<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

骨折6週間目、今日の検診で、ようやくギプスを取ってくれました。

レントゲンの写真を見ると、まだ骨と骨の間に隙間が見えるから、完全にくっついているわけではないみたい。
電気のこぎりとやっとこのようなものでギプスを取ると、先生は試しに足を動かしてみました。
骨折部分を触るととても痛い。これから何日かは、前より痛いでしょう、とのこと。
腫れているから氷で冷やしなさい、というと、厚い袋状のものをかぶせてくれ、これは夜はずしてもいい、と。
でも、あと2週間は、骨折した足に体重をかけてはいけない、松葉づえを使いなさい、それからリハビリを12回すること、ということでした。

足首を上下に曲げることはできます。ギプスを付けている時からなるべく動かすようにしてはいたので。
ギプスが無いと、なんだか心もとなくて、いつまたギクッとならないかと心配で…

それでも帰る時は靴がはけてうれしかった。

家に帰って、お湯で心行くまで足を洗い、冷水で冷やしてから丁寧にクリームを塗りました。
丁寧に洗ったのに、クリームを付けたらまたアカがボロボロ! キャ。

氷は面倒なので、日本から持ってきた湿布をして包帯で抑える。病院で付けてくれた厚い靴下みたいなのは、歩くときははめようかなと思うんですけど、とても血行が悪くなりそうにきついんですよ。

やっと落ち着いたところでお茶をいただきました。

お茶菓子とかもあるわけではないので、以前買ってあったGodivaのチョコレートをいくつか

b0064411_6292494.jpg


フフ、かわいいティーポットでしょ。

b0064411_630502.jpg


とても気に入ったので、私専用にしてしまおうかな?



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-30 14:46 | 日々のこと cotidiana | Comments(18)

赤い葉

今頃…

b0064411_19185893.jpg


夏の間に一杯緑の葉を広げていたあの木や

b0064411_19205245.jpg


ツタは

b0064411_1921980.jpg


きっと赤くなって

b0064411_19222823.jpg


道行く人の目を楽しませているだろうか…

b0064411_19231670.jpg


b0064411_19234135.jpg


夫が散歩に行って拾ってきた葉は

b0064411_19244478.jpg


本当に真っ赤でつやつやしていて

b0064411_19261245.jpg


すぐ窓辺のチェストの上に飾ってみる

b0064411_1927523.jpg


ブドウはおやつにいただいたので、葉だけ

b0064411_19275760.jpg


明日まで、家の中の小さな秋

b0064411_19283322.jpg

by gyuopera | 2011-11-29 18:08 | 日々のこと cotidiana | Comments(4)
今日は私の誕生日。日曜日なので、ちょっとしたレストランはみんな閉っているんです。それで、一日繰り上げて、土曜日の夜、近くのレストランNeichelでお食事をしました。

Neichelを選んだのは、ある程度のレストランで、家から一番近いから。それでもまだそこまで松葉杖でも歩いて行けないので、門のところまで車で行きました。
松葉杖で長く歩けないのは、練習も足りないけれど、手がとても痛いので、物をしっかり握れないんです。キーボードを打つのも痛いくらい。

さて、ネイチェルは本当に久しぶり。というのも、だんだんこういうお料理が受け付けられなくなってきたようで…
でもたまにはいいですね。

b0064411_2075387.jpg


各テーブルには、秋のデコレーション
b0064411_2092026.jpg


窓辺のデコレーション
b0064411_209521.jpg
b0064411_2010643.jpg


顔見知りの年配のメトロディがいなくなったのはちょっと寂しい。サーブするのが若い人ばかりだと、ちょっと格が落ちるような気が…

b0064411_20112310.jpg


初めに出てきたのは…
b0064411_20115693.jpg

こういう小さなカップにちょっと出汁の良く効いたスープを入れるのもなかなか。
エッグスタンドもこういう使い方があるんですね。

自家製パンと、hierbabuenaを入れたバター
b0064411_2013475.jpg


次がやっぱり秋のイメージ。カモのカルパッチョ、フォアグラetc...

b0064411_20143574.jpg


次はエビとキノコの炊き合わせ
b0064411_2015413.jpg


魚介類
b0064411_20161366.jpg


お肉は牛の顎の肉をとろけるように煮込んだもの
b0064411_20165821.jpg

お皿がダリのデザイン
b0064411_20172310.jpg


こちらは夫が頼んだシカ
b0064411_20175938.jpg


この後チーズが何種類か出たんですが、写真を撮り忘れ。

デザート前のアイスクリーム
b0064411_20183279.jpg


デザートはワゴン2つで好きなものを好きなだけ。少しずつ全部、とお願い(笑)。

b0064411_20194512.jpg
b0064411_2020790.jpg


そのあと出てくるちょっとしたお菓子屋チョコレート
b0064411_20204357.jpg

これのほうがおいしかった。

最後のコーヒーはカモミールを頼み
b0064411_20212981.jpg


レストランを出るときNeichel御夫妻と記念撮影。昔はこんなことなかったのに、不景気のせいかしら?でもうれしいサービス。

b0064411_20261658.jpg


うむ、やっぱり食べすぎたかな? 帰ってから胃薬を飲みましたよ。
でも久しぶりの外食は嬉しかった。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-28 16:27 | レストラン、バル restaurante | Comments(24)

わが屋の絵たち

こちらのいろんな方のお宅にうかがって感心することは、絵のかけ方がとても上手だということです。
壁いっぱい所狭しと飾ってあることも多く、それがちっともうるさくなくうまく調和が取れているのです。
家を買うため不動産屋さんと回ったときも、

「あなた家じゃなくて絵を見に来たの?」

なんて言われるくらい、飾ってある絵が素敵でした。

さて、かれこれもう22年ですが、やっとマンションを買ったときは、壁に絵を飾りたくて、毎週画廊やオークションの展示会場を回りました。今でも、ついでがあるとよく画廊に入って絵を見ます。

そんなことをしているものだから、絵はどんどん増えて、とても壁に飾りきれなくなりました。
どうもスペイン人のように、何枚も組み合わせて飾るのがうまくできないものですから、普通に並べてあるだけなのですが、枚数だけは結構な数になりましたから、季節によって掛け替えます。

玄関にかけてあるForkの絵は、以前ご紹介しましたね。これは買って20年たった今でもとても好きな絵です。この絵だけはいつもここにあります。

b0064411_1645373.jpg
b0064411_16453199.jpg


冬に出してきて掛けるこの絵は、フランスのアンティークフェアで買ったもの
b0064411_16563284.jpg

ちょっとクリスマスカードみたいな絵でしょ
b0064411_1659332.jpg


こちらも冬っぽいんですが、セーヌの絵はJosep Verdaguer
b0064411_1711169.jpg

b0064411_1756348.jpg


同じVerdaguerの作品でエルミ―タの絵もあります
b0064411_17279.jpg


これは今とても人気のあるJ.Moscardoのカダケスの絵
オークションでもかなり上がったので、貯金はたいて買いました。
b0064411_1735895.jpg

この絵は見るのにスペースがいるんです。かなり離れないとちゃんとみえない。だから狭いところには飾れない
b0064411_175367.jpg



ダイニングの壁に4つ並んでいる一番左のは
b0064411_177760.jpg


フランス・ボルドーのアンティークフェアで買った、印象派の海の絵。とても好き。
b0064411_1784863.jpg


右端の絵はロンドンで買ったパステル画
b0064411_17142743.jpg


真中の2つは、大好きなGrau Salaのリトグラフ。油は高くて買えませんからね
b0064411_17164453.jpg
b0064411_1717038.jpg

オークションでドキドキしながら札を上げましたっけ
b0064411_17172441.jpg
b0064411_17174293.jpg


これはバルセロナのアンティークショップで。七宝作家のVilacasasのめずらしい油絵で、オランダの風景
b0064411_17211092.jpg


これもオークションでドキドキしながら手を挙げてゲットしたTambriniの静物画
b0064411_1722432.jpg

彼の絵はカタルーニャミュージアムにも何点もあります
b0064411_1723029.jpg


廊下に飾ってあるのはDalmasesの農家の絵。やっぱりオークションで
b0064411_172754100.jpg
b0064411_17281110.jpg


これはこの前行ったミュージアムのRocamoraのアネモネの絵
b0064411_17294493.jpg

アンティークショップで買ったもの
b0064411_1730025.jpg

画家としてはそんなに有名じゃなかったけれど、あんなすごいコレクショニスタとは知りませんでした。


これはCarmen Navarra Prunaの女の子のスケッチ
b0064411_17322076.jpg

これもかなり好き
b0064411_1733274.jpg

彼女はじんぶつしか描かない。
海を見る女性の絵
b0064411_17341810.jpg
b0064411_17343315.jpg

おとこの子
b0064411_1735615.jpg

個展で買ったニンフの絵
b0064411_17353910.jpg

彼女とお話ししましたが、すらっと背が高く素敵な老婦人でした。

これはJoan Maragall(Pascual Maragallのお兄さん)のアトリエで演奏しているところを描いてもらったもの
b0064411_17374052.jpg

正直言って、彼のクロッキーのほうが好き
b0064411_17384454.jpg

b0064411_174049.jpg

(私は左端にいます)
b0064411_17402824.jpg

何もあんなに目をつりあげて描かなくとも…こちらの人って、東洋人と見ると、目がつりあがっているという先入観があるんじゃないの?

雰囲気がAnglada Camarasaに似ていたのでかってしまった花の絵
b0064411_17423121.jpg


メキシコ・トナラのJorge Wilmotミュージアムで買った彼の絵。彼は有名な陶芸家で、トナラ焼きを広めた人。ミュージアムにはたくさんこんな絵がかかっていて、みんなほしかった
b0064411_17441954.jpg


これも案外好きなスケッチ
b0064411_17462482.jpg


Ramon Casas
b0064411_1747095.jpg

ミュージアムで買って額装したら、本物みたいでしょ。買えるわけないですからね。
b0064411_17473168.jpg


イギリスで買った細密画
b0064411_1749541.jpg


b0064411_17494841.jpg
b0064411_17501087.jpg


Lillaの水彩画
b0064411_17505312.jpg


他にも色々かかっているけれど、主なのはこのくらいかな。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-27 16:34 | 我が家 mi casa | Comments(5)
わたしは別にコレクターではないので、アンティークのジュエリーはそんなにいくつもは持っていないのですが、現代のジュエリーと比べると、その細工の素晴らしさは比較にならないと思います。
特にカメオは、彫られている人物の顔が、今のものと決定的に違います。

アンティークジュエリーは何と言ってもロンドンに行くと豊富にあります。
ほとんどがロンドンで買ったもの。

ヴィクトリアンストーンカメオ
b0064411_18173143.jpg
b0064411_18174394.jpg



b0064411_18175664.jpg
b0064411_1818877.jpg


アガタ(メノウ)のカメオ
b0064411_18185552.jpg


シェルカメオ
b0064411_18211381.jpg

b0064411_18244455.jpg


フランス・ボルドーのアンティークフェアで買ったストーンカメオ
b0064411_18202121.jpg
b0064411_18204221.jpg


アールヌーボーのムーンストーンのブローチはロンドンで
b0064411_18275831.jpg

ムーンストーン大好き


アールデコ(1925年~30年)のころ盛んに作られた、ゴールドにダイヤをちりばめたアクセサリー

イアリング
b0064411_18294831.jpg
b0064411_183064.jpg


リング
b0064411_18302870.jpg


ブローチ
b0064411_18304985.jpg

これを着けて飛行機にのったとき、ちょうど日が窓から射してぶろーちにあたり、機内の天井にきらきらと星のようにたくさんの光が映り、びっくりしました。

クリップ式のブローチ
b0064411_18324425.jpg

これを一連の短いパールのネックレスに挟んで使います。とてもほめられます。
b0064411_18332756.jpg

裏のクリップの金具まで、レリーフが施してあります。
by gyuopera | 2011-11-26 18:03 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(10)

バルセロナそぞろ歩き1

ずいぶん前に撮った写真だけれど、バルセロナの風景が見たい、という方のために…

カタルーニャ広場にほど近いあたり

b0064411_633584.jpg
b0064411_634303.jpg
b0064411_6344676.jpg
b0064411_6351647.jpg
b0064411_6353752.jpg
b0064411_6355756.jpg


b0064411_6424998.jpg
b0064411_643373.jpg


CCCB
b0064411_642186.jpg


b0064411_647110.jpg
b0064411_647212.jpg


ランブラスにもこんな水飲み場が
b0064411_6475777.jpg

b0064411_6483782.jpg


b0064411_6491177.jpg


ああ、早く外を歩きたいな

b0064411_651476.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-25 17:04 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

昔のファッション3

Fashion Victorian1


Fashion Victorian2


Fashion Victorian3


Fashion Victorian 4

Vintage Female Fashon Portraits(1880-1939)


Victorian Children

 


Lifen in a Victorian Home




↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-24 19:43 | ファッション moda | Comments(0)

家の中

朝の光がエレベーターホールの細い窓から入ってくる

b0064411_6105687.jpg


その光がダイニングまで届くと

b0064411_6123395.jpg
b0064411_613255.jpg


いつもは目に留まらない家具の細部までくっきりと浮き立たせて見せてくれる

b0064411_613523.jpg


b0064411_6154624.jpg


b0064411_6175814.jpg


b0064411_6184093.jpg


b0064411_6193151.jpg


b0064411_6195837.jpg


b0064411_6202684.jpg


ねじを巻かないので止まったままの目覚まし時計
b0064411_6211837.jpg


b0064411_622294.jpg


b0064411_6223598.jpg


昔の家具ってみんな鍵付き
b0064411_6234914.jpg


b0064411_62523.jpg


b0064411_6241453.jpg


b0064411_624378.jpg


b0064411_6253165.jpg


b0064411_6255079.jpg


ああ、早く外に出たいな

b0064411_6265417.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-23 16:24 | 日々のこと cotidiana | Comments(8)

昔のファッション2


Fashion-Romantic1 1830


Fashion-Romantic 2 1835


Fashion-Edwardian1


Fashion-Edwardian2


Fashion Georgian1


Fashion Georgian2


Fashion Georgian3


Fashion Georgian4


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-22 19:35 | ファッション moda | Comments(0)
先日友人のDidiがお見舞いに来てくれたとき、お茶を持ってきてくれました。

te verde。 グリーンティーだって。
b0064411_735751.jpg


お茶屋さんで量り売りで買ってきてくれたんだと思います。

中を開けると、あら
b0064411_736519.jpg


一回分用の茶こしが付いていました。
b0064411_7372624.jpg


いれてみると、こんな色。これ、緑茶?
b0064411_7382529.jpg


飲んでみたら…まずい。日本の緑茶とは似て非なる味
これは飲めないなぁ…

缶は、蓋部分にプラスチックの窓が付いていて、周りのラベルを取ればなかなかかっこいい。
b0064411_7405791.jpg


飲めないけれど、茶香炉に入れたら、とてもいい香りです。
b0064411_7422257.jpg


これから毎日お茶の香りを楽しみましょう。

ありがとう、Didi.

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2011-11-21 22:33 | 日々のこと cotidiana | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera