<   2010年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

Santsの市場に行くまで、あちこちの小道に入ったりして古い建物を探してみました。

ガウディアーチみたいなのがあるじゃありませんか
b0064411_681697.jpg


b0064411_682856.jpg


b0064411_683944.jpg


うん、かなり古そう
b0064411_694344.jpg


b0064411_6104685.jpg


b0064411_6164268.jpg


この辺りは昔小さな工場や倉庫が多かったのかなぁ
b0064411_6102795.jpg


b0064411_611975.jpg


b0064411_6112724.jpg



b0064411_612521.jpg

1924年だって… 100年もたっている感じ。修復して塗りなおしたらきれいになるでしょうね。
b0064411_6125672.jpg


b0064411_6134366.jpg


b0064411_614266.jpg


b0064411_6142336.jpg


b0064411_6143984.jpg


b0064411_615034.jpg


b0064411_6152127.jpg


b0064411_6154063.jpg


b0064411_6155742.jpg


雨が激しくなってきたので、帰りはバスに乗って帰りました。

b0064411_6184221.jpg


今年の冬は本当によく雨が降ること。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-26 22:57 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)
バルセロナ中にいくつメルカード(市場)があるかわからないのですが、我が家から比較的近いところに、サンツ市場があります。

ここに行ったのは多分10年くらい前なので、今日はちょっと歩いて行ってみました。

残念ながら、今修復中で、閉まっていました。

b0064411_6433153.jpg


b0064411_644288.jpg


b0064411_6441357.jpg


b0064411_6442452.jpg


b0064411_6443624.jpg


b0064411_6445921.jpg

この市場が建てられたのは1913年、設計がPere Falqués

現在はAvenida Brasilの真ん中にプレハブの仮設市場が建てられていて、そこで営業中。
仮設といっても、かなりちゃんとしたものですが、やっぱり味気ない。
修復には何年もかかりそうです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-25 16:21 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)
これはヒマワリの種を炒ったもの

b0064411_355611.jpg


スペインではピパスと呼ばれ、ずっとずっと昔から、もっともポピュラーなスナックでした。

歯で殻を割ると、こんな小さな、スイカの種よりまだ小さい実が入っています。
これを食べるにはかなりの根気が要ります。

b0064411_338212.jpg


いまどきピパスを食べている人を見かけることはほとんどないのですが、昔はだれでも食べていました。
よく公園のベンチの下に、いっぱい殻が落ちていることがありました・・・

たまたまスーパーで大きな袋入りを売っていて、買ってみました。大きな袋でも1ユーロしません。
多分、私は初めて買ったかも・・・

b0064411_3361881.jpg


これが、特においしいというほどでもないと思うのだけれど、食べだすとやめられない。
かなり食べたつもりでも、殻を割り、中の小さい実を食べるのですから、そんなに早くは食べられない。
食べている姿はかなりみっともないけれど、すっかり病みつきになりました。

そうしたら、今日の新聞に、ピパスはビタミンEが大変豊富なんだそうな。
だから、体の酸化防止になり、心臓病予防にはとてもいいらしい。さらに、ガンになる危険を減らすのだそう。
おまけに、ビタミンB群も豊富なので、活性化及び、老化予防にもなる・・・・

といういいことづくめの食べ物なのですよ。

ポテトチップスよりずっといいですね。

昔から食べられてきているものは、やっぱりいいものが多いのですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-25 03:49 | 食べ物 comida | Comments(16)
我が家はビルの谷間のようなところですから、12月と1月、2月半ばころまで、朝日がリビングに差しません。
それが、今朝は

b0064411_330088.jpg


朝日がまずダイニングに差しこみ

b0064411_3319100.jpg


b0064411_3315691.jpg


日が昇るに従ってリビングに移動してゆく

b0064411_3334646.jpg


b0064411_3533314.jpg


こんな些細なことなのに、幸せな気分にしてくれるのです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-25 03:34 | 日々のこと cotidiana | Comments(10)
バルビドレラの急な坂道をどんどん降りてゆくと、楽しい家があっちこっちに有ります。

急な斜面に建てられた家は、道路に面した玄関は小さくて、ずっと上に家があります。
b0064411_2592296.jpg


b0064411_2594897.jpg


b0064411_304077.jpg


隣も面白そうな家
b0064411_311252.jpg

改装中で、庭はブルドーザーが入っていました。
b0064411_332435.jpg


b0064411_315755.jpg


b0064411_342664.jpg


b0064411_345395.jpg


b0064411_321678.jpg


風車がありますね
b0064411_353120.jpg


b0064411_36364.jpg

こんな家もありました
b0064411_37189.jpg


道が入り組んで、みんな入ってみたかったけれど、多分行き止まりでしょう。

坂を下りてゆくと、いつもVallvidreraに車で登ってゆく車道に出ました。初めて歩いて下りてきました。

その辺にも古い家が残っています。
b0064411_310150.jpg


b0064411_3102619.jpg


b0064411_3105847.jpg


壁画が楽しい家
b0064411_311516.jpg


b0064411_3122460.jpg


b0064411_3124227.jpg


b0064411_3131040.jpg


b0064411_3132833.jpg


この辺りも学校が多い
b0064411_3135437.jpg

b0064411_3141282.jpg


サリア地区の町中に出てきました
b0064411_3145625.jpg


古い年号の壁を横に見て
b0064411_3152953.jpg


やっとサリアの教会に到着
b0064411_3161182.jpg


Mayor de Sarria通りを下りてゆくと、あっちこっちからいい匂いがしてきます。
お惣菜を売っているお店や、パン屋さんがいくつもあるのです。

匂いがするたび、お昼のメニューが頭の中でぐるぐる。
結局家に帰って、パエジャを作りました。

2時間半の散歩、かなり歩き出がありましたよ。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-25 03:18 | 散歩 paseo | Comments(8)
オレネタ公園のさらに北のほうの山を歩いて行くと、時々深い谷があって、ちょっと下りられないくらい深いので、迂回してゆかなければならないのです。
写真では分かりにくいのですが、土が見えているところから切り立った崖になっていて、ずっと深くまで落ち込んでいます。
b0064411_244364.jpg


ポツンとかわいい家がありました。
古いのか新しいのか・・・
b0064411_7254220.jpg

藤棚のあるポーチが見えました。
b0064411_7265189.jpg


さらにどんどん登って行ったら、Carretera de Aigua に出ました。
b0064411_2451165.jpg

ここは走ったりサイクリングする人でにぎわっている道。そんなに人がいないように見えますが、しばらく歩いてゆくと、あまりの人の多さにびっくりします。
b0064411_7361358.jpg


この木は大きい!これもアーモンドかなぁ
b0064411_2464938.jpg


b0064411_7301674.jpg


b0064411_248643.jpg


b0064411_2482538.jpg


下を見ると、大きな家が見えました。
b0064411_2495162.jpg

あの大きな貯水池のある、お城のような家でした。
b0064411_2552964.jpg


また家が
b0064411_7342172.jpg

大きな家
b0064411_7344439.jpg


b0064411_735633.jpg


いつの間にか、バルビドレラに入ったようです。
b0064411_7372667.jpg


b0064411_7374934.jpg


b0064411_7382274.jpg


b0064411_73841100.jpg

いつもは車で来るので、車道の両側の家しか見たことがなかったんですが、歩くといろんな家があって面白い。

おや、きれいな猫さん
ここの野良猫はみんなきれい
b0064411_7333034.jpg


猫さんの座っている後ろに、下に降りる道があるので、これを下りてみることにしました。
b0064411_7321680.jpg


とても急な坂道です。道の両側の家の玄関はいずれも入口だけあって、階段が上か下に続いています。
b0064411_7415225.jpg


b0064411_7452761.jpg

シャビーな門だけど、奥には素敵なポーチが
b0064411_7463589.jpg


b0064411_7471364.jpg


廃車がごろごろ置いてある家
b0064411_748292.jpg


瓦屋根がきれい
b0064411_7483077.jpg

南スペイン風
b0064411_750394.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-25 00:08 | 散歩 paseo | Comments(4)
春一番に咲き始める花と言ったら、アーモンドとミモザ。あちこちで白や黄色の花の塊を見かけるけれど、今日は山のほうに行きましょう。

オレネタ公演に入ると、あちこちにアーモンドの木が

b0064411_220241.jpg


b0064411_221404.jpg


今日はミニトレインはお休み。
b0064411_2224456.jpg


この公園は、オレネタ城という、かつてあったお城の敷地なのですが、お城があったころはアーモンドの木がいっぱい植えられていたようです。

b0064411_2242697.jpg


今は肥料もあげてないのか、花の付きが悪いけれど、それでも春が来るとちゃんと花が咲いてくれるのはうれしい
b0064411_2293292.jpg


b0064411_2311381.jpg


ローズマリーも満開
b0064411_2392225.jpg


でも、去年より少なくなってしまった
b0064411_2324126.jpg


手前に土の部分が見えるでしょう。このささやかなアーモンド畑が削り取られて、太い道が作られているのです。がっかりです・・・
b0064411_2362587.jpg


この辺りから見たバルセロナの眺め
b0064411_2365820.jpg


ミモザもたくさん咲いています
b0064411_241540.jpg


b0064411_2412598.jpg


b0064411_2415366.jpg


b0064411_242931.jpg


b0064411_2422858.jpg


もう春ですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-24 02:33 | 花・植物 plantas | Comments(16)
とても素敵なマントン・デ・マニラが手に入ったのです。

b0064411_643466.jpg


マントン・デ・マニラは、フラメンコダンサーなどが使うことがありますが、これは本来のマントン・デ・マニラ。
昔のブルジョワ階級の女性の愛でた、大きな大きなシルクに一面に手詩集を施した贅沢品。
b0064411_6462347.jpg


あるフランス映画の中で、ある富豪の女性がベージュのマントン・デ・マニラを体にまとっている姿がとても優雅で印象的だったので、この色に憧れていました。

b0064411_6465018.jpg


今はこんな見事なものはめったに手に入らないので、オークションで出てもすごい値段がつくのです。
何度諦めたことか。

b0064411_6472332.jpg


今回は、思い切って買ってしまいました。

b0064411_6474510.jpg


これをソファの背にかけている家も見たことがあるし

b0064411_650882.jpg


テーブルにかけているのも見ました

b0064411_6511046.jpg


オペラにマントン・デ・マニラを体に巻きつけて来ている方もいて、それは素敵でした

b0064411_652159.jpg


この間のJoan Maragallの家ではベッドカバーにしていましたっけ・・・

いずれも贅沢品で、今ではこういった昔のよいものは本当に希少価値のあるものです。

b0064411_6542944.jpg




↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-24 01:58 | アンティーク antiguedad | Comments(2)
毎日雨が多くて、なかなか蚤の市にいけなかったのですが、やっと晴れた日、行ってみました。

そうしたら、蚤の市の入口に馬に乗ったお巡りさんが。パトカーもいる

b0064411_629154.jpg

最近、ごみのコンテナから拾ってきたものを売る人たち(多くはモロッコなどからの移民)を取り締まっているらしいので、そのためかな

その日は久しぶりに晴れたので、蚤の市は普通に歩けないくらいのすごい人。
こういうときはいるものだけ買ってさっさと帰らないと疲れてしまう。

家具屋さんも今はこの1軒のみとなってしまいました。ここも不況の波が・・・
b0064411_63302.jpg


電気屋さんに、いまだにこういう古いスイッチが売っているのはオドロキ
b0064411_6364884.jpg


帰る時、バス停のところにまた騎馬のお巡りさんが
b0064411_6342923.jpg


騎馬のお巡りさんはいつも2人組。ゆっくりと馬を進めて行きました。 なんか、のんびりしていていい感じ。
b0064411_6355017.jpg


今日買ったのは

小さくて低いテーブル。

b0064411_6382391.jpg

私は小さな椅子とか小さなテーブルとかをみると、ついついほしくなる人だから。

もう一つ素敵なものがあったのです。それはこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-22 22:55 | 日々のこと cotidiana | Comments(6)
昨夜はViladecansの教会で、Vivaldi の Gloriaのコンサートをやりました。

教会は地下にあって、入口はこんな坂を下りてゆきます。

b0064411_0425625.jpg


内部はカタコムベみたいか、洞窟聖堂かなどと想像しながら入ってゆくと

b0064411_0441049.jpg

どこかの学校みたいな内部で、ちょっと、がっかり・・・
b0064411_0445681.jpg


b0064411_049461.jpg


b0064411_23323.jpg


ま、とにかく、ミサが始まるまで1時間ほどあるので、リハーサル

b0064411_0461815.jpg

まだ普通の服のまま
b0064411_048438.jpg


b0064411_0482568.jpg


b0064411_0484439.jpg

コーラスの人たち
b0064411_050799.jpg


夜8時のミサは1時間あるので、9時に始まるコンサートまでの空き時間に、夜のViladecansを歩いてみる

b0064411_0515886.jpg

外燈がやたら明るい
b0064411_0524539.jpg

この日はサッカーの試合があったので、みんなテレビを見ているらしく、町はひっそり

あ、ケーキ屋さん
b0064411_0531648.jpg

b0064411_0533887.jpg



この間見た古い家
b0064411_0571882.jpg

b0064411_057377.jpg

壁にプレートが。1700年に建てられた家らしい
b0064411_0581369.jpg

b0064411_0583729.jpg


そのすぐ近くにある、内部が素晴らしいという家は、外見はかなりシャビー
b0064411_0594951.jpg


b0064411_103145.jpg


b0064411_11953.jpg


あ、上に見えるライトアップされた建物が区役所
b0064411_121937.jpg

b0064411_16891.jpg

おやおや、区役所の建物の端はこんなになったまま
b0064411_154619.jpg

窓がきれい
b0064411_13868.jpg

b0064411_172497.jpg

b0064411_174494.jpg

区役所前の古い建物
b0064411_181988.jpg


ざっと回って、また教会に戻る

礼拝堂の後ろの部屋には、もう着替えたソリストたちが勢ぞろい
b0064411_1101675.jpg

わいわいわい
b0064411_1105769.jpg


本番!

b0064411_7175531.jpg


みんな頑張りました。かなりいい出来だったのではないでしょうか。

で、コンサートの後、教会側でpicapica(おつまみパーティ)を用意してくれました。
サンドイッチとオリーブ、スナックなど。さびしいけど慈善コンサートですからね
b0064411_1125434.jpg


こういうときはみんな盛り上がって、クラッシック音楽なんかどこかに行っちゃって、リズミックな曲が始まる.
b0064411_1143445.jpg

後の楽しみのためにリズム楽器やギターを持ってくるというのもすごい
踊る人もいたり、すごいにぎやか。いいのかな、教会の中だろー

ということで、無事コンサートも終わりました。やれやれ。

Vivaldi の Gloria って、どんな曲?という方のために、youtubeでどうぞ。

Gloriaの前に、Ostropictaを演奏。
これはGloriaのイントロダクションとされ、間にレチタチーヴォが入ります。


Gloria RV642


私の特に好きな Laudamus te。この録音自体はあまり好きじゃないけれど・・・生で聴くといいですよ。
1月のコンサートでは、ソプラノとフルートで演奏した曲


荘厳な曲 Gratias agimus


上の曲にすぐ続けて演奏される Propter magnam gloriam


静かないい曲、Domine Deus, Agnus Dei


Qui Tollis



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2010-02-22 01:17 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera