4月23日は、バルセロナの守護聖人、サン・ジョルディの日です。この日は別名バラと本の日と呼ばれ、町のいたるところに花屋と本屋が並んで、人々はバラを買い、本をプレゼントするのです。
すべての通りの角っこに花屋さんが出ています。
まだ朝が早い(と言っても10時過ぎ)ので、外にいる人は寒いのでしょう。しっかり冬支度。



b0064411_321316.jpg


学生さんたちのスタンドも。わいわいにぎやかで楽しそうです。
b0064411_322890.jpg


どこも黄色と赤の縞のカタルニァの旗をかけています。
b0064411_3225943.jpg

バラ一本に麦一本で4ユーロ。この日ばかりは高いのよね。

これは本屋さん。台の上に一杯並べたお店が町中にできます。
サン・ジョルディの日の本の売り上げは、年間の半分以上だそうです。
b0064411_32338100.jpg


ランブラス通りに行ったら、押すな押すなの大賑わい。
b0064411_3245750.jpg

わいわいわい、ぞろぞろぞろ...歩くのもままならないくらいすごい人。
b0064411_325965.jpg

テレビ局も来てました。混雑振りがニュースに出るのでしょう。
b0064411_3254114.jpg


今日はあちこちのお屋敷が開放されます。
ここはVirreina宮殿。
b0064411_3561028.jpg

1772年~1774年に建てられたカタラン・バロック様式の重厚な建物。建築家であり彫刻家であったCarles Grau (1717-1798)の設計によるものです。
前で何かやってます。詩の朗読などをするらしい。
b0064411_3265973.jpg


普段はさまざまな展示会に使われていますが、入るのは久しぶり~。
b0064411_3291557.jpg

中庭には変わったヒガンテの人形が展示されています。



パティオの上を見ると、
b0064411_3304948.jpg

あの上を散歩したい!

これ、面白い! 走りそうね。
b0064411_3313720.jpg


b0064411_332107.jpg

ちょっと素敵な階段を上がって行きます。 シンデレラみたいな気分♪



b0064411_3334445.jpg


b0064411_3341263.jpg


昔の姿をとどめているのはこの部屋くらい
b0064411_335085.jpg


b0064411_3353961.jpg


この宮殿を建てた人でしょうか。



この天井もきれいでした。
b0064411_3363875.jpg


展示してあるものは大して興味を引かなかったのですが、このくらい部屋の真ん中の大きな台の上に一杯に置かれたろうそくが印象的でした。ろうそくはバルセロナの町を表わしているようでした。

b0064411_338106.jpg


b0064411_3383152.jpg


b0064411_3385621.jpg


このPalacioの近くのPalau Mojoも開放されていたと後で知り、残念!!!。
この次の機会にはぜひ!

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-24 03:45 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(15)
友人のDidiが、足の手術をして今入院しているので、お見舞いに行きました。

日曜日はバスの本数も少ないし、10分も待っているのならばかばかしいので、厚い手行きました。
今は緑もきれいだしお花が一杯!歩くのも楽しいものです。

ほら、ニセアカシアがもうこんなに花をつけています。
b0064411_1164136.jpg


学校の鉄格子の垣根からあふれんばかりに咲いていたミニバラ。きれい。
b0064411_1172913.jpg


テクノン病院のあるところは、大きな家があちこちあるので、それを見るのも楽しみ。

ほら、ここ、前にもご紹介しましたね。ツタで覆われた家。
b0064411_1215240.jpg

なんだか、体がむずむずしてきません?
b0064411_1222311.jpg


b0064411_1225769.jpg

ここは養老院だそうです。ちょっと素敵でしょ。



普通の家だけれど、ポーチが広そう。いいな。
b0064411_1244643.jpg


これらは皆学校です。
b0064411_1254135.jpg

b0064411_12609.jpg
b0064411_1263558.jpg


これは目医者さん。昔はプラネタリウムでした。
b0064411_1274880.jpg


なんて素敵な家を眺めながら、テクノン病院に着きました。
b0064411_1291759.jpg

ここは庭がとてもきれい。
b0064411_1294173.jpg

今は水が出ないけれど、この魚の噴水、面白い。周りは全部ジャスミンですが、まだ花が咲いていませんでした。
b0064411_1303353.jpg


2日前に手術したDidiはちょっと疲れた顔をしていました。手術は9時間にも及び、一時は危険な状態にまでなったとか。昨日はかなり気分が良かったけれど、今日は昨日よりよくないといっていました。

今日はサン・ジョルディの日。バラと本の日です。
普通は赤いバラに麦を添えたブーケなんだけれど、私は白を選びました。

b0064411_1395964.jpg


早く元気になって、また一緒に散歩しましょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-24 01:45 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

バスの窓から

今日もなんだか雨が落ちてきそうな薄ら寒い日。気温はそんなに低いわけではないのだけれど、こんな日は皆上着をしっかり着て、首にマフラーかスカーフを忘れません。
でもちょっと歩くと汗をかくから、スカーフを取る。止ると、ヒヤッとした空気が首を通り抜けるのでまたスカーフをする、その繰り返し。

バスに乗っていると、目線が高くなって建物を見るのにはとても具合がいいので、いつも窓にべったり張り付いて、目を凝らして外を見ています。

バルセロナの町はどこに行っても集合住宅。市内には一軒家はめったにありません。
それでも、建物の玄関の扉や窓を見ているだけでも結構楽しむことが出来ます。

キューポラのある建物もあちこちで見かけます。
b0064411_0501478.jpg

いいな、いいな、中はどんな風になっているのかな?その下の部屋の窓は弧を描いているから、きっと素敵な眺めでしょうね。
b0064411_1143122.jpg


窓の外の手すりも、建物ごとに模様が違っていて楽しい。
b0064411_0533627.jpg


b0064411_054181.jpg


b0064411_0563218.jpg


b0064411_057023.jpg

↑これは窓にカーテンがかかっているのではなくて、前にある教会の石壁が映っていて模様のようで面白かったから。

b0064411_10073.jpg


b0064411_105543.jpg

↑ いつもバスで通るたび、このサンルームの大きな窓が目に入ります。すわり心地よさそうな安楽椅子が2つ。冬は赤い色でした。

b0064411_111511.jpg

アールヌーボーの素晴らしい大窓。
b0064411_13950.jpg



ああ、もうマロニエの花が咲いています。

b0064411_14091.jpg


この花、上を向いていて面白い。

b0064411_144418.jpg


そろそろ目的地です。バスって大好き。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-22 01:06 | 日々のこと cotidiana | Comments(12)
b0064411_15442489.jpg

サリアの区役所のすぐとなりに、魅力一杯のお店を見つけました。



こちら正面玄関
b0064411_15454887.jpg


外からも中の棚に並んでいるものがよく見えます。
b0064411_15464097.jpg


そうしたらどうしても入らないではいられません。
だって、皆、ちょっとそこいらのスーパーでは見かけないようなめずらしいものばかりですもの。 

b0064411_15481820.jpg

皆輸入品ばかり。
b0064411_15485318.jpg

食料品ばかりでなく、本や、リトグラフや(!)、キルトやナプキン、キッチングッズまであります。

「このお店にあるものは全部売り物ですよ!」
お店のマダムが陽気にいいました。
b0064411_165462.jpg


こういうところに来ると、私はつい、値段を見ないでかごに入れてしまいます。

b0064411_15511754.jpg


試してみたいものは一杯あったけれど、荷物があまり重くなるのも困るので、心を残しながらお店を出ました。

で、買ったのは
b0064411_15522557.jpg

左から レモン・カード(入りリス製。美味しい!)、ココア(コレもイギリスのみたい)、ショウガのジャム(南アフリカ製、不思議な味です)、手前がチョコレートのクレープ。後ろの丸いガラスの入れ物は キャンドルホルダー。でもちょっと花を飾ったりもできそう。

大した物を買ったわけではないけれど、うきうきしてしまいました。
また今度は別のものを試してみよう!

K & K, Negrevernis No.2, junto Pl Sarria
tel: 93 203 2172

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-19 16:02 | ショップ tiendas | Comments(6)

サリア地区で

前のブログの区役所のあるサリア地区は、以前何度か写真を載せましたが、ちょっとここだけバルセロナの外の別の街のような雰囲気で、古い建物の多い、庶民的で楽しいところです。特にすごいモニュメントとかは無いので、観光客もあまりいないところがいいのですが、いまやここはバルセロナでも一番家が高い地区になっています。

ここはCanet通り。
b0064411_156632.jpg

2階建てのアパートが棟続きにずらっと並んでいます。

b0064411_1574054.jpg

ここは昔、かなり荒れていたのを市がきれいに修復し、若い芸術家や手仕事を営む人たちに、お店兼アトリエ兼住居として貸し出しました。一時はいろいろなお店が並んでいたのですが、通りがかるたびにだんだん少なくなって、今は開いているところはベビー服のお店くらいでしょうか。表は隙間無く建物になっていますが、中にはきっと、パティオがあるんじゃないかと踏んでいるのですが... いつか覗いてみたくてうずうずしてるんです。


b0064411_151423.jpg
 
これは区役所のすぐ横の通りを入ったところにある古いアパートの入り口。なんでもないんですが、鉢が木って言うのがいいでしょう。 日本ではプラスチックのプランターをよく見かけますが、あんなに味気ないものは無いですね。 田舎に行くと、もっとひどくてトロ箱(白い発泡スチロールの大きな箱)をプランターにしているのをよく見かけます。あれ、惨めっぽいことこの上無しです。



これはずいぶん立派な建物だけれど、普通のアパートみたいですよ。
b0064411_15175297.jpg


↑の前の建物の前にあるアパートの下がトンネルになっていて、向こうの通りに抜けられます。これはトンネル通りの中ほどにあった家
b0064411_1519394.jpg

街灯の下にツタがあると、夜になって街灯が点いたとき照らし出されてきれいでしょうね。住民のちょっとした心遣いで町がきれいになりますね。


b0064411_15213241.jpg

この家は魔法使いの住む塔のようなのがくっついていて楽しい。ここ、レストランにでもならないかなぁ。中がどうなっているのか興味津々。


b0064411_1524574.jpg

建てられたのは1905年。
b0064411_15245349.jpg

窓のアイアン細工がいいでしょう。そして壁の緑と白のタイルもユニーク。
上の窓には植木鉢を入れるアイアンが2列に並んでいます。

このウィンドーを見ただけで、何屋さんかわかりますか?
b0064411_15264867.jpg

薬屋さんでした。もうサンオイルの宣伝しているんですね。そろそろ日差しが強くなってきたから、海に行く人が毎週結構いますし、ベランダでも日光浴が出来るんでしょう。

で、こちらのウィンドー。 何屋さんかナーと思って近づいてみたら
b0064411_1529220.jpg

花屋さんらしいんです。どうもアートフラワーのようです。ドライフラワーが飾ってあるもの。

b0064411_1531493.jpg

こんな通りが多いサリア地区。なんだかとても心休まるような気がするんです。




帰り道のCapitan Arenas通りのアパートも、すっかり新緑のツタに覆われていました。
b0064411_1533910.jpg


並木の緑も日増しに鮮やかになって行きます。これから楽しい季節ですね。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-19 15:40 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera