イネスの家

友人イネスの家は、バルセロナのゴシック街、市庁舎のあるサン・ハイメ広場のすぐ後ろにある、Sant Just広場の宮殿、サン・モリ侯爵邸、一般にはモショ邸と呼ばれています。
この家は、もとは13世紀に建てられたもので、1700年に今の建物に建て替えられました。

侯爵はガウディのスポンサーであったグエル氏の娘と結婚、イネスのお母様で、彼女が爵位を受け継ぎ、お母様の亡き後は、イネスが爵位を継いだので、この宮殿も彼女のものになりました。
b0064411_2392629.jpgb0064411_2395259.jpg現在、セレヴな結婚式場として貸し出しており、イネスは普段はセビリアに住んでいます。セビリアにはもっと大きな宮殿のような家を持っていますが、さらにそのほかにも2つのお城を持っています。



b0064411_2432537.jpg

L字を描いた石の階段を登ってゆくと、堂々たるドアが。エントランス・ホールにはゴシックの宗教画が、教会の内部のような内装の間に掛けられていて、チャペルのような雰囲気です。
右手に行くと家族の使っている部屋、左手には豪華な広間が3つあります。

b0064411_2461733.jpg ランプにも歴史が感じられます。

b0064411_2474417.jpg あちこちに紋章が付いています。


b0064411_2493880.jpg初めて行ったときは夏でしたので、すぐパティオに案内してくれました。

b0064411_2515128.jpg
広々として風が通り抜ける気持ちの良い空間です。壁のレリーフもとても美しい。


b0064411_2545622.jpg

ここはダイニングルーム。たくさん椅子があります。


b0064411_2561279.jpgシャンデリアが2つもついています。


b0064411_2571068.jpg 窓から玄関が見えます。

b0064411_257579.jpg由緒のありそうな家具と調度品。
このフロアにはキッチンがなく、小さなサブ・キッチンがあって、ちょっとした軽食や飲み物を用意するだけ。キッチンは上の階にあり、料理は小さなエレベーターで下ろされてくるのです。


b0064411_2533690.jpgさて、いよいよ広間のほうを見せてもらいます。ドキドキ。

すごい~。
b0064411_313962.jpg


b0064411_323311.jpg
このシャンデリア、本当に美しい。

b0064411_334027.jpg

壁にもたくさん小さなシャンデリアが下がっています。


b0064411_34458.jpg


この続きは、次のブログでお話しましょう。



# by gyuopera | 2006-01-29 03:06 | インテリア interior | Comments(6)

デザートワイン、Moscatel

先日行ったレストランで、「音楽家のデザート」という名前で、たくさんのナッツとデザートワインが出てきました。それが甘くてとても美味しかったので、スーパーに見に行きました。

Moscatelというデザートワインは3社から出ていて迷ったのですが、一番ビンの素敵なのを選びました。きっとドレもそんなに味は違わないかもしれません。

b0064411_2323443.jpg

結構さらっとしていて、飲めてしまいます。

b0064411_23234649.jpg

ちょっと一杯。

b0064411_23241454.jpg

アルコールはカロリーが高いし、さらにこれは甘いから、要ダイエットの私にはまずいかも?

b0064411_23245680.jpg

アルコール度は15パーセント。結構強い。キッチンドリンカーになっちゃだめですね。
でも家に一本置いておくのも悪くないですよ。

↓クリックしていただけると励みになります。

# by gyuopera | 2006-01-27 23:45 | 食べ物 comida | Comments(2)

アンティーク市で買った物をご披露しましょう。

まず、このトリの形をした入れ物。わりと大きいんです。

b0064411_18495518.jpg


b0064411_1851218.jpg 丸い形に手で付けた素朴な彫り物、そして驚いたのはその重さ。ずっしりしています。
銀ではないのですが、多分、アルパカでしょう。真っ黒になっていましたが、家に帰って30分くらいかけて丁寧に磨いたら、ぴかぴかになり、新しいもののように見えてしまいました。
売り手のおじさんは、とても古いものだ、といっていましたが、最低50年は前のものと思いますが、はっきりした年代はわかりません。
"Almazan”と彫られていたので、調べてみると、ソリア州の町の名前だったのです。この町の細工師が作ったものでしょうね。

それからこれは、携帯用リコール入れ。
b0064411_18583127.jpg

ズボンのポケットに入れるように、カーブしています。今でもまったく同じ形の物を生産していますが、映画の中で、冬の寒い夜、ちょっと元気付けにポケットからこれを取り出しちびちび飲んでいるシーンを見たことがありませんか? 女性の私が持っていたら、アル中みたいだから、花瓶にでもしようかしらん?

それからこれも一目ぼれのペーパーナイフ。
b0064411_1911054.jpg



b0064411_1923144.jpg
これもアルパカ製ですが、面白いのは刃と握りがワンピース、つまり同じ材質なのです。
シンプルながら優雅なデザインは、どっしりしたマホガニーの机に似合いそうです。
柄の付け根に小さくolriと入っていました。ネットで調べると、イタリア・パドヴァにある銀製品の会社。今ではモダンなデザインのものばかりです。
 かなり尖っているので、一瞬、トスカを思い浮かべてしまいました。 お子さんのいるところには置けませんね。


ピローケースも素敵なものを見つけました。

b0064411_1981567.jpg


b0064411_1983933.jpg

繊細な縁の手編みレース、凝ったイニシァルの刺繍、肌触りがひやりと素敵なホワイトリネンの感触...この手の枕カバーで、どれほど癒されたことでしょう。




小さなハギレのレースも、びっくりするほど繊細な編み。これだけ編むのに一体どのくらい時間がかかったことかしら。
b0064411_1911672.jpg


そして最後に、リセウの写真集!かなり大判の立派な本です。
b0064411_19123860.jpg

というわけで、身の周りに置いて、見たり、使うたびに幸せを感じるのです。
# by gyuopera | 2006-01-27 19:14 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(2)

バスからの眺め

朝の患者さんから突然キャンセルの連絡。 久しぶりにノミの市エンカンテスに行こう!!

ちょっと寒かったけれどお天気もまずまず。ここはいつも混んでます。ホント、スリが多いので、油断は禁物。でも夢中になって物色していると、ついバッグのことなんか忘れてしまいますね。
一度カメラを盗まれたので、すっかり懲りて、首からかけてコートの中に忍ばせます。お財布類は身につけるようにして。

CDを売っているところで、猫ちゃんが良い気持ちそうに昼寝をしていました。
b0064411_15551810.jpg


そこのお兄さんが、
「本来ならモデル料を取るところだが」
それにしてもおとなしい猫ちゃん!

本屋でリセウ劇場の写真集の豪華本を見つけたり、素敵な物をいくつか見つけて大満足!
背負っていったモチラ(リュック)が大体一杯になりました。

帰りのバスは、バルセロナのメイン通りを通ります。いつ見ても好きな眺めです。一緒に見てください。

b0064411_162489.jpg

b0064411_1632065.jpg
b0064411_163559.jpg

b0064411_1643384.jpg

b0064411_165087.jpg

b0064411_165391.jpg

この椅子屋さん、"Sit down"って名前です。
b0064411_1655660.jpg

b0064411_1674258.jpg

b0064411_1681135.jpg

この家の上や壁などに、たくさんバラのモチーフが付いています。
b0064411_1683845.jpg

b0064411_1694259.jpg

b0064411_1610992.jpg

b0064411_16103160.jpg


全部バスの中から撮ったものなので、ぶれている分にはご勘弁を。それも信号やバスストップで停まった時しか撮れません(泣)。 もっと素敵な建物も一杯あるんだけど。
# by gyuopera | 2006-01-26 16:13 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)
昨夜は、再び、フルーティストのクラウディオ・アリマニーとパトリシア・デ・ノーのフルートコンサートがありました。夜8時から、ということでしたが、私は患者が来ていて、終わったのが8時45分。今から行ってももう終わっているかもしれない、とは思いましたが、もし終わりのほうだけでも聴けたら、と思いなおし、大急ぎで着替えて地下鉄でLiceuまで行きました。

リセウの入り口にいた警備の人が、
「今ちょうど休憩時間のはず」
というので、急いでFoyerに下りて行きました。
Foyerというのは、オペラハウスの地下にある広いスペースで、オペラがあるときはここにあるバールで食べたり飲んだりできるスペースになるのですが、ここで講演会や、今回のようにコンサートなどもやるのです。
b0064411_628042.jpg


後半浜もなく始まりました。 ずんぐりしたアリマニーと、すらりと背の高いパトリシアが並ぶと、パトリシアのほうがかなり高い。以前も二人でデュエットをしたことがありますが、素晴らしいフルーティストです。
メンデルスゾーン、そしてモーツァルトのオペラ「魔笛」から、私も演奏したことのあるデュエットを3曲。そしてドップラー、最後がヴェルディのオペラ「リゴレット」のアリアをメドレー風にアレンジしたもの。 こういう作品は楽しいですね。知っているメロディーが次々現れて、また別のアリアになってゆく。


b0064411_6291942.jpg



b0064411_6294541.jpg


アンコールにこたえて3曲も演奏してくれました。最後のモーツアルトの「ドイツ風舞曲」の楽しいこと! これなら私も吹けそう。

終わってから挨拶に行くと、

「このドイツ風舞曲は工藤がくれたんだよ」

といいます。工藤って、あの工藤重典です。彼もランパルに師事した世界的なフルーティストです。

b0064411_6345311.jpg

「どうも肩と腕がこってかなわん。今度マッサージしてもらいに行くからね」
アリマニーが言いました。

パトリシアの衣装があまり素敵なので、写真を撮らせてもらいました。彼女は裾がピラピラしたのがお好きのようです。吹きながらかなり動くので、ゆらゆら揺れてきれいでした。

b0064411_637570.jpg


後半だけでも聴くことが出来てとても幸せでした。私は一生かかってもあんなに素敵に吹けないだろうな~。でもがんばろう。
# by gyuopera | 2006-01-26 06:38 | オペラ、コンサート musica | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera