Cosmocaixa 3 標本たち

Cosmocaixaにあったおびただしい標本の中で、美しいと思ったものたち

b0064411_585380.jpg


b0064411_594079.jpg


b0064411_5102331.jpg


b0064411_5105362.jpg


b0064411_5115415.jpg



b0064411_512189.jpg



b0064411_5111744.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-26 05:16 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Cosmocaixa 2

Cosmocaixaの中には、いろいろな実験が出来るものが一杯です。

ボタンを押すと、波が起こって、どのように岸に伝わってゆくかが観察できる。
b0064411_184915.jpg


風で砂紋を作る実験
b0064411_18501242.jpg


ボタンを押すと、水滴がきれいな模様に広がる
b0064411_1851480.jpg


白いボールが空間を飛び跳ねる
b0064411_18514627.jpg


その他さまざま...
b0064411_18535345.jpg

b0064411_18524716.jpg

b0064411_18541215.jpg
b0064411_18542718.jpg


b0064411_18552648.jpg筒の下から出てくる泡が一列に上に上がってゆくと



上に丸いままたまっている。どうして泡が壊れないのかしら?
b0064411_18562774.jpg



気球もありました。
b0064411_2072388.jpg


b0064411_2084323.jpg



b0064411_209740.jpg



b0064411_18591853.jpg

壁にネコ、左の窓には動くほうき。??
椅子に座って覗くと、ネコをほうきで追っ払っているように見える。
左の穴の前には鏡が付いていて、左の窓の中のほうきが見えるようになっている。右目で猫を見ながら左目はほうきを見ているので、両方の像が重なって見えるのですね。

またまた、長くなったので、続きはこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-25 19:05 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

Cosmocaixa 1

Cosmocaixa、コスモカイシャは 科学・静物博物館。去年あたりにオープンしたばかり。
ずっと行ってみたかったのだけれど、なんとなく行きにくい場所なので、今までいったことがありませんでした。
日曜日に友人を病院に見舞いに行ったあと、どんどん東に歩いてみたら、目の前にあったのです。 2
どうしようかな、見ようかな、この次にしようかな? その日は次に行きたいところがあったので、ちょっと考えたのですが、この次なんて、もう来ないかもしれないし、と思って入りました。


b0064411_18152473.jpg

この建物は、以前科学博物館だったときのメインの建物でしたが、今はその右にあるガラス張りの大きなスペースになっています。

b0064411_1822923.jpg
入り口のすぐ脇にあったもの。長い鎖が絶え間なくぐるぐる動いています。背景の壁の文字はアインシュタインの字。




b0064411_18195111.jpg


入場料は3ユーロ。恐竜の頭の化石の横をエスカレーターで、下に下りてゆきます。

b0064411_18275572.jpg


長いエスカレーターを降りてゆくと、そこに大きな振り子があります。これは前の科学博物館のときも入り口付近に置いてありました。一回ごとに少しずつ振りの角度が変わり、一分経つと、金属板に振り子の先の針が当たって、パタッと大きな音を立てて倒れます。

まず、薄暗い恐竜の化石の森
b0064411_18291455.jpg
時々、ゴ~ッと鳴き声のような擬音が入ります。

b0064411_18303050.jpg


恐ろしく広いスペースに、仕切りを設けないでいろいろなコーナーがあります。
b0064411_18333484.jpg


飾りつけもアートっぽくて面白い。
b0064411_1832413.jpg


b0064411_18341394.jpg


b0064411_18343230.jpg



b0064411_18355868.jpg

アインシュタインの特集をやっています。若い頃の写真だからわからなかった(笑)。



人が立っているのかと思ったら、アインシュタインの蝋人形。
b0064411_18352021.jpg


b0064411_1838107.jpg

何から見たらいいかわからないくらい一杯!


b0064411_1839994.jpg


ミュンヘンのドイツ博物館ほど大きなものではありませんが、触ったり実験したりできるものが多いので、とても楽しい。

続きは次のブログで。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-25 18:44 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Casa Ramos

Casa Ramosは、Lesseps広場に面した大きな集合住宅です。
これは1906年、建築家のJaume Tprres i Grauによって設計された、モデルニスタ、カタルニァのアールヌーボーの建物です。

今年が建てられてから100年目。サン・ジョルディの日、オープンハウスになったので、普段住民しか入れない玄関の中に入れてもらうことが出来ました。

b0064411_6583992.jpg


この建物、かなり装飾過多なので、目を惹きます。サン・ジョルディの祭日なので、窓の手すりにカタルニァの旗をかけています。

b0064411_7087.jpg

この窓の手すりのアイアン細工、チョウチョでしょうか。こういう立派な装飾のある出窓はよく2階に見られます。
以前はアパートはほとんど賃貸で、その建物のオーナーは日本の2階部分、ここではPrincipalという階に住んでいました。そのフロアは特に立派に作られていたのです。ですから、古い建物は、日本でいう1階はPlanta Baja, 2階がPrincipal, その次から1階と呼ばれたので、日本の3階から1階が始まる、と言うややこしいことになります。

がっしりした木の正面玄関。
b0064411_754671.jpg


b0064411_76847.jpg

このノッカー立派でしょう。
これをカンカンたたくと、結構聞こえるものです。



b0064411_781229.jpgさて中に入ると、上に向かって階段が続いています。


天井近くの装飾もすごい。
b0064411_791872.jpg


これは壁のレリーフ。
b0064411_795828.jpg


b0064411_7103443.jpg

階段のある上は、ガラス張りになっていて日が入るようになっています。ここ、とてもきれいでした。


b0064411_7115899.jpg


奥に見えるのが今入ってきた玄関の扉。


視線を上に這わすと
b0064411_7133636.jpg

b0064411_715582.jpg


b0064411_716466.jpg


壁にあるランプもその当時のもの。天井には水玉模様が描かれているんですね。
b0064411_7171122.jpg


b0064411_7174727.jpg

奥にあるエレベーター。これは今壊れているみたいだから、皆さん足で登ってゆくのかな。




b0064411_720975.jpg

管理人さんの入るブースに、思い出の品が展示してありました。


b0064411_7204149.jpg



b0064411_7222986.jpg

さほど広くもない玄関ホールに椅子がごちゃごちゃ置いてあって、住民たちがシャンパンを飲んで昔話をしていました。
100年と言ったら、住んでいる人の一番年配の人だってまだ生まれてなかったでしょう(ひょっとして100歳以上の人もいるかも!?)。 お家の中には、先代の思い出の品物が一杯詰まっているかもしれませんね。 ちょっと覗きたかったけれど、そこまではオープンしていませんでした。 
なんだかちょっとしんみりした気持ちになって外に出ました。


↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-25 07:26 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)
4月23日は、バルセロナの守護聖人、サン・ジョルディの日です。この日は別名バラと本の日と呼ばれ、町のいたるところに花屋と本屋が並んで、人々はバラを買い、本をプレゼントするのです。
すべての通りの角っこに花屋さんが出ています。
まだ朝が早い(と言っても10時過ぎ)ので、外にいる人は寒いのでしょう。しっかり冬支度。



b0064411_321316.jpg


学生さんたちのスタンドも。わいわいにぎやかで楽しそうです。
b0064411_322890.jpg


どこも黄色と赤の縞のカタルニァの旗をかけています。
b0064411_3225943.jpg

バラ一本に麦一本で4ユーロ。この日ばかりは高いのよね。

これは本屋さん。台の上に一杯並べたお店が町中にできます。
サン・ジョルディの日の本の売り上げは、年間の半分以上だそうです。
b0064411_32338100.jpg


ランブラス通りに行ったら、押すな押すなの大賑わい。
b0064411_3245750.jpg

わいわいわい、ぞろぞろぞろ...歩くのもままならないくらいすごい人。
b0064411_325965.jpg

テレビ局も来てました。混雑振りがニュースに出るのでしょう。
b0064411_3254114.jpg


今日はあちこちのお屋敷が開放されます。
ここはVirreina宮殿。
b0064411_3561028.jpg

1772年~1774年に建てられたカタラン・バロック様式の重厚な建物。建築家であり彫刻家であったCarles Grau (1717-1798)の設計によるものです。
前で何かやってます。詩の朗読などをするらしい。
b0064411_3265973.jpg


普段はさまざまな展示会に使われていますが、入るのは久しぶり~。
b0064411_3291557.jpg

中庭には変わったヒガンテの人形が展示されています。



パティオの上を見ると、
b0064411_3304948.jpg

あの上を散歩したい!

これ、面白い! 走りそうね。
b0064411_3313720.jpg


b0064411_332107.jpg

ちょっと素敵な階段を上がって行きます。 シンデレラみたいな気分♪



b0064411_3334445.jpg


b0064411_3341263.jpg


昔の姿をとどめているのはこの部屋くらい
b0064411_335085.jpg


b0064411_3353961.jpg


この宮殿を建てた人でしょうか。



この天井もきれいでした。
b0064411_3363875.jpg


展示してあるものは大して興味を引かなかったのですが、このくらい部屋の真ん中の大きな台の上に一杯に置かれたろうそくが印象的でした。ろうそくはバルセロナの町を表わしているようでした。

b0064411_338106.jpg


b0064411_3383152.jpg


b0064411_3385621.jpg


このPalacioの近くのPalau Mojoも開放されていたと後で知り、残念!!!。
この次の機会にはぜひ!

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-04-24 03:45 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(15)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera