<   2012年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ゴシック街に2006年にできた四つ星ホテル、Petit Palace Opera Gardenホテルは、ランブラスから入る通りBoqueria 10番地にあります。

b0064411_4511870.jpg


立派な扉、用もないのにはいるのは気後れしますが…

b0064411_4524020.jpg


でもかまわず入りましょう。
レセプションの人に、お庭に行きたいと言えば、横のガラスの扉を指さしてくれます。

扉を押して出ると、パティオになっています。

上に続く階段を上る

b0064411_4545563.jpg


何やら不思議なアーチが二つ(これは後で説明します)

b0064411_4555893.jpg
b0064411_4561563.jpg


振り返ると
b0064411_4585215.jpg

この辺り、昔の建物がそのまま残してある

b0064411_457231.jpg
b0064411_4572094.jpg


目の前に広がる、ロマンティック・ガーデン。これは1861年に作られたものですが、太い木々はさらに古いもの。

b0064411_4593372.jpg
b0064411_4595997.jpg
b0064411_50159.jpg

横に、枯れた泉

b0064411_458723.jpg


一番奥にも枯れた泉。
b0064411_505651.jpg


夏、ここでビールなど飲んだら気持ちがいいでしょうね

b0064411_512846.jpg


冬は枯れ葉でいっぱいでちょっと寂しい
b0064411_515784.jpg


一般公開されているホテルのレセプションを通らなければならないなんて、ちょっと腑に落ちないのですが、実は庭からArolas通りに出る入口が、1520年に作られていて、現在はエレベーターが付いています。

このホテルを拡張する時、その建築家は隣の建物も修復しなければなりませんでした。
それで、その建物の古い書類を見たところ、その建築家はなんとあのJosep Puig i Cadafalchだったのです。
その隣の建物というのは、入口にこんな像が付いたところ

b0064411_5165968.jpg


b0064411_5173093.jpg

当時のブルジョワの紳士とその奥さまが、オペラに行くのでしょうか、正装をしています。
この彫刻はEusebi Arnauの作品。

J.Puig i Cadafalchは、1895年、Francesc Martí i Puig 依頼のクワトロ・ガッツの建物の設計を終えたところでした。オーナーは大変満足して、1898年には、Boqueria通り10番地の建物の内部の修復をPuch i Cadafalchに依頼しました。

現在では、建物の内部は、外部ほどには修復ができませんでした。

唯一今でもみられるのがこの二つのアーチなのです。

b0064411_521550.jpg


この庭は、一般公開されているので、誰でも入ることができます。

Jardi de la Casa Ignacio de Puig 10.00 ~19.00

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-31 18:27 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(3)

エスプルガスの散歩

用事があって、エスプルガスに行きました。エスプルガスは、バルセロナの隣にある小さな町。
用が終わった後は、お天気もいいし、少し歩きたい。

b0064411_2224966.jpg


昔のマシア、Can Brillas、1808年。日時計付き。今はこの地区のカルチャーセンター。
b0064411_2233713.jpg


陶器博物館(Can Tinturé、19世紀終わりの建物)

b0064411_2263254.jpg


古いSanta Maria de Montsió修道院 の横を通って
b0064411_227861.jpg

この中の回廊は14世紀のものだそう

b0064411_2275716.jpg


突きあたりに教会、Església parroquial de Santa Magdalena
b0064411_2285326.jpg


教会の横の道から見てみる
b0064411_5563287.jpg

おや、猫ちゃん
b0064411_5571915.jpg


教会の手前を右に曲がって、私の好きな散歩道に入る
b0064411_2341262.jpg


b0064411_235416.jpg


b0064411_2395843.jpg
b0064411_2404125.jpg
b0064411_2405321.jpg
b0064411_2411330.jpg

あ、こんなドア、あったっけ
b0064411_2344649.jpg


b0064411_2495188.jpg


時の流れが止まったような小道
b0064411_237988.jpg

b0064411_5575895.jpg


Can Cargol 、16~17世紀の古い家
b0064411_238318.jpg
b0064411_2385356.jpg


b0064411_559233.jpg

b0064411_2442021.jpg



Can Bialet、これも16~17世紀の家だという

b0064411_6014.jpg

b0064411_250356.jpg

b0064411_2523983.jpg


b0064411_60553.jpg

b0064411_611554.jpg

b0064411_615158.jpg

ちょっと横道に入って
b0064411_62944.jpg

中からかすかに静かなクラッシック音楽が流れてくる
b0064411_623881.jpg


あの先はもう現実
b0064411_2532217.jpg


b0064411_2534297.jpg


坂の終わりにある家
b0064411_254685.jpg


あ、ミモザが満開!
b0064411_2544078.jpg
b0064411_25562.jpg


アーモンドも、ブーゲンビリアも
b0064411_2554040.jpg


遠くからさっきの家を見る
b0064411_2562996.jpg

真中にアラブの塔みたいなのがある不思議な家

こちらは町役場。1776年に建てられたもの。
b0064411_2571831.jpg


隣の家にも日時計
b0064411_257402.jpg

さて、トラムに乗って帰ります。
お昼に帰ってくる夫のご飯を作らねば。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-30 18:18 | 散歩 paseo | Comments(0)

Il Ripienoコンサート

私たちのオーケストラを指揮しているアンヘルは、別のグループの指揮もしていて、そのグループには私のクワルテットのヴァイオリニストのクララと、ヴィオラ・ダ・ガンバを弾くラリーもメンバー。そのコンサートなので、やっぱり聴きに行きたい。

そのコンサート会場は

b0064411_143432.jpg


b0064411_1445894.jpg


ここ、Palau de la musicaの前を過ぎて(笑)

こちらの小さなコンサートホール

b0064411_1474662.jpg


b0064411_1511916.jpg


コントラバス以外は全部女性!
b0064411_1522686.jpg


曲目は

 Concerto grosso, op.6, n.7 A Corelli
Concert per a viola i orquestra G.P.Telemann
"L'hivern" from Les 4 estacions A.Vivaldi
Concerto per flautino en do major A.Vivaldi
Marche pour la ceremonie des turcs J.B.Lully
Air pour les esclaves africains Danse du gran calumet de la Paix J.P.Rameau
Concerto veneziano en re menor A.Villagrasa

初めのCorelliは、デリケートな曲で、一番初めに演奏するのはちょっとまずかったようでした。
ヴィオラの協奏曲はちょっと物足りない演奏、でも3番目の「四季」の「冬」はソリストも素晴らしかったし、全体がぴったり息が合って、とても印象深いいい演奏でした。
リコーダーの協奏曲は、これまたソリストが素晴らしくて、みんなも乗っていて良かったし、次のリュリやラモーも、短いけれどいずれも楽しめました。
最後の曲は、指揮者のアンヘルの作曲した曲で、「ベネチア風コンチェルト」と題し、バロックの様式で、一楽章はヴィヴァルディか?と思う雰囲気、三楽章はフーガになっていて、なかなか素敵な曲でした。

b0064411_2132850.jpg
b0064411_2135693.jpg
b0064411_214652.jpg
b0064411_2141836.jpg


コンサートの後は、ステージに上がって、チェンバロを近々と見せてもらいました。
このチェンバロは、このコンサートホールのものだそうです。
このホールは室内楽専門なので置いてあるのでしょうね。

b0064411_2151729.jpg
b0064411_2153211.jpg
b0064411_2154833.jpg

b0064411_216559.jpg
b0064411_2172998.jpg
b0064411_2175090.jpg


まさに芸術品ですね。

楽しい夜でした。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-29 18:38 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

リンゴチップス

夫がこんなものを買ってきました。

b0064411_18501965.jpg


リンゴチップス

b0064411_18505728.jpg


干したリンゴがカリッとしていて、なかなか美味しい。

むしゃむしゃ食べていたら、

「おい、その一袋は3.8ユーロもするんだよ!」

え。そうなの。高い…

で、作ることにしました。

洗って、皮ごと薄く切って、ざるに並べて干す

b0064411_1853254.jpg


電子レンジや天火を使うとあまりうまくできなかったので、暖房の上に

b0064411_1853391.jpg


これで2日で出来上がり

b0064411_18541132.jpg


買ったのよりおいしいくらいです。

でもね…

出来上がる前につまんでしまうので、できた時はもう半分くらいになってる…

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-28 18:48 | 食べ物 comida | Comments(8)

春を待つ花

花を開き始めたヒヤシンス

b0064411_183425.jpg


スープチューリンに移し替えて部屋に入れました。

b0064411_1843189.jpg


ベランダにあった多肉植物もコチャコチャ寄せ集めてソース入れに植えてみる

b0064411_187715.jpg


天使たちが春の調べを奏でます

b0064411_188971.jpg
b0064411_1883412.jpg


b0064411_18144823.jpg


b0064411_18151148.jpg


さらにミニシクラメンを2鉢買ってきました

b0064411_1816675.jpg


横長の鉢に植えて

b0064411_18245888.jpg


散歩で採ってきたつるつる伸びた枝も一緒に飾ってみる

b0064411_18261381.jpg


b0064411_1833053.jpg


今度は白いキャンドルを置いて

b0064411_2383861.jpg


春よ早く来い

b0064411_18285278.jpg


b0064411_18291249.jpg




↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-27 17:58 | 花・植物 plantas | Comments(6)

Tres Torresの散歩

Tres Torresは、バルセロナの北西部にあり、昔から静かな住宅街でした。
バルセロナに来た初めの7年間、今のマンションを買う前は、この地区に住んでいました。

Tres Torresの駅にほど近いところにあるアールヌーボーの建物

b0064411_20454090.jpg

今は改装が終わり、レストランになっています。
b0064411_2046269.jpg
b0064411_20465347.jpg
b0064411_20472236.jpg
b0064411_20475046.jpg


そのお向かいにある家
b0064411_2050691.jpg

この地区の名前Tres Torresは、直訳すれば「3つの家」。
カタルーニャ地方では、家 casaのことを torre(直訳すれば塔)と呼びます。
この辺りには昔3軒しか家がなかったのかもしれません。

b0064411_2052184.jpg
b0064411_20522740.jpg
b0064411_2052578.jpg


ボナノバ通りのこの建物はメキシコ領事館
b0064411_2054566.jpg

この建物は1914年、あのPuig i Cadafalchの設計で建てられたCasa Muley Afid

b0064411_2173097.jpg
b0064411_2191379.jpg
b0064411_219525.jpg
b0064411_21102050.jpg
b0064411_21104590.jpg
b0064411_21111413.jpg


かつてはバルセロナの別荘地としてたくさんの大邸宅が建設されましたが、それらはほとんどが会社や病院、学校などになっています。それでも今もそれらの家が残されているのはうれしいことです。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-26 19:41 | 建物 edificio | Comments(2)

蚊帳

今年は一度もひどい寒さにならないバルセロナ、どうしたんでしょうね。
毎日いいお天気で有り難いのですが、きっとこれから寒波が来るんだろうな…

我が家は建物全体の集中暖房ですから、家の中はいつも暖かくていいのですが、困るのは、蚊がいるといるということ。

1月に蚊ですよ。先日も夜中じゅう頭の周りを飛び回って、蚊取り線香を付けたけれど、顔の半分すっかり腫れあがっていました。

そりゃかなわん、と思い、ネットで蚊帳を探しました。

なかなか素敵な写真がいっぱい

b0064411_19184921.jpg
b0064411_1919035.jpg
b0064411_19191068.jpg
b0064411_19192193.jpg
b0064411_19193329.jpg
b0064411_19194451.jpg

b0064411_720482.jpg


一番一般的な感じのを注文。

で、オランダからですが、かなり早く到着。
早速組み立てて吊るそうと思いましたが、天井が硬くて、ドリルが入らない!

仕方なく、壁の上の方に釘を付けて、そこから下げることにしました。
天井がそんなに高いわけじゃないから思ったほど素敵にはなりませんが。

b0064411_19303718.jpg


付けた日にまた蚊が来たので、早速蚊帳の中で寝ました。ん。快適。

使わないときは、縛っておきます。太いレースを回して釘に引っ掛けるだけ。楽です。

b0064411_19314284.jpg

狭い部屋でベッドヘッドがないからちょうどいいかも。

息子は変だっていうんですけどね。いいじゃないですか?快適なら。

b0064411_19321182.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-25 19:13 | インテリア interior | Comments(8)
朝の新聞で、Fransesc Vinyas国際歌唱コンクールの結果が出ていました。
私の予想は見事に外れ、最終選考でほとんど記憶にないソプラノが一位。あららぁ?
でもトルコのバリトンは男声2位を獲得、韓国のソプラノも2位を獲得。

このFransesc Vinyasの国際歌唱コンクールは、毎年バルセロナで開催されますが、一次選考は、前年の11月、ニューヨークのメトロポリタン劇場、ロンドンのロイヤルオペラハウスコベントガーデン、ミラノスカラ座、ハンブルグオペラで行われ、61カ国からの参加者600人余りの中から、バルセロナに来れたのは270人。
審査員には、上記のオペラハウスからはもちろんですが、さらにバイロイトからも、また今年は歌手のホセ・ヴァン・ダム、フィオレンツァ・コソットが参加。

b0064411_6191322.jpg


今日はオーケストラが入っています。

b0064411_6202332.jpg


入賞者は、スペインがソプラノ・メゾソプラノ各1名、韓国がソプラノ、バリトン(リート)各1名、英国がソプラノ1名、ロシアがソプラノ1名、トルコがバリトン1名、モルダヴィアがソプラノ1名。

b0064411_6242130.jpg


東洋では韓国が本当にハイレベル。ほかのヨーロッパ勢に全然引けを取りません。

b0064411_6291665.jpg


今日のコンサートでは、最終選考の時のほうがよかった歌手もいたし、一位を獲得したソプラノは、最後に「ルサルカ」の Song to the moonを歌って、その歌唱力と美声に、本当に納得させられました。

b0064411_6294057.jpg


一位を獲得したOrga Busuioc

Song to the moon" from Rusalka



男声で二位のOrhan Yildiz


b0064411_6282238.jpg


一位のソプラノは、賞金とともに、リセウ劇場並びにマドリッドのテアトロ・レアルの契約がもらえるのです。おめでとう。

コンサート前、リセウ劇場の前で、リセウに働く人たちのデモをやっていました。
デモと言っても、小さなプラカードを掲げて立っているだけなのですが、政府からの補助の大幅削減で、苦境に立つ劇場が、いくつかの演目を上演カットしていて、人員整理もありうることに反対しているということです。この不況の時期、いずこも大変です。写真は La Vanguardia からお借りしました。
b0064411_1556573.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-24 18:52 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

Tres Tombs のお祭り2

Tres Tombsのパレード、騎兵隊に続いて民間の人たちの騎馬姿

b0064411_5122189.jpg
b0064411_5123842.jpg

シルクハットなんてかっこいいですね
b0064411_51319100.jpg


ピカピカの古風な馬車に乗っています
b0064411_515660.jpg

飴を周りに投げながら
b0064411_5164575.jpg

いっぱい乗っていること
b0064411_5174545.jpg


次々と馬車が通ります
b0064411_5183113.jpg


b0064411_5191265.jpg

こういう馬車がこんなにあるなんて
b0064411_5195589.jpg
b0064411_5201327.jpg


b0064411_5204137.jpg


馬具も素敵
b0064411_5211688.jpg


「重い…」
b0064411_522566.jpg


b0064411_5222395.jpg


b0064411_525551.jpg


乗ってる方は楽しそう
b0064411_5225391.jpg

b0064411_5231899.jpg

b0064411_5244115.jpg


馬具に鈴が付いていて、歩くたびシャンシャン鳴ります。
b0064411_5241264.jpg

b0064411_5262091.jpg


これって、お棺を運ぶ馬車じゃない?
b0064411_52523100.jpg


ビール樽を山ほど積んだ馬車
b0064411_527318.jpg


これは何でしょうね~
b0064411_5273099.jpg


大きな車輪
b0064411_5275949.jpg


ワイン樽を積んだ馬車も
b0064411_5284457.jpg


b0064411_529298.jpg


昔罪人はこんな馬車で連れて行かれたけど…?
b0064411_5294454.jpg


かわいい~
b0064411_530727.jpg

b0064411_5302689.jpg


すごい、コルクの山
b0064411_5305137.jpg

b0064411_5313666.jpg


子供たちもたくさん
b0064411_532242.jpg


まだまだ続きます
b0064411_5323190.jpg

b0064411_5325054.jpg


何を積んでいるんでしょう?
b0064411_5331646.jpg

野菜♪
b0064411_5333829.jpg
b0064411_5335467.jpg


本当にたくさんの馬!
b0064411_5344671.jpg

b0064411_5351546.jpg


b0064411_5353797.jpg

あらら、羊
b0064411_536220.jpg


また大きなほろを付けた馬車
b0064411_5363897.jpg

何が入ってるんでしょう
b0064411_5371337.jpg


真っ黒
b0064411_5374068.jpg


b0064411_53852.jpg


曲乗り
b0064411_5382857.jpg

b0064411_5384493.jpg


少年の騎手も
b0064411_5391746.jpg


ここで終わり
b0064411_5394763.jpg


私もこんなにアメを拾いました^^

b0064411_17235638.jpg

楽しかった!


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-23 18:09 | Comments(4)

Tres Tombsのお祭り

朝、ボケリア市場でまた一杯買い出しをして、市場を出た途端、ランブラス通りの車がみんなストップして、人々が何か見ています。
ちょうどボケリア市場の正面玄関の信号のところに、騎兵隊がたくさん!

b0064411_454154.jpg
b0064411_4543042.jpg


ワァ素敵! 今日はTres Tombsのパレードの日だったんです。

Tres Tombsのお祭りは、聖アントニオのお祭りの一環で、馬で村の中を3回めぐる、というのが昔からのならわしですが、ランブラスでのパレードに出くわしたのは初めて! これはラッキー!

b0064411_4575922.jpg
b0064411_4581667.jpg
b0064411_4582941.jpg
b0064411_4584759.jpg
b0064411_4592716.jpg
b0064411_4593987.jpg


夢中で写真を撮っていたら、いよいよ動き出すようです。ここが出発点だったのかしらん。

「さあ、道を開けて!」

b0064411_504237.jpg


楽器を持っているということは、演奏もするのね。
b0064411_512545.jpg


みなさん、とてもかっこいい
b0064411_52328.jpg


馬も本当にきれい
b0064411_584344.jpg

b0064411_533123.jpg


b0064411_54424.jpg


違う制服のグループ
b0064411_54296.jpg
b0064411_541717.jpg

b0064411_5537.jpg


さて続くは・・・つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2012-01-22 18:55 | イベント、お祭り fiesta | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera