お寺

東京目黒の雅叙園に至る坂を下りてゆく途中にあった小さなお寺

外国からの観光客になったつもりの写真です。

b0064411_2257582.jpg


b0064411_22583351.jpg


b0064411_22585171.jpg


b0064411_22591286.jpg


b0064411_22593053.jpg


b0064411_22595455.jpg


b0064411_2301196.jpg


b0064411_230322.jpg


b0064411_2304978.jpg


b0064411_23163.jpg


b0064411_2312376.jpg


こんな風景も、日本のかたち、ですね。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-06-03 23:02 | 日本 Japon | Comments(2)

東京庭園美術館

東京目黒駅から徒歩10分ほどのところにある庭園美術館、今回行くことができました。

この建物は朝香宮邸として1933年に建てられたものをそのまま美術館として公開されているもので、日仏合作の、アールデコの美しい建物です。

b0064411_14464013.jpg


玄関に入ったところにラリックのすりガラスの壁! 美しいモザイクの床。 各部屋の照明具や暖房の覆いなど、部屋ごとにデザインが違ってとても興味深いものでした。
3階にはウィンたーガーデンがあり、今は植物はありませんが、黒白の市松模様のタイルの床、そして排水溝の蓋のデザインに目を見張りました。

庭園は広く、小川が流れ、お茶室があり、大きな池があって、散歩を楽しむことができます。

b0064411_14531290.jpg


b0064411_14533625.jpg


b0064411_14535635.jpg


b0064411_14541779.jpg


b0064411_14544170.jpg


b0064411_1455593.jpg


b0064411_14552267.jpg


b0064411_14555052.jpg


この前の学校の庭といい、この庭園美術館といい、日本の庭園の美しさは本当に心が和みます。
実はこの後、原美術館に行ったのですが、休館中で中に入れずとても残念でした。
でも付近の御殿山あたりがとても素敵でした。

b0064411_1511177.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-06-03 15:01 | ミュージアム museos | Comments(8)

庭園のある学校

東京の姉の家のすぐ隣に、森があります。ここは学校。
雨の降るある日、見学させてもらいました。

入り口で名前と時間を書き込めば、後は自由に散歩させてもらえるのです。

木々の生い茂る、公園のような美しいところでした。
b0064411_2294712.jpg


b0064411_22101154.jpg


b0064411_22102952.jpg


b0064411_22121091.jpg


b0064411_22105451.jpg


b0064411_22114825.jpg


b0064411_22123373.jpg


b0064411_22125620.jpg


b0064411_22131656.jpg


b0064411_22133514.jpg


b0064411_22135281.jpg


b0064411_2214959.jpg


b0064411_22144875.jpg


b0064411_2215699.jpg


b0064411_2216360.jpg


b0064411_2216318.jpg


b0064411_22165078.jpg


b0064411_22171263.jpg


都内でもこんなところがあるんですね。とても素敵な散歩でした。

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-06-02 22:18 | 日本 Japon | Comments(2)
実家に滞在中、一度だけ、母とちょっとした外出、蓼科高原にあるマリー・ローランサン美術館に行きました。
蓼科には茅野からバスに乗りますが、それが結構遠くて、40分近くも山の中をぐるぐる乗ってゆきました。
あたりは目の覚めるような緑の森です。

b0064411_1923018.jpg


こんな山の中に、たいそう立派な美術館があるのにもびっくりでした。モダンでとても素敵な建物です。

b0064411_1932838.jpg


この美術館は、高野将弘氏が蒐集した100点余の作品公開から出発し、現在は小品を含め500点にも上る作品が展示されているそうです。フランスの画家の唯一の専門美術館が日本の、しかもこんな山の中にあるとは、ちょっとうそのようですね。
b0064411_19163279.jpg


b0064411_19165385.jpg

モダンな建物は2層になっていて、地階に下りるところには、足の悪い人や老人のための電動椅子も付いていました。これはバルセロナでは良く見かけるのですが、日本ではめったに見かけないので、ちょっと感心しました。

私は特にローランサンの絵が好きというわけではなかったのですが、こうして間近にたくさんの作品を見ると、その不思議な魅力に惹かれました。初めて見る作品もたくさんありました。

b0064411_19454185.jpg


b0064411_19481332.jpg


b0064411_19484516.jpg


b0064411_19491040.jpg


b0064411_19493712.jpg


b0064411_1954334.jpg

素敵な作品がたくさんありました。



よく手入れの行き届いた中庭が見えます。
b0064411_19545148.jpg


バスに乗ってまた茅野駅まで戻りましたが、帰りは行きより早く感じました。 母が、あんなに長くバスに乗るのはこりごりだ、とぼやいていました。

マリー・ローランサン美術館HP

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-06-02 19:59 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(4)

私の故郷

私の生まれた町は、長野県の小さな町。生まれた家は、駅前にあったのですが、都市計画で3度にわたってどんどん削られ、最後にはとうとうなくなってしまいました。 母は今、以前伯母が住んでいた家に住んでいます。

私が大学に行くため東京に出てからはやン十年、町はきれいになった部分もありますが、駅前などは商店街が無くなり、返ってさびしくなりました。 古い建物がどんどん壊され、醜悪な、ばらばらな建物が目に付き、駐車場ばかりが増えました。
メイン通りはまだいいのですが、少し小さな道にはろくに街灯も無く、歩道はもちろん無し。狭い通りも全部両面通行で、車がびゅんびゅん走っていて、歩くのもちょっと怖い。 
歩道や街灯が無いというのは、本当に困りものです。

町には、ここの出身の武井武雄の作品を集めた「イルフ童画館」というかわいいミュージアムがあります。
b0064411_5522862.jpg


武井武雄は、1920年ころから1970年ころまで、子供たちのための絵「童画」を描き続けた人で、さまざまな材料を使った豆本なども作っています。ユニークな画風は人目で彼の作品とわかるもの。私の小さいころのキンダーブックにいつも載っていました。

b0064411_557973.jpg


駅からこの童画館に至る道は童画館通りと呼ばれ、武井武雄のデザインの街灯が立っています。
b0064411_5583435.jpg


b0064411_5585889.jpg


b0064411_5592168.jpg


町にはいくつも神社がありますが、私が小さいころいつも通っていた神社はここ
b0064411_603335.jpg

昔はもっとたくさん大きな木があって森のようだったのに、葉っぱが落ちるからと苦情があったのか、ずいぶん切られてしいました。

醜悪な半分モダンな建物が多い中、時々こんな昔ながらの家をみるとほっとします。
b0064411_625110.jpg


ツツジの生垣が真っ白い花をいっぱい付けていてきれいでした。
b0064411_633947.jpg


そして・・・・

義姉の病室
b0064411_642711.jpg


大手術を受けたあと、まだほとんど眠ったままです。

早く元気になって.....

↓クリックしていただけると励みになります。


# by gyuopera | 2006-06-02 06:07 | 日本 Japon | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera