッシュがフクシャピンク。全員が黒にフクシャピンクの入ったスニーカーを履いているのです。

b0064411_06523884.jpg
グロリアは私も何度となくコンサートで演奏しているのでとても懐かしかったのです。このオーケストラは歯切れのよい、とても素敵な演奏でした。指揮者はちょっと一人で演技しているような感じが無きにしも非ず。見ていると、オケの人たちは、第一バイオリンを見ているのですね。
ちょっと驚いたのは、コントラバスが背の高い椅子に座っていたこと。
今はそうやって演奏する人が多いんですか?まあ、他のメンバーもみな座っていたのですけれどね。
グロリアのソロパートは、コーラスグループから何人か出てきて歌ったのですが、こちらはどれもあまり好きではありませんでした。

久しぶりのコンサート、楽しかったです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ


by gyuopera | 2015-12-18 06:37 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera