<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

モンジュイックの丘に、旧植物園があると書いてあったので、新植物園の人に場所を聞いて行ってみました。

場所はカタルーニャ美術館の裏、エスカレーターの登り口のすぐ横に入口があって、何の表示もありませんから、知らなければ見逃してしまうようなところ。

こんなに緑いっぱいなんて、バルセロナでは珍しいかも
b0064411_152841.jpg


b0064411_1522674.jpg


b0064411_1524097.jpg


b0064411_1525597.jpg


b0064411_1532247.jpg


b0064411_1533726.jpg

静けさの中にせせらぎの音が
b0064411_1535026.jpg


b0064411_1544650.jpg

新緑がまぶしいばかり
b0064411_1551915.jpg


b0064411_1555046.jpg

滝が・・・
b0064411_157213.jpg

ちょっと日本的な感じがしました。
b0064411_1582287.jpg

緑に浸って、心が洗われるようでした。バルセロナにもこんなところがあるんだ~。
モンジュイックって、まだまだ私があるいてないところがいろいろありそう。

ついでに、ここもたぶん歩いたことがないと思う庭園。
b0064411_224035.jpg


この庭園をのぞき込んだら、横にネコさんがいました。
b0064411_231898.jpg

何を見ているのかな、と覗いたら、下に3匹の猫さんたちが。カメラを取り出すと逃げちゃいましたが、この猫さんは、最後までそこにいてくれました。


お知らせ

突然ですが、今日のお昼からピレネーに行くことになりました。更新が4日ほどできませんので、またそのあと覗きにいらして下さいね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2009-04-30 17:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
セビリアに住んでいる友達のイネスとぺパが、またバルセロナにやってきました。

イネスは前もご紹介したのですが、Palau Moxo (モショ宮)という、バルセロナではプライベートの唯一の館を持っています。

サン・ジャウマ広場の市庁舎の横の道をはいったところ
b0064411_7164782.jpg

ゴシック地区のど真ん中
b0064411_7171829.jpg


こちらです。
b0064411_754599.jpg


階段を上って行って見上げると、壁にMoxo家の紋章がついています。
b0064411_7253822.jpg


(内部は以前詳しくご紹介したので、もう一度見たい方はこちらをクリックください)

イネスがバルセロナに来るたび、友人のペパが同行。彼女は大のアンティーク好きで、いつも来るたび、私に電話をかけてきて、

「蚤の市に行こう~~」

と誘います。 

もちろん今回も、セビリアから電話をかけてきて、私の都合を聞いてきました。
それで、今朝は早速モショ邸までいきますと、トラックが横付けになっていました。 
この館は、1700年に、それ以前の13世紀くらいに建っていた家を作りなおしたものですが、門の奥は車入れ(昔は馬車入れと厩)になっています。そこに、白い車がたくさん停めてありました。

b0064411_7115167.jpg


b0064411_712471.jpg

小型車で、狭い通りを走るのにもよさそう。なんか、イメージが、「スターウォーズ」の兵隊のヘルメット見たい。

b0064411_7121823.jpg


あら、見慣れたマーク
b0064411_7125578.jpg


後で聞いたのですが、トヨタの新車のプレゼンテーションをここを借りてやったのだそうです。
40人の記者たちを招待してお昼。それを2日間。
b0064411_7141189.jpg


ピンクのライトを使って照らし出していました。
b0064411_7153070.jpg


しばらくすると、車は宣伝のため、出払っていました。
b0064411_7192463.jpg


車庫の壁は当然中世も13世紀以前のもの。ここには見えないけれど、そのさらに下は、ローマの市壁になっています。
b0064411_719610.jpg


b0064411_7214485.jpg


ガレージのフロアなのに、左手には事務所があり、そこにはちゃんと2階があって、部屋が3つもあり、人が泊まれるようになっていました。

門の中からサン・ジュスト・パストール広場を見たところ
b0064411_7242844.jpg


面白いことに、この館の主人のイネスと、わがオーケストラのオーボエ奏者ファンは幼馴染なんだそうです。

この館は、結婚式場やパーティのスペースとしても貸し出しているので、はいった方もあるかもしれませんね。

Palau MoxoのHP  http://www.palaumoxo.com/ingles.html

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2009-04-30 07:31 | イベント、お祭り fiesta | Comments(8)

Espai Barroc

週末の夜はちょっとどこかに行きたいもの。でも人にもまれたり騒々しいのはいや。大人の雰囲気の静かなバルがいいな。

そんな方にピッタリなのがここ、Espai Barroc。 17世紀の館、Dalmases邸です。
この館は、数あるMonctcada通りでも宝石のような建物。 ピカソ美術館やサンタ・マリア・デル・マール教会のすぐ近く。
その地階にオープンしたバル、 Espai Barroc (バロックの空間)。昼間はいつも門がぴったり閉まっています。

こんな取っ手がついている
b0064411_18521431.jpg

たまに開いているときもあり、門の中はこんな風
b0064411_18505010.jpg


b0064411_18523191.jpg

このバルは夜だけオープン。場所が場所だけに、一人では入りにくいし・・・
ちょうど日本から来た方と、入ることに!

門には赤い綱が掛けてあって、背広を着た門番さんがいました。

「見学はできません」

「でも、音楽を聞き、何か飲むことは?」

「それならOK. ただし、手荷物のビニール袋は、雰囲気を壊すからこちらにおいて行って下さい」

私たちは二人とも、白いビニールの袋を提げていたのです。それを分厚いカーテンの奥に入れると、いよいよ中に入ります。

中は非常に薄暗く、どちらに行っていいのやら・・・ 古いお城に入った感じ。
目が慣れて来ると、ちゃんとお客さんたちが座っているのでした。

b0064411_19175470.jpg


立派な彫刻のついた大きな暖炉の横の席に座り、あたりを見回します。

b0064411_19185321.jpg

たくさんの彫刻や絵が飾られていて、ミュージアムのよう。
b0064411_19182182.jpg


向こうの部屋だけはなぜか明るい。
b0064411_19192129.jpg


b0064411_1919195.jpg


b0064411_19212315.jpg


b0064411_19213672.jpg


ちょい、不気味
b0064411_19221234.jpg


とにかく暗いので、写真はひどいものですが、雰囲気が伝わりますかしら。

名曲喫茶バルセロナ版ですが、建物は本物のバロック建築。もとからあった建物を改装したもので、上階には素晴らしいサロンや寝室があり、15世紀の礼拝堂までありますが、残念ながら見学はできません。
このバルがあるところは、昔厩だったところを、見事にバロックのサロンにリフォーム。

毎週木曜日にはオペラ歌手がピアノの伴奏で歌ってくれるそうです。
行った日は残念ながら生演奏はなかったのですが、流している曲はバロック音楽で、そのサロンの雰囲気とよくあっていました。

おまけ
by gyuopera | 2009-04-29 06:20 | レストラン、バル restaurante | Comments(8)
カタルーニャ図書館のパティオは、いつも若い人たちでいっぱい。 ここには美術学校も入っているのです。
b0064411_17124128.jpg

このゴシックの十字架は18世記、Bernat Vilar設計のもの。

b0064411_1712585.jpg


b0064411_1713860.jpg

16世紀の古い井戸
b0064411_17133529.jpg

オレンジのパティオもあります。他にレモンの木や、ハカランダ(ジャカランダ)の木も植えられています。
b0064411_1714191.jpg


b0064411_16463978.jpg

回廊になっていて、ゴシックの柱が美しい
b0064411_16471029.jpg


b0064411_16472142.jpg


b0064411_16473235.jpg

壁に埋め込まれた古い棺も
b0064411_16481523.jpg


b0064411_16482496.jpg


b0064411_16483768.jpg


b0064411_16501268.jpg


b0064411_16502437.jpg


b0064411_164924.jpg


b0064411_16491513.jpg


b0064411_16504549.jpg


b0064411_1651276.jpg


b0064411_16511383.jpg


b0064411_16512477.jpg


b0064411_16513617.jpg


b0064411_16514386.jpg


ファーマシーロイヤルアカデミーのあるホールの内部
b0064411_16522640.jpg


b0064411_16525494.jpg


b0064411_16531922.jpg


b0064411_16535167.jpg


b0064411_16541555.jpg


b0064411_17155316.jpg


こちらの鉄の門をくぐって
b0064411_17144188.jpg

旧Hospital Clinicの散歩はおしまい
b0064411_17152191.jpg


長々と書いてきましたが、最後まで見てくださってありがとう。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2009-04-26 17:16 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(7)
カタルーニャ図書館の資料展示室、つづく部屋には古いタペストリーがかかっていて、ガラスケースにいろいろな展示物がありましたが、私の目を惹いたのはこちらの2客のイスと壁のタイル
b0064411_1684325.jpg

ここには、1450年から1510年の間に作られた世界地図がかかっていました。暗くて写真が撮れなかったのが残念。

つぎの部屋は長い廊下のようなところで、古い棚にずらりと目録のカードが入った箱が収納されています。
b0064411_16152387.jpg


b0064411_16154455.jpg


b0064411_161688.jpg

古めかしいどっしりとした本棚には、古い地球儀も
b0064411_16162395.jpg


この広々した書斎はSala Cervantinaと呼ばれ、この図書館の一番貴重な本が置かれています。
b0064411_16195285.jpg


b0064411_16204535.jpg

後から説明を読んで、初めてわかって、残念!と思ったのですが、この本棚に並んでいるのは
セルバンテスの初本! それも21ヶ国語のものがあるそうです。
b0064411_1621578.jpg


立派なじゅうたんでした
b0064411_1623615.jpg


出口のある最後の広いホールでは、ちょうどピアノ演奏をやっていて、終わったところ。
b0064411_16242026.jpg


More
by gyuopera | 2009-04-26 16:39 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)
カタルーニャ図書館の展示室、こちらはsala del Via Crucisという、タイルの装飾と、Ramon Llullのレタブローのある素敵な17世紀の部屋で、Frederic Mareの収集した本のミュージアムになっています。
b0064411_8154733.jpg


b0064411_816857.jpg


b0064411_8162335.jpg


b0064411_8172333.jpg


b0064411_8173640.jpg


銅版画を印刷するプレス機
b0064411_819840.jpg


銅版
b0064411_819334.jpg


古いポスター(?)
b0064411_8201565.jpg


展示してある本は1500点ほどで、いちばん古いものは1000年前のもの。11世紀からの羊皮紙に書かれたものが136枚。

b0064411_8274989.jpg


b0064411_828035.jpg


b0064411_8281135.jpg


b0064411_8282971.jpg


グレゴリオ1世のディアログ、1492年11月13日
b0064411_8294257.jpg


15世記の楽譜
b0064411_8302586.jpg


Johann Gans家の家系図。17世紀のもの
b0064411_8314350.jpg


1495年、鐘
b0064411_8363091.jpg


1515年、Francesco Petrarca (ペトラルカ)
左のページの赤いハンコはMareさんの所有をあらわす
b0064411_8373821.jpg


1743年、イソップ童話
b0064411_8385913.jpg


1518年、Jaume Callis
b0064411_839556.jpg


1588年、Orfeo Vecchiの楽譜
b0064411_8411291.jpg


1601年、Girolamo Mercuriale
b0064411_842336.jpg


1700年、Francesc Vicent Garcia(17世紀の詩人)
b0064411_8423976.jpg


1706年、バルセロナの宮廷
b0064411_847472.jpg


b0064411_8482063.jpg


b0064411_164299.jpg



20世紀初頭の美しい装丁の本

b0064411_1624086.jpg


b0064411_1632778.jpg


b0064411_1641446.jpg


b0064411_1644723.jpg


b0064411_165866.jpg


その中の一冊を見て、驚きました。
b0064411_1654238.jpg

シラーのレリーフのついたこの本、私が以前蚤の市で見つけたものと同じもの。すぐ売れてしまいましたけれどね。

つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2009-04-26 16:09 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)
図書館の受付のすぐ横には、スペインの作曲家Albeniz(1860-1909)の展示がありました。

b0064411_7255498.jpg


b0064411_7265131.jpg


b0064411_727251.jpg


b0064411_7271216.jpg


b0064411_7272344.jpg


そしてこちらの棚にずらりと入っているのは
b0064411_728418.jpg

シリンダー式蓄音機の録音のシリンダー。19世紀後半から20世紀初頭の録音のもの
b0064411_7334844.jpg


20世紀初頭の目録
b0064411_7375941.jpg


壁にステンドグラスがはめ込まれていました
b0064411_7384425.jpg

この先は、ガラスの通路(1998年完成)を渡ってゴシックの本館に入るようになっています。
ガラスの外は3600平米の庭があります
b0064411_7405778.jpg


本館
b0064411_7432412.jpg


b0064411_7452922.jpg


クローク(guardaropa)の表示。1638年と年号が入っています。
b0064411_7471213.jpg


b0064411_7472977.jpg


b0064411_7474957.jpg


b0064411_749085.jpg


b0064411_749438.jpg


b0064411_750029.jpg


b0064411_7501895.jpg


その先には
by gyuopera | 2009-04-26 07:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

国立カタルーニャ図書館

ランブラス通りから Hospital通りに入って56番地、右手に、古い建物があります。

b0064411_5453155.jpg

ここは、1401年に建てられた旧Hospital de la Santa Creu(聖十字架病院)の建物。設計はGuillem Abiellで、カタルーニャcivilゴシックの代表的な建物です。
 ここは1925,6年までで病院として使われていましたが、市民戦争の時図書館となり、現在は、カタルーニャ図書館とMassanaという美術学校、及び Royal academy of Farmacyが入っています。

b0064411_5531821.jpg


この門をくぐって入ってみましょう。
b0064411_5491982.jpg


門の柱にも紋章が
b0064411_5522747.jpg


b0064411_5524443.jpg


その扉も見る価値が十分あります。
b0064411_5541128.jpg


b0064411_5542377.jpg


b0064411_5543538.jpg


b0064411_5544841.jpg


中は広々としたパティオになっています。
b0064411_64473.jpg


こちらがカタルーニャ図書館の入り口。

b0064411_67830.jpg

カタルーニャのパトロン、サン・ジョルディの日は、ここが一般市民が自由に見学できるのです。

b0064411_672320.jpg


b0064411_6345117.jpg

私も今回初めて入りました。

b0064411_681898.jpg


入ってみましょう。
by gyuopera | 2009-04-24 05:55 | 建物 edificio | Comments(7)

区役所までの道

夫に頼まれた書類を取りに、区役所まで行きました。

家を出て、ディアゴナル大通りを渡ると、La Caixaの本店があります。

でも、何だか様子が違う。

見慣れた風景はこうでした。

b0064411_3212557.jpg


b0064411_3215975.jpg


でも、水不足で噴水を止められてから長い時間がたっていました。で、今は

b0064411_3225267.jpg


噴水の池には芝生や植木が入り、グリーン帯にしてしまっていました。

b0064411_323222.jpg

なんだかちょっと残念。でも水のない噴水ほどみっともないものはないですから、仕方ないですね。

そのあたりはとてもいい香りでいっぱい。

それもそのはず、

b0064411_3252572.jpg


そのあたりの並木はオレンジの木で、今ちょうど花が咲き始めたところ

b0064411_3255933.jpg


オレンジの花はAzaharと言って香水になるくらいですから、それはいい香りです。

b0064411_3263780.jpg



飼い主がコーヒーを飲んでいる間、ワン君たちはおとなしく待っている、こんな風景も。

b0064411_3273349.jpg


市役所は1884年の建物

b0064411_3282689.jpg

必要書類をもらいましたが、もちろん無料

明日はサン・ジョルディのお祭り。こんなポスターが。

b0064411_3305168.jpg



帰りはちょっと遠回りして、例の食器屋さんを覗く

この前来た時とまた置いてあるものが違っています。

やっぱり、買ってしまった・・・

b0064411_3345083.jpg


このマグカップ、たっぷりと大きくて、とっても気に入りました。 それで、大きなカップが欲しいと言っていた息子に、誕生日のプレゼントとしてあげることに。

b0064411_3361782.jpg


帰宅した息子に、

「誕生日のプレゼントよ」

息子は大ぶりのカップを気に入ってくれたようで、さっそくたっぷりとミルクティを注ぎました。

「それ、ウエッジウッドよ」

「なにそれ」

がっくり。大学時代3年もイギリスに住んでいながら、ウエッジウッドって、聞いたことなかったんですよ。

ま、いいでしょう。要は気に入ればいいんだから。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2009-04-23 03:38 | 日々のこと cotidiana | Comments(10)
Jordi Savall はカタルーニャの誇る古楽の指揮者。 作曲家でもあり、素晴らしいビオラ・ダ・ガンバ奏者でもあります。中世・ルネッサンス・バロック音楽に関しては、ここでは第一人者。

b0064411_15124886.jpg


バルセロナでは今、第32回古楽フェスティバルが始まっていて、行きたいコンサートが目白押し。

昨夜は彼が指揮するグループ、Le Concert des Nationsのコンサートで、題して 「バロックコンチェルタントのオーケストラダイアローグ」のタイトルのもとに、ヘンデルの曲ばかりを演奏しました。

L'Auditori は カタルーニャ音楽堂とは全く異なる、素晴らしい音響の新しいコンサートホールです。
4200平米の建物の中に、3つのコンサートホールがあり、昨夜は2200人収容の大ホールでのコンサートでした。

b0064411_15142924.jpg

大ホールでも、どこに座ってもステージが近くに見える、素晴らしいホール。
私は楽器を引いているところをよく見たくて、さらに一番前の席を取りました。

コンサートは本当に素晴らしく、20人ほどの小さなオーケストラでも、感動の連続。やっぱりこういう音楽でも生で聞くと違いますね! 私のオーケストラで演奏した曲もありましたから、とても興味深くて、こんな音が出せたらとしきりに思ったものです。

それにしてもコンサートはオペラに比べたら安い! 25ユーロでこんなに素晴らしい音楽が楽しめるなんて、もっと行かなくては、と思いました。 オペラは、私が普通買っている、上から3番目くらいの値段のところでも100ユーロ以上しますからね…

Jordi Savallがリセウ劇場でモンテヴェルディの「オルフェオ」を指揮した時の映像です。



彼の演奏するビオラ・ダ・ガンバを聞きたい方はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=3T8Z3GIpxx0






この髭のパーカッショニスト、昨夜も演奏してました。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2009-04-22 15:13 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera