タグ:インテリア ( 93 ) タグの人気記事

12月に入って、クリスマス商戦がにぎやかになってきましたが、今週は水・金と祭日が続くので、つなげてお休みを取って旅行や別荘に出かけた人も多いようで、我が家のあたりはシーンとしています。

我が家もやっとクリスマスの飾りつけをしました。
結局は手持ちの飾りを、さんざんああでもないこうでもない、といろいろ置いてみましたが、また気分で変えるかも・・・。

エレベーターホールは、我が家一軒だけなので、専用スペース。大したものはないけれど、ここにも飾りました。全部、以前と同じもの・・・。

b0064411_23215352.jpg

鏡にちょっとフェークのグリーンを付けて
b0064411_23215371.jpg

リースはドアに
b0064411_23215469.jpg

壁のランプもカーテンタッセルでちょっと飾って
b0064411_23215431.jpg

玄関扉を開けてすぐのところにある大きなコモードの上は、やっぱりベレン。
b0064411_23293465.jpg

b0064411_23293436.jpg

b0064411_23293369.jpg

姿見の前にもちょっとした飾りを置きました。
b0064411_23331066.jpg

b0064411_23331047.jpg

壁掛け式ツリーも健在
b0064411_23364145.jpg

b0064411_23364142.jpg

リビングに入ると
b0064411_23331052.jpg

サイドテーブルに幼子イエスを飾りました。
b0064411_23334061.jpg

b0064411_23333970.jpg


いつもはわらを敷くんだけれど、今年はチュールにして、チカチカ電気を入れました。
ちょっと泡風呂に入っているみたい?
b0064411_23334055.jpg

b0064411_23473701.jpg


b0064411_23473804.jpg


b0064411_23473709.jpg


b0064411_23473765.jpg

こちらのサイドテーブルはボールを飾って
b0064411_23504494.jpg

b0064411_00125633.jpg

ダイニングとの境の家具の上はこんな具合に
b0064411_23520128.jpg


コンポートディッシュを2段重ねにして、一番上はワイングラスにパールビーズとキャンドルを入れました。
b0064411_23520088.jpg

夜のほうがきれい
b0064411_23520053.jpg

ダイニングは、キャンドルスタンドをたくさん置いてにぎやかに
b0064411_00213958.jpg

b0064411_00214022.jpg

b0064411_00214073.jpg

b0064411_00214119.jpg


b0064411_00214072.jpg

廊下のボトルコレクションのところにも小さなリースを
b0064411_00304325.jpg


b0064411_00304373.jpg


寝室にも、電気を入れたガラスの花瓶にレースマットをかけた飾りを置きました。
b0064411_00304251.jpg


そろそろ献立を考えておかなくちゃいけないかしら?



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-12-07 00:25 | インテリア interior | Comments(4)
毎日結構なんだかんだと時間が無くてできなかったクリスマスの飾りつけも、今日やっと大体終わりました。
大きなクリスマスツリーは場所を取るから、広くもない我が家では置き場所に困るし、もう小さな子供がいるわけではないし、私自身もあまり好きではないので、いつも小さなものしか置きません。

我が家のエレベーターホールは、我が家だけなので、ここも飾りつけをちょっと。
(上の人なんか、クローゼットにしているw)

b0064411_07492453.jpg

左側が空いているって? ここは、ポルテロさんが朝新聞を置いてゆくので少し開けてあるんです。小さいツリーを置きました。
頑張った割にはつまらないリースになりましたが仕方がない。天使でごまかして。

b0064411_07492439.jpg

b0064411_16572739.jpg

b0064411_16553389.jpg

昔のカーテンタッセルがきれいなので、飾りに使いました。
b0064411_16582241.jpg

ドアノブにもちょこっと
b0064411_16582216.jpg

玄関扉を開けると、大きなコモードが置いてあるので、その上にちょっと電気を付けて。いつもはベレンを置いたけれど、今年は壁掛け式ツリーをフィギュアの後ろに置きました。
b0064411_07551432.jpg

b0064411_07492383.jpg

b0064411_16595149.jpg


ベレンはリビングに置きました。
b0064411_07580721.jpg


牛と馬と三賢人は取っちゃってもいいかもね。
b0064411_07580783.jpg

b0064411_08012186.jpg

b0064411_17011436.jpg

b0064411_08045652.jpg


水晶が好きなので、買って来てガラスの箱に入れてみました。
b0064411_08045586.jpg

b0064411_08063668.jpg

b0064411_17011393.jpg

b0064411_08070977.jpg

b0064411_08070861.jpg

b0064411_08070924.jpg


b0064411_08070974.jpg


b0064411_08161574.jpg

後日、金のボールを買ったので、足してみました。
b0064411_01203490.jpg

トレーにたくさんキャンドルホルダーを並べて。
b0064411_17025430.jpg

b0064411_08095994.jpg


b0064411_17025509.jpg


鏡の周りにチカチカ電気をつけました。
b0064411_17025466.jpg

夜のほうがいい雰囲気
b0064411_08100063.jpg

b0064411_08095951.jpg


b0064411_08095987.jpg


b0064411_08095862.jpg

ダイニングの鏡付きの家具の上はキャンドルスタンドで一杯。
b0064411_08161580.jpg


b0064411_08161620.jpg


b0064411_08161690.jpg


b0064411_08161786.jpg


b0064411_08161800.jpg


b0064411_08161814.jpg

糸杉の小枝を飾ってみました。
b0064411_01204060.jpg


b0064411_01203377.jpg

b0064411_01204025.jpg


でもね、我が家はみんな男ばかり。全然興味示さないんで、一人で楽しんでいます。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-12-08 07:32 | 我が家 mi casa | Comments(2)

プランツを置く

寒くなって窓を閉め切っていますと、家の中の空気が汚れてきますから、時々換気が必要です。
空気をきれいにするために、プランツを置くのもいいですね。理想は10平米に1つ、大きめのプランツを置くといいそうです。

我が家も務めてプランツを置いているんですが、ついリビングに集中。

b0064411_03545512.jpg

b0064411_03545653.jpg

b0064411_03545487.jpg

b0064411_03545655.jpg

b0064411_03545537.jpg

b0064411_03545520.jpg

ベッドルームは水やりが億劫になるし、ひっくり返したら面倒だし…と置いてなかったのですが、昨日何かの記事で、サボテンを置くといい、特にパソコンなどを使うところにお勧め、ということだったので、なるべくとげの痛くないものを2つ買ってきました。もっときれいなものもあったけれど、とげが鋭くて、持って帰るのに大変そうだったからやめました。
サボテンは、1か月に一度の水やりでいいんですって。

b0064411_03545429.jpg

こちらに置いた方がいいかな
b0064411_03545748.jpg

パソコンの横にも
b0064411_04003865.jpg

う~む、これ、なんだかすぐ枯れちゃうんじゃないかしら…?


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-11-11 03:50 | 我が家 mi casa | Comments(0)

モショ邸の書斎

この記事は、ショップのブログに書いたのですが、一応こちらでも載せておこうと思います。

セビリアから、友人たちがバルセロナにやって来ました。
一人は侯爵夫人の称号を持つイネスで、バルセロナ市庁舎からすぐのサン・ジュスト・パストール広場に面して建つ、18世紀の館の持ち主。

IMG_9414


でも普段はセビリアに住む彼女(ここよりもっと豪華なパラスに住む)、あまりに維持に経費が掛かるので、とうとう館を売ってしまったのです。
モショ邸は、バルセロナで唯一の、個人所有のパラスだけに、外国の資本にわたってしまうのは残念なのですが、実際に入ってみると、あまりにも大きくて、小人数ではかなり住みにくそう。
豪華なノーブル・フロアは本当に宮殿ですが、そのほかの階は、すでに廃墟のようになったままで、夜なんかこわいそうです。
館はすでに売られていて、中のおびただしい家具類、食器、衣類などは、すべてセビリアに送るそうで、門の中には大きなトラックが入っていました。部屋も何人もの人が荷造りをしていました。
セビリアに持って行ってどうするのかと思ったら、

「倉庫を一つ買ったの。借りるより安くなるから」

と、こともなげに言います。

さて、今日はイネスの友人、ペパと一緒に蚤の市に行き、たくさんの荷物を抱えて帰ってきたら、お昼に誘われました。
それで、荷物をペパのいる部屋において、ノーブル・フロアに下りてイネスにあいさつに行きました。
エレベーターは、ちょうどノーブル・フロアの書斎の前です。

IMG_9417


この書斎は、落ち着いていてとても素敵なのです。


立派な暖炉

IMG_9418


この絵はなかなか素晴らしいので、当時有名な人だったかも

IMG_9433


入り口にあるデスクがまた素敵

IMG_9426


この水色のシェードのランプが好き

IMG_9428


素敵なインク瓶があります。奥のオイルランプは、gyu's shopにもあるもの

IMG_9427



小額をこんな風に飾ると素敵。

IMG_9432


書斎を出たところに、高さ2.5m位もある大きな婦人像の絵がかかっていました。
イネスのお母様だそうです。写真は撮らなかったけれど、赤いゆったりしたロングドレスを見に付けた、すらりとした品の良い貴婦人でした。

by gyuopera | 2016-08-26 21:19 | インテリア interior | Comments(0)
あっという間に12月、早くクリスマスの飾りつけをしなければ、と思いつつ、今日になってしまいました。
我が家は男性ばかり、飾りつけをしても誰も気にも留めないので、自分のためにやるようなもの。いかにお金をかけないで、楽しくできるかな?

やっぱり、食卓で全員そろって食事するわけだから、そのあたりに力を入れて。
ディナーの時は、上からこうこうと照らす明かりは点けないで、キャンドルをいっぱいおきたい。
b0064411_07250861.jpg

このくらいキャンドルがあれば結構明るい。

b0064411_07250820.jpg

b0064411_07231564.jpg

b0064411_07250829.jpg

b0064411_07250802.jpg

今日山に行って採ってきた赤い実。ちょっとどす黒くてあまりきれいでないのが残念
b0064411_07250867.jpg

リビングのゲームテーブルの上にもキャンドルをいっぱいとボールを飾る。
b0064411_07314792.jpg


b0064411_07314737.jpg


b0064411_07314714.jpg


b0064411_07314767.jpg


b0064411_07314724.jpg


b0064411_07314819.jpg


幼子イエスも飾ります。
b0064411_07314828.jpg


b0064411_07314877.jpg

b0064411_07361077.jpg

このテーブルクロスはカーテンなので、端の長い部分はリボンで縛って邪魔にならないように。
b0064411_07361036.jpg

リビングとダイニングの境の戸棚の上にボールを飾る。

b0064411_07314785.jpg


b0064411_07314768.jpg

スープチュリーンに植えたヒヤシンスの球根、部屋が暖かいからか、もう咲きだしてしまいました。これはクリスマスまで持たないな~。
左手にあるのは茶香炉ね。
b0064411_07250862.jpg

玄関ホールに恒例のベレンを飾りましたよ。毎年同じだけれど。
b0064411_07580294.jpg


30年来のドアのリースと
b0064411_07360997.jpg

壁掛けツリーも同じ。
b0064411_07360938.jpg


b0064411_07360932.jpg

エレベーターホールはユーカリとツリーとサンタさん。
b0064411_07361004.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-10 07:40 | 我が家 mi casa | Comments(4)

クリスマスの飾りつけ

今年もあとわずか。そろそろクリスマスの飾りつけをしなくては、と思い、先日やっと出してきました。

大きなツリーは場所を取るし、我が家では誰も喜ばないので、スペインの昔からの飾り、イエスの誕生のシーンの人形、ベレンを飾ります。

b0064411_02182464.jpg

カテドラルの前の、サンタ・ルシアの市でもう20年も前に買ったもの。

b0064411_02183952.jpg

b0064411_02182457.jpg

エレベーターホールには、幼子イエスの人形を置きました。

b0064411_02183939.jpg


b0064411_02183974.jpg

サンタさんはちょっと隠れて

b0064411_02183975.jpg

b0064411_02215895.jpg

b0064411_02215832.jpg

このリースも30年くらい持っているかも?

b0064411_02215859.jpg

我が家の小さな壁掛け式ツリー
b0064411_02215803.jpg

今年はなんだか何も特別やらなくて・・・・

b0064411_02251465.jpg


b0064411_02251499.jpg

b0064411_02251420.jpg

b0064411_02251329.jpg

b0064411_02251495.jpg

b0064411_02251336.jpg

b0064411_02280893.jpg

b0064411_02280869.jpg

b0064411_02280852.jpg

今年は姉夫婦が日本から来るし、下の息子もフランス人のパートナーを連れて来るし、にぎやかになりそう。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-12-15 02:13 | 我が家 mi casa | Comments(0)
48H Open House(48時間 オープンハウス)、Teatro principalを見た後は、あまりに疲れたので一度家に帰って昼食と休息。
5時ごろ元気を奮い起こして、Carmen通りの家、CASA JOAQUIM MATEU EUDALに向かいました。

b0064411_350271.jpg


この家は、1870年ころ建てられた建物を、1912年にモデルニスタ(カタルーニャアールヌーボー)スタイルに改装したもので、その時の設計者がJosep Pujol Brull。

b0064411_352227.jpg


これがまた待ち時間が長くて、1時間半近く。さすがにうんざりしてほかのところへ行こうかと思ったのですが、せっかく待ったのだし…とがまん。やっと入れたのは6時を過ぎていました。

昔の建物はみんなこんな風に装飾を施した玄関ホールがあって、階段が上に続いています。

b0064411_3564980.jpg


とにかく6階建ての一番上。エレベーターがないんですよ。
b0064411_3583995.jpg


b0064411_3593043.jpg
b0064411_359930.jpg


途中の階の玄関扉も素敵
b0064411_403110.jpg


窓のアイアンもいい
b0064411_412648.jpg


最上階のその家は、建築家の住居兼アトリエ。
もう、徹底的に直しています。

これが玄関を入ったところ
b0064411_45477.jpg


まず、アトリエの方へ。
床のタイルはオリジナル。
b0064411_455842.jpg


入り口部分と奥の部分とタイルが違いますね。別々の部屋だったんです。

b0064411_46557.jpg

b0064411_475524.jpg
b0064411_474499.jpg

昔の部屋はみんな小さかったんですね。

この部分は2部屋あって、いずれも仕事場。天井のランプはみんな放射状に付けられています。
b0064411_491814.jpg
b0064411_4937.jpg


こんなモデルニスタのアーチが昔の面影をしのばせます。
b0064411_410461.jpg


壁にメタルの穴あきのボードを貼って、中は奥行きの浅い戸棚、表側はさまざまなメモや作品を貼りつけるそう

b0064411_4165611.jpg



玄関をはさんで反対側に行きます。
床のタイルが面白い。
b0064411_4132850.jpg

途中にソファがあって、ちょっとしたリビングになっているほか、たくさん作りつけの戸棚がありましたが、とにかく超モダンなデザイン。

奥に行くと、これまたモダンなキッチン、無駄なものは一切なし。
b0064411_4142979.jpg


狭いところに人がいっぱいで、全体の写真が撮れなかったのですが、この板の張ってある部分が冷蔵庫。
b0064411_41837.jpg

流しの後ろが何やら明るいのですが、これはバスルーム。
b0064411_4183428.jpg


キッチンの右手にベッドルームがありましたが、さすがそちらは写真は撮りませんでした。
その奥がリビング。そんなに広さは無く、ベッドになるソファがあります。
b0064411_4205242.jpg

奥に仕事机
b0064411_4212353.jpg

本棚はなかなか機能的にできていました。
b0064411_422020.jpg

b0064411_4222811.jpg

私はついタイルを見てしまう。
b0064411_4233448.jpg

その奥の部屋も仕事部屋のようです。
b0064411_4242179.jpg

ここにも大きな本棚
b0064411_425060.jpg

放射状に付けられたランプ
b0064411_4253358.jpg

こちらの壁にもメタルの穴あきの板が取りつけられ、その上にモダンなクーラー
b0064411_4262083.jpg

その部屋の奥は、サンルームのようになっています。
b0064411_427171.jpg

床のタイル。
b0064411_4275631.jpg


説明があまりにも長いので、途中で失礼して出ました。後1箇所、行きたいところがあったので。

100年前の建物の中は超モダン。こんなにミニマリストの設計だと、私なんか息がつまっちゃうな。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-10-31 06:41 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

Palau Moxo

友人イネスは、バルセロナ市庁舎広場のすぐ近くに、Palau Moxo という、18世紀に建てられた素晴らしいお屋敷の相続人です。
b0064411_604085.jpg


この屋敷は、バルセロナのカテドラルを請け負ったFrancisco Mestresの手によるもので、1770年に建てられてから現在まで、ずっとMoxo家が引き継いできました。

b0064411_5563470.jpg


教会前の広場に面した大きな玄関の中は、かなり広い車庫になっています。
b0064411_5584519.jpg


家に入るのにはこんな階段を上ってゆきます。
b0064411_614818.jpg


b0064411_621742.jpg


b0064411_63196.jpg


赤いじゅうたんが敷かれるときは、この家でイベントが行われるとき。
結婚式とか、コンサートとかのイベント用に貸しているのです。
左手に紋章が見えます。
b0064411_63598.jpg


今日は雨が降っていたので、奥のエレベーターから上がりました。

ちょうど書斎の前に出ます。
b0064411_671232.jpg

b0064411_674759.jpg

b0064411_68388.jpg

b0064411_685450.jpg

b0064411_69991.jpg


玄関ホールとプライベートスペースの中間にあるホール
b0064411_6104015.jpg
b0064411_610303.jpg
b0064411_6101562.jpg


パティオ
b0064411_6113144.jpg


ダイニングルーム
b0064411_6173758.jpg

b0064411_6141774.jpg
b0064411_6134216.jpg


リビングにいく中間の部屋
b0064411_6184736.jpg
b0064411_6183055.jpg

b0064411_6151772.jpg


奥のリビング
b0064411_6193923.jpg


玄関を入って反対側は、ノーブルな部屋が続きます。
b0064411_621282.jpg

b0064411_6225035.jpg

b0064411_62219.jpg

b0064411_623319.jpg

b0064411_6264840.jpg
b0064411_6263312.jpg


本当に別世界
b0064411_6251591.jpg
b0064411_6243728.jpg


この家の持ち主のイネスは、セビリアにももっと立派な屋敷を持っていて、確かカタルーニャのどこかにももう一つ持っているはず。
そんな莫大な遺産を引き継いで入るけれど、その維持に大変なお金がかかり、どうとうこのpalau Moxoも売りに出したということです。
この家は、バルセロナで唯一の、18世紀の個人の屋敷なのだそうです。家具も当時のもので、本当によく保存されていて、その価値は計り知れないほどだと思いますが、はたして買い手が付くでしょうか。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-08-27 06:46 | 建物 edificio | Comments(0)

ランプの傘

最近また、ちょっと背の高い卓上ランプを買ったので、仕事机のランプにして、カサを替えました。

b0064411_717506.jpg


カサは一つはデパートで、一つは蚤の市で見つけたものだけれど、そっくり同じなのに値段は何倍も違う


カサの下には、もうじきお嫁入りしてしまうマリア様と

b0064411_7211656.jpg


聖水盤を持った天使の像
b0064411_7214136.jpg


ランプは初め一つしか置かなかったんだけれど
b0064411_722112.jpg


ちょっとくらいので2つに。でもこれじゃバランス悪いでしょ。
b0064411_7224277.jpg


今度はちょっと良くなったかな
b0064411_7202961.jpg


しょっちゅう家中のランプの傘を取り換えているんだけれど、仕事机の上はもうこれで決まり、かな。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-06-18 07:24 | インテリア interior | Comments(0)

ベッドルームの天蓋

フランスの人は、今でもベッドの上に天蓋を付けたり、カーテンを掛けるのが好きですね。

b0064411_714538.jpg
b0064411_7144251.jpg
b0064411_714314.jpg
b0064411_7141492.jpg
b0064411_713577.jpg


スペインでも、天蓋のベッドはありましたが、今付けている人はほとんどないでしょう。

天蓋って、何かの役に立つんでしょうか? あれを洗うの結構大変そうですね。

私の下の息子が、パートナーと、アフリカの横にある小さな島でトレッキングをしていた時のこと。
さんざん歩いて、ある村に着いたときは、日はとっぷりと暮れ、電気が通っていないほど小さな村だったので、ホテルを探しても無くて、とても困ったそうです。
で、とある家に、どこで泊まれるか聞いたら、自分の家に泊まっていいよ、自分たちは近くの親せきの家に泊まるから、と言ってくれたそうです。
その寛大さにはびっくりしたそうですが、ありがたく受けて、夜はそこで寝たのですが、夜中に、パートナーの顔に、何か虫が落ちてきたんだそうな。

「何が落ちてきたかわからなかったけれど、知りたくもない」

と後で言っていましたが、かなりびっくりしたことでしょう。

天蓋っていうのは、そんなときに役に立つのかも?

天井を這っている虫が、顔に落ちてこないように・・・・

ということもないんでしょうが、天蓋を見ると、息子の話を思い出すんです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-05-24 07:12 | インテリア interior | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera