<   2006年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

我が家の近所は


我が家からディアゴナル大通りに出ると、オフィスやデパートが並ぶこんな景色
b0064411_5263384.jpg


プラタナスの葉はすっかり茶色に変色
b0064411_5273523.jpg


ディアゴナル沿いのグリーン地帯は今も青々
b0064411_5282777.jpg


この間行ったペドラルベス宮のツタもこんな感じ
b0064411_529670.jpg


ペドラルベス宮の横の道、つまりグエル別邸との間の道は、ほとんど車が来ないので、よく自動車やバイクの練習場として使われていますが (かく言う私も、免許を取る時は、ここで練習させられました) そこの歩道はど真ん中に木が。 切らずに残したんですね。
b0064411_5315261.jpg


グエル別邸に沿って、右に曲がると、以前、写真を載せた楽しい家。
b0064411_5323784.jpg


お庭にも、面白い建物
b0064411_5332224.jpg


正門のほうはこんな具合
b0064411_23205769.jpg



お隣にある、おなじみのグエル別邸
b0064411_5345748.jpg


ドラゴンの門
b0064411_5355168.jpg


塀の上の部分にはタイルが埋め込んであってきれい
b0064411_5341921.jpg


塀の上にあるのも面白いけれど
b0064411_5365997.jpg


ガウディアーチとか
b0064411_538571.jpg


こんな壁とか
b0064411_537307.jpg


こんな模様のアイアンの塀、面白いなぁと思う
b0064411_5384380.jpg



芝生の上には、またまた落ち葉が一杯
b0064411_5393432.jpg


枯葉色のかまきり見つけた!
b0064411_540843.jpg


ぐるっと近所を四角に歩いて、さて、我が家に着きました。 短いお散歩。
b0064411_5404963.jpg


↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-30 05:42 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

新しい病院、Cima

今日はとうとう病院に行きました。だって、風邪をひいてから10日も経つのに、まだのどは痛いしあまり芳しくなかったからです。
遠くまで行く元気も無かったので、我が家から歩いて5分くらいのところにある、 新しい病院Cimaに行きました。
b0064411_4184744.jpg

ガラス張りの病院で、バルセロナでは一番新しいかもしれません。
本当に家からすぐなのに、いつも広々としたテクノン病院ばかりに行っていたので、ここは初めてでした。 とにかく近くていい!

ここの庭には古いマシア(石造りの家)があります。ここは、以前小学校だったのですが、古い建物はきれいにリフォームされて保存されています。
b0064411_4344729.jpg


急に予約無しで見てもらうには、Urgencia(救急)に行けばいつでも見てもらえます。
ガラス張りのロビーはとてもきれい。
b0064411_4363738.jpg


Urgenciaは地下にあります。ロビーのドーナッツのようなライトが楽しくて、何枚も写真を撮ってしまいました。
b0064411_4392788.jpg


b0064411_4394953.jpg


b0064411_4401673.jpg


b0064411_4405770.jpg


どこの病院の救急も人でごった返しているのですが、ここは閑散としています。
待合室も私一人
b0064411_4434944.jpg


新しいからトイレもモダン
b0064411_4442444.jpg


5分も待っていたらもう呼びにきました。
看護婦さんはとても親切で優しかったけれど、女医さんはちょっと、そうでもない。

「抗生物質飲まなければ治りませんよ!」

私、そういう時は、バカ丁寧に、「どうもご親切にありがとうございます」って言うんですよ。

薬は3日飲めばよい、ということで、買ったら本当に3粒しか入っていない。それで15.3ユーロ! 一粒5ユーロちょっと。750円です。ひぇ~。

家に帰って薬を飲んだら、なんだか余計に気分が悪くなったので、横になっていたら、 新しいガス台を取り付けにきました。
b0064411_4535764.jpg


これが新しいガス台。以前の物とまったく同じ型。
b0064411_455560.jpg


どうしてビトロセラミックにしなかったかって? 我が家はとても中華なべを使うんですよ。それに、たとえば、かつおのたたきを作る時、さっと火であぶる、なんてできなくなったら困ります。
男の子2人いるから、まだまだ揚げ物もするし。
b0064411_4563053.jpg


姉の食事の支度を見ていて、やはりこちらにいるほうが、よほどたくさん料理しなくちゃいけないなぁと、つくづくおもいました。買ってきてそのまま、と言う物はまず無いですから。

あと、10年くらいしたら、ビトロセラミックにしますわ。

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-30 05:00 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)
ペドラルベス宮が建てられたのは1919年~1929年。ちょうどアールヌーボーとアールデコの過渡期ですね。

ここの庭園には、樹齢100年を越す木が何本もあります。ということは、この庭が作られる以前から立っていたのですね。

これもその一つのユーカリ
b0064411_19594442.jpg


これは1年半ほど前の映像です。というのも、今この庭はリニューアルするため、そこら中にテープが張り巡らされていて、写真を撮るような状態じゃないのです。

どっしりした幹は風格があって、でも優しい感触。いつも、ここに来るたび触ってゆくのだけれど

b0064411_2024557.jpg


こちらは
b0064411_2044283.jpg


ついこの間の写真たち
b0064411_2054856.jpg


木に付いたたくさんのこぶこぶから、一杯芽が出て
b0064411_2052257.jpg


枝を伸ばし
b0064411_2065241.jpg


葉を茂らせています
b0064411_2072751.jpg


でも、ユーカリの葉と違うんです。
もしかして、ヤドリギ?
b0064411_2081794.jpg

元のユーカリを、枯らさないでくださいね!

ちょっと心配しています。

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-28 20:19 | 日々のこと cotidiana | Comments(8)
ペドラルベス宮にこじんまりした池があるんですが
b0064411_1613860.jpg


水は濃い緑で、植物もいつも余り手入れがされていなくて、きれいとは言いがたいんです。
でもこのアイアンの手すりがちょっと面白くてそれを撮りに行ったら

カモがたくさんいました。ず~っと以前は白鳥がいたような記憶がありますが、その後長いこと何もいなかったんです… カモがいるということは、少しはきれいにしたのかな? 今回は植物がかなり生い茂ってきているように思いました。
b0064411_16174437.jpg


カモたちはえさをくれるかと期待して近寄ってきたんですが、あいにく何も持ってません。
b0064411_16163077.jpg


「だめだ、この人、何も持ってないよ」
b0064411_16193397.jpg


「それじゃ用なし。バイバーイ」
b0064411_1620578.jpg


それでも狭い池のこと、結局ぐるぐる回ってまたこちらのほうにも来るのでした。
b0064411_16215914.jpg


今度パン持ってくるからね。

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-27 16:23 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(14)

ペドラルベス宮


一週間、風邪でずっと調子悪くて家で寝てばかりいました。
今日もまだあまり言い調子とはいえないけれど、ちょっと外に出なくては、としっかり防寒完備の服装で出かけました。でもなんだかふらふら、頭がぼ~っとして、遠くに行けそうもありません。
それで一番近いペドラルベス宮に行きました。

b0064411_4101899.jpg


そんなに大きな庭園ではないけれど、木が多いのでなんだかほっとするのです。でも・・・
b0064411_4112864.jpg


日曜日はさすが人が多い、それに今庭園のリニューアルのため、あっちこっちにテープが張ってあって自由に歩き回ることが出来ません。
b0064411_4121550.jpg


庭のベンチでは、ゆったり新聞を読んだり、散歩の足を休めている人たちが
b0064411_4125997.jpg


ここではボール遊びや自転車が禁止ですから、とても静か
b0064411_4132225.jpg


それにしても、紅葉がほとんどありません。
b0064411_4144255.jpg


今は装飾美術館として使われている建物も比較的質素なもの
b0064411_4153155.jpg


ガウディの泉水、ちょっとわかりにくいところにあるので、何度も来ているのにさがしちゃった。
b0064411_418228.jpg


ここに来る人はごくわずか
b0064411_4185647.jpg


疲れたので、泉水のベンチに腰をかけていたら、石垣がちょっと変わっているのに気が付きました。
b0064411_4201052.jpg


これもガウディがデザインしたのかな?
b0064411_4205461.jpg


あ~! あのきれいなレリーフの顔の鼻が割られています!
b0064411_4243443.jpg

涙まで流しているような後が付いています。 誰かのいたずら?工事のブルドーザーが当たったのかな? 
以前撮った写真と比べてください。光の具合で、目つきも変わって見えます。
b0064411_19461264.jpg

修復してくれるかしら?

ここの庭の街頭、頭に王冠がついてます
b0064411_4165446.jpg


ゆっくり歩いて岐路に着きました。
明日は元気になあれ!

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-27 04:22 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(13)

ランプ


スペインでは照明器具のことは一括して普通Lampara、ランプと呼んでいます。
それで、今日は家のランプのお話。

b0064411_6182153.jpg

ブロンズのランプ

これは玄関扉を入ったすぐの天井につるしてあるランプ。見にくいけれど、上に天使が付いています。これをオークションで落として家に付けたら、夫が
「安物!」
って怒ったんです。本人は、ラリックあたりのガラスのランプをつけたかったらしい。でも適当なのが見つからなくて、そのままになっています。
買ったときはそんなに高くなかったけれど、どっしりしたブロンズで、安っぽい物ではないんですけどね。
電球が6個つくようになっているのですが、2つ切れたまま。このくらいの明るさでちょうどいいみたい。



アイアンのモデルニスタランプ
b0064411_623499.jpg


これはちょっと繊細さにかけていまいちそんなに好きになれないんだけれど、でもカサの色が気に入っています。オークションで買ったときは、かなりさびていたのですが、ヤスリをかけて黒いペンキを塗りました。

これはちょっと前の写真だけれど、
b0064411_626557.jpg


b0064411_6274531.jpg


b0064411_628835.jpg

夫がロンドンのアンティックフェアでこのランプと緑のシェードを買ってきました。ブロンズとカットグラスの組み合わせがとてもしゃれていると思いました。 濃い緑色のシェードも、スペインにはなかなか無くてぴったりかなと思いました。


ところが、




b0064411_6301835.jpg

次に二人でロンドンに行って、ホテルのアンティック市を回っていたら、このランプが転がっていたのです。シェードが無く、無造作に転がしてあって、お値段も、夫が買ったよりかなりお安かったらしい。 それですぐ買いました。 あと、デパートに行って、緑のシェードを買いました。
シェードを支えるやりかたがスペインのものと違うので、ランプだけ買ってもスペインではシェードをつけられないのです。
ということで、2つのランプが おそろいみたいになりました。




アールヌーボーランプ
b0064411_6335576.jpg


b0064411_6555182.jpg

この小さなランプ、かなり気に入っています。シェードにグリーンのシルクが張ってあります。
アールヌーボーでも、そんなにいやらしくないでしょう。こんな暖かい光が好き。




b0064411_6362717.jpg

これはオークションで売れ残っていたランプ。それでとてもお安く買うことが出来ました。小さいので廊下においてあります。シェードは新しい物です。



b0064411_6381483.jpg

オフィスの大きな机の上に置かれているようなランプ。 ドイツのアールヌーボーとのこと。

立派な足が付いています。b0064411_6393875.jpg




フランスのヴェール・フランセーズのランプ。実は今壊れていて、電気がつかなくなっちゃいました。電気屋に持ってゆくのも怖いし・・・
b0064411_6432328.jpg


b0064411_647850.jpgこれはこの前お見せしましたね。メインバスルームのランプです。シェードを時々交換して、どの電球が一番きれいに見えるかいろいろ試してみています。



ダイニングのアールヌーボーランプ
b0064411_6435425.jpg


このランプもとてもお気に入りだったんですが、シェードを一つ壊してしまいました。これは古いものなので、かなりアンティックショップを探したのですが見つかりません。仕方なく、アンティックぽいのに付け替えましたが、とてもがっかりです。どこかで似たものを見かけた方、教えてください。

こうしてみると、ほとんどがアンティック。そうだ、写真を撮らなかったけれど、まだまだいくつもありました。照明器具って、お部屋の雰囲気をとても左右しますね。私は上からコウコウと照らす照明器具はキライ。 どうして日本はまだそれが主流なのかな? 特に男性はそれを好むようですね。あの光の当て方は、人を汚く見せるんだって知ってました?

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-26 06:51 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(18)

新しい冷蔵庫

スペインの冷蔵庫は、いまだ規格サイズがほとんど。つまり、60cm幅で、高さは180~200cmのあいだで、キッチンも大体そのように作られています。

我が家も、キッチンを作る時、大工さんがきっちり60cm幅に入るように作ってくれましたから、チョイスはありません。

3日前、いよいよ冷蔵庫を買いにデパートへ行きました。
b0064411_17193828.jpg


昔は白い物ばかりだったけれど、最近はステンレスカラーもかなり出ています。
b0064411_17201711.jpg


同じメーカーの同じデザインで、ステンレスだと、300ユーロも高いんですよ!
b0064411_1721251.jpg


もちろん、白を買いました。我が家は壁や家具が白だし。

で、今日届きました!
b0064411_17222652.jpg


こちらの冷蔵庫は、日本のと違って、何十年も中のデザインが変わりません。
b0064411_17233146.jpg


日本の3ドアで引き出し式のは便利ですね。

今日は食洗機も直しに来てくれました。 修理代は75ユーロ。思わず「高いね」と口に出そうになったけれど、ぐっとこらえて、笑顔で払いましたが、チップはたくさんはあげませんでした。

これで大体家の中が落ち着きました。でもガス台・・・・ くるのかなぁ?

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-25 17:27 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(8)

17年もたてば・・・

我が家は中古のマンションを買って17年。
マンションを買った当初はバスルームが3つあったのだけれど、1つ小さいのは家事室の奥にある、女中さん用のものだったので、壊して洗濯機と乾燥機を入れました。住み込みの女中さんなんて使うつもりも無かったので。

で、2つのバスルームは大して大きくないんですけれど、キッチンと一緒にマンション購入時期に全面改装。床・壁・天井、バスタブや洗面台ももちろん全部新しくしました。でももう17年も前の話です。

メインのバスルーム、つまり主寝室についているバスルームはちょっとクラッシックな雰囲気にして、ランプはアンティックを使いました。鏡はアンティックの額縁に鏡をはめてもらいました。
b0064411_23402536.jpg

このタオルハンガーやペーパーホルダー類、最近サビっぽく汚くなったので、買いに行ったら、今でも売っていて感激!
b0064411_1245062.jpg

でもそろそろ、戸棚の扉もがたがたしてきたし・・・でもなかなかいい感じの洗面台が見つからないんです。下の部分はやっぱり収納にしたいし。

メインのバスルームはビデつきです。スペインではビデが大体どこでもあるので、シャワートイレは普及しないでしょうね。欲しいんですけどね。
b0064411_23421962.jpg



息子たちの使っているバスルームはもうちょっと小さくて
b0064411_23353457.jpg


こちらにもビデがあったのですが、狭いバスルームなので、洗面台部分が少しでも広いほうが良いかと思い、ビデは取ってしまいました。本当は、バスタブでなくて、素敵なシャワーブースをつけたいんだけれど、床や壁のタイルから全部張り替えることを考えると躊躇してしまいます。
始めつけた洗面台が水漏れでだめになったので、フィリップ・スタルクのデザインの洗面台と蛇口に換えました。 

ところが・・・

最近、両方のトイレが、少しずつですが、ずっと水が出ているのに気づきました。
それで修理を頼んだんですが、今日修理に来てくれました。

調子の悪いガス台も換えたいと、そちらはかなり前から注文しておりました。

それで今日、新しいガス台を持ってきたのですが、頼んだ物とぜんぜん違う代物

b0064411_23532054.jpg


修理の人まで注文した物と違うと怒っていました。 

私のせいじゃないですよ。

新しいガス台はまたしばらくお預け

トイレのほうは直してもらいました。修理のセニョール曰く、

「だいぶ消耗していますねぇ。部品をほとんど替えなくちゃいけませんよ」

それでも直してもらえばまた当分は安泰

それにしても私のキッチンはちょっとひどく

この換気扇を換えた時
b0064411_23572087.jpg


フードのサイズだけ測っていったので、つけたときにはなんと天井にあけた穴に入らないダクト
b0064411_23581434.jpg

これって、あんまりでは?

両脇の白い壁に付いているぽつぽつした釘は、依然ここにスチールのタナが2つあったのを取ってしまったので、支えの釘だけ残った始末の悪い物。
注文したわけではないのに、ここを作ってくれた大工さんが、

「サービスにお付けしました」

初めはいいと思っていたけれど、スチールのタナを洗うのって、あんなに大変なことだとは思いませんでした。

家も17年もたつとあちこち傷んできて、床のタイルも傷だらけ。
b0064411_23521736.jpg


今度は食洗機が壊れた!これは17年で2代目なんですが
b0064411_005768.jpg

見えます?下にたまった水が排水されない。
これは明日直しに来ることになってます。お鍋でも何でも突っ込めるこちらの食洗機は必需品です。

流しは丸いシンクが2つ。丸いととても洗いやすくてこれは成功。 日本のように大きなシンクこちらにははありません。どこの家でも食洗機を使うからでしょうか。でももう17年、そろそろ換えてもいいかな? まだ持つかな?
日本みたいに、排水溝がゴミを処理できるようになっていないので、日本からアミを買ってきておいてあります。

b0064411_045673.jpg


この蛇口ももう新しいのに換えたいな。中にホースが入っていて便利なんですけどね、プラスチックって、傷が付きやすいですからね。いかにも古臭く見えますね。

洗剤は、このスチールのポンプ式の入れ物に移し換えて使っています。
右が食器洗い、左が床などの洗剤。

関係ないけど、この調理道具立てはイケアで買いました。たくさん入って便利。でもとても入りきらないので、残りは天火の中に入ってます。
b0064411_031897.jpg


キッチンで一番新しいのはこのゴミ箱
b0064411_07353.jpg

イタリアのだったかな? 一目ぼれです。後ろについているわっかが、移動させる時とても便利。

今風邪をひいているので、蜂蜜にレモン、飲んでます。
b0064411_3164395.jpg


最近冷蔵庫も扉の内側部分がバリバリに。17年ですからね~。明日新しいのが届くことになってます。

それにしても、どうして機械っていっぺんに壊れるんでしょう?

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-24 00:14 | 身の回りのもの cosas mias | Comments(12)

公園のバラたち

11月も後半になり、朝夕冷え込むようになりました。
今年の秋は、バラ公園に一度行ったきり。朝散歩する時は、まだ閉まっていて入れないんです。

裏道の、さほど広くも無い公園に、ちょぼちょぼとバラが植えてありました。
遠くから見ると、なんだか貧弱なのですが、近くによって見たら、露を宿しているバラもあって、なかなかきれいでした。

b0064411_222638.jpg


b0064411_23315.jpg


b0064411_232860.jpg


b0064411_234619.jpg


b0064411_241358.jpg


b0064411_243171.jpg


b0064411_244974.jpg


b0064411_25747.jpg


b0064411_252510.jpg


なんだかとても素敵な発見をしたようでうれしくなりました。

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-23 02:06 | 花・植物 plantas | Comments(10)
本棚を整理していたら、息子たちがアメリカンスクールに通っていた時の写真が出てきました。
もう17,8年も前のころです。

アメリカンスクールは毎年ハロウィーンに仮装フェスティバルをやります。それで毎年、親としては頭が痛かったのですが、 下の子は、友人と組んで、結構愉快な仮装を考えて工夫していました。
ユニークな仮装をした子供たちには商品が与えられました。

この写真の年は、たまたま二人とも商品をゲット!  
何の仮装をしたかって?

b0064411_1764788.jpg


上の子はテーブルになったんです。

b0064411_1743129.jpg


b0064411_1751138.jpg


フィルム写真を上から撮ったんでぼけてますけれど
b0064411_1755154.jpg

ダンボールにきれいなテーブルクロスを縫いつけ、その上にティーポットやカップ、ケーキ、ナプキンなどを縫い付けてしょわせるようにしたんですが、結構評判良かったです。

腰を曲げて歩くのは結構しんどかったようで、さいごは立ってましたけど
b0064411_17114680.jpg


で、下の子は友人と3人でベイビーとベビーシッター
3人とも男の子ですよ。
b0064411_178037.jpg


オムツに枕を使ったのが受けたみたい
b0064411_1784743.jpg


それで見事商品獲得! あっ、校長先生もミッキーマウスになってますね。
b0064411_1793378.jpg


大きなキャンディーの袋ですが、ちっともおいしくなかったそうです。
b0064411_17102229.jpg


ほかの人たちもユニークなのがたくさんあって、
これは特に面白かった。夫を亡くして泣きながら乳母車を押してゆく若き未亡人と神父さま
b0064411_171446100.jpg

アンティックの乳母車がとても印象的!

高学年になると、すごく艶やかな感じでしたね。
b0064411_17155942.jpg


もう17年も前ですから、顔をぼかさなくてもいいかな?

↓ クリックしていただけると励みになります。

by gyuopera | 2006-11-22 17:17 | イベント、お祭り fiesta | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera