<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ペドラルベス宮の王の寝室を見たあとは、サンツ地区まで下がります。

公園の向こうにある、あの建物です。雨がぱらついています。

b0064411_0452651.jpg


ここは以前、プラスチック工場だった建物。
b0064411_0465073.jpg


現在はその建物の構造をうまく生かして、ガーデンセンターになっています。

中に入ると、大きな木がいっぱい
b0064411_0474631.jpg

b0064411_0502750.jpg


小さな池が作ってあります
b0064411_050494.jpg


b0064411_0492422.jpg


天井はガラス張り
b0064411_048598.jpg


b0064411_0484627.jpg
b0064411_049031.jpg


隅に建ててある鉄板の上を水が流れて
b0064411_0524059.jpg


昔の工場だったころの写真
b0064411_0512571.jpg


このハンモック、気持ちよさそう
b0064411_0515665.jpg


工場跡ですから、結構広いのです
b0064411_0531653.jpg
b0064411_0533391.jpg
b0064411_0535083.jpg
b0064411_054724.jpg


面白い植木鉢がたくさんあります。持って帰れないな~
b0064411_055175.jpg
b0064411_0551720.jpg
b0064411_055321.jpg
b0064411_0554766.jpg
b0064411_056017.jpg


こちらがレジ
b0064411_0563767.jpg

畑セットを売ってました
b0064411_0571186.jpg


このスペースで、コンサートや様々なイベントも催されるそうです。
ずっと前、ここでクレマチスを見つけたんだけれど、今回はなかったなあ…

Hivernacle c. de Melcior de Palau 32-38

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-31 06:43 | イベント、お祭り fiesta | Comments(6)
ペドラルベス宮の王の寝室、左側は王妃のVictoria Eugeniaの寝室。

b0064411_0204781.jpg
b0064411_0212645.jpg

b0064411_0224754.jpg

b0064411_0241780.jpg
b0064411_0243673.jpg
b0064411_0251432.jpg
b0064411_0253872.jpg
b0064411_026759.jpg
b0064411_026392.jpg
b0064411_0265359.jpg
b0064411_027714.jpg
b0064411_0275422.jpg
b0064411_0281344.jpg
b0064411_0282889.jpg
b0064411_028449.jpg
b0064411_02908.jpg
b0064411_0292741.jpg
b0064411_0294461.jpg
b0064411_030402.jpg
b0064411_031016.jpg
b0064411_0312311.jpg


天井画
b0064411_0215992.jpg

b0064411_023288.jpg


もちろん王様は、マドリッドの絢爛豪華な王宮にお住いでしたから、バルセロナにおいでの時のみの宿泊所としての王宮でした。でもほとんど使われず、アルベニス宮のほうがお好みだったようです。

王宮を出て、庭園を散歩しながら帰ります。

b0064411_033563.jpg
b0064411_0342285.jpg
b0064411_0343984.jpg
b0064411_035036.jpg
b0064411_0351162.jpg


ガウディ設計のパーゴラ
b0064411_036095.jpg

まだ若きガウディが建築家として世に出てから間もない時代だったのですね。

こんな植木鉢は、この庭園だから似合ってるんでしょうね。
b0064411_0371596.jpg


こんなモダンな建物を通り過ぎて、次に行きます。

b0064411_0381973.jpg
b0064411_0383783.jpg

この建物、去年はオープンハウスのリストに載っていたんだけどなあ。
b0064411_038532.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-30 07:17 | イベント、お祭り fiesta | Comments(2)
今年もやりました。バルセロナのさまざまな建物を見学できる「48時間オープンハウス」。
このイベントは、週末の2日間に限り、普段は見学のできない建物を一般公開するもので、今年は146の建物がリストアップされました。

見たい建物はいっぱいあれど、あまり遠いところはなかなか・・・それに48時間といえども、土曜日だけ、日曜日だけ、それも2時間のみ、4時間のみ、というところもたくさんあり、近場のみになりましたが、5か所を見学。

真っ先に行ったのはペドラルベス宮。

b0064411_23505388.jpg


この間ペドラルベス宮の中のミュージアムを長々とご紹介したばかりなのにすみません。

このペドラルベス宮は、以前あった王宮が焼失、王様の宿泊場所がなくなってしまったので、当時の大企業家グエル氏が、爵位を受けた御礼に1918年、自分の敷地にあった17世紀のCan Feliu館を王宮に改装して、アルフォンソ十三世に謙譲したものです。

改装にはリセウ劇場の内装を担当した装飾家が、王および王妃の好みのスタイルに改装され、その中の寝室部分のみが公開になったのです。

アルフォンソ十三世は、1886年から1931年まで、スペインの王様で、現在の王様ファン・カルロス一世のお祖父さんに当たります。
1931年にスペインは共和制になったので、彼はスペインを去り、イタリアに居を移しますが、その後、フランコ独裁政権になり、彼は王位に返り咲くことも無く、1941年にローマで崩御しましたから、実際にはここはそう何度もお使いにはならなかったそうです。

寝室はどこにあるかと思ったら、ミュージアムの二階の受付の後ろ、建物の正面玄関の上に当たる部屋でした。

入ると、広いリビングルームのような部屋があります。
b0064411_013934.jpg


b0064411_024861.jpg


淡いピンクの上品な家具は、アンティークショップから購入したのだそうな
b0064411_044287.jpg
b0064411_051157.jpg


天井画や壁画も新たに画家に依頼
b0064411_062293.jpg

b0064411_063737.jpg
b0064411_07835.jpg
b0064411_072076.jpg

鏡を張ったりしてきれいです
b0064411_08896.jpg
b0064411_083136.jpg

b0064411_091498.jpg

b0064411_0114738.jpg

b0064411_0103665.jpg


右手の寝室
b0064411_0111317.jpg

b0064411_012312.jpg
b0064411_0124530.jpg
b0064411_0125948.jpg
b0064411_0131473.jpg
b0064411_0134271.jpg
b0064411_0135958.jpg
b0064411_0141385.jpg
b0064411_0142573.jpg
b0064411_0144073.jpg
b0064411_015291.jpg
b0064411_0152093.jpg
b0064411_015334.jpg
b0064411_015461.jpg
b0064411_016297.jpg


続く

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-29 07:44 | イベント、お祭り fiesta | Comments(2)
ゴシック街のBoqueria 10番地にある四つ星ホテル、Petit Palace Opera Garden。の奥にある秘密の庭のことは1月のブログで書きましたが、季節のいい時期にもう一度いって見ました。

ホテルは2006年にできたのでまだ新しい

b0064411_4511870.jpg


立派な扉

b0064411_4524020.jpg


受付で、奥の庭に入っても良いですか、と許可をもらいます。
夏は扉が開け放してあって、奥のパティオのカフェに行くことができます。

b0064411_4545563.jpg


階段を上がったところに、枯れてしまっているけれど、泉があります。

b0064411_4104621.jpg
b0064411_4105798.jpg


奥のロマンティック・ガーデン。1861年に作られたもの。

b0064411_2582247.jpg



冬来たときは枯葉でいっぱいでしたが、今はグリーン

b0064411_4152789.jpg


ここでビールでも飲んだら気持ちよさそう・・・と思ったんですが、テーブルとかはありませんでした。
b0064411_4161189.jpg


8人くらいのグループがいて、なにやら話し込んでいたので、ちょっと気が引けて中まで入りませんでした。

一番奥にある枯れた泉

b0064411_505651.jpg


ロマンティックガーデンというと、必ずこんな感じの泉があるんですね。
水が出ていたら、涼しげで良いでしょうね。

以前も書いたのですが、このホテルを拡張する時、その建築家は隣の建物も修復しなければなりませんでした。
それで、その建物の古い書類を見たところ、その建築家はあのJosep Puig i Cadafalch。

その建物、狭い通りなので部分的にしか写真が撮れないのですが、こんな感じです。
b0064411_4272349.jpg
b0064411_4274647.jpg
b0064411_428297.jpg

内部も見てみたいですね。


この庭は、一般公開されているので、誰でも入ることができます。

Jardi de la Casa Ignacio de Puig 10.00 ~19.00


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-28 07:01 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)
Sarria地区は時々ブログにも登場しますが、私の住むLes Corts地区の北側に隣接した地区。
この前、サリア地区のお祭りのことをお話しましたね。

ここを歩いていると、なんとなくバルセロナというより、どこかの田舎町、といった感じがしてすきなんですね。

そんなサリアの風景、また似たような写真ですが、見てください。


b0064411_4592726.jpg


b0064411_542156.jpg
b0064411_543817.jpg


b0064411_523322.jpg


b0064411_551097.jpg
b0064411_555474.jpg
b0064411_56201.jpg
b0064411_564833.jpg
b0064411_57546.jpg
b0064411_573010.jpg
b0064411_575075.jpg
b0064411_589100.jpg
b0064411_583928.jpg
b0064411_590100.jpg
b0064411_591643.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-27 07:55 | 散歩 paseo | Comments(2)

今日は何を食べましょう

毎日の献立を考えるって、本当に大変だと思います。 それを難なくできる人は、お料理のセンスがあるんだろうなぁ・・・

普通のスーパーに行っただけではなかなか献立がひらめかないとき、やっぱりボケリア市場に行きます。ここは食材がとても豊富だから、あれも作ろう、これも作ろう、とアイディアが沸く

生きのいいアジを見れば、「アジのたたき」「味のすり身でさつま揚げ」

b0064411_3124341.jpg


ドラダはしょうがとねぎで下味をつけて蒸そうかな? から揚げにしても良いし。

b0064411_3133881.jpg


今日は塩鮭を作らなければいけないから、鮭を一尾
今、魚屋さんがまな板の上で切ってくれてます。
b0064411_315066.jpg


それにしてももう秋だというのに、観光客はこんないでたち。寒くないんだろうか。
b0064411_3155958.jpg


岩の魚があったので1kg買って
b0064411_316528.jpg


適当に切って水を入れ、魚のスープを作ります。30分くらい煮てから、漉して塩味。暑い時は、冷蔵庫で冷やして飲んでもおいしい
b0064411_3185240.jpg


岩のムール貝。これは鍋に入れて蓋をして火にかけ、口があいたらそれでOK
b0064411_319458.jpg


モンゴウイカ
b0064411_3202364.jpg


これはたまねぎと一緒にじっくり煮るだけでとてもおいしい
b0064411_3205831.jpg


ボケリア市場の近くに住んだら、きっと献立で困ることも無いかもしれないな~。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-26 07:06 | 食べ物 comida | Comments(4)

秋のリビングルーム

ヒュウ~ ヒュウ~ 

夜中に風が音を立てて吹いていました。
だいぶ残り少なくなった並木のプラタナスの葉を揺らしています。
我が家は日本の3階にあたり、窓の外がちょうど並木の葉が茂っているあたりなので、風に揺れる様が良く見えます。

b0064411_2375818.jpg


明け方になって風がやみました。

朝7時半、外はまだ真っ暗。ベランダに出てみると、星がたくさん出ているではありませんか。
カシオペアからオリオン座までくっきり。
EUの基準から大幅に外れた大気汚染のバルセロナも、風ですっかり汚れた空気が吹き飛ばされたのでしょう。

やがて朝日が差し込んできました。

b0064411_23141756.jpg


この間まであんなに暑かったのに、もう暖かい日の光が恋しくなります。

b0064411_23162548.jpg


b0064411_23171073.jpg


家の中も、ちょっとだけ秋の装いにしてみよう。

幸い我が家には木の実がいっぱい

b0064411_23194521.jpg


b0064411_23195316.jpg


思い立って、茶色の絵付けのプレートを鏡の上に飾ってみる

b0064411_2318989.jpg


家のベランダで咲いたバラの花びらは全部ドライにしてとってあるのだけれど、これはミニバラのドライ

b0064411_23212314.jpg


b0064411_23214045.jpg


キャンドルをともすと暖かい感じになるから好き

b0064411_23221935.jpg


クロスもレースだと寒そうね
b0064411_23224639.jpg


そして音楽の秋

b0064411_23231170.jpg


手は痛むけれど、頑張って練習しなくては

b0064411_23234320.jpg


オーケストラはやめたけれど、クワルテットは続けるつもり

b0064411_23242522.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-25 07:57 | インテリア interior | Comments(6)

超簡単デザート

私流、あっという間にできる超簡単デザートのご披露です。

用意するものはリンゴ、それとシリコンの調理ケース。リンゴはぼけていてもかまいません。

b0064411_22363077.jpg



リンゴの皮をむいて、適当に切ってシリコンケースに入れ

b0064411_22373742.jpg


2分くらい電子レンジで加熱。

b0064411_22383043.jpg


お砂糖などかけなくても十分甘さがあります。器に盛って、上からヨーグルトをかけ、好みのものでトッピング。
この時はギリシャ風ヨーグルトのちょっとコクのあるものを使いました。もちろん砂糖なし。
トッピングは何もなかったので、一たらしのジャムと、クルミ。

b0064411_2240411.jpg


ね!簡単でしょう? 結構おいしいんですよ。

b0064411_22415545.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-24 07:20 | 食べ物 comida | Comments(10)
さて、ペドラルベス宮の中には、ワンフロア上に、もうひとつ、衣装博物館があります。
これは以前レポートしたRocamoraミュージアムのRocamora氏が寄贈したものが主体。
以前詳しくご紹介しているので、今回はざっと。

b0064411_030165.jpg


私個人としては、以前このミュージアムがMoncada通りにあったときのほうが、たくさんのレースのコレクションなどもあって好きなのですが、仕方ないですね。

b0064411_0324672.jpg


展示してある反対側の説明のある壁がとても明るいので、写りこんでしまって写真が撮りにくい
b0064411_0323884.jpg


b0064411_0345569.jpg
b0064411_0344347.jpg
b0064411_0352577.jpg
b0064411_035741.jpg
b0064411_0355028.jpg
b0064411_0353157.jpg
b0064411_0361239.jpg
b0064411_035556.jpg
b0064411_0363612.jpg
b0064411_0362040.jpg


これでペドラルベス宮のミュージアム探索は終わり。
新しい建物に引っ越したら、全部超モダンな内装のはずなので、どんな風になりますか・・・

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-23 06:27 | ミュージアム museos | Comments(3)
ペドラルベス宮の装飾美術館、家具は比較的少ないのですが、面白いものもあります。

船用のベッド
b0064411_011647.jpg


このカーブしたベッドと同じデザインのものが、ホセ・カレーラスの歌ったオペラSlyで使われていました。

細部も豪華
b0064411_023895.jpg
b0064411_025457.jpg


b0064411_031655.jpg

すごい象嵌細工です。これは貝をはめ込んだもの
b0064411_03509.jpg
b0064411_04258.jpg


これは木をはめ込んでますね。
b0064411_075899.jpg
b0064411_081351.jpg

b0064411_0182493.jpg


金具、いいなあ
b0064411_084997.jpg


ベッドヘッドに描かれた絵。いつ天に召されてもいいですね
b0064411_05412.jpg


これまたすごい彫刻のベッドヘッド
b0064411_061310.jpg


バロックの柱。上に花瓶とか胸像などを乗せます。
b0064411_063476.jpg


b0064411_093428.jpg
b0064411_094862.jpg


受胎告知の描かれた素晴らしいチェスト
b0064411_016223.jpg


1835~45年頃のソファ
b0064411_018564.jpg


b0064411_0202494.jpg
b0064411_0204632.jpg


こういうガラス器、大好き
b0064411_0171779.jpg


19世紀初頭のカタランのカトラリー
b0064411_017423.jpg


19世紀後半のカトラリー
b0064411_0221013.jpg


19世紀半ばの貝細工
b0064411_0212292.jpg


19世紀後半の花瓶
b0064411_0232968.jpg


素敵な天井画です。
b0064411_0243100.jpg


b0064411_0244027.jpg


b0064411_0251231.jpg
b0064411_025264.jpg
b0064411_0253795.jpg


あと近代の部門はあまり興味が無いのでパス
b0064411_0261372.jpg


ペドラルベス宮の中のミュージアム、次は衣装博物館

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-10-22 06:59 | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera