タグ:コンサート ( 201 ) タグの人気記事

コンサートのお話なのに、長々とペドラルべス修道院のことばかり書いてしまいました。

9時に席に付きましたが、10分くらい遅れて始まりました。
b0064411_05545022.jpg

プログラムは受胎告知
b0064411_05323044.jpg

皆、古楽器です。2つ以上持っている人も何人もいたので、みんないろいろ演奏するのでしょう。
b0064411_05545000.jpg


b0064411_05545074.jpg

b0064411_05545093.jpg
b0064411_05545123.jpg


b0064411_05551208.jpg


太鼓の人がすごくうまい。タンバリンのチャラチャラ鳴る金属部分でカスタネットのような音を出したり。
b0064411_05544892.jpg

金管が3人いるので、かなりブラスバンド的な音。16,17世紀の曲だそうですが、リコーダーも入っていたらいいのに。

歌は女性が一人。初めはちょっと上がっていたみたい。
b0064411_05544980.jpg

この方がリーダー。説明をしてくれましたが、カタラン語でよくわからない。
b0064411_05544985.jpg
私たちのリコーダーのオーケストラで演奏した曲も入っていました。

これが最後の曲。


終わりました。
席の横のパティオの噴水のキャンドルがきれい。
b0064411_05570958.jpg


b0064411_05570948.jpg


b0064411_05570957.jpg


b0064411_05570935.jpg


b0064411_05571005.jpg


b0064411_05571082.jpg


b0064411_05571098.jpg


b0064411_05571086.jpg


b0064411_05571097.jpg


b0064411_05570854.jpg


b0064411_06085706.jpg

コンサート自体はちょっと物足りなかったけれど、夜の修道院は素敵でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-07-22 05:31 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
さて、まだ少し時間があったので、みんな席に着いていたけれど、私は修道院の食堂と台所を見学。

こちらが食堂。広いがらんとしたスペース。
b0064411_05173654.jpg


b0064411_05242837.jpg

キッチンの戸口から食事をサービスしました。
b0064411_05173737.jpg
キッチン

b0064411_05173617.jpg
b0064411_05173766.jpg

b0064411_05173715.jpg

ここから食堂に食事を出す
b0064411_05242638.jpg
b0064411_05173553.jpg

b0064411_05242740.jpg


b0064411_05242894.jpg

b0064411_05242887.jpg
b0064411_05173642.jpg


後年にはガスを使うようになりましたが、その前はマキを使用
b0064411_05173530.jpg


b0064411_05173537.jpg

b0064411_05242859.jpg

b0064411_05242743.jpg

氷を入れて使う冷蔵庫
b0064411_05242729.jpg

b0064411_05242737.jpg
こういう昔の生活の一部が垣間見られる場所は大好き。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-07-21 05:13 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
まだ時間があるので、上のミュージアムに行きました。
がらんとしています。警備の人が一人だけ。
b0064411_03014555.jpg

古くて新しいこの空間が好き
b0064411_03014689.jpg

b0064411_03014572.jpg

b0064411_03014627.jpg


b0064411_03014672.jpg
b0064411_03014696.jpg
b0064411_03014444.jpg
b0064411_03014480.jpg

b0064411_03014512.jpg

ジモーナの美しい絵
b0064411_03344758.jpg

b0064411_03362337.jpg


b0064411_03362305.jpg


b0064411_03362468.jpg
b0064411_03344808.jpg


b0064411_03362435.jpg


b0064411_03362318.jpg
b0064411_03344850.jpg


b0064411_03344838.jpg


b0064411_03344885.jpg


b0064411_03344999.jpg


b0064411_03344973.jpg

b0064411_03362457.jpg


屋根の下にかわいい天使がいます。
b0064411_03362444.jpg


b0064411_03362403.jpg


b0064411_03362548.jpg


b0064411_03362249.jpg


b0064411_03345060.jpg
b0064411_03344783.jpg
b0064411_03344947.jpg

展示物は以前着たときよりもずいぶん少なくて、別のものでした。また、奥の展示室は閉まっていました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-07-20 03:32 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
ペドラルべス修道院は、家から歩いて行けるくらい近いので、今まで何度となく来ていますが、何度来ても楽しい。

b0064411_02575170.jpg


b0064411_02575228.jpg


回廊にある小部屋は祈りの場所だったのでしょうか。
b0064411_02575248.jpg

b0064411_03275849.jpg

b0064411_02575364.jpg

この小部屋の入り口の上に、丸いガラスがはめてあるのに初めて気が付きました。
b0064411_03275995.jpg


ビードロ、といった感じ。スペイン語ではガラスのことをビドゥリオと言います。
b0064411_03275890.jpg

b0064411_02575264.jpg

ボビンレースの台が置いてあったり
b0064411_02575378.jpg

b0064411_02575321.jpg

生活の道具がいろいろおいてある部屋があって
b0064411_03075927.jpg

その部屋の奥には、石を掘った部屋が続いています。残念ながら、この手前には鉄格子があって入れない。ちょっとすごい空間ですね。
b0064411_02575265.jpg
このあたりは、石材が採れたので、この修道院も、カテドラルなどに比べ、ずっと早く完成しました。修道院のある場所も石があったのでしょう。
ペドラルべスという言葉は、白い石、という意味だそうです。

他にもいくつか展示室があって、またちょっと覗いてみる。
b0064411_03422286.jpg

b0064411_03410598.jpg

b0064411_03410596.jpg

b0064411_03410521.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-07-19 02:54 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
7月14日、夜の9時から、ペドラルべス修道院で "De vos com amoros"のコンサートを聴きに行きました。16世紀くらいの音楽というので、期待してゆきました。

夜9時始まりですが、8時から入れるというので、早めに行きました。
ここはいつ来ても、大好きなところ。
b0064411_08191873.jpg

チケットをもらって回廊に入ります。
b0064411_08191808.jpg


あの奥でやるようです。早々と座っている人たちがいましたが、まだ45分もあるなら、中をまた見学しよう。
b0064411_08191906.jpg

b0064411_08191993.jpg


b0064411_08191923.jpg


b0064411_08191962.jpg


b0064411_08192054.jpg


そうそう、アバデッサの尼僧姿の写真を撮っておかなくては。

b0064411_08235645.jpg

礼拝堂の中の像は、ちょうどこの裏側にあり、女王の衣装を着けています。
b0064411_08192077.jpg

真ん中の泉水のところに行ってみよう。
b0064411_08235674.jpg


まあ、池にキャンドルがたくさん浮かべてありました。
b0064411_08235621.jpg


コイ❓もたくさんいます。
b0064411_08235754.jpg


b0064411_08235525.jpg


b0064411_08235635.jpg
b0064411_08285735.jpg


b0064411_08285741.jpg


b0064411_08285776.jpg


b0064411_08285879.jpg


こちら側にも席が作ってあって、まだ誰も座っていません。
b0064411_08285878.jpg

b0064411_08313851.jpg


とりあえず一列目の端に腰を下ろしました。
b0064411_08314063.jpg


b0064411_08313910.jpg
b0064411_08313905.jpg


でもまだ30分もあるんですもの、もう少し見学しましょう。
b0064411_08314055.jpg


b0064411_08313885.jpg


b0064411_08313851.jpg


b0064411_08285803.jpg
つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2017-07-17 08:14 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

Vilanovaでコンサート

昨日21日は、Vilanovaという町で、他の2つのリコーダーグループとコンサートをしました。去年も同じところでやったんだっけ。

ビラノバの町は、海岸沿いはきっとにぎやかだとおもいますが、街中は、ちょうどお昼過ぎの暑い時間だったこともあって、ひっそりしていました。

b0064411_22515992.jpg

b0064411_22520096.jpg


b0064411_22515913.jpg


b0064411_22515927.jpg

b0064411_22520063.jpg

b0064411_22525672.jpg


b0064411_22525625.jpg


b0064411_22525635.jpg


b0064411_22525739.jpg


b0064411_22525774.jpg


b0064411_22525720.jpg


b0064411_22525545.jpg

教会
b0064411_22585395.jpg

b0064411_22525522.jpg
b0064411_22520007.jpg


ここが「城」と呼ばれる古い建物で、このパティオで演奏します。
b0064411_22520076.jpg


b0064411_22520183.jpg


b0064411_22515803.jpg


b0064411_22515856.jpg


b0064411_22525779.jpg


b0064411_22525524.jpg


b0064411_22585420.jpg


b0064411_22585345.jpg

大変な暑さでしたが、日陰に椅子を並べて準備
b0064411_22585397.jpg


椅子を並べると、私たちのグループはすぐ座り込んで、なんだか隠居グループ
b0064411_22585484.jpg


他の2つのグループはみなさんまだ学生さんたちで、ずっと立って演奏。
b0064411_22585440.jpg


この子たちは中学生くらいかしら
b0064411_22585588.jpg


b0064411_22585530.jpg


こちらは音楽学校の生徒たち。さすがうまいです。
b0064411_22585205.jpg

こんな背の高い、バスも超バスのリコーダー。
b0064411_22585284.jpg
最後に全員で演奏をしておしまい。
とにかく暑かったけれど、町の人たちが聞きに来てくれ、楽しかったです。

今期はこれでおしまい。学校はすべて夏休みに入ります。
明日はサン・ファンの前夜祭。爆竹の音で寝られないかもね~。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-06-22 23:08 | 旅行 viaje | Comments(0)
6月17日は、またリコーダーのオーケストラのコンサートをやりました。
今回の場所はモンツェニー(モンセン)の、前回のビラドラウの手前のBrullにある大きなマシア(石造りの古い家)でした。

行きがけに、前回よったあの面白いバールに寄りました。
b0064411_05312927.jpg


b0064411_05313020.jpg


b0064411_05313038.jpg


b0064411_05313071.jpg

その先、道に迷って山の方まで行った後、やっとのことで到着。
b0064411_05313007.jpg


大きな家です。記録には12世紀から載っているそうです。
b0064411_05354861.jpg

b0064411_05313173.jpg


b0064411_05354765.jpg

これは貯水池。水が腐っているみたい。
b0064411_05354761.jpg

b0064411_05354842.jpg

すでにリハーサルが始まっていました。
b0064411_05313101.jpg


石壁には、いろいろな道具が下がっています。
b0064411_05313177.jpg


b0064411_05312931.jpg

ここがコンサート会場なんですね。もうみんな黒に着替えていたので焦った。
b0064411_05312923.jpg


石壁というのは音響がいいんですね。落ち着いて演奏できました。
b0064411_05354739.jpg


終わった後は、奥の部屋を見せてくれました。
b0064411_05354637.jpg


b0064411_05354613.jpg

b0064411_05400629.jpg


b0064411_05400674.jpg


b0064411_05400625.jpg
b0064411_05400743.jpg


みんな現役の道具たちのようです。きちんと手入れがされています。
b0064411_05400738.jpg


その後は外で食事。
b0064411_05400727.jpg


この暑さで外で?と思いましたが、案外木陰はしのぎやすいのですね。
b0064411_05400778.jpg


b0064411_05400533.jpg


b0064411_05400524.jpg


デザートはどっさりのフルーツ
b0064411_05432535.jpg

木からもいできたばかりのビワが籠にいっぱい!まだ少し酸っぱい。
b0064411_05432551.jpg

時々熱風が吹いてきます。
b0064411_05400532.jpg

b0064411_05432547.jpg

この年号は、増築したときのもののようです。
b0064411_05354863.jpg

窓に方眼レースが貼ってありました。こういう風に使ったんですね。
b0064411_05354893.jpg
それにしても暑いです…‼

コンサートの度、小旅行ができるので、結構楽しい。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-06-18 23:27 | 旅行 viaje | Comments(0)

Viladrauでコンサート3

Sevaの町を出ると、緑いっぱいの風景です。

b0064411_06180092.jpg


b0064411_06203195.jpg


b0064411_06180033.jpg


b0064411_06180089.jpg

b0064411_06175878.jpg


b0064411_06175839.jpg


b0064411_06175827.jpg


Viladrauの町に着きました。
Viladrauはミネラルウオーターの産地ですが、水の会社がみんな水を買ってしまうので、町は水不足だとか。
b0064411_06175975.jpg


こぎれいな街です。ここは大きな別荘がたくさんあるところですし。
b0064411_06175994.jpg


どうやらここがコンサート会場らしい。Espai Montsenyという、この町のカルチャーセンターのようなところ。
b0064411_06175982.jpg

b0064411_06454453.jpg


b0064411_06203229.jpg

中にはこんな部屋があるんですよ。
b0064411_06454582.jpg

二階にホールがあります。
b0064411_06203327.jpg


この天井のおかげで、音響がとてもいい。
b0064411_06203351.jpg

さて、リハーサル!
b0064411_06384903.jpg

b0064411_06203102.jpg


ホールのおかげか、本番もなかなかよかったです。
b0064411_06384991.jpg


b0064411_06385063.jpg


終わった後の記念写真。
こういう時みんなとてもいいお顔するのに、私はいつも変な顔をしているのはなぜかしら。
b0064411_06385164.jpg

その後は、みんなでお食事に出かけます。
b0064411_06454693.jpg

ところが道がわからなくてぐるぐる町の中を回り、やっとのことで着いたのでした。

b0064411_06454469.jpg

b0064411_06454544.jpg

b0064411_06454585.jpg


町には大きな瀟洒な家がたくさん。
b0064411_06264819.jpg


b0064411_06264909.jpg


b0064411_06454515.jpg

やっと着いたところは山の中の一軒家。
b0064411_06264941.jpg

大きな古いマシア(石造りの家)です。
b0064411_06492778.jpg


お肉を焼いているいいにおいがします。
b0064411_06492844.jpg


すごい大きい家。
b0064411_06492827.jpg


入り口には1888年と年号が入っていますが、あとで聞くと、左側の部分は16世紀のものだとか。
b0064411_06492702.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-06-06 07:16 | 旅行 viaje | Comments(2)
スペインは今セマナサンタ(イースター)。学校は今週ずっとと来週月曜日までお休みなので、子供に合わせてお休みを取って旅行に行く人も多い。だから町はかなりガラガラ。観光客は別として。

さて、セマナサンタと言えば、受難曲。ヤーコプス指揮のバッハの大作「マタイ受難曲」をパラウ(カタルーニャ音楽堂)に聞きに行きました。

夜八時半でもこの明るさ。
b0064411_03465076.jpg


b0064411_03465027.jpg


b0064411_03465165.jpg


b0064411_03465183.jpg


観光客も多かったみたい。
b0064411_03465124.jpg


b0064411_03465103.jpg


b0064411_03465231.jpg


b0064411_03464937.jpg


b0064411_03501660.jpg


b0064411_03501747.jpg


b0064411_03501889.jpg


b0064411_03501660.jpg


b0064411_03501637.jpg


b0064411_03501622.jpg


b0064411_03501711.jpg


b0064411_03501683.jpg

今回はケチって、20ユーロの安い席なので、ステージはほとんど見えません。
あとでパラウのサイトを見たら、チケットは35ユーロから125ユーロとなっていたので、チケットが思うように売れなくて値下げしたのでしょうか。そのせいか会場は満席でした。
b0064411_03465093.jpg

Akademie für Alte Musik Berlin
RIAS Kammerchor
Sunhae Im, soprano
Benno Schachtner, contratenor
Julian Prégardien, Evangelista y tenor
Johannes Weisser, Christus y bajo
Anja Petersen, soprano
Kristina Hammarström, contralto
Minsub Hong, tenor
René Jacobs, director

ステージが見えなくたって、こういうコンサートは大丈夫。
演奏が始まると、その始まり、コーラスが歌い始める前からグーッと音楽に引き込まれ、もう涙があふれてしまう。
この曲の吸引力はものすごい。ステージが見える見えないは問題外。

エヴァンゲリストのプレガルディエンは、あのテノールのクリストフ・プレガルディエンの息子さんなのですね。
良く伸びる美声のテノールで、エヴァンゲリストに適役、と思いましたが、時にすこし、出すぎの感が無きにしも非ず。でも存在感のある素晴らしい演奏でした。イエス役の Weisserは、落ち着いた声でよかったと思いました。ソプラノはあまり好きではなかったけれど、アルトと、カウンターテナーの Schachtnerが素晴らしかった。
どのアリアだったか、バロックオーボエと歌手とチェロだけの演奏の時、オーボエがかなり響いて(響きすぎて)、声よりずっと響いてしまっていたので残念。
この曲は、ソリストたちもコーラスもオーケストラも、同じ比重で素晴らしいし、演奏するほうもきっと満足していると思う。局の終わりの不協和音、すごいですね~。

8時半始まりで、終わったのが11時40分、階段を駆け下りてメトロにまっしぐら。12時でメトロは止まってしまいますからね。こういう長いコンサートの時は、30分繰り上げて8時からにしてくれるといいのにと思います。リセウ劇場だって8時始まりでしょ。

今日の新聞の評を見たら、やっぱり響きすぎたオーボエのことを指摘していて、さらに「誰もヤーコプスを見ていない」と書いてありました。おやおや。

それにしても、セマナ・サンタの始まりでマタイ受難曲を聴けたのは本当によかった!

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-13 06:40 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

バロック音楽コンサート

この頃コンサートづいていまして、今度はサリア劇場でバロック音楽のコンサートに行ってきました。

サリア劇場は、サリア市場の後ろの、市民センターのパティオにありますから、外からは見えないんですね。
ここは我が家からだと歩いて30分くらいかかるので、ちょっと不便なんですが、こじんまりしていて好きです。

b0064411_07212457.jpg

改装も終わって、定期的に劇やコンサートなどをやっているそうです。
b0064411_07212513.jpg

内部は可愛らしい劇場です。1907年に建てられたんだそうですから、110年もたっているんですね。
b0064411_07212286.jpg

b0064411_07212223.jpg

b0064411_07212342.jpg


b0064411_07212397.jpg


b0064411_07212383.jpg


b0064411_07212455.jpg


b0064411_07212430.jpg


b0064411_07270086.jpg


b0064411_07270075.jpg


b0064411_07270051.jpg

バロックの場合は、いつもステージに近い席をとります。
b0064411_07212351.jpg


この日のコンサートは、Orquestra Barroca de Barcelonaの演奏で、テレマン。
コンチェルティーノ・指揮がGilles Golliard, ビオラ・ダ・ガンバがAnne Gaurier.

b0064411_07290903.jpg
Suite Don Quixot
Suite en Re
Suite La Bizarre
Peca pr a viola de gamba
Concerto en La per viola da gamba

初めの曲は、私がバロックアンサンブルにいたころ演奏していたので懐かしかった。
コンチェルティーノはすごいテクニシャンで、音もとてもきれい。
以前このアンサンブルの演奏を聴いて、素晴らしかったので、コンサートがあるたび聞きに行こうと思っているのです。

b0064411_07270131.jpg


ビオラ・ダ・ガンバのソリスト アンヌさん。立派です!
b0064411_07270169.jpg

b0064411_07270117.jpg
とてもいいコンサートでした。

b0064411_07270079.jpg
b0064411_07270059.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-02 07:15 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera