タグ:バルセロナ案内 ( 933 ) タグの人気記事

マジョルカ通り~~続き

昨日に引き続き、またマジョルカ通りに行きました。せっかくですもの、やっぱり展覧会を見たかったので。
今日はちゃんと住所と画廊の名前をメモして行きました。そこに着くまでに、ついつい素敵な建物に目が行っちゃって、なかなかたどり着けません。22年も住んでいるのに、まるで観光客のようです。上ばかり見て歩くので、首が痛くなっちゃいました。

b0064411_7385711.jpg

b0064411_7401217.jpg

こんな可愛い天使の付いた建物もあります。グラシア地区には悪魔の顔が付いた建物をいくつか見たけれど、この地区はもうちょっと優雅です。


b0064411_7432114.jpg

これはヘルメスですね。

b0064411_7442888.jpg

この教会は何様式だかわからないけれど、なんだかすごいミックスですね!


b0064411_7455578.jpg

ベランダの下もきれいな模様が付いています。
b0064411_7475553.jpg

ある建物の玄関のレリーフ。
b0064411_749341.jpg

これもちょっとすごいわね。
b0064411_7494934.jpg

昨日通りかかったときは小さなドアだけが開いていたけれど、今日は全開! 中もとても豪華でホテルみたい! 
b0064411_7505270.jpg

昨日入った画廊の前に、そこの女性が外でタバコを吸っていました。
「オラ!(こんにちは!)」
といったら、覚えていたのでしょう、
「オラ!」
と返事をしてくれました。昨日はずいぶん愛想が悪かったんですけどね。
b0064411_7534786.jpg

おー、この薬屋さん、素敵!
b0064411_7542719.jpg

バルセロナには素敵な薬屋さんがたくさんあるんですよ。

やっと見つけた画廊は、ランブラ・カタルニァ通りを挟んで向こう側にあったのです。
でもちょっぴり期待はずれでした。というのも、歩道のタイルの写真のように克明な絵だったのですが、そのほかの絵も、全部同じで、ただ落ちているものが、コーラの空き缶だったり、タバコの吸殻だったり、くらいの違いだけだったのです。それでも三分の一くらいの絵は売約済みでした。

画廊はちょっとがっかりだったけれど、素敵なインテリアのお店を見つけてしまいました。
そのことは別のブログでお話しましょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-15 08:02 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

マジョルカ通り

毎朝新聞を開くと、一番先に目を通すのが、今日の展覧会や催し物についてのニュース。
今日見つけたのは、Jordi Pratの写真展。名前は知らないけれど、出ていた写真が、町の歩道のタイルの写真。バルセロナの写真というと、有名な建物とかが多い中、これは日々目にする、ごく普通の、なんでもない写真でした。ちょっと見てみたいな、と思って、朝のお仕事の後出かけてみました。

ところが、肝心の住所を書いたメモを忘れてしまったのです。だいたいの位置は地図で見たのですぐわかると思いました。ところが、わからなかったんですよ。

そのギャラリーは、マジョルカ通りの、ランブラ・カタルニァ通りとバルメス通りの間にあるはずでした。一軒一軒見ていって、フォトギャラリーの看板は一つしか見つかりません。名前に覚えがなかったのですが、入ってみることにしました。
b0064411_5123031.jpg


通りから入ったとたん、別にドアで仕切られていたわけでもないのに、ふっと別世界に入ったような気分になりました。

こういうことがよくあるからバルセロナって楽しいんですよね。


b0064411_8105399.jpg


渦巻きのアイアン細工の優雅な手すりのついた階段が、緩やかに上に上がってゆきます。
上からは明るい光がさしこんで。色ガラスの明り取りの窓を通して建物の置くまで光が入ります。
b0064411_16175041.jpg

ちょっと街灯みたいな玄関のランプ
b0064411_813429.jpg

b0064411_8153922.jpg

階段下の管理人室はだれもいません。し~んと静まり返っています。にぎやかな通りから一歩入っただけなのに。

しばし呆然。素敵な空間。


フォトギャラリーは左の扉でした。おそるおそるドアベルを押すと、かなり長い時間がたってから女性が現れました。
写真を見たいというと、ドアを開けて入れてくれました。そして自分はさっさと別室に入ってしまいました。

b0064411_819563.jpg

これは中から撮ったドアです。外から撮るのを忘れちゃった。

写真は皆報道写真に近いもの、もしくはかなりアブストラクトなもので、新聞で見たものではありませんでした。
 じゃ、ここではなかったんだわ。

ギャラリーといっても、なんだか一般公開しているわけではないような感じでした。階段を下りると、下が本屋になっていて、そこから外に出ることができました。

それでは本当のお目当てのギャラリーはどこだったんでしょう。そのブロックをいったりきたりしたけれど、とうとうわかりませんでした。

でも、そのブロックだけで、素敵な建物が一杯!
b0064411_515259.jpg


ほら、とても素敵な扉でしょう?芸術品のような扉です。


b0064411_8252412.jpg

これもどっしりと素敵な入り口! あいていたからほんと、入ってみたかったわ~。


b0064411_838103.jpg

これは上の玄関のある建物です。


b0064411_82922.jpg

このアイアンの手すり、素敵。

角にはどっしりした柱が何本も立っている建物もありました。
b0064411_830383.jpg


お目当てのギャラリーは見つからなかったけれど、ふだんあまり歩かなかった通りをちょっと見れただけでも満足! ギャラリーはちゃんと住所のメモを持ってもう一度来ましょう。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-14 08:40 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

Santa Euraliaのお祭

ちょっと曇り気味の日曜日、ウォーキングに出かけました。
ミモザがあちこちで黄色い花をつけ始めています。今年は少し遅いようです。

この白い花は何かしら。アーモンドにしては白すぎるみたいだけれど...
b0064411_7575736.jpg


新しい家が建っています。いろいろな様式をごちゃ混ぜにした、ちょっとメルヘンチックな家。
b0064411_7594254.jpg


この真正面に見える小さな建物があるところはアメリカ領事館。広大な敷地で、その周りにずっとカメラが付いています。...手を振ったりして。
b0064411_81459.jpg


b0064411_8122160.jpg
こんなドッキリするような塔があります。これは前ご紹介したCasa Ponsichの庭にある塔ですが、今は修復中。窓のほとんどない、牢屋のような塔。



今日はかなりあるいたと思ったのに、やっと3500歩。

さて、お昼はセントロで食べることにしました。
市庁舎のあるサン・ハイメ広場を横切ろうとするとすごい人出です。
そうだ、今日はこの地区Santa Euraliaのお祭なのです。
b0064411_822681.jpg

b0064411_823275.jpg
人間Castilloをやっています。あまり面白いとも思わないけれど、お祭りというと、必ずこれをやります。市庁舎のバルコニーに立っているのは市長のクロス氏。今日は普段着です。


こんなに高くまで。最後に小さな子が一番上に登ると、皆いっせいに拍手。
b0064411_8254011.jpg


Laietana通りには若い人たちがお祭の音楽を演奏しています。置いてある人形は、ヒガンテといって、この中に人が入って、上から衣装をかぶせ、踊りながら町を練り歩く、お祭りというとでてくる出し物です。
b0064411_845084.jpg


あははっ、見て、この家の窓の狭いところに自転車が2台も、車輪を半分外に出して置いてあります。家の中じゃ邪魔になりますものね。
b0064411_8295679.jpg

おや、その隣の家には大きなバナナの木! 上の家に届いてますね。収穫は皆取られちゃうかも?

日曜日はお休みのレストランが多く、お目当てのレストランも閉まっていました。それで結局ランブラス通りにあるEgyptに行きました。いつもここは人で一杯ですが、2時前だったので座ることが出来ました。でもすぐ一杯になりましたよ。
日曜日、もっとレストランを開けてくれたら良いのに、と思うのは私ばかりではないでしょう。絶対たくさんお客さんが入るのにね。カトリックのスペインは、やっぱり日曜日はお休み!の観念があるんでしょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-13 08:36 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)

カタルニァ歴史博物館

カタルニァ歴史博物館は、19世紀末、倉庫として使われていた建物の内部をすっかりモダンに改造して、ミュージアムにしたものです。今、ちょうど私の大好きなRamon Casasのポスター展をやっているので行って見ました。

b0064411_153458.jpg

この地区はバルセロネタといって、海鮮レストランが軒並み並んでいます。お昼が近いので、良いにおいが漂っていました。
b0064411_155962.jpg

入ってすぐのホールが吹き抜けになっていて、上から光が差し込んでいます。19世紀の面影が残っているのは天井くらいです。

エスカレーターとエレベーター、階段のほかに、車椅子でもOKのゆるいスロープの廊下があります。
b0064411_158496.jpg

ミュージアムの2階は石器時代から古代ギリシァ・ローマ時代、そして中世から18世紀まで。3階が近代。展示してあるものはどれもとても面白かったので、全部ゆっくり見て歩きました。今回2回目ですが、一人で来たので、興味があるところはゆっくり見れました。でもこのことはあまりにも長くなるので、この次に書きましょう。

今日のお目当ての展覧会は、20世紀初頭に活躍したラモン・カサスのポスター展です。
b0064411_283880.jpgb0064411_285392.jpg
b0064411_2102971.jpg


b0064411_2111178.jpg
b0064411_2113651.jpg

b0064411_2115152.jpg



ラモン・カサスの人物画は本当に素敵で、たくさんの素晴らしい作品を残していますが、当時のポスターや雑誌の表紙絵などでも活躍した人でした。

ちょっとカリカチュアのようなものも描いていますが、このタンデムは、クワトロ・ガッツという芸術家の集まるレストランの壁画として今も残されています。もちろん本物は美術館にあります。
b0064411_2164967.jpg

この展覧会に出ていたわけではありませんが、私の特に好きな2点の油絵はの二つ。
b0064411_2225224.jpg

「入浴の前」
b0064411_2233721.jpg

"Interior aire libre"
下の絵は、ラモン・カサスの家です。グラシア大通りにあるビンソンという大きな雑貨屋さんがその家なのですが、2階に大変広いテラスがあり、その場所です。今でもここに行くことが出来ますが、この雰囲気がたまらなく好きで、このお店にいってテラスに上がるたび、この絵を思い出すのです。

ミュージアムの4階はレストランとバールがあって、テラスにでると、バルセロナのヨットハーバーが目の前でした。
b0064411_2285795.jpg

向こうに見える山のようなところがモンジュイックの丘。
お昼時間でしたからレストランはかなり一杯。でも息子も家にいることだし、やっぱり家に帰りました。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-12 02:34 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(2)

コンセプション通り

グラシア大通りからランブラ・カタルニァ通りに抜ける細い道、コンセプション通りには、ちょっと有名なTragaluzや、Bamboo(だったかしら)うレストランがありますが、そのほかは大体静かな住宅街です。この2つの目抜き通りの間にこんな静かな通りがあるのも、車が入らない私道だからなのでしょう。
どの家もきれいに修復され、100年以上経っているのにとても素敵です。今日は窓と玄関のドアに注目。
b0064411_7303271.jpg

1886年の文字が見えます。
b0064411_731595.jpg

b0064411_733116.jpg

なぜか右のドアだけ傷だらけ。ノッカーも楽しい。
b0064411_734444.jpg
b0064411_7342145.jpg
b0064411_7343696.jpg

いずれもすっきりと美しい玄関の扉です。
通りにはほとんど緑が見えないけれど、大きな中庭があって、木が生い茂っているところもありました。
扉やバルコニーを眺めながら、どんな人が住んでいるのかな、って想像するのも楽しいものです。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-11 07:38 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Ramon Moscardon

昨日の新聞に、Pares画廊で、私の好きなバルセロナの画家、ラモン・モスカルドンの展覧会が始まったとでていたので、これは絶対に見たい!と思って今日早速出かけました。

Pares画廊はバルセロナの老舗画廊で、ここの売れ行きで絵の動向がわかる、とも言われているほどです。ランブラス通りからちょっと入ったPetrixol通りにあるので、ボケリア市場や、雑貨屋さんに行くときいつもこの画廊に入って、何の展覧会をやっているかチェックします。

画廊のショーウィンドーに飾ってあるのは夕方のカダケスの風景。
b0064411_6215291.jpg

彼は好んでカダケスの風景を描きます。これもそうです。こちらは朝ですね。
b0064411_6223298.jpg

彼はバルセロナの町の中もたくさん描いていて、いつも彼独特の人物を一杯入れるのです。よくバールの風景を描いていますが、喧騒がこちらまで伝わってくる、楽しい絵が多く、絵からおしゃべりが聞こえてきそうです。
b0064411_6252290.jpg


b0064411_650314.jpg


モスカルドンは(訳すと大バエですが...)1953年生まれ。双子の弟ジョセップ・モスカルドンも画家で、こちらはほとんど風景画。とても素敵な絵が多くて、私も10年ばかり前、貯金を全部はたいて一枚買って持っています。

b0064411_18455275.jpg



Pares画廊のあるPetrixol通りには、壁にさまざまなタイルが張られています。今日はこんなのを見つけました。
b0064411_632496.jpg
 

ちょっとアップして見ましょうか。


b0064411_6331626.jpg

「Joan Magrina Sanroma, ダンサー、振付師。1936年に、この通りの1番地に彼のスタジオを作る」


b0064411_6414368.jpg

この通りは、は一階にちょっと素敵なお店や画廊、そして昔ながらのカフェなどが立ち並んで、なかなか魅力的な通りですが、上を見上げると、歴史のありそうな建物ばかり。内部がどんな風になっているのか、興味しんしんです。

帰りに、大きな文房具屋さんに寄って、治療用ベッドの上に敷くペーパーのシーツのロールを買いました。ふっと見上げると、怖い顔が並んでいます。
b0064411_646333.jpg

もうすぐカーニバル。扮装に使うのかしら。ちょっとぞっとしますね。
ついでに近くのボケリア市場にも寄り、大荷物で帰宅となりました。しっかり主婦!

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-08 06:49 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(6)

コルセローラの散歩

バルセロナの北に広がるコルセローラは、8000ヘクタールにわたる緑地帯で、1987年より国立公園になっています。 無数の遊歩道があり、一度山歩きをして見たいと思っていたのですが、今日やっとそれが実現。バルビドレラの友人宅の近くから歩き始めました。

近くに泉があるということなので、まずそちらに行く道をとりますと、
大きな木が道に何本も倒れていて通れません。別の道を行くと、こちらにも。
b0064411_1131337.jpg

仕方なく木の下をくぐって行きました。
先週の大雪と大風で、たくさんの木が倒れたのです。歩くところ歩くところ、そこらじゅうに木が倒れていて、大変な被害だったことがわかります。
b0064411_1145227.jpg

これは、去年のひどい水不足で木々がかなり乾燥していたこと、またこの地域は岩が多く、木が根を地下深くまで張ることが出来ないことが原因ですが、先週の雪や大風で、かなりの大木まで大変な数の木が倒れてしまったのです。

頭上高いところで引っかかって止っている木。危なっかしく宙で止っています。
b0064411_1175313.jpg


どんどん谷を下りてゆくと、目当ての泉、Fuente de Budelleraにたどり着きました。
ここは、1918 にJ.N. Forestierという建築家及び造園家が設計したものです。
b0064411_1231094.jpg


一番上の水が湧き出ているところは、おかしな顔が付いています。
b0064411_1224958.jpgこの顔、見覚えがあります。クリスマス劇「Els Pastrets(羊飼いたち)」にでてくる悪魔のお面そっくり!


この水は天然のミネラルウォーターなので、飲み水としてもちろんOK.
湧き出た水は、さらに下の段に流れてゆきます。
b0064411_1254187.jpg

そしてさらに下のほうに階段状に流れてゆきます。
b0064411_1261613.jpg


泉を後にしてまた山の中を歩きます。日が差して暖かくなりました。
b0064411_127292.jpg

ここにも根こそぎ倒された木が。
b0064411_128242.jpg

b0064411_1282699.jpg「尼僧のカーブ」という、道が大きく曲がっているところに広場があります。そこに十字架が立っていました。フランコが宣戦布告をした1836年、ここで5人の尼僧が銃殺刑に処せられた場所です。


b0064411_131988.jpg少し上のほうに上がってゆくと、石造りの建物、Villa Juanaがあります。カタルニァの有名な詩人、ヴェルダゲールの博物館になっています。ここのことはDrecomのブログに詳しく書きました。


その近くに立っている大きな木。樹齢400年の樫の木です。
b0064411_1375724.jpg

この木の近くに、コルセローラの観光インフォメーションセンターがあるのですが、その建物を建てるために今の場所に植え換えられたのです。それも、ドイツの巨大なクレーンを持ってきて、かかった費用が3000ユーロ。1987年のことです。そして、そこに建てた建物の建設費が60000ユーロだったそうです。

さて、また気持ちの良い散歩を続けましょう。
b0064411_1483546.jpg

コルセローラのテレビ塔が見えます。
b0064411_234926.jpg



b0064411_1501891.jpg

ティビダボもみえます。
b0064411_149169.jpg

ゆったりと、3時間あまりの山歩き。スペインにいるというより、ドイツにいる様な気分。気持ちの良い日でした。


↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-06 01:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)
ガウディ建築で有名なカサ・ミラで、今レンブラント展をやっています。
ポスターの絵がちょっと楽しかったので行ってみました。
b0064411_9353266.jpg


b0064411_9355840.jpgカサ・ミラはこんな風にみんな曲線で出来たユニークな家。


入り口のドアからしてこんな感じ。
b0064411_9383926.jpg

これはスターチスの茎を思い出しませんか。
b0064411_9441310.jpg

おや、結構混んでいます。後から後から人が入ってくる。
b0064411_9381238.jpg

入り口のすぐ脇にある木のドアがとても素敵。 その横のガラスに模様が入っているところは、管理人さんのいるところ。
b0064411_10205362.jpg

入り口を入ると飛行場のような荷物チェックの機械があって、持ち物をチェックされます。
すぐ奥にはパティオがあります。
b0064411_9403555.jpg

この天井がとてもカラフルできれいなのです。ちょっと見てください。
b0064411_9405490.jpg
b0064411_941108.jpg

b0064411_942252.jpg

壁もこんな具合です。
b0064411_9431143.jpg


展覧会は無料。今どこでもお金を取るのに、いいですね~。昔は居住ビザを見せればほとんどの美術館がただで見れたのですよ。

レンブラントの展覧会はすべて銅版画の小品ばかり、それもかなりの量がありました。

b0064411_1071975.jpg

b0064411_107395.jpg

b0064411_10104660.jpg


17世紀のこの画家の絵に出てくる人物は、とても表情に富んでいて、時々驚かされます。木の描き方も、色が付いていなくてもちゃんと緑を連想させる。

かなりたくさんの人が見に来ていて驚きました。ゆっくり説明を読めばよかったのですが、もうちょっとすいているときに出直して、じっくり見よう、と思いました。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-05 10:14 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(15)

Les Corts地区

私の住むLes Corts地区は、ディアゴナル大通りを挟んで上がいわゆるペドラルベス地区と呼ばれる高級住宅街、下のほうは庶民的な親しみの持てる地区になっています。

ディアゴナル大通りには、こういったモダンなオフィスビルやホテルが立ち並んでいます。
b0064411_6585685.jpg

私はちょうどこの反対側あたりに住んでいるのですが
b0064411_701460.jpg

このすぐ先にはデパートがあって、買い物や交通にはとても便利なところです。

波型のビルが3つ並んでいる、未来都市っぽい雰囲気ですが、これは結構古く、もう25年くらい経っているのではないかしら。
b0064411_742637.jpg

わりとこの景色も嫌いじゃないんです。
b0064411_751577.jpg

近代都市に住んでいる感じでしょ?

今日は食料品の買出し。ずっと週末寒くてでなかったので、今日はカート一杯買いました。それをこのショッピングカーと両手で全部運びました。よく運べたでしょう。主婦は強し!です。
b0064411_785349.jpg



ディアゴナル大通りから下の、オフィス街をぬけると、区役所があります。
b0064411_7104753.jpg

屋根には1884年の年号が見えます。古い建物をきれいに修復して、中はモダンで素敵なオフィスです。
b0064411_7122797.jpg


このあたりにはちらほら素敵な建物が見られます。b0064411_7133281.jpg
こんな風にガラス張りのテラスが付いているの、素敵。
下にギリシャレストランがありました。今度行ってみよう。


今日入ったのは、周りはあまりきれいなところではありませんでしたが、中は結構素敵な海鮮レストランでした。
b0064411_7182418.jpg

ここは喫煙席なので、あっさりしていますが、禁煙席のほうは、海や船のデコレーションが素敵でした。
私は海の幸のスープを頼んだのですが、ボーイさんはスープ皿に、キャセロールからスープを入れてくれるのですが、大きなレードルで4杯も入れたのです!
b0064411_7202321.jpg

2杯ぐらいでお皿のスープを入れる凹みがほぼ一杯になったのに、さらに入れるので、縁までなみなみでした。こんなに一杯飲んだら次が食べられない~~~。
のど元まで一杯!になってしまいました。ぶへ。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-02 07:31 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)
グラシア地区は、何度行っても迷路みたいでどうも道を覚えられません。行くたびにどこを歩いているのだかわからなくなってしまって。でもおかげでまたたくさんの素敵な建物を発見。最近は古い建物をみんなきれいにしているので、見違えるように素敵になりました。

まず、私のとても好きなデザインの街灯。
b0064411_641383.jpg

グラン・デ・グラシア通りには立派な建物がたくさんあります。


b0064411_6433936.jpg



b0064411_644149.jpg



b0064411_645666.jpg



b0064411_6453241.jpg



b0064411_646281.jpg



b0064411_6464694.jpg
トラベセラ・デ・グラシア通りに、こんな泉水を見つけました。この通りは車が多いので、長いこと気付きませんでした。


b0064411_64841.jpg
なんだか、こちらもゲェ~ってなりそうな絵ですね。1845年に作られたそうです。


b0064411_6491885.jpg

立体的水玉模様の家。大きなグリンピースが一杯くっついてるみたいな。


あっ、これ
b0064411_6504860.jpg

写真屋さんの壁に描かれていたんですよ。


この家はですね、
b0064411_711513.jpg

玄関の上に悪魔の顔が付いている!
b0064411_65357.jpg

バルセロナの建物は、一階がお店になっているところが多いのですが、大体が奥に細長いのです。


b0064411_741975.jpgこのお店もそうですが、ずーっと奥まで幾つも部屋を過ぎて行くと、


b0064411_76359.jpg

こんな色ガラスの入ったフレンチウィンドーがあって、パティオに出られるようになっています。とても広いパティオでびっくりしました。


b0064411_772499.jpg床にはきれいなタイルが張られています。

b0064411_781191.jpgランプが下がっているところもいいでしょう。


b0064411_792533.jpg

こんな素敵な覗き窓が付いているドアもたくさん。


b0064411_7111812.jpgこんなノッカーの付いている扉もよく見かけます。

グラシア地区はいつ来ても楽しい発見のある地区です。



↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-02-01 06:58 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera