<   2008年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

モンジュイックにはたくさんの公園があるけれど、このMonssen Cinto Verdaguer公園は比較的知られていないかもしれません。ここはスイレンで有名なんです。

初めて来たのは、ガーデニングのクラスに行っていた時。もう17年も前になるでしょうか。
その時はとても素敵で、感激でした。

2度目に行ったら、公園は荒れ果て、かなりがっかりして帰ったものです。

2006年ころまた大幅に手入れをしたと書いてあったので、行ってみることにしました。
モンジュイックのフニクラのすぐ後ろなのです。

朝10時半頃だと、人もほとんどみかけません。

b0064411_19123778.jpg


蔦の階段
b0064411_1913969.jpg

さわやか!
b0064411_19132431.jpg


ああ、でもやっぱり・・・! 池には水が無く、水周りの景色は台無し。
悲しい。
この橋の下が、きれいな池だったのです。
b0064411_19151096.jpg


でも、蓮池にはさすが水が満たしてありました。
b0064411_19161361.jpg


b0064411_1915539.jpg


こんな風に、段々畑のように何段にもなって小さな池が40個あまりあるのです。
b0064411_19171826.jpg


でも・・・今は花の時期を過ぎているので、葉っぱばかり
b0064411_19175466.jpg


それに、以前は上の池から下の池にとだんだんに水が流れ落ちていたのです。それは涼しげで素敵だったのですが、今は水は止まったまま。 カエルがたくさんいて、近付くとどぼんどぼんと飛び込みました。

b0064411_19194656.jpg


これ、メダカかな!?
b0064411_19201289.jpg



b0064411_1921110.jpg


花が咲いていました!
b0064411_19212933.jpg


b0064411_19214671.jpg


b0064411_19221091.jpg


b0064411_19224348.jpg


b0064411_19225816.jpg


b0064411_192313100.jpg


b0064411_1923296.jpg


b0064411_19234160.jpg


来た甲斐がありました。

帰りのフニクラ、乗っていたのは私一人でした。

もう夏も終わりですね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-30 19:25 | 花・植物 plantas | Comments(4)
モンジュイックのケーブルカーに乗って、中継地点の展望台で降りてみました。
そこらじゅう工事中で、あまり散策できなかったのですが、展望台の足元を見てびっくり。
とても素敵な石畳だったのです。これは1929年に作られたものでしょうね。

b0064411_18483754.jpg


b0064411_18484967.jpg


b0064411_1849039.jpg


b0064411_18491359.jpg


b0064411_18492491.jpg


b0064411_18493660.jpg


b0064411_18495467.jpg


b0064411_1850967.jpg


これは扇ですね
b0064411_18502668.jpg


クリムトを思い出します
b0064411_1851726.jpg


b0064411_18512316.jpg


b0064411_18514835.jpg


b0064411_1852233.jpg


b0064411_1852156.jpg


b0064411_18522915.jpg


b0064411_18524288.jpg


思いがけず楽しんでしまいました。


 * おしらせ *

今日、シソの葉(大葉)を大量にいただきました。とても食べ切れないので、欲しい方に差し上げます!!  地下鉄Maria Cristinaの近くです。 9月7日までに取りに来ていただける方、ご連絡ください。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-30 18:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(16)
私はよくバルビドレラに行くので、そちらのフニクラは何度もこのブログで書いたことがあります。
モンジュイックにもやっぱりフニクラがあって、実は昨日初めて乗ったんです。

車両もバルビドレラの3倍の大きさで、2車両。立派!
b0064411_188123.jpg


トンネルをいくつか抜けて、モンジュイックに到着
b0064411_18114272.jpg


駅はこんな建物です。修復されてきれいになっていました。
b0064411_18111249.jpg


上を見ると、ケーブルカーの乗り場がある

b0064411_18125790.jpg


昔のケーブルカーじゃなくて、新しいし、乗ってみようかなぁ・・・
b0064411_18141519.jpg


ところが料金を見てびっくり。往復1300円くらいするのですよ。ま、もう乗ることもないだろうし、試してみよう!

ケーブルカーは次から次に来るので、ドアが開いているときさっと乗ります。結構すいてる。お値段でみんなひるんじゃうんじゃないかな。

さて、乗りました! 出発!
b0064411_18164016.jpg


わぁ、いい気持!
b0064411_18173988.jpg


b0064411_181828.jpg


サグラダ・ファミリアも、アグバールビルも見える!
b0064411_18185231.jpg


b0064411_182057.jpg


バルセロナ湊がよく見えます
b0064411_18192995.jpg


b0064411_1821113.jpg


b0064411_18211612.jpg


中継地点「展望台」で、急カーブ。モンジュイック城に向かいます。
b0064411_18402550.jpg


お城は興味がないので、パスしてそのまま戻り、
b0064411_18411793.jpg


中継地点のMiramar(展望台)で降りてみました。

ちょうど工事中で、あちこち立ち入り禁止になっているんです。それでも、展望台からの眺めは悪くない
b0064411_18262347.jpg


b0064411_18264123.jpg


大きな船が停泊しています。
b0064411_18272452.jpg


モンジュイックにはものすごくいろんなものがあって、いっぱいかと思っていたけれど、まだ空地もあるんだ
b0064411_1828214.jpg


さて、また帰りのケーブルカーに乗ります。
b0064411_18283898.jpg


♪  ♪  ♪
b0064411_1829768.jpg


フニクラの駅に貼ってあったポスター。 この中の建築家の、何人を知っていますか?
b0064411_1830664.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-30 18:30 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

サンツ地区のお祭り

夏のお祭りはグラシアが有名だけれど、サンツ地区でもお祭りがあって、がんばっています。

b0064411_17391530.jpg


b0064411_17394059.jpg


b0064411_17395710.jpg


ここも日本趣味かな?
b0064411_17402922.jpg


b0064411_17443179.jpg


怪しげな石庭もあります。
b0064411_17444812.jpg


でも行った時間が午後3時。ちょうどお昼の時間だったんですね。シーンとして誰もいませんでした。

仕方ないので、一生懸命建物ウォッチング。歩いて来れるほど近いのだけれど、あまりこのあたり来たことがないんです。

b0064411_17514089.jpg


幼稚園
b0064411_17515991.jpg


この色のドア、好き
b0064411_17522623.jpg


b0064411_17524280.jpg


b0064411_1753183.jpg


b0064411_17533156.jpg


b0064411_17535042.jpg


b0064411_17541225.jpg


b0064411_17543260.jpg


この門の中には長屋が続いています。
b0064411_17545531.jpg


昔労働者たちを住まわせたところです。
b0064411_17555041.jpg

ここはまだきれいですが、この地区にはこういう感じの家がとてもたくさんあります。

「テアトロ・アポロ」 これ、仮設劇場でしょうか?
b0064411_17572695.jpg


ちょっとがっかりして・・・ 帰ろうとしたら、「本場メキシコ料理」とうたったシャビーなレストランを見つけたので、懐かしくて入ってみました。グァカモーレとタコスを注文。 まずかった・・・。 どこが本場・・・!

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-30 17:59 | イベント、お祭り fiesta | Comments(10)

Yokoさんのピアノを聴く

スペイン音楽のピアニストYukineさんのお弟子さんでもあり、アリシア デ ラローチャとカルメン ブラボ デ モンポウに師事したYokoさんのピアノ演奏を聞かせてもらう機会がありました。

今ではスペイン国内、国外と演奏活動をなさっている方ですが、同じ音楽という分野でも、ピアノのことはさっぱりわからない私は、お恥ずかしいことに、スペインの作曲家のピアノ曲さえたくさんは知りません。

それを、YukineさんとYokoさんのご厚意で、いつも練習所にしている教会で聞かせてもらうことになりました。

b0064411_2159100.jpg


b0064411_2153569.jpg


「これ、Yamahaなんですけれど、古いし音がピンピンしているんです・・・」

ということだったのですが、演奏を始めると、息をのんでしまいました。

b0064411_2172434.jpg


あのほっそりした体のどこにそんなエネルギーがあるかと思うほど、力強い音がほとばしり出てくるのです。

今度ウクライナでコンサートをするということで、その曲目から演奏したのですが、私の知っている限りのスペイン作曲家のピアノ曲の中にはない大胆なすごい曲ばかり・・・

初めがFallaの「アンダルシア幻想曲」。

躍動感に満ちた曲で、今まででいろいろ聞いたことがあるピアノ曲とはどれとも違って、とにかく圧倒されてしまいました。 こんなすごい曲があったんだ・・・!!

ため息…でした。

それからMompouのCancion de danza, AlvenizのSevillaの聖体祭、GranadosのAllegro de concierto, Fallaの火祭りの踊り・・・・

さすが最後の曲は耳にしたことがあったけれど、すっかりスペインのピアノ曲を見直してしまいました。

私はピアノ曲について、何の評も下すことはできませんが、本当に感性豊かに弾かれているのだということだけは感じることができました。

彼女のHPはこちら  http://www.yokosuzukipiano.com/

ページを開けると、彼女の演奏が聴けます。
CDも発売になっているそうです。

今回も去年に引き続き、Mas i Masの夏のコンサートで弾いていらっしゃったのですが、残念ながらいけませんでした。 来年やったらきっと・・・!

自分のレベルと比べると、溜息…ため息…ため息・・・の演奏でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-30 06:53 | Comments(6)
Mas i Mas財団の主催する「30分の音楽」は、普段はTrafargar通りにある小ホールでコンサートがあり、一回30分、30分、午後7時、8時、9時の3回演奏されます。

夏の間は場所を移して、カサ・ミラの小ホール(ほかにもテアトロ・グレックとか)でコンサートが催されますが、100人限定。

b0064411_2092738.jpg


昨夜はギター伴奏によるソプラノのPatricia Rojasのリサイタルでした。 
スペイン曲の有名なピアニストYukineさんに誘われて一緒に行きました。

カサ・ミラの地下には、結構大きなコンサートホールがあるのですが、今回は一階の小ホール。外から見るとこんな風です。

b0064411_2012280.jpg


b0064411_20122235.jpg


ホールに入ると、天井はやっぱりガウディらしく
b0064411_20135144.jpg


ふうぅぅん
b0064411_20142149.jpg


へぇぇぇ・・・
b0064411_20144639.jpg


さすがガウディ・・・
b0064411_20154161.jpg


なんて感心してみてしまいました。
b0064411_20161647.jpg


Patricia Rojasの声はよく通る素敵な声。今回の演奏曲目はCançons de carrerと題して、

Cançons de carrer: Clavell del balcó • L’oreneta • Abril / J. Serrano La canción del Olvido / Popular Catalana El testament d’Amèlia / Sergio Vicente Reflexión / Manuel de Falla Canciones Populares Españolas: El paño moruno • Asturiana • Canción • Nana • Polo

私の大好きなFallaのスペイン民謡が入っていたので、とても期待していました。

b0064411_20232264.jpg

ギターはFallaになるとはじめちょっと聞き苦しくなったのですが、最後のPoloはすごく良くて、彼女ものっていて素敵でした。

本当に期待通りの素敵な歌唱で、声もちょっとMaria Bayoに似ていて、楽しめました。
b0064411_20251515.jpg


そのあとはMallorca通りのピンチョスのタパス・バルへ。
b0064411_2026742.jpg

ピンチョス6個に生ビールで12ユーロ。おなかいっぱい。

もうちょっとお話しましょう、と、今度はMajesticホテルのバルに入りました。

b0064411_20333988.jpg


Yukineさんはスペイン音楽専門のピアニストとしてはきっと日本では第一人者、レコーディングもなさり、著書もあり、全国に講演会をして回ったりと第一線で活躍なさっている方ですが、とても気さくで素敵な方。それに本当にお美しい! 

夜遅くまで話し込んでしまいました。
b0064411_20351746.jpg


暖かいレモン入りのカモミールティーを飲みながら・・・
b0064411_20355471.jpg


素敵な夜でした。

Patricia Rojasの歌を聴きたい方はこちら

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-29 20:37 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

友人の結婚式

Berlinに住むトルスタンとライナーはオペラ友達です。彼らとは、友人のオペラ歌手、アライサを通じて友達になり、ベルリンの自宅にも招待されたことがあります。
とてもクラッシックなアパートで、20世紀初頭の雰囲気そのままでした。

トルスタンは小柄で、あまり話さないけれど、とても熱心に手紙を書いてくれます。ライナーはのっぽさんで、饒舌で愉快な人。でもみんなで写真を撮るときなどはさっとカメラを取って交替してくれる(だいたいいつも私が撮る役でしたから)、そんな気遣いをしてくれる。 彼らの家に行ったとき、あとお皿洗いをしていたのはライナーのほうでした。

私がテーブルクロスにジャムをたらしてしまったら、

「あっ・・・」

と言いながら、そのクロスに落ちたジャムに口をつけて吸って取ってしまいました。
でも、次にはライナー自身もぼったりたらしてしまい、

「あーあ、やっぱり洗濯しなくちゃなぁ」

なんて言うので、洗濯アイロンはライナーの役目かな?なんて思ったものです。

今でもメールをやり取りしているのだけれど、この間小荷物を送ったら、郵便局から電話がかかってきて、トルスタンの電話番号を聞いてきました。 どうしたのかな?と不審に思っていたら、2日後にトルスタンからメールが来て、

「実はボク姓が変わったんですよ。それで電話番号のおかげで荷物を受け取ることができました」

という文面。 え?姓が変わるって?と読み進んでいったら、

「実はこのたび、ライナーと結婚して、ライナーの姓を名乗ることにしたので」


私はこのメールを見てかなりびっくりしました。二人がかなり長いこと一緒に住んでいるのは知っていたけれど、もうじき50歳に手が届こうという年齢。

ヨーロッパではかなり男同士のカップルが増えています。男性同士の結婚が一番はじめに合法化されたのはバルセロナだということですが、今やどこでも普通になっているようです。

いろんなカップルもあると思うのですが、友人の彼らは全く普通で、まじめですごくいい人たちなんです。もちろん、どちらかが女っぽい感じとかは全くしない。

写真をおねだりしたら、何枚も送ってくれました。 それを見て、なんだか感動して涙が出てしまったんです。

まずここで登録。市役所の戸籍課。

b0064411_7535719.jpg


新郎新郎とお母様ともう一人は立会人
b0064411_7555891.jpg


リングの交換
b0064411_7593274.jpg


披露宴の会場のレストラン
b0064411_803256.jpg


b0064411_81714.jpg


披露宴で
b0064411_821690.jpg



幸せそうな二人。心の隅ではどこかまだ完全に理解できない部分が残っているけれど、彼らを見ていると、死ぬまで仲良く暮らしてゆくんだろうな、という感じがして、なんだかほほえましいのです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-29 08:09 | Comments(8)

バルセロナの植物園

バルセロナの植物園は、2003年に、モンジュイックの丘のオリンピック競技場の裏手に新たに建設されました。 広さは14ヘクタールという広さ。受付で、2時間くらいかかりますよ、といわれました。

b0064411_8192230.jpg


眼下にパラウ・サン・ジョルディが見えます。
b0064411_8253288.jpg


ざっと地域別に、「南アフリカ」「オーストラリア」「チリ」「地中海」に分かれていますが、夏は花はほとんどなく、枯れてしまっているものもたくさんありました。
b0064411_8272843.jpg


b0064411_8274610.jpg


b0064411_8282925.jpg


b0064411_8293847.jpg


b0064411_830919.jpg


b0064411_8433535.jpg


b0064411_84355100.jpg


この花(?)がとても面白い
b0064411_8443555.jpg


b0064411_8445661.jpg


b0064411_845158.jpg


上のほうに見えるのは、植物研究所です。
b0064411_8304233.jpg


b0064411_8321930.jpg


内部にはMuseo Salvadorがあって、16世紀からの、80万種の植物のコレクションがあるほか、16世紀から18世紀の薬草の資料が保存されていて、これは世界でもかなり貴重なものだということです。また、ここで現在も押し花を作ったり、さまざまな研究がされているそうです。

b0064411_905067.jpg


この研究所の内容のビデオ。押し花のやり方とか、18世紀の棚に収められている資料など
(棚自体もなかなか素敵なものです)
   
   http://video.google.es/videoplay?docid=9066865241050396507&hl=es


日差しの強い日でしたから、この木の下で休みました。
b0064411_829418.jpg


b0064411_8292169.jpg


b0064411_8462698.jpg


入口近くに池があります。
b0064411_846868.jpg


b0064411_84645100.jpg


b0064411_847579.jpg


b0064411_8472089.jpg


b0064411_8492923.jpg


b0064411_8494823.jpg


植物園の入口の近くに、「羊毛の木」Arbol de lana がありました。
b0064411_851548.jpg


b0064411_8512862.jpg


春はきっとお花がいっぱいできれいだと思います。


 この植物園関連のビデオです。

 植物園の紹介 http://video.google.es/videoplay?docid=-323714934313608181&hl=es

 植物園に咲く花の色http://video.google.es/videoplay?
docid=6001285517765701753


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-27 23:35 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

Rogent通り

バレンシア通りをまっすぐ東に進み、めりディアナ通りにぶつかる前に、Rogent通りという南北に走る通りがあります。

この道を歩いてみようかと思ったのは、両側が並木で、車が通らないようになっていて、ベンチやカフェがあって、遠くから見たらとても素敵に見えたのです。
近所の人たちが、通りのベンチに座っておしゃべりしています。
車が入ってこない通りって、居心地がいいからみんな集まってくるんでしょうね。

b0064411_814360.jpg


面白いのは、建物の入り口のドアがみんないやに細長い
b0064411_822750.jpg


幅が60cmくらいしかない
b0064411_824285.jpg

大きな荷物や家具なんか運び込むとき、どうするのかなぁ。

その通りにある古い建物

b0064411_841027.jpg


b0064411_844214.jpg


今はInstitut Joan Manuel Zafraになっているのですが、これが1911年に建てられたモデルニスタの建物。 設計Pere Falqués & Antoni Falguera。

b0064411_871321.jpg


この電気がいい感じ
b0064411_881278.jpg


バルセロナの代表的な建物のリストで、写真は見ていたけれど、ここにあったとは・・・
うれしくなっちゃいました。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-27 08:15 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

モンジュイックの散歩

スペイン広場から、カタルーニャ美術館に向かって歩くと、モンジュイックの丘に入ります。
b0064411_755651.jpg

うまい具合にあちこちにエスカレーターがあって、苦労して階段を昇ってゆくこともなく、すいすいと上に行くことができます。

カタルーニャ美術館の横を左に曲がってエスカレーターを登ると、ひっそりとアルベニス宮が建っています。
b0064411_78723.jpg

ここは一般公開されていないのですが、写真を見るととても素敵な宮殿のようです。
せめて門の外から眺めて・・・

b0064411_711939.jpg

残念だけれど、噴水に水はありません。水不足以来、バルセロナ中の噴水は皆止めてあるのです。

カタルーニャ美術館も裏から見るとこんな感じ
b0064411_7115553.jpg

こちらは裏門かな?
b0064411_7122511.jpg


またエスカレーターに乗って上まで行くと、オリンピック競技場があります。
b0064411_713530.jpg

バルセロナオリンピック、もう16年も前になるのですね。

この競技場の裏側に、大きな植物園があります。そのことはこの次に書くとして・・・

このあたりから下まで、たくさんの泉水のある美しい庭園が続いています。 緑いっぱいで気持ちがいい。

ここを下りて行きますと、
b0064411_7161541.jpg


b0064411_7254698.jpg


門の上に猫の絵が
b0064411_7261319.jpg


門を入るとタイル張りの壁があり
b0064411_7265024.jpg


Font de gato(ネコの泉)と呼ばれる泉水があります。
b0064411_7275976.jpg


あまり素敵でもないのですが・・・
b0064411_7294080.jpg

だいたい水が出ていない。左のボタンを押すと、何秒間か水が出る・・・なんか、さびしい。

泉のある広場にはちょっと素敵な建物
b0064411_7322914.jpg

レストラン「ネコの泉」は今夏休み中。
b0064411_733843.jpg

ネコの看板が
b0064411_7334497.jpg


さらに下ってゆくと、いくつも泉水があります。
b0064411_7341498.jpg


b0064411_7345456.jpg


b0064411_7371852.jpg


怖い顔
b0064411_7375497.jpg


b0064411_738296.jpg


残念ながら、どこも水がありません。
b0064411_73972.jpg


下ってゆくと警察署がありました。
b0064411_7394267.jpg


なかなか面白い建物です。19世紀末~20世紀初頭でしょうね。
b0064411_7401481.jpg


モンジュイックは、まだまだ知らないところがあるので、また日を改めて行こう!

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
by gyuopera | 2008-08-25 07:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera