<   2007年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

オペラ Cenerentola

今年最後のオペラ、ロッシーニのチェネレントラを見に行きました。

b0064411_7171014.jpg


今、ちょうどリセウ劇場の中で、マリア・カラスのステージで使われた宝石の展示会をやっています。オペラで使われたものは、遠くから見るだけだからたいしたことは無いと思ったら大間違いで、どれも大変手の込んだ、見事なものばかりでびっくりしました。オペラって本当にお金をかけるものなのですね!
b0064411_7194221.jpg


さて、ロッシーニのチェネレントラは、ご存知でない方はいないと思いますが、いわゆるシンデレラのお話を、ロッシーニの時代に置き換えたもの。 継母でなく継父になり、ガラスの靴でなく腕輪になります。
今回は、今話題のテノール、Juan Diego Floresがプリンスを歌うので話題になっています。

今回は、演出も、いかにもメルヘンチックにして、それで話題を呼んでいましたので、会場にはお子様連れもかなり見かけました。


舞台はシンプルで、まったく同じ部屋が落ちぶれた貧しい男爵家にもなり、プリンスのお城にもなるのです。
舞台写真は、リセウのHPからお借りしたものです。


幕が開くと、下着姿の義姉達が、アンジェリーナ(チェネレントラ)をいじめています。
大ネズミが6匹、ごそごそしていてとても面白い。

b0064411_738713.jpg


そこに、杖をついたよぼよぼの物乞いが来て、食べ物を請いますが、義姉たちは怒って追い出そうとし、アンジェリーナは彼にこっそり食べ物を与えます。


急にどやどやとお城の側近の団体が現れ、これからプリンスがやってきて、お城に舞踏会の招待をすると告げに来ます。

落ちぶれ貴族の義父ドン・マニフィコ男爵が起きてきて、見たばかりの素晴らしい夢の話をします。ダンディーニ役はCarlos Chausson, さすがの歌唱です。
b0064411_749440.jpg


みんなが引っ込んでしまうと、プリンスの世話役に扮したプリンス自身がやってきて、アンジェリーナとばったり、二人はひと目で恋に落ちてしまいます。
なぜこんな落ちぶれた貴族の家に来たのかといいますと、実は先ほどの物乞いがプリンスの先生である学者のアリードロで、この家にプリンスの奥様になる女性がいると予言したからなのです。
そこにプリンスと側近の一団が到着。お城のダンスパーティの招待状を持ってきます。
b0064411_753483.jpg


楽しい場面のビデオは、ミラノスカラ座、ポネル演出のもの
http://jp.youtube.com/watch?v=qiz0J99CaBQ

プリンスに扮しているのがプリンスの世話役のダンディーニ。Fabio Capitanucci. 適役です。あー、でもジーノ・キリコのダンディーニが懐かしい!!
そうとは知らない二人の義姉たちは、さかんに愛嬌を振りまきます。


アンジェリーナは、義父に、1時間でも、15分でも良いからお城に連れて行ってと頼みますが、男爵は怒って打とうとします。助けに現れたプリンスとダンディーニも、結局はアンジェリーナを置いてお城に行かざるをえなくなり、泣いているアンジェリーナを物乞いに扮したアリードロ博士が慰め、正体を明かして、お城にいかせてあげるのです。ネズミたちが、かわいいコモードのような乗り物を持ってきてアンジェリーナを乗せ、お城に出発します。
暖炉の上の棚が上までずっと上がって、お城の入り口になります。

お城は同じ場面をライトだけで雰囲気を変えたもので、上からシャンデリアでも下げたら、もっとそれらしくなるのにな~なんて思ってしまいました。


これはお城の場面、プリンスに扮したダンディーニが、

「あの二人姉妹は虚栄の塊」とささやく ”Zitto zitto, piano piano" は、短いけれど私の大好きなデュエット。でも、かなり早口なので難しいらしい。いろいろなバーションで見ても、この場面をうまく楽しく歌っているのは意外と少ないのです。今回もあまり素敵じゃなかったな~。
b0064411_9403324.jpg


そこに、アンジェリーナが美しく変身して登場!
b0064411_8314522.jpg


ここで晩餐会が開かれます。
b0064411_9431766.jpg

ネズミちゃんがかわいい。

この部分のビデオも面白いですよ。スカラ座のもの。

http://jp.youtube.com/watch?v=WJjsWplxqt8&feature=related


アンジェリーナが偽プリンスに求愛されても、彼女は彼の世話役に恋をしていると、偽プリンスの愛をはねつけます。
喜んだ本物のプリンスが、彼女に近寄ると、彼女は腕輪をはずして、探してください、と消えてしまいます。

ここで歌われるプリンスの、Si, ritrovarla, io giuroは、高音が続けて出てくる大変なアリア。
各テノールを比べると面白い。

Ramon Vargas
http://jp.youtube.com/watch?v=EdYaKqr8NTY
Juan Diego Flores
http://jp.youtube.com/watch?v=7S_xEc_S9OI
Francisco Araiza
http://jp.youtube.com/watch?v=lfz0Y2CXvQQ

私は断然Araizaが好きですね。リセウのは、私が見た日はBarry Banksと言うテノールで、一生懸命だったけれど、演技もまだまだのようでした。


プリンスが嵐の中を馬車を飛ばして探しに行くシーンは、今回の演出では、ネズミたちが小さな馬車を動かしてゆく影絵になっていますが、これはちょっとさびしかった!
b0064411_8534347.jpg


ザルツブルグのこれが一番素敵だと思います。
http://jp.youtube.com/watch?v=V_xQ7nvhq_Iこれは幕が上がったとき、拍手が沸き起こりました。


プリンスが男爵の家で腕輪をはめたアンジェリーナを見つけ出した時歌われる
Cuesto e un nodo awiluppatoは、巻き舌を多用した音が沢山出てくると手も面白い6重唱。

リセウの演出では、ちょっと物足りなかったんだけれど、ポネル演出のはシルエットが面白い

http://jp.youtube.com/watch?v=NB14yuKef1s&feature=related

王子との結婚式で、アンジェリーナが前と同じチェネレントラの服のままに、ティアラだけつけています。長い素晴らしいアリアを歌ったあと、お城は消え、アンジェリーナはまたもとの男爵家で掃除をしているところで幕が下ります。夢だったのですね。


映像をいろいろごちゃごちゃ混ぜて申し訳ありませんが・・・ ロッシーニのオペラはテンポが命。それに付いていけないと、楽しさ半減ですね。

今回アンジェリーナを歌った Silvia Tro Santafeは、アグネス・バルツァのアンジェリーナを思い出す歌唱で、とても素晴らしかったです。 意地悪義姉妹の二人もとても好演していました。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-30 07:45 | オペラ、コンサート musica | Comments(18)

久しぶりに、手作り


どこかのインテリアショップで見かけた、箪笥に入れる虫除けの小さなクッション。
ベージュのサテンの布でフリルが周りに付いた小さな袋の中にラベンダーが入っていました。

ラベンダーは虫除けになりますから、洋服ダンスなどに入れるのにも使います。
かわいい虫除けサシェ、私もやれば出来るかな、と、手持ちのものをいろいろ出してみました。

フリルをつけるのは面倒くさそう。簡単に巾着型にしちゃおう。効能は同じですから(笑)。

リボンも沢山あったので、それを使うことに。すごく、イージー・・・


b0064411_5574889.jpg


もうちょっと凝った飾りをつけようかなと思ったけれど、さらに面倒になって、結局こんな簡単なものに。
b0064411_559826.jpg


箪笥やクローゼットに入れるばかりでなく、枕元に置くと、夏などは蚊が近づかないとか。そして気持ちが落ち着いてよく眠れるそうです。

簡単だから作ってみませんか? ただ袋にして、口をリボンで縛るだけです(笑)。


あっと、もう一つ思いつきで作ったブローチ。 昔のビーズをただ丸い台に並べて縫いつけたもの。ビーズといっても、とても大きいものですけどね。

b0064411_2138813.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-29 21:39 | 手作り hecho a mano | Comments(13)

ワイヤーマネキン


sidoredoさんに作ってもらったワイヤーのマネキン、電気を消して、懐中電灯で照らしてみました。

b0064411_7181418.jpg



b0064411_7183683.jpg



天井に映った影が面白くて

b0064411_7192018.jpg



b0064411_7194193.jpg


b0064411_720446.jpg


ウフフ・・・ たのし~い

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-28 07:28 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(14)

夜の散歩

昨晩、Sidoredoさんのアトリエでマネキンをもらったあと、バルに入ってコーヒーを飲みました。
帰る段階になって、大きなものを持ってバスや地下鉄に乗りたくなかったので、歩くことにしました。
バルのハンサムなチャイニーズのお兄さんの説明は、どうも釈然としなかったけれど、要は北に向かって歩けば絶対にDiagonalにぶつかるはずだし、西に向かって歩けばRonda de Migにぶつかるはず。北はTibidaboのほうだから、迷うことは無いだろう、と、知らない道をどんどん歩いていきました。バルセロナはそんなに大きな町じゃないですからね。

初めて歩く道は、建物の窓や鉄格子を眺めたりするだけでもおもしろい。
目が悪い私は、角に通りの名前が書いてあるはずだけれど、よく見えない。ま、いつか着くでしょ。

きょろきょろを繰り返し、それでもどんどんまっすぐに歩いていくと、初めは薄暗かった道が、嬉しや、だんだんにぎやかになってきました。そして、あたりには大きな建物がいくつもある、かなり広い通りに出ました。


大通りにはクリスマスのイルミがきれい。
b0064411_525128.jpg


b0064411_5253418.jpg



それでもぜんぜんどこにいるのかわかりません。

しばらく大通りに沿って歩いたけれど、北に向かうだろうと思う道を進みました。


そこは人通りが少ないのだけれど、イルミだけはずーっと続いているのです。

b0064411_528764.jpg



てくてく、てくてく・・・・・




本当に長い通りでした。知らないところだから長くかかったように思えたのかしら。




やがて見えてきた建物に見覚えがありました。
b0064411_5314415.jpg


Les Corts地区の区役所・・・!
b0064411_5343589.jpg


なんだかレストランのようですね
b0064411_5351547.jpg


ここから少し行けば、もうデパートのEl Corte Ingresの裏。そうしたら我が家まですぐ。

歩き始めてから40分ほどで家に着きました。結構歩けちゃうものですね。
少しは運動不足解消になったかな?

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-28 07:24 | 散歩 paseo | Comments(4)

マネキンの完成


アーティストのSidoredoさんから電話がかかってきました。

「出来ましたよ」

実は彼女に、作品を作ってもらうようお願いしていたのです。早速彼女のアトリエに取りに行きました。

こちらでどんな風なものを作るかをお願いし、製作過程で何度も見せていただいていたので、どんな風に仕上がるかはわかっていましたが、出来上がりを見るのはどきどき。

それはこんな形のものです。

b0064411_7255318.jpg



そう、マネキン。

b0064411_7264347.jpg


普通の裁縫用のボディじゃつまらないと思い、それだけでオブジェになるようなものをお願いしていたのです。

b0064411_7274358.jpg


一応女性とわかるように胸もつけてもらいました。
b0064411_728596.jpg


写真ではボケちゃったけれど、名前も入れてくれました。
b0064411_7292212.jpg


b0064411_23262311.jpg


うふふ、早速何を着せようかなぁ
b0064411_731049.jpg


b0064411_7312480.jpg


でもしばらくはこのままで楽しみたいな。
b0064411_7321435.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-27 07:23 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(16)

クリスマスの朝の散歩

今日はクリスマス。まぶしいほどの日の光がベランダに満ちています。
b0064411_4215970.jpg


こんな日は散歩に出たくなりますね。

見てみて! 雲ひとつ無い真っ青な空
b0064411_4232776.jpg

お花で一杯のベランダもありますね。

今日はどこに行こう? とにかく山に向かって出発。

b0064411_424491.jpg


少し登っていくと、もう海が見えます。今日はけぶっていて、水平線はよく見えないけれど。
b0064411_4254729.jpg


オレネタ城址公園に入りました。ここは自然公園。今日はさすが、誰もいません。
b0064411_4264066.jpg


地面がふかふかで気持ちいい
b0064411_4343520.jpg


沢山のオリーブの木があります
b0064411_435632.jpg


剪定されてあちこち地面に横たわっていました。
b0064411_436147.jpg


ラベンダーがもう咲いています。
b0064411_4363413.jpg


公園を抜け、さらに登ってゆきます
b0064411_4375482.jpg


ちょっと秋の風景みたい
b0064411_4382892.jpg


b0064411_4384922.jpg


コルセローラのテレビ塔が見えます
b0064411_4393144.jpg


あっ、ビンの木
b0064411_4405991.jpg


この通りはビンの木の並木
b0064411_441597.jpg


たわわになった実、残念ながら届かない
b0064411_4423989.jpg


この木、門柱にちょこんと乗っているみたいで面白い
b0064411_4432271.jpg


気持ちのいい散歩でした。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-26 04:27 | 散歩 paseo | Comments(11)
今夜はクリスマス・イヴ。会社は朝8時から3時までお昼抜きで営業なので、お夕飯はお昼と一緒で早くなります。さぁ、何か考えなくちゃ!

バルセロナでは、クリスマスのディナーは25日のお昼なのですが、我が家はなんとなく、例年24日のイヴの夜。

毎年、かなりちゃんと計画的に買い物するのに、今年は冷蔵庫は一杯なのに何をメインにするかも決めてない。 クリーニングと郵便局、銀行などに行った帰りに、トリを一羽買って来ました。今日はラーチィにしよう。 ラーチィというのは、蒸してから揚げる中華料理で、パナマにいたとき中国人に習ったものです。

お料理に取り掛かる前に、恒例の、ポルテロ(守衛)さんたちに上げるプレゼントを用意。
b0064411_3192558.jpg

ワインやカバ、チョコレートやトゥロンなどを綺麗に包装して6人分用意。うちのポルテロさんは24時間いて3交代だから3人、臨時のポルテロさんと、メンテナンスの人と、ゴミを集めに来てくれる人の分とで、合計6人。
b0064411_3201883.jpg

中身はあまりたいしたものではないので、ちょっとパッケージでごまかして(笑)。

さて、トリの準備です。中華風ですから、当然ショウガとネギで味付け。
b0064411_323129.jpg


ショウガとネギのスライス、塩とお酒をふりかけ1時間置きます。
b0064411_3233957.jpg


これを25分くらい、中華なべで蒸します。 蒸したら、冷まして、よく水分を切っておきます。
b0064411_324882.jpg


それをたっぷりの油で2度揚げ
b0064411_32563.jpg

初め、じゃんじゃんと油がこぼれるので、心配してしまいました。

このくらいの色になるまで、カラッと揚げます
b0064411_3255217.jpg


周りに何か飾りたいところだけれど、カラッとした皮が身上なので、このままのほうがいいのです。
クリスマスなのに、ローストチキンのほうがムードがあると思うけれど、あれって、胸の肉がパサパサしているでしょ。こっちはかなりおいしいんですよ。
b0064411_3264978.jpg


テーブルに運んで、ツタか何かを置こうと思ったら、どんどん始まっちゃったので、なんかそっけないセッティングです。
b0064411_3292315.jpg


シャンペンはブーブ・クリコ
b0064411_330187.jpg


蓋に、年配の女性の絵が付いていたんですね。初めて気が付きました。
b0064411_3304046.jpg


ベジタリアンに近い夫のために、茹でた野菜ばかりが。そしてなぜか酢の物が(笑)。
b0064411_3313359.jpg


普段は無口の夫と息子。今夜は珍しく、将来のことなどを話しました。後、何年かで、私たちの生活も大きな変化があることでしょう。

b0064411_333715.jpg


食事のあと、何年ぶりかで、夫が皿洗いを手伝ってくれたのですよ。どういう心境の変化でしょうね?
たいしたお料理じゃなかったんですが、いいイヴでした。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-25 03:26 | 食べ物 comida | Comments(20)

Merry Christmas!!


皆様、素敵なクリスマスをお迎えくださいね。

b0064411_7331686.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-24 04:09 | ごあいさつ saludos | Comments(34)

San Gervasiで

クリスマスを目前に控えて、よく雨が降ります。それにもめげず、歩き回っております。

金曜日は、電車に乗ってSant Cugatと言うバルセロナの北の町まで行きました。といっても、電車で20分くらいですから、すぐです。

お目当てのアンティークショップは、教えてもらった人のお勧めの言葉にもかかわらず、かなりがっかりするものでしたから、そのまま引き返しました。
駅前の建物が綺麗でした。
b0064411_25191.jpg


そのまま帰るのもちょっとつまらなかったので、Sant Gervasiのカルチャーセンターによることにしました。
b0064411_225231.jpg


この建物は、Casa Sagnierといって、1900年にモデルニスモの建築家 Eric Sagnierによって建てられたものです。それが市に買い取られ、ごく最近、この地区のカルチャーセンターとして使われるようになったのです。
古い建物がこうしてお化粧直しされて市民に開放されるのはとても素敵なことですね。

b0064411_293616.jpg

やっていたエクスポジションは余りたいしたものではありませんでしたが、この建物を見られただけでもいいとしましょう。

さて、そのあとは、あまり来たことの無い場所でしたから、大体の方角を定めて歩き始めました。なるべく大通りを避けて、細い道を・・・

そしたらね、壁に天使の彫刻が・・・ おや、ここはどこかしら?
b0064411_2261198.jpg

こういう感じ、19世紀の終わりによく建てられています。

b0064411_2264680.jpg


それに続く建物は、まさにお城
b0064411_3582961.jpg


これ、実はColegio Verge Mariaという学校です。建てられたのは1895年。
b0064411_214177.jpg


お城みたいだけれど、なんとなくユーモラスな感じも
b0064411_452812.jpg


立派な扉
b0064411_2145198.jpg


その上には・・・

「はいこんにちは。よくきたね」
b0064411_2161660.jpg


こちら側にも
b0064411_2154994.jpg



柱の下には面白い顔が
b0064411_218191.jpg


b0064411_217307.jpg



b0064411_2183775.jpg


こちらの扉もたいそう立派
b0064411_2193199.jpg


b0064411_42283.jpg


こういう楽しい発見があるから、バルセロナって好き。



↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-24 02:21 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

曇り日

毎日毎日晴天続きだったバルセロナも、昨日の金曜日は珍しく雨のしのつくどんよりとした曇り空

b0064411_17113665.jpg

バスからの眺めも、沈滞気味
b0064411_17144562.jpg


こんな空を見ていると、気が滅入ってしまいますね。
b0064411_17122995.jpg


こういう日は、バルセロナっ子はあまり外に出たがらないので、ジムも空いていました。
b0064411_17134910.jpg


ジムの近くのホテルのクリスマスオーナメント、なかなか素敵
b0064411_17164339.jpg

とてもモダンな新しいホテルです。
b0064411_1716310.jpg


たまたま友人と会ったので、近くのバールへ
b0064411_17183372.jpg


時刻は12時ごろ。この時間は、バールでは朝食の人と、お昼の人とが交じり合っています。

私たちはちょっとはやめのお昼のつもりで、ワインを注文したら、バールの人がニヤッとして、

「(朝から、とは言いませんでしたが)いいっすねぇ」

montaditosという、フランスパンを薄切りにしたものに、具がたっぷり乗っているものを3つ注文。これはサーモン。あとは食べちゃった。
このたっぷりの切り身がいいでしょう?
b0064411_17213147.jpg


目の前には新鮮な材料が
b0064411_17224266.jpg


b0064411_1723579.jpg


b0064411_17232287.jpg


もう一皿、チピロネス(小さなイカ)を頼みました。
揚げたては、とてもおいしい! でもこれ一皿8.9ユーロ。安くないです。
b0064411_17252568.jpg


食べ終わって出ようとしたら、目の前にどさっと置かれたこれ。う~、おいしそう!
b0064411_17262323.jpg


そのあとは、私のお気に入りのパン屋さんで、ゴマ入りの食パンを買いました。
b0064411_17285747.jpg


ここは本当にいろんな種類のパンがあって、大好き
b0064411_17293817.jpg


とにかくカラカラ陽気だったバルセロナ、このままで行けば3月から給水制限と言うことですから、雨が降ってくれるとありがたいのです。でもこういう曇りの日が続いたら、欝になるでしょうねぇ。平均にしたら、一年の三分の二はいいお天気が続くバルセロナ、ありがたいです。

↓クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-12-22 17:34 | 日々のこと cotidiana | Comments(13)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera