タグ:フルート ( 23 ) タグの人気記事

先週の土曜日は、久しぶりにクワルテットのリハーサルをやりました。
ほかのメンバーは、みんな別のグループで演奏しているので、なかなか空いている日が一致しなくて、やっと集まったのは一カ月ぶりくらいでしょうか。

b0064411_03495243.jpg
b0064411_03495366.jpg

今、バッハの「音楽の捧げもの」全曲の練習中。
みんな上手ですから、すぐ響き出すのです。←これ、わかります?

まずチェンバロ(いつも使っているチェンバロの調子が悪いので、エレクトーンのチェンバロ音で弾いていますが)がゆっくりテーマを弾き始めます。

b0064411_03300086.jpg

そして、ちょっと憂鬱な音のビオラ・ダ・ガンバが入ってくる。
もうこの時から、音は響き出して、私はわくわくしてくる。
そして次がヴァイオリン。

フルートは一番最後に入るのですが、4人の音がぴったりとうまくあった時の興奮、というか、幸せな気持ちは何物にも代えがたい…

と言ってもそんなに長くは続かず、しょっちゅうストップして意見を交わしあうのですが。曲の終わりはどのように演奏するか特に熱心に話し合います。

♪ ♪ ♪

夢中で演奏して、気がつけばはや3時間が経過。
チェンバリストのエドは、ちょっと今体調が良くないので先に帰り、女性3人でもう少し練習。
b0064411_03300091.jpg
リハーサルの間中、猫のビッチーは私のジャケットの上でまったり
b0064411_03300087.jpg
思い切り演奏した満足感と疲れで、ちょっとめまいを覚えながらフニクラと電車を乗り継ぎ、家路に着きます。

b0064411_03495346.jpg
当然ながらもう夜9時過ぎ

b0064411_03300030.jpg


b0064411_03300040.jpg
b0064411_03300098.jpg
でも仲間と演奏した後の充実感と言ったら…!
もっと頑張ろう。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-12-12 06:20 | フルート flauta | Comments(5)
6月22日は音楽の日。バルセロナ中で様々なコンサートが行われましたが、私たちのオーケストラも、今期最後のコンサートをやりました。

場所はFrancesca Bonnemaison、
b0064411_3344885.jpg

もとは16~18世紀という古い建物を改装して、現在は図書館とカルチャー・センターになっています。

b0064411_337013.jpg

中は
b0064411_3363573.jpg

素敵なアーチがあって、上は昔の様子をしのばせます
b0064411_337549.jpg
b0064411_338881.jpg

b0064411_3401468.jpg


上の図書館の様子は、こちら⇒http://gyuopera.exblog.jp/11345242/

奥に入っていくと、新たに増築された部分があって、ホールがあります。
b0064411_3392431.jpg


結構素敵なホールです。
b0064411_340512.jpg


コンサート前のリハーサル
b0064411_3412640.jpg

b0064411_416360.jpg
b0064411_417111.jpg
b0064411_4165221.jpg

b0064411_342861.jpg

b0064411_14543438.jpg


ただステージはテアトロのためなので、音響効果はあまり良くありませんでした。音が全然響かない。

始めが私たちのオーケストラの演奏、次にコーラスグループ2つが歌い、最後に一緒に演奏。
b0064411_343034.jpg

コーラスのステージを幕間から

終わった後は、パティオでピカピカ(飲み物とちょっとした食べ物)

b0064411_3452434.jpg
b0064411_3454569.jpg

去年はかなりたくさん食べるものがあったのに、今年は予算がなかったのか、本当にちょっぴりだけ。
お水だけ飲んで帰ってきました(笑)。
b0064411_3463924.jpg


明日から夏が始まります。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-23 03:11 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

Vilanovaでコンサート

昨夜は、バルセロナから46キロほど南にあるVilanovaという町の教会でコンサートをしました。

まず、コンサートをする教会に着くまで大変でした。
オーボエのファンの小さな車で、指揮者のアンヘル、チェロのイレーネと私の4人でぎゅうぎゅう(チェロがありましたから)でVilanovaに着いたまではいいのですが、高速の降り口を間違えて、街の中をぐるぐる回る羽目に。
古い町で、中心街は道もまっすぐではありませんから迷路のようです。
通りがかりの人に聞くと、これから先は車が進入できないから、パーキングに停めたほうがいい、という勧めに従って、近くのパーキングに入れ、教わった通りに歩き出しました。

旧市街は古い建物がいっぱいあって面白い。

b0064411_2592638.jpg


b0064411_30269.jpg
b0064411_301588.jpg
b0064411_302465.jpg


このあたりまで来て、もう一度道を尋ねると、さっきの人とは反対方向だというんです。
仕方なく歩きました。

b0064411_314139.jpg


ああ、ここは見覚えがある広場
b0064411_321236.jpg

b0064411_32475.jpg


市庁舎広場でした
b0064411_332615.jpg
b0064411_334146.jpg


b0064411_335614.jpg


広場の端にあるこの家はCasa Olivella
b0064411_35980.jpg

1868年だそうです
b0064411_364669.jpg
b0064411_3711.jpg


広場を後にして
b0064411_372846.jpg


また歩く
b0064411_38365.jpg


日曜日なので人が多い
b0064411_384946.jpg

通りを4つくらい越して、と言われましたが、実際には7つありました。

やっと着きました。ずいぶんモダンな教会です。
b0064411_394173.jpg

チャペルではミサをやっていました。
b0064411_310842.jpg


裏側に回ると、中に入る口があって、音楽が聞こえてきます。
私たちの到着が遅かったので、指揮者抜きでリハーサルがはじまっていたのでした。

しばらくリハーサルをやり、コンサートが始まりました。
初めはコーラスが歌うので、私たちは後ろからこっそり見させてもらいました。
b0064411_3121039.jpg

体育館のようなチャペルです。

さあ、本番!
今回はっても落ち着いて演奏ができました。ソロパートも完璧。

終わった!
b0064411_3132541.jpg


まあ大変でしたけれど、コンサートは無事に終わりました。

そのあと、ピカピカ(食べ物を食べたり飲んだりする打ち上げパーティみたいなもの)があったんです。
この教会はもうしめるので、車で違う場所に移動するということでした。

もう9時半を回っていましたし、オーケストラのメンバーはほとんどが帰ってしまいましたが、私たち5人は残って、行くことにしました。

つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-04-02 03:17 | 旅行 viaje | Comments(2)
先週の金・土・日と、バルセロナ音楽大学ESMUCで、第二回フルートコンベンションがありました。

b0064411_234882.jpg


会場のESCUCはL'Auditoriに隣接した建物
b0064411_243755.jpg


世界中から演奏者・講演者など950人が参加、さまざまな講演会やコンサート、フルートコンテスト、マスターコースなどがあり、また27のフルートメーカーが展示販売をしました。日本のフルートメーカーが一番多かったと思います。
フルートコンテストで優勝したのは、16歳のフィリピンの男の子。イビサにすんでいて、このコンベンションのためにわざわざきたんだそう。

フルートメーカーは各教室に
b0064411_27599.jpg

プロもたくさん来ていますから、試すのにもちょっと気が引けて(笑)。

中でも面白かったのはプラスチックのフルート
b0064411_28168.jpg

私はうまく鳴らせなかったけれど、簡単に音が出るんだそうです。
b0064411_282812.jpg
b0064411_28358.jpg

でもね、ピンクや水色ののフルートなんてね。

ヨーロッパで高級フルートの修理ではナンバーワンのウエサワさんも、独自のフルートを開発して出品。
ちなみにお値段を聞いたら13,000ユーロくらいだそうです。

最後の日の夜はコンサートがあり、クラウディオ・アリマニー、工藤重典を始め、世界でトップのピッコロ奏者の演奏などがありました。

コンサートの後は、ウエサワさんご夫婦と、お食事をすることにしましたが、日曜日ではどこがあいているのか見当がつかなくて。

ままよ、とタクシーに乗り込むと、運転手さんに、セントロでおいしいところを教えてもらい、そこまで連れて行ってもらいました。タクシーの運転手さんって、結構安くておいしいところを知っているんですよね。

残念ながらカメラを忘れてしまい、携帯で撮ったのですが、

最初にウエサワさんが海鮮スープ、奥様がガリシア風タコ
b0064411_2174780.jpg


私はちょうど季節もので カルソッツ(焼きねぎ)を頼んだら、ちゃんと3人分の前かけと手袋を持ってきてくれました。

カルソッツは春の柔らかいねぎを直火で焼いて、その中を食べるのですが、外側は焦げているので手が真っ黒になります。レストランでは、服が汚れないよう、前掛けと、手袋を付けてくれるんですね。

で、こうやって上を向いてまっすぐ口に入れて食べます。この写真出すと悪いかな?
b0064411_2211075.jpg


その次はパエリァを頼みました。これはいま一かも・・・まずくはないけど。

b0064411_2215794.jpg


とても喜んでくださってよかった。楽しい夜でした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-03-29 16:58 | フルート flauta | Comments(2)
今日はFrancesca Bonnemaisonというところにあるホールでコンサートをしました。

場所はLaietanaからSan Pere mes baixaからちょっと入ったところ。

Laietana通りは大きな通りで立派な建物が並んでいます。
b0064411_5474839.jpg


b0064411_5483688.jpg


この大きな建物の間の小さな道
b0064411_5491862.jpg


ここ。以前この図書館に入ったことがありました。
b0064411_5495026.jpg


古い建物なのですが、奥に、モダンなホールがあったんです。

b0064411_5504555.jpg


Wow! 素敵じゃない?

ステージに立つと
b0064411_5524498.jpg


素敵な花まで飾られていて
b0064411_553152.jpg


ここはコンサートホールというより、演劇のためのホールらしい。でもいいですね!

リハーサルがはじまりました。今回は2つのコーラスグループと一緒です。

b0064411_5541135.jpg


リハーサルが終わって、開幕を待っているところ

b0064411_5551432.jpg


真っ先がVivaldiの2本のフルートとオーケストラのコンチェルト。
我々フルートは立って演奏せねばならず、ちょうどライトの下で汗をかきかきの演奏。でもよかったですよ。

それからコーラス
b0064411_5565246.jpg


オーケストラがコーラスの伴奏をします。
b0064411_5581515.jpg


ボンゴ
b0064411_558565.jpg


昨日のリハーサルが惨憺たるものだったのでかなり心配していましたが、まあまあじゃなかったでしょうか。

コンサートが終わると、中庭でピカピカです。 
(ちょっと飲んだり食べたりすること)

b0064411_603160.jpg


b0064411_605518.jpg
b0064411_611938.jpg
b0064411_614047.jpg


甘いものしかなくて残念
b0064411_621326.jpg


それでも何とか今日のコンサートも無事に終わりました。

後もう一つコンサートがあります。明日もまたリハーサル。

午後9時でもまだこんなに明るい

b0064411_664011.jpg


今日は音楽の日、あちこちでコンサートがあったようです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-06-22 05:50 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
今週の土曜日は私たちのオーケストラのコンサート。
今日と明日、続けてリハーサルです。明日は寄る8時から11時半まで、San Andreuのコーラスグループと一体の最終リハーサルになります。

今日もかなり熱心にやったんですが
b0064411_6234445.jpg


今日来なかった人が何人もいて、ちょっと気抜け。だって、チェロがいないんですもの。

仕方がないから、指揮のアンヘルがチェンバロ(電子オルガンの)を弾きます。
b0064411_6505346.jpg


ヴィヴァルディのグロリアのソリスタの一人、ソプラノのサラが歌います。
b0064411_6512087.jpg


クワルテットでも一緒のクララは、和がオーケストラではビオラと第二ヴァイオリンと両方を曲によって弾き分けます。2台も持ってくるの大変でしょう。ヴァイオリンが2台入るケースを探しています。

b0064411_6263295.jpg


コンサートはバルセロナ市のチャリティコンサートになるので、6ユーロの入場料を取るそうです。

お時間のある方、いらしてくださいね。

 日時;2011年1月29日(土) 19.00~

 場所; Parroquia de la Mare de Deu de Nuria c/Bon Pastor, 7-9
(DiagonalとMuntanerの交差点の近くで、Diagonalの北側、Muntaner とAribauの間にある短        い通りの、ピンク色の教会です)

PROGRAMA

   Vivaldi Concert per 2 flautes i orquestra RV533   
-Allegro molto
-Largo
-Allegro

G.F.Haendel Overture de l'ortori Esther
-Andante-Larghetto-Allegro

Arribal of the Queen of Sheba de l'oratori Solomon

G. de Marzi Signore delle cine Coral Sant Andreu

Vivaldi Gloria en Re major RV589

Canon de la Pau

http://www.corcremat.org/pdf/programa-de-ma.jpg
by gyuopera | 2011-01-28 06:47 | フルート flauta | Comments(6)
みんな楽しみにしている年2回のオーケストラ仲間の持ち寄りディナー、今回もバルバラの家で。

b0064411_16275855.jpg

みんなが揃うまで、一杯やりながら、チーズやオリーブをつまみます。
リビングの大きな窓からは素晴らしい景色が

b0064411_16315667.jpg


食べる前はまず演奏! 

トップバッターでバルバラのチェロとオーボエのフアン、私のフルートでテレマンのトリオ。

続いてヴァイオリンのエンリケとベロニカの二重奏
b0064411_16342779.jpg


b0064411_16354634.jpg


それをカメラに収めるバルバラ夫妻
b0064411_1635745.jpg


指揮者のアンヘルとエンリケの二重奏。
b0064411_16364578.jpg


まじめに弾いているんだけれど可笑しい。小学校の発表会みたいなんです。
b0064411_16384881.jpg


みんな合わせる時間が無かったんですもの、仕方なかったですね。聴くに堪える演奏はあまりなかったかも

b0064411_16402033.jpg


でもみんなおおまじめに演奏しました。だって、演奏しない人は食べるべからず!ですから。
特にこの日は演奏の質は問題じゃなくて、楽しむこと。

b0064411_1642985.jpg


b0064411_16423982.jpg


一番遅れてきたメンバーがそろって、さあ、次は食事!
b0064411_16432646.jpg


暑いので庭で食べることになりました。10時過ぎなので、空気もひんやりしてきました。
b0064411_16441110.jpg


特大のサラダボウルに入ったバルバラ特製サラダ
b0064411_16451048.jpg


みんなが持ち寄ったいろいろなお料理を食べられるのは楽しい
b0064411_1646235.jpg


b0064411_16463131.jpg


私が持っていったのは焼きそば。かなり好評でした
b0064411_16471053.jpg


最後にカバで乾杯
b0064411_16474513.jpg


b0064411_16482921.jpg


セナのあとはおまけがありました。この前のヴィヴァルディのグロリアのコンサートのcine! トニアが撮っていたのです。
b0064411_16495188.jpg


b0064411_16502655.jpg


自分の演奏している姿をあとから見るって、なんだか不思議な気分… 
b0064411_1652139.jpg


夜中の1時過ぎまで、たのしく過ごしました。

次回のリハーサルは9月半ば。みんなそれぞれにバケーションを楽しみます。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-07-24 16:59 | フルート flauta | Comments(18)
昨夜は音楽学校のコンサートでした。
いつもなら、ある程度前から曲を決めて練習するのに、今回は楽譜をもらったのが2日前。
まあそんなに難しいものではなかったから何とかなったんですけどね、もうちょっと早く下さい!
デュエットは当日、一回合わせたきりでした。

コンサートは夕方7時半から。私は最後なので、かなりのんびりで、待ち時間にMasumiとデュエットの「夜の女王」のアリアをやり、8時過ぎに行くと、まだあまり進んでいない。

クラリネットの演奏がかなり長くて。

b0064411_6251736.jpg


お子様も結構大きくて、社会的な地位もありそうなおじ様たちが、一生懸命演奏しているのを見るのは楽しいものです。
右のおじさまは定年退職してから始めたようです。みんな、時々ピィ~なんて変な音を出しながらも
頑張って演奏していました。
b0064411_6263549.jpg


それから延々、2時間、私たちが演奏したのは10時を回っていました。
聴衆はほとんど父兄でしたから、自分の家族の演奏が終わると帰ってしまい、私たちが演奏する頃は校長先生ご夫妻も帰ってしまい、5人しか残っていませんでした。

マルチェッロの短い曲を2曲、ブラームスの子守唄、最後にMasumi君と夜の女王のアリアを演奏しておしまい!
これを吹くと、スカッとする(笑)。

夜遅かったので、家までほとんど走って帰りました。フゥ! 

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-06-03 22:36 | フルート flauta | Comments(2)
雲ひとつないよいお天気になったある日
b0064411_6312317.jpg


ちょっとどこかに行きたいなという気分の日なのだけれど、午後からクァルテットのリハーサル。
これじゃどこにも行けません。とにかくこのグループは真剣なので、ばっちり練習してゆかないといけないのです。

4時半から8時まで、一度ちょっと休むだけで後はみっちり演奏。
最後に、フルートなしの演奏をやったので、聞かせてもらいました。

b0064411_6335474.jpg


演奏している時は真剣ですから、怖い顔になってしまう
b0064411_6343820.jpg


終わると、フニクラが不通なので、チェンバリストとヴァイオリニストをサリアの駅まで送ってゆきました。

実は動画を取ったのだけれど、みんなから公開はやめてくれ~!と言われたのでやめておきます。なかなかいい音だったんだけどなぁ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-25 00:08 | フルート flauta | Comments(6)
昨夜はオーケストラ仲間がバルバラの家に集まり、一品持ちよりで夕食会。

バルバラの家は一軒家で、台所もとても広々
b0064411_552347.jpg


オリーブオイルに別々のハーブをつけてあるオイルラック。トースターもかっこいい
b0064411_556484.jpg


この大きなサラダボール!直径が70センチくらい!
b0064411_5555477.jpg

だんだんみんなが到着し、料理が集まってきます。 奥の鶏手羽からあげが私の。
b0064411_558196.jpg


初めはちょっと何かつまんで
b0064411_5594053.jpg


演奏しない人は食べるべからず、ということで、トップバッターがバルバラと私
b0064411_624769.jpg

かなりミスしたけれど、だれもわからなかったッテサ
b0064411_6327100.jpg


それからヴァイオリンのエンリケとベロニカ
b0064411_653199.jpg

とにかく練習してないからネ
b0064411_671441.jpg


次にエンリケとミレーヤ。
b0064411_685093.jpg

彼女は大学卒業の最後の4か月、セネガルの寒村に滞在して、木の実からエネルギー源になるものを研究して、最近帰ってきたばかり。
b0064411_692333.jpg


そのあとは、家の最上階にある音楽室に移動。ここはもっぱら、バルバラのお嬢さんがバイオリンの練習に使っている
b0064411_6121326.jpg


b0064411_6123290.jpg


ソプラノのエレナがアンヘルの伴奏でアリアを一曲歌う
b0064411_6133239.jpg


最後にアンヘルがチェンバロの音で2曲
b0064411_6143115.jpg

もちろん彼の演奏が一番素敵だったことは言うまでもなし
b0064411_615340.jpg


さて、セナ!
b0064411_6155129.jpg

巨大なサラダがドーン!
b0064411_6163058.jpg

それが見る間に空っぽに
b0064411_617220.jpg


メインは鳥の空揚げ(私の)、そのあとにアンコウ
b0064411_61815.jpg

下に玉ねぎとジャガイモを敷いて一度天火で焼いて、上に魚を並べ、ホワイトソースをかけまた天火で焼いてある、とてもリッチな一品。
お皿のはじにあるのはカラ揚げの骨です
b0064411_6194511.jpg

デザートはフルーツと
b0064411_6201135.jpg

見かけは悪いけれどとびきりおいしいアップルパイ
b0064411_6205820.jpg


食べた後はまたみんなでワイワイ初見で演奏して、夜中の1時過ぎまで騒いでいました。
年に2回のセナ、本当に楽しい。

こっそり内緒で
by gyuopera | 2010-03-15 06:24 | 日々のこと cotidiana | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera