<   2017年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Rocamora財団見学6

ロカモラ邸の二階はすべて展示室になっていて、バラエティに富んでいて大変興味深いものです。

b0064411_03265118.jpg

セラミックの大きな展示室の隣には、彼のコレクションの大半を占めていた衣装のごく一部だけがあって、4000点以上のコレクションはすべて市に寄付し、それが衣装博物館の設立になったのです。ここに残っているのはわずか4点。
b0064411_03265240.jpg

靴が何点かありますが、素晴らしいものです。
b0064411_03265276.jpg
b0064411_03265259.jpg


マリー・アントワネットが履いたような靴ですね。
b0064411_03265323.jpg
b0064411_03265387.jpg


b0064411_03265311.jpg


b0064411_03265115.jpg


この当時の子供は、大人の服を小さくしたような服を着せられていたのですね。
まあ、上流社会の家に限られますが。
b0064411_03265374.jpg

b0064411_03265285.jpg

隣の部屋にはフォルテピアノ(?)が
b0064411_04254667.jpg

ここには古代ローマの発掘品の涙を入れるガラスの壺や
b0064411_04254663.jpg

b0064411_04254694.jpg

18-19世紀のガラス器など
b0064411_04254647.jpg

b0064411_04254604.jpg

b0064411_04254772.jpg

b0064411_04254787.jpg

そして一番奥の一番小さな部屋が、ロカモラ氏の寝室だったそうです。
彼のベッドはごくごく普通の、何の装飾もないものだったとか。
今は美しいソファセットが置かれています。
b0064411_04254723.jpg

たくさんのペーパーウェイトのコレクション
b0064411_04254524.jpg


小箱のコレクション
b0064411_04254548.jpg

蔵書票のコレクション
b0064411_05293334.jpg


トランプなどのコレクション
b0064411_05293489.jpg


b0064411_05293417.jpg


壁に掛けてある、火災前のリセウ劇場の絵は、
b0064411_05293419.jpg


ランプが本当に点くようになっているのです。
b0064411_05293464.jpg


彼の好きな帆船の模型
b0064411_05293484.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-30 22:23 | ミュージアム museos | Comments(0)

Rocamora財団見学5

ロカモラ邸の階段を上ると
b0064411_02524221.jpg

天井からステンドグラスを通して入ってきた光が美しい
b0064411_02524285.jpg


b0064411_02524210.jpg

上がりきったところにまた素敵な家具
b0064411_02524260.jpg

奥の部屋はたいへん広い陶磁器の展示室
b0064411_02584393.jpg


ショーケースは全部コレクションのためにあつらえたそうです。
b0064411_02584333.jpg


b0064411_03104637.jpg

b0064411_03131285.jpg


b0064411_03131200.jpg

b0064411_02584494.jpg


ロカモラ氏の好きな気球のモチーフのお皿
b0064411_03104788.jpg

b0064411_02584499.jpg


この、お皿の真ん中に透かしのある台がある食器は、熱いチョコレートを飲むためのものだそうです。
b0064411_02584447.jpg


b0064411_02584483.jpg


b0064411_02584529.jpg


これは遊びで、招待客をだますためのもの。
b0064411_02584249.jpg


若い女性を驚かすためのグロテスクなお皿類
b0064411_03104612.jpg


b0064411_03131129.jpg

b0064411_03111545.jpg

b0064411_03131156.jpg

手洗い器
b0064411_02584351.jpg

b0064411_03035846.jpg


ソース入れと、左にあるのがチョコレートを飲むカップ付きの台のお皿
b0064411_03035827.jpg

台に穴が開いているのは、チョコレートが早く冷めるようにするため
b0064411_03035825.jpg

b0064411_03035616.jpg


b0064411_05483294.jpg


碧絵付けの薬壺
b0064411_03035682.jpg

とても素敵なコーヒーセット
b0064411_03035741.jpg


b0064411_03035747.jpg


b0064411_03035742.jpg

素敵なコーヒーカップがいっぱいです。
b0064411_03035764.jpg

b0064411_03131376.jpg

こんな鉢カバーいいなぁ
b0064411_03131274.jpg


b0064411_03131118.jpg


b0064411_03131133.jpg

b0064411_05483202.jpg

セラミックのたくさんのコレクションも、Vilanovaの博物館に寄贈されています。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-29 22:54 | ミュージアム museos | Comments(0)

Rocamora財団見学4

Rocamora邸、つぎはサロン・音楽室・ダイニングが一続きになった広々したスペース。
まず音楽室から。

壁に大きなUrgellの夕方の風景の絵が掛けられています。
b0064411_02144925.jpg

ロカモラ氏は、グラナドスやモンポウの友人でもあり、彼らも時々ここにきてはピアノを弾いたそうです。
b0064411_02154230.jpg


楽譜立て
b0064411_02242128.jpg

モンポウの直筆の楽譜
b0064411_02242118.jpg

コージーな雰囲気のコーナー
b0064411_02144907.jpg


b0064411_02145098.jpg


b0064411_02154205.jpg


b0064411_02144948.jpg


左上は、ロカモラ氏の絵の先生だったメストレ氏の絵。
置いてある男性像は、船の舳先だったもの。
b0064411_02242081.jpg


b0064411_02242099.jpg


船の舳先の像はあちこちに置かれていて、彼が船に興味を持っていたので、これも彼のコレクション。もっとたくさんあったのですが、海洋博物館に寄贈しています。

音楽室から真ん中のサロンと奥のダイニングを見たところ。

b0064411_02310635.jpg

こういう広いスペースは、たくさんの人を招待したときのためでしょうね。
b0064411_02141094.jpg


サロンから音楽室を見たところ
b0064411_02242024.jpg

サロンにも舳先の像
b0064411_02321188.jpg


b0064411_02321273.jpg


b0064411_02491368.jpg

b0064411_02391720.jpg


b0064411_02391731.jpg


b0064411_02391758.jpg

b0064411_02391768.jpg

b0064411_02491360.jpg

ダイニング。左手前にある像は、コロンブスのオリジナル像。
b0064411_02391537.jpg

b0064411_02491358.jpg

b0064411_02321260.jpg


b0064411_02391625.jpg

b0064411_02391612.jpg


家具が本当に素晴らしいものばかり
b0064411_02391637.jpg

b0064411_02321209.jpg

b0064411_02321148.jpg

ランプの下の絵はフォーチュニー
b0064411_02321328.jpg


b0064411_02391619.jpg

b0064411_02321352.jpg


アルシーナの描いたライオンの肖像
b0064411_02321142.jpg

どの絵も、ミュージアムに置いてあっておかしくない絵ばかりです。

さて、お二階に上がりましょう。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-28 22:09 | ミュージアム museos | Comments(0)

Rocamora財団見学3

ロカモラ邸、つぎは玄関の続きの小さなホール。小さいところにぎっしりと面白いものが飾ってあるのです。

b0064411_01481473.jpg


まず目を惹く立派な家具と美しい絵
b0064411_01481484.jpg


b0064411_02060817.jpg

壁いっぱいにたくさんの看板やら像やら…
b0064411_01481409.jpg

b0064411_02060973.jpg

b0064411_01481551.jpg

b0064411_02060857.jpg

b0064411_01481449.jpg


b0064411_02060844.jpg


b0064411_02060834.jpg

看板は、当時字の読める人が少なかったので、何のお店かわかるように、商品の絵の看板を掲げたもので、そのコレクションです。
b0064411_01481314.jpg

小さな台に乗ったこの少年像、かわいい。ロカモラ氏は一生独身で子供はいなかったのですが、子供の像や絵もコレクションしていました。
b0064411_01481317.jpg


b0064411_01481339.jpg

このホールに上に上がる階段があります。お二階はまた後程。
b0064411_01481408.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-27 22:46 | ミュージアム museos | Comments(0)

Rocamora財団見学2

さて、次は入り口を入って右にある図書室。5000冊あるそうです。
b0064411_03391659.jpg


b0064411_04182525.jpg


上に掛けてある絵はほとんどラモン・カサス
b0064411_04182561.jpg

ロカモラ氏の興味の対象の一つであった気球のモチーフのもの。
棚の上の肖像画はウィリアム・モリスだそうです。
b0064411_04182643.jpg

b0064411_07574503.jpg

奥の小部屋に入る鴨居に下がっているモビールはピカソ作。クワトロガッツのために作ったもの。表側に二匹、裏側に二匹の猫の絵。
b0064411_03391843.jpg

これは今写真が掛けてありますが、オリジナルはこんな感じだったのです。
b0064411_07571364.jpg

奥の小部屋はとてもコージーな雰囲気。
b0064411_03391814.jpg

b0064411_07574436.jpg

図書室から初めに入った部屋を見たところ
b0064411_03391757.jpg
つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2017-04-26 22:11 | ミュージアム museos | Comments(0)

Rocamora財団見学1

以前一度訪れたことがあるRocamora財団を再び見学しました。
b0064411_02514232.jpg
Rocamora財団は、Manuel Rocamora氏(1892-1976, 画家、作家、コレクター)が住んでいた家に展示していた膨大なコレクションを、彼の死後財団を設立してその保存・公開したものです。
Rocamora氏は、カタルーニャの富豪の家に生まれ、芸術品に囲まれて育ち、やがてヨーロッパ、アメリカなどを旅行してコレクションの品々を購入。初めは陶器、特にアルコラの陶器の収集をしていたのですが、事故でいくつかを失ったので、その後壊れにくい衣装の収集に集中。
とはいっても、コレクションは非常に範囲が広く、楽しいものです。

彼のコレクションはもっともっと多かったのですが、1969年に4000点余りの衣装類を市に寄贈し、それをもとにモンカダ通りに衣装博物館が設立されました。また、たくさんの陶器も、陶器博物館に寄贈されました。

見学者は11時からの人がなんと私一人!! なんという贅沢! 
英語の解説だったのですが、スペイン語にしてもらいました。そのほうがきっとうまく説明してくれると思ったのです。案の定、それは丁寧に丁寧に説明してくれて本当に面白かった。

建物に入ったところの玄関ホールは狭いのですが、かわいいランプが目に入ります。
壁にあるのは古いタイル。

b0064411_03303334.jpg


b0064411_03271364.jpg

順序として、まず左手の部屋に通されます。
各部屋に置いてある家具もコレクションの一部で、素晴らしいマホガニーの家具がたくさんあります。
b0064411_03314741.jpg

鏡の前に置いてあるのは花嫁の花瓶と呼ばれるもの。壁の絵はラモン・カサス画。
 家具も寄木細工の部分がついていて素晴らしいですね。
b0064411_03314803.jpg


ラモン・カサスと親戚関係にあったので、カサスの作品がたくさんあります。
b0064411_03314841.jpg


b0064411_03314690.jpg


カサスの描いたロカモラ氏の肖像画
b0064411_03314659.jpg


b0064411_03391643.jpg

画家でもあったロカモラ氏の描いた自画像。カサスの描いた絵のほうがハンサムですね。まあもっと若かったにしても。
b0064411_03314787.jpg

二間続きになっていて、奥の部屋にビューローや本棚など。
b0064411_03314788.jpg


このビューローは素晴らしい。美しい寄木細工に中の引き出しや棚の部分も非常に精巧にできています。
b0064411_03391667.jpg


b0064411_03391797.jpg

これもカサス。かわいい。
b0064411_03391794.jpg


b0064411_03314823.jpg


左の人物はピカソ。
b0064411_03391655.jpg

壁に飾ってあるたくさんの絵は、いずれも当時の有名な画家ばかり。
b0064411_03314848.jpg

このラモン・カサスのスケッチは、ちょっと面白いエピソードが。
b0064411_03531777.jpg

絵は車に乗っているカサスと、妻のジュリア。彼女に吹き出しがついていて、
”Nunca mas!" (二度と行かない)と言っています。
これは、カサスが妻のジュリアを伴って、初めて車で自分たちの所有の修道院(カサスもブルジョワの一人でした)に行ったとき、道がひどい凸凹で、車は昔の車ですからフロントガラスも屋根もないので、着いたときは、ほこりまみれでひどい状態だったとか。それでこの絵で、カサスが車で出かけるとき、彼女は「もう二度と行きません!」と言っているのです。

こんなエピソードも、一対一で説明を聴けたからこそです。
以前来たときも説明してくれたかもしれませんが、とにかく人が多くて、絵も見えなければ、説明もよく聞こえなかったので、全然記憶にありませんでした。

つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ


by gyuopera | 2017-04-25 22:34 | ミュージアム museos | Comments(0)

モンジュイックの散歩3

モンジュイックのミロ美術館の先に、睡蓮の池がたくさんある公園があります。ハシント・ベルダゲール公園(と言ったと思ったけれど。
水連はもう咲いているかしら?

ジャーマンアイリスがいっぱい
b0064411_22364861.jpg


b0064411_22364940.jpg


この先が睡蓮池。勾配に沿って段々になっています。
b0064411_22364908.jpg


b0064411_22364961.jpg


b0064411_22365010.jpg


一つ一つの池はそんなに大きくはありませんが、たくさんあるんです。
b0064411_22365055.jpg


あ、咲いてました!
b0064411_22365030.jpg


b0064411_22365188.jpg


b0064411_22364706.jpg


b0064411_22364862.jpg


b0064411_22411518.jpg


b0064411_22411434.jpg


b0064411_22411590.jpg


b0064411_22411698.jpg


b0064411_22411648.jpg


b0064411_22411361.jpg


b0064411_22411378.jpg


b0064411_22411352.jpg


b0064411_22411488.jpg


b0064411_22411479.jpg


みんな同じような写真で申し訳ないのですが

b0064411_22423302.jpg


b0064411_22423479.jpg


b0064411_22423482.jpg


b0064411_22423476.jpg


b0064411_22423527.jpg


b0064411_22423631.jpg


b0064411_22423647.jpg


b0064411_22423628.jpg


b0064411_22423319.jpg
この公園、かなり観光客が来ていたのにはびっくり。中には超ビキニで芝生に寝そべっている人も何人かいましたよ。北のほうの国から来た人たちは、少しでも日光に当たりたいんでしょうかね。

さて、ミロ美術館の裏側から階段を下りて山を下って行きます。

ところどころにある泉水。

b0064411_22423341.jpg

これを上ってゆくのは大変ね。
b0064411_22464910.jpg


このあたりはバラがいっぱい植えてあるところ
b0064411_22464988.jpg


テアトロ・グレック
b0064411_22464943.jpg


b0064411_22465030.jpg


フジが咲いています。
b0064411_22465029.jpg


もっこうバラも満開
b0064411_22464754.jpg


b0064411_22464819.jpg


b0064411_22464884.jpg


b0064411_22464859.jpg


b0064411_22464975.jpg


b0064411_22494557.jpg


b0064411_22494590.jpg


b0064411_22494523.jpg


b0064411_22494628.jpg


b0064411_22494654.jpg


お天気がとても良いので気持ちのいい散歩でした。

で、あとは以前も入ったことのあるシャビーなレストランへ。

前菜はズッキーニのトルティーヤ。
b0064411_22494614.jpg


友人はグリーンピース
b0064411_22494621.jpg


メインが、ガルタ(顎の肉)のステーキとフライドポテト。半分食べちゃった。
b0064411_22494714.jpg


デザートは友人がシュークリームのチョコレートかけ
b0064411_22494480.jpg


私はチーズケーキ。自家製みたい。
b0064411_22494475.jpg
飲み物がついて、これで一人11ユーロ。お安くて、大体いつもおいしい。

おなかが満足したら家に帰ります。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-24 22:35 | 散歩 paseo | Comments(0)

モンジュイックの散歩2

モンジュイックをもう少し上の方まで登って、今度はジョアン・マラガイ公園に入ります。

b0064411_22291190.jpg


b0064411_22291129.jpg


b0064411_22291160.jpg


ここはいつも本当によく手入れがされているのだけれど、人が少ないんですよね。
b0064411_22291297.jpg


アルベニス宮
b0064411_22291205.jpg


b0064411_22291236.jpg


b0064411_22291368.jpg


b0064411_22291319.jpg


b0064411_22291055.jpg


b0064411_22291092.jpg


素敵な景色を眺めながら、お茶でもしたいところ。

b0064411_22311425.jpg


b0064411_22311505.jpg


b0064411_22311514.jpg


水がある風景っていいなあ。
b0064411_22311543.jpg


スミレがいっぱい
b0064411_22311615.jpg


カラフルなお花がいっぱい
b0064411_22311645.jpg


b0064411_22311655.jpg


b0064411_22311790.jpg


b0064411_22311420.jpg


b0064411_22311419.jpg


b0064411_22334086.jpg


b0064411_22333969.jpg


b0064411_22334068.jpg

つぎは睡蓮のたくさんある公園へ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-23 22:27 | 散歩 paseo | Comments(0)

モンジュイックの散歩1

あまり歩くのが好きでない友人から、珍しく「モンジュイックに歩きに行こう」とお誘いがかかりました。歩くのは大好きですから即OK.スペイン広場で落ち合いました。

b0064411_22130519.jpg

b0064411_22130626.jpg

まずはカタルーニャミュージアムの裏手にある、旧植物園へ。
ハナニラがたくさん咲いています。

b0064411_22130549.jpg

b0064411_22130791.jpg


シャガも咲いていました。日本的な花だと思っていたのですが。

b0064411_22130564.jpg


b0064411_22130710.jpg


b0064411_22130833.jpg


b0064411_22130840.jpg


植物園というにはあまりにも小さいけれど、滝や小川があって、散歩にはいいところ。
b0064411_22183189.jpg


b0064411_22183293.jpg


b0064411_22183224.jpg


b0064411_22183395.jpg


ニワトコも咲いています。
b0064411_22182938.jpg


b0064411_22182931.jpg


こちらにもハナニラとアカンサス
b0064411_22183025.jpg


反対側のマシアのある法の庭園には、オダマキが咲いていました。
b0064411_22183006.jpg


これもとても日本的な花だと思ってたけれど。
b0064411_22183006.jpg


b0064411_22183125.jpg


b0064411_22235334.jpg


あら、ケシが咲いている。これって、アヘンを採るケシじゃない?
b0064411_22235063.jpg


b0064411_22235104.jpg


菜の花も。
b0064411_22235174.jpg


変な案山子。お座りしているなんて。
b0064411_22235163.jpg


フジも咲いています。
b0064411_22235265.jpg


花の咲く時期はいいですね。
b0064411_22235268.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-21 22:11 | 散歩 paseo | Comments(0)

マロニエの花

先日、マテルニダ公園を突っ切っていたら、マロニエの花がもう咲き始めていました。

b0064411_22014905.jpg


b0064411_22014974.jpg


b0064411_22015040.jpg


この公園は、いつもあまり人がいないので好き。
b0064411_22015029.jpg


b0064411_22015099.jpg


b0064411_22015035.jpg


b0064411_22015144.jpg


b0064411_22014837.jpg


b0064411_22014920.jpg

b0064411_22041978.jpg


これは柳の花?
b0064411_22041909.jpg


b0064411_22042009.jpg


すぐ隣に、バルサのカンプ・ノウ
b0064411_22042023.jpg


b0064411_22042063.jpg


b0064411_22042166.jpg


大好きなローズパビリオン
b0064411_22042138.jpg


b0064411_22041874.jpg

今はバルセロナ大学が入っています。
b0064411_22041836.jpg
近くに公園がいくつもあるのはありがたいですね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-04-20 21:59 | 散歩 paseo | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera
プロフィールを見る