ヒヤシンス


我が家のあるピソ(マンション)は、10階建てのビルが平行に並んでいるので、2階の我が家は太陽が高く上らない冬の12,1月は直射日光が差しません。でも2月にはいる頃から少しずつ差し始め、今朝8時にはリビング一杯朝日で
満たされていました。なんという幸せ!

今の時季、ベランダにはほとんど花が無いのですが、去年植えたヒヤシンスが花を開き始めました。小さな植木鉢に狭苦しく植えたのに、ちゃんと花をつけてくれて! うれしくて写真を撮りました。おんなじ花だけれど見てあげてください。
b0064411_18232365.jpg
b0064411_18233783.jpg

b0064411_18282041.jpg

寂しいベランダが明るくなりました。こんなに元気と喜びをもらえるなら、来年もまた植えよう!と思ったことでした。

今日は3つの株が全部開花しました!また写真撮っちゃいました(笑)。
b0064411_2225126.jpg
b0064411_223543.jpg
b0064411_2231772.jpg
b0064411_2232872.jpg
b0064411_2234664.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-06 18:26 | 花・植物 plantas | Comments(2)

モルテロ

モルテロって、日本で言う乳鉢です。日本では薬局で薬を混ぜるとき使っていますね。Wikipediaを見ると、カテゴリが「実験器具」だったので思わず笑ってしまいました。
西洋では台所で頻繁に使いますから、ほとんどの家庭にあるのではないでしょうか。日本のすり鉢がどこにでもあるのと同じです。
ヨーロッパの乳鉢は香辛料をすりつぶすので、日本の薬屋さんのようなのではなくて、陶器や、硬い木をくりぬいたのや、石でできたものもあります。

私の持っているのはアラバスターの白い乳鉢
b0064411_17392861.jpg

これはもっぱらキャンドルホルダーとして活躍中。

ふだん使っているのはオリーブの木をくりぬいたもの。もう20年選手ですが、ぜんぜん傷みません。オリーブの木って、硬いんですね。
b0064411_17405036.jpg

これで何を作るかというと、たとえばガリシア風タコ料理を作るときは必ず使います。
ニンニクを入れて塩をふりかけてつぶし、パプリカを入れて、オリーブ油を混ぜてソースを作る...このモルテロはとても使い勝手がいい。
今日はピカントン(小さな鶏)の煮込みを作りました。
写真のようにアーモンドをこれに入れてミジミジにつぶします。
b0064411_1744056.jpg

おなべにニンニクのミジンと玉ねぎスライスを入れて炒め、鶏を大きく切って焦げ目をつけ、残ったワインをぶち込み、乾燥トマトとミジンのアーモンドも入れます。
b0064411_1745349.jpg

この調味料も使いました。
b0064411_17475928.jpg

いろんな香料が入っていて、蓋にコショー挽きが付いていて、まわすと中の調味料が挽かれてなべの上に落ちるようになっています。これ、便利です!
ベイリーフも入れるといいですね。それでことこと煮込んだら出来上がり!

盛り付けの写真は無いんです。 出来上がったのをなべに入れて少し休んでいたら、(腰が痛かったので)ほとんどからになってました(笑)。男の子の食欲はすさまじい。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-05 17:56 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(4)

sudoku

Sudokuってご存知ですか? 数独(すうどく)って言うんですってね。私はてっきり「素読」かと思ってしまいました。新造語ですね。
これは数字のパズル。
b0064411_8282638.jpg

こんな風に9つの枠が9つ並んでいて、ランダムに数字が入っている。
縦横、数字がリピートしないように入れてゆくという単純なゲームなんですが、これが結構面白いんです。すっかりはまってしまいました。

毎朝新聞に3つ付いてくるのを初め、週末に新聞についてくる付録の雑誌にも必ず付いています。ここではかなりのブーム。
これをずっとやっていたら目が悪くなること請け合いなんですが、はまる...
b0064411_1763754.jpg


今日はバスルームの洗面台の配水管をきれいにしていたら、すっかり腰が痛くなってしまいました。 それで夜はかなり早い時間からベッドで休んでいたのですが、ずっとこれをやっていたら夜中の一時になってしまいました。 
ちょっと馬鹿みたいですね...

興味を持った方、Webサイトでただで遊べます。


↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-05 08:52 | 日々のこと cotidiana | Comments(4)

いまどきの洗面台

17年前取り付けたメインバスルームの洗面台が、どうも気に入らなくなりました。
下に付いている戸棚のしまりが悪いこと、流れがスムーズでないこと、排水溝の金色のめっきがはげてみっともないこと...

それで洗面台のショールームを見に行きました。ところが。
最近の洗面台はこんな風なんです。

1.どんぶり型
b0064411_884179.jpg
こんなの、周りの掃除がしにくいんじゃないでしょうか?見た目にもあまり素敵じゃないでしょ?


2.四角型
b0064411_8103444.jpg
隅が掃除しにくいことはなはだしい。


3.薄っぺら型
b0064411_811412.jpg
洗面台に水をためて洗いたい時だってあるんですよ。


4.逆さピラミッド型
b0064411_8125589.jpg


b0064411_8131429.jpg
格好はいいけれど、これも水がためられないし、ちょっと強く出すと手前にジャーッと水が飛び出す。使い勝手よくないです。


5.ガラス製
b0064411_815374.jpg
石灰分の多いバルセロナの水は、すぐ白く水の痕が付くので、掃除が大変。


一つも気に入ったのがありません。

私は洗面台の下にもたっぷり収納場所が欲しいんですが,それが付いているのもほとんど無いんです。どうしたらいいんでしょうね~?

同じマンションの4階のマリルスが、バスルームを改装したので見においで、と言ってくれました。それが素敵なんです。
b0064411_8252744.jpg
タイルは黒の石。大きなシャワーの蛇口、ガラスの仕切り、超モダンな蛇口と洗面台は、水をたくさんためることは出来ませんが見たところはとても素敵でした。鏡の裏には熱線が入っていて、曇り止めになっているそうです。このバスルームをデザインしたのはなんと今設計を勉強中の22歳のお嬢さん。
それはそれは素敵だけれど、タオルやトイレットペーパーや、化粧品などどこにも置く場所がありません。やっぱり、私は収納場所があるほうが便利だと思うけど...


同じバスルーム、我が家は...
b0064411_21393328.jpg
上のマリルスと同じ小さいほうのバスルーム。改装工事は17年前のまま。洗面台が割れたので、それだけフィリップ・シュタークの物に替えました。バスタブ取っちゃって、大きなシャワーだけにしてもいいナーと思うけれど、床や壁のタイルを張り替えたり、かなり大掛かりな工事だからお金がかかりそう。いつになることやら。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-04 08:32 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(6)

Consejo de Ciento通り

Consejo de Ciento通りは昔から画廊がたくさんあるので有名でした。今もかなりの数の画廊があり、見て歩くだけでも楽しい。
歩いていると、大掛かりな工事をしていました。
建物と建物は皆くっついていますから、建蔽率なんて考えないんですね。
b0064411_0305442.jpg

古い建物の通りに面した部分だけ残して全部解体、中を建て直して、正面もきれいに修復します。これは全部壊してしまうよりずっとお金がかかるのだと思いますが、そのおかげで、町並みはそのままの姿を保つことが出来るというわけ。バルセロナが以前よりずっときれいな町になったのもこうした努力の賜物です。また、以前はどの建物もこのように排気ガスで黒ずんでいましたが、今はほとんどをきれいにしたので、町がとても明るくなりました。

b0064411_047245.jpg
本当に美しい建物の入り口。中はどんなでしょう。


こんな素敵な壁画の建物も。
b0064411_045254.jpg

b0064411_0454643.jpg


この通りは最近はインテリアのお店も増えて、たまたま入ったこのお店、ものすごい広さでたくさんの家具がありました。
b0064411_0373353.jpg

奥に入ってゆくと、1ブロック全部がこのお店かと思うほど奥が深いんです。その数の多いこと!! アジアからや、他のヨーロッパの国からの家具もたくさん。小物から大物まで、特にルスティックな家具がとても素敵でした。
b0064411_0392338.jpg

興味のある方はこちらがここのHP.
こんな建物もありました。
b0064411_0495025.jpg

普通のアパートみたいだけれど、誰がこの人たちを置いたのかな?
b0064411_0503816.jpg

お昼は、「Pulperia(タコ屋)」というレストランに入りました。名前が面白いでしょ。
b0064411_0532213.jpg

天井に走るダクトには、激しい色が塗ってありました。
b0064411_0543168.jpg

メニューは8ユーロ弱で前菜、メインディッシュ、飲み物、デザートつき。悪く無かったですよ。
b0064411_05528.jpg

でもどうしてこのタコ、足が7本だろうか? 友人が、頭を入れたら8本、だって。まさか。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-03-03 01:00 | レストラン、バル restaurante | Comments(5)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera