<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さつま揚げを作りました

今日から8月! 
多くの会社が、jornada intensiva, つまり朝8時に始まり、お昼休みなしで3時までとなります。ですから、お昼は家に帰って午後4時ころと言うことになりますが、その後ゆっくり自由時間が使えるわけです。 
私も息子のお弁当を作らなくて済むので(おやつ用に、特大のボカディージョは持たせますが)、朝の用意も楽。

8月は個人商店はほとんどお休み。 ボケリア市場に行ったら、もうかなりのお店が夏休みで閉まっています。おやおや・・・

さて、今日はオリーブ油を買いに来たのですが、オリーブ油を売っているお店には、もちろんオリーブも沢山売ってます!
b0064411_22582420.jpg

この一番右端のを買いました。ニンニクやハーブが一杯入ってますね。

b0064411_230154.jpg


オリーブばかりでなく、アンチョビーや、おいしそうなおつまみも一杯売っています。
見ていて、口につばがたまってきてしまいました(笑)。

ドライトマトのオリーブ油漬け、1kg64ユーロ。かなり高い。100gだけ買いました。ニンニクのオリーブ油漬けも買いました。
b0064411_232242.jpg

そのほかは、魚売り場で、イワシとアジを1kgずつ買いました。
もちろんほかにも野菜や卵や・・・ 結局ショッピングカー一杯になりました。市場に来ると、きり無く買い続けてしまいます・・・

家に帰って、はたと気づきました。今、夫は痛風気味で、イワシはよくない、といっていたことを思い出したのです。あちゃ、1kgも買ってしまった。どうしよう?

それで、急遽さつま揚げを作ることにしました。これなら息子も食べられる! 


まず、1kgのイワシを三枚におろして、フードプロセッサーですり身を作ります。
スペイン製のプロセッサーは、あまり綺麗にできないけれど、まあいいとしましょう。
b0064411_238236.jpg


にんじん2本を摩り下ろして加える
b0064411_2394526.jpg


卵1個、長ネギ、味噌、味りん、小麦粉を少し、ショウガを入れて混ぜ合わせます。
b0064411_23112187.jpg


やわらかいので、手で丸められません。スプーンに盛って、油の中に落としていきます。
b0064411_23121295.jpg


中火でゆっくり揚げます。
b0064411_23125775.jpg


揚げたては本当においしいんです! 見た目の悪さは勘弁してもらいましょう。
b0064411_23134597.jpg

これは残ったら冷凍もできます。

今日はほかに、ラタトゥイユを作りました。
前買ったトマトとなすがそろそろひねてきそうだったので。あっ、今日は間違えてにんじんを入れてしまいましたが、普通は入れませんね。まぁ、まずくは無かったけど。
b0064411_23161421.jpg


もう一つ作ったのは、ガルタという、牛のあごの肉をタマネギとじっくり煮込んだもの。お肉がとろけるようにおいしいです。
b0064411_2317476.jpg


これは今日買ったアジを、2人前だけ干しているところ
b0064411_2318662.jpg


開いてちょっと塩をして、少しでも干すと、おいしいんですね
b0064411_23192122.jpg

食べる直前に焼きます。

ほかのアジは、いま〆ているところ。塩を振って、4時間くらい置いてから酢で〆ます。

夫は私が見ていないうちに、さつま揚げをいくつも食べていました。普段はアジで作るので、まさかイワシだとはしらなかったようです。 まずかったかなぁ・・・ 内緒にしておこう。


↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-31 23:04 | 食べ物 comida | Comments(10)

ペーパーウェイト

ペーパーウェイトって、特に気になるアイテムじゃないんですが、この間、ちょっと面白い、ガラスのペーパーウェイトを見つけました。


b0064411_3335410.jpg


表面には少し傷がありますが、裏側にヒョウか何かの顔が彫られていて、見る角度によって表情が変わります。
b0064411_3362656.jpg


b0064411_3365233.jpg


また、光の加減でも
b0064411_3373569.jpg


ろうそくにかざすと
b0064411_339033.jpg


b0064411_3395838.jpg


こちらは夏風のキャンドル
b0064411_341247.jpg


小さいのをいくつか置いてもいいかな?
b0064411_3424189.jpg


なんだかいつも遊んでいるみたいだけれど、今日もちゃんと患者さんの治療をしましたよ(笑)。


↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-31 03:45 | アンティーク antiguedad | Comments(8)

何の花でしょう

暑いですねぇ。今日は気温が下がるなんていってもやっぱり暑かった!
町を歩くときは、ひたすら日陰を探します。
家の近くのバス停は、ちょうどオレンジの木が並木になっていて、日陰を作ってくれます。

b0064411_2342231.jpg


その前にある噴水も涼感をさそって・・・
b0064411_2345987.jpg


でもやっぱり暑いです! 置かれた自転車も、あっちっちって言ってるみたい。
b0064411_236814.jpg



ところで、我が家のピソ(アパート)のすぐ横にあるこのカンカン照りの公園に、今咲いている花

b0064411_237166.jpg


ピンクの、一見かわいい花ですが、実は毛が一杯生えているんです。
b0064411_238622.jpg


そして、その実が,
b0064411_2384875.jpg


茶色のサツマイモみたいで、結構な大きさ!20センチはあります。そして、剛毛で覆われているんです。触ると、ちょっとべたっとして、あまりいい感じではありません。
b0064411_239339.jpg


いったい中はどうなってるんでしょうね。家に持って帰って
b0064411_2402779.jpg


包丁で真っ二つに切ってみました。
b0064411_241551.jpg


中には真っ白な種がびっしり詰まっていました。
b0064411_2415838.jpg


口に入れてみたら、べっ、種も毛で覆われているんです。何の味もしませんでした。

この実が熟れて、自然に割れたら、どんな風になるか、ベランダにおいておくことにしました。
b0064411_2435616.jpg


熟れる前に、腐ってしまうかも知れませんよ。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-31 02:04 | 花・植物 plantas | Comments(16)

我が家は本当にアイロンかけが多いです。家族のものだけでなく、ネットショップでアンティークのナイティやその他衣類、レース、ナプキン、シーツなどを扱っているので、仕入れてきたらすべて洗ってアイロンをかけなければなりません。

アイロンかけは、嫌いじゃないし、比較的早くうまくできると思っているのですが、とにかくすごい量。アイロンは、水のタンクが付いて、たっぷり蒸気が出るものを使っていますが、とうとう壊れてしまいました。バルブのねじが割れて、まわせなくなってしまったのです。まぁ、これだけ使えば壊れるでしょう。

それで今日はアイロンを買いに、バルセロネタまで行きました。

b0064411_21575381.jpg


バルセロネタは、東京の秋葉原を小さくしたようなところで、電気屋さんが沢山集まっています。でも最近は、冷蔵庫や洗濯機など、大きな電化製品は置いていなくて、もっぱらテレビや音響製品になってきました。 それでもまだ、アイロンや扇風機や台所で使う小さな家電はおいてあります。

b0064411_21583775.jpg


このアーチの先には、有名なレストラン「Siete Puertas」があります。
b0064411_21593273.jpg


さて、無事アイロンを買うことができましたが、ものすごい大きな箱に入っているんです。デカ袋に入れてくれましたが、もって歩くと引きずってしまう。それにかなりの重さ。たかがアイロンなのに。
せっかくここまで来たのだから、またシャンパニェットに寄って休んでいくことにしました。

そこでちょっと一杯やってから、馬鹿なことに、シャンパニェットのビンを2本も買ってしまいました。重いビンに入っているのですから、2本で4kg近くの重さ。大きなアイロンの袋とビンを抱えて地下鉄の駅まで、かなりひーひーいいながら歩きました。
休み休み歩きましたので、ついでにあたりの写真を撮りました。


昔、領主のお触れを読み上げるとき、いつもここでラッパを吹いて読み上げたのだそうです。
b0064411_027463.jpg


この何階かに、昔ピカソが間借りしていて、壁に絵を書きなぐったそうで、今もそのままになっているんですって。でも個人のものだから、誰も見ることができないんです。
b0064411_0282910.jpg


ボルン地区はこんな路地が多い
b0064411_0292015.jpg


この綺麗な教会は、Basilica de Merced. 1765年に建てられたもの。
b0064411_019159.jpg


横の入り口も立派
b0064411_020949.jpg


b0064411_0211410.jpg


昔は立派だったらしい建物
b0064411_0223689.jpg


b0064411_023629.jpg


キャンデーで有名なお店、こんなところにありました。
b0064411_0235721.jpg


アヴィニョン通りにある昔の館。今は荒れ放題のようです。
b0064411_0251524.jpg


扉に穴が開いていて、中をのぞいたら・・・
b0064411_0261686.jpg


夏は野外コンサートがあちこちで催されます。王の広場でも・・・
b0064411_0311785.jpg



暑い日です。日差しが皮膚に刺さるようです。
自転車も暑そうね
b0064411_0302123.jpg


本当にやっとの思いで家に帰りました。

さて、新しいアイロン!
b0064411_0321393.jpg


見てください、アイロンはパソコンの横においてあるんですよ。
パソコンの上には、アイロンかけるものが山になって・・・
b0064411_0412518.jpg


アー、ちょっと疲れたからお昼寝してからね。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-28 22:03 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(14)

水泳のススメ

暑い夏がやってきました。スペインの夏は本当に暑い。でも、乾燥しているので、日陰は涼しくて、今のところ、暑くてもすごしやすい日が続いています。

日差しがものすごく強くて、今日蚤の市に行って、物を触ろうとしたら、金属のものはみんな焼けどをしそうに熱くなっていました。お盆などは、きっと目玉焼きができるくらいだったかも・・・

今日は7月最後の金曜日です。今日の午後からバケーションに出かける車が、バルセロナだけで55万台と見込まれています。当然、高速道路に出るまでのラッシュは想像を絶するものです。スペインではお休みが1ヶ月取れますから、別荘に出かける人、家族に会いに出かける人、それぞれ夏休みを楽しみにしているわけです。

みんな外に出払ったバルセロナは、8月はがらんとしています。私はこんなバルセロナも大好きです。
海辺で日光浴をするのは嫌いだけれど、泳ぐのは大好き。

かなづちだった私が泳ぐようになったのは、マドリッドで激しい腰痛におそわれたとき、医者に水泳を勧められたからです。それから個人教授について2週間で泳げるようになりました。
日本で、何度か水泳教室に通ったのに、とうとう泳げるようにならなかったのですが、今度は必死だったんでしょうね。

バルセロナに来て、ピソ(アパート)を買うとき、プール付きを探しました。これは本当に正解で、5月の終わりから10月ぐらいまで、庭のプールで泳ぐことができます。
b0064411_22271835.jpg


b0064411_2242775.jpg


b0064411_22424180.jpg


b0064411_22433482.jpg



腰痛のためには、バタ足がとてもよく、平泳ぎは背や首に負担がかかります。
クロールは疲れるから、私はもっぱら背泳ぎ。これならいくらでも泳いでいられます。

水泳って退屈でしょう、と言う方がいます。ところがどっこい、私は結構楽しんでいるんですよ。

背泳ぎでも、

1.片手ずつかく
2.両手でかく
3.両手を横に広げ、次に体につけるように腕を上下に動かして進む
4.両手をチョウチョのようにひらひらさせながら進む
5.上向きのバタフライをする
6.上向きの平泳ぎをする
7.足のほうから進むように泳いで見る
8.足を思い切り下方にけりながらバタ足だけで泳ぐ
9. イカ泳ぎ(両手両足で、水をはさむように泳ぐ)

と言う具合に、いろいろ泳ぎ方を考え出すのです。
また、

・手足を思い切り伸ばして水面に浮かぶ、
・意識しながら背骨を思い切り伸ばす、
・かくときは、まっすぐ伸ばした腕を耳に付くまで上げて、さらに意識して脇を伸ばす、
・バタ足をするときは、股関節が十分動くように足を動かす、
・疲れたら力を抜いて浮かんでいる

と、意識しながらやりますと、ぜんぜん飽きることはありません。 私はこんな具合に1000メートル泳いでいます。別に早く泳ぐ必要は無いので、とにかく自分の体を思い切り伸ばすようにしています。このおかげで、ちょっと腰がおかしいな、と言うときでも、肩が凝った感じがしたときも、見事解消してくれるのです。
 
私は子供が小さかったころ、抱っこをしていて、くしゃみし、そのときのぎっくり腰が、どうやら椎間板ヘルニアの原因だったようです。後年何度も腰痛に見舞われ、CTを撮ったら、これはとても古いようだといわれ、思い当たったわけです。椎間板は、一度壊れたら、もう治りません。いつも気をつけていないと、いつまた痛みが襲ってくるかわかりません。そのため、重いものを持たないようにしたり、水泳を勤めて心がけているわけです。

庭のプールは、朝早いうちは、子供たちもまだ降りてきませんから独占です。朝は小鳥もないているし、芝生に下りてきたりします。頭上を飛行機やヘリコプターが飛んでいくのが眺められるのも楽しいもの。泳ぎ終わったら、芝生にちょっと横になって。タオルの上じゃなくて、直接草に触れるように。そのほうが、大地からのエネルギーをもらえます。

腰痛や肩こりに悩む方には、水泳は絶対お勧めです。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-27 22:44 | 日々のこと cotidiana | Comments(12)
暑い日曜日の昼下がり、ちょっと涼しい、緑の見えるところに行きましょう、と友人と山のほうに車を走らせました。

山は水不足で、土の道は車が通ると白い土ぼこりがもうもうと舞い上がり、道端の木々もかなりほこりをかぶっていましたが、それでも山に行くと、ほっとします。

そんなコルセローラの山の中にある、十六世紀の建物をレストランにしたCan Cortesでお昼を食べることにしました。
b0064411_5375091.jpg


夏の日曜日なんて、ほとんどのレストランがお休み、でも幸い、ここはとても大きいので、席を取ってくれました。
b0064411_5381979.jpg


インテリアもなかなか。
b0064411_5393257.jpg


b0064411_5395517.jpg


b0064411_5402263.jpg


b0064411_5415270.jpg


b0064411_5424524.jpg


b0064411_5431293.jpg


私たちの通されたダイニングルームはこちら
b0064411_5411363.jpg


前菜に、サラダとアーティチョークを焼いたものを頼みました。
b0064411_5441197.jpg


このアーティチョーク、とても大きくておいしかった!
b0064411_5444698.jpg


パン・コン・トマテはセルフサービス。この鉄板で焼かれた大きいパンに、ニンニクを切って切り口をパンに擦り付け、トマトも半分に切って、切り口をパンにつけてぬり、オリーブオイルを掛けていただきます。普通はそうやってできたものを出してくるのですが、ここは自分でどうぞ、というわけです。
b0064411_5452852.jpg


メインに頼んだフィデオアです。フィデオアは、パエジャのおコメの代わりに細いパスタを使ったカタラン料理。
b0064411_5461274.jpg

ちょっとかなりぐっちゃりしてたけれど、まぁおいしかったです。

デザートはシャーベット三種。
b0064411_5471867.jpg

コーンの内部にチョコレートが塗ってあって、コーンがぬれないようになっていました。もちろん、コーンもちゃんといただきましたが、3つはさすが私でも食べ切れませんでした。

食事が終ってから、プールサイドに行きました。プールだけに来るファミリーもいるようです。
遠くの山のふもとから煙が上がっていました。火事です。
翌日の新聞で、どこかの工場が燃えたと出ていました。

b0064411_1464130.jpg


夏は山火事が怖いです。何百ヘクタールも燃えてしまいます。
今年は今のところまだそんなに無いのですが、これから少しでも雨が降ってくれたら、と思います。

Can Cortes  HP

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-26 05:54 | レストラン、バル restaurante | Comments(16)

「おもしろ発明品」展

今、ディアゴナル大通りのL'llaで、
”Funventions"、「愉快な発明展」と言ったところでしょうか、その展示会をやっています。

何年か前に、「不可能発明展」というのがあって、ドアの付いたバスタブや、注ぎ口が両側に付いたポットなど、傑作なものがたくさんあったのですが、今回は30点。発明者はPep Torres
.

具体的にどんなものがあったか一緒に見てください。

b0064411_22294748.jpg

1.タオル付きジーンズ

手を洗った後、ハンカチを持っていない人のために、ポケットに手を突っ込めば手が拭けてしまう便利なジーンズ。

大体、こちらの人って、トイレの後も手を洗わないみたいだけど・・・?




2.音を立てないキャンデー

b0064411_22323348.jpg

コンサートやオペラなどで、咳がでそうになってあわてて飴をなめる方も多いのですが、しーんとしたところで飴の紙をがさがさやるのは、響いてとても迷惑なもの。これは布ですから音がしません。

b0064411_22343386.jpg

3.マイク付きモップ

鼻歌を歌いながらお掃除する人も多いはず。それならもっと楽しくなるように、モップにマイクが付いてます!





4.来客用兼用ベッド
b0064411_22364742.jpg

ゲスト用ベッドを置くスペースがない独身者のため、ダブルベッドの半分は来客用、半分は住人用ときっちり分かれているベッド。同じベッドでも、半分は綺麗です。


5.筋トレアイロン
b0064411_22385231.jpg

アイロンって、いつも左右に腕を動かして掛けますね。それならその動作を筋トレに利用しよう、と考えられたアイディアアイロン。アイロンがけをしながら筋肉もりもりに。


b0064411_22402994.jpg

6.サイクリング者専用バー

  サイクリングの好きな方、きっとバーの椅子もこの方が座りやすいことでしょう。




7.便利テーブルクロス
b0064411_22425567.jpg

魚のフォークはどこ?グラスはどこ?とセッティングがわからなくなる人のために、このクロスがあればもう大丈夫。


b0064411_22442375.jpg

8.ソーラーシステム付き植木鉢

このソーラーシステムのおかげで、植木鉢は日が当たるほうに自動的に移動します。




9.いつでもOKベッド
b0064411_22455140.jpg

長続きしないカップルのために、別れたときは自分の寝る部分のマットレスを持ってゆけます。


b0064411_22474840.jpg

10. 2つノブ付きドア

トイレのあと、手を洗う人と洗わない人と、ドアノブを別につけました。




11.座薬入れ器付きチェア
b0064411_22502073.jpg

自分の指で入れたくない人のために、これがあればOK.
(写真ではわかりにくいのですが、椅子に小さな穴が開いていて、その下に、ばね付きのガラス管が付いています。ハンドルを下げれば、そこに入れた座薬が上に上がる仕掛け)

12.おっとっとチェア(転倒防止付き椅子)
b0064411_22534851.jpg

見ての通り、椅子がひっくり返らないようにつっかえ棒が付いた椅子。

13.プスッスプレー
b0064411_2255813.jpg

バールやレストランで、ボーイさんがちっともアテンドしてくれないとき、このスプレーを押せば、絶対無視できないほど大きな「プスーッ」という音が出ます。
ちなみに、ここではボーイさんを呼ぶとき、プスーッと唇で破裂音を出します。

どうですか?なかなか面白いでしょう?

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-24 22:58 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(16)

宮殿


カタルルニァ州はスペイン産業革命の中心地で、スペイン GDPの19%を占めている経済リーダーでもあります。また、カタルニァ州の州都バルセロナは、25年ほど前から町の美化につとめ、観光革命を実施・成功した例でもあります。

カタルニァ州で特に発展した産業は繊維ですが、そのおかげで沢山の富豪が生まれ、ガウディのパトロン、エウセビオ・グエルもその一人です。

カタルニァにあるおびただしい数の宮殿は、新たに建てられたものももちろんですが、昔からあった元貴族の宮殿を、新興の富豪たちが買い取り、手入れをして使ったものも多く、その歴史を読むと、大変面白いものです。

その後、持ち主の子孫たちが維持しきれなくなった多くの宮殿は、市や州が買い取って、ミュージアムやカルチャーセンターなどの公共の建物、市のオフィスなどになっていますが、多くの建物が、市民に開放されているのはとてもうれしいことです。

いずれも、マドリッドの王宮などと比べたら桁違いに小さなものですが、こういった建物に入ることができるのは、市民にとってもありがたいことです。


b0064411_1515618.jpg


b0064411_1521611.jpg


b0064411_1524632.jpg


b0064411_1531788.jpg


b0064411_1535792.jpg


b0064411_1543221.jpg


b0064411_155428.jpg


b0064411_1553432.jpg


b0064411_156397.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-24 15:07 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

レストラン Las Palmeras

下の息子が休暇で週末だけブラッセルからバルセロナに戻ってきました。
飛行場に迎えに行ったら、なかなか出てこない。出てきたと思ったらずいぶん身軽です。バゲージ・ロストだったのです。
その荷物は、出発の日曜日にやっと届いたのですが、最近やたらとバゲージ・ロストが多いようです。
せっかくバルセロナに来たのだから、どこかに食事に行こうということで、La Palmeraというレストランに行ってみました。

一応予約をして行ったのですが、9時だとまだがらがら。一見、バールのようなレストランです。
b0064411_21444569.jpg


壁にはずらりとワインのビンが並んでいます。窓は無く、細長いのですが、そんなに息の詰まるような感じは無く、親しみの持てる雰囲気です。
b0064411_21455930.jpg


週末ですから、ア・ラ・カルトのみ。でも特に高いというわけではありません。

初めに、私はコカ(パンみたいなもの)の上に、ブリーチーズと、イベリコハムの薄切りを乗せたのを頼みました。このコカはふかふかと、本当にパンみたい。組み合わせがおいしかったです。
b0064411_2281556.jpg


息子は、大好きだというカマンベールチーズの森の果物のソース添え。 デザートみたいですね。出てきたのは、カマンベールチーズを凍らせた?ものをフライにした、結構ボリュームのある一品。ナッツ入りのサラダが添えてあります。
b0064411_2285554.jpg


メインには、カモ料理を頼みました。きのこの煮込みと、やっぱりフルーツのソースがついています。いい味でした。
b0064411_21512572.jpg


息子はラザーニァを頼んだけれど、これは普通かな。
b0064411_21522344.jpg


楽しみなでザート、私はバラの花びら、というのを頼んだんですが、こんなのが出てきました。
あれ?アイスクリーム???
b0064411_2154137.jpg


後で気がついたのですが、メニューは、料理名が二行になっていて、私は下の段しか読まなかったわけ。アイスクリームに、イチゴとバラの花びらの入ったソースがかかっている、というものだったのです。これはこれでおいしかったのですが、内心、バラの花びらを湯がいて、何かのソースでもかけてあるのかと、ちょっと期待と不安でどきどきしていたのです。

食事が終わるころは、レストランは一杯でした。週末は皆さんお夕飯は10時過ぎなんですね。何時まで食べているんでしょうね。

ここは夜遅くても、開いているお店が沢山アルし、人も多くてにぎやかです。
通りがかりのピソ(アパート)の玄関ホールが、とても綺麗でした。ごく普通のピソでも、夜は電気が点いて、ホールを照らし出すので、外から見えるというわけです。

b0064411_21593280.jpg


b0064411_220646.jpg


b0064411_2203271.jpg


これは昼間は見られない、夜だけの楽しみです。


La Palmera Enric Granado 57 93 453 2338

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-22 22:07 | レストラン、バル restaurante | Comments(12)

アイディア募集!

すけるように薄い麻のドイリーを見つけました。あまり綺麗だったので買ってみたのですが

b0064411_2159680.jpg


洗ってアイロンをかけたら、たっぷりとフレアーがあって、波打ちます。

ドイリーにしたら、すごくおかしい!
b0064411_2201935.jpg


小さな丸テーブルにかけたら、もっとへん・・・
b0064411_221336.jpg


ランプのシェードにかけてみたけれど、どうもぴんとこない
b0064411_2214413.jpg


丸いクッションを作って、クッションカバーにしたら良いかも・・・
b0064411_2223081.jpg


で、今は何に使っているかというと
b0064411_2232369.jpg


とりあえず、お人形のヴェールになってます
b0064411_224211.jpg


何か良いアイディアお持ちの方いませんか?

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2007-07-21 22:05 | アンティーク antiguedad | Comments(14)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera