<   2015年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Lleo Morera邸見学1

先日、予約して、グラシア大通りにある Lleo Morera邸の見学に行きました。

b0064411_06421368.jpg

名前になじみがなくても、グラシア大通りのロエベの入っている建物、といえばすぐお分かりになるでしょう。

b0064411_06421344.jpg

b0064411_06421450.jpg

b0064411_06421489.jpg

b0064411_06421475.jpg

b0064411_06421448.jpg

b0064411_06421478.jpg

b0064411_06421439.jpg

b0064411_06421440.jpg

b0064411_06452214.jpg


b0064411_06452209.jpg


b0064411_06452284.jpg

ここが入口。今は、予約すればだれでも見学ができるようになっています。
エレベーターが見えますね。
b0064411_06452286.jpg

ちゃんと動いているのですからすごい!これはバルセロナの個人の家のエレベーターとしては最古のエレベーターの一つだそうです。
b0064411_06452351.jpg

玄関ホールの壁もそれは賑やか
b0064411_06452327.jpg


b0064411_06452229.jpg

素敵な扉ですね。このお姉さんが説明をしてくれました。見学者は私一人!!
b0064411_06452356.jpg

見事なレリーフと、のぞき窓のブロンズの細工も素敵。
b0064411_06452206.jpg
たくさん写真を撮ったので、何回かに分けてご紹介しますね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-28 07:38 | 建物 edificio | Comments(0)

Les Cortsで

私の住むLes Corts地区は、バルセロナの北西、ディアゴナル大通りが終わるあたりになりますが、ディアゴナル大通りに面しているところは近代的なオフィスビルやデパート、ショッピングセンターなどの建物が並びますが、
b0064411_07322193.jpg


一本入ると、昔の面影の残る庶民的な地区になります。

b0064411_07044368.jpg


以前のガラス工場だったところが今度新しく何かの建物になるといつか新聞で読みましたが
b0064411_07224958.jpg

本当に長いこと、廃墟のままの姿をさらしていました。

b0064411_07322137.jpg
b0064411_07322128.jpg

1940年頃はこんな感じだったのだそうです。

b0064411_07214058.jpg

ガラス工場にしてはおしゃれな建物ではありませんか。

先日通りかかったら、こんな風になっていました。
b0064411_07044384.jpg

工事がやっと始まったのね。
b0064411_07044348.jpg


壁にすごい鉄骨が組んでありますが
b0064411_07044341.jpg


b0064411_07044399.jpg

これは単に壁が壊れないようにするために支えているんです。古い壁を残すために。
b0064411_07044332.jpg

b0064411_07044397.jpg


壁だけ残して、中の建物は全部新しいものになるのでしょう。

b0064411_07044363.jpg

何になるのかな?
b0064411_07044367.jpg

以前同じ角度から撮っています。
b0064411_07322146.jpg

その建物の隣も、何やら大きなビルを建設中。

b0064411_07075072.jpg


b0064411_07075045.jpg


これは地価の駐車場なのでしょう。
b0064411_07075022.jpg

Les Corts 地区もかわっていきます。

b0064411_07431632.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-27 08:03 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)
バルセロナの北部は山の手で、特にペドラルべス地区は高級住宅街です。
市内には見られない大邸宅が多くみられるのは、この地区は昔はバルセロナの郊外で、週末に行く別荘地でした。
多くのお屋敷は、個人で所有するには経費が掛かりすぎるので、学校や病院やオフィスになったりしています。
緑が多い地区なので、散歩するのも気持ちがいい。


b0064411_08084171.jpg


ミモザがきれい

b0064411_08084158.jpg


アーモンドもまだ咲いています。
b0064411_08084130.jpg


b0064411_08084161.jpg


b0064411_08084198.jpg


b0064411_08084146.jpg


b0064411_08114600.jpg


屋根がモザイクになっています。
b0064411_08114635.jpg

b0064411_08114697.jpg


b0064411_08084119.jpg


b0064411_08114671.jpg


ここでは今もコンサートが行われています。
b0064411_08155371.jpg

b0064411_08114636.jpg


私が「軍艦ハウス」と名前を付けた、箱のような家。
b0064411_08114644.jpg


b0064411_08114626.jpg


b0064411_08114614.jpg


b0064411_08084150.jpg



b0064411_08084233.jpg

b0064411_08165363.jpg


ほんと、かわいい家
b0064411_08165374.jpg


b0064411_08165388.jpg


養老院
b0064411_08165361.jpg


b0064411_08165390.jpg

b0064411_08165389.jpg

b0064411_08181940.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-26 08:02 | 散歩 paseo | Comments(0)
リセウ劇場で、カウンター・テナー、アンドレア・ショルのリサイタルがあったので、また一番安い5階の席を買って行ってみました。

コンサートの直前。
平土間はまあまあの入りですが
b0064411_06104926.jpg

b0064411_06104974.jpg


かなり空席が目立ちます。
b0064411_06104918.jpg


隣に座ったご夫婦はウィーンからバルセロナにバケーションにいらっしゃって、ちょうどショルのリサイタルがあったので来たといっていました。
彼らは、ザルツブルグで上演された「ジューリオ・チェーザレ(ジュリアス・シーザー」(アンドレア・ショルがタイトルロール)を見に行っているのだそうです。
彼らの話だと、ショルは近年声の調子が悪くて、あまりコンサートをやらないのだそうです。
b0064411_06104930.jpg

私たちは5階の2列目でしたが、1列目が全部開いていたので、みんなで一列目に移動しました。

アンドレア・ショルは現代の代表的なカウンターテナーの一人です。

b0064411_06203461.jpg

とても優しそうな人ですね。
ステージに出てきたときは、その大きさにびっくり。身長2m近くあるのかしら。190cmは軽くありそうですね。

曲目はドイツリート。私は以前、アライサが歌うドイツリートに魅せられて、片っ端からCDを買って聞いたことがあります。今でも好きなのですが…

まずハイドンの作品で Despair Hob., The Wanderer, Recollectionから1曲ずつ。続いてシューベルトの Im Haine, Abandstern, An Mignon, Du bist die Ruh。
続いてピアノだけの演奏でブラームスのIntermezzo。
その後モーツアルトの Das Veilchen, ブラームスのMein Maedel hat einen Rosenmund。

ここで休憩が入り、後半はシューベルトのAve Maria、これは大変美しく歌われて素敵でした。
次にブラームスのAll mein Gedanken, Da unten im Tale, シューベルトの Der Juengling auf dem Huegel.
ピアノソロのモーツアルトのロンドが入り、続いてショルがDeath and the Maeden.
この時は死神の声を、彼の地声のバリトンで歌い、その声がとても素敵なのでびっくり。



続いてブラームスの Es ging ein Maidlein zarte, In Stiller Nacht, 最後がモーツアルトの Abendempfundung(これは私の大好きな曲)で終わりました。

一番美しかったアベ・マリア


ショルの声は美しく、ピアニシモまで5階の席にしっかり届くのですが、テーマが「死」が出てくるものが多く、いずれも淡々と歌われ、あまり変化がなくて、こちらの心に響いてこないのです。どうしたんだろうか、また声の調子がよくないんでしょうか… ピアノもとても控えめな演奏で、ショルの声を引き立てようとしているようでしたが、控えめすぎて、なんだかつぶやいているように聞こえました。
ウィーンから来たご夫婦は、最後の曲が終わるとすぐ、席を立って出て行ってしまいました。

ショルの温かい人柄は伝わってくるのですが、琴線に触れるようなものがなかったのでちょっと残念だったリサイタルでした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-24 06:06 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
レストラン街 "El Nacional" を出ると、以前姉夫婦が来たときに行ったレストラン、Boca Grandeに行ってみました。昼間はどんな感じかな~?と思って。

b0064411_05444413.jpg

予約なしだったけれど、平日だったので、待たずに席に通してくれました。

こういうインテリア、今はやりのようですね。

b0064411_05444459.jpg
b0064411_05444415.jpg
b0064411_05444436.jpg


奥にはパティオがあるようです。
b0064411_05444328.jpg
初めにアンチョビー、サーモンとマグロの燻製の角切り、トウガラシのピクルス添え
油に浸かってますが、おいしかった。
b0064411_05444412.jpg

私はカニのリゾットを頼みました。大きなカニ~
b0064411_05444309.jpg


カニの脳味噌のスープが添えてあり、周りに切ったカニを置いてありますが、いろんなナイフやハサミを持ってきてくれたけれど、食べるところなんてありゃしません。
b0064411_05444461.jpg

友人は羊のあばら肉のカツ
b0064411_05444348.jpg

ここはやっぱり夜、お酒を飲みながら食べるほうがあっている感じでしたね。

カモミールティを頼んだら、かわいいティーカップに入れて持ってきてくれました。

b0064411_05535864.jpg


いつも必ずレモンを付けて、と頼むのですが、こんなにどっさり入ってる。
普通のありきたりのカモミールと違う味がして、おいしかった。
b0064411_05535818.jpg
さて、一番お話ししたかったのはトイレのこと。
地下に下りていくんですが(なんだかやたらと広い)
周りが真っ黒に塗られていて、秘密クラブみたい
b0064411_05535843.jpg

で、トイレに入ったら、あっ、と驚く

b0064411_05535867.jpg

鏡でいっぱい!

b0064411_05535830.jpg


で、どこで手を洗うかと思えば真ん中の瓶のあるところ。
(一番上の写真の右に見えているところ)

面白いインテリア!
b0064411_05535858.jpg


なぜか写真を撮るブースまである。 
b0064411_05535845.jpg
ああびっくりした。

このレストランのある通り
b0064411_06013192.jpg
Boca Grande Passage de Concepcion 12
http://www.bocagrande.cat/


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-23 06:42 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
バルセロナの目抜き通り、グラシア大通りとグラン・ビアの交差点からすぐ近く、ほんの少しグラシア大通りから入ったところに、レストラン街 El Nacionalというのがあって、なかなか評判もよさそうなので、友人と行ってみました。

b0064411_20563066.jpg
ここは以前何かの工場か倉庫のようなところで、私が初めて行ったときは、安売りの服などを扱っているアウトレットのようなお店でした。
そのあと何年も閉まったままでしたが、最近、全面改装して、たくさんのセクションのあるレストラン・バール街に変身。

b0064411_20522328.jpg

入り口には植木鉢がたくさん置いてあって、いい感じ。

b0064411_20522384.jpg
中は広いオープンなスペースに、バールやレストランが並んでいます。
b0064411_20522365.jpg


b0064411_20522334.jpg


b0064411_20522392.jpg


b0064411_20522346.jpg


b0064411_20522336.jpg


b0064411_20522388.jpg


b0064411_20522359.jpg


b0064411_21020596.jpg


b0064411_21020560.jpg


b0064411_21020555.jpg


b0064411_21020516.jpg


b0064411_21020525.jpg


b0064411_21020565.jpg

インテリアも素敵だし、材料もよさそうでしたが、なんといっても、どこもレストランというよりバールで、一杯飲んでおつまみを食べる、という感じ。ちゃんとお昼食べましょう、っていう雰囲気じゃないんですね。でも最近は、お夕飯はそんな感じで済ます人が増えているから、いいのかもしれませんが…

で、結局どこにも入らず出てきちゃったんです。で、別のレストランに行きました。
b0064411_21020588.jpg

b0064411_21020496.jpg

b0064411_21020495.jpg
El Nacional HP http://www.elnacionalbcn.com/el-restaurante/
 営業時間 12時~夜中の1時まで

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-22 06:45 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)
先日はリセウ劇場で、ベッリーニのオペラ「ノルマ」のプレミエに行きました。
プレミエといっても、特に華やかな感じはなく、ロングドレスやタキシード姿は皆無で、昔のことを思うとちょっと残念でしたが、まあ気楽にオペラに行けるのはいいことだと思います。

有名なオペラですからとても期待してゆきました。
以前、生の舞台をベルリンで見たことがありますが、その時もかなり良かった。

b0064411_19444293.jpg

今回はサン・フランシスコオペラ、シカゴリリックオペラ、カナディアンオペラとのコラボ演出で、ステージはとても素晴らしいものでした。
まあ、本来は音楽が先なのですが、演出が素晴らしいと一層楽しめますね。

初めはこんなシーンから始まります。
真っ暗な中に、ノルマが松明を持って立っていて、二人の子供が眠っているのを見ているのです。

b0064411_19444219.jpg

このシーンは、恋人である敵国ローマの将校、ポリオーネが別の女性を愛していることを知って絶望したノルマが、彼との間にできた二人の子供を殺そうとするシーンで再開されます。(狂えるメディアを思い出す)


森の奥深くにあるドルイド族の神殿も、おどろおどろしい大きな牛の頭の像と、大きな木で演出。なかなか素敵です。
b0064411_19444222.jpg

b0064411_19444272.jpg


ノルマとの愛に飽きて、もっと若いアダルジーザに心を寄せるポリオーネ(酷い)。
高音と大音響だけで繊細さの皆無のテノールはキライ。

b0064411_19444288.jpg

アダルジーザに駆け落ちを迫るポリーネ。
b0064411_19444245.jpg


b0064411_19444211.jpg

ノルマとアダルジーザの二重唱は割とよかったですが、サザーランドの歌唱が懐かしい。

b0064411_19444298.jpg


鉄の木馬は素晴らしい効果。
b0064411_19444269.jpg


b0064411_19444231.jpg

アダルジーザの告白で、ポリオーネの心を知ったノルマは、それでも彼を愛し、自分は死のうと決心。みんなの前で、裏切りは自分だというのです。

b0064411_19451978.jpg


自ら火の中に飛び込むのです。そのノルマを見て、ポリオーネもまたノルマのひたむきな気持ちを理解し、後を追います。

b0064411_19452007.jpg

なかなか良かった!

b0064411_19452084.jpg

1970年にリセウ劇場で上演された「ノルマ」は、モンセラット・カバリェがタイトルロールを、ポリオーネを若きホセ・カレーラスが歌っています。

b0064411_19452014.jpg


b0064411_19452005.jpg
カバリェの「カスタ・ディーヴァ」は本当に素晴らしい。このカップルの上演、聴いてみたいですね。

なお、写真はリセウ劇場のFBからお借りしています。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-21 06:42 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

Llum Barcelona 11

最後はPortaferrissa通りにあるPalau Moja(モジャ邸)

玄関の大きな扉が開け放たれて、パティオが部屋のようになっていました。
b0064411_05060527.jpg


b0064411_05060500.jpg


b0064411_05060578.jpg

Moja邸の内部が見えます。
ここでは時々コンサートがあるので、何度か来ていますが、素敵なホールがあります。
b0064411_05060589.jpg

b0064411_05060569.jpg


b0064411_05060582.jpg


どうしてこんなところに犬が描かれているのでしょう。この家に飼われていたのでしょうか。
b0064411_05060572.jpg

最後はヴィレイナ宮。
b0064411_05060406.jpg

入った途端、

「あと5分で閉館です」

と言われたので、大急ぎで写真を撮りました。
サンタ・エウラリアのお祭りに出る人形たちです。

b0064411_05060563.jpg

これがサンタ・エウラリア、通称ライアちゃん。

b0064411_05151695.jpg

ナルニアのアスランみたいですね。
b0064411_05151662.jpg

後は、いつもおなじみのものと比べ、何となく出来の悪い人形たち。これに爆竹を装着して、火の粉をまき散らしながら街を歩きます。
b0064411_05151699.jpg

b0064411_05151643.jpg

不細工~。
b0064411_05151627.jpg

b0064411_05185671.jpg

あら、これ面白い
b0064411_05151672.jpg

ヒガンテ人形たち
b0064411_05151623.jpg


b0064411_05151638.jpg
あら、これは?
b0064411_05151678.jpg

b0064411_05151578.jpg
サンタ・エウラリアのお祭りの時、コレフォックに参加する人形たちですが、その日はオペラがあって、今年は残念ながら見に行けませんでした。

Llum Barcelona, 去年よりは面白かったと思いました。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-20 06:02 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

Llum Barcelona 10

Llum Barcelona,光の遊びを見に、次はVila de Madrid広場へ。

b0064411_04555360.jpg

古代ローマ時代のお墓が並んでいる通りですが、その壁面に投影されています。
b0064411_04481977.jpg


b0064411_04481998.jpg


これもなんだかちっとも面白くない。
b0064411_04481971.jpg

それではアテネアに行ってみましょう。

b0064411_04521575.jpg

b0064411_04521414.jpg

b0064411_04521426.jpg


b0064411_04521465.jpg


b0064411_04521530.jpg


b0064411_04521526.jpg


b0064411_04521595.jpg


上の階に上がると、パティオの庭園があって、そこにイルミネーションのトンネル。

b0064411_04481959.jpg
b0064411_04481903.jpg
b0064411_04481980.jpg
b0064411_04481995.jpg
b0064411_04481946.jpg


素敵な図書館がちらっと見えます。
b0064411_04555262.jpg


b0064411_04555351.jpg

「風の影」にも出てくる図書館ですね。
b0064411_04580693.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-19 04:59 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

Llum Barcelona 9

さて、王の広場に行ってみると、建物がきれいな紫でライトアップされていました。

b0064411_04352163.jpg


b0064411_04352129.jpg


b0064411_04352121.jpg


b0064411_04352207.jpg


b0064411_04352262.jpg


広場には大きな風船がたくさん結び付けられています。
b0064411_04352208.jpg


b0064411_04352211.jpg


b0064411_04352245.jpg


b0064411_04352120.jpg


b0064411_04352109.jpg


b0064411_04383816.jpg


b0064411_04383823.jpg


周りのライトアップがパッと消えると、音楽が始まりました。
b0064411_04383840.jpg


音楽に合わせて、風船にさまざまな色のライトが当てられます。
b0064411_04383868.jpg

でもあまり面白くなかった。な~んだ、って感じで。
b0064411_04414721.jpg

広場の近くの建物の中がよく見えました。

b0064411_04425465.jpg

その一階にあるバール
b0064411_04425412.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-02-18 06:27 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera