<   2016年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

病院・薬嫌いの私が、本当に久しぶりにテクノン病院に行きました。

テクノン病院は、私がバルセロナに来た30年前くらいは、Ganduxer近くにある小児病院で、息子たちがよくお世話になりました。
それが広い敷地に建つ総合病院となり、今では設備も医師陣も素晴らしいので、近所にある総合病院Dexeusがあるのですが、やっぱりテクノンに行こうかな、と思うのです。それに、テクノン病院の周りは、かつての大邸宅がたくさんあって、歩いていても楽しいし。

まあ、歩かなくてはいけないけれど、入り口も素敵だし
b0064411_23321520.jpg


b0064411_23321677.jpg


b0064411_23321671.jpg

よく手入れのされた庭もきれいだし
b0064411_23321691.jpg

b0064411_23321540.jpg


b0064411_23321543.jpg


b0064411_23321532.jpg

足を折った時はずいぶんお世話になりました
b0064411_23321521.jpg

今日は別に病気になったので来たわけではないのです。

b0064411_23321579.jpg

耳に耳垢が詰まっているみたいに、頭を動かすとガサガサいうんです。でも何も入ってないの。
救急に行ったら、ここでは耳鼻科が無いので、直接耳鼻科に行ってみてください、とのこと。
当日だったけれど、日中だったせいか、子供はいなくて、15分くらい待ったらすぐ見てもらえました。
原因は耳の中の皮膚がカサカサしてウロコ上になっているんだそうで、スプレーの薬を処方してくれました。

気分が良いので、やっぱり歩いて帰ろう。

この地区は元大邸宅だった学校や病院がとてもたくさんあるのです。

b0064411_23443486.jpg


b0064411_23443569.jpg


b0064411_23443521.jpg


b0064411_23443537.jpg


b0064411_23443525.jpg


b0064411_23443583.jpg


b0064411_23443530.jpg


b0064411_23443412.jpg


b0064411_23443432.jpg

b0064411_23471753.jpg


b0064411_23471748.jpg


b0064411_23471713.jpg


b0064411_23471675.jpg

帰りの散歩も楽しい病院行きでした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-28 09:30 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
メルセの最後を飾るピロムシカ(花火)。30分にわたって次々と打ち上げられる花火と色を替えながら踊る噴水、今年はさらにライトと火を噴くのも加わって、一層華やかでした。
これはテレビで放映されたので、見ることができました。
素敵なので皆様にも見ていただきたくて。




↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-27 08:11 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

メルセのお祭り

今朝も朝から窓の外が騒がしい。
シャッターを開けると、目の前の並木にインコたちが鈴なり。

b0064411_07141746.jpg


b0064411_07141777.jpg

君たちの声は全くうるさいったら!

さて、ただいまバルセロナの守護聖人メルセのお祭り。
土曜日に行った市庁舎広場あたりはもうひとで一杯で身動きできないほど。
写真なんかとても撮れそうもありません。
横道に入ってやっとのことで人ごみから逃れました。

あとで報道写真を見ると、やっぱり人で一杯。

b0064411_07262956.jpg


b0064411_07262808.jpg


b0064411_07262821.jpg


本当に身動きできませんでしたから、写真も撮れない。
b0064411_07262890.jpg


b0064411_07262984.jpg


b0064411_07262963.jpg

夜の市庁舎に映し出されるライトショーはちょっと見たかったけれど
b0064411_07262994.jpg


b0064411_07262971.jpg


b0064411_07262966.jpg


b0064411_07262939.jpg

メルセの初日(金)は大雨でした。守護聖人をメルセに奪われて服守護聖人になった、サンタ・エウラリアの涙で、メルセの時は必ず雨になるという言い伝えが今年も本当になりました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-26 08:09 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

Casa de les Punxes見学4

Casa de les Punxesの屋上にあるいくつもの塔の中は、何もないものや、スライドを見せてくれるところもありました。

ここは展望台の塔
b0064411_06364896.jpg


b0064411_06364886.jpg


b0064411_06364892.jpg

b0064411_06364865.jpg


b0064411_06364878.jpg


b0064411_06364838.jpg


b0064411_06364809.jpg


b0064411_06364800.jpg

b0064411_06364877.jpg

b0064411_06400237.jpg

b0064411_06400167.jpg

展望台の中では、ビデオでこの家の歴史や、普通ではなかなか見られないディーテイルも写されていたので、ご紹介したいと思います。

b0064411_06453483.jpg


b0064411_06453435.jpg


b0064411_06453480.jpg


b0064411_06453474.jpg


b0064411_06453593.jpg


設計家のPuig i Cadafalchの自画像の彫刻もあるんです。
b0064411_06453575.jpg


b0064411_06453548.jpg


b0064411_06453347.jpg
b0064411_06453489.jpg


b0064411_06544682.jpg


b0064411_06453515.jpg


b0064411_06465916.jpg

b0064411_06470051.jpg

b0064411_06470080.jpg


b0064411_06465904.jpg

b0064411_06470040.jpg

b0064411_06470028.jpg


建てられた当初の映像
b0064411_06470021.jpg

別の塔の天井にも、建物に使われたモチーフのディーテイルの映像が映されていました。
b0064411_06520698.jpg


b0064411_06520687.jpg


b0064411_06520693.jpg


b0064411_06520732.jpg


b0064411_06520755.jpg


こういう建物の内部の部分が見られないのは残念!
b0064411_06520784.jpg


b0064411_06520721.jpg


b0064411_06520646.jpg


b0064411_06520675.jpg

b0064411_06544741.jpg



b0064411_06544766.jpg


b0064411_06544853.jpg


もう少し内部が見られたらいいのですが、まあ、楽しい見学でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-25 06:33 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Casa de les Punxes見学3

Casa de les Punxesのエレベーターで屋上に出ると、目の前に塔の中で一番高い展望台が。

b0064411_03503843.jpg


昨夜雨が降ったので、まだ濡れています。
b0064411_03503827.jpg



b0064411_03552923.jpg


b0064411_03503898.jpg


b0064411_03503885.jpg


b0064411_03552980.jpg


b0064411_03503809.jpg


b0064411_03552973.jpg


b0064411_03552966.jpg


b0064411_03552828.jpg


b0064411_03552985.jpg


b0064411_04011825.jpg

b0064411_04011934.jpg


b0064411_04011924.jpg


b0064411_04011972.jpg


b0064411_04011927.jpg


b0064411_06240710.jpg

b0064411_06240815.jpg


b0064411_06240830.jpg


b0064411_04011914.jpg


b0064411_06240762.jpg


b0064411_06240702.jpg

b0064411_03552940.jpg


b0064411_04011876.jpg

b0064411_03552911.jpg


b0064411_03552975.jpg


内部には何もないのですが
b0064411_06240777.jpg


階段が天井近くまでついています。
b0064411_06240760.jpg


塔の天井
b0064411_06240881.jpg

b0064411_06291419.jpg


b0064411_06291428.jpg


道の向こう側に立っている建物の上のほうがよく見えます。
b0064411_06291402.jpg

b0064411_06291401.jpg


b0064411_06291322.jpg


この塔は展望台になっています。
b0064411_06291434.jpg

ディアゴナル大通りの眺め
b0064411_06291397.jpg


ディアゴナルの向こう側の建物

b0064411_06291444.jpg


b0064411_06291478.jpg


b0064411_06291385.jpg


b0064411_06340575.jpg


モデルニスタの建物がこんなところに…下からはほとんど見えないんですよね。
ファサードはきれいだけれど、その後ろはかなりひどい状態のよう。
b0064411_06340547.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-22 07:47 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Casa de les Punxes見学2

受付に9時ぴったりに行くと、なんと見学者は私一人。
そこであらかじめ購入して置いた入場券を提示し、オーディオフォンをもらって上に上がります。

そこには係の女性が待っていて、説明と案内をしてくれます。

廊下の床!
b0064411_02395941.jpg

初めの小さな部屋のドアが音もなく開き、私が入ると音もなく閉まるのです。
壁面に、映画が映し出されています。

b0064411_02411424.jpg

山の上にお城が見えます。
大きな鳥が飛んでいるのが見えます。
b0064411_02484606.jpg

中世のお城の中。大きな鳥が飛んできて、兵隊たちが武器を持って退治に行くところ

b0064411_02411451.jpg

お城は… Casa de les Punxosじゃありませんか。ちょい、変よね。
b0064411_02411453.jpg


大きな鳥はドラゴンで、火を吐いて攻撃していますが、兵隊はどうすることもできません。
b0064411_02411546.jpg

b0064411_02411512.jpg


ドラゴンは、次々に火を噴いて焼いてゆきます。
b0064411_02411595.jpg


このために映画を作ったのかしら?

ここで、奥の扉が自動的に開きます。その次の小部屋に入ると、また続きが映し出されます。
王様が、そのドラゴンにいけにえを捧げることにし、初めは羊を、羊が一匹もいなくなったら次に牛を。 その牛もいなくなったら、少女を一人ずつ。
b0064411_02411412.jpg


とうとう最後に、王様の一人娘の王女の番が来たのです。
b0064411_02411497.jpg


そしてまた次の部屋に移ります。扉はいつも自動的に開いて、自動的に閉まる。
もしたくさん見学者がいたらどうするのかしら?一人ひとり通るまで待っていなくてはならないのかな?

つぎの部屋は壁一面がカレイドスコープのようになっていて、洞窟の中
b0064411_02555089.jpg

b0064411_02554928.jpg


このドアノブ、素敵。ガウディ風。
b0064411_02555065.jpg

そこに、若い騎士が、助けにやって来ます。
b0064411_02555050.jpg


姫を洞窟の外に連れ出し、
b0064411_02555009.jpg


崖の上でドラゴンと一騎打ち
b0064411_02555032.jpg


b0064411_03022158.jpg

火を噴くドラゴン
b0064411_03030042.jpg


迫ってくるドラゴンの急所を見事について、ドラゴンを退治。
b0064411_03004868.jpg

ドラゴンの血は、真っ赤なばらになる… サン・ジョルディの伝説ですね。
b0064411_03004898.jpg

映画が終わると、次の間へ。
何の部屋でしょうね、面白い部屋です。そんなに広くないんですが。
b0064411_03004775.jpg


b0064411_03004700.jpg


b0064411_03004846.jpg


廊下の窓
b0064411_03004801.jpg


床のタイルがきれい
b0064411_03094509.jpg


その次の部屋
b0064411_03094594.jpg


天井もきれいです
b0064411_03094605.jpg


b0064411_03094618.jpg


その次の部屋はかなり広く、この家の歴史のビデオをやっていました。
b0064411_03094640.jpg


天井がきれいです。
b0064411_03094616.jpg


20世紀初めのころは市松の床が流行りだったようです。
b0064411_03094644.jpg


b0064411_03110373.jpg


b0064411_03110397.jpg
窓のステンドグラスもしつこすぎないでいい。
b0064411_03094530.jpg


これは初めの設計図
b0064411_03094560.jpg


小さな部屋がぎっしり並んでいますね。
b0064411_03094534.jpg

外観の初めはこんな風だったのが
b0064411_03110396.jpg

最終的にお城風の建物になった
b0064411_03110316.jpg


b0064411_03110494.jpg

b0064411_03110441.jpg

メインフロアの見学はここまで
b0064411_03110471.jpg

b0064411_03110346.jpg


b0064411_03110302.jpg


b0064411_03110333.jpg
エレベーターに乗って、屋上に行きます。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-21 07:36 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(1)

Casa de les Punxes見学1

Diagonal大通りに面して建つ建物で、特に目立つのが、Casa de les Punxes(針の家)。

b0064411_22480247.jpg
設計 Puig i Cadafalch, 1905年。

この建物が、今年の8月から一般公開されるようになりました。
まだまだ混んでいると思ったので、あらかじめ入場券をネットで購入。朝9時に行きました。

外見は、一見お城風。というのも、Puig i Cadafalchは、当時世界を風靡したワーグナーのオペラ、ローエングリンにいたく感動し、設計に、サン・ジョルディの伝説と、中世風のお城のイメージを盛り込んだのです。

入る前に、建物をぐるりと一周。

b0064411_23032605.jpg

b0064411_23032669.jpg

b0064411_23003123.jpg


b0064411_23032760.jpg


b0064411_23032786.jpg


b0064411_23032746.jpg


b0064411_23032712.jpg


b0064411_23032735.jpg


b0064411_23032767.jpg


b0064411_23032830.jpg


b0064411_23003173.jpg


b0064411_23003164.jpg


b0064411_23003248.jpg


b0064411_23003039.jpg


b0064411_23003097.jpg


b0064411_23003175.jpg


Diagonal大通りに面して3つの入り口があるのは、この家は3家族のために建てられたからなのです。
b0064411_23100107.jpg

b0064411_23100108.jpg

b0064411_23063655.jpg

b0064411_23063531.jpg


b0064411_23063683.jpg


b0064411_23063518.jpg


b0064411_23081680.jpg

b0064411_23063685.jpg


b0064411_23063657.jpg


b0064411_23063792.jpg


b0064411_23063762.jpg


b0064411_23063563.jpg

b0064411_23100133.jpg


この台座の4つの丸い石なんか、ロマネスクを意識していますね。
b0064411_23100170.jpg


b0064411_23100161.jpg


b0064411_23100111.jpg


b0064411_23100127.jpg


b0064411_23100025.jpg


b0064411_23100162.jpg

b0064411_23133717.jpg


b0064411_23133728.jpg


b0064411_23133653.jpg


b0064411_23133630.jpg


b0064411_23133650.jpg


b0064411_23133668.jpg


b0064411_23133641.jpg


角におしゃれなカフェができていました。
b0064411_23133712.jpg
さて、いよいよ中に入ります!


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-20 07:45 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

我が家のベランダ

時々ご紹介している我が家のベランダ

b0064411_07352387.jpg

決して広くはないのですが、最近、家の中に入りきらないカゴ類なども置くようになって、一層ごちゃごちゃに…

b0064411_07374151.jpg

籠が好きで、つい買っちゃうんですよね…
b0064411_07374152.jpg

b0064411_07374112.jpg


これはキノコ採り用のカゴ
b0064411_07374188.jpg


これもそうですが、肥料などを入れてます。
b0064411_07374256.jpg


この小さなかごにはショウガが入っています。棚の上はアルミの牛乳間や湯沸し、チョコレート用の器具に洗濯物たたき(笑)。
b0064411_07374206.jpg

籠のほかにも、ヤギや牛の首輪にカウベルなんかもぶら下がっているし…
b0064411_07374119.jpg


オイルランプも好きなので、買ったはいいけれど、どうやって火をつけるのかわからない…
b0064411_07374130.jpg

ジャガイモ玉ねぎもここに
b0064411_07412276.jpg

家の中で置き場のない鏡もここに
b0064411_07412269.jpg

まだ瑠璃祭りが満開。この写真よりもっとたくさん咲いています。
b0064411_07415260.jpg

種を植えた覚えもないのに、芽が出てきたので、水をやっていたら、ナツメヤシの木らしいんです。庭から種が飛んできたのかな❓トリが持ってきたのかも。
もう1m近くにもなりました。
b0064411_07453722.jpg

たまにはのんびりしよう、とデッキチェアに座ると、植木を下から見ることになり、茶色くなった葉があちこちにあるのが見えて、結局起き出して取ることになり、休めない。

リビングにデイベッドを置いて休めるようにしたのに、あまり活用していない…

b0064411_07510590.jpg
もう少しゆったりしたいな。いや、しなくちゃいけないですね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2016-09-19 07:34 | 我が家 mi casa | Comments(0)
今期リセウ劇場の初めのオペラは モーツアルトの「魔笛」

b0064411_07274976.jpg

演出は(演出というのか)ベルリンのコミッシェオパー、全面的にアニメーションを使った舞台。
これじゃ見る気しない、と思ったのですが、アボノに入っているし、音楽を聴くだけだっていいと思って出かけました。
「魔笛」は、特に曲に関しては正直私の一番好きなオペラかもしれない。今まで本当にいろんなところでさまざまな演出で見たけれど、なかなかいい演出のものが無いんですね。はしゃぎすぎるパパゲーノや、ビブラートかけまくりのパミーナなんて、げっそり…

今回のは、舞台は別として、音楽だけはかなり良かったと思います。

今期のアボノは、かなりケチって5階席(笑)。
かなり横のほうだけれど、このくらい舞台が見えれば上等!
b0064411_07274947.jpg

天井がよく見える(笑)。
b0064411_07274967.jpg


b0064411_07274970.jpg


b0064411_07274911.jpg


b0064411_07274939.jpg

こうしてみると、みんなもう普段の服装ですね。
b0064411_07274979.jpg


b0064411_07274929.jpg

ドレスアップしている人なんかほとんどいない。
でも帰るとき、地下鉄に乗ったら、周りは、あ、オペラ帰り、といったちょっとドレスアップした人がたくさんいましたけれどね。

さて、その「魔笛」です。
写真はLiceuのHPからお借りしています。

舞台は白い壁で、そこに映し出すアニメーションに合わせて歌手も動く。
壁の真ん中あたりの高いところにくるりと回る小さな台があって、歌手たちがそこで歌うようになっています。

長めの序曲(ああ、でも大好き!)が終わると、まずタミーノが大蛇に追いかけられている場面ですが、タミーノの足の部分はアニメで、必至になって走っている様子がおかしい。



このトレーラーを見れば大体わかりますね。

大蛇をやっつけた3人のdamaたち
b0064411_08065556.jpg

3人とも素敵なタミーノ王子に恋してしまう
b0064411_08054818.jpg


パパゲーノの登場
b0064411_08065612.jpg

夜の女王は大蜘蛛!

b0064411_08072678.jpg

魔笛箱のティンカーベルのような妖精
b0064411_08065542.jpg


b0064411_08065663.jpg

モノスタトに追いかけられるパミーナ
b0064411_08065518.jpg

パパゲーノ対モノスタト
b0064411_08054885.jpg

先にパパゲーノとパミーナが会います。
b0064411_08065552.jpg

ザラストロ。クルト・モルを思い出す。
b0064411_08072604.jpg

これから試練を受けなければならない3人
b0064411_08054844.jpg


僧侶たちはシルクハットとスモーキングといういで立ち
b0064411_08054995.jpg

元気を出すパパゲーノ
b0064411_08065516.jpg

沈黙を守る試練の時でもおしゃべりをやめないパパゲーノ
b0064411_08065519.jpg

3人の少年たちがごちそうを運んできてくれる
b0064411_08065578.jpg

火と水の試練に向かうタミーノは、エレベーターでずーっと地下に下りてゆく
b0064411_08054884.jpg

火の試練
b0064411_08054890.jpg

やっと会えたパパゲーノとパパゲーナ
b0064411_08065686.jpg

夜の女王と3人のdama、モノスタトの最後
b0064411_08054899.jpg

大団円
b0064411_08243228.jpg
ステージには不満が残るものの、音楽はとても良かった。生で聞くとやっぱりCD聞いているのとは違いますから…
タミーのは、この役で一躍有名になったアライサの声にとてもよく似ていて、凛とした声が素敵でした。クルト・モルを思い出すザラストロもよかった。
夜の女王はサングラスをかけ白いかつらをかぶっているので、本当に蜘蛛の頭のようだったけれど、歌はヒステリックな感じで良かった。パミーナはビブラートかけすぎでちょっと。パパゲーノはアニメではふざけていたけれど、本人はきちんと歌っていて、初めは硬かったけれど、なかなか良かったです。
全体的に男性歌手がよかったですね。

指揮 Antonello Manacorda

配役
Sarastro Dimitry Ivashchenko

Tamino Jussi Myllys

夜の女王 Olga Pudova

Pamina Maureen McKay

dama1 Mirka Wagner

dama 2 Karolina Gumos

dama 3 Nadine Weissmann

Papagena Talya Lieberman

Papageno Richard Sveda

Monostatos Johannes Dunz

久しぶりの生の「魔笛」、楽しみました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2016-09-16 07:11 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
ディアゴナル大通りからMuntaner通りを上がっていくと、右手にある大きな庭園付きお屋敷
b0064411_05593442.jpg


ここがJulio Muñoz Ramonet財団
b0064411_05593459.jpg


その庭園が公開されています。
b0064411_05593443.jpg


以前はよくこのあたりに来たので、一体何のお屋敷かしらと思っていたのですが
b0064411_05593423.jpg

もとはアレーヤ公爵のお屋敷だったもので、現在はJulio Muñoz Ramonet財団。
建物の内部にはおびただしい美術コレクションがあり、グレコなどもあったのですが、それをひそかに売り飛ばしてしまったとかで散々問題になったのもまだ記憶に新しい。
b0064411_05593488.jpg

Muntaner通りはずーっと焦点が続くにぎやかな通りで、ここだけが緑の庭園のあるところ。
b0064411_05593421.jpg

その庭園が、今年の6月から市民に開放されました。
公開当時はずいぶんたくさんの人が訪れていたらしいので、しばらく待って、今日行ってきました。
案の定、人はごくわずか。
b0064411_05593326.jpg

このお姉さん、大きな声でずっと電話しているんですよね。私が見学を終わって出るときもまだ電話していました。

b0064411_05593303.jpg

b0064411_05593360.jpg

池があります。
b0064411_06114308.jpg

b0064411_06114363.jpg

とてもきれい
b0064411_06114427.jpg

b0064411_06114438.jpg


b0064411_06114552.jpg


建物の設計はEnric Sagnier,
b0064411_06114433.jpg


庭のあちこちにある像は、下にわざわざ作者の名前を書いたプレートが付いているけれど、あまり好みではない。
b0064411_06114323.jpg


なんとなく品位にかけるような気がして。
b0064411_06114358.jpg


アレーヤ公爵の大きな紋章が見える
b0064411_06305076.jpg


建物の内部は一般公開されていないけれど、おいおいなるでしょう。
こんな風だそうです。

b0064411_06325855.jpg

建物の右手にもう一つ庭園が
b0064411_06305019.jpg


ここにも美しい池
b0064411_06305014.jpg


b0064411_06305158.jpg


b0064411_06305149.jpg


b0064411_06305171.jpg


b0064411_06304973.jpg


建物の裏手にもう一つ小さな建物があって、これは二代目アレーヤ公爵の娘さんのために建てられたそうで、別の通りに面した門がある。
b0064411_06305041.jpg

b0064411_06325902.jpg


b0064411_06325942.jpg


b0064411_06374666.jpg

b0064411_06405101.jpg

b0064411_06325991.jpg


b0064411_06325964.jpg


b0064411_06325978.jpg


b0064411_06374712.jpg


b0064411_06374763.jpg


b0064411_06325997.jpg


b0064411_06325992.jpg


b0064411_06325978.jpg


b0064411_06325842.jpg

周りにある建物も、私の住んでる辺りとは違ってぐっと高級ムード
b0064411_06374651.jpg


b0064411_06374658.jpg


b0064411_06440164.jpg
興味のある方はちょっと立ち寄ってみてください。 詳細


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-09-14 21:17 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera