<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

宇宙の旅

友人が、こんな映像を送ってくれました。



なかなか素敵ですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-30 14:39 | 旅行 viaje | Comments(6)
さて、階段を下りてゆくと、古代ローマの時代の地面に降ります。
b0064411_4292323.jpg

一体いつ頃からそんなに地面が高くなったのでしょうね。

すぐ右手に、ara(石の聖壇、宗教的なことに使われた模様)が見えます。
b0064411_434232.jpg


こちら側は、ローマ時代、3軒のタベルナがあったのだそうです
b0064411_4354794.jpg


b0064411_4445195.jpg


この辺りからドムスになるのかな
b0064411_4375838.jpg


モザイクの一部分が見えます
b0064411_4382723.jpg


b0064411_440214.jpg


この辺りから、床はずっとモザイクになっています。ガラスの廊下が上にあって、良く見えます
b0064411_4393690.jpg


b0064411_4404041.jpg


b0064411_441536.jpg


b0064411_4412317.jpg


b0064411_4414914.jpg


b0064411_4422367.jpg


b0064411_4424788.jpg


こんな美しい模様も
b0064411_4431443.jpg


ずいぶん立派な家だったのでしょうね
b0064411_444723.jpg


b0064411_4442612.jpg


b0064411_4452569.jpg


b0064411_4455836.jpg


これが13~14世紀のサイロ
b0064411_4463749.jpg


いくつもあります。
b0064411_4471573.jpg


でも、これは作られた当時は土の中にあったのです
b0064411_4474725.jpg


b0064411_448923.jpg


b0064411_4483317.jpg


私たちはローマ遺跡の上に石の室を見ていますが、当時はローマ遺跡の存在は知らなかったわけです。
b0064411_4495675.jpg


このサイロは10個もあったそうですが、今見られるのは6個
b0064411_451121.jpg


かなり深かったのですね
b0064411_4514541.jpg


b0064411_452333.jpg


私たちは4世紀のローマ遺跡と、14世紀のサイロの遺跡を同時に見ているわけです。
b0064411_4525483.jpg

なんて面白いんでしょう!

5月待つまで無料で見学させてくれます。

 Domus Romana y Silos Medievales calle de la Fruita2 土日10:00~15:00


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-28 04:18 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(8)
Domus romanaというのは、古代ローマ時代の富豪の屋敷のことです。

こんな感じ
b0064411_16415545.jpg

正面玄関から入ると、パティオがあり、真中に池があって、傾斜になった屋根から落ちた雨水がたまるようになっています。
さらに奥に回廊があり、周りが住居になっています。

動画のほうが分かりやすいかも

http://video.google.com/videoplay?docid=-7542708260634226181#

パティオはこんな感じ(この写真はflickerからかりたもの)
b0064411_216659.jpg


なんでバルセロナ便りに古代ローマのドムスが出てくるかって?

バルセロナの 「バルセロナ市歴史博物館」を訪れた方は、あの地下にローマの町がそのまま残っているのをご覧になったでしょう。
紀元前1世紀から、バルセロナは古代ローマの小さな町でした。今のサン・ハイメ広場あたりに、アウグスト神殿というのがあって、その柱は今も4本のみ、もともとあったところに残っていますが、
神殿の前はフォーラムになっていました。そしてその続きには、タベルナがあり、続いてこのドムスがあったのです。

サン・ハイメ広場のジェネラリタの建物の左隣の家の地下に、そのドムスが見つかり、長いこと発掘作業をしていましたが、この間のサン・ジョルディの日、初めて公開になったのです。

ここは旧ユダヤ人街の一角
b0064411_3581045.jpg


ウィンドーから覗きこむと、こんなポスターがかかっています
b0064411_403224.jpg


玄関の前にはジェネラリタの職員が立っていて、あまりたくさん一度に入らないよう調整しています。
b0064411_414874.jpg


玄関を入ったところはミュージアムの入口になっていて、ちょっとした説明が。
b0064411_412055.jpg


ここのドムスは、紀元4世紀のもので、現在の地下一階部分にありました。
中世の時はすでに地面の高さは現在と同じだったので、13~14世紀、この上にユダヤ人の住む家が建てられていました。この地区は、旧ユダヤ人街に当たります。

その家の床に、10個ものサイロ(sitges)が掘られていて、多分その家の人は、市場に出す食料品などをそのサイロに保存していたのではないか、ということです。
床下に掘って作ったサイロですから、当時も、発見された時も、当然ながら上の口しか見えなかったのですが、この家を買った人が、家を修復するため掘り返したら、その下に4世紀のドムスを発見したというわけです。
最終的に家が州政府の所有になると発掘がすすめられ、とうとうミュージアムとなって公開されたのです。このバルセロナの、一番の中心地の地下にあるのですから面白い。

階段を下りて地下に行きます
b0064411_4124855.jpg


階段の途中のガラス窓から、中の様子が見えます。
b0064411_4132269.jpg


b0064411_4134279.jpg


さあ、古代ローマの世界にご案内!

つづく


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-28 04:14 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)
私たちのオーケストラとコーラスグループで。Vivaldi の"Gloria"のCDを録音することになりました。
何度もコンサートをやっていますから、記念に、ということなのですね。別に市販するようなものではございません。みんな素人ですからね。

で、録音は、スタジオじゃなくて、Santa Pacia教会の中に、劇場があって、そこでやることになりました。
b0064411_1722547.jpg


これは最後のリハーサルの時 Ultimo ensayo

劇場は今舞台の上に、30年代(?)のスペインの家の中を再現したセットが作られていましたので、私たちは、唖然・・・・

El escenario fue el interior de una casa de anyos 30...
b0064411_1703973.jpg


仕方がありませんから、そこで演奏

Que podemos hacer? Tocamos alli.
b0064411_1712868.jpg


b0064411_1713969.jpg


b0064411_1715164.jpg


ううむ、しかしなかなか良くできてる

Mmm... pero muy bien hecho.
b0064411_173152.jpg


b0064411_1731227.jpg


エンリケがふざけてポーズ
b0064411_1735274.jpg


さて、レコーディング当日もそのまま・・・

El dia de gravacion se quedaba igual...
b0064411_1743416.jpg


b0064411_1745356.jpg


b0064411_1751083.jpg


コーラスは客席で録音することになりました

Los coros cantaron abajo.
b0064411_1754733.jpg


しかし、レコーディングって時間がかかるものですねぇ

Pero no sabia que tardaba tanto hacer la gravacion!
b0064411_1761470.jpg


朝9時半に始めて、夕方4時半まで、何度も何度も繰り返して演奏・・・・
椅子がきしんだ、とか、近くを車が通った、とか、鐘が鳴ったとか・・・そのたびやり直し。
ほとほとくたびれました。

Empezamos a las 9.30 de la manyana y tocamos hasta 4 de la tarde.
El ruido de las sillas, coches que pasaba fuera, campanas... teniamos que repetir muchas veces...
b0064411_177916.jpg


一人歌手がこれなかったこともあり、まだ全部終わったわけではありませんが…一応、6月の終わりに、CDリリースのコンサートをやることになりました。
どんなCDになることやら・・・

No hemos hecho todo, ya que faltaba una cantante.
Pero haremos el concierto de presentacion de CD en el 19 de junio.

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-27 17:09 | フルート flauta | Comments(2)
ランブラス通りからカテドラルに抜けるPortaferrisa通りに面して建つPalau Moja(モジャ宮)は、18世紀にJosep Masの設計で建てられたMoja侯爵の宮殿で、侯爵の死後、何人かの人手に渡り、火災に見舞われ、荒れ果てていていましたが、1982年に州政府の所有になっています。
地階の奥にあった大きな車庫(当時は馬車)を潰してアートの展示会場にし、ここはかなり前からオープンされましたが、上の館のほうは、長いこと修復をしていました。

昨夜のコンサートは、その宮殿のSalon Vigataで行われ、その広間はまさに音楽を演奏するために作られていました。

Portaferrisa通りから門をはいります。
b0064411_31196.jpg


右手にある階段を上り
b0064411_332677.jpg


イヌの絵~
b0064411_344178.jpg


b0064411_37718.jpg


素敵な踊り場をさらに上へ
b0064411_354362.jpg


b0064411_362352.jpg


周りは美しい壁画が
b0064411_382274.jpg


b0064411_384684.jpg


b0064411_39272.jpg


b0064411_395828.jpg


細長いサロンで受け付けをしています
b0064411_3105950.jpg


b0064411_311152.jpg


b0064411_3115219.jpg


b0064411_312986.jpg


b0064411_3123399.jpg


ハープが付いています
b0064411_313849.jpg


芸術家のRicardo Baccaro夫婦にバッタリ。

こちらが会場、Salon Vigata
b0064411_3142615.jpg


b0064411_3144883.jpg


b0064411_315352.jpg


b0064411_3152169.jpg


b0064411_3154722.jpg


壁画に囲まれています
b0064411_321757.jpg


そして息をのむような天井
b0064411_3162720.jpg


b0064411_3165819.jpg

横に座ったRicardoが、

「壁画は大したものじゃないな。あの前の壁画の2人の人物の姿勢はいかにも不自然だし、後ろにいる人が前の人より大きく見える。システィナ礼拝堂の壁画の人物は、一人として不自然な姿勢をしていない」
b0064411_3225711.jpg


左右の壁の天使の下に、変わった絵
b0064411_3245124.jpg


b0064411_3251132.jpg


礼拝堂があります
b0064411_3255064.jpg


見事な大シャンデリア
b0064411_3261833.jpg


さて、コンサートが始まります
b0064411_3271689.jpg


今日はPadre Antoni Soler(1729-1783)作曲の五重奏曲を3曲、休みなしで演奏
b0064411_329572.jpg


フルート奏者が友人Anton、ピアニストは日本のFujiki Ayakoさん
タキシードはかっこよく見えますね
b0064411_3303583.jpg


夜10時に始まり11時20分ころ終わったので、正味1時間と少しなのですが、リピート部分が多いので、なぜかかなり長く感じました。時々バッハのような、時々モーツァルトのような・・・
でも素敵な会場で、なかなか良かったです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-26 03:36 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
Sevillaに住む Pepaがまたバルセロナにやってきました。
飛行機に乗る前日に電話をかけてきて、

「蚤の市に一緒に行こう!」

彼女はバルセロナで蚤の市に行くことを何よりの楽しみにしているようです。

バルセロナに着いた翌日、彼女の宿泊所であるPalau Moxo に行きました。
b0064411_1850996.jpg


この宮殿は、友人Inesの家。Inesがバルセロナに来るたび、Pepaも同行するのが常。
b0064411_1852108.jpg


さて、地下鉄で蚤の市、Los Encantesに出かけました。

b0064411_2053663.jpg

ごちゃごちゃごちゃ~
b0064411_20112632.jpg


b0064411_20123823.jpg


b0064411_20132711.jpg

友人は駆け引きがうまい。

「いくら?」

「40ユーロ」

「20ユーロにして」

「だめ、最低でも35ユーロ」

結局35ユーロで、初めてにしていたものの倍近くのものをゲット。私はそこまでできないなぁ。
彼女もセビージャのセントロのかなり大きな家に住んでいるようです。

蚤の市の戦利品を抱えて Palau Moxoに帰り、Inesも加わって、前の広場でクララ(ビールとファンタを割ったもの)をのんびり飲みました。

そのあとは3人で古着屋さんを覗いたり・・・。宮殿に住んでいるようなInesまで熱心に見ているので、そんな姿を見るのも楽しい。


買ってきたものは、古いシーツやタオル、ナイティなど洗濯したりきれいにしたりしなくてはなりません。昨日お見せしましたね。
b0064411_20211859.jpg

アイロンがけ、マットは少しだけ済んだんですけどね・・・ あーめんど、明日にしよう
b0064411_20222830.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
by gyuopera | 2010-04-24 17:39 | 日々のこと cotidiana | Comments(8)
今日、4月23日は Sant Jordi (サン・ジョルディ)の日。
男性は女性にバラを贈り、女性は男性に本を送る、バラと本の日。
サン・ジョルディはバルセロナの守護神なので、今日は特別の日。

サン・ジョルディはドラゴン退治をした聖人。
今朝の新聞にはドラゴンがいっぱい。
b0064411_19214444.jpg

つまり、バルセロナのいたるところに、いろんなドラゴンの彫刻やレリーフが見られるんですね。
ドラゴンはガウディの専売特許じゃない
b0064411_19221292.jpg


まだ9時前に、市場に行こうと家を出ると、もう花屋のスタンドが出ていました。
b0064411_19173683.jpg


ビオ・ローズだって。
b0064411_19182790.jpg


こんなにスタンドがあってみんな買うのかな。会社に行く人たちを狙っているんでしょうね
b0064411_19193363.jpg


新聞によると、800万本のバラが売られるとか。アリカンテ、ムルシア(5%)で栽培されたものももちろんあるけれど、とても足りないので、コロンビア(45%)やオランダ(30%)、エチオピアやケニア(10%)からも来ているんだそう。
b0064411_1920239.jpg


さて、ランブラス通りに着くと、道が全部本屋さんのスタンド
b0064411_1928461.jpg

とにかく一年の本の売り上げの大半がサン・ジョルディの日に売れるんだそうですから
b0064411_19282865.jpg


10時ともなればこの混みよう
b0064411_19462834.jpg


古本屋さんもありました
b0064411_19373519.jpg

昔の雑誌や印刷物
b0064411_1938611.jpg

こんなの買っちゃった
b0064411_1943841.jpg


パン屋さんの老舗
b0064411_19444487.jpg


サン・ジョルディのパン
b0064411_1944018.jpg

今日はなんでもサン・ジョルディという名前を付ければ売れる

家に帰って早速試食
b0064411_1947597.jpg


黄色と赤の縞になっています。トマトを使っているのね。周りにちょっとナッツが入っている
b0064411_19475516.jpg

ンまぁ…おいしくもまずくもない
b0064411_19484854.jpg


このポットとクリーマーは最近の買い物。以前買ったマグカップとおそろい
b0064411_19492755.jpg

後ろにあるのは何かって・・・? アイロンかけの山!! 
…これ終わるのに何日かかるかしら・・・?

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-23 19:50 | イベント、お祭り fiesta | Comments(14)

Tres Torres地区

Tres Torres地区は、Sarria地区とSan Gervasi地区の中間にある地区で、昔から静かな住宅街として有名でした。

私は今のアパートを買って引っ越すまえ、もう20年前ですが、この地区に住んでいたので懐かしくて、音楽学校から家に帰る時など、時々ちょっと回り道して歩いてみます。

b0064411_15485220.jpg


コンサートの後は、気分的にもゆったりして、ちょっと歩きたい気分。

この地区の象徴的な尼僧院の建物
b0064411_1675459.jpg

もうすぐ28歳になる下の息子が近くの幼稚園に入っていて、いつもこの庭で遊んでいたところ
b0064411_1612312.jpg


Torreというのはここでは一戸建ての家のこと。昔は家が3つだけしかなかった地区なんでしょうか。 今でもちょこちょこと一戸建てがあります。

b0064411_16171546.jpg

あの植木鉢、落っこちないかな
b0064411_16152267.jpg

素敵な柱頭
b0064411_1622276.jpg


b0064411_16195994.jpg

かわいい赤い家
b0064411_16211576.jpg


あ、藤
b0064411_16244650.jpg

モサモサ
b0064411_16263334.jpg


b0064411_16292920.jpg


b0064411_16305693.jpg


こう見えても集合住宅
b0064411_16324988.jpg


b0064411_1634544.jpg


b0064411_178929.jpg


b0064411_17104158.jpg


中にはこんなモデルニスタバッチバチの建物も
b0064411_16363131.jpg

前この通りに住んでいたんだけれど、あまり目立たなかったのに、最近塗り替えたらしい
b0064411_16375321.jpg


おとなしいけれどとてもきれいなモデルニスタのレリーフ
b0064411_17121580.jpg

目立てばいいってものじゃないですよね

こちら、窓にかかったカーテンの縞がとてもきれい
b0064411_16412027.jpg

この家の上のほう
b0064411_16451846.jpg


こんなおとなしいエントランスもいいな
b0064411_1647176.jpg


b0064411_16511167.jpg


アイアン細工のドアも多い
b0064411_16502318.jpg


b0064411_1652734.jpg


あ、雲の絵が描いてある!!
b0064411_16535744.jpg

だれが描いたのかな?
b0064411_165522100.jpg


かわいい玄関階段。アイアンの扉の上の屋根の上のプランターにはどうやって水をあげるのかな?
b0064411_1714064.jpg


この前半分ぐらいだったこの家の藤、今満開
b0064411_17153637.jpg

あんなに上のほうまで
b0064411_17161254.jpg

まさに藤の家
b0064411_17172750.jpg


b0064411_17183080.jpg

つるつるとからまる植物が大好きなので、どこかで藤の苗を買ってこようかな
b0064411_17264222.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-22 17:27 | 散歩 paseo | Comments(10)
土曜日は、私の行っている音楽学校でコンサートをやりました。
フランス・ブルターニュ半島にある町、Lannionの音楽学校から来た生徒たちのオーケストラのコンサートで、私たちも参加。

最終リハーサル
b0064411_16524471.jpg

指揮しているのは、ここの音楽学校長の息子さん。向こうの学校で教えているそう。
でもお父さんに比べると、自分ばっかり力んでいる感じ・・・
b0064411_16541252.jpg


私たちが参加するのは最後の曲、HaendelのAnthem "Zadok the priest"

全員の指揮は校長先生のFransec Llongueras
リハーサルは全部フランス語で行われました。
Fransecの指揮はとてもわかりやすく、好感が持てます。さすが、息子とはずいぶん違う。

b0064411_16562955.jpg


Lannionのオーケストラは金管が多い。トロンボーンが6台!
b0064411_1657296.jpg


ティンパニー担当はかわいい男の子
b0064411_1658024.jpg


本番の前
b0064411_16592883.jpg


b0064411_170434.jpg


トロンボーングループの演奏
b0064411_170335.jpg


終わったら、簡単な食事が用意されていました

b0064411_171467.jpg

いろいろな種類のトルティーヤ(スパニッシュ・オムレツ)、ボカディージョ(スペイン風サンドイッチ)、ハム、チーズ、コロッケ・・・ 飲み物はワインやガスパチョまで。

こういう気楽なコンサートも悪くないです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-19 17:04 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)
グラシア地区は広場があっちこっちにあって、何時も人がまったりとベンチに腰を掛けたりしていてのどかな雰囲気。

b0064411_15225553.jpg


b0064411_16231989.jpg


b0064411_1624105.jpg


広場にかわいいお店発見
b0064411_16242661.jpg


グラシア地区をそぞろ歩き
b0064411_1625299.jpg


b0064411_16254973.jpg


なんだか可愛い感じの修辞工場
b0064411_1626236.jpg


こういう角の細い家って、ブリュッセルにたくさんあったなぁ
b0064411_1627524.jpg


b0064411_16272953.jpg

こぎれいね
b0064411_1628462.jpg


ここはまだ改装の済んでいない古い家
b0064411_16283739.jpg


1915年だから、まだ100年たっていない
b0064411_1629697.jpg

中が見てみたいけど、暗そうね
b0064411_16294239.jpg


なるべく人のいないような横道に入る
b0064411_16305218.jpg


b0064411_1631119.jpg


b0064411_16313546.jpg


b0064411_16321193.jpg


黄色く塗ってある・・・
b0064411_16324823.jpg


b0064411_16331215.jpg


狭いお家・・・
b0064411_16335683.jpg


一見普通そうだけど
b0064411_16341592.jpg


横に素敵なサンルーム付き
b0064411_16352390.jpg



最後に見た家

b0064411_16365719.jpg


重厚な感じの家だけれど、改装が必要かな・・・
b0064411_16355743.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-04-19 14:05 | 散歩 paseo | Comments(15)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera