<   2010年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧

3月29日に、ペドラルベス修道院で Pergolesiの "Stabat Mater"のコンサートがあると聞いたので、行ってみました。
というのも、今この曲をオーケストラで練習中なので、生演奏を聴いてみたかったのです。

ペドラルベス修道院は1327年、ハイメII世とその三番目の妻、Elisenda de Moncadaによって建てられ、正式名をmonasterio de Santa María, en Pedralbesと言います。
同年ハイメII世がなくなった後、女王はここに亡くなる1367年まで住んでいました。
ここはバルセロナ市の庇護を受けていたので、外敵から常に守られ、現在もほぼ当時の姿をほぼ留めています。
b0064411_23234726.jpg

当時は外壁に囲まれていて、内部は小さな町を形成していました。
この左辺りには肉屋があったそうです。
b0064411_23243346.jpg

建物はカタラン・ゴシック様式
b0064411_23251693.jpg

すぐ近くの石切り場から石を運んだので、1年で建てられたのだとか。
b0064411_23324256.jpg


b0064411_2333522.jpg

30分ほど前に着くと、もうかなりの人が来ていました。
b0064411_23335676.jpg


ほとんどの人は祭壇の左側に座っていたので、私は一番右の列の一番前に座りました。ストーブの前(笑)。だいたい教会派暖房がなく、ストーブを置いてあるだけだから寒いのです。でもこの日はずいぶんいくつもストーブが置いてありました。

座って見上げると、ステンドグラスがきれい
b0064411_23364468.jpg


b0064411_2337644.jpg


コンパクトデジカメだとせいぜいこのくらい・・・
b0064411_23374014.jpg


b0064411_2338434.jpg


祭壇の右に眠るReina Elisendaの棺
b0064411_233929.jpg

この棺は、半分ずつになっていて、礼拝堂に半分が、中庭の回廊側に半分があります。
b0064411_23392442.jpg

こちら側からだと女王の衣装を付けていますが
b0064411_2339556.jpg

中庭の回廊側からみると、未亡人の衣装を付けています。しぬまで尼僧の衣装は付けなかったそうです。
b0064411_23422087.jpg


コンサートは残念ながらオーケストラではなくオルガン伴奏

二人の女性歌手、ソプラノとメッツォソプラノが歌います。
b0064411_23441442.jpg


透き通るような声で、とても素敵でした。
b0064411_23445927.jpg


とてもいいコンサートでした。
b0064411_23452711.jpg


帰りはもう真っ暗。
b0064411_2346929.jpg


こんな風にしか撮れなかったけれど、きれいな満月でした。
b0064411_23465318.jpg


Youtubeの画像が貼れなくなってしまったのですが、こちらから聴けます。こんな感じ。

   http://www.youtube.com/watch?v=AmcVsrlmQMA&feature=related

   http://www.youtube.com/watch?v=k-N9B9H-XfQ&NR=1
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-31 23:47 | オペラ、コンサート musica | Comments(4)
日本の美容師さんHanaさんが、再びバルセロナに来て、訪問カットをしてくれるそうです!

 期間: 4月13日から5月11日まで

 メッセージ:
  ”4月13日(火)~5月11日(火)の

1ヶ月間だけではありますが

Barcelonaで訪問カット活動をします。

20Euroです。(出張費込み。)

低価格の理由はシャンプーもブローもできないから

と言うことです。

裏メニューがカラーリング20Euroです。

(書いてる時点で裏でない・・・。)

日本のカラー剤を持参します。

僕にメッセでご予約お願いします。

後日、プリペイド携帯の番号もアップできる予定です。

僕の住みかはUniversitatです。

よろしくお願いします。"


連絡先:こちらのメッセから http://mixi.jp/view_community.pl?id=3938396

ミクシーにお入りでない方がいらっしゃいましたら招待状をお送りいたします。
b0064411_17261451.jpg

by gyuopera | 2010-03-31 17:26 | お知らせ noticias | Comments(0)
今日もいいお天気。でも風が強く、寒く感じるので、冬のジャケットを着て出かける
b0064411_7235075.jpg

今日は買い物にあちこち出かけなくちゃいけない。

Les CortsのCan Deuの横を通って
b0064411_7264516.jpg


b0064411_7283840.jpg

名前も知らない公園を突っ切る。

池の水に暖かい太陽の光が反射して、春を感じる
b0064411_7305055.jpg


韓国食品店で韓国海苔を買った後は、バスに乗ってセンターへ。

ランブラス通りに入ったら道が混んでいてなかなか動かない。
おかげで建物がゆっくり見られる・・・

b0064411_7331636.jpg


b0064411_738235.jpg


b0064411_7392513.jpg


風に舞うプラタナスの木の実の細かい種が、停まっている車を覆っている
b0064411_7413745.jpg


やっとボルンに到着。アーモンドを買いにいつもここまで来る
b0064411_7424561.jpg


ボルンは古い建物がいっぱいあって楽しい
b0064411_744213.jpg


この建物も今日気がついたのだけれど
b0064411_7543610.jpg


1769年ですって!
b0064411_7553585.jpg


極め付きの古いCapilla de Marcus。ロマネスクの建物で、1150年だという
b0064411_7465217.jpg

旅人や巡礼者のための病院の中にあった礼拝堂、のちに、多分ヨーロッパで最初の郵便局
b0064411_7473127.jpg


こんな通りを通るのもぞくぞくする
b0064411_748953.jpg

このアーチの跡は何かしら
b0064411_7484382.jpg


サンタ・カテリーナ市場で魚と野菜を買う
b0064411_7493665.jpg


あ~今日もまたどっさり食料品を買い込む・・・
b0064411_7503451.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
by gyuopera | 2010-03-31 07:33 | 散歩 paseo | Comments(10)
San Jeronimo de la Murtra修道院の回廊はいろいろと興味深い

b0064411_1935941.jpg


b0064411_1944338.jpg


b0064411_195847.jpg


b0064411_1982226.jpg


紋章を抱えた天使
b0064411_1955854.jpg


これも
b0064411_198537.jpg


これはコロンブスの像と言われている
b0064411_1964770.jpg


これはいずれかの王様かしら
b0064411_1974695.jpg


これはまたふくよかなお顔。東洋系?
b0064411_1994248.jpg


b0064411_19101115.jpg


床にはこんなのも!
b0064411_19104953.jpg


こちらがコンサート会場
b0064411_19112577.jpg


正面の絵はかなりあたらしそう
b0064411_19115862.jpg


そしてコンサートが始まります。ヴァイオリンとピアノ
b0064411_19123372.jpg


曲目は

La fille aux cheveux de lin Claude Debussy

Sonata para violin y piano Claude Debussy

Chanson de matin Edwarg Elgar

Theme et variations Oliver Messiaen

Romanza Jordi Cervello

Tango op.165 Isaac Albeniz

b0064411_19193292.jpg


まだ23歳という若いヴァイオリニスト、一曲目は少し乱れがあったものの、2曲目のドビュッシーのヴァイオリンソナタはそれは素晴らしく感動。
メシアンなど、こんな機会がなかったら絶対聴こうとは思わなかったけれど、生演奏では素晴らしかった。

b0064411_19201993.jpg


有名な演奏家のコンサートとは違うけれど、この音響の良い雰囲気満点のホールで、とてもいい演奏を楽しめました。
b0064411_19215057.jpg

もちろん演奏家は無報酬、入場料の8ユーロは、修道院の維持に使われます。

コンサートの後は、昔の台所に移動。そこで、スライドの映像を使いながら、の修道院の歴史や建物の説明がされました。
私の姿を見たのか、

「今日は外からのお客さんもいるので、カタラン語ではなく、スペイン語で説明します」

と。
ありがたいです。

昔の台所の流しはすり鉢型の石
b0064411_1926202.jpg


b0064411_19264511.jpg


修道院では、食事も宗教的な意味があり、沈黙して、頭巾をかぶって食べたそう。

壁際にはたくさんのジオラマが
b0064411_19282072.jpg


説明が終わると、ちょっとしたつまむものが供されましたが、もう遅かったので私たちは退出

b0064411_19292433.jpg


この修道院は、しばらく一人静かに瞑想したい人や旅行者たちが滞在できる小さな部屋がいくつも用意されているそうです。
興味のある方は、修道院のWebpageをご覧くださいね。ただし、スペイン語とカタラン語のみ。

   www.lamurtra.cat tel. 93 395 1911

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-28 19:30 | 建物 edificio | Comments(10)
San Jeronimo de la Murtra修道院の中庭と回廊です。
b0064411_1717133.jpg


b0064411_17204095.jpg


この泉水はキリストのシンボル
b0064411_18505893.jpg


b0064411_18573256.jpg


b0064411_17184489.jpg


b0064411_17191640.jpg


b0064411_17194181.jpg


b0064411_1911134.jpg


b0064411_17233187.jpg


b0064411_1725440.jpg


廃墟となった礼拝堂
b0064411_17225343.jpg


b0064411_17241323.jpg


b0064411_17243145.jpg


b0064411_17253893.jpg


b0064411_1726195.jpg


浮遊している天使のレリーフ
b0064411_1726509.jpg


b0064411_1727862.jpg


b0064411_1852249.jpg


この蜀台、ユダヤのじゃなかった?
b0064411_18524954.jpg


b0064411_18532088.jpg


b0064411_18541092.jpg


古い泉水があり、これもオリジナル
b0064411_18544871.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-28 17:17 | 建物 edificio | Comments(0)
昨夜はまたとても素敵な体験をしました。
バルセロナの北東、バダローナの山の中の、古い修道院でのコンサートに連れて行ってもらいました。

この修道院の存在は私も全然知らなかったのですが、14世紀初頭に建てられた、カタラン・ゴシックの宝ともいえる古い修道院、San Jerónimo de la Murtra 。カトリック両王とカルロス1世の庇護を受けて建設されました。

バルセロナの旧王宮の階段で、王の殺害事件があった1492年の11月、フェルナンド王は負傷し、妻のイサベルとともに、何日かこの修道院に滞在したことがあり、その間スペインの王室はここにありましたが(当時は王様は国中を回って治めていたのです)、その間にコロンブスがアメリカ発見のニュースを王に報告に来たのがここなのだそうです。
1835年に Juan Álvarez Mendizábalの永代財産解放令で僧侶たちは追い出され、放火されて、放置され、荒れ放題になっていたのを、Eusebio Guel氏の令嬢Francesca Güellによって少しずつ修復され、修道院としての機能はしていませんが、毎週ミサも行われ、今ではある種のカルチャーセンター、またオスタルとしての機能も果たしています。

説明が長くなりましたが、歴史的な背景を知っていると、建物の中を見てもいっそう興味がわきます。

ジェロニモ派というのは、人里から遠く離れ、社会とはほとんど接触を持たない山の奥とか砂漠などで静寂と祈りで日々を送る派なのだそうですが、この修道院も、車一台がやっと通れるような細い山道をかなり進んだところにポツンとあります。

b0064411_1650152.jpg


やっと着いた修道院

b0064411_16521471.jpg


今夜はコンサートがあるので、人が少しずつ集まってきています。
b0064411_16525575.jpg


確かに…かなり荒れたまま
b0064411_16535089.jpg


b0064411_165457.jpg


b0064411_1654245.jpg


ここから入ります
by gyuopera | 2010-03-28 16:50 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)
真っ青な空が広がった土曜日
b0064411_1915491.jpg


私としてはずいぶん早い時間にSentmenat公園の上のほうの山を歩きます。
b0064411_194479.jpg


聞こえるのは鳥の声ばかり。
b0064411_196306.jpg


大好きなビンカが咲き始めています
b0064411_1974819.jpg


b0064411_1982754.jpg


b0064411_1985423.jpg


今日の目的は・・・


めっけ!

b0064411_1993239.jpg


野生のアスパラガスの芽。

でも、アスパラガスの葉はいっぱいあるのに、この芽はなかなか見つからない

b0064411_19104576.jpg

まだ早すぎるのかなぁ・・・
ずいぶん歩き回ったけれど、見つかったのはほんのわずか。

歩いていると、大きな木が根こそぎ倒れていました

b0064411_19122927.jpg

この間の大雪で倒れたのですね。痛々しい
b0064411_19132425.jpg

あっちにもこっちにも
b0064411_19135380.jpg


トマソンの門の壁画が変わっていました。
b0064411_19144777.jpg


アカンサスの葉が勢い良く葉を茂らせています。
b0064411_19172178.jpg


帰りはRiela Blancaの公園を通ってみる
b0064411_19184929.jpg

こうして全部人工的に作った公園って、実につまらない

道路わきには、プラタナスの実がはじけた綿ぼこりのようなものがぎっしり。
これが風で舞い上がるんですよね
b0064411_19202456.jpg


収穫は・・・ 

b0064411_19273312.jpg


まあ、お花が摘めただけでもいいとしましょう・・・

b0064411_19281281.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-27 19:29 | 散歩 paseo | Comments(10)
もうちょっと前になるけれど、クラッシックカーを見に行った時ちょっと撮った写真

これはバスの中から
b0064411_7273291.jpg


b0064411_7282436.jpg


b0064411_7285113.jpg


b0064411_729198.jpg


電力会社の建物だったかな
b0064411_7301082.jpg


アラゴン風?
b0064411_731587.jpg


ペンキ塗りたて~ みたいな
b0064411_7313487.jpg


これだれの像かな~
b0064411_732974.jpg


車の写真を撮った後は、Born地区からランブラスまであるいたのだけれど、途中でここに寄りました。
b0064411_738987.jpg

スペインではdrogueriaと呼んでいる、掃除の道具とかペンキなどを売っている雑貨のお店
b0064411_74009.jpg


b0064411_7402345.jpg


このお店のレジのところが面白いんです

b0064411_7411022.jpg


お店の絵も飾ってあって
b0064411_7413567.jpg


100年は経っていないかもしれないけれど、結構な老舗なんでしょうね
b0064411_745040.jpg

本当によく色々取り揃えてあって重宝なお店です。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-26 07:34 | 散歩 paseo | Comments(6)
Les Corts地区の、バルサのサッカー場カンプ・ノウのすぐ隣にあるマテルニダ公園は、以前も書きましたが、19世紀の末に建てられたマテルニダ病院を含む数多くのモデルニスタの建物が、約8ヘクタールの敷地内に点在する、とても静かな公園です。

b0064411_716236.jpg


b0064411_774930.jpg


b0064411_781676.jpg


b0064411_784184.jpg


b0064411_785748.jpg


向こうに見えているのがカンプ・ノウ
b0064411_794676.jpg


b0064411_710125.jpg


この公園で一番美しいローズ・パビリオン Pavellon Rosa

b0064411_7172241.jpg


1924年、 Joan Rubió i Vellver とJosep Goday i Casals設計

b0064411_7115527.jpg


b0064411_7181314.jpg


b0064411_7182550.jpg


b0064411_7183991.jpg


b0064411_7185371.jpg


b0064411_719685.jpg


b0064411_7191779.jpg


b0064411_7192984.jpg


b0064411_7194041.jpg


b0064411_7195142.jpg


b0064411_720587.jpg


建物がたくさん建っている公園だけれど、建物を見るのが好きな私にはうれしい公園です。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-26 07:21 | 建物 edificio | Comments(4)
春分を過ぎて、日々日が長くなっていくのを感じるこのごろ。

退院してきた息子と、ぶらぶら散歩。

とにかく歩かなかった息子、私のペースでは付いてくるのを嫌がるので、ゆっくり、ゆっくり。
こんなので運動にはならないと思うけれど、まあ外に出るようになっただけでも進歩かしらん。

遠くまで行くのも嫌らしいので、薬を買いに行ったついでに、今度彼も行くことになるInstituto Dexeusを見に行く、というのを口実に、ちょっと足を延ばして・・・

b0064411_16375594.jpg


超モダンな病院だけれど、こちらからの眺めはまた違ってなかなか素敵
b0064411_1641476.jpg


ついでに、Maternidadの公園に入る


当然息子はこの公園があることすら知らない


こんな美しい建物があるのに

b0064411_1743115.jpg


できたら公園をぐるりと歩きたいところだけれど、今日は我慢して家に向かう

途中で見た床屋さんのショーウィンドー

b0064411_1763259.jpg


春らしいファッション

b0064411_17124472.jpg


家につくと息子が言った。

「ちょっと散歩、とか言って、結局1時間じゃないか!」


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-03-25 16:50 | 散歩 paseo | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera