<   2014年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Jordi Savallのコンサート

先日、Auditorioの大ホールで、Jordi Savallの "L'Europa musical al Barroc" 、17世紀のバロック音楽のコンサートがありました。
b0064411_08353322.jpg

今まで何度かSavallのコンサートに行って、いつもとても楽しんでいるので、今回もかなり期待をしていきました。

Savallは、2013-2014年、El So original, つまり、オリジナルの音、というシリーズのコンサートを行っていて、今回が2回目。

b0064411_07460000.jpg
何だかこういうモダンな建物って、あまり魅力ない。

b0064411_07501895.jpg
おまけに時間を1時間間違えて早く付いてしまったので、カフェでジュースを飲んで待っていて、30分前に入れました。
b0064411_07460052.jpg
b0064411_07460019.jpg

ちょっと気に入らないのは、Auditoriの大ホールは、バロックアンサンブルにはちょっと大きすぎるのです。それでもSavallは人気があるので、満席でした。

b0064411_07460092.jpg
演奏が始まると、まるで17世紀の宮廷に入り込んだような気分になって、わくわくしました。Savallの弾くビオラもさることながら、楽しいのは後ろの一段高いところにいる打楽器奏者。いろんな楽器を次々演奏、それも仙人のような長い白髪とあごひげ。今回は2人打楽器奏者がいましたが、いつもこの仙人のような人一人の場合が多いのです。

そこまではよかったのですが、その後は単調で、私はすっかり退屈してしまったのです。
プログラムは、イギリス、ドイツ、フランスから17世紀に活躍した作曲家を2人ずつ選び、主に舞曲を演奏していて、中にはパーセルやリュリもいたのですが、選曲が悪いのか盛り上がりもなく、私は何度かコックリしてしまいました。Savallのコンサートでこんなことは初めてでした。
とうとう最後まで、あまり魅力も感じず、かなりがっかりでした。

う~ん、どうしてかな。この間アムステルダムで聞いたファゾリス指揮の I Barocchisti, Marcon指揮の Orchestra Barocca di Venezia, スピノジ指揮のアンサンブル・マテウスなどの歯切れのよい演奏を最近ずっと聞いているから物足りなく感じるのかしら。でもSavallもInternational Classical Music Awards 2014 ((ICMA) で今回賞を受けたんですよね。

アンコールの短い曲がとても生き生きとして素敵だったので、こういう曲を演奏してくれたなら…と思いました。仙人風打楽器奏者、わかります?
b0064411_08164087.jpg

彼の名誉のために、いつものコンサートはこんな感じだというYoutubeのビデオを貼っておきますね。こんなコンサートだったら、絶対居眠りなんかしないでわくわくして聴いていたと思うんですけど。こちらのコンサートは2つともとても素敵です。

 



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2014-01-31 06:36 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

バルセロナに戻って

バルセロナに戻ったら、そのまぶしい青空に思わずため息。お日様ってありがたい。
それにしてもちっとも寒くない。今年の冬はどうしたんでしょう。

b0064411_19153253.jpg
b0064411_19153270.jpg
b0064411_19153247.jpg
b0064411_19153249.jpg
b0064411_19153256.jpg
b0064411_19153206.jpg
b0064411_19153268.jpg
町が明るく見えるのは、いつも太陽があることと、建物の色も薄い色が多いからでしょうね。
b0064411_19184080.jpg
b0064411_19184042.jpg
b0064411_19184059.jpg
b0064411_19215418.jpg
b0064411_19215428.jpg
b0064411_19215449.jpg
b0064411_19215442.jpg

まあ、装飾過多ではありますが
b0064411_19184073.jpg
b0064411_19184040.jpg
b0064411_19184039.jpg
b0064411_19211664.jpg
やっぱりバルセロナに帰ってくるとほっとします。好きだなー。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-30 06:10 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

アムステルダムへ9

アムステルダムの国立ミュージアムをゆっくり見たあとは、ホテルに帰ってチェックアウト。
荷物だけ預かってもらって、今度は近代美術館へ。

まだかなり早かったけれど、最初にレストランに行って昼食を取りました。

b0064411_18515971.jpg
シーザーズサラダとタルタルステーキ
b0064411_18515995.jpg
付いてきたパンが面白い形! ここもオリーブ油を付けて食べるんですね。
b0064411_18530788.jpg
b0064411_18530768.jpg
シーザーズサラダは自分で混ぜるようになっているけれど、私はもう混ぜてある方が好き
b0064411_18530799.jpg
重すぎず、おいしく頂きました。

このミュージアム、ハンドバッグも持って入れないんですよね。小さなビニール袋をくれて、それに入るだけのものを持って、後は預けなければなりません。
b0064411_18530741.jpg
展示物はモダンアートがほとんどで、まあ、好きなイヴ・クラインはあったけど
b0064411_18563097.jpg
b0064411_18571623.jpg
後はよくわからない

???
b0064411_18571666.jpg
b0064411_18571605.jpg
b0064411_19012521.jpg
b0064411_18571697.jpg
b0064411_18571695.jpg
b0064411_19013628.jpg

カルダーのモビールがありました!
b0064411_18571677.jpg
b0064411_18571657.jpg
b0064411_18571686.jpg
b0064411_19004318.jpg
b0064411_19012592.jpg
シャガールも2点
b0064411_19012554.jpg
b0064411_19012545.jpg
ゴッホも2点
b0064411_19012589.jpg
b0064411_19012575.jpg
広い割には早く見終わり、続いてゴッホミュージアムへ。こちらは写真撮影禁止
b0064411_19044219.jpg
b0064411_19044295.jpg
b0064411_19044283.jpg

って、この3日枚撮ってから分かったの。
その後はホテルで荷物を取って玄関を出た途端、予約しておいたタクシーが到着、いいタイミングで飛行場に到着。飛行機も遅れず定刻にバルセロナに着きました。

いい音楽といい芸術に浸れた旅行でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-29 06:47 | 旅行 viaje | Comments(0)
アムステルダム国立ミュージアムの中に、図書館がありました。

b0064411_06234648.jpg
b0064411_06234628.jpg
b0064411_06234574.jpg
b0064411_06234536.jpg
b0064411_06234580.jpg
b0064411_06234590.jpg
b0064411_06234593.jpg
b0064411_06234592.jpg
どのくらいの古い本が並んでいるのでしょうね。もちろん一般客は入ません。
b0064411_06304696.jpg
b0064411_06321838.jpg
b0064411_06321823.jpg
b0064411_06321874.jpg
楽器を弾いている場面を描いた絵にはつい惹かれてしまいます。
b0064411_06321861.jpg
b0064411_06321835.jpg
b0064411_06321860.jpg
b0064411_06321821.jpg
b0064411_06461394.jpg
b0064411_06321817.jpg
b0064411_06461392.jpg
b0064411_06461311.jpg
b0064411_06461395.jpg
b0064411_06461375.jpg
それにしてもすごいコレクションです。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-28 06:19 | 旅行 viaje | Comments(0)
アムステルダム国立ミュージアムの素晴らしいコレクション

b0064411_07024704.jpg
b0064411_07024719.jpg
b0064411_07024702.jpg
b0064411_07024714.jpg

b0064411_07024787.jpg
b0064411_07024724.jpg
b0064411_07093654.jpg
b0064411_07085289.jpg
b0064411_07085288.jpg
b0064411_07085211.jpg
b0064411_07085274.jpg
b0064411_07085298.jpg
b0064411_07085222.jpg
b0064411_07085294.jpg
b0064411_07085266.jpg
b0064411_07114490.jpg
b0064411_07114416.jpg
b0064411_07114436.jpg
さすが、レンブラントの部屋はたくさん人がいました。
b0064411_07114477.jpg
b0064411_07114410.jpg
b0064411_07114406.jpg
b0064411_07114497.jpg
b0064411_07114439.jpg
b0064411_07135702.jpg
b0064411_07135709.jpg
b0064411_07135753.jpg
b0064411_07135720.jpg
b0064411_07135767.jpg
b0064411_07135791.jpg
b0064411_07135781.jpg
↓この建物の絵、オペラ聖アレッシオの舞台を思い起こさせました。
b0064411_07165474.jpg
b0064411_07165522.jpg

b0064411_07165406.jpg
b0064411_07165584.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-27 07:00 | 旅行 viaje | Comments(0)
国立ミュージアムの上のフロアに行きます。

b0064411_06472185.jpg
こういう空間がとても素敵

b0064411_06501622.jpg
b0064411_06501650.jpg
b0064411_06501655.jpg
b0064411_06490601.jpg
b0064411_06501616.jpg
b0064411_06501600.jpg
b0064411_06501630.jpg

b0064411_06501669.jpg
b0064411_06534118.jpg
b0064411_06534178.jpg
b0064411_06563153.jpg
b0064411_06534153.jpg
b0064411_06563129.jpg
b0064411_06534165.jpg
b0064411_06551184.jpg
b0064411_06534195.jpg
b0064411_06563146.jpg
b0064411_06534126.jpg
b0064411_06534146.jpg
b0064411_06563155.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-26 06:39 | 旅行 viaje | Comments(0)
Conservatoriumは大変快適でしたけれど、コンサートの後は興奮して一睡もできませんでした。いつもよく眠れる私には、こんなことって、本当に珍しいこと。
気を取り直してシャワーを浴び、軽く朝食を取ると、9時に国立ミュージアムに行きました。

b0064411_05553308.jpg
月曜日ですから通勤の人や学校に行く人たちが多いのは当然。自転車の多さにもかなりびっくり。

b0064411_05553395.jpg
立派な建物です。
b0064411_05553357.jpg

チケットはインターネットで買っておいたので、すぐ入ることができました。

バロック絵画や彫刻の部屋から
b0064411_06002771.jpg
b0064411_06002781.jpg
バロック時代のものと言え、色も鮮やかでとてもきれいなんです。
b0064411_06002721.jpg
b0064411_06002709.jpg
展示の仕方もとても素敵だと思いました。
b0064411_06002778.jpg
b0064411_06002731.jpg
b0064411_06002743.jpg
b0064411_06002724.jpg
b0064411_06033049.jpg
b0064411_06032932.jpg
b0064411_06033053.jpg
b0064411_06033093.jpg
b0064411_06074990.jpg
b0064411_06052775.jpg
b0064411_06052839.jpg
b0064411_06052711.jpg

b0064411_06052780.jpg
この絵はここにあったのですね。
b0064411_06052766.jpg
バルセロナのMNACのバロックアートはキンキラ金のものが多いのだけれど、こちらの方が落ち着いた感じ。
b0064411_06052723.jpg
b0064411_06091500.jpg
b0064411_06091606.jpg
b0064411_06091681.jpg
b0064411_06091623.jpg
b0064411_06091641.jpg
b0064411_06091669.jpg
b0064411_06091690.jpg
b0064411_06420401.jpg
b0064411_06420402.jpg
b0064411_06420494.jpg
b0064411_06420452.jpg
朝早いとはいえ、入口にはかなりの人がいましたが、忙しい人たちはこちらの展示は飛ばしてしまうのか、ほとんど人がいないのです。とてもゆっくり見られました。

つづく


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-25 06:41 | 旅行 viaje | Comments(0)
今回の旅行の目的は、コンセルトヘボウのコンサート、Pergolesi の"Stabat Mater".
この曲は、私のオーケストラでもコンサートをしているし、何度かコンサートにも行っているので、どうしても最高の歌手とオーケストラで聴きたかったのです。そしてとうとう夢がかないました。

b0064411_05004925.jpg
Diego Fasolisの指揮する I Barocchistiのアンサンブルと、あの great(Fasolis曰く)カウンターテナーのフィリップ・ジャルスキーと、若いロシアのソプラノ、Julia Lezhnevaコンサート、これ以上の組み合わせを望むことができましょうか。
そして合わせて演奏されるのが、大好きな VivaldiのNisi Dominus! もうどんなにしてもこのコンサートを聴きたかった!

コンセルトヘボウはとても素敵な建物でしたし、広さもちょうど手ごろな感じ。
ステージの後ろ側にもぐるりと座席がありました。
b0064411_05093574.jpg
b0064411_05093533.jpg
b0064411_05093597.jpg

写真を撮っていたら、(写真撮影禁止」の立て札がステージのど真ん中に立っています。ありゃ、駄目かな?

コンサートプログラムは、

1.Vivaldi Sinfonia "Al Santo Seplocro" Concerto grosso Op.3, Nr.11

 2.  Nisi Dominus

 休憩

3.Pergolesi  Stabat Mater

初めはファゾリス指揮の I Barocchistiでヴィヴァルディのコンチェルト・グロッソ 作品3‐11、ポピュラーな曲ですが、たとえようもなく澄み切ったヴァイオリンの音が素晴らしかった。昔よく聞いていた I Musiciとは楽器の構成も違い、一層オリジナルに近いのではと思わせました。
こちらは違う人たちの演奏ですが、曲を聴いたらすぐお分かりになるでしょう。
ヴァイオリンとチェロが素晴らしかったです。


次がVivaldi のNisi Dominus, これも大好きな曲です。
舞台の上のドアから、指揮者のファゾリスとジャルスキーが下りてきます。
ファゾリスはオルガンを弾きながらの指揮。
聞いてみてください。


最後のアーメンが特に素敵でしょう。別に宗教くさくもないし。
ジャルスキーの声と演奏は、この曲に本当にぴったりとあって、崇高さを感じさせます。
この曲は、カウンターテナーが歌うにはかなり難しいらしいのですが、そんなことはみじんも感じさせない、素晴らしい演奏です。輝かしく、ときにはメランコリックに響く高音、美しいフレージング、特に第四番のピアニシモの長い持続音の美しさは涙が出るほど。よくこれだけ息が続くこと。
7番はビオラ・ダモーレ奏者が前に出てきて歌と掛け合いで演奏。メランコリックな音と、デリケートに歌われる声とのハーモニーがが美しい。
アーメンでは、得意の超絶技巧のコロラトゥーラを発揮。彼の歌唱はいつも完璧。
曲と曲の間の少しの間に、客席のあちこちから咳をするのが聞こえてきました。
あまりにたくさんの咳が聞こえるので、ファゾリスはあきれたような顔でちょっと指揮を始めるのをストップ。ジャルスキーはくすっと笑うと、ふざけて、自分も咳をする真似をしました。余裕があるんですね。

それにしても、Vivaldiは偉大な音楽家ですねえ。長年さまざまなヴィヴァルディの曲を演奏してきても、器楽曲だけ演奏していたからそこまで素晴らしい作曲家とは思っていなかったのですが、この曲やたくさんのオペラ、さまざまなカンタータを聴いていると、今までヴィヴァルディをよく知らなかったということがわかり、ヴィヴァルディを再発見した思いです。

Nishi Dominusの録音風景のビデオ


休憩の後は、いよいよ Stabat Mater。
右のドアからファゾーリとユリアさんが、左のドアからジャルスキーが下りてきました。ジャルスキーは、きっと一人だったら駆け下りてきたでしょうが、二人と同じようにステージに着くよう、ちゃんと見ながら一緒にステージに立ちました。こういう気を使う人なんだ。

一曲目、Stabat Mater dolorosa, この歌詞は読んだらもう悲しくて、とても続けて読んでいられません。曲の始まりから、震えが来てしまう。
二人の声は溶け合い、そして掛け合い、なんてすばらしいんでしょう。

こういった宗教曲は絶対ビブラート無しで歌われなければなりません。そして、そのまっすぐ伸びた声が、美しくなくてはだめ。この二人は最高のカップルではないかしら。
第4番のQuae moerebat は、宗教曲にもかかわらず、私には官能的に歌っているように思えるのですが、そんな風に言ったら怒られるかな。
7番のEja Mater, fons amorisはかなり低めで、とても私好み。天使の声と言われるジャルスキーのチェストヴォイスは、悪魔的!そのギャップが面白くて。チェンチッチなどはそんなにギャップがないように思うけれど。
8番のFac ut ardeat cor meumは中でも特に好きで、この二人の掛け合いがとても素敵。最後のオーケストラの部分がまたいい。この部分、私もずいぶん一生懸命練習したから。
12番の"Cuando corpus morietur"が始まると、ああ、もう終わってしまう、とつらくて、もっと聴いていたいと願わずにはいられません。
そして最後の素晴らしいアーメンで終わると、会場の人たちは総立ちになり、ブラボーと大喝采の渦。宗教曲と言うのに、こんなに聴衆が興奮しているのを見るのは初めてでした。

b0064411_05093404.jpg

宗教曲だとアンコールなんてできないだろうと思いきや、スカルラッティの"Salva regina"のデュエットを歌ってくれました。またこれが素晴らしくて、オーケストラが止まって二人の声だけが絡まりあい、絶妙なハーモニー、うっとりとなりました。
二重唱のときは、ジャルスキーはボリュームを抑え、自分が目立たないようにするんですね。
アンコールの後もまたスタンディング・オベーション。
もうみんな拍手をしながらステージの近くに押し寄せて、写真を撮りまくっているんです。それで私も撮らせてもらいましたが、ステージの写真って難しいのね。
ライトが当たっているから、顔の部分が飛んでしまう。
b0064411_05093452.jpg

これはこちらからお借りした写真。
ジャルスキーは歌うとき、その内容に入り込んでしまうのか、ここまでやるか!って言うほど顔を崩すんですね。歌手は誰でもある程度は崩すけれど、彼の場合は別人に見えるくらい、というか、もとの顔がどんなだったか忘れてしまうくらい(笑)。
b0064411_18084299.jpg

そして、コンサートは終わりました。本当に素晴らしかった・・・・!


今回のコンサートのStabat Materのレコーディングの映像。寒そうな教会での録音風景。





この "Stabat Mater"のレコーディングは、ICMA, the International Classical Music Awards 2014で受賞が決定しました。 カテゴリーは「バロックボーカル」 で、 Philippe Jarousskyと Julia Lezhneva。

ジャルスキーがイタリアの教会で、このイントロ部分を子供たちのコーラスと歌っていたビデオを見ましたが、子供たちがアルト(カウンターテナー)のパートを歌っていたため、彼は、「じゃ僕がソプラノ部分を歌いましょう」と歌い始めたので、自分以外のパートまでちゃんと暗譜しているんだ~とびっくり。

コンサートの後、トイレに行こうと人混みの中をぐるぐる探し、係りの人に聞いて、やっと行くことができました。さらにその後、コートをどこに掛けたのかわからなくなった! 入口から入ったすぐのところに、コートを掛ける場所があるので、このコンサートホールはクロークルームがないのかしら、と思いながら掛けたのですが、トイレを探してぐるぐる回っていたら、ちゃんとクロークルームがあるじゃありませんか。
また係りの人に、コートをフックに掛けたんですけれど…と聞くと、コンサートホールの四隅にあるとのこと。それでまたホールのまわりをぐるぐる回るはめに。エントランスホールでもうサイン会が始まっていました。
やっとコートを見つけて、大汗をかきながら、サイン会の列の一番おしまいに並びました。
b0064411_05093493.jpg

ずいぶんたくさんの人がサインをもらうために並んでいました。時間がかかるのを見込んで、コーヒーかなんか飲みに行った人もいたようで、後からまたぞろぞろ来ていました。

やっと私の番になると、初めにJuliaさん。にっこりほほ笑んでくれてとてもチャーミング!!まだ24才なのに、もう国際的に活躍していて、すでにたくさんの賞を受けているソプラノです。でも全然、気どった感じはなくて、それは好感度100%です。
リブレットにサインをしてもらうとき、
「お名前は?」
と聞かれ、スペルを言うのに、つい
”Etsuko, E(エ) de Espanya" 
とスペイン語で言ってしまいました。
ちょっと変な顔をするJuliaさんに、あわてて
「すみません、スペインに住んでいるものですから、スペイン語で言ってしまいました」
それまで英語に全然スペイン語が混じらなかったのに。さて、E(スペイン語でエと発音)はイーだったわね、えーとイーはEnglandのEだっけ、としどろもどろ。でもちゃんと書いてくれました。(この写真はお借りしたもの)
b0064411_07025091.jpg

お隣に座っていたジャルスキーのところには、後ろの人がどんどん入り込んで、私はまた後ろで待っていなければなりませんでしたが、その人たちがまだ横でワイワイやっている間に、サインしましょう、と私に身振りをしてくれました。
ジャルスキーは今をときめくスターカウンターテナーですが、全然おごったところはなく、ごく普通のシャツにジーンズ姿で、若々しくて細くてすらりとしていて、あの超絶技巧の歌を歌う人とは思えないくらい。
大体CDジャケットや紹介などの写真はとても気取った顔をした写真が使われているので、そんなイメージを想像していたら大違いで、全然気取りのない人でした。こういうところが普通のオペラ歌手と全然違うかも。
b0064411_07021651.jpg
b0064411_07021784.jpg
私の名前は、隣にJuliaさんが書いてくれたのを見ながらすらすらと書いてくれ、
「マドリッドに住んでいるの?」
と聞くので、バルセロナ、と言いましたけれど、先ほど横でJuliaさんに、私がスペインに住んでいる、というのを、ほかの人にサインをしながらちゃんと聞いていたんですね。その後ずいぶん何人も私の前に入り込んだので、時間が経っていたはずなのだけれど。
「Manuel de Fallaの 7 Canciones populares espanyoles は興味がありませんか」
と聞いてみると、
「それは2年前にもう歌ったんだ」
と言います。残念!録音はないそうですが、聞きたかった…!
お友達なのか、横にいた人たちがまた割り込んできたので、それ以上お話はできませんでしたけれど、2人のサインをもらえて、うれしい! 
見ていると、残っていた人たちはみんな彼とツーショットを撮ってもらっていて、彼も気楽に応じていましたが、私はとてもそんなの頼めないな~と思いました。
そういえば指揮者のファゾリス氏は出席しませんでした。
b0064411_07021720.jpg
それにしても歌った後、1時間以上ものサイン会、御苦労さま。
b0064411_07074671.jpg

あとでコンサートの感想を書いた人が、Stabat Materの歌詞の中に"Fuch me"という繰り返しがあっておかしかった、と書いていましたが、歌詞はラテン語で、fuckではなくてfac、フランス語だったらfaire, スペイン語ではhacerで、英語だとちょうど合う言葉がなくて、しいて言えばmakeかな、ですから、ラテン語系の言葉を話す人だったら何とも思わないと思うのですが、ゲルマン語語源の英語やドイツ語の人はびっくりしたのかもしれません。

今回コンサートを聴いて、ますますStabat Materが好きになりました。そしてこの二人の素晴らしい歌手たちも!

その夜は興奮して、快適なベッドだったにもかかわらず、全然眠れなかったんですよ。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2014-01-24 05:32 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

アムステルダムへ3

Concervatoriumホテルは、すぐ近くに国立美術館、ゴッホ美術館、近代美術館とコンセルトヘボウがあるので、とても便利。

雨が降り出しました。ホテルの出口で傘を貸してくれました。
b0064411_04052197.jpg
これは近代美術館(Stedelijk Museum)
b0064411_04052025.jpg

b0064411_04052151.jpg
この地区は建物が渋くてみんな素敵
b0064411_04112063.jpg
まずコンセルトヘボウへ行って、チケットを受け取ります。
b0064411_04052190.jpg
b0064411_04144239.jpg

内部
b0064411_04052100.jpg
b0064411_04181866.jpg
b0064411_04181821.jpg
あ、トラムが走っている
b0064411_04052183.jpg
b0064411_04052082.jpg
b0064411_04144235.jpg
b0064411_04144250.jpg
b0064411_04144249.jpg
b0064411_04144276.jpg
b0064411_04181817.jpg
b0064411_04181873.jpg
b0064411_04144257.jpg
b0064411_04232108.jpg
b0064411_04224011.jpg
b0064411_04224096.jpg
b0064411_04224090.jpg
b0064411_04224035.jpg
b0064411_04232129.jpg
b0064411_04232121.jpg
もう暗くなってきました。早いなあ…
b0064411_04232136.jpg
日曜日なので、ミュージアムはもうみんなおしまい
b0064411_04273430.jpg
b0064411_04273489.jpg
b0064411_04273478.jpg
b0064411_04273483.jpg
b0064411_04273407.jpg
b0064411_04273429.jpg

b0064411_04232179.jpg
b0064411_04232120.jpg
b0064411_04292184.jpg
ホテルに帰って、ちょっと休んでコンサートへ行く準備をします。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-23 05:57 | 旅行 viaje | Comments(0)

アムステルダムへ2

宿泊のホテル、Conservatoriumに着いた時は、2時を回っていました。
オランダではスペインよりお昼時間も早いと思い、今の時間、ホテルでお昼を食べられるか聞いてみましたら、3時なら予約が取れるとのことだったので、早速お願い。

荷物を部屋に置くと、ホテルの中を歩いてみました。
b0064411_23023677.jpg
古い建物中を歩くのって、ぞくぞくっとしますね。もっともとてもきれいに修復されているから、怖いことはないんですが。
b0064411_23023651.jpg
b0064411_23023537.jpg
b0064411_23023544.jpg
b0064411_23023564.jpg
b0064411_23023652.jpg
b0064411_23023686.jpg
b0064411_23023699.jpg

b0064411_23023641.jpg
b0064411_23070162.jpg
b0064411_23124563.jpg
b0064411_23124582.jpg
b0064411_23070169.jpg
b0064411_23070068.jpg
b0064411_23070110.jpg
b0064411_23070185.jpg
b0064411_23124549.jpg
b0064411_23124590.jpg
b0064411_23070179.jpg
こちらはホテルのHPの写真
b0064411_23092691.jpg
b0064411_23092617.jpg
b0064411_23092614.jpg
b0064411_23092610.jpg
クラッシックなものと斬新なデザインがうまく調和していますね。
b0064411_23092654.jpg
こちらがカフェテラス・レストラン
b0064411_23092635.jpg
3時に下りてゆきますと、上の写真の奥の黒い壁のカウンター席でした。
目の前の絵がなかなか。
b0064411_23124512.jpg
周りは丸い大きなテーブルがあったり、かなりの人数の席が用意してあったり
b0064411_23124555.jpg
b0064411_23124533.jpg
バイキングのオードブルと、ローストビーフを頼みました。
オードブルを好きなだけ取れるのは、今一つかな…
b0064411_23124565.jpg
でもローストビーフは柔らかくて、厚すぎず薄すぎずでとてもおいしかった
b0064411_23124528.jpg
パンはかなり美味しかったですね。
 
食事の後は、いよいよ町あるき!



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2014-01-22 22:42 | 旅行 viaje | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera