カフェ Caelum

このカフェのことは1年ほど前にもご紹介したことがありましたが、最近また行ってみました。

ここの売り物はスペイン全国の尼僧院で作られた手づくりのお菓子。素朴でほのぼのとした味わいのお菓子ばかりです。
b0064411_5443930.jpg

一階のカフェは明るく清潔で、シャンデリアの形をしたランプが下がっています。
b0064411_5465576.jpg

窓辺に並んだお菓子を、どれにしようかな、と選ぶのも楽しい。
b0064411_5483792.jpg

この上の2枚の写真は前撮ったものですが、、今回は地下のほうに下りて行きました。
そこは穴倉のようなところです。
b0064411_550419.jpg
b0064411_5501999.jpg


ここは13世紀のお風呂場の跡なんです。かなりきれいに残っていると思いませんか?
お風呂場、というと変な感じですが、実はこのあたりは中世のユダヤ人街。近年発見されたシナゴグ(ユダヤの礼拝所)が近くにあって、そこで礼拝するために体を清めたところなのです。


b0064411_5531977.jpg

(↑このSinagoga majorの写真はシナゴグメインサイトからお借りしました)

このカフェのお風呂場は、女性用で、男性用は、Banys Nuevosの家具屋さんの奥にひっそりと残っていたのです。ここの発見は去年のことです。ここは新聞に発見のニュースが出る前に見つけて一人で興奮していた家具屋さんです。
b0064411_643108.jpg


細い道が入り組んだゴシック街ですが、地下でとなりの通りのと繋がっていたりしているようです。一番下は古代ローマの遺跡になるのですが、その建物に使われていた石を使って上に建てられ、さらにまた重ねて建てられたりしているので、13世紀といっても、古い部分は1~3世紀のところさえあります。

それにしても13世紀に使われたお風呂場がしっかり健在、しかもいずれもお店として利用されているなんて、面白いですね。日本だったら博物館にするとかしそうだけれど、ここは町の中に溶け込んでいる。

薄暗い丸天井の遺跡の中で、当時の様子を創造しながら、ろうそくの明かりだけでお話しするというのは、当時の人がふっとそのあたりにいるような気がして、なかなか面白い経験でした。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-10 05:57 | レストラン、バル restaurante | Comments(10)

ある学校

最近、家に変えるのに、かなり遠くてもバスを使わず全部歩いてしまうことがあります。
方向さえ定めれば、ひたすら歩けば家に着く。いつもはバス通りの両サイドしか見れなくても、足で歩くと片っ端から知らない通りに入ることが出来るので、新たな発見も一杯!

この間は通りかかったレンガの建物に入ってみました。
b0064411_1342370.jpg
並木の木は葉が全部おちていますが、メリアという木で、もうすぐ紫の美しい花が咲き、
その後葉が生い茂ってきます。今は黄色っぽい実がたくさん付いていました。


b0064411_1363522.jpg

建物の下はトンネルになっています。そこを抜けると
b0064411_13864.jpg

若い人たちで一杯。学校だったんですね。
b0064411_1394819.jpg

こちらの庭の木は若い葉を茂らせています。ジャカランダかしら?
b0064411_1411190.jpg

知らん顔して別の出口から出ました。
門はいつも開けっ放しで外部の人が入っても平気みたいでした。ほんとによかったのかな?
b0064411_1421011.jpg

学校の建物は大体が古いものが多いので、中に入ったらきっと面白いだろうな、と思いましたけれど、さすがそこまでは...ね。
イギリスやドイツ、アメリカでも、外部の人が学校に入って銃を乱射した痛ましい事件がおきましたが、ここはそんなこと関係なし、という感じでした。平和なのかな。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-08 01:43 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

ヒヤシンス


我が家のあるピソ(マンション)は、10階建てのビルが平行に並んでいるので、2階の我が家は太陽が高く上らない冬の12,1月は直射日光が差しません。でも2月にはいる頃から少しずつ差し始め、今朝8時にはリビング一杯朝日で
満たされていました。なんという幸せ!

今の時季、ベランダにはほとんど花が無いのですが、去年植えたヒヤシンスが花を開き始めました。小さな植木鉢に狭苦しく植えたのに、ちゃんと花をつけてくれて! うれしくて写真を撮りました。おんなじ花だけれど見てあげてください。
b0064411_18232365.jpg
b0064411_18233783.jpg

b0064411_18282041.jpg

寂しいベランダが明るくなりました。こんなに元気と喜びをもらえるなら、来年もまた植えよう!と思ったことでした。

今日は3つの株が全部開花しました!また写真撮っちゃいました(笑)。
b0064411_2225126.jpg
b0064411_223543.jpg
b0064411_2231772.jpg
b0064411_2232872.jpg
b0064411_2234664.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-06 18:26 | 花・植物 plantas | Comments(2)

モルテロ

モルテロって、日本で言う乳鉢です。日本では薬局で薬を混ぜるとき使っていますね。Wikipediaを見ると、カテゴリが「実験器具」だったので思わず笑ってしまいました。
西洋では台所で頻繁に使いますから、ほとんどの家庭にあるのではないでしょうか。日本のすり鉢がどこにでもあるのと同じです。
ヨーロッパの乳鉢は香辛料をすりつぶすので、日本の薬屋さんのようなのではなくて、陶器や、硬い木をくりぬいたのや、石でできたものもあります。

私の持っているのはアラバスターの白い乳鉢
b0064411_17392861.jpg

これはもっぱらキャンドルホルダーとして活躍中。

ふだん使っているのはオリーブの木をくりぬいたもの。もう20年選手ですが、ぜんぜん傷みません。オリーブの木って、硬いんですね。
b0064411_17405036.jpg

これで何を作るかというと、たとえばガリシア風タコ料理を作るときは必ず使います。
ニンニクを入れて塩をふりかけてつぶし、パプリカを入れて、オリーブ油を混ぜてソースを作る...このモルテロはとても使い勝手がいい。
今日はピカントン(小さな鶏)の煮込みを作りました。
写真のようにアーモンドをこれに入れてミジミジにつぶします。
b0064411_1744056.jpg

おなべにニンニクのミジンと玉ねぎスライスを入れて炒め、鶏を大きく切って焦げ目をつけ、残ったワインをぶち込み、乾燥トマトとミジンのアーモンドも入れます。
b0064411_1745349.jpg

この調味料も使いました。
b0064411_17475928.jpg

いろんな香料が入っていて、蓋にコショー挽きが付いていて、まわすと中の調味料が挽かれてなべの上に落ちるようになっています。これ、便利です!
ベイリーフも入れるといいですね。それでことこと煮込んだら出来上がり!

盛り付けの写真は無いんです。 出来上がったのをなべに入れて少し休んでいたら、(腰が痛かったので)ほとんどからになってました(笑)。男の子の食欲はすさまじい。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-05 17:56 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(4)

sudoku

Sudokuってご存知ですか? 数独(すうどく)って言うんですってね。私はてっきり「素読」かと思ってしまいました。新造語ですね。
これは数字のパズル。
b0064411_8282638.jpg

こんな風に9つの枠が9つ並んでいて、ランダムに数字が入っている。
縦横、数字がリピートしないように入れてゆくという単純なゲームなんですが、これが結構面白いんです。すっかりはまってしまいました。

毎朝新聞に3つ付いてくるのを初め、週末に新聞についてくる付録の雑誌にも必ず付いています。ここではかなりのブーム。
これをずっとやっていたら目が悪くなること請け合いなんですが、はまる...
b0064411_1763754.jpg


今日はバスルームの洗面台の配水管をきれいにしていたら、すっかり腰が痛くなってしまいました。 それで夜はかなり早い時間からベッドで休んでいたのですが、ずっとこれをやっていたら夜中の一時になってしまいました。 
ちょっと馬鹿みたいですね...

興味を持った方、Webサイトでただで遊べます。


↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-05 08:52 | 日々のこと cotidiana | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera