カタルニァの近代史は、いずこも同じ、産業革命と戦争が付いて回ります。スペインの内戦は悲惨なものでしたから、人々の心に深い傷をつけました。
b0064411_6375944.jpg


これは1900年代初頭の事務所。こういう机は今でもアンティックショップでよく見かけます。
我が家の息子たちにもこのタイプの大型デスクを一つずつ買ったんですよ。
b0064411_640178.jpg


レトロなものたちも、当時の最先端の機械でした。
b0064411_6484928.jpg

このタイプライター、シンドラーのリストを思い出します。
b0064411_6501115.jpg


b0064411_652351.jpg
市民戦争は子供たちまでも必死で戦ったのです。


これは30年代のダイニングキッチン。明るい電気が家庭にももたらされました。あちこちに懐かしい道具が見られます。
b0064411_6541883.jpg

b0064411_6553115.jpg

そして学校。
b0064411_656816.jpg

これは60年代のダイニングキッチンです。電気製品が家庭で一般的に使われるようになります。私の趣味から行くと、30年代の方が好きだな~。
b0064411_658512.jpg


フランコの時代が終わり、ファン・カルロス一世が新国王となりました。スアレス政権に替わって、社会党のゴンサレスが政権を取ったのは1982年。私たちがスペインに来た年でした。

このミュージアムは広々としてとても楽しいので、ぜひ一度ご覧になることをお奨めします。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-25 07:04 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
時代は下って、中世に。
b0064411_7514943.jpg

b0064411_7525647.jpg

これは、カタルニァの旗のいわれ。
b0064411_7534284.jpg

11世紀、バルセロナ伯がフランス王ルイに紋章を所望したところ、王はバルセロナ伯の傷口に指を浸し、盾にそれをつけました。それで、黄色い地に赤い4本の縦じまが出来たのです。

丸い石の塔があって、中にはロマネスクの教会が再現されていました。
b0064411_82133.jpg


b0064411_832252.jpg
当時の家の様子。こういうのはとっても楽しい。でもいまだにこういう風景を見かけることがあるんですよ。


b0064411_812675.jpg

これは靴工房
b0064411_8124215.jpg

b0064411_8133454.jpg


昔の帆船の模型
b0064411_814721.jpg

海洋博物館に行くと、帆船のおおきな模型がたくさんあり、本物のガレー船もあります。

絵付けされたタイル
b0064411_815486.jpg

b0064411_818151.jpg
b0064411_8183076.jpg

絵皿
b0064411_8153010.jpg

b0064411_8175574.jpg


ピストル
b0064411_819641.jpg


天使の顔
b0064411_8195358.jpg

あまり可愛くないけれど。ゴシックのものです。

次は近代ですね。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-24 08:21 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(4)

カタルニァ歴史博物館

先日、カタルニァ歴史博物館で、ラモン・カサスのポスター展を見たことを書きましたが、常設展がとても面白いので、ご紹介しますね。

カタルニァは紀元前からギリシァ人が来ていてかなり強い影響を受けていましたが、古代ローマ帝国の支配下になってからは、タラゴナをはじめ、たくさんの都市が作られました。
私は石の文化にとても興味があるので、この辺の展示物はとっても面白いんです。

油などを入れたつぼ
b0064411_7405838.jpg


こんなツボが、たまにオークションに出たりするんだからびっくりです。

当時の船の模型があり、その船が半分に切ってあって、ツボはこんな風にして輸出されたということがわかります。
b0064411_7422425.jpg


下の部分が尖ったツボ、倒れちゃって立てて置けない、と思うでしょう。こんな風に2本の棒に渡したもう一本の棒に通して立ててあったんです。
b0064411_7441855.jpg


これは当時の日時計。上にランプが幾つも付いていて、一つずつ太陽が動いてゆくように電気が点き、太陽の動きによって針が時間を指すようになっています。
b0064411_7462899.jpg


b0064411_7471815.jpg
これは古代ローマ人の住んでいた家を再現したもの。ポンペイなんかと同じですね。実際のローマの町の跡が、カテドラルの地下にちゃんと残っていて、バルセロナ市歴史博物館にはいると、その町の中を散歩することが出来ます。これはぞくぞくするほど素敵です。

次のブログは中世です。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-24 08:08 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

ローズヒップオイル

先日行ったCosmowellnessの展示会の自然化粧品のスタンドで、Aceite de Rosa Mosquetaというオイルを買いました。
b0064411_7274198.jpg

薔薇のオイル、なんだか素敵じゃありません?
箱には可愛い野バラの絵がついています。
b0064411_735111.jpg

一体何にいいのかな? 箱の中にも外にも、何の説明もありません。ただ、天然100%オイル、とだけ。説明不足~。 誰でも知っているということかな?
なんとなく、バラのオイルと聞いただけで買ってしまったのですが、家に帰ってネットで調べてみると、たくさん出てきました。
それによると、

「ローズヒップオイルは野生の灌木や薮でとれるので、野生バラ油とも呼ばれます。リノール酸やリノレン酸などの必須脂肪酸の含有量が高いのが特徴で、美容のために適したオイルです。お肌に必要な栄養素である4大ビタミン天然ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンPを自然な形で豊富に含み、さらにリノレン酸、リノーメレ酸、オレイン酸、皮膚の再生を早める働きのある「トランスレチノイン酸」等の必須肪酸の合計は80%を超えます。その効果は、お互いに助け合い補い合いその力を発揮すると言われています。」

なるほど、とてもお肌にいいのですね。
どういう時使うのかな。
それは、

●かさかさ乾燥肌に、顔、手、指先に乳液やボディークリーム代わりに。
顔には薄く延ばして、乾燥で白くなってしまったヒジ・ヒザにもローズヒップオイルをマッサージしながらすりこむ。
●疲れた顔に
●気になる小じわに
●日焼けあとのケアに
●傷あと、ニキビのあとに
●やけどに
●年代と共に出てくるしみに

いいことずくめですね。お値段もそんなに高くもないし、ということで、今のところ、毎晩アルガンオイルに一滴混ぜて使っています。 敏感肌にいいとのこと、私は敏感肌ではないけれど、ブランド化粧品のないとクリームをつけると、ぶつぶつ何か出てくるので、使うことが出来ません。アルガンオイルと共に、私のナイトクリームになっています。
ローズヒップオイルを使ったことのある方がいらしたら、効果のほどをお教えください。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-23 07:51 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(4)

さつま揚げ

今日は久々にボケリア市場に行きました。毎日お仕事が入って、なかなか朝出ることが出来なかったのですが、今日は珍しく朝は何もなし!

野菜でもお魚でも、ここに来ると本当に種類が豊富で、とにかく新鮮で安い!以前は毎週来ていたのですが… ひとつには、地下鉄の上り下りに、ショッピングカーを持ってゆくととても大変ということもあります。私は来ると大量に買うので、とてもショッピングカー無しでは運べませんから。 それで今日はカタルニァ広場まで歩いていって、Tomb busという、我が家の横に終点のある、ちょっと小型のバスに乗って帰りました。

今日のお昼はかつおのたたき。とてもいいかつおがあって、3枚に下ろしてから半身ずつ、さっとあぶってお刺身に切っていただきましたが、それは美味しかったこと! 

そのほか、アジがきれいだったので2キロ買ってきました。
さつま揚げにしようと思ったのですが、見たらずいぶん小さなアジばっかり。 下ろしているうちにうんざりしてきました。それであまり小さいのは
b0064411_7512592.jpg

干物にしてしまいました(笑)。 

私はさつま揚げを作るとき、ニンジンのすりおろしをたっぷり入れます。今日も5本くらい入れました。ゴボウが無いので、ネギのミジンをたっぷり。 すり身はスピードカッターが早くて便利ですね。
中火でゆっくり揚げて
b0064411_7535522.jpg

種がゆるいから、あまりきちんとした格好にはなりませんが、かなりいい味ですよ。
b0064411_754512.jpg


スープは鮭の頭でお澄まし。 魚づくしの日でした。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-22 07:56 | 食べ物 comida | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera