音楽ミュージアムで3

グラナドス展を見た後、ミュージアムをちょっと見て歩きました。

家具風のオルガンの部屋

b0064411_07302220.jpg
b0064411_07302317.jpg

b0064411_07302283.jpg

b0064411_07302367.jpg

b0064411_07302304.jpg

b0064411_07302461.jpg

b0064411_07302444.jpg

b0064411_07302121.jpg

b0064411_07302282.jpg

b0064411_07302201.jpg

b0064411_07322435.jpg


譜面立てが面白い
b0064411_07322493.jpg


寄木細工の素晴らしいもの
b0064411_07322539.jpg


b0064411_07322540.jpg


b0064411_07322591.jpg


立派な足がついています。
b0064411_07322529.jpg


ギターのコレクション
b0064411_07322652.jpg


b0064411_07333305.jpg

寄木細工がすごいですね。
b0064411_07333469.jpg

b0064411_07333542.jpg

楽しそうな楽士たち
b0064411_07333571.jpg

大きなオルゴール。
b0064411_07322421.jpg

b0064411_07333518.jpg

b0064411_07333302.jpg



b0064411_07333467.jpg


これは蓄音機

b0064411_07333449.jpg


b0064411_07333383.jpg
b0064411_07381241.jpg


b0064411_07381246.jpg


b0064411_07381199.jpg


b0064411_07381109.jpg


b0064411_07381198.jpg


b0064411_07381282.jpg
珍しいものがあるので結構楽しめます。
ジャン・ロンドーも、ここに展示されていた、バッハの時代のチェンバロを弾きました。

さて、今日はこれから息子に会いにブリュッセルに行きます。
3日ほどブログをお休みいたします。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-17 06:15 | ミュージアム museos | Comments(0)
エンリケ・グラナドス展はさらに奥に続き
b0064411_03270156.jpg

こういうコーナーの作り方、好き。
b0064411_04204990.jpg
1915年の夏、グラナドスは "Tartana"と呼ばれた小さな小屋を作らせ、そこでオペラ "Goyescas"を書きました。その小屋には、周りにあるオレンジの花の匂いが漂っていました。
b0064411_04205014.jpg

b0064411_04205097.jpg

b0064411_04205082.jpg


b0064411_05211341.jpg

b0064411_04205135.jpg


b0064411_04205197.jpg


b0064411_04204993.jpg


b0064411_04204964.jpg

b0064411_05211304.jpg
b0064411_05320424.jpg

Isaac Albeniz
b0064411_05211478.jpg


1894年にプラド美術館で見て以来、ゴヤはグラナドスにとって最後の画家でした。
その後、アルベニスの死とSemana tragica(悲劇の週)があったため、"Goyescas"の発表は1909年まで延期。
初めはピアノの作品 ”Goyescas", 続いて三幕のオペラを発表。

インスピレーションを受けたゴヤの絵
b0064411_05211549.jpg


b0064411_05492856.jpg


b0064411_05492993.jpg
b0064411_05492887.jpg
b0064411_05211416.jpg


Conxita Badia とFernando Periquetとの”Goyescas"のコンサート(1914-5年)
b0064411_05211459.jpg


メトロポリタンオペラハウスでの上演の時の写真(1916年)
b0064411_05211326.jpg

”Goyescas"の楽譜
b0064411_05211324.jpg

メトロポリタンでの"Goyescas"の上演の後、スペインに帰る船が、ドイツの潜水艦によって沈没され、グラナドス夫妻死去。 黙祷。


Goyescas (with El Pelele) - Enrique Granados - Alicia De Larrocha




明日から旅行に出かけるので、しばらくブログはお休みいたします。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-16 07:18 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)
先日行った音楽ミュージアムで、エンリケ・グラナドス(1867~1916)生誕150周年記念の展覧会をやっていました。
前から見たかったので、ちょうどよかった。

建物に入ったところにピアノが置いてあって、展覧会のプロモーションをしていました。

b0064411_07150194.jpg
ミュージアムのフロアに上がると、受付でリサイタルのチケットをもらって入っていくとすぐわかりました。
b0064411_07150258.jpg

これは若いころの肖像画でしょうか。晩年とだいぶ雰囲気が違います。
b0064411_07150100.jpg

b0064411_07150113.jpg
グラナドスは1887~1889年の間パリに住んでいました。
ベル・エポックの真っただ中の時代で、エッフェル塔も1887年に完成したのを見届けています。パリではたくさんの芸術家たちと知り合っています。
b0064411_03245814.jpg

b0064411_03245855.jpg


1889年パリ万博の「機械」の中央ドーム
b0064411_03245830.jpg


「アトリエ」
b0064411_03245827.jpg


b0064411_03255548.jpg


1890年~1900年頃のテアトロ(劇)の人物たちのスケッチ
b0064411_03255591.jpg

b0064411_03245807.jpg
Lluis Graner像
b0064411_03270073.jpg

b0064411_03270209.jpg

Jaume Masso i Torrents像
b0064411_03270297.jpg
Amadeu Vives像
b0064411_05320520.jpg
Adria Gual像
b0064411_05320643.jpg

Apel-les Mestresの詩"Liliana"に基づいてグラナドスがリリック・ドラマを作曲。
1911年 Palau de les Belles Arts de Barcelonaで初演。

初演会場
b0064411_03270106.jpg
b0064411_03245957.jpg


b0064411_03245914.jpg


b0064411_03245965.jpg

b0064411_03255474.jpg

b0064411_03255419.jpg


b0064411_03270196.jpg
b0064411_03255454.jpg


舞台の装置の準備をする Oleguer Junyenと Maurici Vilomara.リセウ劇場の仕事場で。 Junjenの姿はひと目でわかる独特の雰囲気の持ち主。
b0064411_05320684.jpg

様々な雑誌や新聞に載ったグラナドスの挿絵
b0064411_03255444.jpg


Gabriel Rossettiの”Dante” の絵にインスピレーションを受けて作曲された交響楽詩”ダンテ”
b0064411_03255587.jpg
b0064411_03255370.jpg
ダンテのステージ画像
b0064411_03270219.jpg
b0064411_03270293.jpg

b0064411_03270199.jpg

展示はさらに続きます。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-15 07:13 | ミュージアム museos | Comments(0)

久しぶりにバラ公園へ

10月12日は Dia de Ispanidad, スペインデー、というんでしょうか。
自分たちはカタルーニャ人であって、スペイン人ではない、という人が結構多いカタルーニャなのに、この日はちゃんとお休みなのね。

それで久しぶりにバラ公園まで散歩に行きました。ひょっとして秋バラが咲いているかも…?と期待しながら。

バラ公園に行くディアゴナル大通りの歩道は、ジョギングやウォーキング、サイクリングの人たち、家族連れで一杯。みんな翌日の金曜日もお休みしてどこかに行く人ばかりではないのですね。

今回は横の入り口からバラ公園に入りました。
b0064411_03105696.jpg


ほんの少し、木の葉が色づき始めています。
b0064411_03105666.jpg


b0064411_03105699.jpg


b0064411_03105760.jpg


b0064411_03105798.jpg


b0064411_03105786.jpg


b0064411_03105708.jpg


残念ながらバラはほとんど咲いていない
b0064411_03105839.jpg


b0064411_03105526.jpg


たまにちょっとだけ
b0064411_03105615.jpg

b0064411_03133829.jpg


春は頑張って手入れをするけれど、あとはほったらかしみたいだもの。
b0064411_03133849.jpg


静かな住宅街を家に向かいます。
b0064411_03133860.jpg


b0064411_03133865.jpg


ディアゴナル大通りみたいに人がいないのはいいですね。
b0064411_03133777.jpg


これはグエル別邸を後ろから見たところ。塀が弧を描いていて面白い。
b0064411_03133724.jpg

短かったけれど、今日の散歩はこれでおしまい。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-14 07:04 | 散歩 paseo | Comments(0)

どうなる、カタルーニャ

激しく動いているカタルーニャ問題、先日はカタルーニャの大統領Puigdemondが、「独立宣言」をした一時間後に「撤回」。

b0064411_02451144.jpg
一方スペイン大統領は

「一体、宣言したのかしないのかはっきりしてくれ」

b0064411_02451205.jpg
各党からは、圧制的なラホイのやり方を批判し
b0064411_02451271.jpg
「”勝利”は何の解決にもならない。話し合いを」

「決裂を回避し交渉を」

本当にそうですねえ。
何とか平和裏に解決策を出してほしいです。

さて、全然話は違いますが、今年は本当に蚊が多くてまいっております。

いつも夜、リコーダーを吹きだすと、目の前にさーっと下りて来る。腹が立つったら。 いったいどこに隠れているんでしょう。

ポトスは水栽培でずっと生きているので、あちこち飾っていたんですが、昨日水を替えようとしたら、蚊がパッと飛び立ったんです。あ、この水の中に卵を産んだかしら、と思って、残念だったけれど、水栽培のポトスを全部捨てたんです。
今朝になってごみ箱を見たら、ポトスが元気なままだったんですね。
生きて元気でいるのに捨てるのは忍びなくて、また拾って、大幅にカットして、また小さめの容器に入れなおしました。

b0064411_02451202.jpg


b0064411_02451295.jpg

まめに水を替えて、蚊が卵を産み付けないようにしよう・・・・


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-13 02:42 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera