<   2012年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

暑い日がつづきます

毎朝・・・
b0064411_3311776.jpg


オレンジを絞って飲むのがここ何年かの日課

b0064411_511787.jpg


パックのジュースに比べたら格段においしいから、買ってくるのは重いけれどがんばる
b0064411_5113647.jpg


今日も暑そう
b0064411_5123448.jpg


アフリカからの熱風が吹き込んで、スペインは今猛暑の真っ只中
b0064411_334230.jpg


カタルーニャでも場所によっては40度近く
b0064411_335548.jpg


ベランダの植物に水遣りは欠かせない

b0064411_4552562.jpg

ルリマツリが満開

いい香りがするのは目の前に咲き出した庭のマグノリアか
b0064411_4572624.jpg


あ、うちのジャスミンだ
b0064411_4584352.jpg


マダガスカルジャスミンも今年はいっぱいつぼみをつけて
b0064411_4594159.jpg


クレマチスも次々咲いてくれる
b0064411_503920.jpg


いつの間にか花をいっぱいつけていた、これはなんだろうなあ。
b0064411_5223.jpg


庭はないけれど、こんな狭いベランダで咲いてくれた花を飾って
b0064411_513430.jpg

今日も張り切っていきましょう。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-30 14:30 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)

バスの窓から

あわただしく過ぎてゆく日々、毎日毎日、どうしてこんなに早く時間が過ぎてしまうのかしら…
でも忙しいことにかまけて、楽しむのを忘れちゃいけないわね。

バスに乗って、外の景色を見るのは飽きることがない

b0064411_5101076.jpg

ほら、あの小さなガラス張りのベランダの上の部分に、素敵なステンドグラスが付いている

b0064411_5112885.jpg

こんなの、バスの高いシートからでないと見えないわね

サグラダファミリアの工事の進行具合も
b0064411_5125930.jpg


素敵な装飾のバルコニーの手すりも
b0064411_5174238.jpg


壁の装飾も
b0064411_5183375.jpg
b0064411_5185749.jpg


b0064411_5194781.jpg


どこかのレストラン?のウィンドー
b0064411_5221417.jpg

桃がこんもり盛ってあるのがとても印象的だった
b0064411_523940.jpg


ダンスしているような植木
b0064411_5235117.jpg


この建物の一番上の部屋ってどんなかしら
b0064411_5245539.jpg


建物の一番上にこんな模様が
b0064411_5254197.jpg


昔のリッツホテル、今はホテルパレスになったけれど、建物の上の方に子供が2人いたのね
b0064411_5275355.jpg

b0064411_5271946.jpg


グラシア大通りとグランビア通りの交わるところにある大きな建物
b0064411_5284644.jpg


屋上の手すりに像があったのに気づいた
b0064411_5293337.jpg


この映画館は入ったことないけれど、中はどんなかな
b0064411_5303144.jpg


アールヌーボーのカサ・サイラック
b0064411_531258.jpg


GATPAKのシンプルなアパート Edificio Diagonal(1940年)
b0064411_532639.jpg



今日バスから見た風景
b0064411_5152828.jpg
b0064411_516526.jpg


バルセロナに旅行にいらっしゃる皆さん、ガウディだけでなく、町中にあふれる建物の美しさを良く見ていってくださいね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-29 14:04 | 建物 edificio | Comments(2)

Can Tusquets

Travessera de Daltから見えるこの家

b0064411_5323654.jpg


1793年に建てられたCan Tusquetsというのだそうです。

b0064411_5334193.jpg


というのも、ファサードに付いている日時計に描かれているからで
b0064411_5343781.jpg


建てられた当時は、このあたりは一面畑だったそうです。

1930年代にSant Josep de la Muntanya の尼僧たちが買い取り、孤児院となりました。

100パーセント、寄付に頼っているということで、ある方が訪れた時、

「私たちはすべて神の御心のままに暮らしています」

と静かに言ったそうです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-28 14:29 | 建物 edificio | Comments(0)

En Roca通り

ランブラス通りから一本東側に入った小さな通り、Carrer d'En Roca.

b0064411_3235691.jpg


にぎやかなPortaferrisa通りから入ると、この通りはいつもひっそりとして人気がない

b0064411_3253840.jpg


お店もほとんどない

b0064411_326767.jpg


中にはこんな壁の建物があったり
b0064411_327474.jpg

1780年の年号が入っている
b0064411_3274427.jpg


小さな聖像が飾られていたり
b0064411_3282882.jpg


b0064411_329562.jpg


扉の落書きは、ステンシルで
b0064411_3295966.jpg


18世紀と思しき家も
b0064411_3303097.jpg


静かすぎてちょっと怖いくらい
b0064411_3311332.jpg


付きあたりはまた賑やかなBoqueria通り。Pi教会の鐘楼が見える
b0064411_332639.jpg


ほんの少しだけの静寂


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-27 14:22 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)
グラシアのいつものお気に入りレストランに行くとき、普段と違う道を歩いてみたら、小さなアンティークショップを見つけました。

b0064411_1434846.jpg


奥では男性が家具の修復中。ここのお店は修復もやってくれるそうです。
そういうお店は、置いてある家具もみんな修復済みで安心していられる

b0064411_14362736.jpg
b0064411_14365123.jpg
b0064411_1437741.jpg
b0064411_1437207.jpg
b0064411_14373415.jpg
b0064411_14374960.jpg
b0064411_1438940.jpg
b0064411_14382569.jpg
b0064411_14383879.jpg


このランプがとても素敵でした。ジャカランダの木で作られているそうです。
b0064411_14395315.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-26 14:30 | ショップ tiendas | Comments(0)

我が家の冷やしラーメン

本格的な夏が来ると、お昼は冷やしラーメンが食べたくなります。

我が家の冷やしラーメンの具は

b0064411_1357353.jpg


キュウリ、ハム(ない時はささみをゆでてほぐす)、モヤシ、卵、それと赤ピーマンとナスを天火で焼いて皮をむいたもの。これを作るのに1時間くらいかかるのよね。

具が多いからもうどさっとのせるだけ。とてもきれいに並べてなんかいられません

b0064411_13595123.jpg


野菜が麺の量と同じくらいあるから、野菜冷やしラーメン、かな?


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-25 03:54 | 食べ物 comida | Comments(4)

黄色い花びら

サラサラサラ・・・・

b0064411_1345239.jpg


今の季節

b0064411_13461088.jpg


どこを歩いても

b0064411_13464258.jpg


ティプアナ・ティプの黄色い花びらでいっぱい

b0064411_13472859.jpg


b0064411_13474841.jpg


b0064411_1352464.jpg


清掃係の人も毎日大変
b0064411_13532859.jpg


でも、黄色の花びらを踏んで歩くの、好き。

b0064411_1354515.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  

by gyuopera | 2012-06-24 03:42 | 花・植物 plantas | Comments(0)
6月22日は音楽の日。バルセロナ中で様々なコンサートが行われましたが、私たちのオーケストラも、今期最後のコンサートをやりました。

場所はFrancesca Bonnemaison、
b0064411_3344885.jpg

もとは16~18世紀という古い建物を改装して、現在は図書館とカルチャー・センターになっています。

b0064411_337013.jpg

中は
b0064411_3363573.jpg

素敵なアーチがあって、上は昔の様子をしのばせます
b0064411_337549.jpg
b0064411_338881.jpg

b0064411_3401468.jpg


上の図書館の様子は、こちら⇒http://gyuopera.exblog.jp/11345242/

奥に入っていくと、新たに増築された部分があって、ホールがあります。
b0064411_3392431.jpg


結構素敵なホールです。
b0064411_340512.jpg


コンサート前のリハーサル
b0064411_3412640.jpg

b0064411_416360.jpg
b0064411_417111.jpg
b0064411_4165221.jpg

b0064411_342861.jpg

b0064411_14543438.jpg


ただステージはテアトロのためなので、音響効果はあまり良くありませんでした。音が全然響かない。

始めが私たちのオーケストラの演奏、次にコーラスグループ2つが歌い、最後に一緒に演奏。
b0064411_343034.jpg

コーラスのステージを幕間から

終わった後は、パティオでピカピカ(飲み物とちょっとした食べ物)

b0064411_3452434.jpg
b0064411_3454569.jpg

去年はかなりたくさん食べるものがあったのに、今年は予算がなかったのか、本当にちょっぴりだけ。
お水だけ飲んで帰ってきました(笑)。
b0064411_3463924.jpg


明日から夏が始まります。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-23 03:11 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
Tinell広間の展覧会は、Indianasと呼ばれる布についての歴史です。

Indianasとは、コットンの布に模様を印刷したもので、その昔、アジアの国から来たものを発展させたので、インディアナと呼ばれたそうです。

このインディアナの布は、バルセロナの一大産業となり、18世紀の終わりのヨーロッパでは屈指の生産を誇っていました。
19世紀の半ば、近代産業が起こり、ヨーロッパの都市の中ではパイオニア的存在だったのだそうです。

18世紀には、バルセロナはインディアナ生産のおかげで、ヨーロッパ大陸の中ではトップクラスの産業都市でした。

当時のインディアナを印刷するのはこんな風にすべて手作業でした。

b0064411_5262898.jpg


この柄を彫った版に染料を付けコットンの布に付けてとんとんと叩いて印刷したのです。
b0064411_528353.jpg
b0064411_5275199.jpg


こんな布ができました

b0064411_5285980.jpg
b0064411_5284796.jpg
b0064411_5293372.jpg
b0064411_529269.jpg

b0064411_538251.jpg


当時の記録の本が残されています。
b0064411_531576.jpg

b0064411_5391896.jpg


b0064411_5321981.jpg
b0064411_5323673.jpg
b0064411_532501.jpg

b0064411_533232.jpg

b0064411_5334820.jpg
b0064411_534437.jpg


インディアナの布で作られたベッドリネンや
b0064411_5352768.jpg

衣類
b0064411_535184.jpg
b0064411_536519.jpg
b0064411_5355535.jpg
b0064411_536431.jpg


当時の生産工場
b0064411_5373421.jpg

b0064411_5383191.jpg


布見本
b0064411_5402674.jpg
b0064411_5401410.jpg


機織り機
b0064411_541159.jpg
b0064411_5413857.jpg

糸車
b0064411_542863.jpg


だんだん機械化が進んで
b0064411_544583.jpg

手作業が機械化されてゆきました
b0064411_5452322.jpg

b0064411_5455272.jpg
b0064411_546820.jpg


これで印刷したんですね
b0064411_5463454.jpg

b0064411_5521271.jpg


機織り機もこんなに
b0064411_5471028.jpg

b0064411_5524044.jpg


あちこちに工場が建てられました
b0064411_5481192.jpg
b0064411_5483384.jpg


当時のバルセロナにあった工場はこんなに
b0064411_5501767.jpg

これは今のラバル地区

こちらはSant Andreu地区
b0064411_5513666.jpg


b0064411_5531651.jpg


産業が発達して人口も増え、バルセロナの市壁の中だけでは手狭になり、とうとう中世に作られた市壁を壊すことになりました。1843年のことです。

その後も繊維製品の生産は発展し続け、

b0064411_5563051.jpg

蒸気機関の導入で、産業は一層発展
b0064411_5573420.jpg


20世紀に入ってからも、更に発展を続けていた繊維産業がすっかりだめになってしまったのは、産業都市バルセロナにとっては大きな痛手でした。

インディアナの当時の栄華を今は知る由もありません。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-21 15:49 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(0)

旧王宮Tinell広間

Tinell広間は、旧王宮(antiguo Palacio Real Mayor)のセレモニーのための広間として1359年~1370年の間に建てられましたが、原型に忠実に修復され、今でもその美しさは目を見張るほどです。

王宮をLayetana通りから見る
b0064411_15303354.jpg


入り口は王の広場から

b0064411_15282846.jpg


b0064411_15314058.jpg


かつては王侯貴族、そしてコロンブスも上った石の階段
b0064411_15243736.jpg


b0064411_15232729.jpg


1492年、コロンブスがアメリカの海岸に着いてから2カ月余りのちのこと、カトリック王フェルナンドII世が、妃のカスティーリア女王イサベルと、サンタ・アガタ礼拝堂を出て降りてきたとき、抜き身の刀を持った男が突然王に切りつけました。
幸い首に軽い切り傷を負っただけで、王は難を逃れましたが、その血痕が、今でも階段の上から三段目に残っていると言われます。

右側に王の住居および礼拝堂に行く入り口
b0064411_15254283.jpg
b0064411_15255274.jpg

b0064411_15265672.jpg

b0064411_15274198.jpg
b0064411_1527562.jpg


b0064411_15425161.jpg


b0064411_1540378.jpg
b0064411_15403771.jpg
b0064411_1541372.jpg
b0064411_15415531.jpg


ここで"Indianas"の展示会が行われています。
b0064411_15432813.jpg


展覧会の内容はこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-06-20 15:13 | 建物 edificio | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera