10月1日の州民選挙の後(結果は投票率42パーセント)、大規模なデモがあり、その直後、地元の第一・第二の銀行であるLa Caixa と Banco de Sabadellが相次いで本店をカタルーニャの外に移転を決定、続いてGas Naturalなどの大手企業も次々移転を表明、突然の経済不安に形成は逆転。
毎晩カンカンやかましく鍋をたたいていた独立賛成派も、このニュースの後は一切鍋叩きの音はしませんでした。


b0064411_22501007.jpg


b0064411_22501030.jpg

そして今日8日の日曜日は、独立反対派の大規模なデモがありました。

朝、サリアの駅に向かう途中、スペインの旗を着けた人たちをたくさん見かけました。

b0064411_22521036.jpg


b0064411_22521187.jpg


選挙の前後あたりは、こういう人たちは賛成派からリンチを受けたりしていたので、みんな大っぴらに反対を叫べなかったのですが、今は状況ががらりと変わって
b0064411_22521113.jpg


あちこちのアパートのベランダに、スペインの国旗を掲げているのもたくさん見かけました。
b0064411_22521114.jpg


b0064411_22521172.jpg


b0064411_22521244.jpg


サリアの駅のカタルーニャ行きのプラットフォームには、デモに参加する人たちであふれていました。
b0064411_22521285.jpg


スペインとカタルーニャの旗が見えますが、さすが独立賛成の旗は無し。
b0064411_22521084.jpg

途中の駅も、独立反対のデモに参加する人たちで一杯
b0064411_22582910.jpg

家にかえってニュースを見ると、たいへん大規模なデモだったことがわかります。
独立賛成派よりも反対派のほうが今や断然優勢。

(下の写真は、El Periodico, La Vanguardia, El Paisなどからお借りしています)

b0064411_22545351.jpg


b0064411_22545214.jpg

b0064411_22545313.jpg

b0064411_22545377.jpg


b0064411_22545242.jpg


あのバルガス・ジョサもデモに参加
b0064411_22545260.jpg


b0064411_22545361.jpg
カタルーニャを愛するカタラニスモと、独立と混同していた人が多かったのではないでしょうか。
今、経済不安を起こしたプチデモン政権に非難の矢が・・・・



クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

# by gyuopera | 2017-10-08 22:15 | イベント、お祭り fiesta | Comments(2)

イワシのから揚げとタコ

今日は交通機関のゼネスト、更に大規模なデモで、交通はマヒ、会社に行った息子はトラムが途中で止まり、仕方なく一旦引き返してタクシーで出社、帰りもトラムが途中でストップになるということでしたが、運よくデモが終わったので家の近くまで乗ってこれました。
それでも間引き運転は13日まで続くようで、しばらく交通は混乱するようです。
政府に反発と言っても、市民に大きな迷惑をかけるわけですから、お門違いじゃないのって言いたくなりますね。

先週、ゴシック街のバールを2つ梯子しました。
初めに行ったのは、La Plata, 揚げたイワシだけ出すので有名なバール。

b0064411_06064269.jpg

小さいお店ですが、いつも人で一杯。
b0064411_06064177.jpg

店内は昔のまま
b0064411_06064015.jpg


b0064411_06064022.jpg


b0064411_06064072.jpg


b0064411_06064194.jpg


ボケロン(カタクチイワシ)のから揚げとトマトのサラダ。揚げたてなのでおいしい。頭まで食べられてしまいます。トマトも甘くて、玉ねぎも辛くなくて。
b0064411_06064188.jpg

こういうシンプルなお料理が一番人気が衰えないんでしょうね。

次に行ったのは、そこからすぐの、いつもの「タコ屋(Pulperia)」。
頼んだのはやっぱりガリシア風タコとカニのコロッケだったけれど、どれもおいしそう。

b0064411_06063933.jpg

この次はどれか別のものも試してみたい。
b0064411_06170197.jpg

2軒回ってもそんなにお財布が痛むほどの料金ではないので、また行きたい!


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-04 05:55 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
10月1日は、カタルーニャ州民投票の日でした。
朝からしとしと降る雨、私の住んでいる地区は、初めはヘリコプターの音も聞こえていましたが、あとは一日静かでした。
昨日はカタルーニャ広場からライエタナ通りあたりに行ったら、ものすごい数の警察の車が停まっていて、警官の数も大変なものでした。なんでも1万人の警官がマドリッドから来ていたらしい。
混乱が起こりそうなので、私は一歩も家から出ないでニュースを聞いていました。

案の定、選挙会場になっている学校の周りは大混乱で、民衆と警官の衝突があり、800人以上のけが人が出たとか。

写真は El Periodico, La Vanguardiaからお借りしています。

b0064411_07362183.jpg
b0064411_07362258.jpg

b0064411_07405386.jpg
b0064411_07405211.jpg
b0064411_07405230.jpg

b0064411_07405225.jpg

b0064411_07405251.jpg
で、現在夜中の12時を回ったところで賛成が91%。
ラホイ政権の威圧的な態度に感情的に走り、逆効果となってしまったようです。
今回の投票率はまだわかりません。(というより発表していない)
前回の投票では賛成が80パーセントくらいだったか?でも投票率は20パーセントでしたから、意味がないのですが。
カタルーニャ大統領のPuigdemontは、これで独立の道が開けた、と言っていますが、このことはEUでも全スペインでも支持されていないし、おまけにユーロは下がるし・・・ ということは当然EUから出されることになるのに、ここの人はそうは思っていないのは驚き。EUから出たら、どうなるかわかっていないようです。
今後どうなるのでしょうね。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-10-02 07:34 | イベント、お祭り fiesta | Comments(6)
バルセロナの音楽ミュージアムで、リートのコンサートがあり、行ってきました。
歌手たちはいずれもここの音楽大学ESMUCでリートのコースを学んだ人たちです。

b0064411_07160167.jpg
初めにあいさつしたのは館長さん(?)。美しいまだ若い女性です。
横にいる男性は、オックスフォードリーダーの創立者、Sholto Kynoch氏。
(リーダーはリートの複数形でLieder、つまり歌曲)
b0064411_07160127.jpg
初めに歌ったのはVioleta Alarcon、ソプラノ。ドイツ語だと思ったら、マーラーでした。
次に歌ったのがなんとショーンベルグ。最後にプーランク。
歌唱力も声量もあって素晴らしい。
b0064411_07160209.jpg

次がIrene Mas Salom、ソプラノ。この方はプーランクを。
b0064411_07160216.jpg

つづいてHelena Ressurreicao、メゾソプラノ。ブラームスの歌曲を歌いました。
b0064411_07160283.jpg

Elena Plaza, ソプラノ。ショーンベルグとバーンスタイン。
b0064411_07160200.jpg


Judit Munyos、ソプラノ。ドビュッシーを歌いました。
b0064411_07160318.jpg


私はリートっていうから(これはドイツ語だし)シューベルトとかメンデルスゾーンとかのドイツ語のリートを歌うのかと思ったら、とてもバラエティに富んでいてびっくりしました。今のリート歌手は、シューベルトにとどまらず広範囲にレパートリーを選ぶのですね。

その後デュエットがあって、とても素敵。同声のデュエットって大好き。
b0064411_07160385.jpg


男性歌手が一人もいなかったのは残念でしたが、みんな素晴らしいのに改めて驚きました。 ドイツ語、英語、フランス語の発音もいいし、ソプラノと言ってもキンキン声の人はいず、でも声量があるので、コンサートホールでも十分歌える人たちばかりでした。 今後の活躍が期待されます。                                 
b0064411_07160080.jpg


b0064411_07160106.jpg
最後にあいさつしたSholto Kynoch氏も同じような感想を述べていて、素晴らしいを連発していました。
変化に富んでいて、なかなか面白いリサイタルでした。

その後音楽ミュージアムのグラナドス展を見ました。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
# by gyuopera | 2017-09-29 07:04 | Comments(4)
メルセは、バルセロナの守護聖人で、メルセのお祭りは様々なイベントやコンサートがあって、たいへんにぎやかです。
今年はコンサートに一つ行っただけで、他に何も見なかったのですが、メルセの最終日の花火は毎年とても楽しみにしています。すごい人なので、いつも家でテレビで見るだけなのですが。このメルセの花火は、スペイン広場からカタルーニャ美術館までの通りで行われ、さまざまに色や形を変える噴水と花火、ライティングが組み合わされて、なかなか素敵なのです。

花火が始まる前、今年の花火は、テロで犠牲になった人たちに捧げる、とアナウンスがあり、ジョン・レノンの Imagine の曲が流れその場にいた観客たちは全員小さな花火に火を点け、静かに振っているのが星のようでとても素敵でした。その間は噴水も青のみ。
また、今年は作曲家エンリケ・グラナドスの没後100年記念で、グラナドスの曲も流されて、それに合わせて花火があげられ、とても良かったです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

# by gyuopera | 2017-09-28 06:11 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera