<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

バルセロナのオペラハウス、リセウ劇場の2014‐2015年の上演オペラが発表されました。

http://www.liceubarcelona.cat/temporada-2014-2015/temporada-2014-2015.html

b0064411_23593498.jpg
オペラは セビリアの理髪師、ラ・トラビア―タ、アラベラ、マリア・ステュアルダ、ノルマ、ジークフリート、トリスタンとイゾルデ、カルメン、コジ・ファン・トゥッテ、ドン・パスクァーレなど、人気演目が目白押し。
そのほかにバレエがゼンパーオパーバレエとスペイン国立バレエ団。
そしてコンサートも、ベートーベンの第5、7,9、ジョルディ・サバイ、ナタリー・デッセイ、アンドレア・ショル、サイモン・キーンリーサイド、そしてフィリップ・ジャルスキー!!

おお、かなり頑張ったなー、って感じ。私のアボノ(年間チケット)にはどれとどれが入っているかしら?

b0064411_23593501.jpg

私はアボノでは少ないものにして、他に行きたいチケットを別に買っているのだけれど、1年分だからかなりの出費で、このためにお金をためています。だから今年のバーゲンでは何も買わなかったしね。

今日はリセウ劇場のFacebookからお借りして、劇場の写真をご紹介。

b0064411_23593491.jpg
b0064411_23595324.jpg
b0064411_23595391.jpg
b0064411_23593586.jpg
b0064411_23593442.jpg
b0064411_23593406.jpg
b0064411_23593578.jpg
b0064411_00020069.jpg
b0064411_00020063.jpg
b0064411_00020061.jpg
b0064411_00020014.jpg
b0064411_00020098.jpg

素敵な劇場です。バルセロナに旅行にいらっしゃるみなさん、夜はぜひオペラを見てください。日本のように高くないですよ。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-28 17:38 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

レストラン Mordisco

先日、たまたま入ったレストラン、案外よかったのでご紹介。

静かな住宅の並ぶ、Pasatge de Conception
b0064411_19491442.jpg
でもこの通り、いくつもレストランがあるんです。その一つ。

b0064411_19491420.jpg
b0064411_19491421.jpg
名前がMordisco。訳しにくいけれど、がぶっと一噛み、とか、ひとかじり。

入ると、左手にはハムを切ったりサラダを盛りつけたりするスペース、右手は待っている人が新聞を読んだりするところらしい
b0064411_19540647.jpg
b0064411_19540685.jpg
入口をまっすぐ入ると、ずらっと棚が並んでいて
b0064411_19540624.jpg
b0064411_19540570.jpg
奥に広いガラス張りのパティオ
b0064411_19540658.jpg
b0064411_19540640.jpg
気さくな雰囲気がいい感じ
b0064411_19540578.jpg
生ビールを頼んで、オードブルのなすのから揚げをいただく
b0064411_19580924.jpg
御煎餅のようにカラッと揚げてあって、なかなか
b0064411_19580971.jpg
サラダも頼んで二人で分ける
b0064411_20004770.jpg

メインはリゾット
少ないようだけれど、結構おなかいっぱいになりました。

b0064411_19580999.jpg

デザートはイチゴ
b0064411_19580989.jpg
食後のティーも

b0064411_19580991.jpg
実は途中で席を替わらされたので、デザートはただ

トイレは階段の下の箱の中
b0064411_19580994.jpg
b0064411_19580996.jpg
特別安いというわけではないけれど、結構お勧め。

Mordisco   Passatge de la Concepcion 10  
                 tel. 934 879 656  (予約していった方が安全)

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-27 17:43 | レストラン、バル restaurante | Comments(2)
聖Just i Pastor教会は、市庁舎広場のすぐ近くのSant Just i Pastor広場に面して建つ、ゴシックスタイルの古い教会。1342年~43年に、その前に建てられていた教会を壊して再建されたもの。

b0064411_01295243.jpg

b0064411_01304267.jpg
b0064411_01304297.jpg
それが近年、地下に古い教会跡が発掘され、大いに話題になっています。

こんな具合

b0064411_01304256.jpg
b0064411_01304240.jpg
b0064411_01304212.jpg
とにかく6世紀の地下礼拝堂というのですから興奮です。
b0064411_01305188.jpg
b0064411_01304270.jpg
そしてつい最近のニュース

b0064411_01304232.jpg
こちらは300年ほど前に、食品などを貯蔵しておくための部屋だったらしいのですが、結構広いんだそうで
b0064411_01334926.jpg
最後の食事をした後、その部屋を埋め込んだ跡がありありと残っていたそうです。
ちょうど王継承戦争の時だったのですね。

ちょっと遠い目になってしまいます。

バルセロナは、大体掘れば何かの遺跡にぶつかるわけで、個人の建物の下にも、本当はいろんな遺跡が眠っているはず。大体4世紀のローマ市壁さえ建物の中に埋め込まれているところがたくさんあるんですからね。

面白い街です。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-26 19:21 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

地下鉄で聞く音楽

今朝、地下鉄の駅に降りた途端、素晴らしいギター演奏 が聞こえてきました。何人かが立ち止まって演奏を聴いていました。
残念なことに、心残りではありましたが、時間がなかったので、通り過ぎてホームに降りました。ギターの音はそこ聞こえてきていました。

電車に乗ると、今度は素敵なヴァイオリンの音が。
普段は大体がアコーディオンの音楽家ばかりなのですが、今日はギターに、次にヴァイオリン、それもとても素敵な演奏です。多分、ルーマニアとかの東欧から来ている人だと思います。
こういうときはぜひいくらかでもあげたいですね。

人前でお財布を出すのは、防犯上あまり好ましくないので、私はいつも上着のポケットに小銭を入れています。演奏が気に入ったらあげるわけ。

今日はなぜか音楽づいていて、帰りの電車でも、Vivaldiの四季から「冬」をすごい勢いで演奏している人がいました。かなり上手だったので、もちろんあげましたよ。

それで、こんなYoutubeを思い出しました。


このヴァイオリニストは Renaud Capucon。フランスではとても有名なヴァイオリニストです。
その人が、このビデオを撮るのに協力したわけですが、ね、こんなこともあるかも?

彼が弾くベートーベンの ロマンス


あなたもヨーロッパにいらっしゃったら、小銭をポケットに忍ばせて置くのを忘れないでね。

(おまけ)
弟さんのゴーティエとの共演
 


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2014-02-25 18:43 | 音楽 | Comments(2)

Can Gironaの庭

Can Gironaというのは、Manuel Girona氏がぺドラルべス地区に建てた夏の別荘でした。現在はポリテクニコ大学になっていますが、その家は今でも残っていて大学として使われているほか、チャペルには、スペインで最大の大型コンピューターが入っています。

b0064411_18485682.jpg
その広い庭園は市民に開放されていて、自由に散歩ができます。

b0064411_18580888.jpg
木立の中には、オルメカの巨大頭部の像(レプリカだそうです)
b0064411_19005117.jpg

大きな池があって、その眺めはなかなか素敵。
b0064411_18513127.jpg
この展望台は 1901年に Josep Masdeu i Puigdemasaによって設計されたものです。

この池にはいつもカモがいるので、それを見るのも楽しくて。
b0064411_18545690.jpg
人が行くと近寄ってくるのよね。残念、今日も何も持っていない。ごめん。
b0064411_18545632.jpg

ふと横を見ると、子がもたちがまったりしていました。
b0064411_18515643.jpg
差し渡してある板に乗っかって、親がもが上陸
b0064411_18545691.jpg
なんて見ていたら、目の前をゆっくり歩いていくカモも
b0064411_18545610.jpg
b0064411_18545649.jpg
今日はこのかわいい展望台に接近
b0064411_18545661.jpg
b0064411_18580871.jpg
b0064411_19005104.jpg
b0064411_18580881.jpg
とてもかわいい家ですが、人が住めるほど大きくはないのね。

b0064411_18580889.jpg
b0064411_18580880.jpg
b0064411_18580816.jpg
b0064411_19005192.jpg
母屋の方を見る
b0064411_19005155.jpg
ここにもカモが
b0064411_19005032.jpg
その後ろ側には、ポリテクニコ大学の別のモダンな建物があります。
b0064411_19005133.jpg
この庭と道路を挟んで反対側にあるのはぺドラルべス宮。これは後ろから見たところ。
b0064411_19010320.jpg
Manuel Girona氏は、道の名前でもおなじみですが、1845年にBanco de Barcelonaという銀行を設立した人です。一時は非常に盛況だったにもかかわらず、1920年には閉鎖されています。その銀行の建物は、今も残っています。
ランブラスの一番海より、コロンブス像のすぐ近くにあるこの建物です。
もう、100年近く閉鎖されたままなんですね。何かに利用しないのかなぁ…
b0064411_19010361.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-24 20:38 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

春の予告 2

風邪がまだすっきりしなくて、あまり外出はしていないのだけれど、とてもいいお天気だったので、用事もあったことだし、ちょっと出ることにしました。

Eixample地区を歩いていると

b0064411_22422080.jpg
b0064411_22410969.jpg
b0064411_22412195.jpg
これじゃ何を撮ったかわからないでしょうね
b0064411_22422099.jpg
すっかり葉を落とした並木のプラタナスに、新芽が出ていたんです。
まだ小さいけれど、日の光を浴びてキラキラ光っていて、とてもきれいでした。

それで春らしい花を買いたくなって、シクラメンとジャスミンの鉢を購入
b0064411_22475603.jpg
b0064411_22475678.jpg
早速植えかえ
b0064411_22475692.jpg
b0064411_22475606.jpg
b0064411_22543296.jpg

やっと咲きだしたヒヤシンスと一緒に置いて

b0064411_22475630.jpg
クンシランのつぼみもだいぶ膨らんできました。
b0064411_22475643.jpg
b0064411_22475653.jpg
本当にこのまま春になってしまうのかしら? 
今年はとても温かい冬でした。

b0064411_22543264.jpg
b0064411_22543263.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-23 22:11 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)
昨日の新聞に、大きな写真入りで出ていたニュース

b0064411_16082523.jpg
カタルーニャ広場に面した、かつてCaja Madridのカルチャースペースだったこの部分を、ユニクロが購入。

b0064411_16082513.jpg
ここはさまざまなエクスポジションをやったり、上階にはコンサートホールがあって、私も何度か行ったことがあります。
Caja Madridの経営があやしくなり、そのスペースが何年も閉鎖になっていて、こんな一等地なのにどうするのかな…と思っていましたが、ユニクロが買ったとは!

ユニクロは、グラシア大通りなどもずいぶん当たったらしいのですが、最終的にはここに決定。スペインでは第一号店ができる予定。

b0064411_18015380.jpg

カタルーニャ広場のユニクロの入る予定のすぐ左隣にはショッピングモールの el Triangleがあり、そこの地階部分と地下を占めていた、家具とインテリアのHabitatがまた経営不振で、今閉めているDiagonal/Tusetのお店に移り、Habitatの入っていたスペースにアメリカのアパレルチェーン Urban Outfitters がオープンするとのニュースが出たばかり。

ユニクロは今ヨーロッパに店舗を広げる企画をしていて、第一大型店舗が今春ベルリンにオープンの予定だそう。
ユニクロは現在世界のトップのアパレルメーカー Inditex, H&M, Gapの3社に次いで世界で4位だが、トップスリーに食い込みたいとのこと。
すでにアジアでは中国、香港、台湾にかなりの店舗があるが、今度はヨーロッパへの格調を目指すそうで、すでにパリやロンドン、ロシアでフランチャイズチェーンがあります。

バルセロナの中心であるカタルーニャ広場の周りの大きな2つの建物が外国の衣料店と言うのもちょっと寂しいけれど、安売り衣料で始まったスペインのZaraや スエーデンのH & Mだって東京の銀座に大きな店舗を構えているのだから、時代の変化ともいうべきものでしょうか。
まあ、日本のお店がバルセロナにできるのはとても喜ばしいことですが。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-22 15:51 | 日々のこと cotidiana | Comments(4)
Maurice Ravel作曲の 「ハバネラ形式の小品」は、楽器をやっている人だったら聞いたことがあるでしょう。

b0064411_05174239.jpg

私もこれをピアノ伴奏でフルートでコンサートで演奏しました。リハーサルの時はなかなかピアノとうまく合わなくて、コンサートの日が一番ぴったり合ってうまく行ったのを思い出します。

b0064411_05185013.jpg
この曲は、フルートで演奏されることが多いのですが、オーボエやクラリネット、バスーンやサクソフォン、チェロなどでも演奏されることがあるようです。

ところが解説を見ると、原題は Vocalise-etude en forme de Habanera と言って、本来、ヴォカリーズ(母音唱法)の練習曲として作曲したのですね。ということは人が歌うためだったんだ…! 

その、人が歌っている録音を偶然見つけました。それがこれ。


歌っているのはかのカウンターテナー、フィリップ・ジャルスキー。
歌詞は無いので、e と i の中間の音で歌っています。

びっくりしました。本当に! 

まあ、私が演奏できるくらいですから、器楽の曲としてはそんなに難易度は高くないかもしれませんが、これを歌うとなったら大変だと思います。

特にこんな所なんか
b0064411_05174291.jpg
録音状態はあまり良くなくて、時に音が飛んでしまっているところがありますが、雰囲気は感じていただけるでしょうか。

ラベルは細かく指示を書いていて、ジャルスキーはそれを全部わかるくらいきちんと指示に従って歌っています。それも軽々と!
彼はバロック音楽専門ですが、フランス歌曲を歌うきはトリル部分は当然、ビブラートも変えて時代に合わせた歌唱法で演奏。 
特に出だしの部分、もう官能的ですらあります。ぞくぞくっとしてしまうほど。
楽器ではとてもこんな風には表現できないでしょう。
こういうのを聞いていると、声に勝る楽器はないのではと思わされます。

彼の歌唱は、オペラ歌手によく見られるような、「聞かせてやろう」的なところはまるでなく、天に向かってどこまでも伸びてゆくような、そして歌った後は、背にある見えない翼で天に昇って行ってしまうような。
聴衆は陶酔し、しばし天国を垣間見た思いをし、その余韻で動けない。

この録音のとき、ジャルスキーはまだ29歳。本人は「大変な努力をしている」と機会があるごとに言明していますが、何と軽々と、本当に羽が生えているように歌っていることでしょう。類まれな才能に恵まれた音楽家だと思います。

b0064411_05501250.jpg
検索したら、ヴォカリーズ、いろいろな歌手が歌っているのが見つかりました。

チェチーリア・バルトリ。かなり速いテンポ。


モンセラット・カバリェ。繊細です。

声や演奏はお好みですが、私はやっぱりJarousskyの録音がいいな。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-21 06:59 | 音楽 | Comments(0)

フルーツティー

聖エウラリアのお祭りのとき、ゴシック街を歩いていたら、お茶屋さんがあって、ちょっと欲しくなってお店に入ると、2種類買いました。

一つはマンゴーともう一つ何だったか、フルーツの入ったお茶
b0064411_05465208.jpg
b0064411_05465267.jpg
淹れると、とてもいい香りです。味の方はまあまあかな。黄色のお茶です。

もう一つは森の果物、というお茶
b0064411_05465283.jpg
これは以前買ってとても気に入ったのでまた買ったのですが
b0064411_05465255.jpg
乾燥フルーツを切ったものがたくさん入っています。花びらみたいなものも。

入れた後、お茶ガラはこんな風
b0064411_05465215.jpg
とても素敵な赤になります。
b0064411_05465241.jpg
酸味があって、とてもおいしい。これだけで飲みにくい時ははちみつを入れます。
マンゴー入りは、紅茶の葉が入っているので、長く入れておくと渋くなりますが、こちらはお茶は入っていないので、寝る前でも大丈夫。今一番お気に入りです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-20 05:43 | 食べ物 comida | Comments(0)

春の予告

先週胃が痛みだして、何日か経った後、今度は風邪の症状が出てきました。
で、この2日くらいはすっかりダウンしてしまっていて、今日の午後から少し気分がよくなりました。

今年はバルセロナはずっと暖かく、寒い日でも12度くらい、ちょっと暑いと20度くらいになります。だからうっかり厚着をして出ると、汗をかいてかえって風邪をひいてしまうようです。

先日ご紹介した、近所にあるあまりきれいでもない公園を通りかかると、プルーンの花が咲き始めていました。
b0064411_05401245.jpg
b0064411_05401217.jpg
b0064411_05401257.jpg
b0064411_05401210.jpg
b0064411_05401294.jpg
マンションの庭のミモザも満開です。
b0064411_05413264.jpg
b0064411_05413304.jpg
b0064411_05413325.jpg
b0064411_05413385.jpg
b0064411_05413352.jpg
アーモンドもたくさん咲いているころ。早く元気になってちょっとお花見に行ってみたいなあ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-02-19 05:36 | 花・植物 plantas | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera