昨夜7時から、Balmes通りにあるCasa Lutierで、國松竜次さんのギターリサイタルがありました。
私はギリギリ7時に飛び込んだので、もう一杯。でも上も少し席があって、座ることが出来ました。
ほっそりした繊細な指から生まれる音は今まで私の持っていたギターと言う楽器のイメージをすっかりくつがえしてしまいました。
b0064411_111117.jpg
b0064411_112327.jpg

曲目はピアソラ、リョベート、トゥリーナ、テデスコ、武満徹、ブローウェル、そして彼自身の作曲した曲まで2曲!!
すべて楽譜などまったく彼には必要が無いようで、ささやくような音から激しい音まで変化自在、本当に美しいギターの音に触れられた思いでした。

ギター演奏は、録音で聞くよりも、こういった小さな空間で、生演奏を聞くのが最高だと思った夜でした。

その後は、興奮して、とうとう家まで歩いて帰ってしまいました。途中、次々といろいろなものが目に入って... かなり何度もシャッターを切りました。何を撮ったかって...? 私の感じた美しいもの。それはこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-27 01:08 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

ショーウィンドー

お店のショーウィンドーにマスクが... カーニバルの季節です。
b0064411_074065.jpg

b0064411_08023.jpg
b0064411_081988.jpg

こちらはカーニバルとは関係ないけれど、メルセリア(手芸洋品店)のショーウィンドー。
b0064411_0102695.jpg
b0064411_0103784.jpg
b0064411_0104983.jpg
b0064411_0105981.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-27 00:12 | ショップ tiendas | Comments(2)

友人宅での食事

昨日の日曜日、3時間の山歩きをしてボーっと心地よい疲れに身をゆだねていたら、一緒に歩いた友人のトニアが、
「お昼を食べに寄っていきなさいよ」
と誘ってくれました。3人のお嬢さんたちは皆スキーに行っているので、彼女は一人で食べるのもつまらないようなのです。

彼女の台所は、かなりごちゃごちゃしていましたが、ぜんぜん平気。
b0064411_19485022.jpg

見ると、Wok(中華なべ)で薄切りの玉ねぎを炒め始めました。
「これにニンジンを入れるつもりよ」
と言って、ピーラーでさっさと入れはじめました。ちょうど冷ご飯もあったので、
「これも入れてチャーハン作りましょうよ」
と提案すると、彼女チャーハンって知らないんです。
「何でも野菜を入れて炒めればいいのよ。お肉やハム入れてもいいし」
それで、玉子とインゲンを足して、冷ご飯も混ぜて炒めました。

さあ、出来た!中華なべごとドッと食卓に!(笑)
b0064411_19512636.jpg

「ワインもあるわよ」
マテウスをコップに(笑)注いでくれます。
野菜は大きめだったけれど、とても美味しかった。
「簡単にすぐ出来て美味しい!」
彼女もかなりお気に入り。

そのほかにも、アンコウのフライや、カネロニ、サラダと次々出てきます。もうおなか一杯!

ベランダで鳴き声がしました。
先週この家に来たばかりの子犬が、こっちを見て泣いています。おなかがすいたのでしょう。
上げたご飯を、洗ったようにきれいに食べました。
b0064411_1956564.jpg

b0064411_19572980.jpg
b0064411_19573959.jpg
b0064411_1958862.jpg

食べ終わると、また悲しげな顔でこっちを見ます。
戸をあけてあげると、飛び上がってじゃれ付いてきました。まだ3ヶ月の子犬です。遊びたくて仕方がないんですね。

壁にトニアの絵が。画家のジョルディが描いた絵です。
b0064411_19593663.jpg


すっかりお邪魔してしまいました。夜は国松さんのギターソロリサイタルでした。これはまたこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-26 20:01 | 日々のこと cotidiana | Comments(4)

コルセローラの山歩き

昨日の土曜日はまぶしいばかりのお天気でした。それで、またバルセロナの北にあるコルセローラの山を歩きました。

今回は別のルート。松の多い山です。
b0064411_19284547.jpg

b0064411_19293267.jpg
時々びっくりするほど大きな松があります。


b0064411_19302696.jpg

ボーっと白く見えるのがアーモンド。
b0064411_19305641.jpg

あちこちに野生化したアーモンドの木があります。
b0064411_19312269.jpg
b0064411_19313253.jpg
b0064411_19314759.jpg
b0064411_1932186.jpg

ビンカの群生を見つけました。
b0064411_19324169.jpg

スミレもあちこちに可憐な姿を見せて。
b0064411_19331362.jpg

3時間あまりの山歩き、本当に心地よい疲れでした。

その後は、友人のトニアの家でお昼をご馳走になりましたがそのお話は次にね。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-26 19:35 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)
カタルニァの近代史は、いずこも同じ、産業革命と戦争が付いて回ります。スペインの内戦は悲惨なものでしたから、人々の心に深い傷をつけました。
b0064411_6375944.jpg


これは1900年代初頭の事務所。こういう机は今でもアンティックショップでよく見かけます。
我が家の息子たちにもこのタイプの大型デスクを一つずつ買ったんですよ。
b0064411_640178.jpg


レトロなものたちも、当時の最先端の機械でした。
b0064411_6484928.jpg

このタイプライター、シンドラーのリストを思い出します。
b0064411_6501115.jpg


b0064411_652351.jpg
市民戦争は子供たちまでも必死で戦ったのです。


これは30年代のダイニングキッチン。明るい電気が家庭にももたらされました。あちこちに懐かしい道具が見られます。
b0064411_6541883.jpg

b0064411_6553115.jpg

そして学校。
b0064411_656816.jpg

これは60年代のダイニングキッチンです。電気製品が家庭で一般的に使われるようになります。私の趣味から行くと、30年代の方が好きだな~。
b0064411_658512.jpg


フランコの時代が終わり、ファン・カルロス一世が新国王となりました。スアレス政権に替わって、社会党のゴンサレスが政権を取ったのは1982年。私たちがスペインに来た年でした。

このミュージアムは広々としてとても楽しいので、ぜひ一度ご覧になることをお奨めします。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-02-25 07:04 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera