<   2007年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧


本の冒頭の章「忘れられた本の墓場」、物語はここから始まります。
時は1945年、ナレーターのダニエルは当時10歳の少年。

”父につれられて、はじめて「忘れられた本の墓場」を訪問したあの夜明けのことを、僕はいまでもよく覚えている。”

書き出しはこうでしたね。朝の5時ころ、悪夢にうなされ飛び起きた少年ダニエルを、お父さんはしっかり抱きしめると、

「闇の中でしか、見えないものもあるんだよ」

と不思議な微笑をたたえて、朝もやの漂う薄暗い町を、そのミステリアスな場所に連れて行ってくれた、それが「忘れられた本の墓場」。

”僕たちはアルコ・デル・テアトロ通りの入り口につき、ラバル地区に足を踏み入れた。”

ラバル地区------ 10年位前まではチノ地区と呼ばれ、バルセロナでも危険地区ナンバーファイブの一つでした。ごく最近まで、昼間でも一人で通るにはかなりの度胸が必要な場所でした。
当然不動産も安かったので、今は新しいアパートホテルが次々と建ち、しゃれたバールやレストランができ、MACBA(バルセロナ現代美術館)ができたおかげで、すっかり様子が変わってきました。

それでも、このアルコ・デル・テアトロ通りは、お一人で歩くことはお勧めしません。

ランブラス通りに面した入り口は、別世界に入り込む穴のようです。
b0064411_17285280.jpg

明るい昼間でも、内部は暗く、ほとんど先が見えないほど。

中に入ると、すぐ入り口に小さなスタンドバーがあります。
b0064411_17304753.jpg




上を見上げると、そそり立つ古い建物
b0064411_1731413.jpg




「道というよりも、傷跡みたいな細い通り」
b0064411_17324744.jpg




「ランブラス通りのきらめきは、いつのまにか、ぼくらの背後で消えてしまった。」
b0064411_17343942.jpg



通りを整備したので、きれいになりましたが、以前は足元にかなり気を使わないといけない、とても汚い通りでした。ピソが並んでいても、めったに通人もいません。
b0064411_17362435.jpg



この通りをまっすぐ行くと、EOI, オフィシャル語学学校があります。私も都合8年くらい通いました。でもこの通りを通ることはめったにありませんでした。
一度、ドイツ語のクラスメートの男性についていってもらって通ったほどです。

この通りには、彫刻のある門扉のついた「棄てられた宮殿の亡き骸」も「「残響と影の美術館」らしき建物もありません。そういった建物は、バルセロナの旧市街にごまんとあるのですが、ここにはありません。

横の道に入ると、アーチを描いた建物。駐車場です。
b0064411_17434253.jpg


その近くにある門扉
b0064411_17442066.jpg


この扉のドアノッカーは、忘れられた本の墓場の管理人イサックを思わせる、小悪魔の彫刻のついたドアノッカーではありません。


私はまさにそれと思われるドアノッカーを、Sant Felip Neri広場に通じる細い道で見つけました。もっとも、この建物は「宮殿の亡き骸」ではなく、普通のピソなのですが。
b0064411_18295471.jpg


この悪魔
b0064411_17594625.jpg


「ドアノッカーの小悪魔と、ほとんど瓜二つに見えた」 という管理人のイサック・モンフェルトを彷彿させませんか?
b0064411_1825212.jpg


この門の上のバルコニーから、こんなものが覗いていたんですよ。
b0064411_18422.jpg



旧市街には宮殿がたくさんあります。ピカソ美術館やテキスタイル美術館など、ミュージアムになったものも数多くあります。 

ほとんどの宮殿(palacio)と呼ばれる建物は、門を入るとパティオがあって、石の階段が上に続き、正面玄関は階段の上にあります。
b0064411_1895889.jpg

これはMontcada通りのある建物。


門扉は立派な彫刻のノッカーがついています。内部は、ミステリアスです。
b0064411_18112238.jpg




次回は、ダニエルの住んでいたピソ及びそのお店のあたりを歩いて見ましょう。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-31 18:22 | 風の影 Sombra de viento | Comments(12)

ヨーロッパでベストセラーになった カルロス・ルイス・サフォンの「風の影」、もう読まれた方もたくさんいらっしゃることでしょう。 

b0064411_22505069.jpg


本を開くと、出版された2006年に、すでに6回増刷されています。
b0064411_22533184.jpg


この本の舞台はバルセロナ。でてくる場所が、全部知っているところばかり! それは読んでいてわくわくしましたね。ストーリーの展開は本当に面白く、一気に読んでしまいました。

もちろんバルセロナを訪れたことの無い方でも、サフォンのすばらしい描写で、十分楽しめたことと思います。

b0064411_22581152.jpg

日本語の訳がとてもよくて、さすが!と思いました。
b0064411_2013111.jpgb0064411_201319100.jpg




読み終えてから、この本に出てくるところを全部回ってみました。

本を読まれた方は、きっと、どんな場所か見たいと思うでしょう。 本に出てくるすべての通りや広場が実際にあるのですから。
これから少しずつ、追ってアップしてゆきたいと思います。

すばらしい本の紹介のサイトもご覧になってください。

http://bunko.shueisha.co.jp/kaze/

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-30 23:04 | 風の影 Sombra de viento | Comments(22)
レイアル広場のすぐ近くにあるレストラン・ラウンジバー シナトラは、雰囲気は全く異なりますが、前に書いた El Japonesのように、一品が少量ずつサービスされるので、何種類かとって分け合うと、いろんな種類が食べられてとても楽しいです。

ここは夜のみ営業、一階はラウンジバー、
b0064411_1353259.jpg


スチールの階段を上がってゆくと、Tamara Lampickerの絵がずらりと飾られたサロン
b0064411_1362892.jpg


ちょっと大人っぽい雰囲気でしょう。

b0064411_1382523.jpg


でも冷たい感じじゃなくて
b0064411_1392944.jpg


来ている人はほとんど外人。 ウェイトレスもスペイン語より英語のほうが得意みたい。

牛肉のたたき、どっさりルッコラが乗ってます。マンゴーサラダもおいしい
b0064411_141323.jpg


食べ終わらないうちにどんどんでてきます。あれこれ食べれるって、とてもいいな。
どれもなかなかおいしいんです。ラビオリやパスタ、タタキ・・・ メニューが豊富なので、いろいろ試してみたい。
b0064411_143475.jpg


デザート。アイスクリームとアップルタルト
b0064411_1433952.jpg


ここも一品4~5ユーロなので、いろいろとってもそんなに高く感じません。
この地域、しばらく前までは、夜はとても近寄りたくない地域でしたが、今はかなり平気になりました。街灯もたくさんあるし、にぎやかなFerran通り、そしてランブラスからも近いし。 女性だけでもOK.9時過ぎると結構一杯になっています。

Sinatra c/Heures 4-10 17時~2時30分



大体おなかが一杯になったら、友人が、カクテルを飲みたい、というので、別のところに行きました。
ランブラス通り沿いのホテルのバー、特に素敵な雰囲気でもないんですが、
b0064411_1484936.jpg


アルコールを少なめにしたフルーツのカクテルを頼んだら、こんなにたっぷり、大きなグラスに入れてくれました。
b0064411_1494989.jpg


楽しい夜でした。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-30 01:50 | レストラン、バル restaurante | Comments(12)

レストラン El Japones

「日本人」 という名前のレストラン、もう8年位前からあるのですが、先日初めて入ってみました。

入ると、ちょっと薄暗いのですが、木の分厚い大きなテーブルがたくさんあって、ほかの人と並んで座って食べる席が多いのですが、こんな感じはロンドンでも前からかなりはやっているとか。

b0064411_1144817.jpg


b0064411_1163358.jpg


シャンデリアの代わりに紙が一杯
b0064411_1155845.jpg


若い人が多いようですが、シニアの人もたくさん。
b0064411_1171796.jpg


テーブルには四角のお皿が
b0064411_117534.jpg


メニューの紙と鉛筆がおいてあって、自分で選んで印をつけるようになっています。
b0064411_1184939.jpg


一品が比較的少量で、二人だと、5品くらい頼んで半分ずつ食べたらちょうどいいくらいの量。
つごう3回行ったのですが、どれもなかなかおいしいんです。

特にお勧めは、お好み焼き、焼きそば、マグロたたき、焼き鳥、サーモンの串焼き、餃子・・・ どれもホント、おいしくて、このくらいとってワインを一杯ずつでも25ユーロくらい。だから若い人も来れるんでしょうね。もちろんお子様連れも大丈夫。 だけど、鉄火巻きはあまりおいしく無かったです。
注文すると、どんどん出てくるので、ついつい一生懸命食べます。ですから、見ていると2,3回転しています。

このお店、いつもかなり混んでいます。経営方針が上手なのかもしれませんね。ほかの日本レストランより、かなり気に入りました。 うれしいことに、日曜日もやっています。

El Japones, Pasaje de Concepcion 2

お店の名刺を見たら、Diagonalにもあるそうです。こちらは行ってないのでお店の様子はわからないのですが、一応住所を書いておきますね。
El Japones, Av. Diagonal 640

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-30 01:29 | レストラン、バル restaurante | Comments(0)

町の花たち


これは

b0064411_17382537.jpg





別に合成写真じゃなくて
b0064411_17385623.jpg




ウィンドーに飾られていた花を撮ったら、バックの景色が写りこんでしまったのです。
b0064411_17413469.jpg


写真を見たら、町に溶け込んだ花、と言った感じがしたので載せてみました。



こちらの花たちは
b0064411_17433182.jpg



ランブラス通りの花屋さんの花たち
b0064411_17441825.jpg


夜遅くに通りかかったら、ウィンドー越しに、薄明かりの中で肩を寄せ合っていた花たち
b0064411_17463282.jpg


どちらもなんだか心にピン、と届いたので・・・


↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-28 17:48 | 花・植物 plantas | Comments(20)
ちょっと長く続いたこのアトリエめぐり、今日でおしまいです。


ここは画家イサベルのアトリエ
b0064411_16324622.jpg


b0064411_16331670.jpg


メイン通りでもとても静かなこの辺り
b0064411_1636554.jpg


b0064411_16375437.jpg


古いアパートもあります。
b0064411_16474666.jpg


このアトリエめぐりコースの一番北にあるアトリエはこの建物の中。
b0064411_16251947.jpg


建物の様子では、昔学校だったようです。
b0064411_16262566.jpg


ここにはアトリエが3つありました。 その一つ
b0064411_16273250.jpg


b0064411_162809.jpg


小品のエッチングなどもたくさんありました。
b0064411_16282544.jpg


これは別のところですが、
b0064411_1629346.jpg


そんなに面白い作品は無かったのですが、このドアが面白いと思いました。
b0064411_16311388.jpg


これで終わり。全部コースを見終わりました。
このあたりは静かで、製作するのにはとても良いところでしょうね。
b0064411_16393388.jpg


周りはこんなツタの絡まった家が
b0064411_164179.jpg


こちらの家は藤で覆われています
b0064411_16415534.jpg


ベランダも藤で一杯
b0064411_16423657.jpg


こんな木が
b0064411_16432510.jpg

名前は忘れたけれど、この実をロバが好んで食べるんだそうです。

Via Augustaの向こうに、学校の尖塔がのぞいています。
b0064411_16464065.jpg


b0064411_1651402.jpg



最後になりましたが、5月11日に書いた、サリアのカルチャーセンター、Casa Orlandai、もう一度行って来ました。

b0064411_16483143.jpg


b0064411_16491931.jpg


アイアンの格子が印象的でした。
b0064411_16502944.jpg


↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-27 06:02 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

サリア地区のアトリエめぐり、今回は彫刻家のジョルディのアトリエです。
前回のイサベルの並びで、数軒上にあります。

入り口を入ったところは、イサベルの家と同じ作りです。
b0064411_5173247.jpg


入り口の天井がステキなんです
b0064411_519178.jpg


ジョルディのアトリエは1階(日本の2階)で、この階段を上がったところ
b0064411_5181216.jpg


b0064411_5183589.jpg


彼はピソ全部をアトリエと作品の展示に使っています。その量に圧倒されます。
b0064411_5221852.jpg


窓際の細長い部屋を製作に使っています。
b0064411_5232681.jpg


棚にも作品が一杯
b0064411_5241192.jpg


これ、ベラスケスのメニーナですね!
b0064411_5244414.jpg


面白いねぇ
b0064411_5251985.jpg


セクシーなヒップの悪魔がいます
b0064411_5255684.jpg


こちらの棚にもいろんなのがわんさか
b0064411_527024.jpg


ああ~オペラハウス。これいいなぁ
b0064411_5273664.jpg


なんだかガウディっぽい建物
b0064411_5281293.jpg


b0064411_5284246.jpg


b0064411_5291535.jpg


製作に使う道具
b0064411_5294382.jpg


b0064411_530789.jpg



展覧会の案内
b0064411_544245.jpg


そしてこちらの小さな部屋にもぎっしり人形たち
b0064411_5445747.jpg


壮観です!
b0064411_5452748.jpg


コメディア・デラルテの人物たち
b0064411_54721100.jpg


b0064411_5461161.jpg


b0064411_5464078.jpg


玄関に飾ってあったこのピエロ、とても気に入ったのでお値段を聞いてみました。
ピンボケでごめんなさい。
b0064411_548222.jpg


一体400ユーロだそうです。b0064411_549834.jpg




制作室の窓の外に広がる風景。信じられない!向こうはどこまで続いてる!?
b0064411_5303797.jpg


ここで仕事をするのは最高!だそうです。

Jordi Estivill Major de Sarria, 157 1er
tel. 93 280 5201 679 476 986

アトリエめぐり、もう少し続きます。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-27 05:56 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)
サリア地区のアトリエめぐり、今回はイサベルの家。
彼女の製作するのは「彫刻的コラージュ」

彼女の家兼アトリエは、このような通りに面した建物のうちの一つ。
b0064411_2172283.jpg


いつもは手前の木の扉が閉まっているのですが、今日はそれが大きく開けられて、中のステンドグラスのはまった戸も開けられていました。
b0064411_2185316.jpg


b0064411_2394160.jpg


ペルをおすと、アシスタントの女性がドアを開け、私を導きいれてくれました。

そこはリビングでした。
プライベートスペースに続くドアのステンドグラスがそれは見事!
b0064411_2411588.jpg


そして美しいレリーフの施されたカーブした天井
b0064411_255018.jpg


天井から下げられた、イサベルの作品
b0064411_2554834.jpg


リビングは暖かい雰囲気
b0064411_2562759.jpg


隅にあるランプも楽しい   ぼけててごめんなさい。b0064411_2565937.jpg



そこからボーチに出ると
b0064411_257598.jpg


天井に葉を茂らせた木が伸びていて、とても気持ちいい
b0064411_2585060.jpg


そして目を見張るのは、大きな木が並木のように並ぶ広い庭!
b0064411_2595242.jpg


隣の家はステンドグラスのあるサンルームと、やっぱり庭があるんですね。
木の枝からカンテラが下がっています
b0064411_303472.jpg


庭中に、楽しい作品が一杯
b0064411_32888.jpg


b0064411_33819.jpg


b0064411_34015.jpg


b0064411_343099.jpg


b0064411_345827.jpg


b0064411_36184.jpg


庭の一番突き当たりに、温室のようなガラス張りのショールーム軒アトリエがありました。
ちょうど、業者と交渉中のようだったので、遠慮して入りませんでした。
b0064411_362087.jpg


b0064411_371890.jpg


山から採ってきたらしきものも
b0064411_375361.jpg


チャイムも下がっています
b0064411_3111274.jpg


こんな街中で、こんな自然の庭があるなんてステキですね。
b0064411_364798.jpg


うっとりしてこの家を出ました。

アトリエ探索、まだ続きます。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-27 02:22 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

サリア地区の芸術家たちのアトリエめぐり、今度はCanet通りです。
マヨール・デ・サリア通りから入る角には大きな木のある門構えの立派な家が。
b0064411_03508.jpg


この通りは、このように横に同じ形の家が10軒ほど並んでいますが、これはこの通りの反対側にお屋敷を構えていた投資家が住んでいて、1900年頃この労働者たちのために棟続きの家を建てました。
b0064411_0394521.jpg


でも次第に使われなくなり、とうとう壊すことになったのですが、この地区の人たちが、これは当時の特徴のよく現れた建物で、壊さないで欲しいと陳情し、市が買い上げ、直して、芸術家たちに貸すことにしたのです。
b0064411_0414879.jpg


この中の一つが公開されていました。
b0064411_0425538.jpg


この女性はピラール、彼女はここで15人の仲間とこの家を借りて、時間があると来て絵を描いています。仲間の中にはもう定年退職した人たちもいます。

写真を撮らせてくれるよう頼むと、

「私、自分の作品の前で撮って欲しいな」

とポーズしてくれました。
b0064411_0443612.jpg


1階は部屋が3つ。いずれも床はタイル。一番奥に小さなキッチンと、ちょっとしたパティオがあります。二階には2ベッドルーム。
b0064411_046655.jpg


彼女が言うには、この通りのほかの建物のうち、5軒が空き家になったままなのだそうです。いくら市に、もっと芸術家たちを呼んで欲しい、と言っても、なしのつぶてなんだそうで、借りたい人もごまんといるんですが、空き家になったままだそう。
小さくて、とてもかわいいじゃないですか。私だって借りたいくらいです。
彼女は私を椅子に座らせて、とうとうとこのような説明をしてくれたのです。

本当にそうですね。ここの家が全部そういう芸術家で埋まっていて、いつもにぎわっていたら、観光客もたくさん来ることになり、とても活気付くと思うんですよね。

そこを出たところにあった水を汲むところ。
b0064411_0502036.jpg



さて、また先に行きます。

b0064411_127147.jpg


老舗のお菓子屋さんの看板
b0064411_056895.jpg


サリアはまだまだ古いところもたくさんあって、シャビー感漂うところも一杯です。
b0064411_054292.jpg


b0064411_1363995.jpg


メイン通りにも、こんなドアが
b0064411_0552123.jpg


区役所広場の横道にも
b0064411_0571373.jpg


でもいずれ、市からの援助を得て修復されることでしょう
b0064411_058387.jpg


Paletes通りにあるアートの学校TRAC
入り口を入ると面白いものが一杯
b0064411_0594712.jpg


b0064411_103974.jpg


b0064411_11274.jpg


b0064411_113980.jpg


b0064411_121484.jpg


ここはアート感覚一杯のおもちゃで埋まっていました。
b0064411_131289.jpg


区役所広場には古い建物の横にカフェがあって、みんなゆったりとコーヒーを飲んでいます。
b0064411_1172612.jpg


b0064411_153526.jpg


b0064411_16139.jpg


「バラの小広場」を通って
b0064411_1164369.jpg


教会広場に着きました。
b0064411_119199.jpg


この広場の奥に面白い家が
b0064411_120301.jpg

Torre Mitjans, 1925年。 設計Josep María Pericas

その横の家は誰も住んでいないみたいです。
b0064411_119555.jpg


広場に面しているこのお店
b0064411_1262717.jpg


すごくファッショナブルなインテリアとアクセサリーのお店だったのです。あまりきれいで写真撮らせてっていえませんでした・・・
インテリア小物やサニタリー・グッズ、家具、布、アクセサリーもどれもとてもおしゃれなものばかり。外観はな~んだ、なんですけどね。
OD Plaza Sarria 3


マヨール・デ・サリア通りを更に上がってゆきます。
b0064411_138721.jpg


b0064411_1342651.jpg


b0064411_1345826.jpg


b0064411_1352899.jpg


b0064411_13953.jpg


b0064411_1393661.jpg


b0064411_1373184.jpg



白い格子戸は、アメリカ人のGary Markowitzのアトリエ
b0064411_1422361.jpg


b0064411_1445123.jpg


b0064411_1451770.jpg


b0064411_1454482.jpg


中は画廊になっていて、ステキな絵がたくさんあります。広くて明るい空間です。
絵を一緒に売りたいと言う人がいたらぜひ連絡ください、とのこと。 
 
Barna Giclee, Mayor de Sarria 164

http://www.barnagiclee.com/Site/Home%20.html

アトリエの前にかけてあったポスター
b0064411_1524050.jpg


アトリエめぐり、まだ続きます。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-27 01:46 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

サリア地区は、我が家から歩いてゆけるのでよく登場しますが、この地区は昔はバルセロナの郊外の小さな村でした。 

これは1800年のサリアの様子。教会だけはありますね
b0064411_19111969.jpg



今でもその雰囲気が残っていて古い建物が多く残っているので、それを愛するたくさんの芸術家たちがこの地区にアトリエを構えています。一年に一度、彼らが協力して、そのアトリエを一般公開するので、今年は逃さず行って来ました。
市のウェブサイトのサリア地区というところで地図が手に入るので、それを見ながら回ってみました。全部で17箇所!
http://bunko.shueisha.co.jp/kaze/

まずはサン・ビセンス広場あたりから
b0064411_1843234.jpg


正面に見えるのは、木工店(っていうのか・・・)
b0064411_186448.jpg


広場の周りに建つ同じ形の建物が色違いに塗ってあります
b0064411_187321.jpg


よく市が立ったりイヴェントをやったりする広場ですが、今日は静かでした。
b0064411_1884057.jpg


この広場にあるモンセのアトリエ。お店みたいになっていて、人で一杯でした。
b0064411_18131631.jpg



Comet i Mas通りのロジーナのアトリエ。写真はみんな許可を得て撮ってます。
b0064411_18101430.jpg


大きな絵が多かったのですが、なかなかステキでした。
b0064411_1811129.jpg


この通りを先に進んで左に曲がり
b0064411_18154735.jpg


Jaume Pique通りに入るとArt Objecteというアトリエ兼お店があります。
b0064411_18191639.jpg


間口は狭いけれど、奥に長~~い。
b0064411_18202070.jpg


入り口付近には手作りの子供服が置いてありますが、
b0064411_18205816.jpg


「ああ、それはぜんぜん売れないのよ。ここでは主に絵とか工芸品とか家具を売ってるの」

とのこと。
おいてあるものはとても個性的なものばかり。
このシャンデリアも、一杯フリンジが下がって、魔女の館にでも似合いそう
b0064411_1848281.jpg


壁に映った光がとてもきれいなスタンド
b0064411_1850346.jpg


これもユニークなスタンド。自然のものを使っています。
b0064411_18505313.jpg


羽の付いた照明(上)と、スタンドは私でも作れそう
b0064411_18515939.jpg


これも翼にガラス細工が下がったランプ
b0064411_18524566.jpg


楽しいものが一杯でした。

Monterolsのおしまいにあるこの家、まえ、この猫ちゃんの写真を撮ったことがあります。
彫刻家のオルガのアトリエだったんですね。
b0064411_18555183.jpg


平面的な画面にちょっと立体的なものを取り入れた楽しい作品で一杯。
アトリエの奥に、パティオがあって、見せてくれました。
b0064411_1905828.jpg


彼女の作品が置いてあります。細長いパティオの一番奥に、井戸が(!)ありました。
6月28日から7月13日まで、このアトリエで個展を開くそうです。

Olga Ricart Vilafranca c/Monterols 27
午前11時~13時、午後16時~20時、土曜日11時~14時、日曜休み

アトリエのあるMonterols通り
b0064411_195373.jpg



アトリエ探索、まだ続きます!

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2007-05-26 18:38 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera