タグ:バルセロナの建物 ( 646 ) タグの人気記事

フランス駅

バルセロナのフランス駅(Estacion Francia)は、1929年、アルフォンソ13世の時、前からあった古い駅を壊して建てられました。
当時は、スペインに入るには、フランスから列車に乗って入ってきたわけです。

b0064411_06131697.jpg


b0064411_06131675.jpg

バルセロナに来た当初は、日本から送られてきた荷物は、この駅まで受け取りに来たものでした。
今ではカタルーニャ駅とサンツ駅が主な列車の発着駅になり、こちらの駅は利用客がだいぶ減ったようです。
建物が素敵で、この構内で時々催し物があり、この日も、ナントカマーケットをやっていたので行ってみましたが、全然興味のないものばかりでした。

b0064411_06131609.jpg


b0064411_06131570.jpg

でもまあ、久しぶりに駅の写真でも撮りましょう。
ここのドーム型の天井が好き。
b0064411_06131703.jpg


b0064411_06131736.jpg


b0064411_06131798.jpg

b0064411_06131873.jpg

b0064411_06131561.jpg

b0064411_06210000.jpg


b0064411_06210077.jpg


b0064411_06210139.jpg


b0064411_06210021.jpg


b0064411_06210101.jpg


b0064411_06210108.jpg


エアープランツを売っていたので、一つ買って
b0064411_06205962.jpg


ポルシェを展示してましたけれど、車には興味無いし
b0064411_06210071.jpg

プラットホームのほうに行ってみました。
b0064411_06235793.jpg

この雰囲気、好き。こんな駅、映画に出てきますよね。
b0064411_06235760.jpg


b0064411_06235887.jpg


b0064411_06235802.jpg


b0064411_06235899.jpg


b0064411_06235971.jpg


b0064411_06235908.jpg


ちょうど列車が出てゆきました。ベルもならないんですね。
b0064411_06235982.jpg




b0064411_06235721.jpg


b0064411_06270653.jpg

外に出ると、カッと照りつける太陽でものすごく暑い。熱い。 右手はシウダデラ公園。
b0064411_06270718.jpg

駅は列車の出て行く方から見るとこんな風にトンネル風に見えます。
Wikipediaの写真から。
b0064411_06270729.jpg
飛行機より列車でどこかに行きたいな。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-06-12 06:09 | 建物 edificio | Comments(0)
3月11日は、私の所属するリコーダーオーケストラのコンサートでした。
風邪をひいてしまい、その前2日間はずっと寝ていて、当日もかなり具合が悪く、息子がやめなよ、と言ったけれど、やっぱり行きました。

場所はこの教会。La Iglesia de Padres Carmelitas Descalzos。


b0064411_07391409.jpg


b0064411_07391473.jpg

リハーサルは、別の入り口を入った奥にホールがあり、そこでやりました。
舞台には劇のセットが置いてありました。ここで劇も上演するんですね。音響は良くない。
b0064411_07391490.jpg

鼻が詰まってうまく息ができないので困りました。足の親指のわきをマッサージすれば鼻が通るとは知っていたのですが、人前で靴を脱いでマッサージするわけにはいかなかったので、手の中指の鼻の反射ゾーンを刺激すると、しばらくして鼻が通るようになりました。

本番は礼拝堂でやりましたが、教会のいかつい外見とは違って、とても素敵なんです。

素敵に写真を撮ってくださった方がいて、グループのHPに載せてくれたので、それをお借りします。

b0064411_07391331.jpg

b0064411_20170958.jpg

b0064411_20171039.jpg

b0064411_20170965.jpg

b0064411_20170911.jpg

b0064411_07433962.jpg


b0064411_07433956.jpg

b0064411_07433989.jpg

コンサートはまずまず。誰かが動画を撮ってくれました。一番初めの部分なので、ちょっとまだ本調子じゃなかったのですが。



演奏した後は、だいぶ気分がよくなりました。音楽の力かな?
それで終わってから礼拝堂の写真を撮りました。
こんな時でなくちゃ、祭壇まで登って写真なんか撮れませんもの。

b0064411_07483578.jpg


b0064411_07483579.jpg


b0064411_07483383.jpg


b0064411_07483366.jpg


b0064411_07483439.jpg


b0064411_07483382.jpg


b0064411_07483486.jpg


b0064411_07483590.jpg


b0064411_07483432.jpg


b0064411_07511111.jpg


b0064411_07511174.jpg


b0064411_07511205.jpg


b0064411_07511268.jpg


b0064411_07511222.jpg


b0064411_07511089.jpg


綺麗な天井
b0064411_07511028.jpg


b0064411_07511115.jpg


b0064411_07511179.jpg


b0064411_07522815.jpg


b0064411_07522855.jpg


b0064411_07522849.jpg


b0064411_07522822.jpg


床のモザイクも素敵です。
b0064411_07522914.jpg


b0064411_07522934.jpg
b0064411_07522900.jpg


b0064411_07522702.jpg


b0064411_07541725.jpg


b0064411_07541758.jpg


b0064411_07541626.jpg


b0064411_07541745.jpg


b0064411_07541715.jpg

b0064411_07522772.jpg

ちょっとアラブ風な感じがしなくもない教会ですね。1957年だそうです。
こんな素敵な教会で演奏できてよかった。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-03-12 21:39 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

カサ・ミラ

カサ・ミラはガウディ設計で1906年~1910年の間に建てられた集合住宅で、言わずと知れたバルセロナの人気観光スポットの一つ。

b0064411_21134498.jpg

そのミステリアスなパティオや
b0064411_21134460.jpg


b0064411_21151568.jpg


b0064411_21134318.jpg


b0064411_21134781.jpg


b0064411_21134909.jpg

楽しい屋上など、魅力いっぱいですが
b0064411_21135111.jpg

私がバルセロナに来た33年前くらいはこんな感じで、あまり魅力的とはいいかねました。
b0064411_21180731.jpg

1960~70年代の写真にちかい。
b0064411_21180780.jpg

カサ・ミラの建設中の写真が見つかりました。
b0064411_21212119.jpg


1907年
b0064411_21212143.jpg


1908年
b0064411_21212132.jpg

完成したときの書類
b0064411_21212235.jpg

1911年、完成直後
b0064411_21212280.jpg

こういう時代にこんな建物を建てるって、依頼人も進んでいたんでしょうね。


1915年
b0064411_21212282.jpg

1932年
b0064411_21212389.jpg

一時はこのくらい汚れていたのですね。
b0064411_21264345.jpg
ユーレイ屋敷みたい。

今では一軒全部を当時のインテリアにして見学できるようになっていますし、30年間に2、3度、徹底的に表面を洗ったりする工事があって今はきれいになってよかった良かった。

ところで、ちょっと変わった記事を見つけました。
ガウディは、ニューヨークから依頼があったのか、ホテル・アトラクションというのを設計しているのです。多分、下絵だけだと思いますが。
b0064411_21325423.jpg


エッフェル塔よりも高くなる予定だった
b0064411_21325332.jpg

完成していたらこんな風景になっていたのでしょう。
b0064411_21325388.jpg
b0064411_21325496.jpg
マンハッタンの風景も少し違うものになっていたのでしょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-02-24 21:10 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
聖エウラリアのお祭りで、市庁舎が公開になりました。
私はもう何度も入っているけれど、友人のサルバはバルセロナっ子なのに(でも70歳くらいの男性)、仕事以外(彼は建築家です)入ったことが無いというので、じゃ一緒に行きましょう、ということになりました。

市庁舎の横の入り口はかなり長い列ができていて、それでも10分くらいで入ることができました。
黒い階段を上って、まずクロニカ(年代記)の間(1929年)へ。Josep M.Sertの圧倒的な壁画があります。

b0064411_06190923.jpg


b0064411_06190958.jpg


b0064411_06190964.jpg


b0064411_06230178.jpg


b0064411_06191050.jpg


b0064411_06191030.jpg





b0064411_06230202.jpg

b0064411_06190820.jpg

b0064411_06230260.jpg


b0064411_06230354.jpg


b0064411_06230308.jpg


b0064411_06230318.jpg


この方が、セールトの絵について説明をしてくれました。
b0064411_06230331.jpg


例えば、この人物は、部屋の右側から見て、絵を見ながら部屋の左側に歩いていくと、足がこちらに歩いて来るように見えること
b0064411_06190854.jpg


b0064411_06230181.jpg


個の天井画の、燃える大きな木を投げ落とそうとしている人物があるが、部屋の反対側から見ると、そんなに大きく見えないとか
b0064411_06230153.jpg


b0064411_06230210.jpg


話を聞くと、なかなか面白いものです。

つづいていくつか壁画のある部屋を通ります。

ラモン・カサスの絵があります。
b0064411_06330962.jpg

半円形のSalon de la Reina Regente(1860年)、女王マリア・クリスティーナ
b0064411_06330663.jpg


b0064411_06330737.jpg


b0064411_06330887.jpg


明り取りのステンドグラスがきれい
b0064411_06330998.jpg


b0064411_06330868.jpg


b0064411_06330781.jpg

つづいて100人のま(1369-1373年)。この部屋は古いです。
b0064411_06330923.jpg

b0064411_06403362.jpg


このプレートはアラバスターだそうです。
b0064411_06403318.jpg


グレミオの紋章が並んだモザイクの床
b0064411_06403205.jpg


ゴシックの回廊(1577年)
b0064411_06403477.jpg


b0064411_06403465.jpg


壁が全部寄木細工の絵(1958年)
b0064411_06403487.jpg


立派な時計があります。
b0064411_06403400.jpg

b0064411_06403259.jpg


b0064411_06403202.jpg

カルロス三世の間(1929年)では、当時の衣装を着けた女性が
b0064411_06474493.jpg
同行のサルバが、
「機会があれば、あの当時の衣装を着けて、やはりあの当時の衣装を着けた娘と踊りたい」
バルセロナって、貸衣装やさん、無いのかな?

次の小さな部屋にあった家具
b0064411_06474663.jpg

右扉の絵が、クスコ派の絵によく似ているんです。
b0064411_06474576.jpg

古い家具ですが、描かれた絵がいずれも色鮮やか。
b0064411_06474529.jpg


b0064411_06474525.jpg


この眺めも素敵
b0064411_06474651.jpg


b0064411_06474438.jpg
サルバはとても気に入ったようでした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-02-17 07:12 | 建物 edificio | Comments(0)

アルス図書館見学2

アルス図書館の奥の図書室
b0064411_08120208.jpg

b0064411_07570815.jpg


b0064411_07570870.jpg


b0064411_07570860.jpg

b0064411_08120221.jpg

b0064411_08120116.jpg

b0064411_08120252.jpg


b0064411_08120169.jpg


b0064411_08120100.jpg


もう一度入り口のホールに戻り、
b0064411_08120209.jpg

びっしり展示ケースの並んだ廊下を奥へ
b0064411_08171548.jpg


b0064411_08120009.jpg


b0064411_08120125.jpg


b0064411_08171588.jpg


b0064411_08171650.jpg


b0064411_08171622.jpg


ここは講義室かな?
b0064411_08171601.jpg

その左奥に、素敵な部屋があるのですよ。一般見学者は立ち入り禁止でしたけれど。
b0064411_08214550.jpg

こういう雰囲気大好き
b0064411_08171744.jpg

b0064411_08171712.jpg

b0064411_08214678.jpg

b0064411_08214649.jpg

b0064411_08214633.jpg


b0064411_08214496.jpg

b0064411_08214726.jpg


b0064411_08214734.jpg

b0064411_08214530.jpg

b0064411_08171424.jpg
なかなか素敵な図書館でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2017-02-12 08:06 | 建物 edificio | Comments(0)

アルス図書館の見学1

今日から、サンタ・エウラリアのお祭りが始まりました。サンタ・エウラリアはバルセロナの副守護聖人で、カテドラルはサンタ・エウラリアを祭っています。
14歳で殉教したので、このお祭りは子供のお祭りでもあり、たくさんのヒガンテ(巨人人形)が町を練り歩きます。

お祭りの一環で、普段は入れない建物の見学ができるので、今回はリストの中から、アルス図書館を選びました。
1895年、Rosendo Arus氏の、自分の住んでいた家を図書館にするようにとの遺言で創立されました。当時としては非常に近代的なな図書館だったそうです。

ディアゴナルからサン・ファン大通りを下がっていきます。
どんよりとしたお天気ですが、素敵な建物を見ていると気分が晴れます。
b0064411_07272443.jpg


b0064411_07272330.jpg


b0064411_07272561.jpg


b0064411_07272509.jpg


b0064411_07272216.jpg


b0064411_07272418.jpg


b0064411_07272435.jpg


b0064411_07272360.jpg


b0064411_07272368.jpg


b0064411_07272490.jpg

b0064411_07360976.jpg


b0064411_07444687.jpg


b0064411_07444741.jpg

こちらがその図書館。
b0064411_07444685.jpg

b0064411_07444660.jpg


このカンテラが目印のようです。結構大きい。
b0064411_07444556.jpg


b0064411_07444531.jpg

門を入ると、モザイクタイル
b0064411_07444564.jpg


b0064411_07444553.jpg


なんだか神殿に入っていくような雰囲気
b0064411_07483365.jpg


あれがアルス氏の胸像でしょう。
b0064411_07444432.jpg


b0064411_07483384.jpg


入り口のモザイク 「救いたまえ」
b0064411_07444792.jpg

で、入り口に立っているのは、自由の女神ではありませんか。どうしてここに?
b0064411_07483156.jpg

b0064411_07483246.jpg

b0064411_07483126.jpg

その奥の部屋は・・・素敵です!
b0064411_07483162.jpg

b0064411_07570804.jpg

b0064411_07570986.jpg


b0064411_07570938.jpg


陳列ケースの中にあった古いめがね!
b0064411_07570955.jpg


b0064411_07571059.jpg


b0064411_07570760.jpg


つづく


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-02-11 07:16 | 建物 edificio | Comments(0)

Casa Burés(ブレ邸)

バルセロナのアイシャンプレ右地区、アウシアス・マルクとジローナ通りの角にあるブレ邸が、今ちょっと話題になっています。

b0064411_07191044.jpg

この建物は、1905年、Miquel Pascual と Francesc Berenguerの設計で建てられた7000平米の5階建ての建物で、2005年に閉鎖されて以降、かなり荒れてしまったのですが、バルセロナ市が建物を購入、それをカタルーニャ政府が買ってミュージアムにしようとしましたが、資金が無く結局英国ロックフェラーメンバーの Europa Capital Partnerが安く購入、内部を改装して、26軒のデラックスマンションとして発売しました。現在、まだ修復中ですが、すでに40%は売れているそうです。

その記事が最近新聞に載っていたので、ちょっと興味を持ちました。
b0064411_07325559.jpg

ググってみましたらたくさんの写真が見つかりました。

エントランス

昔は馬車で入ったので広いですね。
b0064411_07191070.jpg

b0064411_07191026.jpg


b0064411_07191127.jpg


b0064411_07191215.jpg


b0064411_07191352.jpg

b0064411_07191272.jpg

b0064411_07384530.jpg

階段と明り取りのステンドグラス
b0064411_07384497.jpg


b0064411_07384454.jpg


b0064411_07384304.jpg


b0064411_07384681.jpg


b0064411_07384694.jpg


b0064411_07384508.jpg


b0064411_07384343.jpg


b0064411_07413776.jpg


b0064411_07413737.jpg


b0064411_07413896.jpg


b0064411_07414656.jpg

壁のレリーフの一部
b0064411_07414636.jpg


b0064411_07414607.jpg

キッチンのオリジナル家具
b0064411_07415394.jpg

オリジナルタイルの床
b0064411_07191382.jpg


天井画
b0064411_07191388.jpg

ゲームの部屋、と呼ばれる大広間。かつてはヘンゼルとグレーテルの部屋と呼ばれていました。
b0064411_07441368.jpg


b0064411_07441479.jpg


b0064411_07441453.jpg


b0064411_07441374.jpg


b0064411_07441468.jpg

一体どんなマンションなのでしょう? 
写真を見ると、様々な広さで間取りもみな違うようです。一番広いのがロフトで322平米もあるんだそうです。プールやジムもあるんだそうです。

売り出しのマンションの写真をお借りしてご紹介。

b0064411_07505867.jpg


b0064411_07505951.jpg


b0064411_07505966.jpg


b0064411_07505930.jpg


b0064411_07510012.jpg


b0064411_07505988.jpg


b0064411_07505985.jpg


b0064411_07505702.jpg


b0064411_07505890.jpg
b0064411_07505815.jpg


b0064411_07523229.jpg


b0064411_07523217.jpg


b0064411_07523132.jpg


b0064411_07523257.jpg


b0064411_07523159.jpg

あまり私は住みたいと思わないのですが、売れた40パーセントの購入者の中には、あの歌手のマドンナもいるのだそうですよ。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-02-07 07:03 | 建物 edificio | Comments(0)

宮殿ブティック

ポルタフェリッサ通りのこの建物は、Palau 何とかと言って、18-19世紀に建てられた豪邸でした。
b0064411_04064335.jpg

その後は放置されて、やがて一階部分に、右側に老舗のチョコレート屋さん、左側に切手屋さんが入っていましたが、維持が難しくなって閉店。つい最近、ここに新しいお店が入ったと聞いて行ってみました。

安っぽい、若者好みの商品が並んでいるお店でした。
お店の中にアーチがあったりして、遺跡風。
b0064411_04064352.jpg

昔の建物は、一階は馬車が入るようになっていて、奥が車庫や厩、使用人の住むスペースで、家の人は上の階に住んでいましたから、上に行けば何かみられるかも?
b0064411_04064339.jpg

階段を上ったところの天井を見てびっくり。

b0064411_04064446.jpg

色も鮮やかな天井画が!

b0064411_04064470.jpg

b0064411_04064442.jpg


b0064411_04064426.jpg


b0064411_04064555.jpg


b0064411_04064572.jpg


b0064411_04064254.jpg

b0064411_08033106.jpg


並んでいる安物衣料との対比がはなはだしい。
b0064411_08033178.jpg


b0064411_08033185.jpg


b0064411_08033122.jpg


b0064411_08033273.jpg


b0064411_08033236.jpg


b0064411_08033285.jpg


b0064411_08033317.jpg


b0064411_08033322.jpg


b0064411_08033033.jpg

b0064411_08051907.jpg


b0064411_08051983.jpg


b0064411_08052025.jpg


b0064411_08051949.jpg

あまり好みの絵ではなかったけれど、でもかなりびっくりでした。
この家に住んでいた人たちはどこに行ってしまったのでしょうかね。
それにしても、並んでいる衣料はかなりひどいものでした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-01-15 07:44 | ショップ tiendas | Comments(2)
Seminari Conciliarの建物の中にある礼拝堂に入ってみました。

b0064411_05171760.jpg


b0064411_05171852.jpg



b0064411_05171938.jpg


b0064411_05215327.jpg


上のステンドグラスを通して光が入ってきます。

b0064411_05171990.jpg


b0064411_05171897.jpg


b0064411_05215286.jpg



b0064411_05215365.jpg



b0064411_05215233.jpg


あまりに美しくてしばらく見入っていました。


b0064411_05215323.jpg


b0064411_05215254.jpg

b0064411_05215113.jpg



b0064411_05215145.jpg



b0064411_05215106.jpg

b0064411_05250845.jpg


b0064411_05250897.jpg


b0064411_05250909.jpg


b0064411_05250969.jpg



b0064411_05250928.jpg


b0064411_05250685.jpg


b0064411_05250621.jpg


b0064411_05250712.jpg


b0064411_05250766.jpg


b0064411_05250786.jpg


b0064411_05265527.jpg


b0064411_05265520.jpg


b0064411_05265619.jpg


b0064411_05265586.jpg

これでGran Via通りの建物の見学会が終わりました。
バルセロナ大学で、記念写真を撮りました。
普段は入れないところも見れて、とても興味深いコースでした。

b0064411_05290359.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-01-11 07:00 | 建物 edificio | Comments(0)
Gran Via沿いの建物めぐり、最後は Seminari Conciliarに行きました。
ここは1882年、Elies Rogent設計で建てられた建物。今まで見てきた装飾一杯の建物とは正反対の、質素で謙虚な建物です。
Seminari Conciliarは、神父養成学校で、創立はなんと1545年。16世紀なんですね!
設立当初から1772年までCasa de Misericordia(慈悲の家)の中(いまのMACBAやCCCBがあるところ)にあり、その後、ランブラスのベレン教会の中に1882年まであり、
最後にこの場所に移ったのです。設計者はバルセロナ大学の設計をした同人物。窓の漢字などが似ています。

b0064411_04515018.jpg


b0064411_04515064.jpg


b0064411_04514994.jpg

b0064411_04514706.jpg


ガイドさんが、見学の許可を取ってくれました。
b0064411_04514852.jpg


b0064411_04514735.jpg


b0064411_04514951.jpg


b0064411_04514867.jpg


b0064411_04514905.jpg


エントランスホールは、本当にそっけないくらい飾りの何もない空間。
b0064411_04542193.jpg

b0064411_04542026.jpg


b0064411_05012835.jpg


b0064411_05012831.jpg

硝子戸越しに回廊が見えます。ここは好きに見学していいそうです。

b0064411_04542102.jpg

b0064411_04542169.jpg


綺麗に手入れされたパティオ
b0064411_04542109.jpg


b0064411_04542279.jpg


b0064411_04542262.jpg


b0064411_04542274.jpg


あら、向こうにもパティオがあります。
b0064411_04541955.jpg


b0064411_04542058.jpg

b0064411_04580595.jpg


b0064411_04580583.jpg


b0064411_04580641.jpg



b0064411_04580714.jpg


b0064411_04580712.jpg


b0064411_04580836.jpg


b0064411_04580407.jpg


b0064411_04580523.jpg

なんと、こういうパティオが3つもあったのです。
b0064411_05015637.jpg


b0064411_05015666.jpg


b0064411_05015680.jpg
 つづく


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-01-10 07:00 | 建物 edificio | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera