<   2013年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

メルセのCorrefoc

Merced(メルセ)はバルセロナの守護聖人で、今ちょうどお祭りの真っ最中。
さまざまな催しがあるのですが、今夜は一番賑やかな Correfoc。 コレフォックは火の粉を吹きだす爆竹を振り回しながら走る火祭りです。 大好きなんですが、日本一時帰国の準備をしていて、出ることができませんでした。
仕方なく、ビデオを探してみました。

2012年のメルセのコレフォック


そして最後の花火と踊る噴水。2012年のですが、とても素敵です。



メルセはバルセロナ市としては一番大がかりなお祭りなのですが、残念ながら、帆船を見に行っただけ。

日本一時帰国は25日の朝発ち、10月7日に戻ります。
お盆に帰れなかったので、母のお墓参りをしなくてはなりません。
その間、ブログをお休みさせていただきます。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-24 06:49 | イベント、お祭り fiesta | Comments(2)

帆船大集合

メルセのお祭りで、バルセロナ港に大型帆船が大集合しました。

早速行ってみると、いるいる!

b0064411_3321379.jpg


b0064411_3323813.jpg

大きい~。コロンブスのサンタマリア号に比べたら、格段の差(あたりまえだけど)
b0064411_3325927.jpg

でも帆を張っていないとねえ
b0064411_3344689.jpg
b0064411_3343368.jpg
b0064411_3342392.jpg


大きい
b0064411_3341155.jpg


b0064411_3353918.jpg


b0064411_3374978.jpg


みんな同じように見える
b0064411_3383158.jpg
b0064411_3381946.jpg


あ、これも参加しているのかな
b0064411_3392021.jpg


b0064411_3423952.jpg
b0064411_342255.jpg
b0064411_342118.jpg

b0064411_341143.jpg
b0064411_3401653.jpg

b0064411_3412321.jpg

b0064411_3395675.jpg


待っている人が他より少なかったので、乗船してみました。

b0064411_3454271.jpg
b0064411_3453166.jpg
b0064411_3451551.jpg
b0064411_345473.jpg
b0064411_3444918.jpg
b0064411_3442962.jpg
b0064411_3441481.jpg
b0064411_344086.jpg
b0064411_3434217.jpg
b0064411_3432316.jpg


下にある船室
b0064411_346231.jpg


b0064411_347199.jpg
b0064411_347756.jpg
b0064411_3465159.jpg
b0064411_3464055.jpg


これが最後かな
b0064411_348536.jpg
b0064411_3475244.jpg


帆を張っているところは見られなかったけれど、まあまあ面白かったかな。
b0064411_3485294.jpg
b0064411_3483930.jpg
b0064411_3482819.jpg


帆船がこんなに間近に見られるなんて、バルセロナに海があって良かった!

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-23 06:27 | イベント、お祭り fiesta | Comments(0)

昔の印刷所

リベラ地区の細い通りを歩いていたときのこと

b0064411_6312229.jpg


あっちにもこっちにもあるエスグラフィア(掻き取り仕上げ)の壁を見るのが楽しくて
b0064411_6323032.jpg


b0064411_6332516.jpg
b0064411_6331372.jpg
b0064411_6325667.jpg


ここの家には、何か書いたプレートが付いていたので、

b0064411_6353160.jpg


b0064411_6361813.jpg


b0064411_636392.jpg


b0064411_6365440.jpg


b0064411_6373576.jpg


写真に撮って家で大きくしてみた

b0064411_6375395.jpg


「この家は、1591年から1670年まで、活版印刷所のオフィスがありました」

1605年、「ドン・キホーテ」を書いて有名になったミゲル・セルバンテスは、波乱にとんだ人生を送った人だけれど、彼がバルセロナに来た時、この出版社に印刷を頼んだと聞きました。

そんな建物がまだあるなんて…ね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-22 06:18 | 散歩 paseo | Comments(0)

アジアンレストランHanoi

夫に、

「おいしい北京ダックが食べられるところがあるから行こう」

と言ったら、

「おごってくれるなら行く」

だって。

以前行ったハノイと言うレストランなんだけれど、インターネットで見たら、お昼から夜まで閉まらない、となっていたので、夕方7時ころ行ってみたら、やっぱり閉まっていました。
ドアのところに貼ってある営業時間を見ると、夜8時半から、となっていたので、又出直しました。

b0064411_6584874.jpg


8時半ぴったりに行ったら、開いていましたが、従業員がみんなで夕飯を食べている最中でした。

夫はぶつぶつ言っていたけれど、スペインは一般的に、レストランが開く時間は夜9時。早いところで8時半が決まりです。最近は外人の観光客を狙って早く開くところもちらほら出てきましたけれど、ここの人はそんなに早く夕食は取らないんです。

レストランの中は広く奥に細長く、あっさりした内装で清潔な感じ。
b0064411_73548.jpg


飲み物は何を、と聞かれ、赤ワインにビール、水にお茶(これは私用)。

これがお茶。 急須で出てきます。
b0064411_741453.jpg

お茶碗の中には、ミント、クコの実、ナツメともう一つ何かの木の実が入っていました。なんだかほっとする。

b0064411_745646.jpg


23ユーロの定食を頼みました。

初めに出てきた、ゴマが一杯付いたパンの揚げたもの
b0064411_7115331.jpg


最初は野菜を生春巻きで巻いたものと、揚げ春巻きみたいなの (秋巻きと書いてあったような)
b0064411_7143257.jpg

2種類のたれが付いてくる
b0064411_7144942.jpg


次がエビと何かを炒めた物をレタスで巻いて食べる Musi(だっけか?)
b0064411_7154349.jpg


夫は別に トム・ヤム・クンというスープを頼んでました。
b0064411_7162586.jpg

シラントロがたっぷり入って、ちょっとピリッと辛いスープ

次も蒸したようなのだったけど
b0064411_7171212.jpg


それから干しホタテ貝を煮たものとエビ
b0064411_7175123.jpg


せいろに入れたご飯が出てきました。
b0064411_7181743.jpg


葉っぱに包んであります。ご飯はパラパラしている
b0064411_718493.jpg


エビと一緒に食べるみたい
b0064411_7191613.jpg


それから北京ダック。初めに焼いたのを見せてくれて、きれいに切ってテーブルに持ってきます。
b0064411_720487.jpg


この皮がおいしいのね
b0064411_7204019.jpg


夫が、「これpollo?(トリ)」なんて聞いてるの。肉の色が違うでしょうが~。

メキシコのトルティーヤみたいなうす焼きがせいろに入ってついてくる
b0064411_7221584.jpg


たれを付けて、薬味の野菜を入れ、肉と皮を入れて、はい、いただきます
b0064411_7223499.jpg


デザートはココナッツ風味のアイスクリームに、カラメルソースがまぶしてある、結構おいしいもの。
b0064411_725487.jpg

付け合わせがパパイアとメロン。おいしいので、デザートを食べない夫の分までいただきました。

中秋の名月は、曇っていたので、ほんのちょっと。

b0064411_7263582.jpg


Restaurante Hanoi http://www.hanoibarcelona.es/

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-21 06:53 | レストラン、バル restaurante | Comments(2)

タラ料理

スペインは、干ダラを使ったお料理が結構ありますが、今日のお夕飯に作ったので、ちょっとご紹介…ってほどでもないんですが。

干ダラは戻してすぐ食べられる状態のものを買ってきましたが、これは一度揚げて煮込むので、生でも大丈夫。
このお料理、私は習ったわけではなくて、レストランで食べて、大体こうだろう、と思って作ったので、正式ではないかもしれません。

まず、ソフリトというソースを作ります。

材料は
b0064411_5244982.jpg

ピーマン、にんじん、玉ねぎ、トマト、ズッキーニ、ニンニクなど。

適当に切って、オリーブ油で良く炒め、スープの素をちょっと入れ
b0064411_5262988.jpg


完熟トマトとワインをくわえてとろ火で煮込みます。
b0064411_5271827.jpg


すっかり柔らかくなったら、バーミックスでピューレ―にします。
b0064411_528395.jpg


このソフリトは、お肉や魚にかけてもいいし、イカの墨煮もこれを使います。ご飯にかけてもおいしい。
b0064411_5283180.jpg


タラは、結構厚切り
b0064411_530387.jpg


水気を切ってコーンスターチと卵を付けて揚げます。
b0064411_5311899.jpg


この揚げたのを、ソフリトで煮込むのですが、今日はかけてみました。

b0064411_5323189.jpg


ソフリトの味次第で、おいしくなったりまずくなったりします。
b0064411_5325263.jpg

たっぷりかけていただきましょう。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-20 06:20 | 食べ物 comida | Comments(4)

アイディアミュージアム

バルセロナ市庁舎の左横のCiutat通りを入って割りとすぐのところに、アイディアミュージアムというのがあります。
ミュージアムと付くものならちょっと見てみたいと思ったので、入ってみました。

入り口の手前がショップになっていて、アイディア商品が売られています。

こんな傘、どうでしょう

b0064411_4523026.jpg


入ったところ
b0064411_4513158.jpg


面白い自転車と、スクーターの前を利用した椅子
b0064411_4532267.jpg


b0064411_4533719.jpg


すぐ左手にあるトイレに入ったら、それは面白かった
b0064411_4543317.jpg


トイレに座ると、前にモニターがあって、Tricicleという、ここで大人気のお笑い3人組が、しきりにこちらを見て何か手まねで言ってるんです。
b0064411_456076.jpg


さて、1階の展示は大したものがなく、階段を下りて地下に行きます。

こんなアーチがあって、結構古い建物のようです。

b0064411_458128.jpg


見下ろすと、あら、エレクトーンがある。だれか演奏するのかな?
b0064411_4585426.jpg


と思って下りてみたら、エレクトーン柄の椅子でした。
b0064411_5013.jpg


地下はこんな感じでアーチが一杯
b0064411_505852.jpg

b0064411_544091.jpg


このらっぱみたいなのは、お子さんが上の階からこの滑り台で降りてこれるというもの。でも今は上の口をふさいでありました。何か事故でもあったのかも。
b0064411_515189.jpg


アイディアベッド。
夫婦用のベッドですが、喧嘩して別れたら、半分にできるというもの。
これ、前見たことがあるなあ。
b0064411_5337.jpg


ガラス張りの床の中にもいろいろ展示してありました。
b0064411_534092.jpg


カフェもあります。
b0064411_54491.jpg


奥の展示
b0064411_552243.jpg

説明の字が小さいので、読む気にならない。

転倒防止付き椅子
b0064411_562686.jpg


アイディアテーブルクロス
b0064411_565866.jpg


手を洗った人と洗わない人のドアノブ
b0064411_58771.jpg


座薬挿入用椅子
b0064411_584227.jpg


ダイエットの人のためのお皿(鏡が付いていて、量が倍に見える)
b0064411_592229.jpg


ソーラーシステムで自分で日を求めて移動する植木鉢
b0064411_5101292.jpg


…といった具合で、思わず笑っちゃうアイディアのものがいっぱい
b0064411_5112019.jpg


でもたくさんのアイディア商品は、とても小さくて、説明の字も小さくて(ビデオ付き)、人が見ていたら見れないし…
b0064411_5115482.jpg


昔見たこういうアイディア展示会の方が一杯あったから、ちょっとがっかり。

b0064411_5135444.jpg


まあ、スペースがないのかもしれないけれど、もう少し充実していてもいいんじゃないかしら。
これで入場料8ユーロは高いように思うけど。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-19 06:48 | ミュージアム museos | Comments(2)

カテドラル

日本から来た方のご案内で、久しぶりにカテドラルに入りました。

b0064411_315771.jpg


中ではちょうどミサの最中で、縄が張ってあって、前の方には行けないようになっていました。
前はそんなことはなかったのですが、ミサの最中は、観光客に煩わされたくないのは当然でしょうね。
でも普段なら入場料を取るところ、無料で入れました。

カテドラルは、やっぱり特別な教会です。
b0064411_4123087.jpg


ほかのヨーロッパ諸国の大きな教会と比べると、特に大きいというわけではないのだけれど

b0064411_352531.jpg


b0064411_355182.jpg


b0064411_36943.jpg


b0064411_3631100.jpg


b0064411_3551663.jpg


バルセロナのカテドラルは、正式名をCatedral de Santa Eulalia de Barcelonaといって、バルセロナの副守護聖人、聖エウラリアが葬られているところです。
現在のカテドラルは、13世紀から15世紀に掛けて、以前からあったロマネスクのカテドラルを壊して作られました。 そのロマネスクのカテドラルの前は、初期キリスト教の教会が建っていたのです。

現在のファサードはずっと新しく、19世紀のもの。
1880年のころのカテドラルは、こんな風だったんですね。かなり貧弱です。

b0064411_3391165.jpg


1888年の万博のため、カテドラルをもう少し美しくしようと、銀行家のManuel Girona y Agrafel氏とその息子さんたちがプロモーターになり、1882年、カテドラルのファサードのデザインのコンクールを催し、1855年からカテドラルの建築家だったJosep Oriol Mestresのデザインが採用され、1887-90年に建設。
デザインは、ルーアンのカテドラルからヒントを得たそうです。
ルーアンのカテドラルは、モネの絵でも有名ですね。

説明が長くなりましたが、内部がミサでそんなに見られないので、中庭の回廊の方に回りました。

b0064411_353718.jpg


b0064411_3534356.jpg

重苦しい教会の建物の内部に、こんな庭があると、ほっとします。
それにそこには、聖エウラリアにちなんで13羽のアヒルがいますしね。

中庭の一角に、聖ジョルディの泉水がありますが、聖ジョルディの像はとても小さなものです。

b0064411_3562925.jpg


で、今回初めて近々と寄ってみて、その噴水の蛇口の周りの顔がみんな違うのに気付きました。
b0064411_3572953.jpg


みんなとても面白い顔をしています。
b0064411_3575856.jpg


蛇口の上にはアヒルに乗った子供の像と、水が出る部分はなんとも愉快な怪獣の顔
b0064411_3585015.jpg


b0064411_401232.jpg


b0064411_3591185.jpg

水は怪獣の頭から出ています。

b0064411_4144.jpg


回廊の床には、たくさんの墓標。
b0064411_423493.jpg

今のアンクルブーツとあまり変わらないですね。
b0064411_43822.jpg


ハサミの絵もある
b0064411_433937.jpg


壁にも
b0064411_44748.jpg


b0064411_492029.jpg


b0064411_494138.jpg


と、久しぶりのカテドラルでした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-18 06:38 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

Ribera地区の散歩3

リベラ地区の散策を続けます。
b0064411_656315.jpg


こういう窓を見るとぞくぞくっとします。
もとは何世紀くらいかしら? 17世紀くらいかな。
b0064411_6564890.jpg


b0064411_70860.jpg


b0064411_714343.jpg


狭い道、上を見上げるときれいな建物だったりして
b0064411_711274.jpg


玄関ホールの天井!
b0064411_721911.jpg


ライエタナ大通りに出ました。
b0064411_5313447.jpg


このライエタナ通りができたのは1908年ですが、道幅80m、長さ900mの大通りを作るため、2199軒の家と、約1万人の住民が立ち退かねばなりませんでした。たくさんの宮殿もあり、そのいくつかは移築されました。
ライエタナ大通りを作って家々を取り除いたので、ローマの市壁が見えるようになったのです。

b0064411_623290.jpg


b0064411_6232841.jpg


あら、この建物、ホテルだったかしら
b0064411_62481.jpg


こちらは中央郵便局
b0064411_6243673.jpg


昔は荷物が届くと、ここまで取りに来ていたっけ
b0064411_6252437.jpg

そのころは、この辺も怖かったですよ。
b0064411_6255682.jpg

建物はきれいだけれど、これはきれいにしたので、前はもっとどす黒く、暗いイメージでした。
b0064411_6263917.jpg

今はどこでも歩けるからいいですね。
b0064411_6273271.jpg



b0064411_5424516.jpg

私は足は短いけれど、歩くのは早いんです。写真撮るのも早いし。

b0064411_5433583.jpg


b0064411_5441285.jpg


b0064411_544405.jpg

雨が降っていたので、人通りも少なくて好都合

b0064411_5452789.jpg


b0064411_545438.jpg


b0064411_54647100.jpg


この窓も17~18世紀くらい
b0064411_5473819.jpg



こういうのはアートっていえるかも
b0064411_548557.jpg

b0064411_5482549.jpg


b0064411_5485894.jpg


b0064411_5492469.jpg


修復されて素敵に蘇った建物
b0064411_5501684.jpg


ぎょ
b0064411_551749.jpg

なんでしょ、この家
b0064411_5513522.jpg


その横の壁もすごい。古い、という意味で。
b0064411_552879.jpg


b0064411_5585192.jpg


このあたり、アーチが入り組んでいて複雑な作り。このあたり、13世紀~15世紀に建てられたんだそうです。
この場所で、領主の御触れを読み上げたんですって。
b0064411_6102436.jpg


このあたり、木の梁が使われています。これは15世紀のもの。
b0064411_611143.jpg

b0064411_620239.jpg


時間がいくらでもあったら、もっといつまでもさまよっていたい。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-17 05:54 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

Ribera地区の散歩2

リベラ地区は、ほとんどの建物が18‐19世紀(中には17世紀のものも)に建てられたものなので、歩くたび、石が何かを語っているように思えます。

b0064411_4502224.jpg


だからなるべく人のいない細い道を選んで、ぞくぞくしながら歩きます。

b0064411_4513963.jpg


b0064411_4505657.jpg


でも女性一人の観光だったら、真似しないでくださいね。
b0064411_4521342.jpg


こういう窓は17~18世紀
b0064411_4532446.jpg


b0064411_4542864.jpg


これは普通の住居ですが、何と13世紀だそうです。
b0064411_6424185.jpg

今も人が住んでいるのですから、すごいと思いませんか。中はどうなっているんでしょうね!
b0064411_643422.jpg

b0064411_6435053.jpg

かなり、遺跡っぽい
b0064411_6442445.jpg


左手はローマ時代の市壁
b0064411_4554137.jpg


そして市壁は、こちらに続いていて、壁の上に建てられた建物は改装され、今はホテルになっています。
b0064411_4572684.jpg


ローマ市壁は、バルセロナの元であるバルキーノの町(ちょうど今のゴシック街にあたります)をぐるりと取り囲んでいて、全長1350m、8mおきに四角い塔が作られていました。塔は全部で76個あり、塔の高さは18m、幅は5.5~6m。
塔は通常四角でしたが、門にあたる部分や、角にあった10個は、円形だったり八角形だったりしていましたから、上のローマ市壁の写真の塔は丸いので、角に当たったわけですね。
このホテルが建っている部分は四角い塔が残っていて、その上に中世に建物が建てられていたので、ホテルの建物は古代ローマ時代から現代まで、とても長い歴史があることになります。

こちらから見るとさらに遺跡ということがはっきりわかります。
b0064411_5271717.jpg


ローマ市壁は、Correo VellのPatio de Llimonaで広い範囲を見ることができます。
b0064411_6455825.jpg

b0064411_6461342.jpg

b0064411_6463288.jpg

壮観です
b0064411_6465732.jpg

穴があいているところは、梁を渡したところ、また、資材の再利用のケースも多い
b0064411_647561.jpg


ローマ市壁は途中で道を作ったりして途切れるものの、こちらにつながっていきます。
b0064411_5282679.jpg


b0064411_5291153.jpg


ほんと、バルセロナって面白い街です。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-16 04:46 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

Ribera地区の散歩1

ボルンを含むRibera地区は、古い建物がたくさん残っていて、散歩するのがとても面白いので、写真もたくさんたまってしまったし、ご紹介してゆこうと思います。

今日のは、カタルーニャ歴史博物館の帰りに撮ったもの。

広い大通りから一歩入るともうこんなところがある

b0064411_058305.jpg

b0064411_0585518.jpg


16世紀から17世紀に掛けて作られたこのあたり、ほとんどは19世紀中に改装はされているものの、いまだ中世の雰囲気を残しています。
b0064411_0591544.jpg


b0064411_153964.jpg


エスグラフィア(掻き取り仕上げ)の壁の建物(18世紀)もあちこちに。
これは1769年の年号入り
b0064411_1111490.jpg


ここにも
b0064411_143654.jpg


b0064411_1433974.jpg


b0064411_1121898.jpg


b0064411_113361.jpg


b0064411_1135487.jpg


b0064411_1142281.jpg


b0064411_1144154.jpg


b0064411_115187.jpg


b0064411_1152055.jpg


b0064411_1153861.jpg


b0064411_1155734.jpg


建物の外側だけ残して、中は新たに建設
b0064411_1164093.jpg

外から見たら、町並みは全く変わらない
b0064411_1171283.jpg

全部壊すよりもずっとお金がかかると思うけれど、古い街並みを変えない努力って、すごいと思う。

b0064411_1174075.jpg


b0064411_119284.jpg


b0064411_1195157.jpg


b0064411_1201335.jpg

b0064411_1204884.jpg

b0064411_121777.jpg


18世紀後半に建てられたメルセ教会。メルセはバルセロナの守護聖人。
b0064411_1214048.jpg


b0064411_1283955.jpg


近くの広場
b0064411_130234.jpg
b0064411_130781.jpg


あ、ここにも壁だけ残して内部を壊した建物
b0064411_1312141.jpg


b0064411_1314592.jpg


そんなに厚い壁ではないから、鉄骨で支えていないと倒れてしまうものね
b0064411_1324588.jpg

こんなところに小さなホテル
b0064411_1331421.jpg


これは教会みたいだけれど、使われていないのかな
b0064411_134089.jpg

1739年の年号が彫られています。 そしてカラバカ十字
b0064411_1385357.jpg

教会に落書き…どういう神経なんだか
b0064411_140095.jpg


b0064411_141537.jpg


b0064411_1413966.jpg


住民だけが入れる小道
b0064411_1421666.jpg


玄関扉の中がこんな風になっているところも。複雑な作り
b0064411_1445240.jpg


b0064411_1452171.jpg


b0064411_14604.jpg


こんな具合で、リベラ地区は興味が尽きないのです。
新しくてきれいでリッチでかっこいいのが好きな人は、きっと散歩したくない地区でしょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
ジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2013-09-15 00:52 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera