<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

オスピタレット地区

冷蔵庫の扉のプラスチックの棚が壊れてしまいました。

近くの電気屋さんに行くと、そういった部品ばかりを扱っているお店を教えてくれました。
そのお店に行ってみると、メーカーのサービスオフィスに行きなさい、と住所を教えてくれました。

メーカーのサービスオフィスは、オスピタレットという地区にありました。
私は一度も行ったことのない地区です。ネットで調べて、地図をプリントアウトして行きました。

この地区は工場がたくさんあったので、移民が多く、あまりいい所ではない地区と言われてきました。
そういう所ほど、古いものが残っているはず。

家の近くからバスに乗りました。
しばらくは知っている地区を走りますが、途中から初めてのところ。
バスは結構細い道を入ってゆきます。バスの窓からも一生懸命写真を撮ったりして。

b0064411_722918.jpg


b0064411_7235894.jpg


地図に出ているバス道路はもっと広い道だと思っていたので、危うく乗り過ごすところでしたが、気がついてすぐ降りたのでやれやれでした。

b0064411_725231.jpg

下町という感じはありますが、初めてのところは歩いて楽しい。

b0064411_7261663.jpg
b0064411_7263015.jpg
b0064411_7264391.jpg


b0064411_7343528.jpg
b0064411_735194.jpg
b0064411_7351911.jpg
b0064411_7353562.jpg


b0064411_738720.jpg

日時計があります
b0064411_738285.jpg


サービスオフィスはちょっと見つけにくかったけれど、無事辿り着きました。
でも、注文するから15日くらいかかる、と言われました。今日帰ると思っていたのに残念。

帰ろうと歩いてゆくと、市営市場がありました。
家で切れている野菜を買い込みましたが、つい、玉ねぎ3kg、ナス1kg、ついでにナシも1kg・・・・結構重くなってしまいました。

帰りのバス停に行くところで、高い煙突を見つけました。

b0064411_7293723.jpg
b0064411_7295260.jpg
b0064411_730951.jpg
b0064411_7303256.jpg


荷物も重く、とてもあそこまで歩く元気はなかったので、ちょうどバスが来たのを幸い、帰ってきてしまいました。
家でネットで調べると、図書館らしい。
今度行ってみよう。

そうそう、帰りのバスでは、お年寄りが乗ってくると、すぐ座席を譲る人がたくさんいるんです。
こういう下町こそ、まだみんな暖かい心を持っているんじゃないかな、と、ちょっと感動しました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-29 11:08 | バルセロナ案内 Barcelona

Grau Salaの絵

私がバルセロナに住むようになって28年、そして、バルセロナの蚤の市エンカンテスに来始めてからも25年くらい。

そして今日見つけたものは、おそらく今までで一番素晴らしい掘り出し物。

b0064411_451373.jpg


Emilio Grau Salaの水彩画!

b0064411_452587.jpg


Emili Grau i Sala  (カタラン語) 1911~1975
「パリ派」と呼ばれた印象派画家。スペイン内戦の際パリに行き、そこで25年在住。
1963年にバルセロナに戻り、画家として多数の作品を残す。
90年代になって彼の作品に注目されるようになり、今では非常に高い評価を受けている。

b0064411_4522694.jpg


裏にはグラシア地区の額屋のシール

b0064411_4525014.jpg


Grau Salaの絵は大好きで、リトグラフを持っているんです。前にご紹介しましたね。

b0064411_4531974.jpg




このリトグラフは水彩画をリトにしたものですが、それでさえ何万というお値段でした。
本物なんかとても買えるお値段ではないですから…

それが、小品ながらオリジナルが手に入ったのです。

売り手はアラブ人で、画家の名前など知らなかったんですね。

「サインがある」

とは言ったんですけれどね。サインを見るまでもなく、一目でGrau Salaの作品だとわかりましたよ。

Grau Salaの作品は、以前オークションでもときどき見かけましたが、画商の間で転がされてとてつもない値段になっています。
彼の作品を少しご紹介。

b0064411_4543510.jpg


b0064411_4551325.jpg



これはオークションに出ていたので本物を見ました。とても大きな作品です。
b0064411_4553179.jpg


b0064411_4555645.jpg


b0064411_4561219.jpg


b0064411_4563060.jpg


それにしても、こんなこともあるんですね。
そのあとはうれしくて、たくさんの絵や額を買いまくりましたよ。
おかげでお財布はすっからかん。

でもうれしい。

バルセロナの蚤の市は、一見ごみの山のようだけれど、実はお宝がいっぱいあるんですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-28 10:48 | アンティーク antiguedad | Comments(6)
先日は、グラシア地区からSant Juan大通り~Encantesの近くまで、アンティーク家具のお店を探して歩きました。

そのお店に行ったのはもう何年も前でしたから、記憶ではSant Juan大通りからすぐだったように思ったのです。

歩きだすと、普段来ないところですから、昔の建物があるたびついカメラを向けたくなる。

b0064411_5362790.jpg
b0064411_5364460.jpg


b0064411_5345946.jpg

b0064411_549512.jpg


b0064411_5371687.jpg
b0064411_5374298.jpg
b0064411_5381383.jpg
b0064411_5384399.jpg
b0064411_5391382.jpg
b0064411_5394243.jpg
b0064411_540913.jpg
b0064411_5402499.jpg


b0064411_5422558.jpg
b0064411_5424298.jpg
b0064411_543668.jpg
b0064411_5432415.jpg


お店は結局見つかりませんでした。

家に帰って、お店のカードを見つけ、正確な住所を持って翌日また行ってみました。

お店は閉店になっていたのです。とても大きなお店だったのに。

がっかりでした。不況の波が押し寄せているんだなあ…と、さびしく思いました。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-27 12:27 | 散歩 paseo | Comments(0)

慈悲の家

ランブラス大通りの西側のラバル地区は、昔はチノ地区と呼ばれ、場所によってはかなり物騒なところでした。
昼間歩いても、あまりいい気もちがしなかった地区ですが、まずカタルーニャ現代美術館MACBAができてから、次々新しい建物が建ち、もっと南の地区もホテルやアパートホテルがどんどんできて、危険な地区からナウい地区へと大きく変身しました。

危険な地区ほど、昔のままのものが残っている場合が多くて、びっくりするほど古い建物がたくさん残っています。

たとえばこれ。

b0064411_6193074.jpg


Casa de la Misericordia(直訳すれば慈悲の家)と呼ばれるホスピスは、Diego Perez de Valdiviaによって、1583年に建てられました。

入り口の扉の上の碧眼に、バロックの像が見えます。このあたりは1613年に建てられたもの
b0064411_624784.jpg


このホスピスは、現在礼拝堂と、旧San Guillermo de Aquitania学校が残されています。

b0064411_6242155.jpg


一度、入ってしまったことがありました。

鉄格子の向こうには居心地よさそうな空間があって、思わずシャッターを切ってしまった

b0064411_6472629.jpg


入って行ったら、尼さんが、ここは学校ですから一般の人は入れません、といいました。


b0064411_6271264.jpg


礼拝堂は、1693年に建てられたもの

b0064411_635461.jpg

今でも壁にタイルがはめ込まれていて、読むことができます。
b0064411_6285634.jpg


この礼拝堂は現在本屋さん
b0064411_6293768.jpg


入り口の上のレリーフ
b0064411_632318.jpg


Casa de la Misercordiaは非常に広い敷地にいくつもの建物が建っていました。
今でもMACBAから見えるこんな建物の一部があります。

b0064411_6344756.jpg


また、Vicenç Martorell広場に面した部分は
b0064411_6402333.jpg


三角の屋根を抱く玄関部分と
b0064411_641449.jpg


かつて、丸い木の扉の付いた穴から、貧しくて自分では育てられない赤子を入れたという窓が残されています。
b0064411_6422879.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-26 12:51 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)
グラシアの Gran de Gracia通りの並木の木はマグノリア
b0064411_740119.jpg


このあたりは建物を見ていても楽しい
b0064411_7404894.jpg
b0064411_741189.jpg
b0064411_7413292.jpg
b0064411_7415345.jpg
b0064411_7421490.jpg
b0064411_7423040.jpg
b0064411_743784.jpg


「今日はどこかでお昼しましょうか」

ということになると、いろいろなレストランを頭に浮かべ、結局いつものグラシアのソモドになってしまう。

自分の家で作るのとあまり変わらないような和食レストランに行ってもつまらないし・・・かといって完全にスペイン料理だと胃にもたれそうだし・・・

ソモドだったら絶対失望しないから。


b0064411_7441927.jpg


行く度に違うお料理が出てくるのには本当に感心。

はじめに出てきた小さな一品、写真を撮るのを忘れてしまいました。

はじめのお料理は・・・

これ、さばの味噌煮のクスクス添え。信じられますか?
b0064411_7453635.jpg
b0064411_746027.jpg


タイの焼き物にarroz negro(イカ墨のパエリア)を下に敷いてあるメイン
b0064411_7465992.jpg


デザートはアイスクリームにチョコレートのケーキ。上はふわっと焼き上げてあって、下はとろりとしたクリーム状。
b0064411_7484092.jpg


これでワインとコーヒーまでついて18.5ユーロ!

絶対、失望しないレストラン。


Somodo http://www.somodo.es/

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-25 12:30 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(5)

鉄の彫刻

今日はまたテクノン病院に。なんかこのごろ毎週行ってる・・・

b0064411_20553145.jpg


b0064411_2151884.jpg


正面玄関を入ると、眼に入ってきたもの

b0064411_20563491.jpg


すごい・・・!

b0064411_20565623.jpg


b0064411_20573822.jpg


周りに同じ作者の作品が展示してあります。この正面玄関ホールは、アートギャラリーにもなっています。

b0064411_20583049.jpg
b0064411_20584036.jpg
b0064411_20585086.jpg
b0064411_2059234.jpg
b0064411_20591416.jpg
b0064411_20592654.jpg
b0064411_20593616.jpg
b0064411_20594534.jpg
b0064411_20595889.jpg
b0064411_2101288.jpg


ITとレントゲンも無事に終わり、家に帰ってその彫刻家をネットでサーチしました。

すばらしい作品がたくさんあります。

b0064411_2124536.jpg
b0064411_213723.jpg
b0064411_2132370.jpg
b0064411_2135975.jpg
b0064411_2141946.jpg
b0064411_21431100.jpg

b0064411_2353234.jpg

b0064411_2361352.jpg
b0064411_2362248.jpg
b0064411_2363311.jpg
b0064411_2364087.jpg
b0064411_2365536.jpg
b0064411_237646.jpg
b0064411_2371984.jpg


またどこかで展示会をやったらぜひ見に行きたいです。

FERNANDO SUÁREZ REGUERA Web http://www.suarezreguera.com/index.html

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-24 12:52 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(6)
先週から腰が痛くてかなりつらかったので、スポーツクラブに再入会しました。
そこで運動するというよりは、広いジャグジーで体をリラックスさせ、サウナで体を温めようと思ったからです。

この不景気で、スポーツクラブも会員集めに必死のようで、いろんなオファーがあり、入会金は25ユーロのみ(医師の健康診断も含む)、3月から月々42ユーロ支払うというもの。以前は言っていた時より安くなっています。

そこのスポーツクラブのプールは25メートル6レーンで、かなり大きい。

b0064411_8111675.jpg


でも今のところとりあえず使いたいのはジャグジーとサウナ。

ここのジャグジーは大きくて、プールくらいのが2つあります。

b0064411_815720.jpg


初日はこのジャグジーに入って、頭をプールのふちに乗せて、体を浮かせてリラックスさせ、腰などに水圧の高い水流をあて、それからサウナにゆっくり入ったら、だいぶ楽になりました。

翌日もそのつもりで行ったら、なんとジャグジーは清掃中で水なし。

がっかりしてサウナに行ったら、サウナも修理中でなし。悲しい。

水の中を歩こうと思い、レーンのあるほうではないプールに入ったら、アクアジムが始まってしまいました。
仕方ないので一緒にやりましたよ。周りを見ると、平均60~70代といった感じだったし。
でも付いて行くのは大変! すっかり疲れてしまいました。でも水の中で動くのは体にかなりよさそうですね。

ウエットサウナに行ったら、普通のサウナが修理中なので、ぎっしり。いつもはガラガラなのに。
でもまあ、ウエットサウナに入ったら暖かくなったし、鼻やのどにもよさそうだし。

熱いシャワーを浴びて帰宅。

で、今日もまたゆっくり歩いて行きました。
今日はジャクジーもサウナもちゃんと入れました。良かった。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-23 12:47 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)

パンジー

寒さが少し和らいで、日が長くなったので、12月1月とあまり日の差さなかった我が家のベランダも、朝から日がいっぱいさすようになりました。

b0064411_832020.jpg


この間買ってきたバラも、冬に買ったパンジーも元気!
b0064411_8331212.jpg

バラの後ろになって見えないけれど、白いミニシクラメンも毎日たくさん花を咲かせてくれます。

元気なパンジーを2輪採って挿してみました。

b0064411_8351877.jpg


そしたらね、2日目も3日目もまだすごく元気でこのままなんですよ。

今日は私がちょっと元気なかったから、パンジーに少し元気を分けてもらいました。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-22 12:29 | 花・植物 plantas | Comments(8)
キャンドルが好きだけれど、このところヨーロッパのたくさんのサイトで見かける水銀グラスキャンドルスタンドが気になっています。

この写真はヨーロッパのインテリアブログからお借りしたもの(ソースがちょっとわからなくなってしまいました)
b0064411_4272283.jpg


これはガラスに水銀を入れて銀色にしたキャンドルスタンド。
スペインでは銀がたくさん出回っていたのであまり作られませんでしたが、ほかの国では高価な銀の代わりに銀色のキャンドルスタンドにあこがれて作られたのではないでしょうか。

この水銀ガラスキャンドルスタンドは19世紀に流行したのですが、ガラスでできているため壊れやすく、残っている数は少ないようです。

ところが今でも作られているのですね。

ネットで調べてみると、イギリスでもフランスでも作られていることがわかり、早速注文してみました。

荷物が着いてみると、やっぱり古いものとはぜんぜん違って、シャビーっぽくしてあるけれど、けばけばしい。

b0064411_3553891.jpg


ちょっと私の好みじゃなかったなあ

b0064411_356964.jpg


それに大きいこと!

b0064411_3565380.jpg


仕方ない、それじゃこのコーナーは、ほかのクリスタルのキャンドルスタンドも一緒に並べて、けばけばコーナーにしよう

b0064411_359289.jpg


b0064411_3593114.jpg


b0064411_403623.jpg


夜になると、いっそう雰囲気が出て、まあそんなに悪くもない

b0064411_421110.jpg


一箇所くらいこんなコーナーがあってもいいかな

b0064411_43427.jpg


別に誰も見に来るわけじゃないから

b0064411_434223.jpg


でもちょいとクリスマスっぽいかな?

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-21 12:39 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(0)

オレネタ公園の散歩

気温はそんなに低くないのだけれど、ちょっと曇りの日曜日。

ペドラルベス大通りをまっすぐ上がっていきます。

曇っていると、なんとなく寒々しい風景

b0064411_7432582.jpg


こんな門がある前を通り

b0064411_7441886.jpg
b0064411_744297.jpg
b0064411_7444256.jpg


さらにあがってゆくと

b0064411_7455842.jpg


ペドラルベス修道院
b0064411_7464112.jpg


門をくぐって

b0064411_747736.jpg
b0064411_7471766.jpg

修道院の前の広場を突っ切って

b0064411_7482750.jpg

裏の道に出たら、山のほうに向かいます。

そこはオレネタ公園の乗馬クラブ
b0064411_750081.jpg

子供たち、結構うまく走らせています。

小さいお子さんは、ロバ乗り
b0064411_7511089.jpg


エニシダが咲いていました。
b0064411_7514919.jpg


アーモンドも

b0064411_7522246.jpg


車庫があります。ここにはミニトレンがあるのです。
b0064411_753427.jpg


あ、来た来た
b0064411_7532972.jpg


b0064411_7535066.jpg


b0064411_754565.jpg


いいなあ、私も乗りたいなあ
b0064411_7581048.jpg


さあ、帰ろう
b0064411_7583730.jpg


この公園は自然公園
b0064411_7592491.jpg


ミモザもこのあたりだとまだ3分咲きくらい
b0064411_801032.jpg


アーモンドもまだ満開じゃないから、今年は寒かったんでしょうね。
b0064411_804737.jpg


もうじき桃の節句ですね。
b0064411_811744.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-02-20 12:24 | 散歩 paseo | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera